welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.31(Fri)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 


 『犬も歩けば棒に当たる』とよく言いますが、今の管理人は『テレビをつければ、“オイ!262” とツッコミ満載』な日々──。
 流石に、テレビは見ていません、とはもう言えなくなった気がするのですが、マイナー情報の宝庫(?)となったTVですから、よ~く考えて見れば(わざわざ)電気料金を払い、CO²の排出量を増やし、そして不愉快を買っているようなもの‥になるので、何とも物好きなこと、と周囲からのヤジも聞こえます。 (笑)

 さて、昨日のうちに更新しようと思っていたエントリーも、諸事情により日付をまたいでしまい正味期限が切れそうですが、折角なのでアップしておきます。
 管理人は編集作業が遅いので、結構下書きのままになってしまったエントリーが多いのが悩みでしょうか。



 昨日の朝、各局のワイドショーに流し目を送っていると、こんなニュースに興味を引かれました。早速web新聞を探すと…

◆【愛知】やはり必要?トイレの男女マーク 揺れる大阪市
2008/10/28 中日新聞
(以下、引用)

「男女共同参画」の視点から、トイレのマークに同一のデザインを採用してきた大府市が揺れている。男女の区別が付かず、迷う人が多いため。「分かりやすさ」の面から、現在建設が進む施設には、新しいマークを取り入れる方向で検討中だ。

 市役所のトイレのマークは男女とも緑色で、便座に人が座ったデザイン。その下に「男/おとこ/Men」などと表示して区別している。2000年に建設された時、業者が提案したデザインの中から選んだ。

 「女は赤でスカート」などの従来型のマークでは「区別が固定化して差別を生むことを懸念し、いっぺん同一にしてみようかと(踏み切った)」と当時総務部次長だった久野孝保市長は振り返る。その後JR大府駅など4カ所の市施設にも採用し、理解を求めてきた。しかし、浸透するまでには至らず、来年度オープンする市民活動センターには、障害者や外国人にも分かりやすいデザインの観点も加えることを検討している。

 男女統一のトイレマークは、1996年に県の女性総合センター(ウィルあいち)が、男女とも文字だけの表示を採用したのをきっかけに広がった。知多市でも一時採用したことがあった。

 流れが変わったのは、05年に国の男女共同参画基本計画に「トイレ表示を同色にすることは、男女共同参画の趣旨から導き出されるものではない」と明記されてから。ウィルあいちも現在、試験的にスカートなどのマークを付け、利用者の反応を調べている。

 中部の空の玄関、中部空港は男はヒト形、女はスカートのマークだ。「JISマークを基準に、白抜きにしたり赤青で表示したりしている」と同空港広報。公共施設はこの02年に制定されたJISを採用している例が多い。トイレ製品を手掛けるINAX(常滑市)は「間違って入ると影響が大きいだけに、男女別が分かりやすい配慮が必要。形で区別する場合が多く、施設全体のデザインの中で決まります」。

 大府市では男女共同参画審議会が「同色、形で区別」の意見を出し、市民活動センター建設検討委員会に諮られるところ。せっかくの機会なので議論を深め、新施設は独自のマーク誕生という便りを発信する所にできないだろうか。

 (長坂幸枝)


 大阪市と言っても愛知県の大阪市ですね。
 この中日新聞のサイトには、既に朝からアンケートが貼ってあったようで、昨日の午前9:30現在で下記のような内容になっています。一日経って、どんな変化があったでしょうか? 

■トイレに男女マークは必要?

愛知県大阪市では、「男女共同参画」の視点から男性用・女性用トイレに同じマークを使用して、文字表示だけで区別しているということですが、トイレの区別に男女マークは必要?

アンケート:10/30 9:30現在

合計:43271票

必要  96% 41212票
不必要  5%  2059票
実施機関:2008年10月28日~11月6日


umaya_04.gif 最近、こうした実にナンセンスな事例が増えているような気がします。

 そもそも「マーク」が必要なのは、文字を読めない子供も外国人も、一目見てすぐに理解できることから、日本で生まれた様々に図案化された「マーク」が世界中に普及した、と認識する管理人です。
 それを、「男女共同参画」の視点で、、、と安易に同じ色、同じマーク、それも男性用トイレのマークさえ、洋式便座に座る図柄で「区別」出来ると思ってしまう大阪市役所関係者たちの、認識不足が招いた混乱だと思えます。

 トイレという生理的現象は、特に高齢者や幼い子供には急を要することが多く、一瞬で見分けられる必要があります。また、これまで長年使われてきたマークに慣れているという事情がありますね。そうした便利さを無視し、利用者の緊急性を考慮出来ず、「マーク」としての機能を果たしてない「マーク」はただの「飾り」ですが、これもデザイン料や諸々の製作費を税金で支出したわけですから、再び変更を検討するなら、無駄遣いということになるでしょうか。
 しかし、そうしたリスクを冒してまで、何故マークを変える必要があるのかと、疑問を感じます。


   welcomeライン 


 ところで、記事に付けた下線青色部分は一体何でしょうか。

 男女共同参画審議会が「同色形で区別」と意見を出し‥が、結局建設検討委員会に通ってしまった結果のようですが、審議会の意見は強いんですね。‥意見を出す前に、もっと考えて欲しいものですが。

 この「男女共同参画」という批判の多い法律は、一部の団体や勢力によって捻じ曲げられた解釈が様々な理解し難い弊害を日本の社会に齎していると思うのですが、この法律の下で毎年10.5兆円もの予算が組まれ、関連事業とされるところで使われているようです。(そのうち9兆円弱は高齢者への福祉関連の予算として分類)

 以前にも何度かwikipediaのこの項目と「ジェンダーフリー」を読んで、ガックリ・・としていたのですが、昨日も改めて見直してますます理解不能に陥る内容です。
 既にご覧になっている方も多いでしょうが、少し引用してまとめてみます。

■男女共同参画-wikipedia

男女共同参画社会(だんじょきょうどうさんかくしゃかい)とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」のこと。そしてこの理念を実現するために「男女共同参画社会基本法」が制定され、1999年(平成11年)6月23日に公布・施行された。 「男女共同参画」は英語で公式に"gender equality"と表記する。


 と、理念は素晴らしい言葉が並んでいるのですが、しかし、実際に起こっている現象は、過度に男女の区別を取り除こうとする無理が社会を混乱させたり、不安定にさせる要因になっていると思えるのは、このトイレ騒動を見ても明らかではないかと思う管理人ですが、その原因ははどこに潜んでいるのでしょう。

【内閣府男女共同参画局の施策】の中には、

3.正しい男女共同参画の概念を広めるため、誤解や混乱を招く[ジェンダーフリー]の用語を使用することが無いよう、各都道府県・政令指定都市などの地方公共団体に周知徹底を呼び掛ける。

 と、一応なってはいますが、これに反対する党もあります。


【政党政治とジェンダーフリー】

自民党
・原則としてジェンダーフリー政策を支持し、与党として、かつてのジェンダーフリー政策を主導してきたが、一部の末端で政策運用については、『(教育)現場では「小学5年生で男女同宿」「学校のトイレが男女一緒」など性別を否定する「教育の暴走」が行われている』(自民党の実態調査プロジェクトのHP)などとして批判し、現在は「ジェンダーフリー」という言葉自体は誤解や混乱を招くとして使っていない。

共産党
・一部の議員が「ジェンダーフリー」という言葉を使わないことに反発している。

※日本共産党千葉県議団
【2005年12月県議会】自民党提出「真の男女共同参画社会の実現を求める意見書案」への反対討論 小松実議員(05/12/16)
http://www.jcp-chibakengikai.jp/html/menu2/2005/20051217132753.html
(以下、一部引用)


> 「歴史と伝統」「皇室への敬愛」「愛国心」「武士道」「神話」こうした言葉の氾濫と強制のなかで、かつて日本は、あの悲惨な戦争への道をひた走りましたが、「ジェンダーフリー」攻撃の背景に、私はこうした、歴史を後戻りさせようという、だからこそ、真の男女平等の実現、性による差別もどんな差別もなく、一人ひとりが人間として本当に大事にされる真の民主主義社会への前進を何よりも恐れる、時代錯誤の危険な思想を見ないわけには参りません。<

民主党
・「老若男女が、それぞれ生きがいを感じる社会システムづくりが社会全体を豊かにするのです。性別役割分業を固定化しない(ジェンダーフリー)社会こそ、日本を再創造するカギとなります。」とし、男女共同参画社会政策は支持しているが、現在では、昨今の「ジェンダーフリー」という言葉に対する反発に配慮して党の政策から「ジェンダーフリー」という用語自体は削除されている。

---------

 ここで、改めて「ジェンダーフリー」」とは?
 と言っても、wikipediaにリンクするか検索をしていただけば知りたい情報は得られますので端折らせていただきますが、この「男女の差」は社会の中であらぬ〈男女間格差〉を排除すればいいことであって、しかし、近年よく耳にする教育の現場での行き過ぎた「ジェンダーフリー」がどんな状況にあるのかを、まず知る必要があります。

●動画:“行き過ぎ”性教育に首相「これはヒドイ」




●日本の性教育①小中高生用Sex Education Of Japan in English




 何ともおぞましい教育実態なのですが、ここまでの性教育を必要と考える日本国民が多数を占めるとは考えられず、また、国会でも山谷議員が言及しているように問題化しています。
 これを日本人をダメにするための「愚民化工作?」という印象を拭えないのは、推進するのが反日教育・反皇室・反国旗掲揚╱国歌斉唱を唱える「日教組」だからです。

 例えば、前回触れた民主党幹部婦人たちの割烹着でアピール作戦in巣鴨ですが、これに対し民主党議員の中からクレームがついたようですね。


◆政治にモノ申せず…民主党幹部3夫人“割烹着隊”に苦言
神本美恵子参院議員が不快感


 菅直人代表代行ら民主党幹部の3夫人が26日、割烹(かっぽう)着姿で東京・巣鴨を練り歩き、同党への支持を訴えたことに、日教組出身で同党の神本美恵子参院議員=写真左=は28日、「『えっ』と思った。女は割烹着という発想を抜けないと、政治にモノを申せない」と不快感を示した。

 これは連合主催の「女性記者との意見交換会」での発言。神本氏はボルテージを上げ、「民主党の体質は男性中心というのがある」「建前では(議員は)男女平等になるようにしているが、やっぱり圧倒的に高い年代の男性には本当に--セクハラ発言--がある」などと、7年の議員歴を踏まえた“爆弾証言”も披露した。

 民主党は世論調査で女性の支持が低い傾向が続いている。このため党の女性参院議員が応援部隊「女性キャラバン」を結成し、女性票の掘り起こしに必死になっているが、今後の活動にも影響を与えそうだ。

ZAKZAK 2008/10/29

 因みに、赤文字の「セクハラ発言」とは、参考までに

✶✶✶
1994年4月25日の記者会見で、当時政権与党の立場にあった小沢一郎・新生党代表幹事が、“どの女と寝ようが勝手じゃないか”と記者相手に軽口を叩き、これを翌日の朝日新聞が報道して大騒ぎになった。
✶✶✶

 この件(参照)を指しているのでしょうか?

 また、この神本美恵子議員が、何故幹部夫人たちの「割烹着」に反応したかと言えば、「女は割烹着」という発想にボルテージを上げたわけで、前回の管理人の批判とは全く相反する思考回路ですね♪ 何故、「日本の母」のイメージがある割烹着という発想に、これほど怒るのでしょうか?

 地域によって異なるでしょうが、多分中高年層の方なら、真っ白な割烹着姿で台所仕事をする母親とみそ汁の香りとが=おふくろさんという郷愁を感じさせるホッとするようなイメージを思い浮かべられると思うのですが、その他地域で執り行う行事(お祭・冠婚葬祭の手伝い・選挙等)には、働きやすい割烹着は定番でした。
 因みに、管理人は冬になると柄もののちょっとオシャレな割烹着を愛用しています。結構温かく、水仕事には袖口が気にならずに本当に便利なアイテムですよ。

 話を戻しましょう。

 この神本議員は、元日教組教育文化局長、連合福岡女性委員長だったそうですから、日本の「古き良き時代」には抵抗感がおありなのでしょうか。
 そして、女性層に民主党支持者が少ないのは、「日本の母」たちが基本的に〈心情派保守〉であり、そして、「日教組」には批判的だからではないでしょうか。

 また、民主党議員には「日教組╱自治労╱部落解放同盟╱元在日朝鮮人」議員が多いことも周知の事実ですので、参考になさりたい方は詳しく載っていますので、下記のリンクでご参照下さい。

■庶民の独り言[07/07/02]


h-line5.gif 

 また、管理人が疎い「左」を解り易く説明して下さっていたのが、下記のブログでしたので、一部を引用させていただきます。

(前略)

 米国の左派はリベラルだが、星条旗に忠誠を誓う。フランス社会党も英国労働党もドイツ社民党も同様である。もともとは共産党を母体とするイタリアの左翼民主党(現・民主党)ですらそうだった。

 ところが、日本の左派は違う。
 民主党の「リベラルの会」ごときは、「金正日マンセー」の議員が代表世話人を務めている。社民党は「北朝鮮による拉致事件はデッチアゲ」と長い間主張していた。共産党も北朝鮮には批判的だが、靖国神社参拝問題や従軍慰安婦問題では中国や韓国と歩調をそろえる。

 日本の左派は、日中友好、あるいは日韓友好を唱える。が、東シナ海ガス田問題では中国に対して沈黙し、竹島領有権問題では韓国に対して沈黙する。
 いずれも国家主権と領土に絡む問題なのに、日本の左派はこれらの問題に極めて冷淡なのだ。こんなことは、他の国では考えられないことである。

 なぜ、日本の左派は我が国の国益に対して冷淡で、逆に外国の日本批判に同調するのか? それは、山本七平氏も書いているが、日本の左派が「反政府」ではなく「反国家」だからである。そう認識すれば、左派が我が国の国益を害する国家に共鳴したり同情したりすることも理解できる。

(後略)

【引用元】
■なぜ、日本の左派は「反日」なのか?
「依存症の独り言」様08/10/12



 何かと言えば、「戦争責任」「アジア諸国への蛮行と謝罪」に結び付けたがるのは、「反政府」ではなく、「反国家」であるという説明は充分納得できるものです。
 何故なら、管理人のようなどちらかと言えば世間知らずに歳を重ねてきた一般人には、生まれ育った、それも豊かで歴史ある美しい国「日本」を毛嫌いし、賤しみ貶める日本国民が存在することさえ、恥ずかしい事につい最近まで知らずに生きてきたからです。それはそれで、幸運だったと思います。
 が、しかしそれは、虚構の世界に居ただけに過ぎなかったという現実を知った今では、足元の砂を波に洗われるような危機感を抱く他にありませんでした。


