welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.09.24(Wed)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 お彼岸なので「おはぎ」を作ろうかと思いつつも体調がすぐれず迷っていると、友人からスーパーのパック入り「おはぎ」の差し入れがありました。しかし、喜んでいいやら悪いやら… 290 or 12 


 昔ながらの大家族なら手作り「おはぎ」も作りがいを感じさせる何人もの口が待っていましたが、小人数の家庭で餡から手作りしても、そう日持ちしない物は始末に困るのも本音。我が家で食べるよりご近所に配る方が多い、ということもこれまで多々ありました。結局今回手造りは中止し、いただいた「おはぎ」を仏壇に供えて済ませる手抜き供養。おまけに悪化した体調不良は風邪が原因だったらしく、昨晩から発熱してダウン‥の管理人です。そういう意味ではパック入りスーパーの「おはぎ」でも、お彼岸には欠かせない物だけに助かった! のは確かなのですが、かなり複雑な心境です。

※ と、言うことで、現在も体の節々が痛み、ボケ~っとしつつもネットを見ているうちに少しはまともな思考が戻ったこの瞬間を捕らえての更新です。何時にも増して変換ミス・怪しい文章などございましたらご容赦のほど。

 しかし、その日のうちに消費しておきたいパック入り「おはぎ」を前に、食べても大丈夫だろうか? と、今では産地表示のしっかりした物以外殆どの食品に疑問を持たざるを得ない不安は、消費者にとってはかなり生活し辛い現実を強いられ、ストレスがたまる一方です。姿形は日本の「おはぎ」であっても、餡は支那産小豆で支那工場生産の業務用大型パック入りを使用(?)。もち米も支那産メタミドホス汚染米(?)などと疑えば、手を伸ばすのは当然躊躇われます。しかし、そうした表示が義務化されていない今、消費者には選択の自由も与えられていません。心配ならいちいちメーカーに問い合わせなければならないなんて、限界があります。そうした不信感・不安感に陥った日々が続けば、当然気持ちが荒み、疲れを感じてくるのが本音。まだ、少人数の我が家でさえこうですから、育ち盛りのお子さんを抱えたご家庭では、相次ぐ値上がりで家計のやりくりもあるでしょうから、難しい選択を迫られているはずです。安い・大量・美味しい・便利を求めれば、そこには健康被害の危険性を潜ませる「支那産食品」が並んでいるこんな現実を一体誰が作ってしまったのか──?!

 そう言えばお彼岸を前に、こんな記事もありましたから、尚更です。


■ 19日、長野で発生した「輸入あん、2人嘔吐」支那産か! 


 の記事から、多用されている支那産、支那製の食品についての危険性に言及しているのが「博士の独り言」09/20。


 しかも、アジア諸国ではメラニン入り乳製品の輸入禁止が相次いでいるというのに、日本では何故、その「輸入禁止処置」へ向けた政府の動きが全くないのでしょうか?

◆フィリピン、中国製乳製品の輸入・販売を全面禁止
2008/09/23 22:22 朝日新聞

◆〈中国製乳製品〉メラニン渦、拡大 アジア各国 禁輸続々
2008/09/22 18:00 毎日jp
台湾:17日、乳製品の全面禁輸処置=コーヒーに入れる粉末クリームに微量のメラニン検出。

シンガポール:19日、中国製乳製品の輸入、販売を全面停止=アイスなどからメラニン検出。

マレーシア20日、ブルネイ21日に同様の処置。

----------

 しかし日本では…。

◇各メーカー、確認作業に追われる。

 この問題の深刻さが大きく報道され始め、故意に有害物質混入と明らかにされたのが13日でした。それも、近年洋食化傾向にある支那人民の牛乳消費量は伸びる一方なだけに、出荷量をそれこそ〈水増し〉する為に水で薄め、しかし検査で引っ掛からないようタンパク質の含有量を増すために本来プラスチック容器などに用いる「メラニン」を混入させた、拝金主義犯罪。 これには、日本に昨年帰化した石平氏は、「毒ギョウザ事件」の後のインタビューで、こう述べています。

― 毒入りギョーザ事件など、中国産品への不安が日本人の中に広がっています。
石◆中国国内では毎年毎月、ああいう問題は起きています。そういうものを食べて誰かが死んだという事件が起こらない月はありません。

― 何が一番の問題ですか。

石◆拝金主義ですね。改革開放以降、「ただ儲かればいい」という悪徳商法がはびこっていることが背景にあるのだと思います。私が不思議なのは、日本国民は皆、不安を覚えているのに、福田首相を始め日本政府はその国民の気持ちを何ら代弁もせずに、日和見的な態度を取り続けている事です。

普通の国だったら、この事件の真相が解明され、また中国の食の安全が保証されるまでは、中国からの食料品は全面輸入禁止されてもおかしくないはずです。現にアメリカ産牛肉はBSE問題で全面輸入禁止にしたではないですか。

