welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.05.29(Thu)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと


 愚痴から入ります。さぁ、さぁよござんすか!!

…って、任侠映画の見すぎ?
※体調不良に加え、今日は頭もかなりイッテます..........270

 でも、後半にちゃんとしたエントリーを追加しましたので、早とちりをして逃げ出さないで下さいね266
野鳥1

 なんだかなぁ~って、思わず叫びましたよ。

今朝、ようやく更新書き上げて保存をクリックしたら、

『アクセスが集中しています。時間をおいてからアクセスして下さい』

 で、もう戻ることもできず、保存もできず、
二進も三進も(にっちもさっちも)行かなくなって、パァ~!

 ハァ~? アチャ~!!

 今日は仏滅?

今朝の占いはどうなっているのか急に気になりました。


          はーと

 そこでもう時間もないので、画像で誤魔化そうとしてみたり?


 この季節はずれの絵は、夕べパソコンデスクの引き出しを整理していて見つけたものです。

 実は私、管理人が十数年前にwin95時代のパソコンで描いた「野鳥シリーズ」の一枚なのですが、保存はフロッピーだけの時代だった為に今使っているノートPCでは、取り出せない!!やり方も分からない超PC音痴は相変わらずなのです。

 で、もう二度と目にする事はないとすっかり諦めていた「野鳥シリーズ」でしたが、一枚だけプリントしてあるのを発見!というわけで、この急場に早速利用しちゃいました。まったくの素人の趣味ですから、お目汚しで申し訳ない気もするのですが、そこは個人の〈日記〉ブログということで、~カラスの勝手でしょう♫~と好き勝手?


 実は書きたい事は山のようにあり過ぎて、脳細胞が飽和状態に近くなっています。それだけ日本の現状に憂鬱な危機感を抱かざるを得ない状態‥、と認識せざるを得ない現実に、こんな時は逆に笑ってしまう不思議な気分です。

 で、こうした重いエントリーはエネルギーもたくさん使いますし、少し補給をして改めて挑戦したいと思います。


工事中(栄養補給と休養中)


続きはこちら 34

スポンサーサイト


[MORE...]
>EntryTime at 2008/05/29 23:59<
2008.05.24(Sat)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 


 昨日の暑さで勘違いをしたのか、まだ空も明けきらぬうちから近くの公園にやって来た山鳩が、しきりにクックルー、クックルー♪ と喉自慢をしています。
 私はこの山鳩の声が大好きで、高原の爽やかな空気に良く似合う声だと思っているので、ここに越して来た当初はまどろみの中で、清里か軽井沢に来ていたかしら?と勘違いをしたほどです。で、起きて見てガッカリ‥。

 それにしても、毎年梅雨が終わってからやって来ていたはずの山鳩が、もう鳴いている‥。清涼感に包まれた一時も、これも温暖化のせいなのか?という思いで一瞬のうちに気分が重くなります。

── ただ、今日の鳩さんがオッチョコチョイなだけ‥で、ありますように.......十字架( ゚3゚)ノ(明るい背景用)420



 さて前回、教科書に「竹島」を明記するというニュースを引用しましたが、「カプサイシン」の影響と韓国の「火病」に話を逸らせてしまいましたので、今日は真面目にその教科書問題が-何故-内政干渉であるにも関わらず、長年特定国からイチャモンをつけられなければならなかったのか?!──について、触れてみたいと思います。

 私は歳ですから振り返れる年代は多く、例えばその年に流行した曲や印象深い時事問題を結び付けると、当時の自分をモニター画面で再生しているように、思い出せます。昨日の事は直ぐに忘れるのに…ネ356

 そこで、振り返れる(?)方には記憶のキーワードをwikipediaから。

1982年(昭和57年)

02月08日 ホテルニュージャパン火災発生で33人が死亡。
04月01日 500円硬貨発行。
06月23日 東北新幹線大宮~盛岡間開業。
09月14日 グレース・ケリー(モナコ公国妃、女優)、自動車事
       故にて死亡。
09月22日 三越・岡田茂社長が解任。その後背任容疑で愛
       人とともに逮捕。
10月04日 笑っていいとも!放送開始。
10月12日 鈴木善幸首相退陣表明。
11月10日 中央自動車道が全面開通。
       ソ連のブレジネフ書記長死去。後任にアンドロポ
       KGB議長が就任。
12月-    日本電信電話会社、カード式公衆電話、テレホン
       カード発売。
12月04日 米映画『E.T』が日本で公開。
       アメリカの集団食中毒でO157が見つかる。

-----
この年流行した曲は、
細川たかしの「北酒場」、あみん「待つわ」、松田聖子「赤いスイートピー」、中森明菜「少女A」、サザンオールスターズ「チャコの海岸物語」、中村雅俊「心の色」、オフコース「YES-YES-YES」、薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」、松本伊代「センチメンタル・ジャーニー」

あぁ、こんな事があったっけ─、と思い出せましたか?
この同じ年の事なのに、そして以来ずっと「内政干渉」を許して来てしまったツケが積もり積もって今日があるのに、記憶が抜け落ちたように〈知らない〉国民が殆どではないかと思います。
 まだ、今よりはずっと〈まともな日本〉だった気がする、昭和のあの頃です…。

--------------

 事の発端は、1982年6月26日に起きた新聞各社の「誤報」から始まりました。


つづきは、こちら 34



[MORE...]
>EntryTime at 2008/05/24 07:54<
2008.05.22(Thu)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 私は幼い頃から所謂「辛党」で、よく周りの大人たちに

『大人になったら、きっと大酒飲みになるよぉ~』

 と、からかわれた記憶があります。
 それがどんな意味を持つのか理解も出来ない幼さでしたが、確かに成長してもその嗜好は変わらずにいて、出掛けた先の喫茶店で友達がケーキと紅茶を注文しても、私はサンドウィッチ。甘味処では、友達がお汁粉やあんみつを頼むのに、私はトコロテン‥。
 確か女子高校生だった頃、試しに注文したショートケーキも途中で気持ちが悪くなったほど、駄目でした。

 以来その嗜好は変わらず香辛料も各種使いますが、でも、「キムチ」のような強烈な臭いと味の物はそんな私でも好みに加わることはなく、一時期回虫騒ぎや不衛生であることが問題となってからは、全く我が家には存在しない食品の一つになりました。

 その唐辛子に含まれている「カプサイシン」。一時期あの「あるある大辞典」などでその効用にダイエット効果があると言われ、注目を浴びたようですが、以前出会った記事に興味深いものがあったので、それを今日はご紹介します。



