welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.02.10(Tue)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。


■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説
平成21年月21日


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。

**********
■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)




414415416417418419420

「麻生首相に応援メッセージを出そう
      318  318  318   @バレンタイン祭」



■期間:2009年2月3日から14日まで
■概要:日本全国から絵葉書で、麻生総理に応援メッセージを送りましょう
■送付先:議員会館 〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館210号室 麻生太郎事務所
■筑豊事務所 〒820-0040 福岡県飯塚市吉原町10-7 麻生太郎筑豊事務所


 勿論今回も、「「新世紀のビックブラザーへblog」様です

※少々長めになりましたが、「バレンタイン祭」終了までこの状態を続けます。
h-line1.gif 


1 以下のエントリーは、昨日アップする寸前でハプニング発生のため、ドタバタして手付かずになっていたものを、取り急ぎ載せておきたいと思います。
()部分は、本日追加です。

**********

(昨日のTV)
 ニュースで、今年の「サラリーマン川柳」をいくつか紹介していました。

 たったの数首でしたが、その中で最も気になった句が、


 『俺もだよ 何も言えネェ この家じゃ』  (浮草)


 でした。

   welcomeライン

(昨日)
 午前中のお昼少し前に、偶然つけたテレビから聞こえて来たのは喚き散らすような、「騒音」に近い男性の声でした。目を上げると、それは国会「衆院予算委集中審議」の中継でした。
 質問者は民主党の筒井信孝議員。途中からでしたが、執拗に繰り返し繰り返し“分かんネェんだよな”と言いながら同じ質問をしては、麻生首相に答えさせます。それは、郵政民営化の「見直し発言」への質問でした。

 その答弁をたった一度聞いただけで、当初「反対だった」麻生首相が署名する段階で、「2年間のうちにいろいろ勉強させてもらい、良い面もある」と認めて署名した。しかし、「経営として利益が出ないのも、国民にとって不便になったりするようでは如何かな、という面では見直す必要もある」と、いう内容でしたから、管理人でも直ぐに理解が出来ました。

 時間の流れがある中で、また、当時小泉政権下で党として進める「郵政民営化」に、〈3年後の見直し〉を含めて賛成をしたのですから、ここで麻生首相が実質民営化後の「郵貯」が赤字経営で、業務の質が低下している事実があるようなら、「見直す」ことに一体何が問題なのだろう?と、思います。
 ところが、筒井議員の質問のしつこさは、内容ではなく、「賛成したのに、見直す」と変えたことを追求するための追及でしかないようで、時間切れになるまで堂々回りの無駄な時間を費やし、「意見を変えた」「ブレた」ことだけをクローズアップして批判するやり方は、いつも通りの印象です。

 あれ程石井議員の「漢字テスト」が批判され、田中真紀子議員の悪口の羅列、岡田議員の罵詈雑言(産経紙)と酷評され、民主党内からも「イメージダウンだ」という声も出ながら、相手を貶める為だけの国会質問は、大多数の国民にとって実にくだらない、愚かしい行為にしか見えないでしょう。たとえ民主党支持者でも、小気味いいと感じるメンタリティを共有する一部の支持者は別にしても、一般の有権者なら「国民生活第一」なはずの民主党のこうしたやり方に疑問を持ち、政治への真剣さや国民への優しさが全く見えてこない、と感じさせたとしても止むを得ないでしょう。

 また、自民党内からも批判が相次ぎ、「火種だ」とか、「誤解を招く」だといった小泉チルドレンや推進派議員の声が、新聞の見出しになって踊っています。
 以前の政権が決めた事に対し、それが後になって実質的にマズイと認められるような事でも、「検討する」ことも「見直す」こともダメ!というのであれば、何の為の政策なのでしょう。それも、本来首相を支える立場にありながらです。
 国の為、国民生活を良くする為に考え、政策を決めるのが国会議員の仕事のはずですが、大島国対委員長や政調幹部のように、

「予算審議中なので、野党に乗じるすきを与えないでほしい」

「首相はセンスがない。せっかく党内亀裂を回避しようと4分社体制でまとめようとしたのに、もめごとをつくった」
と吐き捨てた。

(07日 07:00 「NIKKEI  NET」にリンク)

 というのは、確かに選挙には不利でも、マズイと分かっていて放置する方が、余程政権与党として無責任ではないかと思います。その点、麻生首相の発言こそが、勇気のいることでしょう。

 政権を維持させる為に例え誤った政策でも推し進め、後世に又「ツケ」を積み上げるのか?

 それとも、ここがチャンスと 見直すのか? 

 こうした自民党内の既得権益体質と、外国勢力に傀儡された議員の存在があるために、多くの国民から信頼を失い、正味期限切れの腐った党と言われてしまう所以です。(他にもありますが‥)
 その中でも、麻生首相は外交面では海外から高い評価を受けているにもかかわらず、そうした報道は一切しない日本のマスコミは、連日野党と共に自国の首相をなぶりものにするだけに奔走する異常体質ですから、如何に日本という国が健全であり、優秀であり、強く、良い国であっては困るという反日姿勢かが、否応なく透けて見えてきます。 そして、それは結果、誰が、何処が喜ぶことなのでしょうか?

