welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.01.16(Fri)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif 


 久し振りに、「毒=農薬・殺虫剤」+「中国産」に関するニュース記事が目につきました。


◆中国産ウナギから3倍の農薬、成田の食品会社に回収命令
1月15日23時18分配信 読売新聞


 千葉県は15日、中国から輸入した活ウナギから基準値の3倍の農薬が検出されたとして、同県成田市の食品会社「丸勝」(西勝光治社長)に対し、回収命令を出した。

 県によると、問題の活ウナギは今月3日、中国・福建省から輸入された1・5トン(約6000匹)。成田空港検疫所の検査で、基準値(0・01ppm)を超える0・03ppmの有機塩素系殺虫剤「ジコホール」が検出された。

 既に東京都や埼玉、千葉県内の食品加工会社などに販売されているが、これまでに健康被害の報告はないという。県衛生指導課は「検出された農薬は微量で健康への影響はない」とみている。ジコホールは果樹や茶などの害虫駆除に使われ、国内では生産されていないが、使用は認められている。 

最終更新:1月15日23時18分

  チャイナフリー・バーナー 

1 以下、当ブログでは「中国」=「支那」「支那中共」と表記しています。


 いい加減食傷気味なこの手のニュース。
 だからと言って、実生活で見過ごせるはずもない食品に関する事ですから、アンテナは相変わらず感度良好です。

 でも、こうしたニュースに一々反応したのは、既に遠い過去のような気がするのも不思議です。残留農薬野菜が問題になってから、もう何年経つでしょうか‥?


 支那(中国)産=危険=食べない、使わない


 の、チャイナ・フリーが多くの国民の間で常識になって久しく、こうしたニュースにドキッとしなければならないのは、残念ながらその商品を購買してしまった方たちです。

 管理人は勿論、限りなく注意をしていますが、しかし時には頂き物の中にあったりするので、勿体ないと気が引けますが処分しています。その中で、最も嫌な気分になるのが、日本に古くからある伝統食品(梅干し・漬物・佃煮等)の原料が支那産であった時です。日本独特の物だけに固定観念から疑いを持ちにくく、うっかり買ってしまう場合も多いのかも知れません。「まさか」の心理なのでしょう。
 ここに資料がないので記憶だけですが、そうした物こそ塩漬けにされて輸入され、真夏の炎天下に臭気を発するほど放置された食品があるという報告を受けて、視察された議員の報告を読んだことがありました。そして、形だけがあれば味・色・香は人工的にどうにでもできるのだとあり、その時大変衝撃を受けました。

 勿論、性懲りもなく輸入し続ける企業・業者も悪いのですから、回収騒ぎで損失を招き、信用を失墜させてイメージダウンをするのは自業自得です。これまでどのくらいの数の業者・企業が、恒例化したような謝罪会見を報道陣のカメラの前でしてきたでしょうか。
 しかし、これまで「残留農薬」や「殺虫剤」基準値数倍・数百倍・中には数万倍オーバーの食品が見つかってきた実績(?)がある以上、限りなく疑われていい支那産食品。それでも輸入し続ける業者が後を絶たないのは、それだけ需要があるからでしょうか。それも、パックには偽装ではなくちゃんを「中国産」と産地表示がしてある物なら、知ってた上で購入している消費者がいるということなのでしょう。
 売れなければ商売にならない物は輸入せず、一時は大幅輸入減になってこうした事件も目立たなくなった昨今でしたが、再び輸入増⇒農薬・殺虫剤検出のニュースまでもが増加するようでは、困ります。この一年何の為にとってきたはずの安全対策強化なのか、と国民からます々不信を招くようなことにならないよう、更なる徹底を望む他にない消費者の一人です。


 そして、既に販売されてしまったウナギを、もし家族の胃袋に収めさせてしまっているのなら、買ってしまった特に主婦の皆さまは、どんなお気持ちでこのニュースに接したでしょうか? 関係機関やマスコミが、いつものように「健康被害の報告はない」「食べても健康への影響はない」と伝えれば、大丈夫だとホッと胸を撫で下ろしているでしょうか。
 これ以上は、個人の自由選択の結果ですから言及したくありません。

