welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.07.03(Thu)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 


日本国民全体への犯罪行為です!

ジャーナリストとして、恥を知りなさい!



蒸し暑かったこの日、毎日新聞社前に集まった抗議参加者は、怒りの声を挙げていました。緊急の呼び掛けだったにも拘わらず、平日の午前中(11時)という中でも約50名ほどが仕事を休んで駆け付けたようです。在特会のblogでは、周囲には100名近くの人々が取り巻いて見物していたと報告しています。


7月2日:毎日新聞社前 抗議行動【抗議文編】

http://jp.youtube.com/watch?v=MCM97z9zHHQ






昨日は通院のためにライブで見られなかったスティッカム生中継でしたが、家に帰るなりじっくりと、見させていただきました。

ご覧になりたい方は【コチラ】からどうぞ。結構時間が長いですから、用事を済ませてから、集中できる環境でご覧になった方が良いと思います。

※ リンクして下にスクロールし、画面左下の方から見られます。

管理人が見ている間に、それまでの閲覧者が5000人程度でしたが一気に上昇して1万人近くになっていましたから、今後も増えて一体どのくらいの国民が目にすることでしょう。
 その上こうして即日ドガログ・ニコ動・you tubeにアップされ拡散されているのですから、既存のメディアは「明日は我が身」の危機感を持って、マスコミの奢りと 偏向報道体質を改めて欲しいものです。

 

今回は流石に女性参加者の元気(?)がよかったですね。何時にも増して、参加者の“怒り”が伝わってきました。

玄関前で警備員に止められ、

 

『ヘンタイ警備員、ひとに命令するなぁ~!』

 

『金返せぇ~!』

 


昔の管理人なら眉をひそめて「日本女性が‥」と嘆いていたでしょうが、現在は違います。
 もう、ここまで好き勝手に「日本国」を貶め辱めて日本人のイメージ失墜を画策する反日行為には、大人しく善良ぶっていてはダメだということをひしひしと感じてきたこの数年です。 本当に直接行動できない自分が恨めしい‥。

抗議する中でも桜井氏が何度も言っていましたが、口に出すのもはばかれるほどの内容ですし、それを日本の大手新聞社が5年(9年間だったとの話も‥)間垂れ流し続けていたとは…。 日本女性への蔑視・侮辱・屈辱的侮蔑と受け取らざるを得ない記事を流し続けて来た毎日新聞社は、何処の国の報道機関なのか?そのスタンスに疑問を持ちます。


 では、整理する意味も込めてこの記事を書いていたオーストラリア人記者がどんな人物なのか──。


毎日新聞、日本のないことないこと捏造記事書いてオタワ\(^O^)/

http://jp.youtube.com/watch?v=H9QPY8PQ-SU&feature=related




ライアン・コネル(Ryann Connell、1955年3月25日 - )は、オーストラリア・メルボルン出身の編集者・ジャーナリスト。毎日新聞社の英語ニュースサイト・毎日デ イリーニューズ(MDN)編集長代理を歴任。 20歳頃に日本へ渡る。八王子市役所に2年間勤務。1997年、東京都知事の諮問機関「外国人都民会議」に 参加。2001年に会議が解消された後、毎日新聞社に特別嘱託社員待遇で入社する。

MDNの連載コーナー「WaiWai」で5年間にわたり日本の夕刊紙やタブロイド誌に掲載された記事を紹介 するとの触れ込みで大幅な誇張を含む意訳や出典の記述を改竄した英語記事を連載し続けていたが、2008年 に入り「WaiWai」の内容が余りにも「下劣でおぞましい」と日本国内のネットコミュニティで問題視する 意見が相次ぎ、毎日新聞社に多数の抗議が寄せられたことから2008年6月に記事の一部が削除され、お詫び が掲載される自体となった。しかし、記事の削除のみでは事態の収束には至らず結局は「WaiWai」の連載 自体が打ち切られることになった。


正直、この動画を見ていると気分が悪くなります。

【関連記事】
▽主催者である「在特会」(在日特権を許さない市民の会)の報告もご覧下さい。
「Dranpaの独り言7/2 毎日新聞社前抗議活動報告
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10112168782.html

取材に訪れたメディアは、読売テレビ、読売新聞、産経新聞、朝日新聞、東京スポーツ、その他

毎日新聞、英文記事問題で記者ら役員ら処分
「社員への中傷には法的手段」

2008/6/30 12:03 ITmediaニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080630-00000027-zdn_n-sci


カエル 動画をご覧になればお分かりでしょうが、桜井氏は「これは始まったばかり」だと仰っています。 上の記事にあるように、毎日新聞社の処分はまったく便宜上の軽い処置で、しかもライアン・コネル記者は3か月の謹慎処分=夏休みで故郷オーストラリアに帰ってバケーションだ!と抗議されていましたね。

 企業の不祥事には洗い浚い掘り出して執拗な攻撃を加え、回復なきまでに叩き潰すメディアが、自分の社の不祥事(確信犯的)にこうしてうやむやな対処しかできないようでは、その存在価値を問われるのは自業自得です。 そう言えばこの件で、いつものような「謝罪会見」すら行われていません。 ダンマリを決め込んでそれで済ませるなら、他を糾弾・批判する資格はないのでは?

今後の抗議活動に、注目です。

 

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/07/03 06:34<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。