 何故今「カプサイチン」なのかと言いますと、最近の記事で気になったのがコレ 30

◆竹島・尖閣の領有権明記、4冊のみ 中学教科書
5月20日20時3分配信 産経新聞

 これに対し、韓国からは何時ものような反発があったわけですが、この領土問題は歴史的にも国際法上も「日本固有の領土」と研究者や外務省が主張しているのですから、これまで五十数年間も実行支配を許してきた事自体が、そもそも日本政府の怠慢かと私は思っています。

 勿論その為に拿捕され亡くなった多くの漁民たちの無念さや、島根県民の悔しさを知らずにいた国民の無関心さにも責任があるようにも感じます。それには、特に「竹島」に関しては殆ど報じないメディアの姿勢も問われなければなりませんし、私たち国民の「領土」に対する認識や国家観が育たない教育そのものがおざなりだった影響は大きい、と思わざるを得ません。
 ですから今回漸くこれを改め、今後教科書に載せるという方針は遅まきながらでも至極当然のことでしょう。


竹島啓発ポスター

【関係資料】
web「竹島問題研究所」


 しかし、過去の記憶を手繰るまでもなく韓国が事有る毎に示してきた過激な反日感情は、日本人には到底理解出来ない種類のものであり、確かに不愉快であってもそれと土俵を同じくするより、“激昂し易い民族”として冷めた目で見てきたように思います。
 それが最近になって知った、ネット上でよく使用されている「火病(ファッピョン)」という表現に、ナルホド‥!と大いに納得できました。

 そしてその「火病」の原因が、毎日大量に食べるキムチの「カプサイチン」にある、というのですから、これにもナルホド!と素直に頷いてりして‥。


 【追記】には、下記を載せています。

☆カプサイシン - 通信用語の基礎知識

☆【中央日報論説】 隣りの日本にも中国にもない火病がどうして我が国にだけあるのだろうか。悔しくてしょうがない。
【韓国】 火病とFコード~火病を隠して育てて来た韓国の風土変えよう

 



[MORE...]
>EntryTime at 2008/05/22 06:21<
2008.05.17(Sat)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 先ずは、こちらの記事からどうぞ──345


 芸能評論家の肥留間正明氏は、辛口のコメントでネットでも人気が高い。夕刊紙のコラムでも、テレビ業界、芸能界のホットな話題を縦横無尽に斬っている。そんな肥留間氏に、テレビはどうしてダメになったのか、を語ってもらった。

テレビ局は制作せずピンハネ
――
ネットでは、日本テレビ系のドラマ「ごくせん」第3シリーズが初回視聴率26.4%に達しただけで騒いでいます。そんなに、テレビが面白くなくなったのですか。

肥留間: 面白いコンテンツがなくなって、テレビ離れが進んでいます。テレビを一番ダメにしたのが、バラエティ番組です。

吉本興業が東京進出を果たし、さんまや紳助、今田が自分の番組を持つようになって、関西のお笑いが定着しました。(1)その結果、吉本の影響をモロに受けている東京のテレビ局のバラエティ番組は、どう見ても、大阪でやっていた番組作りなんですね。大阪のバラエティ番組は、お金がないので、後ろで笑う観客と関西のお笑いタレントを集めて、番組を作っていました。つまり、お茶の間の井戸端会議版を東京に連れてきた(2)ということです。

今バラエティ番組に出ているお笑いタレントは、芸人ではなくひな壇タレント。例えば、「行列のできる法律相談所」なんかがそうです。若い人に向けて番組を作っていますが、陳腐な光景でみな飽き飽きしてしまったんですよ。

――なぜ、そんな安請け合いのような番組作りになってしまったのですか。

肥留間 :テレビ局の社員に番組を作るノウハウがなくなってしまったからですよ。例えば、5000万円で1時間ドラマを作るとすると、テレビ局が2000万円を抜いて下請けに出す。さらに下請けが2000万を抜いて、結局孫請けが残りの1000万で番組を作る。そんなピンハネで、いい番組ができますか。だから、関西テレビの捏造番組のような例が出てくるんですよ。傘下にトンネル会社や孫請けがある今の官僚システムと同じです。孫請け会社のスタッフが年収200万円では、靴下も買えない。「ユニクロ、そんないいもの着ているのか」とスタッフ間で話題になった、という話すらあります。

――それで、番組が面白くなくなって視聴率が下がると、スポンサーもつかなくなる。こういう悪循環になるんですね。

肥留間 :スポンサーも楽ではないので、数字が出ないとつきません。昔はテレビ局にCMの依頼が多く、「もう入らないよ」と依頼を断っていました。今は、テレビ局の系列会社の社長自らが、スポンサーにお願い行脚をしています。時々、テレビで自局の番組の宣伝をしているCMを見ますが、これは番組のスポット広告が埋まらないからですよ。(3)

視聴率は、5年前までは20%が合格ラインだった。それが15%になり今や12%になってしまって、2ケタだったらいいというプロデューサーすらいます。ごくせんの26%というのは奇跡に近いんです。それで、ジャニーズタレントのような人気者を引っ張ってきて、安易な番組作りをやってしまう。ますます、テレビ局は芸能プロダクションや制作会社の言いなりになる。せめて面白いのは朝のワイドショーぐらいですが、それにしてもテリー伊藤やデーブ・スペクターといった金太郎飴のような同じコメンテーターばかりですよ。
スポンサーが強い芸能プロと組む。(4)

――落ち目のテレビ業界に対して、芸能界はどうなんでしょうか。

肥留間: 原油産油国と同じで、テレビ局に対して、芸能プロダクションの力が相対的に強くなっています。キムタクのジャニーズや上戸彩のオスカープロモーションは、やはり影響力があります。ジャニーズタレントは、子どものころから踊りや歌を鍛えているので、歌や踊りは、ぽっと出のタレントよりよほどうまい。クオリティが高いのですよ。吉本学校では芸人を育てており、オスカーではモデルが集まっている、といったようにますますタレント供給源として力をつけています。

昔は、テレビ局が新日鉄だとすると芸能プロとは町工場ぐらいの差があり、局側は、タレントを自由に選べました。しかし、今は、大家に比べて店子が強くなっています。映画配給会社のように、テレビ局は、コンテンツを流すだけの会社(5)になってしまったんです。

――ただ、ジャニーズ事務所は最近、影響力の低下をささやかれています。

肥留間: 芸能プロというのは、基本的に一代限りで終わる仕事です。そして、新たな違う勢力が出てきます。産油国ではありますが、群雄割拠しているということだと思います。