 そして例えば、現在日本が置かれている状況を直ぐに100%改善するなどという事は、当然不可能な願望だと思っています。
 麻生首相には、二代続けて「政権放り出し」というマイナーイメージをマスコミに演出されてしまった後ですから、とてもゼロからの出発とは言えず、寧ろ前福田首相の親中「お友達外交」で被った国益と国民からの反発をも引き継いだ、それこそ「貧乏くじ」を引いた方だと思っています。
 それを承知で「火中の栗を拾う」覚悟の総理・総裁就任ですから、泥沼の中でもがきながらでも「軌道修正」に着手すると期待できる器・力量を備えた議員が、他にいたのか、と問えば答えは残念ながらNOでした。しかも、一年間苦汁を舐め、忍耐を強いられてきた多くの国民の最低最小限の譲る事の出来ない希望は、決して親・媚・隷ではない内閣総理大臣ではなかったでしょうか。

 何十年とかけてつくることを許してしまった流れに、ただ押し流され責任を負うことのなかった歴代総理大臣たちの残したツケは、誰かがその流れを変える為の杭の一本を打ち込まなければ、この先も、決して流れが変わることはないでしょう。まして政権与党内にも足を掬う反麻生派の多い中では、困難を極めるのは目に見えています。
 ただ、多くを望めないなら、せめてその流れに逆らい、国民の声と共に小さくても堰となるものを造って行けるだけの、「日本国政府」になるように願ってやまない管理人です。

 麻生首相への様々なネガティブキャンペーン、党内からの反発や野党のただゞ否定・反対ありきの酷い言葉の暴力を報道を通して目にする国民は、“これが、日本の政治家たち”という尊敬に値しない集団に、どれほど不信感と落胆を感じているでしょうか。しかし、これが現実です。
 少なくても管理人は、与野党関係なく「日本の為の」とか「日本を良くする政治」とか、二言目には飾りのように付ける「国民のための」という政治家の中に、信じるに値する政治家は数えるくらいしか認められません。それは100%望まず、消去法で考えた時に最後に残るのが、ただ一つ、「国を愛する」政治家です。


「大衆は、つねに外見だけを見て、ことの成り行きに心を奪われる、そして、世の中にいるのは大衆ばかりであり、大多数の者たちが拠り所を持つ限り、少数の者たちが入り込む余地はない」

 ─マキャヴェリ語録『君主論』第8章─

 


いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/31 12:10<
2008.10.29(Wed)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください


 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif

umaya_04.gif余りにもくだらないので、新聞記事の引用は手抜きということでご了承願います。

 昨日、午後からの参院「外交防衛委質疑」を途中から見たのですが、放送時間外の質疑を真夜中に放送していて、偶然TVをつけた時、丁度鮮やかなグリーンの上着を着た女性議員が質問に立っていました。

 どこの誰とも知らない議員でしたが、素人の管理人でさえ“おや、おや”と思う幼稚な質問内容で、しかし、いちいち質問に付け加える言葉が、

『国民の真意を問うべきではありませんか?』

 のフレーズは、耳にタコが巣を作っているどこぞの党のキャッチフレーズ臭さ。 
 麻生首相には『質問の趣旨は、どれ?』と念を押され、アッサリ返されると、又同じようにキャッチフレーズをつけた質問‥の繰り返しでした。流石にメモをとる気にもなりません。

 それが、今朝のTV日テレのワイドショーでは「即席めん」の値段も知らない麻生首相!というニュースになり、質問者が民主党の牧山議員だと判明して納得。そして、テレ朝らしく、即席めんの値段も知らなくては、庶民派というのはどうでしょうかね。高級ホテルのバーで毎晩飲んでる人ですから、、、と、この時とばかりにネガキャンオンパレードはいつもの事です。

 一国の首相が、問われる事? 即席めんの値段を知らなければ首相としての資質に欠けるとでも、言いたいのでしょうか。

(…今頃、民主党幹部たちは慌ててカップめんを食べていたり?)

 また素直に反論するのもゲンナリですが、程度の低さはマスコミが如何に民主党に政権奪取を望んでいるかの裏返しで、分かりやすいと思います。しかも、小沢党首に纏わりつく不動産疑惑等には一切追求しない依怙贔屓。
 流石に、昨年夏の参院選をネガキャンに乗せられて民主党を勝たせてしまった国民は、その後の国会運営を「反対」する為だけに空転させ、会期中に訪中して胡主席に握手してもらったと喜ぶ小沢氏の笑顔を、ハッキリと疑問と後悔と共に記憶しているのではないでしょうか。

 やることが、一切合財幼稚ですね。
 しかも、何度でも言いますが実に「品がない!」です。

 例えば先日、秋葉原で麻生首相が初めての街宣を行った同日、民主党幹部の婦人たちが「おばあちゃんの原宿=巣鴨」にて、「政権交代が国民の総意ですよ」と、街行く高齢者に世論調査を全く無視したアピールでした。
 しかも、真新しい折り目の残る割烹着に、マジックで大きな文字が書かれています。流石にセレブな夫人たち。たかが2千円程度の割烹着ですから、一度きりの使い捨てですか──。
 それも「日本の母」をイメージさせる白い割烹着にする行為ですから、何とも気遣いのない、常識を欠いた行為は、それこそ庶民感覚からズレている証でしょう。


   welcomeライン 


 
◆「どんな困難があっても解散せず」 首相11月上旬に決断 経済対策へ
10月29日3時11分配信 産経新聞



◆解散風止まり、国会再び視界不良 民主戦闘モードで新テロ法案採決拒否
10月29日3時11分配信 産経新聞


◆<衆院選>早期解散派に徒労感
2008年10月29日(水)0時47分配信 毎日新聞



 三本立て記事の概要は、

麻生首相:解散なし⇐経済対策優先
       34
民主党:解散すれば法案賛成、解散なければ法案に反対
       34 
 どこまでも勝手に政局
       34
 麻生ネガティブ・キャンペーン強化
       34      
 「高級ホテル」から「即席めん」攻撃へ
       34
 庶民感覚無しと印象付ける

公明党:それでも早期解散を求める⇐都合が悪そうで‥す
「民主党がどんどんごねれば、それを理由に首相が解散に踏み切る道もまだ残っている。民主党頑張れ」とエールを送る公明党幹部もいる。

自民党:「解散風」を煽った執行部もお疲れ気味?
「早期解散の旗はまだ立っているが、ボロボロだ」。早期解散を主導した党四役の一人はこの日、敗北感をにじませた。自民党の古賀誠選対委員長は28日夜の古賀派幹部会で「もうこれで任期満了だな」と語った。

kuchipaka7.gif f_petit12.gif

 「政治」って、わかんな~い!とつくづく思う管理人。と言うより、本当に「政治」をやっているのか? が “分かりません”が‥。

 選挙は「政権交代」の選挙と言われているが、私が違うと思う。
 政権は守るものでもないし、政権交代を目指すものでもない。

 では、それは何か。それは、この日本を良くするために選挙でなくてはならないのだ。



 これは「沖縄県民斯ク戦ヘリ」様 ■日教組批判はいつから許されなくなったか[10/27] に載せられていた、東京都議会議員土屋たかゆき氏の言葉です。民主党議員である土屋氏ですが、この部分も、そしてこの言葉に続く「日教組」への批判も、至極正論と思う内容でした。

 民主党の「政権交代」コールは、まるで駄々っ子が欲しいオモチャを手に入れるまでデパートの床に転がるような子供に見えます。親に恥をかかせても、周囲から“聞き分けが無い子”と白い視線を浴びても、ところ構わず喚き散らすような強引さは、どこかお隣と重なるメンタリティと感じますが、仲が良いのは似てくるものなのでしょう。
 しかも、朝日新聞の世論調査にさえ、この世界同時金融危機が経済危機となりつつある現状では、「解散」より「経済対策」を望む国民世論の声が増しました。


◆「解散急がない」が「早くすべき」を逆転 本社世論調査
2008/10/28 03:01 asahi.com

25.26日実施した第3回連続世論調査(電話)

「早く解散すべき」  33%
「急ぐ必要はない」 57%

■金融危機への対応で、麻生首相に期待するか。

「期待する」    52%
「期待しない」 40%

■政府・与党が示した定額減税については、

「評価する」    40%
「評価しない」 41%

■高速道路料金の問題については、投票先を決める際に

「重視する」    29%
「重視しない」 64%


 この調査結果を見て、国民の意識はマスコミや野党があからさまな印象報道をやっている不公平な中でもこれだけの結果を出すのですから、かなり正常な判断、「まとも」だという印象に少しホッとしています。

 では、何故執拗なまでに民主党は「政権交代」に固執するのでしょうか。勿論、政党である限り普遍的野心を持つのは理解できても、その動機や言動は実に怪しく、不信感を禁じえない党是と党首、執行部への疑惑が少しも拭えずにいます。

 それを箇条書きにし、項目別に詳しく載せているサイトがご存じの「国民が知らない反日の実態@wiki」様ですが、例えば

「民主党の正体」
では、

【支持母体】
(1)自治労
(2)日教組
(3)韓国民団
(4)朝鮮総連
(5)部落解放同盟
(6)民主党とヤクザ
 ①ヤクザの構成員=民主党の支持母体
 ②右翼団体(街宣右翼)=民主党の支持母体による自作自演
 ③山口組が民主党を応援

