welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.07.22(Tue)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 イラスト福田

矢印上 特に説明は必要ないですネ矢印上
このマンガは「太陽の帝国」様より
お借りしています。
他に2点ありますが、それは行っての
お・た・の・し・み 42068
太っ腹のコピーフリーですよ

     welcomeライン 


 さて、前回パソコンの調子が…というより、何か原因が他にあったようでした。取りあえず使えるので、時間が空いてしましたが「パチンコ解禁は断末魔?」の【追記】分と、関連した記事等をご紹介しておきたいと思います。


◇ パチンコ解禁は断末魔? 信頼も文化も失ったCMの未来(前編)

 テレビの広告収益低下が止まらない。テレビは本当に「広告メディアの王座」から陥落したのか? そこに再生の道はあるのか? 気鋭の論客、広告プロデューサー・吉良俊彦氏と、マーケティングプランナー・谷村智康氏が論考する。

谷村:
 先日、08年3月期で、民放キー局全5社の営業利益が減益だった事が発表されました。主だった理由は、スポットCMの出稿量が減ったことです。一方で、国内の純広告費は4年連続で増加しています。これは、テレビというものへの、クライアントからの評価が下がっている結果だと思うんです。スポンサーは、テレビの広告効果が落ちている事をいろんな調査で把握していて、広告の放送料の値引きを要求してくる。それは合理的な商取引として当り前です。

 これまでは「ちゃんとした企業だけがCMを放送できる」という社会的信用が、テレビ局によって担保されていました。その格式分だけ、放送料に上乗せが出来た。しかし、それも薄れてしまいました。

吉良:
 同感ですね。テレビでCMが流れる企業や商品は、国がお墨付きを与えたかのごとく、公益性や信頼性があるものとされてきました。だがらこそ、企業は高い金を払った。しかし、それも昔のこと。その流れをさらに加速させたのが、パチンコ機のCMの解禁だと思います。この間もタクシーに乗った時、私の事をメディア関係者だと知った運転手が、こういう話をするんですね。

 「私たちにとってギャンブルは息抜きです。ただ、射幸性が低いものでないと、娯楽にならない。パチンコは、1000円で何分遊べるか分かりますか?1時間で1万円は軽く消える。あれほど射幸性が高く、多くの人の生活を直接圧迫しているギャンブルはないんですよ。そういったもののCMを、子供たちに見せてほしくないんです。それを無自覚に流している民放は信用できないと、この声は、多くの視聴者の意識と一緒だと思うんです。テレビ局は、自分たちだけが儲かればいいのかと。

谷村:
 パチンコ機の前は、消費者金融のCMが溢れていたことがありましたが、そのようにテレビ局がスポンサーの審査を緩め始めたのは、無理にでも、対前年比の広告売上を維持しようとしているからです。実際、東京以外の民放局の売り上げ低下がすごい。地方の話ではなく、大阪はもちろん、景気が良いはずの名古屋の落ち込みも厳しいです。これだけスポンサーの審査を甘くしているにもかかわらず。民放テレビ局の広告ビジネスは、東京だけが辛うじて保っているような状況です。

吉良:
 テレビ局と広告会社存続のためであったとしても、パチンコとかサラ金とか「この業種はないでしょ」っていうところのCMまで放映していると、その瞬間、公共の電波を使ったテレビが、視聴者のためではなく、特定の企業のものになっていることが露骨に見えてくるわけです。

谷村:
 えてして新規参入企業などは、CMへの質的なこだわりも低い。いくら番組側が「続けはCMの後で」みたいな作り方をしても、視聴者はつまらないCMの間に別のことをしたり、HDDで録画した上でCMスキップしたりと、抵抗し始めているわけですよね。CMを見ようという習慣自体がなくなってきてしまった。

吉良:
 私は大学で講義を持っているのですが、学生のほとんどは「テレビはオンタイムでは見ません。CMはスキップしています」という。さらに学生だけではなく、そういうHDDを使いこなせる世代の年齢層は、どんどん広がってきています。そんなテレビの天敵である録画機のCMをテレビが流しているという皮肉な現実があるわけですよね。こうしたCM離れの現実は、修正しようもないのに、いまだ旧態依然とした収益構造を保とうとしているから、いろんなところに無理が出てきているんでしょう。

〈トヨタもわかっているテレビCMのデメリット〉

谷村:
 CM部分に限らず、「民放キー局による視聴時間の独占が崩れている」と私はこれまでも言ってきたんですが、あるケーブルテレビのデータによると、民放地上波を見ている割合は全日平均で15%程度で、CS局は合計して13%前後です。5チャンネルと60局の違いはありますが、現在、それぞれの重心環境が揃っているところでは、地上波の独占は崩れている。