タレントを育てずに、引き抜いてばかりいるところは、いつまでもタレントを供給できない。当然、影響力は落ちます。強くなるのは無理ですね。

――とすると、大企業などのスポンサーもそちらの方を向くようになりますね。

肥留間: 実際、スポンサーが芸能プロや制作会社と組む(6)ケースも見られるようになっています。そこに直接お金を流すわけです。

例えば、「水戸黄門」は、スポンサーが直接、制作会社とともに番組を作り、TBSが流しています。著作権は、制作会社が持っているようです。

将来的にみれば、例えば、「ごくせん」といった人気番組は、制作会社や芸能プロがスポンサーと直接番組作りをすることも考えられます。当然、テレビ局には著作権がなくなり、制作会社や芸能プロが持つことになる。プロダクションは、携帯の待ち受け画面の著作権を持つことも考えられます。

――最近は、違法なものも含めて番組がネット上で使われています。人気アニメ「コードギアス」が番組放送前にネット上に流れたとき、視聴率テコ入れのための意図的な話題作りではないか、といううがった見方もありました。

肥留間: 歌手の倖田來未さんが 「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」と発言したことは、まずネットニュースが書きました。そして、新聞が書き、テレビが放送した。
今は、ネットからネタが上がっており、巨大メディアのテレビがネットからネタを拾っている。テレビからネタを下ろす時代ではなくなっている。巨大メディアがネットのことを取り上げるようになったということです。

そうすると、スポンサーサイドは、テレビばかりでなく、ウェブにもコンテンツを流そうとする。ものを作らないテレビ局は、ますます成り立たなくなります。

――芸能界では、どんなメディアが強くなりますか。

肥留間: 優秀なコンテンツを持っているところが強いということです。しっかりしたものは、財産として残るんですよ(7)。映画だって、見る人は減っていないんですから。

--------------------------------------------------------------------------------

【肥留間正明氏プロフィール】
1949年、埼玉県生まれ。日本大学卒後、「女性自身」、「週刊宝石」などの記者を経て、出版社「音羽出版」(埼玉県)を設立。タレントのそのまんま東さん(現・東国原英夫宮崎県知事)の「どん底」などの本をプロデュースした。テレビ朝日「やじうまワイド」、TBS「アッコにおまかせ!」などテレビ番組の出演経験多数。


バラエティが腐らせたテレビ スポンサーはそっぽを向く芸能評論家の比留間正明氏に聞く
2008/05/06 13:52 livedoorニュースより

 ~‘‘~~‘‘~~‘‘~ 

 ず~っと取り上げたかった問題のひとつがこれ、
≪テレビの腐敗≫
でしたので、意見を同じくするこの記事を参考にさせてただきました。

 で、ここまでで一応今日トピックにした目的は90%達成したようなものなのですが、管理人の意見が全く無い‥というのではただのコピペ。

 いやいや、この場合は一言二言つけ足さないと欲求不満になりそうなので、追記にしたいと思います。お暇な方、ご奇特な方はクリックしてご覧下さい。

※気になる問題点をwikipediaの真似をして数字を付けてみましたので、その順番で考えたいと思います。

続きはこちら 

34



[MORE...]
>EntryTime at 2008/05/17 06:08<
2008.05.13(Tue)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 何かとお騒がせだった胡主席が帰国した事で、少々気が抜けた感の否めない日曜日をそれこそ“まったり”と過ごし、疲れもあってかなかゝ気合いが入らないのは(歳のせい?)でしょうか‥。

 ここ数日間、好むと好まざるに関わらず「政治色」の強いエントリーが続きましたが、それも日本の現状を客観的に見れば、国民の一人として看過できない国の未来・将来に関わる〈一大事〉と認識せざるを得なく、知れば知るほど醜悪な現実・事実に血の泡立つような衝撃や危機感を受ける日々は、正直相当心身を疲れさせます。


 ですので、今日はひとつ≪良いお話≫をご紹介しましょう。

台湾・青天白日旗


 その前に、この国旗をご存じでしょうか? 
 お隣の島「台湾(中華民国)」の〈晴天白日旗〉と言うのだそうです。 

多分正式には「国旗」と呼ぶには、残念ながら相応しくないかも知れません。オリンピックでも一つの地域として紹介されているようですが、でも私個人が長い間持っていた認識は一つの「国」としてのものだったので、やはり「台湾」は「台湾」として大陸とは切り離し、独立した「島」という目で見ていたいと思います。

 そう言えば今年の始め頃でしたか、学研の地球儀が「台湾」を中国の一部として表記したが為に批判を浴び、商品回収と販売中止に追い込まれたという事がありましたね。
 何しろ生産工場が中国にあるため、そうしなければ輸出をさせない、と圧力を受けたということですが、正式に中国の領土となっていない国を(自分のもの!)と言い切ってしまうあたりが、中国らしいと思います。


‥と、話を続けるときりがなくなるので、この辺で本編に──。


~“★°``~”✶°``~”☆°``~”✢°``~


 台湾では空前の日本観光ブームだが、とくに人気なのが北海道。だから道にとって台湾人客は大のお得意さんだ。

 そうした中で最近、道内の洞爺観光ホテルに台湾人ツアーが到着したところ、ホテルには台湾(中華民国)の国旗「晴天白日旗」が掲げられていた。そこへちょうど中国人ツアーも入ってきたのだが、ツアーガイドがその旗を見るや、狂ったかのようにこう怒鳴った。

 

「なぜここに台湾の旗があるのだ。台湾は国家ではない。とっとと取り払え!」


 これにはホテル側も台湾人もびっくりしたが、そもそも中国人とはそのようなものだ。台湾では中国の怒りを恐れ、中華民国(チャイナ共和国)の国名も国旗も改められずにいるが、いかに「チャイナ」体制を守ろうとも、中国は台湾が中華人民共和国の一部にならないかぎりは許すことはないと言うことだ(だから台湾国を建国せよ)。

だがそれはともかく、日本でこうした中国人の横暴さと敵意に遭遇するなど、理知的で大人しい台湾人には想像もできないものだった。

だが台湾人の女性ガイドは黙っていなかった。更に大きな声でこう反撃した。


「どの国旗もそのままにしなさい。取り外すと言うならやってみなさい!」と。


 それでその場は収まったが、翌日ホテルを離れようとするとき、再び台湾人は驚くことになる。
 恒例により見送りに出た支配人以下ホテルの従業員が、何と一人ひとりが台湾国旗を持ち出して振り出したのだ。

 従業員たちは台湾側の愛国心にすっかり敬服した模様。ガイドが「なぜ旗を」と聞くと、支配人は「あなたのような愛国的ガイドを怒らせるわけにはいかない。変に宣伝され、台湾のお客さんが来なくなりますからね」と答えたそうだ。