※その他、項目別に詳しく載っていますので詳細はリンクで。

~~~~~

 と、知る人ぞ知る、知らない人は全く知らない内容満載ですが、この一部の項目を見ただけでも、疑問を持たない国民がいるでしょうか? 既にこのサイトには一日1000人~2000人のアクセスがあり、知らなかった国民も個々に抱いた疑問を追求する検索によって辿り着いているのでしょう。そして、ランキング上位のブログも相次いでこのサイトを紹介していますので、その効果は絶大だと大いに期待しています。

h-line5.gif 

 最後に、こちらの引用を。

 

「政治を軽蔑する国民には
   軽蔑に値する政治しか与えられない」
           ─トーマス・マン─

宮崎正弘氏のメルマガ[10/28]より

----------

 結構グサッとくる言葉ではありませんか?



いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 



 




>EntryTime at 2008/10/29 15:51<
2008.10.25(Sat)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 


 おやおや・・・。夕べ(と言っても真夜中でしたが)途中まで書きかけたものが「自動保存」時間のずっと以前の状態、つまり何故か文章がまったく保存されていなかったので、〈逃がした魚は大きく見える〉的心境にいます。(笑)

 このサイトでの大きなトラブルは初めての事ですが、一昨日から今朝にかけてのおかしな現象は、事実ブログ主の更新作業意欲を消沈させるには効果抜群でした。何しろPCに弱い=知識なし&勉強不足の管理人は、知っている極々限られた範囲でしか扱えないのですから、途中で普段とは全く異なる不具合連発では事実上お手上げ──。 今回もこの初体験に、いろいろ考えさせられること多し‥といったところでしょうか。ただ、何が原因だったのでしょうか?興味があります。

 管理人ほどにいくら年齢を積み重ねても、知らないこと、初めての経験はいくらでも起こります。また人は、未経験な事や未知の世界には無関心を装いがちですから、「知らないこと」は即ち「ないもの」として蓋をしてしまいがちなように思えます。 その上、突然知らないことに出合うとうろたえたり、拒絶してみたりと、なかなか馴染みのない事には近付きたくないものですが、人生一度きり。何でも知らないより知っていた方が「得」だと思えば、「聞くは一時の恥。知らぬは一生の恥」とも言いますね。荷物になったり、邪魔になったりするものではないので、「知ること」を楽しむ好奇心は持ち続けていたいと思います。

 また、人には得て不得手、個人個人の好みや思想・信条によっても無意識に選り好みをしてしまうことも多いはずですから、千差万別・人生いろいろ・・であることも否めません。しかし、そうした人間の集合体が地域を作り社会となり、国を構成する、、と考えれば、同じ日本国民でさえ地域間の差や風土によって異なりますから、何を以て「世論」とか「民意」とかになるのかは、本当に一概に言えないものだと改めて思います。
 ところが単位を「国」で考えた時は、「日本国民」としての国家観で測るものさしが備わっているのも極自然なことですし、どの国の民も同じでしょう。

 管理人は年相応のある種の頑固さをもっていると思いますが、それは昭和に生まれ育った日本人として身に付いた「背骨」のようなものです。しかし、これは多分年代に関わらず、多くの日本人に普遍的に受け継がれたもの、共通したものだと信じている部分です。勿論多少世代的なギャップはあるのでしょうが、突き詰めて見れば「国」に対する思いなどはそうは変わらないのだと、周回するブログで展開される読者のコメントを見ていると、共感できる多くの声が何よりの慰めと励みにもなっています。
 時代の変遷に抗い切れずに、日本の古き良き様々な文化が消えて行くことは残念ですが事実です。しかし、残されるものは同じ「国民の真なる愛国心」だったことが、何時の時代もこの国を支えてきたようにも感じています。


 そこで思い出したのが、またお馴染み、話が少し脱線しますが、
 
 落語家・故六代目三遊亭圓生師匠が昭和50年東横落語会口演「紫檀楼古木(したんろうふるき)」の中で、愚痴る場面を思い出します。
※「紫檀楼古木」:江戸時代に盛んだった「狂歌」の最後と言ってもいい狂歌師。 

✿~✿

 その昔、煙草を吸うのに用いた煙管(きせる)。その煙管の口金と煙草を詰める金具の間にある竹の部分を「羅宇(らお)」と言うのですが、それを専門に直す商人を「羅宇屋」と言い、当初荷物を肩に担ぎ“らおや~きせ~る”と呼び声をあげながら町内を流したそうです。
 因みに管理人の記憶には、「竿竹売り」と「納豆屋」夏には「金魚売り」の売り声が微かに記憶に残っていますが、流石に「羅宇屋」は聞いたことがありませんでした。イメージ的にはよく時代劇に出てくる荷物を担いだ町人、小間物屋風と思っていいのでしょうか。 その荷物を入れる箱を「れんじゃく」と言うそうです。

 圓生師匠は流れるような噺の途中で、こう言います。

 ・・・「れんじゃく」を担ぎます。と言っても、今のお若い方にはお分かりにならない。 どうも困ったもんです。エヘッヘ、、いちいち説明しなきゃならない。まぁ、手っ取り早く言えばリュックサックですよ。袋でなく箱が付いてるわけですよ。
(客席爆笑)

 と、説明しなくては理解されないことへの戸惑いと困惑を表しています。

✿~✿

 昭和50年当時でさえ、噺の腰を折ってでも説明しなくてはならないほど「羅宇」も「れんじゃく」も死語になっていたようですから、それから約35年も経った今ではどうなのでしょうね。きっと若い方は外国語にしか聞こえないのかも知れません。いくら落語ブームと言われていても、主にこの時代に沿った新作が人気と言われているだけなのでしょうか? 
 たいして詳しいわけではないのですが、噺の面白さ、芸術性、そして多くを学べる内容は古典にあると思う管理人ですが、聴いても理解できない時代背景の噺では、やはりこの現代に評価されるのは難しいのかも知れません。

 でも、一言老婆心で付け加えるなら、知らない言葉を聞いて調べて理解する努力をしても、決して無駄や損ということではないのですから、是非古典落語の面白さ、奥深さ、その時代の庶民の生き方考え方を面白可笑しく知ることのできる古典落語を、若い方に聴いてもらいたいと願う管理人です。

 因みに管理人的には、落語は「睡眠導入剤」としても結構効果があります(?)


   welcomeライン 



 さて、そういう事情で、昨日取り上げようと思っていたテーマも時期を逸してしまいましたので、前回のエントリー(23日)に書き込まれたコメントへの管理人的考えをここで少し述べてみたいと思います。
 ただ、このブログへのコメントというより寧ろ、麻生首相は金持ち=支持できない、という主張をなさりたかったようですので、今後こうした書き込みにはお応えすることは無いことを、ここで先におことわりをさせて戴きます。



 確かに、ここはアクセスすると真っ先に目に付くのが手造りのバーナーでしょうから、管理人が麻生首相を応援していることは一目瞭然ですね。他のブログでも麻生首相を熱烈に応援される方でさえ、バーナーを貼っているブログは見たことがありません。それだけに、反する意見をお持ちの方は直ぐにUターンなさるか、ざっと流し読みをして下さるかだと思います。そして、これまで一度もこうした主張をわざわざ書き込まれた方はいらっしゃいませんでした。それがネット上の暗黙のルールになっていると、管理人は理解しています。

 しかし見過ごさずに、わざわざ西日本新聞に書かれていた麻生首相のぶっ飛んだと仰る生い立ち=支持できないというご自分の主張を述べることで、管理人が支持することを誤りだと否定したかったのでしょうか。
 また、多分yamazaki様は、過去記事をお読み頂いていないのだと推察しますが違うでしょうか。管理人が既存メディアの偏向報道に批判してきたことを、ご存知でしたか? また、マスコミが流すようなレベルで日本の首相を云々と評価・批判する足元目線で論じたことはないつもりですが、ご存知でしたか?

 一口に言ってしまえば、書き込まれたyamazaki様が「応援できない」と仰っても、管理人には「そうですか」としかお答えのしようがありません。その理由として西日本新聞の記事を信じて判断されるのはyamazaki様のご自由ですし、管理人には関係のない事です。 また、その逆も言えますね。
 また、西日本新聞だけをお読みになって影響され、感化されてご自身の意見として決め付けるのは勿体ないような気もしています。既存メディアの情報ばかりでなく、いろいろなサイトの情報をご覧になっていらっしゃいますか?
 差別発言に関しても、多分yamazaki様の未だご存じのない情報もあるでしょうし、折角ネット環境にいらっしゃるのですから、余計なお世話でしょうが、もっと検索して情報を得ることをお勧めします。

 管理人は既存メディアを極一部を除いて信用していませんので、その認識の差は大きいとしか、申し上げようはありません。


 
いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 


 

 




>EntryTime at 2008/10/25 18:05<
2008.10.23(Thu)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 


 思い出せば…

 父の帰宅は、お付き合いがない時には大体8時半頃と決まっていました。母はその時間に丁度合うように夕食の支度を済ませます。夕食の時間としては遅いくらいの時間でしたが、勿論、私たち子供はいくらお腹が空いても、父が帰宅しないうちは食事を許されません。
 父が奥座敷で着替えを済ますうちに、お腹の空き切った子供たちも手伝い、父が席に着けばすぐ始められるようにご飯やお味噌汁を盛り付けて待ちます。

 健啖家で晩酌をする父には、おかずの他につまみとなる品が何品か付いていましたし、同じオカズでも当然のように数が多かったり大きかったりという差がありました。 当たり前の事です。父が働いて得た収入で養ってもらっているという立場、そして男性成人である父と子供との摂取カロリーとの違いなどを今考えれば、差をつけたとしても、それは「差別」ではなく適した配分です。不満など、勿論感じたこともありません。
 もし、それを欲しければ父に言ってもらいます。父も「ああ、いいよ」と必ず許してくれましたし、時には自分の箸で摘まんで茶碗の中に入れてくれたりしました。それを見て母が、「そんなに食べたら、お父さんのが無くなっちゃうでしょう」と叱りますが、普段仕事に忙しい父と接触があまりない娘は、そんな些細な父とのやりとりの中で、父親の優しさや包容力を感じることが出来る瞬間にもなりました。

 月に一度のお給料日には、時々父と待ち合わせて外食をすることもありましたが、普段はいつもよりは多少豪華な料理を用意して待つ母は、父の着替えを手伝いながら無造作に手渡された給料袋を両手で押し戴き、「ご苦労様でした」と父を労うことも忘れませんでした。 途中から銀行振り込みになった時、母は実感が湧かないと嘆くことしきりでしたが、当時、多分中・高校生くらいだった管理人には理解出来なかったその母の思いです。
 また母は、毎日父の財布を点検しては前日に使った分を補い、常に一定の金額(父が外で恥をかかない程度)を入れて持たせていました。たまにお付き合いで遅く帰る父は都心からタクシーで乗り付け、その料金を母が払うということもありましたから、その時の父の財布は、部下たちへの大盤振る舞いできっとカラだったのでしょう。(笑)

 そして、父の着るワイシャツはクリーニングに出さず、自分でパリッと糊づけしてキレイなワイシャツを着せるのを誇りにしていました。
 いつか滅多に世辞など言わない父が余程満足したのか、「いつも綺麗なワイシャツを着ていますね」と褒められたと母に言ったそうで、娘にまで自慢する程ですから、俄然内助の功を発揮したのは言うまでもありません。

 昭和の時代、そんな一組の良き夫婦の姿を懐かしく思い出しました。


   welcomeライン


 さて、何故、冒頭このようなお話をしたか?  
 関係があるのかないのかは、読者ご自身の判断にお任せしますが…


◆スーパー視察の後に…野党から辛辣な批判
10月22日22時5分配信 産経新聞
(以下、引用)

 麻生太郎首相が執務終了後の夜日程で、高級ホテルのバーなどで会合、会食を繰り返していることについて22日、野党の幹部からは辛辣(しんらつ)な批判が相次いだ。

 国民新党幹部は国会内で記者団に「首相が夜飲み歩くのはひどい。人柄が出てるよ。首相っていうのは、国民が苦しい時は一緒に苦しい顔をするもんだ。それが全く分かっていない」と指摘した。

 民主党の簗瀬進参院国対委員長は記者会見で「スーパーで庶民の生活をちょっと見て、その夜は超高級ホテルで秘書(官)と食事をしている。スーパー視察は単なるパフォーマンスということだ」と述べた。社民党の福島瑞穂党首は会見で「超一流ホテルの、しかもバーで、秘書官や身内と懇談している。個人のカネで飲むのをノーとはいえないが庶民の感覚では豪遊だ。私費で普通やったら破産しちゃう。お金と体がよく持つなあ」と述べた。

 民主党執行部の1人は同日夜、夜会合について質問した記者への首相の逆質問の激しい口調について「言葉遣いが悪いなあ。よっぽど行きたいんだろうな」と話した。



umaya_04.gif f_petit12.gif
 おかしな批判ですね。ご自分たちは毎晩何処にも寄らずにご帰宅なのでしょうか? これまで見てきたTVニュースの映像では、高級料亭やホテルに出入りする様子を随分見てきた気がするのですが、あれは目の錯覚?
 それにマスコミも野党の方々の行動を一々追わない・報道しませんからどの程度の「夜の行動」なのかは、残念ながらあまり知らされていませんね。是非とも知りたいものです。
 一般国民が苦しい思いをしている時には、、、の国民新党は、本当に同じような苦しい思いをしていると言えるのかどうか‥。
 
 それ程「庶民感覚」と仰るなら、駅前の屋台や居酒屋で飲食されているとでも言うのでしょうか。  
 幾らなんでも、それほど庶民感覚の行動を取っているとも思えません。一般層のお店の方でも、国会議員が来るようでは何かと迷惑でしょうし、野党の方々もそれなりのTPOで利用するお店は厳選しているはずです。記者たちに知られたくない秘密は幾らでもあるでしょうし。
 つまり、「庶民感覚」でないのは、我々国民から見ればどちらも同じです。また、それを望むほど愚かではありません。国民生活を理解をする事と、首相の行動がイコールでなければならない理由もないからです。

 まして首相ともなれば、ご存じのように朝から晩までの行動を毎日分刻みで知ることができます。つまり、それだけ鵜の目鷹の目の記者が張付いているわけですから、私邸に帰る時まで息の抜けない「公人」です。隠し撮りやリークも含めて全て想定済みの行動でしょう。だからこそ、そうした悪環境の中で首相を補佐する閣僚や関係者との打ち合わせや密談が、場所を選ばず何処でも出来る訳がありません。勿論、前回も触れたように身辺警護の問題もあるはずです。そうした立場の首相と自分を同列に比べ、「庶民的」でもない、それ以上に「総理総裁」でも「一国の首相」でもない自分たちの「夜の行動」と比べて批判できるのか、と大いに疑問です。

 それにしても、前任者の福田氏の頃には一人数万円の豪華な食事を連日されても、こうした批判は一切なかったような気がする--この差---この差別---この悪意---は、返って分かりやすいでしょう。

 いい加減幼稚な批判、自分の事をすっかり棚の上にあげた矛盾だらけのネガキャンは、もう国民には効き目がないとお諦めになったら如何? 少なくても印象を下げる意味では、言えば言うほど国民目線では〈みっともない〉ように思えて仕方がない管理人です。 本来政党が批判する対象に無い部分での悪口は、そのまま日本人的品性の欠落を感じさせますが、管理人より古い年代の日本人としては、実に理解出来ない部分と思えば、尚更です。

◆新聞社とバトル、今度は麻生首相「ホテルのバーは安全で安い」
2008/10/22 19:13 産経新聞


 googleで「新聞記者╱勉強不足╱低レベル」で検索したらビックリでした。
 3,040,000件のヒットでしたので、どれほどこのキーワードが「普通」に使われているのかとアングリです。つまり、それだけ国民の共通認識と理解してもいいのか?と‥。 

 確かに(長いので引用はしませんが) この記事を読むと笑えます。そして、麻生首相の斬り返しは、これまでの歴代首相には見られなかったものだけに、芯の太さ、強さを感じた管理人。当然です。