 この戦後最も危機的状況の中で(と、答弁の中でも言及)、政権与党だけでなく野党も含め、一致団結した対応が必要だと思うばかりの国民目線からは、実に理解出来ないただの権力闘争として映ります。そして、だからこそ、どんなに国益を損なう事をも「踏襲」する他ないように、周囲が圧力を加えて「河野談話」「村山談話」、そして「近隣諸国条例」などを引き継ぐしかないようにさせているのでは?、とそんな風にも思えた管理人。
 これでは、どんなに国や国民を守るために働きたい首相が誕生しても、周りが足を引っ張り、潰すようにしているのですね。元安倍首相がそうだったように…。

 そんな思いから、現在の麻生首相を代弁するようなこの句、

 『俺もだよ 何も言えネェ この家(党)は‥』

 に、1票入れたいと思います。


矢印↓ 矢印↓ 矢印↓

■第一生命:サラリーマン川柳[100句]


投票締切:2009年3月13日
投票期間:2009年2月9日~3月13日

※ 上記から投票ができます。


 でも、麻生首相はかなり〈前向き〉な方で、個人的にはこの酷い環境の中でもしっかり働いて下さっていると思います。

 そして、僅かにでも
麻生首相の支持率が上がり、民主党への支持率は下がったという調査結果
は、一体どんな流れが起きているのかと興味深いところです。

23麻生政権の実績

23テレビが隠す麻生太郎


 昨日の各紙「支持率低下」と嬉しそうに伝える新聞を見ている方は、
“エッ!?”と、思われるでしょうね。

 でも、政党支持率では自民党の3倍、2%も下げているのだそうですよ♪


h-line5.gif 


自分の思考の正しい管理を怠っている限り、
人は大きな影響を及ぼしたり重要な責任を遂行しうる地位には
決して就くことが出来ない。


 ─ジェムズアレン─









 

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/02/10 20:18<
2009.01.28(Wed)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif  


神はまず天と地を造った。海と山を造った。
そして日本という国を造った。
日本には世界一勤勉な人々と、世界一美しい風景と、
世界一おいしい食べ物と、世界一過ごしやすい気候を造った。

天使がいった。

 「神様、これではあまりにも日本が恵まれすぎています!」

「心配するな、となりに韓国を作った」


 かなり以前に、どちらかのコメントにあったこの一節に、思わず噴き出してしまいました。なるほど・・と思う一方で、しかし、この後に付け加えたいのは一国や二国ではないと思ったのも、正直なところです(笑)。 



   welcomeライン 
 

 夕べの速報で知ったこのニュースに、ハッとした方も多いでしょう。


◆鳥取のカニ漁船、露警備艇が日本海で拿捕…10人乗り組み
1月27日23時36分配信 読売新聞
(以下、引用)

 外務省に27日夜入った連絡によると、同日午後8時ごろ、日本海で鳥取県の漁船がロシアの警備艇に拿捕(だほ)された。漁船はロシア・ナホトカ方面に連行されたと見られる。乗組員にケガなどはない模様。外務省が外交ルートで確認を急いでいる。

 鳥取県によると、拿捕されたのは境港市の県かにかご漁業組合所属の第38吉丸=安藤正史船長(43)ら10人乗り組み、122トン=。24日午前10時頃、境港を出港し、鳥取県沖約480キロでベニズワイガニ漁をしていた。

 同船を所有する日吉水産(境港市)によると、27日午後7時頃、船越信弘・漁労長(64)から会社に「これから臨検を受ける」と連絡があった。仮停泊中にロシア海域に流された、との情報もあるという。

 同社関係者は「日本の排他的経済水域にいたと考えているが、乗組員はロシア語がわからないため、現場で見解の相違が出たようだ」としている。家族「動揺している」

 鳥取県や同船を所有する水産会社は、情報収集や乗組員の家族への連絡に追われた。関係者の一人は「情報が何もない。外務省などの連絡を待っている段階だ」と言葉少なだった。船越漁労長の妻は取材に対し、「27日の夕方、本人から『ロシアの船に捕まったみたいだ』と船から自宅に電話があった。本当に拿捕されたのか、ただ動揺している」と話した。 

最終更新:1月28日1時59分

 こうしたロシアの拿捕事件は、あの2006年の一方的な銃撃で一人の乗組員が亡くなられた事件を思い出させます。

★記憶に新しいロシアの拿捕事件:
2006年8月16日
>根室海上保安部に16日朝、根室市の根室湾中部漁協から入った情報によると、同漁協所属のカニかご漁船「第31吉進丸」(4・9トン、4人乗り組み)が同市納沙布岬沖の北方領土・貝殻島周辺で、ロシア国境警備庁に銃撃、拿捕(だほ)された。
 拿捕の際、乗組員1人が死亡した。他の乗組員は無事。
 根室海保は、現場海域に巡視船艇2隻を向かわせるとともに、情報収集をしている。

■首相官邸に情報連絡室 日本漁船拿捕で
【10:36】 政府は16日午前9時半、日本漁船がロシア国境警備隊に拿捕(だほ)された
事件を受け、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置

引用元:
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155692599/1

※ この事件のその後の詳細は、コチラで
■海洋汚染情報-海の事件簿-
http://blog.canpan.info/maikohinako/archive/107

---------

 しかし、ロシアの強硬姿勢はこれに留まらず、こうした記事もありました。


◆北方4島人道支援、上陸できず=ロシアが出入国カード要求
1月27日22時59分配信 時事通信


 【モスクワ27日時事】
 北方4島住民への人道支援として「ビザなし交流」の枠組みで国後島に医薬品などを届けようとした日本外務省職員らに対し、ロシア側が27日、出入国カードの提出を要求したため、上陸できず、沖合で足止め状態となっていることが分かった。

 関係筋によると、支援物資を積んだチャーター船は27日未明、根室港を出発。国後島沖でロシア側当局者が出入国カードなどの提出を要求したという。提出すれば4島をロシア領と認めることになるため、日本側は拒否し、現在同島沖合に停泊中。同船には外務省職員ら日本側関係者計7人が乗っている。

 1992年に始まったビザなし交流は、日本人と4島のロシア人住民が旅券や査証(ビザ)なしで相互訪問する仕組み。これまで出入国カードを提出したことはなく、ロシア側が4島実効支配誇示を目的に、出入域管理を一方的に強化したとみられる。

kuchipaka7.gif  この同日のロシア側の分かりやすい行動は、日本へのメッセージなのでしょうが、日本の周辺国では見事に共通するいつもの強迫的or恫喝的外交手段。
 