 また、CS局自体もバカにできない。去年の秋、優勝が絡んだ巨人×阪神戦は、安定して5%近い視聴率を上げていました。確かに、いまやサッカー好きな人はサッカーを純粋に楽しめるチャンネルがあればいい。視聴者の思考が細分化していく中で、多くのジャンルで専門チャンネルの需要が上がっているわけですから。

吉良:
 マスメディアの代表だった地上波テレビにおいても、どういう視聴者にどう見せるかがメディアとして最も価値があるのか、というたーげとメディア的な考え方が求められているわけですよね。それなのに、地上波のスポーツ中継はまったく反対のことをしている。とりあえず、女子アナとタレントをたくさん呼べばいいと。本質的にその競技を楽しんでもらおうという方向ではなく、興味がない人をいかに取り込もうかという発想。仮にここにスポーツめーか0がCMを打っても、タレント目当ての中高生の女の子たちは、その商品を買いません。視聴率が高ければ、CM枠も売れるという考え方も、今のクライアントには通じなくなっているわけですから。

谷村:
 最近でいえば、トヨタの「レクサス」の広告展開が、テレビの絵1協力のなさを明らかにしたと思います。広告出稿量ナンバー1企業のトヨタは、レクサスの顧客となる高所得層はテレビをあまり見ないというデータを持っていますから、レクサスのテレビCMをほとんど打っていません。今まで業界人がうすうす感じていた「テレビを使わないほうが、品が良くないか?ブランド構築においてプラスじゃないか?」という思いを、レクサスは忠実に体現した。ただ、今の段階で、レクサスは国内では苦戦をしている。なのに、「ほら見ろ、テレビCMをやらなかったからだ」という声は聞こえてこないし、トヨタ自身もテレビCMを増やそうとしない。このこと自体が、テレビの現実に企業側が気付いている証左だと思うんです。
(松井克明・厚生/
後編へ続く


 ということで、何故テレビ局が見境なくパチンコCMを流すのか?の疑問が一応解けました。
 しかし、情報を集めていて耳にしたのが、地方のパチンコCMはもっと酷い!という声です。それも首都圏に住んでいる私はパチンコ機種メーカーのCMしか見ることはないのですが、地方はパチンコ屋(ホール)のCMがひっきりなしに流され、新聞の折り込み広告はパチンコ屋ばかりだといいます。その中で数多く上げられた県名が新潟県なのですが、実はその情報に接する前に、このような面白いデータを作っているサイトに出合いました。

≪パチンコ店日本一:鹿児島県 ≫364267
■「都道府県別統計とランキングで見る県民性」-パチンコ

 こちらでは、人口との比較からデータを出しているようです。

1位 鹿児島 人口1769000人/パチンコ店380店/10万人=21.481店

2位 宮崎県 人口1162000人/パチンコ店224店/10万人=19.277店

3位 高知県 人口  803000人/パチンコ店151店/10万人=18.804店


 因みに全国では人口12767000人に対してパチンコ店が14848店、10万人あたり11.628店舗となっています。
東京は44位、大阪41位、パチンコ発祥の地と言われている名古屋・愛知も37位とふるいませんが(?)、九州地方はベストテンに鹿児島・宮崎・長崎・大分と入っていて、それに匹敵するのが四国の高知・徳島が3位・4位ですから、‥オメデトウ!と言っている場合でもない気がします。それだけ娯楽の少ない地方では、日常的にパチンコ三昧な日々が‥?!の環境が整っているということでしょうか。

---------------

 『目を覚ませ!パチンコの危険性』4/15 をお読み下さった方はお分かりのように、しかし、その娯楽とは言えない危険性は、昨日のニュースにもあったように身分や立場に関係なく、「少しくらいは…」「たまには息抜きに…」とやっているうちに、大当たりの経験がある人の場合はより深みに嵌ってしまうと多くの依存症の人たちが経験談として訴えています。

 以下は、そのほんの一例です。

■パチンコ依存症克服ブログ
子供のいない専業主婦・あいさんが依存症だと自覚してから「禁パチ」生活を綴ったブログ。今はこのブログを卒業しているが、「禁パチ」仲間へのエールとして残したという。その最後の更新を読むうち、彼女の様々な悩み・葛藤が思い描かれ胸を熱くした。このブログにはタイマーがあり、あいさんが「禁パチ」をしてからの時間が今も時を重ねている。
08年3月7日終了

■自己破産からの再出発~体験記~パチンコ依存症!