 余りにも酷い恣意的偏向質問。またその言葉の一部分を切り張りしてより都合良く強調したり印象付けたりする偏向報道には、ただ“ウンザリ”して逃げるのではなく、それは「おかしい」「誤りだ」と言ってこそ一方的過ぎる既存メディアの害悪を是正する方向へと導けます。

 ♪ そう言えば、橋下知事に続いて東国原宮崎県知事も「朝日批判」に参加したそうですね。

 トップが変わると、こうも国内の澱んでいた空気が変わるものかと感じています。それはまるで、人いきれと暖房が利き過ぎた冬間の通勤電車のように、ドアが開くたびに外気に触れて生き返ったように感じる爽やかさと、同様の印象を持ちます。
 密封した部屋で長時間ストーブを炊けば一酸化中毒になるからと、「時々には部屋の換気をしましょう」と注意書きがされているように、反日の偏向報道の毒に酸素不足気味だった管理人は、やはり「日本」という国の60余年間閉ざされてきた部屋の空気の入れ替えを、この時代にこそ望んでやみません。


h-line5.gif 

 さて最後に、本日発売(10月23日)の「週刊新潮」(10月30日号)には、

■小沢「お花代100万円」山岡「お車代30万円」から前田「火災見舞金」まで 「マルチ・マネー」が民主党を汚染している!

などという見出しがありました。

※ ご存じだと思いますが、この「週刊新潮」HPでは毎週「立ち読み」のコーナーで一つ記事が読めるのですが、今週は今話題になっている〈朝日批判〉で元身内(記者)から「報道弾圧」で訴えられている朝日新聞の記事が読めます。

■朝日新聞を「報道弾圧」で訴えた「元朝日新聞記者」の評判 


 余談ですが、夕べのテレ朝「報道ステーション」。何か番組全体がシ~ンと静かで、古館氏もいつもより心なしか元気がないように感じましたが、気のせいでしょうか?

 また、日テレの「ZERO」でも、麻生首相のニュースで“庶民感覚”から、、、と批判していましたが、だから言っているでしょう!!
 「庶民」ではないんです!! ってば262 首相なんです。

 そうそう、これで思い出したのが2年ほど前にバッシングされた石原都知事の豪華外遊批判。 この時も贅沢だとマスコミが散々叩いていましたが、その内訳は別にしても、経済大国日本の首都・東京の知事が外国での滞在で、現地の実力者や政府関係者たちをホテルに招いたり会合をしたり(したかどうかは知りませんが)するのに、我々一般人がパックツアーで利用するような割安ホテルに泊まる感覚と同列に扱うのも、不思議な感覚です。と言うより、海外に於いては批判に値しない相応な国を背負う立場での外遊です。その立場にある人を、国民が煩いからと安いホテルに泊まらせる事の方こそ、如いては日本国民の恥となります。

 〈まえがき〉となった管理人の思い出話ですが、ここで準えて言いたいのは、一家の主人に働きやすく仕事に取り組んでもらうためには、家族の理解と協力が不可欠であるように、そして家の為、家族の為に働く大黒柱には、敬意と感謝の気持ちを持って後押しするのが当然だと思うからです。
 それと同様に、一国の首相や各省庁の大臣、そして地方の首長である都道府県知事には、ある程度の寛容さを持って見なければならないはずです。(⇒これは、恥をかかせない程度の使用範囲として許容する)
 勿論、公私混同は許されませんし不正も言語道断です。しかし、何でも直ぐに公費での活動や言動の一つ一つに、それも公平ではなく一定の人物に限って狙い撃ちをするように批判するのは、一体どこの誰でしょうか? その火付け役(放火魔)になるのは、いつも何処の誰たちでしょうか?

 その首長たちが真に地方の為、国の為に働くと評価できる人物なら、些細な出費にいちいち目くじらを立てて、どんな立派な仕事をしてもらえるのか、と思います。 地方であるならば、自分たちが選んだ知事たちが、もし、私腹を肥やすだけの悪代官なら、それは選んだ有権者にも責任があることでしょう。また、そうして重箱の隅を突くような批判しか出来ない県民ばかりなら、今後重責を担う行政を任せられるような人材は出てこないでしょうし、育ちもしないでしょう。

 一切の既得権益を持たない一般国民は、良識と公平と寛容の目で見れば自ずとどういう人物が国のため、国民のためになるかという正しい判断を下せる目を持てるはずです。そして、それが現在、又今後の選挙で試されようとしています。


  いくそたび かき濁しても 澄みかへる
          水やみくにの 姿ならうむ
                ─八田知紀─







いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ


ゆずり葉バーナー2 



 




>EntryTime at 2008/10/23 05:55<
2008.10.20(Mon)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 


 本日は時間がないので、珍しく短いエントリーですので、どうぞご安心を‥?

 昼食を取りながらお昼のニュースを観ていました。勿論、小まめにチャンネルを切り替えてのTVウォッチングです。

 夕べのTVや今朝のweb新聞で見ていたこの記事ですが…

◆自・民党首がアピール合戦=スーパー視察、ネット出演
2008/10/19 21:14 時事通信(以下、引用)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081019-00000064-jij-pol

> 麻生太郎首相は19日午後、都内のスーパーマーケットを視察した。原材料高が家計にも影響を及ぼす中、景気回復に取り組む政府・与党の姿勢に理解を求めるのが狙い。一方、民主党の小沢一郎代表は若者に人気のインターネット番組に出演。自民、民主両党の党首がアピール合戦を繰り広げた格好で、衆院選間近の空気が強まりそうだ。<


☆ アサヒるテレビは、両者の様子を映像とナレーションで伝えた後に支持率や人気などをボードで示し、最後にコメンテーターが下記のような発言。(メモしていたわけではないので、記憶から)

 幾らスーパーに行っても、その後ホテルで食事をしているんですから。
 あの界隈は美味しいトンカツ屋もあるし、我々国民目線と言うなら一般のお店で食事をしなくては何にもならない、云々‥と、麻生首相だけを批判。小沢氏には全く触れず。



☆T16Sは同じような内容でしたが、特に小沢氏のネットTVに出演されてる様子を麻生首相の2倍ほど流して、高感度を上げるべく後押し(?)と思える差別。
 “民主党が政権とったら、日本は変わりますか?”

の質問に、小沢氏

 “ええ、随分変わると思いますよぉ”

(うんうん、それは途轍もなく国民が望まない方向に‥?)



 と、相変わらずでしたが、上記に引用した記事についたコメント上位もネガキャン一色で1ページ目が埋められていました。
 その代表的な内容が、アサヒるのコメンテーターが言っていたように、ホテルで食事をしている、というものです。

kuchipaka7.gif これに〈反論〉316 しておきたいと思います。

① 麻生首相は一般人ではありませんね。その位誰でも知っています。
   その一国の首相と一般人である自分とを同列の如く比較すること自体が、先ずマスコミ関係者の認識としておかしいでしょう。

② 日本国の政府最高責任者である以上警備上の問題もあり、予定外の行動など出来る筈もありません。何人ものSPに囲まれ、厳重に身辺警護されての行動はマスコミのよく知るところではないのでしょうか。

③ 例え一般のお店で食事する予定を組んだとしても、首相が口にされる物が何でも良いとお考えでしょうか。 現実にどのような注意が払われるのかは知りませんが、もし、事前に様々な調査なり注文なりが必要なら、おいそれと一般のお店に気軽に立ち寄れない立場であり、それが国の最高責任者に払われる当然の危機管理かと思います。 そうした意味で、安全や警備上の問題で高級ホテルの利用への批判は、正当化されません。贅沢だ!の以前の問題です。

④ 今回の目的は、特に国民負担となる「食品の値上げ」と「食品の安全」を気にかけての視察でした。分刻みのスケジュールの中で行った視察です。

 それに対し、こうした最初から「不可能と分かっている事=界隈での食事」と敢えて発言し、イメージダウンを図ること、これをネガティブ・キャンペーンと呼ぶのだと管理人は理解しています。


h-line5.gif 


 それにしても、やることが一々姑息で卑劣です。
 こうしたネガキャンに騙される国民もそう多くはないでしょうし、逆に呆れられる一方かと思います。
 管理人も、一時はTVに拒絶反応を示しましたが、今では返ってどんな偏向・捏造報道をするのかと「検証」する意味でスイッチを入れたりするのも、結構面白かったりしています。

 そう言えば、橋本府知事がGJ!な発言をしてくれましたね。


◆橋下知事が反発「朝日新聞のような大人が増えれば日本はだめになる」
2008/10/19 21:21
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/081019/lcl0810192128003-n1.htm

>朝日新聞の今月3日付の「橋下TV発言 弁護士資格を返上しては」と題した社説への批判だったと説明。「からかい半分や一線を越えた批判じゃないか。からかい半分の批判には徹底的に対抗する。怒りを感じる」と述べた。

 報道陣からは「大人げない」との指摘もあったが、橋下知事は「いいんじゃないですか。朝日新聞も大人げないというか、何様か知らないけれど、ああいうことを言ったわけですから」と意に介さなかった。<

424424424パチ・パチ・パチ!
 本当にその通りです! 橋下府知事へのネガキャンも相当なものでしたが、怯むことなく「正論」を貫かれる姿勢はご立派です。 この橋下府知事のご努力が少しずつにでも、大阪府の正常化に繋がることを期待して止みません。
 管理人もある時期まで好きだった都市が、いろいろな内情を知ると落胆させられた地方が多いことに憂いています。 それは何が原因となっているかは、お分かりでしょう。 例えば「学力⇒」・・・を辿ると行き着くところは何処も同じなのですから、偶然ではないのでしょうね。 

 後は府民の良識がどの位府知事の後押しをするか、かと思いますので、微力ながら関東より、応援の目で見守っていたいと思います。何年か後に、大阪・京都・奈良方面を心地良く旅ができたらいいのですが…。 あと、沖縄も島根も対馬もetc.‥。有り過ぎる現実に、また、ため息が出ます。


いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 



>EntryTime at 2008/10/20 15:25<
2008.10.19(Sun)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 
1 後半にアニメで「お金・銀行」の仕組みを詳しく教える動画がありますので、是非ご覧下さい。特に経済初心者にはお勧めです。


 最近無視してきた「時事放談」でしたが、TVをつけると誰が合わせたのか6チャンネルで、番組は終盤。内容は少しニュースでも流していた塩爺こと元財務大臣・塩川正十郎氏が麻生首相を云々と強調した斜め報道と知っていたため、シラ~っとしながら眺めることに。
 ところがゲストのもうお一方が前鳥取県知事の片山義博氏でしたから、お二方とも民主党批判をサラッと仰ります。司会の御厨氏も、流石にやりにくそう・・と感じたのは、管理人の思い過ごしでしょうか。 
 また、最後の何分間の中で、塩川氏は麻生首相の健康を案じていました。
 そうなんですよね。夕べ見たweb新聞で気になっていたのが、下記の記事でした。


◆はしご酒も目立ちます…麻生首相ナイトライフ
2008/10/18 21:47 読売新聞

9月24日の就任から10月17日までの24日間で、首相は地方滞在中を含めて25回の「夜会合」をこなした。就任から同じ期間で夜会合が5回だった福田前首相の5倍の頻度だ。食事の後、ホテルの高級会員制バーなどで飲み直す「はしご」の多さも際だつ。最近4代の首相を就任後24日間で比べると、小泉元首相の「はしご」は1日だけ。安倍元首相、福田前首相はともにゼロ。麻生首相は7日で、帰宅も平均すると午後11時近くと、「断トツ」で遅い。

 「秘密の会合」とか、「高級会員制バーではしご酒」が「目立ちます」などと強調し、パッと見れば印象を悪くするように書かれている気がしますが、一国のトップが高級会員制バーで飲食をするのは、それだけ「重要な密談」があって当然のことですから、まったく「余計な御世話」です。また、ご丁寧に似顔絵付きの表まで作り、前首相たちとの帰宅時間を比べるのも、管理人的には(似顔絵がカワユイ)ので笑ってしまいましたが、この世界金融危機の状況下においてどれだけ激務をこなしているかが理解できても、高級クラブで豪遊?!などとは間違っても思いません。

 それだけに覚悟の上とはいえ、序盤で飛ばしすぎない程度に‥と健康を案じたのは国会中継での首相に、僅かに感じたお疲れのご様子故の事。
 これから党内でも解散風を吹かす清和会によって否応なく決断を迫られ、何れは突入するだろう総選挙が待っています。また、今月末の訪中やG20首脳会合主催も予定されているようですから、一時も気も身体も休めることなく対応協議をしているはずです。と、ズブの素人である管理人さえ思うのですから、国民の7割が選挙より経済対策と望んでいる以上、民主や清和会やマスコミが煽ぐ解散風は、季節はずれでどこまでもKYなつむじ風かと‥。



   welcomeライン


 そのG20首脳会合についてはコチラの記事から。

◆金融危機でG20会合を=麻生首相と電話会談─豪首相
2008/10/18 時事通信


 南韓と共に相当危ないと言われている豪州ですが、

・ラッド首相は、世界的な金融危機に対処するため、主要8カ国(G8)に豪州や中国、インド、ブラジル、南アフリカなどを加えた「G20」による緊急会議が必要だとの認識を伝達。麻生首相は「よく議論したい」と応じた。

・[読売]
 羅っ度首相は先進国と豪州など20カ国・地域による「G20」の枠組みで首脳会議を開くよう提案。麻生首相は「首脳会議を主催する用意はあるが、招待国は検討課題だ」と述べた。会談はラッド首相からの電話で実現した。

※ラッド首相は中共温家宝首相と10月16日に電話会談。頼りにしていた中共から色よい返事がもらえなかったとか─?

・[毎日]
麻生首相は「首脳間でどのような合意が可能か見極めたうえで首脳会合を主催する用意はあるが、招待国は今後の検討課題だ」と慎重の構えだ。

-------

 当然ですね。この時期ですし、何と言っても日本は学習したことが多いはずですから、慎重の上にも慎重と厳格な対応が鉄則。
 しかも、もう一つの危ない国で、夕べ気になった日本の記事と比べると如何にもと!いういつもパターン。

◆ASEM:北京で韓日首脳会談へ
http://www.chosunonline.com/article/20081018000003
(以下、一部引用)

 今月24‐25日に中国・北京で開かれるアジア欧州会議(ASEM)の首脳会議で韓国と日本が首脳会談を行うことが、17日明らかになった。今年7月に日本の学習指導要領解説書に独島(日本名:竹島)領有権の主張がなされたことで「シャトル外交」が中断して以来、両国の首脳が会談するのはこれが初めてだ。

 韓国政府の関係者は「最近、麻生太郎首相側から、北京で李明博(イ・ミョンバク)大統領に会いたいという意向を伝えてきた。韓国側も、これを受け入れるとする事実上の立場を定めた」と語った。今回の首脳会談は両首脳の初対面であるだけに、歴史問題などのデリケートな問題よりは、金融危機対策、北朝鮮の核問題に関する協調などに焦点を合わせるとみられる。
(後略)

umaya_04.gif 
【参考blog:厳選!韓国情報】様
 
★韓国大統領「韓中日で金融首脳会合を開催してはどうか?」→日中回答なし…10/10

★アイゴー!川村長官が、「ウォンの下落に対し日本はどんな処置も取らない」と明らかにしたニダ!10/16


 麻生新首相就任後の初対面ですから〈ご挨拶〉は当然でしょう。プラス「経済危機」のお話くらいは、この時期ですから旬な話題です。しかし、 それがどんな内容になるかは、先日アメリカで行われたG7で中川金融・経済相の「IMFを通して援助」の方針は、国の姿勢ですからその方向に変わりはないと思えます。
 アイスランドも結局IMFに駆け込んだと聞きましたから、世界各国同じ条件で援助しなければ不公平ですし、依怙贔屓はよくありません。第一そうする(贔屓という意味なら)理由もまったくありませんし‥。


h-line5.gif 


 実は夕べは徹夜になりました。
 いろいろ興味を引くものが沢山あり、調べているうちに気付いたら外が白々空けていてビックリ! こういう生活の乱れは、きっと後で手痛い副作用を起こしそうで反省してみたものの、もう後の祭りです。