 しかし、不思議に思うのは、今月14日、来日したロシア上院議長と民主党の鳩山幹事長が会談。

「政権交代したときには懸案の解決、日露の平和条約締結に向け最大限の努力をしたい」と述べ、北方領土問題解決に強い意欲を示した。

 という記事がありました。

 昨年末あたりから、まるで政権を取ったかのように外交に熱を入れているという民主党ですが、意欲的な平和条約に向けた会談をして、半月足らずで反平和的な態度に出られたというのは、その時どのような話の流れだったのでしょう。素人ながら、いらぬ詮索がしたくなります。
 お爺様の鳩山一郎氏が、「日ソ共同宣言」=「日ソ国交回復」を成し遂げても、領土問題だけは先送りしたそうですから、その欠けた部分の北方領土問題を孫の代で解決したいと思うのも無理からぬ話だとしても、歓迎するには無理がある過去から学んだ国民感情の複雑さ‥。 
 しかし疑えば、どこの領土問題でも引きずる一方で解決の糸口さえ見つけられず、ジリジリと後退しているように感じるのは、やはり、河野一郎氏(河野洋平氏は次男)の「竹島密約」と同様の棚上げ、先送りで終始した外交のツケなのでしょう。

 そして、(アメリカ寄り)吉田茂元首相vs(ソ連との国交回復)鳩山一郎(吉田茂の次の)元首相の対立がそっくり孫の代でも引き継がれているようにも感じるのは、面白いところかと思ってみたり‥。 しかし、鳩山氏の麻生首相に向ける敵愾心は、見ていて不快になるほど醜いと思うこと度々です。

 政治って、やはりドロドロし過ぎで苦手なことに変わりありません。

h-line5.gif 

 でも、外交って一体何なのでしょう?
 そんな単純な疑問が、訪問先の「KNN TODAY」様[1/26]が書かれていた言葉で、晴れたように思います。


 すぐれた技術力と生産力をもってしても、相手にとって条件が悪くなってくると、「これでも円で調達しろというなら、もう買わない」と簡単にそっぽを向かれてしまう、と経営者の声。日本経済が強く出られないのは、それだけの軍事力を手にした外交力がないからだ。民間の努力だけでは相手との交渉にも限界がある。

 現在の日本のエネルギーは、石油輸入がストップしただけで経済がほぼ全て死んでしまうという状態にあり、食糧安全保障共にエネルギー政策も綱渡りでやってきた。

 

 また、英国が石炭、米国が石油で世界派遣を掌握している間、日本はずっと東亜随一の国であり続けたが、常に欧米に押され続けてきた。それを護憲・人権派は「日本は遠慮せよ」と喚き、自国の軍事力を「平和の敵」として日本の経済発展を頭打ちにしてきた。

 日米安保を前提とした護憲がいかにでたらめなものであるか、企業経営者たちは知っている。
 夢の国で夢を語り、自分たちで自分たちを不景気にしておいて「生活第一」をわめく極左団体は、見事なマッチポンプだ。

 最も基本的な「自主憲法制定・国防強化」の一日も早い実現を!!


  
 国を思い、国を守るために必要な防衛能力とは理解していても、経済を支えるのも「防衛力」の無さがビジネスで相手につけ入らせていたとは、知りませんでした。

 確かにそうですね。子供の世界でも、実力者の子供や腕力の強い子は、それを嵩にかかっている子も見かけます。弱いと思えば容赦のない弱肉強食の世界では、日本人のお人好しと防衛力のない国でいることは、危険極まりないという現実に気付かない限り、メタボな平和ボケが緊張感でスリム化は無理な話でしょう。

 置き換えれば、『運命とは偶然ではなく、必然である。運命とは性格の中にこそある』必然が待っているということなのですね。
 ~芥川龍之介「朱珠のことば」より~



 

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 





>EntryTime at 2009/01/28 09:50<
2009.01.22(Thu)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif 


 今年に入って「気合い」が入ったのか、少々飛ばし過ぎの感あり。
 しかし、情けなくも、息切れ‥ふぅふぅ 気味の管理人です。

 と、言っても、既に一部は魑魅魍魎・百鬼羅刹の巣窟と化した「日出国」日本の現状には、一瞬たりとも目を離す余裕などなく.....な~んてね、三文小説風なもの言いは、お遊び、お遊び♪

 でも、こんな風にオチャラケルときは、何か決まって気鬱なことがある場合に限るのが管理人の習性、自浄作用発動中かも。
 本音は ~やってられないワン~262


 昨日配信された「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」[1/22]の中で、書籍が紹介されていたのですが、本日はその内容が原因ですね。
※ 最近、本文は勿論ですが、何かと引っ掛かるのがこうした書籍紹介だったり、読者の声♪だったりすることが多くなって、ML興味津津拝読中。


●○BOOKREVIEW●○

いったい誰が伏魔殿のごとき対中援助を決めたのか 
六兆円も投じた日本の対中ODA援助に中国は感謝したことがあるのか

  ♪
古森義久・青木直人『終わらない対中援助』(PHP)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 対中円借款は打ち切りになった筈である。
日本のマスコミ報道がそう言っていた。
 ところがアジア開発銀行などへの巧妙な迂回融資で、日本の巨額が「援助」という名の下に、いまだに中国のインフレ整備に回され、それは間接的に中国の軍事力の増強に繋がり、つまり日本の「国益は失われ」、「いちばん税金の無駄遣い」を日本は繰り返していることになる。
 嘗てスターリンが言った。「奴らは自分を吊すロープを敵に売っている」と。

