welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.07.29(Tue)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください


竹島啓発ポスター   



 何かと騒がしいお隣、「韓国」──。

 もうかなり話題沸騰した後ですからご存じの方も多いと思いますので、ここでは『おさらい』の意味で、触れてみたいと思います。


 管理人にはその時代時代に刻まれた不愉快な記憶として、韓国で繰り広げられてきた「反日」の様子が残されています。今回のような小動物虐殺や狂人的な異常行動ほどではなかったにせよ、事有る毎に「日の丸」や「写真」を燃やす、踏みにじる、激情(火病)した罵声を喚き散らすなどは、ずっと繰り返されてきただけに、今更驚くことではありません。
 勿論そうした時代に不勉強だった管理人は何も知らず、ただ、“ナント!激昂し易い民族だろう‥”という悪印象を持ち、正直なところ、関わりたくない国や国民と思う相手でしかありませんでした。

 そういう意味では、本当に≪近くて遠い国≫というのが実感で、日常の生活に「韓国」「中国」という国は全く意識の外の「国」でしかなかったのです。勿論、北朝鮮という国(㊟日本は国家として認めておらず、地域を呼ぶ便宜上の呼称だそうですが‥)は、認識してそう長くはない気がします。
 それだけ、当時は日本との関わりもそうは無かったのではないかと思うのですが、一般国民にはそれでも全く不思議はなく、そして当然不便なことも一切ありませんでした。

 幸いというか、東京生まれの管理人の周囲には「在日」と呼ばれる存在もなく、そのような人たちの話すら日常会話の中で交わされたという記憶もありません。こうした平穏な生活が、極々普通の日本国民の営みだったのではないでしょうか。とは言え、戦後のドサクサに乗じて、土地の不法占拠などやりたい放題だったと聞く在日朝鮮人たちが、日本社会の中でその勢力を拡大するためには、地元住民とのトラブルなども多かったようですから、一概に言えることではないと思う気持ちが、「幸い‥」という言葉になってしまいます。

【参考】:「国民が知らない反日の実態wiki」
矢印右  こちらは「反日」に関する情報を、詳しくまとめているサイトです。動画も多いので分かり易く、また分類してあるので関心の対象を探し易いと思います。



 さて、その韓国が半世紀も不法占拠しているのが「竹島」ですが、新聞や各ブログの情報を見聞きしていると、その相変わらずな主張の出鱈目さに呆れが先に立ち、正直これに言及する気になかゝなれずにきてしまいました。
 でも、そうして不快な事から避けること自体が、実はこの国をここまでおかしくしてしまった国民の〈無関心〉=〈放任〉と考えれば、この非常事態と呼んでも差し支えないほどの現状を迎えてしまった今、国民の一人として〈無責任〉であるような気さえしています。

 ですので、初めて「領土問題」に関心をお持ちになった方に個々に散らばった情報の一部でもナビゲート出来ればと思い、エントリーにします。一応下記の情報だけ見ても「日本領」という確証を得られるので、まだご存じなかった方は参考にして下さい。

       welcomeライン 


≪「竹島」問題≫


 「竹島」問題は、1951年に韓国大使(ヤン)がアメリカ国務長官宛てに出した書簡と、それに対するラスク国務次官補の返事【ラスク書簡】が明確に韓国の主張を否定。日本領としている事で明らかとなっている事実です。
                                                   
060527竹島ラスク書簡3

【ラスク書簡】3/3ページ 、他ヤン大使の書簡写真もあり
【参考文書】:≪アメリカが「竹島は日本領土」と、韓国大使に最終回答≫
2006/05/28 enjoy korea

 

●1951年7月19日 韓国大使(ヤン)からの国見長官への書簡

一、大韓民国政府は、第二条a項の「放棄する」という語を、「朝鮮ならびに済州島、巨文鳥、欝陸島、ドク島およびバラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一部であった島々に対するすべての権利、権原および請求権を、一九四五年八月九日に放棄したことを確認する」と書き換えるよう要望する。
(画像あり)