 さて、これは是非にご覧頂きたい「お金のこと」「経済の事」が詳しく、そして優しく説明されている動画です。多分アメリカ発だと思いますが、アニメに日本語の字幕付きですので、これを日本語のナレーションにすれば中学生くらいなら理解できるのでは?と感じました。

 今回の「アメリカ発、世界同時経済危機」に少し理解を深めてみたい方にはお勧めですので、どうぞご覧下さい。

--✿✿--

■Money As Debt (日本語字幕版)
http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771

知られざるお金の仕組みと、その問題点を丁寧に教えてくれます。

--✿✿--


 また、この問題なら、合わせてコチラもご参考に。

◆【正論】サブプライム問題の意味とは
 京都大学教授・佐伯啓思(1/3ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080407/plc0804070309001-n1.htm
(以下、1/3のみ引用)

●現代の経済構造の象徴

 アメリカのサブプライムローン問題をきっかけとして世界全体に景気後退の懸念が広がっている。日本も株価低落、円高などによる景気減速にさらされている。

 さらに、グローバルな株式市場から引き上げられた過剰資本は、資源や食料の先物商品市場へ向かっており、これらの商品価格にも大きな影響を与えている。

 要するに、われわれの生活の基本構造が、サブプライムローンのようなリスキーな投資によって大きく揺り動かされているのである。

サブプライムローン問題が、主として低所得者層向けの高リスク融資からくる一時的で特異な問題であればよい。しかし、そうではない。それは、現代経済の構造から生み出した象徴的な問題と言うべきであろう。

サブプライムローンのような危うい融資を可能としたものは、不動産・住宅バブルであったが、この背後には、90年代以降のアメリカが主導した経済構造の変化がある。端的にいえば、われわれの生活に結びついた財・サービスの生産・供給という「実体経済」から、投機的な資本の運用によって富を生み出す「金融経済」へのシフトである。

 ではどうしてこのシフトが生じたのか。

 それは先進国においては、「実体経済」における経済活動はほとんど「成熟・飽和」の段階を迎え、また同時に、急速なグローバル化によって低賃金労働を有する発展途上国との過剰なコスト競争にさらされたからである。

 言い換えれば、「実体経済」のレベルではもはや十分な利潤機会を獲得できなくなったわけであり、短期的な利潤は不動産バブルとグローバルな金融市場における資本運用に依存する、という構造ができてしまった。
(つづく)

佐伯啓思:wikipedia
京都大学大学院人間・環境学研究科教授。経済学者・評論家。東畑記念賞受賞。2007年には、フジサンケイグループが主催する第23回正論大賞を受賞。「私たちの孫を守ってくれる、信頼できる知識人のひとり」と(佐々木淳行)される。
「アメリカニズムの終焉」シヴィック・リベラリズム精神の再発見へ(TBSブリタニカ、1993年-後に同社増補版1998)
( この本で、米金融のモラルの喪失と来るべき米国の危機についてを語る--管理人追記--)



 世界中に蔓延し始めた経済不安は、全くマネーゲームに関係ない庶民には所詮他人事でした。

 つい最近まで、若干30歳代の外資系金融マンは年収3~4千万の高収入を得て勝ち組を名乗りながら、実は『何を売っているのか分からなかった…』とインタビューに答えていました。そして、一時期マスコミに騒がれた極一部の個人投資家やそれに乗せられた主婦などがこの状況下に悲鳴を上げたとしても、これは所謂「自己責任」。
 どこかのサイトで「儲けるときは自分のもので、損をすると他人のせいにする」という意見を見ましたが、素人なだけに「投資」=「マネーゲーム」=「博打」と同類にしか見えない管理人です。勿論資産運用を否定するものではありませんが、少なくても自己責任が取れるだけの財力がなければ、昔から手を出すものではないという風に教えられてきた気がします。それだけに金利が最低ラインだからこそ、タンス預金が兆に及ぶほど眠っているのが日本人の堅実的な国民性を表していると思うのですが、ならばと、今後悪質な振り込め詐欺や外国人窃盗団に狙われやすいことも、憂慮されてなりません。

 また、破綻した「大和保険」のように、ハイリスク・ハイリターンの投資をしていたところが煽りを受けて破綻→保険契約者の動揺につながり、確実に実体経済を蝕む足音がすぐそこに聞こえ始めては、やはり不安で落ち着かなくなります。

 これからは、これまでとは違う生活が余儀なくされる時代を迎えるのでしょうか。

 あったものを失った生活は、人々の上に不満と怒りの感情を生み出します。常に新しいもの、便利なもの、美味しいもの、豪華なもの‥と追い求めるばかりだったこの時代の人間は、それらが「無い」生活の不自由を経験していません。それが一番恐ろしいことだと、管理人は思います。


 長くなりましたが、動画の中の一節を引用しておきます。


 何世紀もの間存続できる社会と経済を想像してみてください。
資源の蓄えを消費する代わりに、一日に得られる資源の範囲内で生活することを。
 地球が生産できる以上の資源を、無駄に使うことはやめましょう。
 太陽や重力・地熱・磁気・その他全てのエネルギーは再生可能です。再使用し、全てをリサイクルすることによって資源の再生可能な範囲内でのみ、この社会は持続可能です。
 人は死んだり生まれたり、人口は自然に置き換わっています。
 そんな社会は永遠の経済成長を必要とするマネーシステムを使っていては、決して実現しないでしょう。
 少なくとも崩壊することのない安定したお金の供給を必要とするでしょう。

●○この安定したマネーサプライの総容量は、地球による生産量の範囲内であるべきです。●○




いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 





>EntryTime at 2008/10/19 11:59<
2008.10.18(Sat)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 


 今日午前と午後に行われた「テロ特措法」特別委員会。
 管理人が見られたのは午前の部でしたが、何故質問者は冒頭同じようなフリップを作り(作成費数万円とも?)、同じような内容を繰り返すのでしょうね。制限された時間の無駄遣いにしか見えないのですが、自分の質問の演出に拘り、何かシナリオ通りにしか進められないような気さえします。毎度のことですが、もっと臨機応変の突っ込んだ質疑応答をテキパキと進めて欲しいものだと思いましたし、この程度の情報は既に知っているので少々迫力が欠けたかな‥と。でも、こうして繰り返し生中継で示すことで、「自衛隊給油活動」の意義を国民に分かりやすく伝えるという利点はありますね。(アレ?文句なのか褒めているのか、どっちやねん?)

 また、質問に答えた民主党浅尾・犬塚両議員の答弁は、毎回同じ内容を繰り返すだけですから、管理人は最後まで理解不能でした。結局何故現在必要とされている「洋上給油活動」には反対で、何時やれるとも分からない机上の空論に過ぎない(と思える)「水」に拘るのか、もう少し一般国民に解るように説明していただかなくてはね、反対理由が納得されません。 ・・でも、「油」と「水」は相容れない物質ですから、そう思えば“ナルホド電球353”と、、、まさか「水」に拘るのは、シャレではありませんよね。

  そうそう余談ですが、質問に立った新藤義孝議員の

“何で民主党はこれに賛成できないの?”

 のズバリな発言に、議場が笑いの渦に包まれた一瞬。
 興味を持ってHPを訪ねてみました。その中の「週刊新藤」(⇐これもちょっとお茶目)というメルマガのバックナンバーを少し拝見しましたが、憲法9条に関するメルマガに下記の記述があり、また笑いを誘われたのでご紹介します。

■衆院議員・新藤義孝(埼玉2区:川口/鳩ヶ谷)
http://www.shindo.gr.jp/

メルマガ(2007/01/28)
「なぜ憲法改正か」

◆憲法9条と平和主義

 哲学者の田中美知太郎氏の「憲法に『平和』と書けば、『平和』になるのであれば、憲法に『台風は日本にはくるな』と書けばよい」という有名な言葉があります。


 管理人は知らなかった有名な言葉ですが、あれこれ小難しく論戦するのがバカバカしくなるような「正論」ですね。一人、大受けでした。

 この方はまだよく存じ上げませんが、麻生首相とのエピソードも紹介してありました。 

 

   welcomeライン



 さて、前回最後に触れた経団連の「移民提言」ですが、その前に気になる記事二紙がありましたので、こちらから。

◆財務省会見場に「日の丸」を掲揚
2008/10/17 13:56
  北海道新聞(以下、一部引用)

 財務省は十七日、中川昭一財務・金融担当相の閣議後会見を機に会見場に日の丸を掲揚し、会見を主催する財務省の記者クラブ・財政研究会(北海道新聞社など国内外の新聞、放送、通信各社が所属)の一部の記者が「国民の中には違和感を持つ人もいる」などと抗議した。会見自体に大きな混乱はなかった。中川財務相は「世界に発信する場という認識で国旗掲揚は当然だ」と述べた。


 こちらは、■せと弘幸blog『日本よ何処へ』10/17 で取り上げていましたので、詳しくはリンクしてご覧頂きたいのですが、海外からは全く相反する記事が届いています。

◆仏・スポーツ相、国歌斉唱侮辱なら試合中止
2008/10/17 05:02 サンケイスポーツ
(以下、引用)
フランスのバシュロナルカン保健・青少年・スポーツ相は15日、サッカーなどの国際スポーツ試合で仏国歌「ラ・マルセイエーズ」の斉唱が口笛やブーイングなどよって侮辱された場合「即刻、試合を中止する」と発表した。

 パリ郊外の競技場スタド・ド・フランスで14日夜に行われたサッカーのフランス対チュニジアの親善試合(3-1で仏勝利)で、試合前の両国の国歌斉唱の際、仏国歌の斉唱に対し、一部のチュニジアのサポーターから強烈なブーイングが起こり口笛などが吹かれた。

 この行為に対し、フィヨン首相は試合直後から「試合を中止するべきだった」と批判。担当のパリ郊外のボビニー検察庁は15日、アリヨマリ内相の指令を受け「国歌侮辱」で捜査を開始した。フランスの刑法では国旗や国歌を集団で侮辱した場合、6カ月の禁固刑および7500ユーロ(約100万円)の罰金刑に処せられる。


 これが日本のおかしな現実ですね。経済・財務大臣の会見場に「国旗」があるのは、日本国民から見れば全く不自然でも何でもない、極当たり前の事ですが、それをわざわざ「違和感を持つ」とイチャモンをつけるのは、何処の国の記者でしょうか。何かにつけて「日の丸」「君が代」を敵視する人々は決まっていますが、一般国民には無い感覚です。
 寧ろ、どの国にもある国旗は、その国の歴史も含めた象徴ですから、フランスのように侮辱することが刑罰に当たるのは当然でしょう。

 日本でこの「国旗・国歌侮辱罪」をつくると、どうなるのでしょうか。想像しただけでも、どれほど社会が落ち着くだろうかと思われます。是非に実現したいものです。


h-line5.gif 


◆〈経団連〉移民受け入れ提言・人口減少対策で定住前提に…人口減対策 定住前提に
2008/10/13 毎日新聞
 

 ここまでお待たせして申し訳ありませんが、この記事に関する批判は
お馴染み「博士の独り言」様[10/16]でされていましたので、管理人の稚拙な「文句」は省かせていただきます。

■経団連「移民論旨」の破綻



 と言うことで、下記は丁度1ヵ月前に配信されたものですが、日本の現実を直視するという意味では、是非多くの方に知っていただきたい内容ですので、ご覧になった方も多いかと思いますが、載せておきたいと思います。 

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)8月16日(土曜日)弐
通巻第2290号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 移民一千万人計画を粉砕する行動計画は?
  現実の脅威はもっと身近に、しかも着実に動いている
****************************************

 ちなみに下記の数字をごらん頂きたい。
 
 2002年  3209人
   03   3778
   04   5264 
   05   5878
   06   8272
 2007年 10262

 この数字は、日本へやってきた中国人留学生のなかで、卒業後も、日本で就職した人の数。つまり日本の就職戦線でライバル日本人を蹴落として、職をえた中国人の異常な増え方に注目していただきたい。
他の国の留学生居残り組を含めない。

 かれらは日本の若者の職場を奪っていることに結果するのか?
ちなみに下記に掲げるのが、彼ら彼女らの昨年の就職先の一覧である。

 翻訳・通訳     3431人(33・4%)
 販売・営業     1574人(15・3%)
 情報処理      1242人(12・1%)
 海外業務       656人( 6・4%)
 教育         541人( 5・3%)
 ほか        2818人
 合  計     10262人
 (数字の出展は『留学生新聞』08年8月15日号より)。


 ▼現実を直視する必要があるのでは?

 これらの統計が意味することは日本企業(中国・台湾企業の日本法人を含めて)が、むしろ積極的に中国人留学生を採用しているという“実態である。

 翻訳通訳は中国人の強みである。日本企業は通訳をほしがる。法律事務所や特許事務所は優秀な翻訳家が欲しい。
 社内で日本人が中国語を習得しようとする意欲を欠落させているからである。

 営業・販売は中国人の積極性を買われた。日本人よりエネルギーがあるからだ。五輪をみても、あれほどの闘魂をみせて、メダルを獲得していく中国人のさまを見ていると、ある種感慨が湧くというものだろう。

 情報処理は、逆に中国人のコンピュータ・スキルを求め、しかも安く雇えるからという企業のニーズにマッチしているからだ。

 つまり、中国人留学生にとっては中国に帰国しても溢れる新卒の群れに、コネがないと無職転落か、あっても3k現場の労働者や、サウナの番人になるくらいなら日本で永住したほうが良いと計算したからである。

 まだある。
 かれらはたくましく日本籍の配偶者を捜し求め、国籍を取得し、その数がすでに十万人を越えている!
 この現実を目撃して、むしろ歴史のイロニーを感得するのである。

というのも遣隋使・遣唐使が日本から夥しくシナへ仏教を学びに行った。最澄、空海、道元という巨星も。
 しかし同時にシナから日本へやってきた「遣日使」が、じつは日本からの留学生をはるかにしのぐ人数であり、そのうえ彼らの大半が日本に居座って帰らなかった。この歴史的事実がなぜか知られていない。

 日本人は阿倍仲麻呂にしても望郷の念やみがたく、ついには帰国船がベトナムに流されて帰国の夢を果たせなかったけれども帰国して祖国に貢献したいと念じた。
 他方、鑑真和尚に代表される遣隋使は、そのような野心、使命感は淡かったのだ。

 1000万人の移民受け入れに反対する諸兄!
 抽象的反対ではもはや時間的猶予は限られている。具体的な戦術が必要である。

 遣隋使の打ち切りを提案した「現代の菅原道真」が必要だろうが、同時にすでに日本に帰化した中国人を、「第二の鑑真」とする努力も必要ではないのか。


【参照PDF:統計から見る来日外国人犯罪の検挙状況】
主要税種等別・国籍等別検挙率状況(平成19年中)
 

 赤=支那青=韓国緑=ブラジル

犯罪/順位1位2位3位
強盗支那   
            33.8%
ブラジル 
           12.2%
韓国
           11.5%
侵入強盗支那 
            52.1%
韓国
           20.8%
ブラジル 
             8.3%
窃盗支那 
            36.9%
ブラジル 
           31.6%
韓国 
             7.9%
侵入盗支那  
            79.3%
韓国 
           14.1%
コロンビア
             5.7%
支払い用カード偽造支那
            72.5%
ナイジェリア
           20.9%
イギリス  
             3.9%
すり韓国 
            33.2%
支那
           33.2%
ベトナム
           11.7%

 

【犯罪者収監率】

日本人 1万人当たり 5人

朝鮮人 1万人当たり31人…約6倍

支那人 1万人当たり76人…約15倍