 それなのに日本政府、外務省は日本にミサイルの照準を当てている仮想敵に、なにゆえに援助を続けるのか?
 産経新聞で早くから、この腐臭を放つ稚拙外交の主柱=ODAの矛盾を指摘した古森氏と、アジア開銀の迂回融資の実態を鋭くえぐった青木氏が最新のデータをもちよって現場の実態を抉っている。

 「血税が使われているのだから明細を公開して欲しい」と要求しても、資料を出し渋るのは日本の官僚、なぜなら厳しくカネの行き先をつきとめる規制がなされておらず、その法律的欠陥の多い監査の杜撰さを利用して巨額が、曖昧な海外案件に流れ込み、ましてや援助を受けた中国は「日本からの援助」を対外広報しない。
感謝の言葉は一切聞かれない。

 古森義久氏が批判の口火を切る。
 「日本のODAは、その援助の実施を規定する国内の法律や法令はまったく存在しません。政府が毎年、公的資金一兆数千億円を投入する国家事業であるにもかかわらず(米国にもイタリアにも細かな規定があるのに)、それを施行するための明文化されたルールがない」。
 しかも、中国を優遇するためなのか、外務省の反対で規制法は成文化されない。

 青木直人氏は「中国へのODAが非常に優遇された」事実を述べたあと、こう補強する。
 「日本の対中援助は世界最長で最大規模の援助だった」。「アンタイドローンという援助も加えれば、実に六兆円にのぼる」。
 最悪の問題は、この問題を頬被りしてうやむやな裡に中国への援助を三十年間にもわたって、われら国民の血税から出させてきた外務省と、ODA所管の官庁ならびに追求を怠った政治家。それを知っていたのに、一行も書かなかった大手マスコミという売国奴的な日本人の存在ではないのか。
 無駄なODA外交の伏魔殿の闇は深い。



umaya_04.gif f_petit12.gif

 何年前だったか、当時一台目のPCがグレていて使えず、姪に頼んで外務省HPから「対中ODA」の資料をプリントアウトしてもらったことがあります。その量の多さに姪は悲鳴を上げブゥーブゥー言われましたが、FAXで届いた内容を見て今度は管理人がブゥーブゥー言う前に、お口あんぐり!な〈至れり尽くせり〉ODA。試しに一度ご覧あそばせ‥、と言っても、本日アクセスしても何故だかその詳細な資料を見つけられませんでしたけど。

 そこで、その一部を引用しようと思いましたが、生憎どこやら入ってしまって見つからず、断念。(スミマセン...熱心に探す気力もなくデス)
 それに、あの膨大な資料を思い出しただけで、何やら拒絶感がヒタヒタと忍び寄ります。その効果があまりにも「なさ過ぎる」と、知っているだけに当然の反応でしょう。いえ、それ以上に不思議です。不可解です。不公平です。理不尽です。“なんだかなぁ~~”です。

 日本政府は何か、一般国民には窺い知れない、重~い重石を乗せられてしまったのでしょうか。以前からそんな気がしています。
 もし関心をお持ちなら、一度はザッとでもご覧になることをお勧めします。
 より、日本ってお金持ちって実感できますよ。
※ 平沼赳夫議員のHP「超人大陸」[1/1]をご覧になると分かります。



■外務省:政府開発援助(ODA)組別データブック2007

●国別援助計画:中華人民共和国

【平成13年10月策定】対中経済協力計画
▶骨子案
▶概要
▶本文

 〈対中経済協力計画〉
(1)政治情勢

・72年9月田中総理(当時)訪中の際に発表された「日中共同声明」によって国交を正常。
・78年8月「日中平和友好条約」署名。
・98年11月、江沢民国家主席訪日の際に発表された「日中共同宣言」で33項目の具体的協力事項を掲げた「共同プレス」を発表。

(2)主要課題
イ.市場経済システムの形成と成長の持続
ロ.持続可能な発展の実現
ハ.地域間経済格差の是正
ニ.教育振興と人材育成
ホ.雇用・社会保障制度の拡充

●中国ODA-16ページ(全61ページのうち46ページから)

↑(何故か、途中の61pから)

その他、

【無償資金協力】平成20年度:約束日別


2008年5月7日 人材育成小学計画─5.77億円

〈中国の「人材育成奨学計画」に対する無償資金協力について〉


2.計画の概要
(イ)本計画の内容

・本計画は、中央政府等の若手行政官最大48名が、日本の大学院において、法律、公共政策、経済、経営、国際関係の分野で学位取得等を目的として留学するのに対して必要な経費を支援するものである。なお、我が国は、人材育成支援無償資金協力((参考)参照)を活用して、アジア地域の開発途上国の若手行政官等を対象として人材育成奨学計画を支援している。
本計画により日本に留学する行政官は、平成20年度に募集が行われ、平成21年度から2年に亘り留学することになる。供与限度額は、4年度に亘り最大で5億7,700万円である。

(ロ)必要性と効果

中国は、改革・開放政策の進展に伴い、沿海部を中心にめざましい発展を遂げており、2001年12月にはWTO(世界貿易機関)に加盟し、公平・公正な国際ルールのもとで対外経済関係を構築することを課題としている。
このような中、中国政府にとって、市場における経済秩序の維持、経済関係法令の整備とその着実な実施、違法行為の取締り、財政・金融・投資・税制等の諸分野における制度改革が課題となっている。
このような状況の下、中国政府は、「人材育成奨学計画」を策定し、我が国政府に対し無償資金協力を要請してきたところ、我が国政府は、本件協力は相互理解の増進にも資することを考慮して、実施することとしたものである。
 
3.本計画の実施により育成される人材が、将来、各分野のリーダーとして中国の抱える諸問題の解決に貢献するとともに、今後の日中両国間の政府レベルでの相互理解の増進に資することが期待される。

 

ついでに、

91年~98年の実績(99年版ODA白書下巻より)

