welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.02(Thu)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......
麻生首相バーナー  

 昨日の代表質問を少し見ていて感じるものがあり、思わず作ってしまった麻生首相「応援2」の意思表示──。

 今回ばかりは〈後悔先に立たず〉‥の後悔をしてからでは遅いと気付き、国民に耳触りの良い政策ばかりを掲げる民主党に惑わされずに、有権者一人一人の「目先」ではない「将来・未来の国」を思う良識の目で見なければ、日本の行く末を誤らせると思えてなりません。
 

◆小沢氏、あえて首相を無視=選挙意識、自・民幹事長は火花-代表質問

 麻生太郎首相と小沢一郎民主党代表が対決した1日の衆院本会議。先の所信表明演説で「逆質問」を連発し、小沢氏に回答を迫った首相。だが、この日の代表質問で小沢氏は首相を無視するかのように、政権交代後に取り組む政策の説明に終始し、「両雄」が真っ向から切り結ぶ場面は見られなかった。一方で、自民、民主両党の幹事長は次期衆院選を意識し、激しい批判合戦を繰り広げた。
 2008年度補正予算案への賛否など5点について首相から質問を受けていた小沢氏。しかし、代表質問ではほとんどまともに答えず、約20分間の質問時間の大半を民主党のマニフェスト(政権公約)の説明に費やした。
 これに対し、首相は「昨年、福田康夫前首相との大連立の話が崩れた時、小沢代表は(民主党には)政権担当能力がないことを自ら認めた」と挑発。逆質問への回答を改めて求めたが、小沢氏への答弁はわずか3分程度で終わった。

 小沢氏に代わって、首相に切り込んだのが鳩山由紀夫幹事長。鳩山氏は「まるで『小沢総理』の所信表明演説に対する代表質問のようだ」と首相を皮肉り、汚染米の不正転売や厚生年金の標準報酬月額改ざん問題などを取り上げ、「官僚政権から国民政権へ」と訴えた。
 「これで総理もできますね」。「演説」を済ませて本会議場の自分の席に戻った小沢氏に鳩山氏がこう声を掛けると、小沢氏も笑顔を見せた。「首相には失望した」。この後の記者会見でも小沢氏は余裕の表情を崩さなかった。

 一方、自民党の細田博之幹事長も民主党への対抗心をむき出しにした。各種世論調査の「次の首相」への期待度では、首相が小沢氏を圧倒。首相サイドや自民党は、衆院選を「党首対決」に持ち込む戦略を描く。細田氏は質問の冒頭で「(小沢氏の)強引なイメージこそが世論調査の期待度の差になって表れている」と小沢氏を攻撃。さらに、かつて小沢氏が自民党を飛び出した過去に言及し、「小沢さんに付いて行った方々に聞くと、小沢政治はこりごりだという気持ちでいっぱいだ(と言っている)」と非難した。
 小沢氏との対決を終えた首相は同日夜、記者団に「議論がかみ合わなかった。尋ねたことに答えていただけなかった」。与党内からは「党首討論をやった方がいい」(公明党幹部)との声も上がった。(了)

(2008/10/01-21:07) jiji.com




◆民主、解散の確約求める…与党は新テロ法案審議呼びかけ
10月2日3時19分配信 読売新聞


 麻生首相が衆院解散・総選挙の先送りを検討していることを受け、民主党は1日、衆院解散を確約しない限り、2008年度補正予算案の早期成立に協力できないとの姿勢を示した。

 一方、与党側は衆院解散の先送りも念頭に、インド洋での海上自衛隊の給油活動を延長するための新テロ対策特別措置法改正案と、消費者庁設置関連法案について、補正予算案の衆院通過後に審議に入るよう野党側に呼びかけていく方針だ。
(後略)


  この今、一時的に「高速料金をタダ」にしてもらい、「子育て支援」に僅かな現金を支給されても、民主党が政権を握った後で成立させるはずの「外国人参政権」を在日に与え、「一国二制度」で沖縄を日本から切り離そうとする計画も、 そして自衛隊をアフガンへ派遣させようとしていることも、日本や日本国民にとっては不幸なことばかりです。

 しかし、あの小沢氏と鳩山氏の自信ありげな態度、そしてもう政権を握ったかのように所信表明をして見せる子供じみた得意そうな態度は何故なのか?は、「森田実の言わねばならぬ」をご覧になると、ナルホドと思います。その中で、自衛隊アフガン派遣についても下記のように語っています。

■森田実の言わねばならぬ(3)-08/09/25


「小沢が政権をとる可能性が高いから批判している。みなが小沢にゴマをすり始めたので逆の道を進む。これがぼくの生き方だ。小沢政権ができるのはほぼ確実だと思うから、平和政策をとりなさい、アフガニスタンへ自衛隊を出すことはやめなさい、国連決議があれば何でもできるなどという日本の主権を放棄するような愚かなことはやめなさい、と忠告しているのだ。小沢がいつまでも在野にいるなら彼の外交・防衛政策についての批判はほとんど意味がない。しかし小沢が政権をとれば、外交・防衛政策の実権を握る。小沢は持論を実行できる。だから批判しなければならないのだ」。
 友人はさらに言う――「ぼくは君のために言っている。小沢政権ができたら弾圧されるぞ。小沢は強権政治をやるぞ。ファッショになるぞ。おとなしくしていた方が君のためだと思うから言っているのだ。君はもう若くない。君は昨年の参院選までは小沢を応援していたではないか。小沢とうまくやった方がよい」。