●1951年8月10日 国見次官補(ラスク)から韓国大使への回答

草案第2条(a)を日本が「朝鮮並びに済州島、巨文島、欝陸島、ドク島およびバラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一部であった島々に対するすべての権利、権原及び請求権を、1945年8月9日に放棄することを確認する」と改定するという韓国政府の要望に関しては、合衆国政府は、遺憾ながら当該提案にかかる修正に賛同することができません。
合衆国政府は、1945年8月9日の日本によるポツダム宣言受諾が同宣言で取り扱われた地域に対する日本の正式ないし最終的な主権放棄を構成するという理論を条約た取るべきだとは思いません。
ドク島、又は竹島ないしリアンクール岩として知られた島に関しては、この通常無人島である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。(画像3枚)

 

≪「日本海」呼称問題≫


 次に、これも韓国がプロバガンダに精を出している「日本海」呼称問題ですが、言い掛かり的主張には根拠もなく、正当性もないことが日本の外務省HPに載っています。

外務省日本海パンフ 
【参考文書】日本海」呼称問題
矢印右  こちらは問題毎に、外務省の各HPへとリンクするようになっていて、とても解り易く便利にまとめられています。

---------------

 さて、次に「対馬」も韓国領だとまたぞろデタラメの主張をし始めた韓国です。
 この歴史や事実を無視した主張が出来るメンタリティーは、理解に苦しみますし、ネット上でよく言われる“息を吐くように嘘を吐く”という表現に、管理人も思わず頷いてしまうほどの廉恥心の欠如を感じずにはいられません。‥と、言っても、「廉恥心」や「恥を知る」精神文化は、日本の武士道による高度な文化ですから、特質した日本のモノサシで計ってしまうこと自体が大きな過ちに繋がり、現在の日本を生んでしまったことも否めないと思っています。 例えば‥

 ─次の二つのことは、絶対に軽視してはならない。
 第一は、忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと、思ってはならない。
 第二は、報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると、思ってはいけない─ 
(ニッコロ・マキャヴェリ)

 などという言葉を、何処かの政治家たちに聞かせたいものだと思いますが、進んで国を売り渡すような政治家には、「暖簾に腕押し」「馬の耳に念仏」「猫に小判」…と、思ってしまう管理人。

 日本人同士では、互いに相手を思い遣り、「配慮」したり、「遠慮」したり、「譲歩」しながら大きな諍いにならないよう事前に回避する手段、或いは円滑なコミュニケーションとして、はたまた「気品性」を大切にする日本人なら当たり前のように持たれている精神性ですが、これは、日本人同士だからこそその効果があっても、外国、特に大陸の特亜に関して言えば「配慮」「遠慮」はつけ入らせる口実となってしまっています。日本が主張しないことはイコール、自分たちの主張が正しいと都合よく解釈し、頑なで強引な要求を突き付けるだけだったのではないでしょうか。また、「譲歩」をすればそれで満足ということは一度もなく、日本が一歩譲ればまた一歩と、際限なく理不尽な要求を押し付けてくるのが彼等の特徴でしょう。

 つまり、性懲りもなく何故日本政府は、(特亜を)甘やかし続けるのか?という疑問と不満が際限なく国民の間に広がっているのが、この日本を覆う空気であるような気がします。

 そして、「対馬」を危惧する声は既に数年前から管理人の中にもありました。
 2~3年前当時、テレビでお馴染みの勝谷誠彦氏が独自取材した記事や、社名は忘れましたが、「対馬」の異変(韓国人観光客急増)の取材を取り上げていた数少ない新聞記事を見て、管理人の“何れ、竹島問題のように‥?!”という危機感が生まれたのは言うまでもありません。

 その頃のニュース映像がyou tubeに残っていますので、実態を知る上ではご覧になると分かりやすいと思います。

※ 最近you tube動画が削除されなくても、当blog上から消えてしまう珍事が起こっていますので、直接動画は貼りません。御面倒でも、リンクしてご覧下さい。〈ここで一度ログアウトし、数時間後戻って見ると、動画が復旧していました。まったくおかしなことが続きます…〉