「韓国」



 何が何でも反対というわけではないのですが、もっと国民の理解を得られる(ストレスを与えないよう)透明で、有益な国際援助・支援をして欲しいのが最低限の願いです。効果も感謝も報いもなく、逆に援助・支援することがバカバカしいと印象付ける以上に、尊大不遜な相手には、びた一文払いたくないのが普通の国民感情でしょう。…と言っても、国際常識でも測れない国ばかりですから、それ以上に「特殊」な日本とではあまりにも隔たりが大き過ぎます。そして、それだけ他の国には無い素晴らしく誇れる歴史を持つ国だからこその「異質」は、守らねばならない価値ある国ということでもあると、国民が強く自覚しなければなりません。

 また、給付金が「バラマキ」という批判など、国民が納めた税金を国民に「景気対策」の為に使ってもらうためのものですから、何の文句がありましょう。
 それに、文句は言っても大半の国民の本音は「欲しい」という調査結果ですから、様々不満はありますが「景気対策」の為に大いにサッサと使って欲しいものです。

 しかし、ODAに比べれば、2兆円など精々子供へのお小遣い程度のちっちゃな額にしか思えない、なんて…。
 でもでも、国内で使わないと意味がないんですよね。円安だからと近隣諸国へ偽ブランド品など買いに行かず、国内の素晴らしい観光名所を訪ねて、日本の良さを噛み締める機会を作る為にお金を落として欲しいと思います。でなければ、日本の希少な伝統工芸品を思い切って買ってみるとか、自腹ではなかなか手に入れ難い品を買うには良いチャンスだと思います。それは取りも直さず、匠の技の伝承に個人個人が頑張っている分野への活性化にも、少しはお役に立てるでしょう。
 少し意識さえすれば、そうした僅かな貢献くらい出来そうなものだと思うのですが、しかし、何処かの1.5倍は魅力的かも?

 管理人は10倍でもご遠慮申し上げますが…








いつも応援、ありがとうございます。



banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 






>EntryTime at 2009/01/22 18:43<
2009.01.17(Sat)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif  

 興味深い記事が2本続きます。

 
◆知らぬは一般国民ばかりなり 放送局に免許剥奪がない理由(1/2)
2009/1/15 ダイヤモンドオンライン
 (以下、一部引用)

世にも不思議な話である。

 そのことを、まったく知らされていない一般国民や、他の業界の許認可事業者が聞いたら、「なぜ彼らだけが特別扱いなのか?」という疑問を抱くはずだ

 日本の放送局は、2008年10月31日に、ひっそりと“放送免許”の再免許(事実上の更新)を受けていた。そのことは、当の放送局、親戚筋の新聞社、そして監督官庁の総務省も、あえて自ら言わないようにしているかのようだ。

 しかも、今回の再免許は、これまでと違うトピックがあった。全国の放送局が横並びでアナログの放送免許とデジタルの放送免許をいっせいに交付されたばかりか、次の更新までの期限がぴったりと“尻揃え”に調整されたのである。そんな「異例中の異例の事態」(放送業界に詳しい関係者)にもかかわらず、まったくニュースにはなっていない。

(中略)

 一連の流れを見る限り、総務省は、粛々と計画通りに事を進めているように思える。だが、2008年の再免許がもうひとつ異常だったのは、過去には必ず行われてきた「再免許ヒアリング」(放送局に対する個別の事情聴取)のプロセスがなかったことである。



 通常、再免許の時期が近づくと、放送事故や不祥事などでスネに傷を持つ放送局は、ビクビクしながら1年以上前から事情聴取の準備を進める。総務省に対しては、主に(1)免許期間中の事業継続性、(2)番組の編成計画を説明し、求められた資料はすべて提出する。


(中略)

 では、なぜ、今回に限り、事情聴取が省かれてしまったのかと言えば、これが総務省の都合なのである。再免許ヒアリングをすれば、ボロが出てしまいかねないからなのだった。たとえば、地デジ推進の立場上、総務省の担当者は、各局に対して「本当に2011年7月24日までにアナログ放送を終了できるのか?」とその根拠を問い質さければならなくなる。

 じつは、どの放送局でも、一局当たり約50億円ものコスト負担が必要であるにもかかわらず、利益を生むわけでもない地デジ投資など、ホンネでは望んでいないのである。「とりわけ、地デジ投資だけで、3~5年分の営業利益が吹っ飛んでしまうローカル局は、抵抗勢力になる」(キー局の幹部)。

 総務省は、事情聴取で放送局を締め上げようとしても、いつもと違って反撃されてしまいかねなかったので、中止したのだ。ローカル局から、「現実的に、アナログ放送を止められるかどうかは視聴者がテレビを買い換えてくれるかどうかの問題です。地デジの認知度は低いままですが、総務省は、なにをしているのですか?」と切り返されたら、答えに窮してしまう。それが今回、横並びで再免許になった“真相”なのである。

 逆に言えば、だからこそ放送局は、どんなに世間の批判が激しくても、放送免許を剥奪される事態を考える必要がない。不祥事続きであっても、免許更新は既定路線になっていたからだ。

 現在、総務省とその意を受けた社団法人は、国民には選択肢を与えることなく、CMや字幕などで強制的にテレビの買い替えを促している。地上アナログ放送の停波までは、すでに1000日を切った。

 しかし、2008年10月に総務省が発表した緊急調査では、地デジ放送が見られるデジタルテレビの世帯普及率は46.9%であり、依然として目標の50%には達していない。加えて、現行のアナログ放送が2011年7月24日に終わることを知らない人が約4人に1人もいる(認度75.3%)ことから、地デジへの完全移行は危うい状況にある。その日を境にして、テレビが見られなくなる家庭が出れば、世間の非難はすべての発信源である総務省に向かうだろう。

 これまで、日本の産業界のなかで、放送局は“特別な存在”とされてきた。だが、そろそろ国は、放送局を優遇し続けていること自体が、静かに国民の反感を買っているという現実を、もっともっと知るべきである。      