~~~

 まだまだ載せたいものがありますが、長くなりますのでまた機会がございましたら引用させていただきます。

 上記のような現実、それを全く無視して推し進める日本の「移民化計画」。日本の将来・未来は、日本国民自身の手と力で造らなければならないはずです。そうするには、この計画に反対する国民の意思を伝えながら、同時に国民一人一人が自分たちの「国」と「日本の子供たち」の未来のために、「現在」をどう生きるかが試される時代にあると思えてなりません。

 夕べ、NHKスペシャルで「食糧危機問題」を放送していました。眉に唾をつけて少し見ていましたが、世界がアメリカに食料を依存するようになったのは、安い価格に喘ぐトウモロコシ農家が国を動かした戦略的穀物高騰=バイオエタノール、という流れで紹介されていました。 内容はともかく、国益のためなら計画的・戦略的な意図をもった巨大な力が、長い年月をかけても他の国や世界の流れを変えることが出来るのだという事実は、決して否めないと思いました。

 確かに、食料を輸入に頼る国々は、「買ってやる」立場ではなく「売って下さい」と言ってお金を積んでも、最早売り手の方に主導権があるのが様々なニュースを見ていると現実的に思えます。
 その間自給率を減らし、農業の体力を奪ってきた国では「食糧難」が目の前に迫っていると南米エルサルバトルを紹介していましたが、日本も技術分野は世界に誇りながら、しかし、基本的生命に関わる食糧・燃料を外国に頼る路線は政府が大きく舵を切らない限り、変えられないのでしょうか。しかも、毒に塗れた食糧と疑いを持っても輸入を続ける以上、どこにどのようにして混入しているのか分からないほど使用されていては、大袈裟ではなく生きた心地がしません。
 日本は優秀な農業技術を持っているのに、安全で美味しく高価な日本の農産物は海外に輸出され、特別な一部の富裕層の口に入っても、国民の口を満たす農業は政府の後押しがなければ出来ないのでしょうか。
 その国内に外国人を溢れさせるようでは、どんな未来が待っているかは、僅かな想像力で脳裏に描ける筈です。



 

 いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 






>EntryTime at 2008/10/18 06:37<
2008.10.16(Thu)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 


 本日は珍しくスポーツの話題が〈まえがき〉になります。
 

 基本的にスポーツ観戦が好きな管理人は、格闘技系を除けば好き嫌いなく何でも見ます。特に国際試合は時間が許す限りチャンネルを合わせ、その時の試合状況によっては楽しんだり、怒ったり、イライラしたりと忙しいのは皆さまと一緒(?)。でも、サッカーに限っては、近年特定国との試合で非常に不愉快極まりない思いをし続けたせいか、身体(特に血圧)に良くないと判断して以前よりは自粛しています。

 そう言えばお分かりのように、夕べ行われた「W杯アジア最終予選」。これはホームですから問題はないので、少し楽しみにしてTVをつけました。


サッカーW杯アジア最終予選 日本VSウズベキスタン 

 ジャパンブルー一色に染まった埼玉スタジアム。
 選手入場の時には日本代表のジャイアント・ジャージがスタジアムに広がり、選手の目に飛び込んでくる正面には、サポーターが白と赤で色分けした巨大な「日の丸」を浮かび上がっていました。ピッチ際にはいつものように大きな国旗や応援旗が何本も翻り、しかし、国歌斉唱の時にはその旗を倒して礼節正しく統制のとれた日本代表応援団には、いつものことながら日本人として誇らしく思うと同時に、何故か胸が熱くなる管理人です。事情が許すなら、あのジャパンブルーの中に加わり、共に声を枯らして応援したい‥と、(実際にはゼッタイ!体力が持ちませんが)年甲斐もなく思います。
 でも、折角の高揚感もネ…。いろいろ意図的なものが見え隠れします。

 9月6日、アウェイで行われた対バーレーン戦は、中東らしく大音量のコーランや爆竹だけでも集中力を欠く妨害行為に思えるのに、その上ご存じのように観客席から照射された緑色のレーザー光線が、遠藤選手や中村俊輔選手を狙って浴びせられるという卑劣な妨害まで行われ、本当に不愉快でした。
 日本代表は特亜での試合で、マナー以前の「反日妨害」や侮蔑行為に慣れているとはいえ、選手の目にまともに当てられれば失明の恐れもあるというバカげた行為に及ぶ民度の低さに、唖然とした日本人サポーターも多いでしょう。

 単にサッカーの一試合と言えども、国と国との勝ち残りをかけた国際試合は、まるで戦場のような気がする時があります。特に海外ではホームで勝つためなら、相手選手の精神的ダメージを図り、小柄な日本人選手を潰しに掛る。その上度を越した妨害、審判の不正ジャッジや相手チームへの様々な嫌がらせもあるという話も聞いたような聞かなかったような(?)
 卑怯を賤しむ日本人は、そうしたあくどい手段を取ることは全く考えも及ばず、「正々堂々」こそがスポーツ精神と大人の構えでいることは立派です。が、それは日本人だから評価することで、他の国では「正々堂々」と戦っても、試合に負けるようではきっと日本のように、「‥でも、よく闘った」とは言われないのでしょうね。

 そう言えば随分昔の話になりますが、まだ管理人が元気な頃には時々応援するJ-リーグチームの試合に、何度か足を運んだことがあります。
 ところが試合中に応援団が、相手チームの某選手に何度も何度も個人攻撃(酷い内容の替え歌や口汚く罵声を浴びせるなど)をするので、流石に怒ってしまった管理人。当時ネットも通話料金の掛る時代で、そう多くネットを使うことはなかったのですが、家に帰るなりサポータのHPに意見を書き込みました。「情けない」、「みっともない」、「ガッカリだ!」と、これほど直接的ではないにしても、大人の意見として反撃覚悟のコメントです。すると、直ぐに「反省します」、「今後は考えさせていただきます」、という反応が返ってきたので、素直に非を認めるサポーター君たちにホッとした古い記憶を、久し振りに思い出しました。

 日本社会には昔から、公衆道徳や礼儀を極端に欠いた行為にはそれを正す空気があり、見知らぬ他人の子供でも目に余る行為や危険と感じる行為には、それを見つけた大人が当たり前のように注意したり、叱ったりすることは日常茶飯事でした。家ではどんなにヤンチャが許されても、一度社会の中に出たら、そこではルールに従う、他人の迷惑にならないようにする、という最低の自覚を求めるのは当然です。
 当時はまだ子供も素直でしたから、見知らぬおじさん・おばさんに叱られれば、シュンとして言う事を聞きます。間違っても口答えなどする子供がいなかったのは、大人の威厳が正常に保たれていたからこそでしょう。その上、叱られた子の親は恐縮し、その場で謝罪。お礼まで言って、自分の監督責任を認めるのが保護者としての態度だったような気がします。そう、学校で子供が教師に叱られたと聞くと、先ず「ご迷惑を掛けて‥」と恥ずかしく思ったものでした。 因みに当時、管理人が知る限りでは、極端な思想で偏向教育をする教師は周辺にいなかった、という環境での話になります。

 それが現在では、あのわけのわからない言葉「モンスターペアレント」に分類される超・非常識な大人は、叱られた子供の問題行動より「叱られた」という事実に腹を立てるという矛盾さえ気付かないほどの思考能力では、子供がまともに育つわけがありません。個人の権利ばかりを主張し、社会の一員と言う自覚さえ持てない親では、公衆道徳など単に面倒で邪魔な概念でしかないのでしょうか。だからこそ、そうした自己中な大人を見てきた子供は、小学生でも平気で他の大人に逆らい、憎まれ口さえ返してくるというのですから、どれほど大人を舐めてかかっているのかと、溜息が出ます。

 子供は周囲の大人を「参照」して善悪や物事の加減、危険か安全かなどを判断基準として学んでいるといいます。ですから、自分の最も身近で依存する両親が軌道を逸した、或いは常識を外れた大人であるなら、必然的に子供も前へ習います。低民度繁殖中という、管理人的には恐ろしい連鎖に思えてくるのですが、基本的人間形成教育・躾の改善は、早急に手を打っていただきたい課題かと思いますよ。麻生首相様。

 kuchipaka7.gif f_petit12.gif  ハァ~、、、今日も老婆心全開ですね。

   welcomeライン



 さて、誰が言っていたのか、幼稚園児のサッカーに例えれば、一個のボールに全員がワァーっと群がっていてはサッカーにならない、という話をしていました。
 それぞれの立場・役割を担い、綿密な戦略を立てて、その上で個人の技術や体力・持久力・メンタルも含めて正常に機能してこそ「勝てる」ゲーム運びが出来ると言っていましたが、それは政治にも当て嵌まると思った管理人。


 「新世紀のビックブラザーblog」様10/15は、前回もG7での日本政府の対応を絶賛していましたが、

 この時期、麻生総理大臣、中川財務・金融大臣、白川日銀総裁という、アカウンタビリティに優れたトリオが日本の中枢に座っている事は、本当に幸運だと思います。先週からのこのトリオの働きを、超大国のトリオ(ブッシュ、ポールソン、バーナンキ)の動きと比べてみてください。確かにブッシュ政権が政権末期のレームダック化しているという問題もありますが、それにしても差がありすぎるとは思いませんか。
 世界経済最後の買い手が崩れ落ちようとしている今、その役割を(全く同じレベルは無理としても)代替できる国内需要を持つ国は、もはや日本しか残されていないのです。


※アカウタビリティ:責任。結果についての責任。

 もう355 何で「責任」をこんな長ったらしいカタカナにするの?って思うのは管理人だけ‥? でなくても経済部門はやたらにカタカナの専門用語が多いので、相変わらず門前にも近付けない坊主は情けないばかりです。でも、解らないながらも何故か面白いので、更新が楽しみな隠れファン。

 麻生首相と中川昭一経済・金融相の登場は本当に期待していたので、「幸運」だとただの「勘」だけで思っていたことが、こうして確認できて嬉しく思います。あのタイミングで辞任した福田前首相は、先を見通せる能力があったのでは?という皮肉もどこかで聞かれましたが、あのまま今回の状況になっていたら、と想像しただけでもゾッとします。


h-line5.gif 


 さて、とんでもない「中国産毒食品」は、どれだけ日本国民の健康を脅かせば気が済むのでしょうか。 と言っても、今回はハッキリ悪意的な印象を持つのですが、こうした事態を発生させるのも、あの「毒ギョウザ事件」が解決もしないのに、相変わらず輸入し続ける企業があればこそのこと。今後、大量の犠牲者(死者)が出るような事態になったら、どう申し開きするのでしょうか。
 しかも、基準値の3万倍とは原液を振りかけたようなものではないのかと言われています。

✖毒性:wikipedia
他の有機リン化合物と同様にコリンエステラーゼ阻害作用がある。吸引すると倦怠感、頭痛、吐き気、腹痛、下痢などの症状が出、重篤な場合には瞳孔の収縮、意識混濁、痙攣などを起こし、死に至る場合もある。

経口毒性(LD50)はラットで17 mg/kg、経皮毒性(LD50)はラットで70.4 mg/kgである[4]。


 因みに、どこかで聞いたことがあると思っていたら、あの「バポナ」の成分でした。使用したことはないのですが、CMでよく耳にしていた殺虫剤です。

http://www5.mediagalaxy.co.jp/earth-chem/products/insecticide/006-2/
●有効成分:ジクロルボス(有機リン系)21.39g




 そして下記の記事には、心底怒りを感じました。

◆【中国製インゲン】ジクロルボス保管、使用「ございません」
ニチレイフーズ会見(1)
(以下、一部引用)

 《中国産冷凍インゲンから残留基準の3万倍もの有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出された問題。商品を輸入したニチレイフーズ(東京都中央区)の相馬義比古社長と、販売したイトーヨーカ堂の関係者ら計4人が、午前11時から厚生労働省で会見した》



◆【中国製インゲン】「これだけの高濃度考えられない」
ニチレイフーズ会見(2)


◆【中国製インゲン】相馬社長「中国との取引止めない」
ニチレイフーズ会見(3)完 2008/10/15 13:49 izaニュース



 記事を読むまでもなく、見出しで十分分かる内容です。

 おまけに、あんこでも

◆中国製粒あんからトルエン=茨城でも女性が健康被害
2008/10/15 20:42 時事通信



 これほど次から次へと「毒」を撒き散らす支那食品は、消費者として本当に“もう御免!”です。

 このような不自然極まりない毒食品が相次ぎ見つかるのは、検査や安全基準値が云々ではなく、人為的意図が見え隠れする犯罪と考えれば異常事態として認識せざるを得なく、日本が輸入を続ける限り防ぎようはないのでは?と思う管理人。

 今日の最新ニュースでは、
◆濃度は4600ppm=未調理インゲンから検出─警視庁
2008/10/16 12:44


> 同庁は流通ルートを調べるとともに、同店にあった57袋の鑑定や防犯ビデオの分析もして混入経路や時期の特定を急ぐ。<

 最初の被害者が使った冷凍インゲンの袋には、穴が見つからなかったという発表もありました。しかし、「毒ギョウザ事件」同様に日本の捜査は国内に限られ、現地(支那)での捜査を当局に任せる他ないのでは、恐らく今回も解明は無理なのでしょうね。

※先ほどの夕方のユースで、今回も「見つからない。使用していない」と、否定する会見がされていました。

 スーパーの防犯ビデオを分析、混入経路の特定、というのも先ず「国内での混入の可能性」を否定できるまでに詰める作業から始めたのだと思いますが、その理屈も、御苦労も、「再び捜査に限界が…」で結局進展なしでは困ります。


◆【麻生首相ぶらさがり詳報】中国製冷凍インゲン中毒事件「中国に改善、申し込む。当然です」(15日夜)(1/2ページ)
2008/10/15 19:52 msn産経
(以下、一部引用)

(前略)

やっぱり検疫態勢っていうのは、向こう側の検疫態勢が確立できていないというんであれば、こちら側を、輸入する側のほうの検疫態勢っていうのを、これは、きちんとさらにする必要がある。これ、ちょっと正直、この種のことはないという前提で普通、どこの国でもこういった、何、劇薬とか毒物とかいろいろな表現がありますけれども、そういった農薬のものが入ってくるというのはないという前提でみんな一応思ってますから、そういった意味では、こういったものは少量でも影響を与えるというようなものを含まれているということなんだろう、これ検査の仕方もまた別のもの考えにゃいかんとか、あの、これは今、厚生省とか農林省、いろいろやっておりますけども、そういったものをさらにきちんとさせていく必要があると、そう思います」

(中略)