従業員の中には中国人留学生もいたが、彼も大きな国旗を振らされた。「もっと力を込めて振れ」と指示されながら。

以上はツアー参加者のブログ「堂堂正正的台灣人」に書かれていた話だ。

そしてこれがマスコミに報道され、全国の人の知るところとなり、大反響を呼んでいる。報道ではガイドの「愛国の自信と勇気」が称えられた。「自分を敬う者は必ず後に他人の敬うところとなる」のだと。

台湾は中国の圧力によって国際的に孤立しているからこそ、このようにこのガイドの行為が賞賛されたわけだが、我々日本人も同じように感動するはずだ。そして中国人の横暴さに怒りを募らせることだろう、と言いたいところだが…。


 たとえば一般の日本人の知らないことだが、台湾政府の駐日機関が都内でレセプションを開くとき、ホテルオークラは利用しても、ホテルニューオータニ(先日、胡錦濤が宿泊)と帝国ホテルは使わない。なぜかと言うとこの二つのホテルは、中国に配慮して台湾国旗の掲揚を拒否するからだ。

このように中国に媚びて「台湾いじめ」に走る日本のホテルなどを、台湾人が「敬う」ことはないだろう。中国人からも感謝されないどころか、逆に侮られているに違いない。

要するに日本の恥なのだ。そうした情況が現実にあるだけに、洞爺観光ホテルもまた台湾人に「敬われた」。私の知人の台湾人留学生は、さっそく同ホテルに「勇気ある行動に敬意を表し、今度必ず宿泊します」とのメッセージを送っていた。

台湾人を「同胞」などと呼びながら、実際には台湾への強烈な憎悪心を抱く中国の政府、国民だ。長野聖火リレーの現場では、日本人とともに抗議の声を上げる台湾人もいたが、彼らは日本人に対する以上の怒声を中国人から浴びていた。だが日本人は、少なくとも日本の国土では、中国人にそのようなことは絶対に許さないと言う気概を抱くべきだ。

 今日、「親台反中」であり得るか否かは、日本人の勇気と良識を計るバロメーターとなっている。

---------------

ソース元:「堂堂正正台灣人」 (原語)

※ 画像多数あり。緑色の半纏を着た青年が中国人留学生(?) 
 

紹介ブログ:「台湾は日本の生命線」

※ 管理者の許可を得て転載しました。


GJ!ホテル;北海道;洞爺観光ホテル

スター
スター
スター




>EntryTime at 2008/05/13 00:05<
2008.05.10(Sat)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと


420 まだ日本国内に滞在する胡主席の心中や如何に?

「南京事件の真実を検証する会」(加瀬英明会長/藤岡信勝事務局長)は5月8日(木)午後、東京・有楽町にある「日本外国特派員協会」で記者会見を行い、来日中の中国・胡錦濤国家主席に対し5項目の公開質問状を提出したことを発表しました。


宮崎正弘氏の「国際ニュース・早読み」を転送します。



≪胡錦濤国家主席閣下への公開質問状≫

 

このたび中華人民共和国国家主席胡錦濤閣下のご訪日に当たって、日中両国の友好を願う者として心より歓迎申し上げます。

 さて、われわれは1937年12月に行なわれた日中南京戦に伴って起こったとされる所謂南京事件を検証すべく、研究して参りましたものです。

貴国のこの事件に対する見解とその取り扱いにつき、深刻な憂慮を感じております。昨年南京屠殺記念館が大規模に拡張改装されましたが、一方で友好を唱えながらこのような非友好的なことを平然と行なう貴国に対して強い不信の念を感じざるを得ません。

そもそも南京で大虐殺があったという論拠は最近の研究によって根本的に否定されつつあります。
以下、重要な5つのポイントについて閣下のご見解を伺いたく、謹んでご質問申し上げます。

一、 故毛沢東党主席は生涯にただの一度も、「南京虐殺」ということに言及されませんでした。毛先生が南京戦に触れているのは、南京戦の半年後に延安で講義され、そして『持久戦論』としてまとめられた本の中で「日本軍は、包囲は多いが殲滅が少ない」という批判のみです。

30万市民虐殺などといういわば世紀のホロコーストとも言うべき事件が本当に起こったとすれば、毛先生が一言もこれに触れないというのは、極めて不自然で不可解なことと思います。閣下はこの事実について、どのようにお考えになられますか?

二、 南京戦直前の1937年11月に、国共合作下の国民党は中央宣伝部に国際宣伝処を設置しました。国際宣伝処の極秘文書『中央宣伝部国際宣伝処工作概要』によりますと、南京戦を挟む1937年12月1日から38年10月24日までの間に、国際宣伝処は漢口において300回の記者会見を行い、参加した外国人記者・外国公館職員は平均35名と記録されています。

しかし、この300回の記者会見において、ただの一度として「南京で市民虐殺があった」「捕虜の不法殺害があった」と述べていないという事実について閣下はどのようにお考えになられますか。もし本当に大虐殺が行なわれたとしたら、極めて不自然で不可解なことではないでしょうか?

三、 南京安全区に集中した南京市民の面倒を見た国際委員会の活動記録が『Documents of the Nanking Safety Zone』として、国民政府国際問題研究所の監修により、1939年に上海の英国系出版社から刊行されています。

それによりますと、南京の人口は日本軍占領直前20万人、その後ずっと20万人、占領1ヵ月後の1月には25万人と記録されています。この記録からすると30万虐殺など、到底ありえないとしか考えられませんが、閣下はいかがお考えでしょうか?

四、 さらに『Documents of the Nanking Safety Zone』には、日本軍の非行として訴えられたものが詳細に列記されておりますが、殺人はあわせて26件、しかも目撃されたものは1件のみです。その1件は合法殺害と注記されています。この記録と30万虐殺という貴国の主張とは、到底両立し得ないと考えますが、閣下はいかが思われますか?