(『週刊ダイヤモンド』編集部 池冨 仁)

 



◆国家が国民を選別する新方針? 地デジ支援はNHK契約が条件に
2009/1/16 ダイヤモンドオンライン
(以下、引用)

 昨年の12月8日、地上デジタル放送の施策で重要な新方針が、ひっそりとリリースされた。

 この「受信機器購入等支援の実施方法に係る検討結果の中間報告」(情報通信審議会、情報通信政策部会、地上デジタル放送推進に関する検討委員会、第41回資料)は、過去5年間の活動の集大成のようなものである。

 かねて総務省は、2011年7月24日を境に、現行の地上アナログ放送が見られなくなる事態に際して、「経済的な弱者対策として生活保護受給世帯には(アナログ受像機で地デジ放送が見られる)“簡易型チューナー”を無償配布する」という方針を打ち出してきた。そこに今回、新しく“特定の条件”が加えられたのである。

 それは、チューナーやアンテナなどを提供してもらえる対象が、全国に約120万件あるとされる生活保護受給世帯のうち、「NHKとの受信契約が締結されている世帯」に限定されたことである。

 NHKの受信契約ありきの新方針は、将来なんらかの事情でテレビが見られなくなる“地デジ難民”どころか、“地デジ棄民”が生まれる可能性を孕んでいる。裏を返せば、NHKの受信契約がなければ、支援の対象とはならず、廃テレビ同様に捨て去られることになる。

 今回の中間報告では、総務省の立場は監督役であり、各自治体の福祉事務所や生活保護受給世帯、実際に設備工事を請け負う民間法人等をめぐる実施体制案が整然とまとめられた。だが、「生活保護受給世帯からの申請に基づき、支援を判断する」と明記されている。

 生活保護受給世帯は、所定の条件を満たせば、NHKの受信料が全額または半額免除されるケースもある。それでも、まずNHKの受信契約のあるなしで、実質的に国家とその意を受けて動く社団法人によって、国民は選別されることになる。しかも、施策の裏側には、たび重なる不祥事の影響で契約率の低迷に悩むNHKのテコ入れ策が巧妙に隠されている。

 なにしろ、08年9月末時点で、NHKの総契約対象4788万世帯のうち、受信料を支払っているのは3391万件(71.0%)、支払い拒否や保留などの未収が263万件(5.5%)、そして契約拒否や転居先不明などの未契約が1124万件(23.5%)という体たらくなのだ。じつに、約4件に1件がNHKと契約すらしていないので、総務省も頭が痛い。

 それにしても、日頃から大上段に「国民の知る権利」を振りかざす新聞社やテレビ局は、放送免許を握る総務省に遠慮してか、管理を強化して弱者を切り捨てる危険な問題を報じていない。

 すでに、47都道府県での展開を想定して「テレビ受信者支援センター」なる機関が各地に新設されているが、これとて総務省OBとNHK出身者のための“受け皿”になることは目に見えている。いったい、誰のための地デジ施策なのだろうか。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 池冨 仁)

   welcomeライン

kuchipaka9.gif f_balloon20.gif  ひっそりと。。。ばかりなのですねぇぐるぐる

  15日のエントリー「入国は簡単に!滞在は大目に?」もそうですが、判決に従った処置さえ出来ず、グダグダと延長してしまう法務省は、何を躊躇う理由があるのかと、心底疑います。聞けば、
フィリピン大使館が「不法入国」と知っていながら、自国民へのビザを発給している
(リンク)といいますから、それを承知で唯々諾々と受け入れてしまうお優しい日本のお役人‥。 こうした積み重ねで、この国の「秩序」が限りなく乱されているわけなのですね。
 これを素人が考えると、軒先を借りているはずの他人が傍若無人に振舞っても、家主が遠慮して小さくなっている図、が浮かんできます。日本がダメなところの典型でしょう。それも、戦後の経験から全く学んでいない、、いえ、それ以上のことに言及すれば横道に逸れて、帰って来れなくなりそうです。

 そして、総務省もテレビ局と持ちつ持たれつ癒着し、自分たちの目先の仕事の完結と、既得権益拡大のためだけに都合よく処理しているようでは、日本がダメな理由が分かります。箍(たが)が緩んでいるどころではないと…。

 我が家はテレビを見なくなったこともあり、ここ2.3年で相次ぎ壊れたテレビを買い足しもせず、今ある大型テレビが壊れたら 278晴れて278 『脱・テレビ宣言』をしようと思っています。 そんな事情で、地デジへの移行もあまり関心がなかったのですが、しかし、例えば「緊急災害情報」など、当然知らなければならない情報を得る手段がないのは困るので、他にどんな方法があるのだろうかと思案中です。
 そこで、この記事を目にしたのを機に、個人的な疑問にかこつけて(?)法務省に問い合わせの電凸を‥。

 ところが、お役所の「電話交換業務は終了」とのアナウンスが流れるのを聞き、そそっかし屋の管理人は一瞬、ムカッ!・・何故?・・アレッ?

 そうなんですね。本日は、土曜日でした。
 というわけで、敢え無く沈没‥。ドーモお粗末さまでした(苦笑)

 そうした個人的事情は抜きにしても、マスコミ、それも特に子供からお年寄りまで広く影響力の強い「テレビ」の腐敗と偏向報道には日頃から血圧を上げている者としては、この「放送免許」更新のひた隠しにするカラクリには怒りを覚えます。
 これでテレビ業界は安心して、お墨付きの下で毒を吐くように偏向・印象・反日報道を堂々と展開できる、ということなのでしょう。

h-line5.gif 

 更にもうひとつ、「生活保護」世帯へのチューナー・アンテナ提供も、元々が「生活保護受給者」の在日韓国・朝鮮人が占める割合の高さを考えれば、母国の誇らしい歴史(?)ドラマを放送してくれるNHKとの契約が条件であったとしも、受信料を免除されていると言われている彼らには何ら問題ないことでは?
 