■「ギャンブル依存症の小部屋」

 この方たちは、自分の辛い経験談を語ることで“目を覚まして!”と注意を呼び掛けていられます。ブログに訪れる読者も又依存症の方たちが多く、みんなで肩を寄せ合うようにして、辛い・やりたい‥と思いながらも、互いに励まし合いながら自制しようと必死の努力を続けています。もし、同様の方がいらっしゃるなら、一人で苦しまずに、同じ悩みを抱えている方たちと共に悪夢のような生活から目覚め、清々しい生活を取り戻す一歩を踏み出して欲しいと、心から願います。

 自ら閉ざした人生に生きるより、現在を大切に(努力)することで、まったく違ったあなたの未来を生きて下さい。

 では、【追記】には動画がありますので、よろしかったらご覧下さい。

 矢印↓ その前に、パチンコ撲滅!と思われる方は矢印↓ おねがい シマス

banner_02.gif人気ブログランキングへ

スポンサーサイト


[MORE...]
>EntryTime at 2008/07/22 22:22<
2008.07.17(Thu)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ



 この間もタクシーに乗った時、私の事をメディア関係者だと知った運転手が、こういう話をするんですね。

 「私たちにとってギャンブルは息抜きです。ただ、射幸性が低いものでないと、娯楽にならない。パチンコは、1000円で何分遊べるか分かりますか?1時間で1万円は軽く消える。あれほど射幸性が高く、多くの人の生活を直接圧迫しているギャンブルはないんですよ。そういったもののCMを、子供たちに見せてほしくないんです」。

 それを無自覚に流している民放は信用できないと、この声は、多くの視聴者の意識と一緒だと思うんです。テレビ局は、自分たちだけが儲かればいいのかと。



 この記事は「日刊サイゾー」に掲載されたほんの一部分です。前・後半に分かれた長い対談なので、全てを載せることはできませんが、日頃否応なく目にするパチンコCMの垂れ流しに憤慨している管理人には、テレビ局とスポンサーの内情や状況などが語られた興味深い内容なので、取り上げてみたいと思います。 

 しかし、その前にパチンコが何故アニメキャラクターを使うようになったのでしょうか? いえ、何故パチンコなどにアニメ業界がキャラクターの使用を許可したのか?が、不可解でした。 
 管理人には縁遠い世界のパチンコなので知らなかったのですが、「世界名作劇場」のあの有名な「フランダースの犬」なども使われていると知り、結局商売(金)になるなら相手を選ばない売り手と、客離れで必死の集客を目論むパチンコ業界との利害が一致した、ということなのかと呆れるばかりです。

 まったく知識も無い管理人が、ただテレビのパチンコCMへの違和感だけでこれを追うにも限界があると感じますが、 だからと言って見過ごせないと思う気持ちが勝るのを止めようがありません。 そして、子供たちと切り離せないテレビから始終たれ流される有害としか思えないCMに対して、お子さんを持つ保護者達の本音はどうなのかと、聞いてみたい思いに駆られています。


  例えば、こちらのようなサイトがありました。 

~フランダースの犬と~CR世界名作劇場

 あの名作とまた向き合おう

覚えていますか。あの名場面、そしてラストシーンでの感動を。

それは、世界中から愛されている「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「ふしぎな島のフローネ」など、名作アニメのキャラクターがおりなす愛と感動の瞬間。
大聖堂をモチーフにした盤面をロマンチックに演出するレインボーイルミネーション。
そして、心の奥深くへと鳴り響くゴールデンペルが、あなたをかつてない感動・歓喜の瞬間へと誘います。


 パチンコは18歳以上でなければ入店出来ないのだと思いますが、息子も幼い頃好んでよく見ていたアニメですから、こうした宣伝文句は「世界名作劇場」を観ながら育った世代に向けたメッセージなのでしょうか。

 因みにwikipediaによれば、「世界名作劇場」の前身である「カルピスまんが劇場」は1969年「 どろろと百鬼丸」というまんがから始まり、下記のようにシリーズ化されたようです。 又、再放送はフジテレビ以外の民放系列局・NHKのBS2他様々なメディアで放送。22年と3か月の放送と各局での再放送で、どれ位の子供たちが見て育ち、この「世界名作劇場」に親しみを感じているか‥と、考えるとその効果は大きいと考えざるを得ないでしょう。またそれが、狙いだったパチンコ業界の目論みは、実質どれ程の成果を上げているのでしょうか?