五、 南京虐殺の「証拠」であるとする写真が南京の屠殺記念館を始め、多くの展示館、書籍などに掲載されています。しかし、その後の科学的な研究 (『南京事件の「証拠写真」を検証する』(東中野他・草思社)など) によって、ただの1点も南京虐殺を証明する写真は存在しないことが明らかとなっております。もし、虐殺を証明する写真が存在しているのでしたら、是非ご提示いただきたいと思います。そのうえで検証させていただきたいと思います。

以上述べました5つの点は南京で大虐殺があったなどということを根本的に否定しているものとわれわれは考えざるを得ません。

上記5つの点につきまして、閣下のご見解を承ることができれば幸いです。

この問題は多くの日中国民の関心事と考えますので、公開質問状として提出させていただきます。子子孫孫までの日中友好を願うものとして、閣下のご高配を、衷心から期待しております。

                                              
平成20年5月5日

「南京事件の真実を検証する会」
(会長)加瀬英明 
(事務局長)藤岡信勝
(監事)冨沢繁信 茂木弘道
(委員)阿羅健一 上杉千年 小林太巌 杉原誠四郎 すぎやまこういち 高池勝彦
高山正之 西村幸祐 花岡信昭 東中野修道 溝口郁夫 宮崎正弘

※ソース元:
「草奔崛起」PRIED OF JAPN


          ~~~~~~~~~~

 完璧ですね!素晴らしい‥

 日本人の底力を感じています。

≪Free Tibet!≫

≪ガンバレ!日本≫

スター
スター
スター




>EntryTime at 2008/05/10 06:00<
2008.05.08(Thu)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

29 気分転換で、~下~に替えてみました。



 嘗てない連続投稿に、些かお疲れ気味の私ですが、瀬戸氏のブログに今日の抗議運動について下記のように書かれていて、ウルっと泪目に…


「せと弘幸blog『日本よ何処へ』」5/8

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51909191.html

早稲田大学の学生が蹶起!

シナ中国の巨大な赤旗に対峙した勇気と正義


>私は今日ほど日本の未来に希望を持った日はない。

 若き学生・青年が結集し、この凶暴なる反日シナ人を取り囲み、「暴力シナ人留学生帰れ!」「帰れ!」の連呼でこれを迎え撃った。

 ついに日本の若者が正気を取り戻した瞬間でした。凶暴極まるシナ人留学生に一歩も怯むことなく、声を挙げ続けました。その結果凶暴なるシナ人学生は一人欠け一人欠けと脱落し、ついに機動隊に守られながら裏門から姿を消したのです。

 分厚い暗雲に覆われていた、この日本に一瞬ではありましたが、黎明の光が差し込んだのです。真実に目覚め正義のために立ち上がった日本の青年・学生諸君、君たちの未来は君たち自身の手によって切り拓かれるべきだ。<

-------

 瀬戸氏のブログの中に、時々その時の思いを吐露する場面があります。


 この国の未来を憂い、床の中で消えぬ不安や悔しさと戦いながら、独り気が付けば目頭に熱い涙を溜めていた…、確か過去記事の中に、このような記述を読んだ記憶があります。私もその時共に泪したものでしたが、一度知ってしまった現実は、二度と無視することが許されないほど醜悪なだけに、それを抱える苦痛も伴います。知らなければ良かった...と、そう思う時もあるほどです。


 だからこそ、きっとそうした孤独な戦いに耐えてきた思いが、今日の日の学生たちがとった抗議の行動を、誰よりも大きな喜びに変えることが出来たのかも知れません。(これは勝手な想像に過ぎませんが…)


---------------

 さて、ここでもう一つ勇気ある、この「直言」をアップしておきたいと思います。


早稲田大学・水島朝穂のホームページ

緊急直言;2008年5月8日

≪胡錦濤主席の早大訪問歓迎せず ≫


 ここで水島氏の直言を引用し、私如きがコメントのつけようもありません。

が、敢えて取り上げさせて戴いたのは、検索キーワードの多くが「早稲田」「胡錦濤」であった事実を考えれば、もし同校のHPであっても見落としておられる方がいらっしゃるなら、是非にでも目を通して戴きたい文章だと思ったからです。

 私の身近に本校の学生もなく、その関係者もいない部外者であっても、同じ日本の国民として考えざるを得ない今回の胡錦濤主席訪日は、世界に恥をまき散らした「聖火リレー」(これを水島氏「政火」と表現は、GJ!)と同様、そして又、あの20年前の天安門事件を払拭させる効果を再び狙った政治利用と知りつつ、「友好」「互恵」の名を借りて、嬉々として迎える屈中福田首相と政府、外務省の媚びた姿勢に、国民の一人として業を煮やしているからに他なりません。

 そして驚くことに、この胡錦濤来学はまったくアナウンスされずに、胡主席と共に来日した「青年友好団」等200人が席を埋め、歓迎の演出をするのだという政治宣伝利用に過ぎない事実です。

 関係者ならではの勇気ある「直言」を、是非お読み下さい。

スター
スター
スター 




>EntryTime at 2008/05/08 23:37<
2008.05.08(Thu)


チベット国旗


Free TIBET! Free JAPAN!


緊急! 早稲田大学前、生中継中です。

         ↓ミニ


http://www.stickam.jp/profile/setohiroyuki

 

… 切れた!?  何だろう.....ハプニングか?


※ 撮影班のお知らせでは午後2時頃の予定となっていますが、現場の状況で変わります。

気長にお待ちいただくのが、スティッカムを観るコツかも?



〈追記:14:10〉

 おかしいですね。突然中断して既に20分以上が経過しています。
警備も相当厳しそうで、門の前には何故か大型バスが遮るように並んでいました。あれは抗議の様子を見せないようにする為のもの?

 日比谷公園でも同じことが行われていましたから、疑ってしまいます。
それにしても.......機械の不具合でもあったのでしょうか?

 こうした時は音声で分かるようにリンクしたまま、別のページを開いて時間をつぶしながらお待ち下さるか、再度アクセスしてみて下さい。

取り急ぎ、お知らせまで。

〈追記:15:00〉

凄い!五星紅旗を持った支那人集団が集まって叫んでいます。
一触即発状態‥。

ちゃんと観れていますか?

http://www.stickam.jp/profile/setohiroyuki


〈追記:16:40〉

 途中3時半頃にはカメラの電池切れで音声のみとなり、その後ラジオ状態の中継も、少し席を外した間に終了したようです。

※ 見逃した方は、左下の方で本日8日早稲田大学前の抗議活動が見られます。


スター






>EntryTime at 2008/05/08 13:56<
2008.05.08(Thu)

【5.7 早稲田大学前「胡錦濤公演」に抗議!】 



「せと弘幸blog『日本よ何処へ』」5/7
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51908385.html


【行動予定 5月8日木曜日】

07:30 赤坂見附交差点付近
14:00 JR高田馬場駅集合、早稲田大学へ

---------------

 既にリピーターの方は直接アクセスされている方も多いかと思いますが、瀬戸氏がお疲れのところを更新され、動画も早々にアップされていたので、念のためご紹介しておきます。
何やら昨日(6日)の生中継は1万を超えるアクセス数だったとか‥。

 まだこうしたブログに注目し始めて半年余りの私ですら、この活動の広がりと応援する読者が増えていく様は、止まることが無いような勢いを感じます。それは逆に言えば、多くの国民が醜い現実に気付き始め、怒りと危機感を共通認識している証だと言えないでしょうか。