>「2006年には、外国人の2万9336世帯に生活保護が支給されており、そのうち、在日韓国・朝鮮人が2万2356世帯であった」と。すなわち、「外国人の生活保護受給全体の約76%を在日韓国・朝鮮人が占めている」と。讀賣新聞記事(7月27日付) ソース元:「博士の独り言」様

【参考ブログ】
■在日「生活保護」準用撤廃を
「博士の独り言」様[08/12/30]


■韓国籍「不正受給」一考2 [08/9/18]

-----

■大阪市生野区の生活保護受給率〈検証〉 
 

 

 

警戒すべき対象に対して、警戒しないのは無知を根拠とするもの。

何も知らないから警戒することが出来ず、警戒する者を理解できない。

警戒心と差別心とは違うことを我々は理解しなければならない。

警戒心を差別だとすり替えて、様々な反社会的行動を正当化するためのレトリック(巧みに表現する技法。雄弁。美辞)に利用されていることを自覚しなければなりません。


~出典:不明~

 

  

 

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 





>EntryTime at 2009/01/17 23:55<
2009.01.09(Fri)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif 


 一昨日も昨日も、何度となくログインして気になるネタを記事にしようとしても、どうにも思うように筆が進まず「下書き」が増えるばかりもやもや。こうした場合、体調不良の前兆が多いので努力しても無駄なことは分かっているのですが、書かずにいられない事案は目白押しで、気持と身体のアンバランスは結構辛いものがあります。体力がない分、気力でしか頑張れない空回りですねぇ~。

 でも、ポチっ!として下さった読者が複数いらしたらしく、久し振りにランキングが少し上がって…やっぱり、嬉しいものです。こんな時やる気・元気のビタミン効果は抜群。スタミナドリンクなのですね。素直に、ありがとうございます!!


 さて、本日はそんなわけで〈アラカルト〉になりますが、最もお勧めしたいのがコチラです。矢印↓ 矢印↓ 矢印↓

1月7日╱コラムの花道×勝谷雅彦ダウンロード
http://www.tbsradio.jp/st/2009/01/17_3.html

 多分ここから録音がメディアプレイヤーで視聴できると思うのですが、
「日本史から見る最新ニュース」様[1/7]
にあったURLは何故か貼ってもリンクできないので、もし上のURLが飛ばない場合はお手数ですがお邪魔をしてみて下さい。


「派遣村」の胡散臭さなど、マスコミが伝えない部分に踏み込んで発言されています。是非聴いてみて下さい。
  例えば.. って、殆どネタばれですが(^^ゞヘヘ

100人バスで乗り付けて、就職活動するには資金が必要と要求。
厚労省に直接要求は、勝手。国会も通さず予算はどこから出るのか。貸し出しは、「掴み金」だ。

炊き出しはいいが、皇居に近い日比谷公園を貸し出す東京都の見識を疑う。

数を頼りに、脅かす手法は「強訴」だ!! 
※「強訴」‥徒党を組んで訴えること

厚労省がうろたえて、講堂に入れてしまった。2週間前までは「小泉事件」以来セキュリティーがとても厳しかった場所なのに。
ホームレス対策に講堂を開放したのか。

何故先に、生活保護の集団申請なのか!! 東京都労働局が12月20日から、今年は5日から求人募集をしたが、来た人はたったの12人。求人が1000人。即入居可の寮もあるし、即お金にもなるのに来ない。しかも、支援者が知らないわけがないのに集まらないのは何故か。

(勝谷氏の周囲は)野党は何をやっているんだという声が大半。
※いえいえ、大半の良識ある国民も同様ですよネッ269

政治災害だと言い始めたが、それなら顔を何故出さない? (災害なら、取材で隠すのはおかしい)
顔を出すと、その辺の青テントから「知っている」と声がかかるから。行っている記者はみんな分かっているのに、黙ってる

一年契約の派遣契約が打ち切られ、寮も出されて困っているという共通認識。しかし、相談者の殆どが日雇い労働者。そして男性。その日その日に別の職場に行く労働者。派遣ではない。東京駅に暮らしている人もいますしねぇ~と。





 既に各ブログでその実態などが暴かれていますが、突然降って湧いたように出現した「派遣村」をマスコミが熱心に報道する手法に、個人的には“やらせ?”という印象が拭えませんでした。何故なら「派遣村」という割には、 画面と通してでも、それまでのきちんとした生活感が感じられない。炊き出しの器を持つ手や指の汚れ具合は、それまで寮に入って普通の生活をしていた人とは思えない不潔感が漂っていましたし‥。超~違和感はフツーのおばさん同士でも、共通認識でした。

◆派遣村失業者に貸し付け
2009/1/8 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/yuragu/yuragu090108.htm

 

厚労省 最高5万円、就活交通費
 東京・日比谷公園の「年越し派遣村」から都内4施設に移った失業者に対し、厚生労働省は7日、就職活動のための交通費などとして最大5万円の貸し付けを始めた。同村の実行委員会の要望に応えた。

 低所得者向けに低利で融資する「緊急小口資金」制度を運用。通常は住民票が必要だが、特例として住民票のない人にも融資を認める。生活保護を申請していない人には5万円、申請した人には1万円が貸し付けられる。都によると、計239人が同制度を利用したという。

 一方、派遣村実行委は同日、4施設で寝泊まりしている300人(7日現在)全員に、一律1万円の給付金を手渡した。カンパとして寄せられた現金2315万円の一部を充当した。

 

 そこで、これまで「派遣村」を扱ったブログを、幾つかご紹介しておきます。
 管理人が最初に知った事実は、(以下、日付順)

■派遣村に浸透する9条カルト!:「ネトウヨのブログ」[1/3]
http://wind.ap.teacup.com/netuyo/811.html

新聞掲載の写真には、派遣村で食事を配る背後に「9条」の文字が書かれた横断幕が‥!?