 森田氏ほどの方が、またその周囲でも「確実」と言う政権交代は、言論弾圧、強権政治、ファッショというこれまでの日本には無い「政権」の誕生を示唆している‥、と受け取っていいのでしょう。言論弾圧は「人権擁護法案」の成立で実現可能です。また、あの小沢氏なら「強権政治」はイメージしやすいのですが、「ファッショ」を辞書を引けば「イタリアで1919年から43年までムッソーリニに率いられた独裁的国家社会主義運動」「ファシズム的な傾向・運動・体制」となっていて、こうした分野に疎い管理人でも背筋が冷たくなりました。民主主義の日本ではなくなるようですね…。

 しかも、民主党の支持母体である「日教組」は、「日の丸」「君が代」闘争を続け、「ゆとり教育」を推進・実行してきた団体です。その日教組を“日本の「ガン」だ”と言い、最後まで発言を撤回せずに、確信的に国民への警鐘を鳴らしたと言って辞任した中山前国交相。 点と点がまたひとつ、繋がりました。

 その「日教組」についての動画を一昨日に見たばかりです。大変分かりやすいので貼ってご紹介しようと思いましたが、何故か今回もうまく貼れませんので削除されていないようでしたら、リンクして是非ご覧下さい。

■日教組 徹底研究 1/5 
1 投稿者は、「日教組」が必死になって削除してくると書いていますので、どうぞお早めに。まだ2万弱の再生でしたので、まだまだ多くの方に見て欲しいと思います。


 また、既にご存じでしょうが、農業問題で政権与党の政策の失敗と非難し、「個別保障制度」を提案していている民主党ですが、「事故米」を押し付けられるようにしたのは、そもそもが小沢氏だということは周知の話。一部何故か削除されているサイトもあるようですが、参考までに引用します。

■アフラトキシンB1米輸入を決めたのは、民主小沢一郎氏


 米輸入自由化を求めたのは、93年発足の細川連立内閣でその中にいたのが、当時新生党代表幹事だった小沢一郎氏だった。

与野党逆転、政権奪取を狙う民主党は、農業問題で「政府・自民党の農政の失敗」を批判し、「個別所得補償制度」の導入を提案。


「民主党も、農業での経営大規模化、株式会社の参入を認める農地法改悪(2000年)に賛成した。」

闇将軍率いる 「細川内閣」
 (93・8~94・4)
=新生、公明、日本新、民社、民改連、さきがけ、社会などの連立内閣は=

 金丸金権汚職批判を受け竹下派を割って自民を飛び出した小沢一郎は細川連立内閣を仕掛けた。
 細川内閣の主要な仕事は、民主政治を骨抜きにする小選挙区制導入と政党助成法の成立だった。

 更に・・・93年12月に外米(ミニマム・アクセス米)輸入受け入れを表明した。それが根本的な原因なのに・・農家は忘れている。
 細川首相は自らの「佐川急便汚職疑惑」が浮上するとあっさり、政権を投げ捨てた。

 
小沢の傀儡政権 「羽田内閣」
 (94・4~94・6)
=新生、公明、民社、日本新の連立
 強引な小沢政治に嫌気をさし、社会党が連立をぬけ出て2カ月の短命に終わったのが羽田内閣。断念することになったが「厚生年金65歳支給の年金改悪法案を成立させようとした」・・・このときから既に年金離れが始まった。

※ 一度は小沢に政治を任せたいと言うのが近年の世論だが・・・既に二度失敗しているのではないか。・・・・いつも頭から離れない疑問だ・・


そして、仕上げは 「村山内閣」
 (94・6~96・1)
=自民、社会、さきがけの連立
 自民党にかつがれた社会党委員長の村山首相は、日米安保体制・自衛隊容認を国会で表明し、自民党政治を推進したが。消費税改悪やコメ輸入自由化、年金改悪を強行しした。

神戸大震災で、自衛隊支援要請が遅れ、燃え盛る火の手に「空からの消化剤投下」による市民の窒息状態を恐れるあまり、躊躇し、その結果多数の犠牲者を出してしまった。初期対応の拙さが際立ったのみの政権であった。
http://blog.canpan.info/kamada/archive/488



 h-line5.gif 

 最近思うことがあり、少し集中してやりたい事が出来ました。といっても呑気に趣味を復活させるつもりなど、まったくありません。それどころではない!と思えばこそのことですが、以前にもましてこのblogの更新が間遠くなりそうですので、申し訳ありませんが、一言おことわりをさせて頂きます。 




banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2







スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/02 12:42<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。