 …が、少し思い出して下さい。

 既にあの「毒ギョウザ殺人未遂事件」が起こってから約一年──。
 あれだけ大騒ぎになり、被害者の中には命の危険も危ぶまれた幼女もいて日本列島を震撼させた、本当に重大な事件でした。犠牲者が出なかったことだけが、唯一の救いなのです。

 しかも、当時の福田康夫首相は政界きっての親中派議員。確か最も訪中回数の多い方だと、聞いています。その福田首相の(蒸し返すようですが) “お友達が嫌がることはしない”方針で、国民の生命安全を蔑にした首相でした。少なくても管理人はそう認識しています。
 
 そしてそれ以後、この事件は時の流れの中に風化されつつありませんか。風化するということは、例えば、被害を受ける可能性のある立場の者が、記憶することをしないで忘れ去るということでしょう?一過性の事件とは別次元で、対象者は日本国民全員のことなのに…です。
 それも、尊大に構えた中共は一切非を認めず、逆に責任転嫁をしてみせ、『日本人は忘れっぽいから』と高を括った発言。それでも反応しない日本政府=福田政権の忠誠に安心して、当時の狙いであった北京五輪の成功を一応は納めました。しかし、その後も期待した事件解決への進展は一切なく、この事件は放っておくことで何れ風化させられる、という思惑?
 あの事件の解決が見られなくて、どうして安心などできるでしょう。

 管理人はこうしてキーボードを叩きながら、この件に関しては当時の怒りがまざまざと甦り、血圧の上昇を感じるほどです。
  反応がいいのは、血圧だけなんて…アァ263グズッ


 それだけ食品は、国民の生命と健康に直結した物だけに、安全だけは一歩の譲歩も出来ない、してはいけない死守すべき防衛のはずです。その防衛線の最後の砦が、私たち消費者の判断一つなのではないでしょうか。
 乱暴な言い方になりますが、万一健康に重大な被害がある事件に発展した場合、その責任対象は販売店ですか?輸入会社ですか?それとも、政府でしょうか? 本来その先の危険な食品を製造、輸出する元々には何故ブロックがかかっているのでしょう?しかも、幾つもの「防止」ができるはずの各段階で見過ごされ、どうして日本国民の口にまで届いてしまうのか?

 そんな現実を知れば、

 あの薬害訴訟が長い歳月を要し、その間に亡くなられた方、健康被害で苦しみながら戦われた方のご苦労は、筆舌に尽くし難いものであったでしょう。それと同様にシミレーションして見れば、自ずと答えは出てくるはずです。
 例え微量で定められた基準値以下であっても、長年体内に蓄積された残留農薬や殺虫剤が人体に及ぼす影響は、果たしてどうなのでしょうか?食品に限らず、煮炊きする鍋や食器などから染み出す化学物質の影響は? と、考えれば安心して使えないのが本音です。

 神経質‥、と思われる方もいらっしゃるでしょう。 

 そうですね。管理人は周囲も含めて健康を損なった人間の悲惨さを実感することが多かったため、「健康」であることの大切さを痛感してきました。そして、避けられない病は別にしても、避けられる外的な要因を排除しようとするのは、そうした経験だけではなく、寧ろ、「命あるもの」に備わった本能であるとも思っています。 小さな自然に生きる動物でさえ、害のあるものは知っていて食べません。