「カルピスまんが劇場」開始 (数字は視聴率と歴代順位)
・1969年どろろと百鬼丸
・1969年~1970年ムーミン
・1971年アンデルセン物語
・1974年アルプスの少女ハイジ
「カルピスこども劇場」
・1975年フランダースの犬-22.5%(1)
・1976年母をたずねて三千里-21.3%(3)
・1977年あらいぐまラスカル-21.6%(2)
「カルピスファミリー劇場」
・ペリーヌ物語
「世界名作劇場」
・1979年赤毛のアン
・1980年トム・ソーヤの冒険
・家族ロビンソン漂流記ふしぎな島のフローネ

・(中略)

・1996年~1997年家なき子レミ-8.5%
(1997年3月放送終了をもって地上波シリーズは22年3ヶ月の歴史に幕を閉じた)


世界名作劇場-wikipedia

2008年に銀座が、『CRフランダースの犬と世界名作劇場FVW』を発表・販売した。

また、下記の記事からは、パチンコにアニメキャラクターが使用され始めたのは1990年代始め頃と書いてあります。

■低迷するパチンコ業界をライツが救う-2005/8/11
↑ リンクok 本日確認



 fontライン

 前回パチンコの危険性についてエントリーしたのが、4月15日「目を覚ませ!パチンコの危険性」でした。今でも検索してご訪問いただく方がいらっしゃるようで、それだけパチンコの危険性・有害性についてお知りになりたい方が多いのかと、複雑な気持ちになります。

 流石に最近は、車に子供を放置して「熱中症」で死亡させる事件は耳にしなくなりましたが、少しづつにでも自覚され自制される方が増えたのなら、これほど嬉しい事はありません。  やはり、周囲の(子供を放置してパチンコをすることを)「許さない」という環境や世間の眼が厳しいことは、親としての責任や道徳心・マナーへの自覚を促すには必要な空気だと思います。 周囲が無関心であれば、そこには身勝手な振る舞いや傍若無人な輩が蔓延るだけで、個人の我がままや公衆道徳、規律やマナーへの著しい違反には、昔のように社会全体で見守る必要性も感じてなりません。

 しかし、テレビの中では相変わらずパチンコのCMが幅を利かせ、以前は古臭いイメージCMだったものが、子供向けのアニメキャラクターや一見してパチンコCMとは思えない作り方に進化しているのは、青少年が興味を抱くようなイメージですから、ますます許せないと静かな怒りを燃やしている管理人です。 

 その理由を少し調べたところ、どうやら「アニメキャラクター」の版権が大きな利益に繋がっている事が事実としてあるようです。

「オタク大賞2007」鶴岡法斎氏と唐沢俊一氏のトークから

唐沢:
「あなたと合体したい」の。アクレイオンみたいな。
あのマーケッティングの成功って凄いですよね。

鶴岡:
あれが成功させちゃったんで…今後ね、まあ言っちゃっていいか。
電通が不良債権化している古いアニメの権利をどんどんパチンコ屋に営業書けてるそうです(会場笑)

唐沢:
でもほんとにあれはオタクだって見てる人少ない。

鶴岡:
少ない。もともとね。あれだったらまだ「源氏通信揚げ玉」のほうが見てた気がします(笑)

〈富の配分〉

パチンコマネーが投下されることによって制作資金が潤沢になって、アニメのクオリティが底上げされるっていうか。

唐沢:
おおポジティブポジティブ。 富の再配分が(笑)

サンキョウに買われちゃったサテライトが次に作る「マクロスFRONTIER」のデキがめっちゃくっちゃいいんですよ。これもパチンコのおかげです。

〈儲かる構造〉

要はパチンコ台は一台35万円ぐらいしてそのうち、ロイヤリティが7%とかなんです。だから一台が仮に40万円で7%、2万8000円か。
1件で100万円位になる。

鶴岡:
一つの店で最低十台とか買いますからね。 だから僕らが「ああこんなしょぼいことになって…」とか思ってるので、軽くライセンスだけで何千万円が入ってくる
僕が聞いた話だと某アニメ会社が、パチンコのライセンス下ろした時に、800億円キャッシュで振り込まれたそうです(笑)※キャッシュで振り込むってどんな感じだろう?

