welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.07.12(Sat)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 


めぐみさんたちは生きている



 普段それほど高くない血圧でも、ここ最近は瞬間沸騰するかと思うようなあるまじき行為・発言・事案が相次ぎ、梅雨という鬱陶しい季節もあってかかなり身体に堪えます。

 加藤紘一議員の発言は家族会からも、地方議員の会からも、そして勿論ネット市民の間からも非難轟々の嵐──は、 当然でしょう!

 家族会HPへのアクセスが殺到し、一時は繋がらない状況になりました。 それは、被害者家族のお一人、地村保さんが加藤氏への抗議文を出したことによるものだそうです。

★契約業者からの報告
一昨日が約200万アクセス、昨日が約40万アクセス、また、本日 正午過ぎまでで約70万アクセスとなっており、いずれも、アクセスの目安を大きく超過している状態となっております」

 ものすごいアクセス量で、驚きました。 これで最近殆どメディアでも取り上げられず、世間の反応はどうなのか?と案じていたのは、取り越し苦労だったようです。 それはそうですよね。 日本国民の≪悲願≫なのですから、嘘と捏造と偏向報道のテレビが取り上げなくても、国民はちゃんと見ていると確信しました。

本当に腹が立つ─地村保さんが加藤紘一議員に怒りの抗議文(2008/07/10)

★☆救う会全国協議会ニュース★☆

本日、7月10日、拉致被害者で帰国した地村保志・富貴江さんの父・義父に当たる地村保さんが、加藤紘一議員の「国家と国家の約束だから、(5人を北に返した方が)よかった」との7月7日の発言に対し同氏に「拉致被害者の一家族より」とする抗議文をFAXで送付した。「何度も電話したが出なかったのでFAXした」とのことである。原文をそのまま掲載します。

※ 今日はこの件に関してご紹介するものが多いので、本文はリンクしてどうぞ

◆「北に返すべき」加藤発言に地方議員ら猛反発
2008年7月11日(金)17時42分配信 夕刊フジ

> 自民党の加藤紘一元幹事長がテレビ番組で、北朝鮮から帰国した拉致被害者について「北に返すべきだった」などと発言した問題で、拉致問題解決に取り組む全国超党派の地方議員らが10日、加藤氏の議員辞職を求める活動を始めた。都内各地での街宣活動に加え、来週にも加藤氏に議員辞職要求文を突き付けるという。こうした動きに対し、加藤氏は自身のHPで釈明した。

 立ち上がったのは全国約200人の都道府県市区町議員でつくる「拉致問題を考える草莽全国地方議員の会」や、拉致問題の早期解決を求める市民団体「拉致被害者奪還! 青い風船の会」のメンバー。<

> これに対し、加藤氏は自身のHP(9日付)で「私の発言の一部分だけが、時事通信の記事として配信された」として、「拉致被害者の方々には一時も早く戻ってきていただきたい」「拉致という犯罪で、日本人の人生を奪った北朝鮮にも強い怒りを感じます」などと釈明している。<

 因みに、もしお読みになる“気”があるのでしたら、
加藤紘一HPは
64コチラ (リンクすると顔写真があるので注意!)

言い訳⇒「発言の一部だけ報じられた」
TVの発言そっくりそのまま載せています。もう、遅いんだけど…手遅れ!

          ~~~~~~~~~~

 ここで、加藤氏だけでなく拉致被害者も被害者家族もこれまでどんなに辛酸を舐めさせられてきたかを、当時のコメ支援に絡んだ「国会議員たちの発言」を産経新聞の阿比留瑠比記者がblogに載せていますので、少々引用。残りはリンクしてご覧下さい。

▽北朝鮮へのコメ支援と政治家が語っていた言葉-7/5

当時官房長官だった福田康男氏の発言
 平成14年3月には、政府は有本恵子さんを拉致被害者と認定。当時の福田官房長官が記者団に、「有本さんの件は、日本人(赤軍)がやったのだから、あれは北朝鮮による拉致じゃない」と言い放ち、私は怒りで頭がクラクラした…(阿比留記者)

 このエントリーに出てくる政治家の名前をしっかり覚えておいて下さい。表では国民の味方のような美辞麗句を並べたてる政治家が、こうした問題ではどちらを向いたスタンスかがよく分かります。

▽加藤発言と拉致被害者家族の怒りとコメ支援-7/11

◎ 有元明弘氏あの人が一番最初に50万トン、条件もつけんと、北朝鮮へコメを出した人なんですよ。私はそのとき拉致の問題で政府にものを言うてきたし、外務省にも条件をつけてくれということも言っているんですよ。でも行くだけだったら、証拠が残らへんから、わざわざファックスを買って、ファックスで外務省へ条件をつけてくれと言っているよ。その結果どうです?当時の週刊誌にも書かれていると思います。もう活字になって。「(コメは)謝罪の意味でもろうたった」というて、あの金容淳が言うたのよ、向こう。
 それで加藤紘一はどうやった?送っているコメを止めたらいいでしょ。50万トンやからそんないっぺんに送られへんのやから。それをよう止めもせんと、ゾロゾロゾロゾロ、コメ出したのよ。それで国民にどういう言い訳をした?
無国から手紙もろうて、今度は謝罪の手紙がきましたからって。それで済ませた男なんだよ。
私は今まで一言もそんなことには発言してない。家族会ができてから一緒に行動したからね。私も10年近くはそういうことも私は目の前に見てきて、
抗議もできなかったのよ。今やってください。お願いします。とんでもない男やこれ。議員バッチ外してもらいたい。

-------

 そして、思い出して下さい。 あの当時を‥

「何故、こうなるのだろう…?!」と、ジリジリとした思いで歯噛みした記憶が甦ります。

「独断雑記XYZ」様-07/12/19

TVタックルGJ! (以下一部引用/敬称略)



12月17日放送の「たけしのTVタックル」を画像付きで再現。
当時の金丸信訪朝団がマスゲームを見る姿や、森元首相、野中広務、村山富一、そして河野洋平がニタナタ笑う画像には、吐き気を覚えます。

■1990年の金丸訪朝団
金日成と金丸・当時社会党副委員長田辺誠との3ショット

マスゲームを堪能する金丸

■1999年自社さ3党訪朝団
拉致被害者は存在しない」“行方不明者”としてなら捜査

森(当時)自民党総務会長
捜査して頂けるということは、大きな進展だろうと私はそういう風に思います。

---結局翌年、北朝鮮は“行方不明者の核当者”なしと回答。日本政府は、拉致問題の解決より国交正常化を優先…北朝鮮が求めるがままに118万トン、総額1700億円にのぼるコメを送り続けた。---


国交正常化を推進していたこの方は当時…

でた!野中広務
コメ余りながら隣人の苦しんでいるのを助けることも出来ないこの国ってのは、我々政治家として悲しいかな、恥ずかしいかな、何とか壁破ってまでも、我々は食糧支援をやるべきなんだと

          ~~~~~~~~~~

カエル これを書いているだけで思い出し、気分が悪くなりました。

 もう、ここで国民が黙っているようでは、日本は彼等のいいようにダメにされると思います。 
 福田首相になってから、こうして第一線から脱落していた売国議員たちが又ぞろ活発化してきたと感じているのは、管理人だけではないでしょう。

 情報は探せばいくらでもあります。 先ず一人でも多くの方に、見過ごしてきた真実を知って戴きたいと思います。


34前回より参加しました。応援よろしくお願いします34


人気ブログランキングへまいど
 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/07/12 00:25<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。