★【町中韓国人=対馬の実態】追加日2006/05/19

★【『新・元寇』来襲で対馬が危ない】3-1 (H19/04/23)
矢印上  この動画は3本セットですので、残りはyou tube右のメニューからご覧下さい。


【関連記事掲載blog】

☆「はらぺこ おばけ」7/27様では、実際読者が見てきた対馬の現状を訴える投稿を載せていますので、以下引用します。


 対馬における韓国人乱暴狼藉は目に余ります。
 目撃したことですが密漁した彼らはあまり目立たない海岸沿い韓国人民宿に集団で何日も留まり、密漁海産物をそこで冷凍保存し、本国へおみやげとしてまとめて輸送します。そこにはプロが使う漁具も揃っています。従って対馬経済にはそれほど寄与しておらず、その漁業被害額の方がむしろ多いのではないかと思えます。今まで何回か対馬に行きましたが韓国人が実際に観光している姿に会えませんでした。彼らはひたすら密漁にいそしむプロ漁師です。韓国は水産資源の管理をせず、自らの海は獲り尽くしている為、対馬に来て密漁し、生業としているのです。ぜひこの現状をひろめてください。

投稿 草薙 | 2008年7月27日 (日) 18時10分

 この状況は既に数年前から、上記の動画や勝谷氏に指摘されてきた事です。
 しかし、一向に改善されるどころか悪化しているような気がします。これを、政府の怠慢と呼ばずに、どう受け止めたらいいのでしょうか?

 今回、韓国退役軍人たちの過激なパフォーマンスに、地元住民たちの毅然とした反対活動がテレビニュースで流されていましたが、これも危機感を持った島民たちが前対馬市長を見放し、新市長を迎えたことで変わったようです。やはり、一人ひとりが実態を把握し、声を挙げてリーダーを選択することから物事は変わり始めるのではないかと、思わされる事例です。また、首都圏に住む管理人にとっては果てしなく遠い「対馬」のような気がしますが、こうしてネットを通じてならアクセス可能なのですから、今後も応援しながら見守っていきたいと思います。

 管理人は周回するblogの本編だけでなく、そこに書き込まれる内容からも貴重な情報や意見を多く目にする機会があるので、それも楽しみにしていますし勉強させてもらっています。 日々学ぶことが如何に多いかと‥、脳内ハードディスクがかなり老朽化している管理人には苦労ですが、これも、気付いてしまった者の逃れられない“さだめ”でしょうか。

 でも、そうした個々の知識の集まりが「集合知」としての力を生み出しているというご意見を載せていらっしゃるのが、経済には全く疎い管理人でも楽しみに訪問させて頂いている「新世紀のビックブロザーへblog」様です。最近韓国の経済状況を分析した記事には、「純債務国」へ転落か?とありましたし、その件でテレビの録画出演の取材も受けたそうです。「サンデープロジェクト」8月3日(日)放送予定だそうですから、興味を持たれた方はblogと共にご覧下さい。
 

■「集合知としての新メディア」

■「サンデープロジェクト8月3日放送分」

■「韓国の通貨危機の再来?」


カエル  因みに、テレ朝が韓国経済を扱うのですからやはり‥?!なのでしょうか。でも、ここまで大騒ぎをして、軍まで派遣するなどと短絡的「宣戦布告」と思える揺さぶりをかけて日本国民の印象を悪化させた韓国は、以前のように日本に救いを求めてくるみっともない真似だけは、もう出来ません。・・と、日本人なら思いますがどうでしょうか。
 確か、前回の破綻の時に日本がIMF拠出分担で100億ドルも援助して上げたのに、それを日本のせいだと言って責任転嫁をしたとか云々があったと記憶しています。況してや今では、日本も政府は財政難だと言いいふらして増税ありきの方針ですから、他国の経済状況にかまっていられる余裕など無いはず(笑)です。すっごく日本って、貧乏なんですよぉ~8 社会保障費だって減らす一方ですし、生活保護費も今までのように、対象外である外国人の方たちが受給できるかどうかも、怪しいものです。ですから、今後日本に居ても、新しく来ても、全く良いことはないと思うので、帰れる国のある外国人の方たちは、ここが考え時では?

 なのに、自民党内でさえいろいろ国費を使ってまで外国人を入れたがっていますから、それもオカシイ・ナ!と──、思いません361

矢印↓ お役に立ちましたら、ワンクリックにご協力を矢印↓


banner_02.gif人気ブログランキングへ まいど


ここで使用しているアニメは矢印右  sky-banner7.gif からお借りしています




スポンサーサイト


[MORE...]
>EntryTime at 2008/07/29 05:24<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。