 そして、彼の国の消費者は野菜専用の洗剤で丹念に野菜を洗い、富裕層の人々は国産品より日本の安全で美味しい食品を購入しているという話は、周知の事実です。

----------
【参考サイト】

40「中国輸入」危険な食べ物
http://poohbooh.s22.xrea.com/kiken.htm

40アジアの安全な食べ物
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/


~~~

 これは昨年12月の記事ですが、管理人の最も案じることの一つですから是非因果関係を究明してほしいと願います。

◆<子どもの病気>化学物質との関連解明で母子6万組を調査へ
12月22日2時33分配信 毎日新聞(以下、引用)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081222-00000015-mai-soci

 アトピー性皮膚炎やぜんそくなど、近年増えている子どもの病気と化学物質との関係を解明するため、環境省は10年度から国内約6万組の母子を対象に、子どもの出生前から12歳までの健康状態を追跡する疫学調査を始める。国内では規模、期間ともに前例のない大規模疫学研究となる。

 同省によると、日本では過去20年間で小児ぜんそくの患者の割合(罹患(りかん)率)が2~3倍に増えた。ダウン症の発生頻度も過去25年間で倍増しているほか、小児肥満や小児糖尿病など代謝・内分泌系の異常の増加も目立つ。増加の背景には子どもをめぐる環境の変化があると推定されるが、どんな環境要因がどうかかわっているかは不明だ。

 環境省の調査は、化学物質を子どもが体内に取り込む量と、免疫系の異常、発育障害などとの関係を解明する。10年度から全国の妊婦約6万人に協力を求め、出産時にさい帯血(へその緒の血液)を採取するほか、出産前後から子どもが12歳になるまで、定期的に調査して健康状態を把握する。結果がまとまるのは25年ごろの見通しという。【江口一】

 でも、環境省ですかぁ.....(-_-;)



いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 


スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/01/16 15:41<
2008.05.22(Thu)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 私は幼い頃から所謂「辛党」で、よく周りの大人たちに

『大人になったら、きっと大酒飲みになるよぉ~』

 と、からかわれた記憶があります。
 それがどんな意味を持つのか理解も出来ない幼さでしたが、確かに成長してもその嗜好は変わらずにいて、出掛けた先の喫茶店で友達がケーキと紅茶を注文しても、私はサンドウィッチ。甘味処では、友達がお汁粉やあんみつを頼むのに、私はトコロテン‥。
 確か女子高校生だった頃、試しに注文したショートケーキも途中で気持ちが悪くなったほど、駄目でした。

 以来その嗜好は変わらず香辛料も各種使いますが、でも、「キムチ」のような強烈な臭いと味の物はそんな私でも好みに加わることはなく、一時期回虫騒ぎや不衛生であることが問題となってからは、全く我が家には存在しない食品の一つになりました。

 その唐辛子に含まれている「カプサイシン」。一時期あの「あるある大辞典」などでその効用にダイエット効果があると言われ、注目を浴びたようですが、以前出会った記事に興味深いものがあったので、それを今日はご紹介します。



 何故今「カプサイチン」なのかと言いますと、最近の記事で気になったのがコレ 30

◆竹島・尖閣の領有権明記、4冊のみ 中学教科書
5月20日20時3分配信 産経新聞

 これに対し、韓国からは何時ものような反発があったわけですが、この領土問題は歴史的にも国際法上も「日本固有の領土」と研究者や外務省が主張しているのですから、これまで五十数年間も実行支配を許してきた事自体が、そもそも日本政府の怠慢かと私は思っています。

 勿論その為に拿捕され亡くなった多くの漁民たちの無念さや、島根県民の悔しさを知らずにいた国民の無関心さにも責任があるようにも感じます。それには、特に「竹島」に関しては殆ど報じないメディアの姿勢も問われなければなりませんし、私たち国民の「領土」に対する認識や国家観が育たない教育そのものがおざなりだった影響は大きい、と思わざるを得ません。
 ですから今回漸くこれを改め、今後教科書に載せるという方針は遅まきながらでも至極当然のことでしょう。


竹島啓発ポスター

【関係資料】
web「竹島問題研究所」


 しかし、過去の記憶を手繰るまでもなく韓国が事有る毎に示してきた過激な反日感情は、日本人には到底理解出来ない種類のものであり、確かに不愉快であってもそれと土俵を同じくするより、“激昂し易い民族”として冷めた目で見てきたように思います。
 それが最近になって知った、ネット上でよく使用されている「火病(ファッピョン)」という表現に、ナルホド‥!と大いに納得できました。

 そしてその「火病」の原因が、毎日大量に食べるキムチの「カプサイチン」にある、というのですから、これにもナルホド!と素直に頷いてりして‥。


 【追記】には、下記を載せています。

☆カプサイシン - 通信用語の基礎知識

☆【中央日報論説】 隣りの日本にも中国にもない火病がどうして我が国にだけあるのだろうか。悔しくてしょうがない。
【韓国】 火病とFコード~火病を隠して育てて来た韓国の風土変えよう

 



[MORE...]
>EntryTime at 2008/05/22 06:21<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。