         ✲~~~~~~~~~~✲


 さて、6日の日比谷公園ではこうした報告もされていました。


39 地方議員100人で作る「草奔崛起─PRIDE OF JAPAN」

公権力によって日本国民が日比谷公園から排除された日

>今日は、午前中、水谷橋公園から日比谷公園へのデモに参加して、その後、こう予定していました。
…午後別のデモに出て、夕方6時日比谷公園内、レストラン松本楼に胡錦濤が来て、福田総理と会食するので、その頃日比谷公園に集まろうかと…。

しかしどうやら複数の情報をきくと、そんなに甘くはないようだったので、有志で話し合い、作戦を練ってほかの人にも連絡して集まってもらうことにしました。実際、どこから車が入り、警察がどう警備するのか、全くわからなかったのです。<
つづく

----------

 別の所では、こうした公権力による圧力が平然と加えられていたのだ...、と唖然とします。引用したのはほんの書き出しの部分だけですので、続きはリンクしてご覧下さい。

 警察当局が如何に官邸による命令で胡主席に「不愉快な思いをさせない」為の排除に躍起となっていたか、が分かります。
 国の機関とは、その頂点に立つ内閣総理大臣の意思一つで「正義」の声も、そして憲法で守られているはずの国民の「権利」さえ、こうして簡単に奪い取ることが出来るのですね。

 まるで長野と日比谷公園での現場映像は、あのチベット騒乱に重なるものを感じます。自由もなく弾圧を加えられ、侵略した漢人たちに土地も富も奪われ、文化・宗教を破壊される民衆の苦悩と怒り‥。今日本で起こっている事は、ただ侵略した外国人による大量虐殺が無いだけで(犯罪では残虐な支那人による被害者が出ていますが)、似たような状況に近付きつつある気がするのは、「大袈裟」だとか「考え過ぎ」だと言って笑えることなのでしょうか?

〈知らない〉ということは、〈目を塞いで〉歩くのと同じなのに‥。

 さあ、今日も一日忙しくなりそうです。

スター 
スター
スター








>EntryTime at 2008/05/08 06:16<
2008.05.07(Wed)

AreiRaise-fortiude(英霊来世・矜持 with English Subtitles)


----------

この辺で“coffee break” 273

ラップにはトンとご縁のなさそうな私ですが、この日本男児たちには注目して久しく、陰ながら応援しています。何度かブログでコメントさせてもらいましたが、返ってくる言葉も丁寧で律儀!本当に(今時の‥)という批判は、まったく関係ない彼等です。

 と同時に、この曲を始めとするラップに乗せた〈メッセージ〉は、忘れかけた日本の心を、魂を震わせ、訴えかけるものがある!と、私は思っています。

こんな時だからこそ聴いて欲しい‥一曲です。


あなたは、何を感じるでしょうか?


興味を持られた方がいらっしゃいましたら、詳しくはこちら。
下記へアクセスして応援してあげて下さい。


266 英霊来世HP

http://www.areiraise.com/bio/index.html


266 アルバムを欲しい方は
“ファニーアダムス”

http://fanny-adams.shop-pro.jp/?pid=4563462

スター
スター
スター




>EntryTime at 2008/05/07 18:09<
2008.05.07(Wed)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ
 今日もスティッカムのURLを開けっ放しにして時々見ているのですが、予定変更があったらしく、コメント欄で開始時間も通知されていないのでまだまだ時間がかかりそうです。そこで、昨日の抗議活動がそれぞれの主催者ブログにアップされていますのでご紹介しておきます。

 

08.5.6日比谷

237「せと弘幸blog『日本よ何処へ』」
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51907728.html


中国外務省、抗議行動に強い不快感

>中国の胡錦濤国家主席の来日に合わせて、中国に対する抗議行動が行われていることについて、中国外務省は強い不快感を表明しました。

 東京都内で行われた抗議活動に対して、中国外務省の秦剛報道官は「チベット独立勢力の妨害行為は、日中関係の発展の流れを止められない」と述べ、不快感を示しました。
一方で、「日本側との協力を強化して、北京オリンピックを成功裏に行いたい」としています。

 チベット問題の対応を巡って、オリンピック開会式のボイコットの動きが各国にくすぶる中、日本からの支持に期待感を示したものとみられます。(06日20:03)<

しかしこの記事(yahoo headlines)は既に削除されたようです。何故?


2375月6日日比谷公園前抗議活動の報告5/7

「Dronpaの独り言」
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10094579383.html

>胡錦濤来日記念「4日間連続対支那抗議活動」の初日となった6日はこれまでにないほどの規模で抗議が行われました。警察発表では400人以上の人が集まり胡錦濤来日反対!チベット人虐殺反対!を訴えるとともに、支那による食品テロ「毒ギョーザ事件」の謝罪を求めるなど日本国民の怒りが爆発した集会となりました。<

つづきはリンクで‥

237「台湾は日本の生命線」5/7
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-367.html

胡錦濤、裏門から去る

>福田首相らと握手を交わす胡錦濤の笑顔はいささかぎこちなく見えた。そして握手を終えた直後の福田首相の顔などは明らかにこわばっていた。六日午後六時過ぎ、胡錦濤の日本入国直後に日比谷公園内のレストラン「松本楼」で行われた非公式の夕食会でのことだ。

それは日本で毒餃子問題やチベット弾圧問題で中国批判が高まっているからか、それとも胡錦濤来日反対デモが各地で連日行われているからか。またはそれともそのときに、公園正門前で抗議デモが進行中だったからか。<

462日中記者会見の福田首相の発言:


(北京オリンピックに対して、どのような期待を持っておられるか?、という質問に対して)
私もですね、東京オリンピック、今から44年前に開催されました。首都高速道路は、あの時完成したんですよ。その極一部が開通したということがありましたし、また、新幹線もですね、それに間に合わせるように完成したということがありました。まあ、今の日本の基礎がですね、あの時にできたのかな、こういう風に思います。日本の国民もですね、戦後努力して、そして、経済発展し生活も向上し、これで戦後も終わったのだな、という感慨をですね、そのオリンピックを開催することによって、みんなが思ったんじゃないかというように思います。まあ、経済的にも精神的にも、非常に大きな影響があるものだというふうに思っております。

中国が今これから開くオリンピックは、同じように大事な価値のある、また意義のあるものだというように思います。そのためにはですね、これは世界中から、世界の人々が集まってくる、世界中の人が注目しているということであるということを中国政府は勿論、そして国民の方々もですね、意識していただきたいということがございます。世界の人が喜んで参加し、そして、素晴らしいオリンピックだったな~ということをですね、思えるようなオリンピックをしていただきたい、そのことが、中国の人々にいかに大きな精神的な意義を与えるか、またそのことを誇りに思い、また自分の国を誇りに思う、そういうきっかけになるのではないかと、こう思っておりますので、是非、そういうような世紀の祭典になることを願っております。


          ~~~~~~~~~~

158 感想.....あぁ~あ…  オワリ

STICKAM

http://www.stickam.jp/profile/setohiroyuki

ここでは左下の方で昨日の(6日)の抗議行動が見られます。迫力満点!!