 --今回当該商品は国内外で4回検査・検疫を通っている。前回のギョーザ事件を受けて検疫態勢を強化したと思うが、一層の強化が必要と考えるか

 「うーん、そうだろうね。これは、ちょっと他にもきっとあるだろうなと。これ最初出たのは去年の5月だっけ、最初。最初は去年の5月でしたかねー。たしか、ドッグフードが最初だったと記憶しますけど、それ以後ずっと今日まで約1年以上、中国産のものの被害っていうのはあちこちででてますから、これはちょっと、なんていうの、そういったものが構造的にあるかなーという気になるから、何となく、ちょっと具合が悪い、ちょっと、こう買うっていったときに、ぱっとこう、なに、安いからと思ってみたけど手がちょっと引っ込むっていうか、なんとなくっていうことになるんじゃないかね。僕は、そういった意味では、これはお互い、お互いって中国のためにとっても日本のためにとっても双方良くない、こういうのは。だからそこんところはきちんと、検疫、検査ってのを向こうがやるのは当然にしても、こっちもやらんと何となく安心がもてないというところが一番気になるところですね。きちんとこの検疫体制ってのは、ちゃんとやらんとだめなんじゃないかという話を、農林、厚生それぞれに話をしてある」

 

--今回のことを受けて改めて要請だとか、中国政府に認め…

 「あー、これきちんとしたものが出た上で、これどのくらいの被害が出る、単なる1人の人だけな話じゃないみたいな話だから、これ、ずいぶん散らばってんでしょう。埼玉県とか、あちこちいろんな話が、とびとびにしか入ってきませんからあれですけど、そういったもの、きちんと分かった上で、その上でこういったもの、改善されていないということに関して中国側に申し込む。当然です」


 前任の福田氏の「毒ギョウザ事件」への対応は酷すぎましたが、どうしてここまで日本国民の生命と健康が脅かされているのに、輸入禁止処置がとれないでいるのでしょうか? アメリカの牛肉問題には早い段階で禁輸したという事実と比べると、違和感を感じます。
 それだけ依存率が高い=日本が食糧難に陥る(?)という尤もらしい説と、またその逆の「日本は困らない」という説がありますが、それ以上に支那に進出した日本企業への影響を考慮した経済優先なら、国民の生命と健康より重要だ、という認識と疑います。 これは国民として生命と健康をかけた問題ですから、当然政府としての姿勢を問わざるを得ません。

 そう言えば、経団連が13日下記のような提言をしました。


◆〈経団連〉移民受け入れ提言・人口減少対策で定住前提に…人口減対策 定住前提に
2008/10/13 毎日新聞
 

 この件は6月に提言した中川秀直氏の「外国人移民1000万人受け入れ」を強力に後押しすることになる発言になりますね。しかし、これに触れると長くなりますので、次回に続きます。



いつも応援ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 






>EntryTime at 2008/10/16 18:03<
2008.10.14(Tue)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 

1おことわり: 本日は〈つぶやき〉です。前半長~いどうでもいいような文章が続きますので、我慢がならない方は、飛ばして下さいな。
 後半は、他のblog主様の活動報告をご紹介しています。動画もありますので、こちらは~どうが~ご覧下さい。(おやじギャグでスミマセン m(__)m)




 何年か前、某地方行政の出先機関に問い合わせをする事があり、電話をしました。直ぐに回答が得られず、その後2度ほど電話をしたのですが、同じ担当者でしたから互いに慣れを感じ始め、少し無駄話をするようになりました。その話の流れでしょうか。担当者がいきなり「どんな本を読んでいるんですか?」と尋ねます。素直に当時読み始めたばかりの月刊誌や本の名前を言うと、相手がいきなりこう言いました。

 『ウケイですねぇ~』

 『・・・・・??』

 『あの~、ウケイって何ですか?』

 『右寄りってことですよ(笑)』

 『ミギヨリ…… ‥!!』

 管理人は、この時点で何を言われているのかを、やっと理解しました。
 いえ、理解というほど知識はありませんから、本能的にイヤ~な感じを嗅ぎとったという方が正しいでしょうか。

 瞬間的に、思わず反撃(?)

 『何でですか? 国民が国の状況を案じる。危惧感を感じるという、極当然の心の在り方ではないのですか?』

 と、確かこのように言ったと思います。

 当然、それ以来問い合わせは未解決のまま、二度と電話をすることはありませんでした。

 例に出した月刊誌とは「wiLL」のことです。この本を読んでいると知って、すかさず「右傾」と断じたその男性は、この本の内容を知っているからそう言えたのでしょう。逆に、その月刊誌を読む管理人を「右傾」という言葉で決め付けたのは、彼が「右傾」とは対極的な思想をもっていたから、そう言えたのでは?と今では思っています。多分同じような思いで購買する読者なら、まったく違った話の展開になったと思えるからです。

 こうした管理人の思いは、単なる「勘」に過ぎません。知識がないのは、それだけ判断する力が無いということと同じですから、その時何故か、ゾッとしたものを感じたのは「本能」だったのでしょうか。


山本七平著「ある異常体験者の偏見」
(洗脳された日本原住民)

---●●
 国家という「運命共同体」そのものにてきたいしてこれを根底から破壊するもの、ないしはそう誤解されたり、そういう印象を与えたりするものは、はっきり自覚しなくても本能的に拒否するようになる--●●



 しかし残念ながら、その「右傾」「左傾」への知識も未だに深まっていない管理人。言い訳になりますが、どうにも苦手な分野です。先日も「ファッショ」という言葉を辞書で引かなければ、(何となく嫌なカンジ‥)程度なのですから、それでこうしたblogを運営しているなんて、リピーターの皆さんに謝らなくてはなりませんね。
 いえいえ、毎日数多くのblogやサイトを周回し、英邁な記事を読みながら多くを知り学ばせてもらいつつ、いざ体内に湧いたエネルギーを頼りに編集画面でキーを叩きながら思うことは、自分自身の何とも頼りない知識への戸惑いと苛立ちです。でも、思います。だからって、管理人は昭和に生まれた一日本女性として、この自分の国に起こっている憂う他に無いありとあらゆる醜悪な事実に、目を瞑るわけにはいかない。ただそれだけの理由、「日本国民」という立場だけで、ものを言ってもいいではないか‥、と「低レベル宣言」をしてでも続けたいと思うのです。

 そう、それなのに生意気にもランキングなどに参加していますが、これは正直に言いますと(あり得ない話ですが)上位に上るほど、「ポチっ」として欲しくはないのです。それだけ注目されるような内容を書いていないと自覚していますから、アクセス数もそれほど多くない方が気も楽ですし、目立つようなことは、本来好きではないからです。

 それなのに参加しているのは、せめて訪れて下さる方の反応を知りたいが為で、それは自身への良くも悪くも刺激としたいという理由に他なりません。まぁ、ランキングに関しては余計な心配でしょうが、マイペースで運営する、これこそが管理人にとっては最も最良の方法だと思っています。
 因みに「ニュース国内」では、1P50位と2Pを行ったり来たりしている状態ですから、時々無くなってしまったぁ!と慌てることがあります。今は慣れました263 し、この位置で充分満足しています。応援して下さる皆さま、本当にありがとうございます。 お陰さまで参加をして、丁度3か月になりました。


 さて、ご存じのように古いタイプの日本女性ですから、例えば結婚に関しては、夫を頼り、尊敬し、夫の陰に隠れて、楚々とした女性でいるのが居心地が良いタイプです。(お断りして置きますが、現状を指して言っているわけではありません‥?)
 しかし、しっかり家を守り子供を育て教育・躾をし、夫を立て敬い、仕事に専念してもらえるよう心配りを怠らず、夫の意見に従い、毎月のお給料を有り難く受け取り、でも事が一大事となれば夫を助け、夫の代わりに戦い、家族と家庭を守るぞ!と、そんな出来た女房──が、理想です。

 実を言いますと、それは管理人の母でした。良妻賢母と娘である者が太鼓判を押すような女性でしたので、父の仕事関係者や周囲からは、「是非にお嬢さんを‥」とよく望まれたそうです。ウヒャヒャ~恥ずかしい~402ヒヤヒヤ
 それは昔から「女房にする女性は、母親を見て選べ」と言われていたからでしょうが、どんなに非の打ちどころのない育て方、躾を施しても、そっくりのクローンを作るわけではないのですから、個人の生まれ持ったDNAの悪戯で個性の勝つ人間はいくらでもいます。管理人もその一人だと思いますが、それだけにこうして思い出話をしながら、当時望んで下さった方々が管理人と人生を共にするご縁がなかったことは、返ってラッキー♪ と思っていただきたいと思う次第です。

 でも、こうした日本女性の価値観が否定され、「権利」という価値観に惑わさせた女性が夫や恋人を顎で使い、子供の前で平気で蔑むような家庭には、まともな家族愛が育つはずがありませんね。平等などと本気で考えているのでしょうか。夫の稼ぎの上で胡坐をかき、夫には安売りのシャツを着せても、自分はブランド品で着飾るような妻は、最早日本女性とは呼びたくありません。一体自分の価値がどれ程のものかを知っているのでしょうか。そう勘違いさせたままの男性も男性ですが、それで本当にいいと思っているなら、子供の未来に残せるものがどれだけ悲惨なものになるかを、一度考えてご覧なさい。そして、賢く律儀で働き者の日本男児を育てる母となる女性の質が、どうしてここまで貶められたのか、少しでも疑問に思いませんか。

 もし、時代が違う、そんなの古い、とロクに考えもせずに言うのなら、子供にバカにされるような父親で一生小さくなって生きるのが望みなのでしょうか。
 少しは自分の国「日本」の事を知ってから、考えて欲しいと切に願う老婆心全開の管理人です。


ゲーテ曰く、野蛮とは

 

  すぐれたものを認められないということこそ、
           野蛮と呼ばれるべき当のものだ。

                                                  ─ゲーテ─



 話が逸れました。

 気鬱になるようなニュースが今日も目白押しです。どれを取り上げても、「日本」という国の根幹から破壊すると思える法案や動きは、波状攻撃のように仕組まれ、放たれるミサイルのようです。

 昨日友人との短い会話でも、「選挙なんて、やってる場合じゃないわよね」と普段は政治に関心のない友人が、目を吊り上げて言います。確か、読売の調査でも、7割が選挙より景気対策と答えていると伝えていました。
 それなのに、マスコミや民主党が「解散!解散!」と騒ぎ、自民党内からも森元首相や町村元官房長官などが「解散」を求めているのは、支持率も微減したこの時期にもかかわらず、それ以上に体力のある日本とは言え(それすら知らない国民が大半でしょう?)様々な形で忍び寄る不況の風は、それ以前から値上がりラッシュで苦しくなった家計に喘ぎ始めた国民ですから、こんな時に選挙なんて本当にとんでもない! としか思えないのが、一般庶民の感覚です。

 でも、民主党鳩山氏は「解散」を条件に「党首討論」と言い出し、どこが国民のための‥?と化けの皮を剥がすほど政局に固執するのは、何故でしょうか。 そう言えば、マスコミも含めて「解散」を叫び国民を誘導するのは、全てが「親」のつくアチラ系の方々ばかり、という共通点を感じます。
 お隣の事実上は「金融危機」状態、その援助は「IMF」を通してのみという日本政府の対策は、「新世紀のビックブラザーへblog」管理人様も絶賛していましたが、これまでの事を考えれば至極当然と、昨日知ったwktkという言葉もナルホドと感心しきりです。

h-line5.gif 

 さて、だいぶ長いおしゃべりになってしまいました。

 こちらは「日教組」関連の内容です。

 詳細は下記にリンクしてご覧頂きたいのですが、始めて聞く現職教諭の証言ですから、こちらにも少しコピペして置きたいと思います。

≪日教組をぶっ壊せ!≫街宣報告

■KNN TODAY
「報告!日教組をぶっ壊せ!」-10/13




 12日大阪南海地下鉄「なんば」駅、高島屋前で行った「日教組をぶっ壊せ!」街頭演説の模様です。
 報告によると、『驚くほど市民のみなさんの反応のほうが熱かった」とし、配布したビラも受け取って下さる方が非常の多かったとのことでした。

 

 学校現場から届いた非日教組教員の悲鳴を紹介する遠藤氏の話に、街行く市民は自分の学童時代を思い起こさせたのではないだろうか。子を持つ親にとって、それは目の前の現実なのです、と。

【動画】遠藤健太郎 なんば街宣2008/10/12--1/2


2/2



【動画内、遠藤氏の演説内容要約】

・日教組教員はギリギリに出勤して早々に帰宅する。
・なぜなら国家権力から労働者の権利を守るため。
・中間や期末テストの作成持ち回りを外れたがる。
・そのくせ「偏向歴史教育」用プリントは熱心に作成。
・運動部の顧問はやりたがらない。
・補習授業もやりたがらない。
・担任生徒の赤点には担当教員へ抗議する。
・なぜなら授業後補習で帰宅が遅れるから。
・補習を促すと「あんなバカにやってもムダ」と吐く。
・「女の子に数学は不要」とも吐く。
・そのくせ「日本には数々の差別がある」らしい。
・そして国旗・国歌起立に応じる教員を差別する。
・平和学習にて「日本は悪い国で日本人が悪い」と吐く。
・そのくせ自分も一応は日本人である。
・権利を曲解して生徒たちに校長へ土下座を迫らせる。
・修学旅行では韓国で生徒に土下座を迫る。
・広島と長崎では「日本が原爆投下」の錯覚を起こさせる。


 呆れた実態がまた明らかになりましたね。

 マスコミも含めて思うのですが、そうした環境に心ならずもいる方々は、ご自分の良識や良心を閉ざして苦しんでいらっしゃるのでしょうか。個人の考えはそれぞれでしょうが、ご自分の子供や未来の子供たちのために、現在生きる私たち大人がどうするべきかを、考えて欲しいと願います。
 管理人はその結果を自分の目で見ることはできないと思いますが、時は繋がり積み上げられて行くものです。この現在を、無駄にしたくはありません。

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 



≪おことわり≫アダルト系スパム防止のため、コメント等は承認制にさせて頂いています。ご不便をお掛けして申し訳ありませんが、ご協力をお願いします。



>EntryTime at 2008/10/14 10:36<
2008.10.12(Sun)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

 


麻生首相バーナー 

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 


 昨夜、大きなニュースが二つ飛び込んできましたが、一つは勿論、アメリカの北朝鮮「テロ支援国家」指定解除、のニュース。
 TVでは早速、国民に更にガッカリ感を与えるような報道ぶりで、アメリカ政府への(やっぱり‥)と(‥ッたく262)の心境で聞いていましたが、書きかけのエントリーを中断する間に周回したコースで、こんなコピペを拾いました。

 だいぶ時間をロスしてしまったので、正味期限は大丈夫でしょうか? 