■左翼に政治利用される派遣村
「日本が好きなだけなんだよ」[1/7]
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-322.html

派遣村デモ隊の様子を写した写真多数
(以下、写真について管理人様の説明だけを引用)

「安保破棄」ののぼり竿!?

「自治労連」「国公労連」「全商連」「農民連青年部」「全労連女性部」
(写真に写っているのぼり竿)

国会議事堂の裏手で社民、公明、共産、民主の議員団が派遣村デモ隊を熱烈歓迎

■派遣村の政治理由はやめろ・坂本総務政務官が「年越し派遣村発言」を撤回し謝罪・国民も率直に同感だった・農業も接客業も「人手不足」・真相は野党や反日右翼団体による派遣切りされた人々の政治利用
「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」[1/7]
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/38096756.html

■湯浅派派遣村村長、9条の会出席へ
「新・義によりて勇を馳せる、保守派へ」[1/8]
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/865624

h-line5.gif 

【気になった記事】~~ひとことメッセージ~~

◆出火当時、母親はパチンコ 松戸の団地火災
2009/1/7 20:06 msn産経
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/chiba/090107/chb0901072006012-n1.htm

…最悪! これを前回のアップ直後にテレビニュースで知り、すぐに記事を探してログインしましたが、気が重くて進まず断念しました。
 疲れていたこともありますが、4歳、3歳、6ヵ月の乳幼児だけで〈パチンコ〉やりたさの母親に残され、無残な焼死なんて...。遣り切れない思いと、問題の根深さ、そして母親から「母性」さえ奪うパチンコの害毒、危険性を改めて痛感。その背景と、何故母親の優先順位が子供ではなく、自分なのか?! その点を突き詰めて考えると、一言では言えない長年の「意図的工作」に突き当たります。この件は、後ほど充分にエネルギーを溜めてエントリーしたいと…。

 もし、初めてパチンコの危険性? と疑問を持たれた方なら、下記の過去記事か、お勧めサイトをご覧下さい。

参考過去記事:

■「目を覚ませ!パチンコの危険性」[08/4/15]
矢印上 是非一度ご覧下さいm(__)m

■「テレビ:パチンコ解禁は断末魔」[08/7/17]

■「地方にこそ多いパチンコホール」[08/7/22]

■パチンコの正体
矢印上  このサイトはパチンコの危険性と、その実態の詳細情報が集積されています。パチンコをされる方、或いは周辺に依存される方がいらっしゃる方は、是非ご覧下さい。

----------

◆自宅に手投げ弾、暴力団幹部を再逮捕…密造の疑いも
2009/1/6 20:29 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090106-00000065-yom-soci

> 手投げ弾は、半径15メートルの範囲で殺傷能力があり、米軍が使用しているものと形が同じだが、火薬量などが違うという。県警は密造の疑いもあるとみて、入手ルートなどを調べている。

 覚えていらっしゃいますか? 阪神淡路大震災の瓦礫の下から大量に武器が見つかったという話。…まだ、エントリーが実現しませんが、昨日のニュースでも散弾銃の実弾が、宅配業者から盗まれたという記事もありました。確か茨城県だったと思いますが、その周辺では同様の事件が相次いでいるそうです。

 国内ではダガーナイフさえ法的に禁止しても、こうして秘密裏に殺傷能力の高い武器が集められている、というのはかなり危険だと思わざるを得ない管理人。つまり、一般の日本国民はナイフさえ所持出来ずに限りなく無防備。しかし、反社会的、反日の暴力団やそうした外国人勢力が密かに武器を保持しているとしたら、力の差は歴然です。一人の活動家が数十名の日本国民を制圧できるというイヤな想定も出来るわけですから、危機管理対策を早急に行って欲しいものです。いえ、麻生首相だからこそ、こうした警察の動きに反映されているのかと。だから、麻生潰しに繋がる?!

 これって、国防にも例えられる話ですね。日本には〈無防備こそが「平和」〉と唱える信者がいるわけですから、いざという時は大人しく消滅しなさい...と同義語に聞こえます。

参考:

■wikipedia:暴力団
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3


元公安調査庁調査第二部長の菅沼光弘氏は、2006年10月19日に行われた東京・外国特派員協会における講演で、山口組のナンバー2である高山清司から聞いた話として、
暴力団の出自の内訳は部落(同和)60%、在日韓国・朝鮮人30%、一般の日本人10%であるという見解を示した。

■差別とヤクザ─私の体験
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daisanjuuyondai

<ルポライター小板橋二郎の論考「在日ニューヒーローに感じる新しい風」>

「平成4年の暴対法施行以降、指定暴力団組長に在日コリアンが何人いるかを警察庁の発表資料で調べてみると、累計(平成5~12年)三三団体のうち七団体がそのトップに在日コリアンをいただいている。…

三三団体中七団体なら比率で21%をこえる。少々単純すぎる試算ではあるが、在日の対総人口比0.45%を基準にすればその数はざっと四七倍。この世界での在日の活躍ぶりは日本人平均の五〇倍近いことになる。」

    (講談社『現代』2001年1月号 211頁)

■yahoo!知恵袋:在日特権と暴力団の関係
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411692359?fr=rcmd_chie_detail


~~~

 まだまだあるのですが、お読みいただくのもこの辺が限界でしょうか?
 スミマセン.....くどくて。

 管理人がネタに困るような世の中になって欲しいです~~
 いえ、いえ、他力本願ではなく、「どうする」でしたね。





いつも応援、ありがとうございます。



banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 





>EntryTime at 2009/01/09 18:31<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。