≪現実≫を目撃して下さい。

スター
スター
スター




>EntryTime at 2008/05/07 15:25<
2008.05.06(Tue)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ

 つい先程までツィンカム・サイトによる生中継

≪胡錦濤来日抗議活動≫(日生劇場前、日比谷花壇前)を見ていました。
朝のアップの時、お知らせ出来れば良かったのに…と、自分の迂闊さを悔やんでいます。

でもまだ始まったばかり‥。明日も明後日も抗議活動は予定されていますので、興味をお持ちの方は、下記のサイトにアクセスして下さい。

【明日以降の活動予定】

5月7日水曜日
12:00 赤坂見附交差点(地下鉄・赤坂見附)
14:00 早稲田大学正門前(講演の中止要請)
18:00 経済同友会前(東京駅丸の内北口)から馬場先門へ

5月8日木曜日
14:00 JR高田馬場駅集合、早稲田大学へ

5月9日金曜日
8:30 赤坂見附交差点前(地下鉄・赤坂見附)

※雨天決行、プラカードのご持参に協力を

【呼び掛け】
主権回復を目指す会
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』、NPO外国人犯罪追放運動、在日特権を許さない市民の会、人権擁護法案を阻止する市民の会、外国人参政権に反対する市民の会・東京

【連絡】
西村修平(090-2756-8794)
有門大輔(090-4439-6570)

----
せと弘幸blog『日本よ何処へ』
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51906488.html

多分、生中継がされる時はスティッカムのURLが貼られていると思うのですが、念の為....
http://www.stickam.jp/profile/setohiroyuki

---------------

えるも265~野次馬の目~

中継は18:00からとなっていましたが、その前から様子を伝えていた画面にはチベット旗や日の丸の旗が林立し、各種手作りのプラカードや写真を手にした参加者が大勢見受けられます。
私が知る限り、本当に回を重ねる毎に参加者の数が増えているのを実感──。

しかし今日も歩道にいる参加者に対して威圧的に迫る警察官や、歩道と車道を遮断するように居並ぶ警察官の数の多さには驚きます。又、一人で「国境なき記者団」のTシャツを着た男性には、二人のスーツ姿の男性が(私服刑事?or支那工作員?)が詰め寄り、男性を排除しようとしたのか「何もしていないでしょ」「ここに立ってるだけですよ」と抗議する男性の声が聞こえてきたりして、騒然とした様子がリアルに伝わってきました。

時間と共に参加者は膨れ上がり、交差点を挟んで地下鉄入口付近と、道路の向かい側にもたくさんのチベット旗が揺れる集団がいて、互いにシュプレヒコールが止みません。

時々警察側がスピーカーで何やら警告。
迷惑になるからとか、邪魔だとかと言ってるようなのですが、その声も熱のこもったシュプレヒコールに掻き消されて聞こえず、参加者たちは声を枯らして叫び続けています。

途中ターンした画面が捉えたのが、何十人もの隊を成して迫りくる警察官集団でした。それを中継する男性が
『来たよ!やられるかな‥』という声に、緊張が走ります。

私のような者でも最も恐れていたのが、警察による強制排除だったのですが、どういうわけか直接行動には移さず、そのまま何処かへ去って行ってしまったようでした。もし長野に続き、警察が憲法で保障された市民の抗議活動に国家権力で圧力を加える事があれば、それこそ一大事だと案じました。それはイコール、日本の民主主義が崩壊し、市民の表現の自由が奪われ、弾圧される現実を目にすることになるからです。

しかし正味1時間30分余りを見ている限り、警備は物々しいものでしたが辛うじて抗議活動への過剰な圧力は無かったかのように見えました。明日にはその様子が上記ブログでされると思いますが、7日は正午からの活動ですからそれも時間的に厳しいものがあるかも知れませんね。よろしかったら覗いて見て下さい。

テレビ局の中継もかなり来ていて、顔馴染みのレポーターの姿も確認できましたが、どの程度の放送になるのかこれから確認したいと思います。
しかし、この現場からの生中継は現実をリアルに映し出し、ノーカットで編集されない画面は、この日本に起こっている「現実」を感じさるものです。

民放の街頭インタビューに応える若者が、

『エッ?その人(胡主席)偉いの?』とか

『パンダは欲しいですねぇ~』と答える中高年女性とか

こうした能天気な国民がいることも確かでしょうが、抗議に参加する国民の声も姿も意図的に流さないのも事実でしょう。

「友好」「互恵」と言いつつ中身のない首脳会談は、互いのメンツを保つためだけの宣伝に過ぎず、危険水域を超えた支持率続落の福田首相は、中共への媚を売るだけでなく日本国の信頼まで貶めようとする言いなり外交では、国民の顰蹙と怒りまでかっているのですから、本当に情けない‥。そして情けないと愚痴だけで済まないのが今回の首脳会談ですから、私は国の行く末に関わるこの数日間を、しっかり見続けたいと思います。
スター
スター
スター




>EntryTime at 2008/05/06 21:43<
2008.05.06(Tue)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ

 

ガラス玉ライン 私の願いはただ一つ。

この国「日本」の平和を守り、子どもたちの未来に健全な国と社会を譲り渡すこと、それが大人である私の願いです。



 今日2008年5月6日は、一体どんな一日になるでしょうか?

 そうですね。ご存じのように今日中華人民共和国の胡錦濤国家主席が来日されます。首脳会談は明日7日に予定されているそうですから、歴史に残される日付は、「共同文書」が発表される明日になるのでしょうか?