なぜ、中国相手だと弱腰になるのか。日本人の身の安全よりも、日中友好が大事だというのでしょうか。本末転倒もいいところです。これでは福田政権は媚中政権だと非難されても仕方無いでしょう。

 日本は完全に中国に舐められています。

 それがいかに危険なことか。ことは食の問題だけに留まりません。私は、いまの状況が続けば、北京五輪後、中国は台湾併合に動くと見ています。台湾が中国の手中に落ちれば、日本は中国の属国に成り下がるしかありません。
台湾周辺の海、即ち、日本のシーレーンをいつでも封鎖することが可能となるわけですから、日本はその恫喝に屈するしかなくなるのです。
(平成20年2月25日インタビュー)

引用元: 「草奔崛起-PRIDE OF JAPAN」08/04/02





08.1.30青く輝く美しい川 08.1.30お魚さんも大喜び 矢印左 これが、どこまで改善されてるの362364


 昨年は米国に輸出されたペットフードにもメラニンが含まれていて大問題になりましたが、少しも反省・改善しないどころか、金儲けのためなら人間の口に入る食物にさえ危険物質を入れてしまう腐敗体質は恐怖さえ感じます。また、支那の環境汚染、特に水の汚染は深刻で、北京五輪の前から水道水が危険で飲めなかった市民は、通常ボトル入りの水を買い使用。しかし、そのボトルやペットボトル入り水の大半がニセモノで危険! という報道も多く見かける始末。あるテレビ番組では、汚い環境の中で、水道の蛇口から素手でカラのペットボトルに直接水を入れて「ニセモノ」を作る作業を取材していました。
 そう考えると、例え日本企業が指導し整えた環境で製造した商品でも、煮炊きするのに必要な水の安全確保はどうなのヨ? という疑問を当然のように持たざるを得ないのが、日本の消費者心理です。 本当に上の画像の川がその後どの程度キレイになっているのか、いないのか、是非に見てみたい。どこかで追跡取材をしているのでしょうか。

 しかも、日本では「丸大食品」が販売したパンやデザートなどが長崎や大阪市内の病院や施設といった本来最も完璧な衛生環境と安全が提供されなければならない患者や子供たちに食されてしまったのは、大問題だと捉えていいのではないでしょうか。
 「丸大食品」に関しては、このような記事もあります。


■丸大食品は、関西では札付きの会社として有名だった?!
せと弘幸blog『日本よ何処へ」』08/09/22




だから、もう一度聞きたい。

 何故、日本はこうした状況にありながら『輸入禁止処置』をしないのか?

 ハッキリ言って、もう、福田前首相のような「国」や「国民」を裏切るばかりの首相などご免被りたいのが本音です。 それだけに、今日発足した第92代「麻生内閣」では二度と国民をガッカリさせ、傷つけるような誤ったリーダーシップは取らないで戴きたいと、くれぐれもお願い致します。

h-line5.gif  

 さっき流れたTVニュースで、全国の知事会が支那産の乳製品「禁輸処置」を申し入れたとの事。こうして求められなくては動く気配すらない対支那対応って、どうなっているのでしょうか?  この場合、政治ではなく省庁に問題ありという気がしてなりません。その理由もそれとなく分かってもいます…が。

 最後に、麻生首相自ら閣僚人事を読み上げるという「やる気」と「その気」を感じさせ、ご自身も仰っていた国民の政治不信に応えるには積極的姿勢で評価したい管理人。直接国民に向かってメッセージを発信するのは、距離を感じず良いことだと思います。流石にアキバで支持されるマンガオタクの首相ならではの発想(?) これからも偉ぶらず、奢らず、ご自分の色を出して戴きたい、、、のですが、しかし、これを前任者辞任からずっと次期首相と位置付け「麻生ネガティブ・キャンペーン」を張っていたマスコミや野党は、選挙対策のパフォーマンスと言うのでしょうね。と言っても、党首さえ選挙で選べない党に言う資格はありませんネ。それに、選挙対策と言うなら耳触りのいい「高速料金タダ」や「子育て支援に?万円」等々の一般人こそ飛び付きたくなるようなバラマキ政策を餌に、党是とする「外国人参政権付与」や「沖縄ビジョン」などを一言も国民に言わないのは卑怯の何ものでもないでしょう。決して我々日本国民にとっては利益とならず、在日(外国人)に選挙権・被選挙権を与えるという本末転倒な許し難い悪法を実現させようとする民主党など、「一度くらいは‥」の安易な発想で政権を取らせるわけには行きません。

 それに今日も今日とて、“政権交代の秋”“政権奪取の秋”と、口を開けば聞き飽きた子供の駄々じゃないのですから、少しは品格・品性・廉恥心を日本人なら弁えたらどうですか? それなりの支持が集まれば、嫌でも手に入る政権でしょう。自信があるなら、少しお黙り!! ・・なさいませな。その方が日本国民には印象が良いはずともお分かりがないようで──。それとも、顔は日本国民に向いていないのでしょうか? それなら分かりやすいです。