鶴岡:
ああ、やつらはそのくらいは。

〈商社の存在〉

パチンコ専門のライセンス商社みたいなものが、あるんですよ。だからアニメ会社からライセンスを買ってパチンコメーカーに売り込む商社があって

鶴岡:
いくつかあります。
そこが片っ端から版権を買い貯めているんですよ

そのうちのひとつって、社長がすごく有名な人なんです。××××ロシさんなんですよ(ピー音。会場騒然)

そのうち逆転しますよ。パチンコ屋のおじいちゃんおばあちゃんが俺らよりもアニメの設定に詳しくなったりして(笑)


ソース元:「見えない道場本舗」-今日はビジネス特集-08/2/26

  要するに、パチンコの実態や害毒・被害という観点は、版権を持つアニメ制作会社もそれを売って商売にする会社にも、全く眼中にない、というように受け取れます。 でなければ、ギャンブルであるパチンコ機種に、子供向けアニメキャラクターを使うなどとは本来言語道断の教育的配慮に欠ける行為だと、言わざるを得ないはずです。

 それにしても、違法であるはずのパチンコが三店方式ですり抜け、こうしたCMの有害性を感じている視聴者の声があっても、それを教育界からも政界からも各団体などからも、規制する声がまったく挙がらないこの不思議さ…。

 それが、前エントリーでも少し触れた議員たちとパチンコ業界との関係にあるのでしょうか。

■パチンコチェーンストア協会理事・会員リスト
【政治分野アドバイザー】


驚くほど多い、国会議員たちの名前が載っています。

 そして、こんな情報も。

>自民東京11区板橋区の東武東上線各駅前には大きなパチンコ屋があり、特に埼玉よりの成増駅前はパチンコ密度日本一と言っても過言ではないくらいの盛況ぶり。隣の埼玉県和光市に行くと、嘘みたいにすっきりするコントラストだという。<

361 皆さまの住まわれる街は、如何ですか?

 また、「パチンコ-wikipedia」によると

◎1930年最初のパチンコ店が開店。

特殊景品

特殊景品の一例特殊景品(主にライターの火打石やコイン入りのカードなど)と交換した後、店外(一部では店内に設置される例もある)の各都道府県の公安委員会に古物商の許可を受けた景品交換所で現金と替えることができ、パチンコはギャンブル的な要素を持っている。しかしパチンコは風適法第二十三条一、二で、「現金又は有価証券を賞品として提供すること」、「客に提供した賞品を買い取ること」が禁じられている為、パチンコ店が景品交換所を経営することはできない。その為、パチンコ業界はパチンコがギャンブルでは無いという建前で三店方式(もしくは四店方式)と呼ばれる方法を採っている。

・ホールは客の出玉を特殊景品と交換する。
・客は特殊景品を景品交換所(替場)に持っていき、古物商である景品交換所は特殊景品を現金で買い取る。
・景品問屋が景品交換所から特殊景品を買い取り、ホールに卸す。

つまり、法律的な位置付けでは「古物の売買」になり換金にはあたらないとされ、ホール景品交換所景品問屋の三店がまったく違う経営主体という建前のもと、パチンコ業界は違法性を逃れている

■遊戯機
・2006年あたりから、超一流の人気歌手・人気アイドルとタイアップした機種が目立って増加している。タレントの肖像権料に加え、リーチや大当たり演出中の楽曲使用による版権収入(更に台の売り上げが伸びればインセンティブ収入も)が見込めるため、CDの売り上げが落ち込む中で音楽業界がパチンコ市場に注目し始めている。その成功例としてCRフィーバー幸田來未が挙げられる。
・2007年度のJASRAC賞で銀賞を受賞した「エヴァンゲリオンBGM」においては、パチンコ・パチスロでの著作権使用料が同楽曲の使用料全体の44%を占めており、パチンコ台から得られる版権収入がカラオケ・着うた等と並んで音楽業界において無視できない金額となってきたことを示している。

遊戯機は国家公安委員会」の指定試験機関である「保安電子通信技術協会」で試験矢印右 各都道府県の「公安委員会」の検定矢印右 [ホールに設置]矢印左 所轄の警察が試験
㊟三店方式による賭博罪の適用を逃れ、黙認する見返りとして警察官僚の有力な天下り先となっている。遊戯機の型式試験を行う「保安電子通信技術協会の前会長は前警察庁長官であった山本鎮彦で、職員の1/3が警察出身者が占めることや、パチンコメーカーアルゼでは前警視総監である前田健治を常勤顧問として迎え入れるなど、パチンコ業界には警察関係者が多いと言われている。
※一部筆者改訂


 
 では、【追記】には「日刊サイゾー」対談の続きと、you tubeから動画のご案内をしています。

190 緊急事態発生! 実は昨日から追記の編集をしていると突然固まってしまい、何も出来ない状態になって追記が乗せられない事態が続いています。
単にパソコンの不具合なのか、それとも妨害があるのか分かりませんが、【追記】は次回ということで、ご了承願います。m(__)mゴメンナサイ

…というか、これ自体が更新できるのかさえ?

矢印↓ 少しはお役に立ちましたらポチっと 矢印↓ まいど sky-banner7.gif

banner_02.gif人気ブログランキングへ









>EntryTime at 2008/07/17 22:40<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。