 でも、今日羽田に特別便で降り立つ胡主席を歓迎する羽田周辺や立ち回り先で、またあの長野のような大型五星紅旗が埋め尽くした異様な状況を、私たちは目撃しなければならないのでしょうか‥。充分に有り得る話です。

 そして、私はその覚悟が出来ています。

 長野での警察の対応は、官邸から(支那人に)一人の逮捕者も出すな、という指令があったと聞きました。明らかに骨折までする暴力を受けながら、日本の警察は目の前にいる国民の安全すら守ろうとはしなかった…。そして韓国の例をあげて、支那大使館は在日支那留学生たちに向けたメッセージを流したそうです。

 自分たちの撮った写真や動画をウェブ上に載せるな。載せてある物は保存して削除しろ.....と。傷害罪適用の証拠になるのを防ぐためにです。
 現福田首相がその座に座る限りその心配は無いと思いますが、用心したのでしょう。

 怒りというものは、その怒りが深ければ深いほど、爆発的威力を見せるとは限らないものです。女性は特に、内に秘めてエネルギーを貯め込む苦痛にも耐えられるように出来ているのでは、と経験上(?)思ったりしています。

 男性諸氏には、大なり小なりのご経験があるかと思うのですが…。

 ですから、今日は〈目撃者〉になろうと思います。
どれほど飼い慣らされたマスコミの偏向報道でも、映像が伝える中には真実が垣間見えるでしょう。又追ってその現場の映像は、アップされるはずです。

 そして日本の現状が露わになる日になるかも知れません。いえ、胡主席が滞在する限り、その周辺で起こる出来事の具を見ていれば、何も知らずにいた国民にもきっと伝わる物があるはずだと考えています。

「知らなければ、見えない事」が、見えるようになる──。それが現在、日本国民に求められる最低最小限の事だと、私は思います。



スター
スター
スター


>EntryTime at 2008/05/06 06:52<
2008.05.04(Sun)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ


 緊急の〈お知らせ〉を転載します。

 
 国と母校を憂う早稲田OBの方、いらっしゃいませんか?
 
憂うべき事態になっています。
 5月8日午後、チベット人に対する民族自決権及び人権蹂躙の最高責任者・胡錦濤が北京五輪強行のための地ならしの為、我らが母校で学生に演説を行ない、早稲田を政治的に利用しようとしています(下記記事参照)。
 
以下、ニュース引用

> 2008年4月16日、上海紙「解放日報」(電子版)が伝えたところによると、5月の胡錦濤・国家主席の来日を控え、日中両国政府は同主席と福田康夫首相が一緒に卓球するなど、“ピンポン外交”を展開する方向で調整中であることがわかった。

 胡主席訪日の地ならしの為、自民党の伊吹文明、公明党の北側一雄両幹事長がこのほど訪中。同主席と会談し、「日本は北京五輪の成功を願っている」と書かれた福田康夫首相の親書を手渡した。

 外交筋によると、胡主席は5月6日訪日の予定で、同8日、早稲田大学で開かれる日中青少年友好交流年の式典に福田首相と出席。その後、両首脳が卓球で汗を流すことが予定されているという。
 この“試合”には日中両国で知名度の高い福原愛選手が招かれているほか、訪日団の一員である中国卓球界の女王、王楠(ワン・ナン)選手も参加する。<
 
----------

 当方(小田内)の質問に対し、大学広報課窓口では政府筋から申し出を受けた大学当局は「国賓待遇なので申し出を受けた」などと言っています。在野反骨の批判精神、「学の独立」の建学の理想はどこへ行ったのでしょうか。
 このままでは早稲田大学は世界人道への敵対者=中国政府に阿り利用された「客寄せパンダ」として失笑を買い、日本の未来や国際社会に大きな負い目を負うことになります。OB個々においても然りです。

 母校の名誉を守る為、対応が至急必要です。
 
呼びかけその1=早大当局への中止要請

 我々卒業生が善光寺のような決然とした要請辞退を大学当局に強く求めましょう。大学が動いているのは本日2日、明日3日、前日7日の3日間のみです。
 
抗議要請先:早稲田大学総長室校友課
電話:03-3202-8040 ※電話の方が効果的です。
ファックス:03-3202-8129

郵送:169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
※ファックス・郵送の宛名(早稲田大学総長:白井克彦殿)
 氏名と同時に必ず在学時の学部学科卒業年次を書きましょう。

文例

「チベット虐殺の最高責任者・胡錦濤国家主席による母校の政治利用=日中青少年友好交流年式典会場を辞退せよ・善光寺を見習え」

「母校早稲田を世界人権の敵に加担させるな。日中青少年友好交流年式典への会場を至急返上せよ」

「チベットでの人権侵害容認をめざす中国の微笑外交に『学の独立』の精神でNO!を貫いてください。胡錦濤氏に政治利用される母校の会場提供を至急中止してください」
 
 ご多忙のところ恐縮ですが、できれば電話(是非総長・理事会に至急連絡しろと念押しする)・ファックスの連続攻撃をお願いします。

呼びかけ2=早大OB連名での声明の提出・発信

 早稲田にも胡錦濤を歓迎しないOBが居ることを示す為、「中国政府によるチベット人虐殺・人権弾圧に抗議する早大OBの会」を結成し、白井克彦総長に下記の「声明」を提出、各方面に参考送付しようと思います。
 
「声明」(案)

 私たち早稲田大学OBは、中国共産党政府によるチベット人虐殺・人権弾圧に強く抗議し、真相の究明とチベットにおける自由の回復を求めます。母校久遠の理想とOBの社会的な名誉を守る為、「日中青少年友好交流年式典」への会場提供と胡錦濤国家主席の来学を辞退するよう白井克彦総長をはじめ早稲田大学当局に要請します。

中国政府によるチベット人虐殺・人権弾圧に抗議する早大OBの会
 
 「声明」に賛同連名する有志を求めています。声明へのご賛同をいただける早大OBの方は、「氏名・卒業年・学部名・肩書」(早稲田太郎、昭和50年政治経済学部卒業、会社員)を次のメールアドレスにお知らせください。(締め切り5月6日中)
odauti@jcom.home.ne.jp (小田内陽太宛)
 
呼びかけ3=当日の抗議

 現時点の情報では8日午後3時20分から大隈講堂で開催予定の「日中青少年友好交流年の式典」開催、胡錦濤演説強行に合法的に抗議する為、8日当日早稲田大学周辺で、早大OBの一人として抗議の意思表示を行ないましょう(チベット国旗を持参すると効果的です)。
 
 この抗議については再度呼び掛けさせていただきます。
 
 以上の呼びかけに関心ある方は、下記にメール下さい。
 
小田内陽太 odauti@jcom.home.ne.jp 

---------------

ソース:「せと弘幸blog」5/3
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51903169.html


     ~°¨✶°¨~°¨✲°¨~⁂°¨~✢°¨~✩°¨~


≪おことわり≫アダルト系スパム防止のため、コメント等は承認制にさせて頂いています。ご不便をお掛けして申し訳ありませんが、ご協力をお願いします。尚、公開されていないコメントは拒否扱いにしているため、そのままにしてあります。




>EntryTime at 2008/05/04 06:00<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。