 ここでついでに言っておきたい事は、マスコミや反麻生勢力が、育ちの良さを2世議員だとかお坊ちゃんだと言って批判しますが、育ちの良い、それも政治家のお家柄ならそれなりの教育・躾・国家観・愛国心を備え育まれてお育ちでしょう。DNAも家柄も純粋培養の日本人に疑いようもありません。逆の誰とは言いませんが、お育ちの悪い方々は「貧すれば鈍する」と言うように、社会にも国家にも反体制的思想を、平たく言えば己の不遇を責任転嫁させて恨み・辛み・憎しみに変えてしまう要素がたくさんあるのではないでしょうか。どちらにも全てが当てはまるとは言いませんが、2世だから、リッチな家柄だからとは一概に言えません。ですから、その逆も言えます。つまりは、何の根拠もない批判であり、卑怯なネガキャンだということを見抜いている国民は多いと、言っておきたいと思います。少なくてもこの現在には、日本を愛し、日本国を護り、日本国民を思って政治指導を行って下さる首相を日本国民は願っているのですから。

  国家を担う首相には、それなりの国家観・国体意識をきちんと持った人物なら自ずと姿勢が表れます。勿論難しい外交には時には譲歩も必要でしょうが、麻生首相はハッキリと今日の記者会見で表明していました。閣僚への厳命は、「国民本位」、「官僚を使いこなす」、「国益重視」だったでしょうか。前任者が前任者だったので心強いと感じましたが、このスタンスを全て100%通すのは無理でしょう。足を引っ張る輩とマスコミに邪魔をされると国民は解っているので、決して無理は望みませんから出来る限り踏ん張って戴きたいと思います。勿論、今後見極めが必要になりますが、ある程度の寛容を以て見ても信頼に値すると判断できれば、長期政権を担い短命放り投げ政権の不名誉はこの辺で終止符を打って、安定政権を目指して欲しいと思います。
 また、前任者と元安倍首相とを同列に批判するマスコミや反日勢力の言い方は、自分たちが追い詰めた張本人なのですから違うと分かってのこと。安倍氏は放り投げたのではありませんよ。それを分かっているのは、逆に外国の政府関係者です。確かに安倍氏の辞任は突然でタイミングも悪かったことは責められるべき失態でしょうが、それまでの経緯を冷静且つ客観的に見れば、鬼の首を取ったかのように糾弾することではありません。

 分かりやすいのは、福田前首相にはネガキャンもなく歓迎一色だった周辺国とマスコミが、何故安倍氏や麻生新首相に風当たりが強いのか? は、日本国を再生し、元気でまともな国にしようとする首相だからです。それは、逆に特亜三国や特亜傀儡のマスコミや反日団体などには不都合なのですよね。最近ではネットのお陰で、管理人も直ぐに分かるようになりました。


 最後に韓国の話題。麻生政権誕生で『極右政権』に警戒、という見出しが踊り、 日本の領土である「竹島」を教科書の指導書に載せたというだけで、全く文句をつけられる筋合いに無い極当然の事でいきり立って見せるのは、本当に逆効果です。その上毎年この時期になると世論調査を発表し、「日本は大嫌い」と表明して見せるのも最近では個人的に歓迎ムード。韓国には好かれるより嫌われた方がマシと思う日本国民が多いのも共通認識です。 

◆「日本が嫌い」が大幅増=竹島問題影響か─韓国調査
2008/09/22 10:16 時事通信

【ソウル22日時事】22日付の韓国紙・中央日報に掲載された世論調査結果によると、「最も嫌いな国」として日本を挙げた回答が昨年の38%から57%に大幅に増加した。日本の中学校社会科の新学習指導要領解説書に日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)が明記されたことなどが背景にあるとみられる。
 一方で、日本を「最も見習うべき国」とした回答は24%で1位。このほか、「最も好きな国」は米国(18%)、オーストラリア(14%)、スイス(9%)の順。「嫌いな国」の2、3位は中国(13%)、北朝鮮(10%)だった。
 調査は済州島を除く全国の満19歳以上の男女1200人を対象に、8月25日から9月7日まで面接方式で実施された。

 でも、何故済州島なのでしょうかしらン?

 しかし、それでもTVで韓国観光のCMしているのは、なぁ~ぜ? 嫌いな国なら観光にだって来て欲しくないでしょうに、サッパリそのWスタンダードな廉恥心のない態度は理解しかねます。勿論嫌われている国にお金を落としにわざわざ行って、不愉快をお土産にして帰ってくるなんて、ご免被りますが。その逆に、行ったために嫌韓になって帰ってきた女性の声を聞くと、それもショック療法にはいいかも~266 と思ったり…。

 また、少し具合が悪くなってきました。もう大人しく寝ましょう。

banner_02.gif人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/09/24 23:30<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。