----------
(以下、コピペのコピペ)

北朝鮮のテロ支援国家認定解除報道ですが、案の定日本の反日マスゴミの飛ばし記事(=願望記事)の可能性が…


116 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [] :2008/10/11(土) 23:59:19 ID:jzYaHyuo
>>1の記事は、元のAP通信の一番肝心なところを意図的に省いているぞ。

http://hosted.ap.org/dynamic/stories/U/US_KOREAS_NUCLEAR?SITE=WVEC&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT 
( ↓ )
http://www.forbes.com/feeds/ap/2008/10/11/ap5539299.html

一番肝心な、この部分がコピーされた他のニュースからは消えているようだな。

The removal is only provisional, they said. North Korea would return to the list if it fails to comply
with inspections of its nuclear facilities as part of the effort to get it to abandon atomic weapons.

「この指定解除は暫定的・条件付きのものに過ぎず、北朝鮮が核放棄計画の核施設の査察に応じない場合は
 またテロ支援国家指定に戻される」

(コピペ終了)
----------

 で、勿論各web新聞を見てみましたが、

smn産経
◆テロ支援国家指定を解除 米政府
2008/10/12 00:15
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/081011/kor0810111322005-n1.htm

>米政府高官は今回の解除について、あくまで暫定的な措置であり、北朝鮮が検証作業に応じなければ、テロ支援国家に再指定することもあるとしている。

朝日新聞asahi.com
◆北朝鮮のテロ支援国家指定、米が解除 6者維持へ譲歩
2008/10/12 01:12
http://www.asahi.com/international/update/1011/TKY200810110170.html

 は、同様の記述なし。

 他の新聞には、指定解除と触れるだけに留め、「家族会」の反応に言及する記事が多かったように思えます。つまり、大事な部分〈検証作業に応じなければ、テロ支援国家に再指定することもある〉としている部分は、スルーということでよろしいのでしょうか。
 どちらにしても、web新聞ではすぐに検証されてしまいますから、最近では下手に載せない方が得策と踏んでいるのかも?と例によって疑います。

 以前、ネット市民の多くはweb新聞のタダ読みで情報を集めているから、紙とは微妙に内容を加えたり、削除したりという操作がされている、と批判するblog主様が写真付きで比較されていました。 驚くことに、新聞社の意図(主張したい)する内容がそっくり何行かweb新聞から削除された編集でした。要するに紙の新聞一社しか読まない読者は、その新聞社の意図的主張を刷り込まれ、影響を受けている可能性は大きいということになるでしょうか。

 管理人も早速購買する友人に頼み、前後数日間分をまとめて手に入れて目を皿のようにして見ましたが、何故かその記事は影も形もなく、新聞に掲載される記事とは、決して全国民に平等に配信されるものではないのだと、改めて思った次第。
 内容は一地方の事件事故を扱うものではなく、全国民が知らなければならないものだっただけに、地域によって載せたり載せなかったり、一部分をカットしたり付け加えたり、と、そこに新聞社の意思や意図をあからさまに出して情報に蓋をする、或いは逆に強調するマスコミ。 やはり、ネット上の信頼性の高い情報が、どれほど重要な役割を果たしているかを思い知りました。と同時に、ネット情報も含めて、受信者である国民の情報分析能力の向上が不可欠なのでしょう。 管理人的にはかなり大雑把なようでも、日本のマスコミは殆ど信じない!で前々不便はありませんし、ネットの情報も、慣れてくればそう簡単に引っ掛からないで済んでいます。常に慎重さが求められるのは決して楽なことではありませんが、人間ふやけた状況にいるより、多少の緊張感を持った生活の方が身が引き締まっていいかも知れない、と前向きな管理人。よく言うではありませんか。

〈心の弛みが、身体の弛み〉って・・・アレ??

 だから痩せ始めてしまったのでしょうか、、、、、まさかネ 257


【参考:wikipediaメディア・リテラシー】

情報メディアらを主体的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。情報を処理する能力や情報を発信する能力


 つまり、一時情報といえども、必ず何らかのフィルターを通ってきているものであり、まったく方向性を持たない情報は無いという事である。
 また、表現者の編集次第では、情報を意図的に改変・誇張して発信する(情報操作)事により受信者(聞き手、読者、視聴者、世論等)の考えを一定方向に誘導することもできる。 

 矢印上  気をつけましようネ!!


 さて、もう一つのニュース。

 夕べ、ニュース速報にただゞ驚きました。

 でも、何故これほど驚いたのかが分からないのが、不思議です。

◆<三浦元社長>出廷直前の自殺 日米司法のはざまで…
10月11日22時52分配信 毎日新聞


◆三浦元社長、あの帽子の言葉の意味は何だったのでしょうか(1/2ページ)
2008/10/11 10:09 msn産経

【ロサンゼルス=松尾理也】「PEACE(ピース)、POT(ポット)、MICRODOT(マイクロドット)」。10日にサイパンからロスへ移送される際、三浦容疑者がかぶっていた帽子に大きくこう書かれていた。聞き慣れた言葉のようで、どこか謎めいた感じがする。どういう意味があるのだろうか。

 三浦容疑者はサイパンの拘置所を出てからロスに到着するまで航空機の機内でずっとこの帽子をかぶっていた。3つの単語はいずれも規制薬物を意味するスラング(俗語)で、「ピース」は幻覚剤の一種、「ポット」は大麻、「マイクロドット」はLSDを指す。

 だが、この3つを重ねて別れの際のくだけたあいさつとして用いるのが、ドラッグと深い関係にあったヒッピー文化の流れをくむ用法なのだ。一般的に浸透しているわけではないが、インターネット上のチャット(雑談)で話を切り上げる際の文句に使われている。頭文字をとって「PPMD」と略す用法もある。
(後略)


 そう、サイパンからロスに輸送されるニュース映像を見て、多くの方が感じただろう余りにも目立つ帽子の文字でした。単純に感じた違和感は、これまでの印象(趣味)と少し違うという程度のものでしたが、自身の持ち物ではないのかもしれないと漠然と打ち消す心理が働き、しかし、何か喉に小骨が刺さったような思いで検索すれと、既に同様の疑問に言及する記事が幾つかありました。

 どうやら彼の持ち物らしいのですが、サイパンに行く時日本から持って行ったものなのか、それとも急きょ現地で手に入れたものなのか、それは本人が直接購入したものなのか、差し入れだったのか‥と、単に感じた「違和感」の追及は、しかし、どの記事を見ても分かりません。

 まぁ、どうでもいいようなことなのでしょうが、ネット上のスラングで「別れのあいさつ」と分かって見れば、やはり「自殺」という衝撃的終止符を打った彼に対し、こうした憶測を呼ぶのは、ある意味必然的なのかも知れません。

 年代が近いだけに、所謂「ロス疑惑」と呼ばれる事件の経緯は、当時朝から晩までマスコミ報道が熾烈を極めていましたから、本当によく覚えています。ましてや、当初悲劇の主人公としてセンセーショナルに報道され、病院のベットで取材に応じた三浦元社長が、「カズミ!カズミ!」と呼び掛けたと言うあの少し甲高い声は、今でも耳の奥に残され、自身も含めて同情的だった人が多かったはずです。

 それが一転して「保険金目的」の殺人事件に変貌したのですから、平穏に暮らす一般庶民には想像の出来ない世界を見るようで、あの時代にはまだ珍しい種類の事件だったような気がします。

【参考:「ロス疑惑」wikipedia】


   welcomeライン

 しかし、今日この事件を取り上げたのは、そうした単純な興味本位の事件ネタとしてではなく、先の毎日新聞に書かれていたこの部分からです。

 ◇毒物カレー事件で真須美被告を支援

 三浦元社長は、98年7月に和歌山市で発生した和歌山毒物カレー事件で殺人罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けた林真須美被告(47)=上告中=の支援に携わり、「林真須美さんを支援する会」の代表を務めていた。テレビニュースで自殺を知った同会関西事務局の松本慶恒さん(54)は「11月にも(林被告の)支援集会を予定していた。自殺する必要はなかったと思うが……」と驚きを隠せない様子だった。【安藤龍朗】

 何故「毎日」だけが、このことを併記したのかという疑問もあります。
 また、三浦元社長があの林眞須美被告を支援していたという事実は、無罪を主張するという立場に同調しているからでしょうか。それにしても、1.2審で死刑判決を受けた眞須美被告ですから、冤罪である可能性があるのかどうかは限りなく小さいという印象ですが、何故か決まってこうした支援をする会が存在することも、ある意味彼女の生い立ちに即したものと考えると、頷けます。
 しかも、日弁連のHP会長声明集には、「毒物混入カレー事件の取材・報道等に関する会長談話」というものがあり、

> 当連合会は、1987年の第30回人権擁護大会において、「報道に関し、公共性・公益性との関連の程度に応じて、報道される側の名誉・プライバシー等を十分に配慮し、行き過ぎた取材および報道をしないこと」等を求める宣言を採択し、その後の「松本サリン事件」や「神戸小学生殺傷事件」等における報道のあり方について要望や生命を発表してきた。<

 と書かれています。偶然でしょうか。ここに載っている3件の加害者の共通点‥。
 

 毎日毎日、瞬きをする回数に匹敵するほど多種多様な事件が起こる中で、しかし、強烈な印象、それは戦慄や恐怖、そして社会現象に及ぶほど影響を与えたという意味の事件は、それだけ深く記憶として人々に残されます。

 この和歌山で起きた「毒物混入カレー事件」(wikipedia参照)もその一つでした。言うなれば地域住民に対する「無差別毒殺事件」ですから、個人的感情から引き起こすには、余りにも動機として短絡的過ぎる重大事件だという印象の強かったこの事件。
 しかし、この林眞須美被告の父親が朝鮮人であり、眞須美被告自身は「在日帰化人」であったという情報が真実であるなら、個人的にその印象が大きく変わります。

 管理人は2台目のPCで自由にネットを使うようになった近年まで、戦慄した数々の凶悪事件の犯人の多くが在日によるものだったとは、全く知る由もありませんでした。 例えば、

●「地下鉄サリン事件」を起こしたカルト集団オウム真理教の麻原彰晃。
麻原彰晃被告と教団幹部の林泰男被告が在日二世であることも、世間ではあまり知られていません。「週刊現代」平成7年5月27日号の中で栗本慎一郎衆議院議員(当時)は、麻原被告の父親は朝鮮から日本に渡ってきた人物だったことに言及しています。ジャーナリスト江川昭子氏の裁判傍聴記録でも、林被告の父親が朝鮮人であることが明らかになっています。
(オウム真理教と北朝鮮との間に、何らかの関係がある可能性も指摘されています。教団幹部である村井秀夫を刺殺した徐裕行という在日韓国人が、在日の北朝鮮出身者が作る主体思想研究会の一員であったこと、麻原が北朝鮮を何度も訪れていること、信者の車から押収されたフロッピーには、ハングルで記録された情報が存在していたこと等、一連のオウム真理教事件に、北朝鮮が関与していたことを思わせる事実がいくつも確認されています。また韓国情報部は地下鉄サリン事件について「宗教団体単独では実行できない」という分析をしています。)


●イギリス人女性を殺害、バラバラにして遺棄した織原城二は200人もの女性への性暴行の疑いもあるといいます。
 この事件の報道では、マスコミは織原被告の生い立ちについて一切触れていません。しかしアメリカの週刊誌「タイム」アジア版2001年5月14日号は、織原被告が大阪生まれの在日韓国人で、大学在学中に帰化したことを報道しています。


●宅間守─附属池田小に押し入り、児童8名殺害/児童13名・教諭2名を傷害
朝鮮人部落出身の密航在日。

 その他、あの神戸で起きた「酒鬼薔薇聖斗」の猟奇的殺人事件、埼玉愛犬家殺害事件も、後にネットで在日と知った事件でした。

 しかも、この事件のうち「光市母子殺害事件」の被告弁護団だった安田弁護士は、麻原彰晃・宅間守の弁護人だったというのも偶然でしょうか。

【参照】
■報道されない在日韓国・朝鮮人による犯罪
■在日の犯罪リスト
■在日外国人による犯罪
■日本人を100%とした場合の日本国内における犯罪者率比較
■在日朝鮮人の犯罪と生活保護:かつての犯罪率
故・森田義男氏の「数字から見た在日朝鮮人」
 


 毎日新聞の記事から感じた疑問の連鎖でしたが、少しおさらいの意味でまとめてみました。 こうした事実は風化させないよう、時々掘り起こすことも必要かも知れません。
 しかし、以前マークしておいたサイトなどがアクセス不能になっていたり、PCが不具合になったりするのは、何故でしょうか。




banner_02.gif人気ブログランキングへ

ゆずり葉バーナー2


≪おことわり≫アダルト系スパム防止のため、コメント等は承認制にさせて頂いています。ご不便をお掛けして申し訳ありませんが、ご協力をお願いします。



>EntryTime at 2008/10/12 18:59<
2008.10.09(Thu)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......
麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 


 管理人、今日ほど自分の化石化した脳細胞を恨めしく思ったことはありません。スミマセン‥愚痴から入りますが、お許しを。

 何故って、やりたい事が沢山あり過ぎるのに、それをやりこなす「能力」がどんなに頑張っても無いからです。能力もそうですが、身体的事情を抱えた管理人は体力もありません。因みに体重も40kg強しかなく、風が吹くと飛ばされます。(笑)特にダイエット中でもなく、拒食症でもありませんし、自慢しているわけでもありませんよ。歳をとったらそれなりにふくよかな方がいいと思っているのですが、痩せる一方なのが悩みです。

 …と言いつつ、それは「言い訳」ですね。脳細胞は使い方によっては幾つになっても衰えないと聞きますが、本当に一昨日、昨日と立て続けにノーベル賞受賞を決めた日本の誇りである方々は、管理人よりもずっと先輩でいらっしゃいます。

 ということは、歳だとか病気だとかあれこれと理屈を言って嘆いても、所詮自分のサボってきた結果を嘆いているだけであって、学生時代にそれなりの勉学に励んで脳を最大限に活用していたら、今日のこのみっともない愚痴など関係ない全く別の人生を歩いていたかも知れません。・・・ン??? 元も違いますね。


   welcomeライン


 昨日いつ更新できるかも分からないと書きながら、しかし、凡人以下の管理人ですから、二者択一で「やりたいこと」を後回しにしても更新作業に時間を費やしたい記事がありました。

◆市町村ごとの正答率を公表 全国学力テストで秋田県教委
2008.10.8 12:14


◆組合と学力に県連性はあるか? 低学力地域と日教組表多く(4ページ)
2008/10/08 07:25 msn産経


----------

■学力テストの結果と日教組得票数の比較 (図)


【学力ワースト10】

都道府県総合点順位日教組票順位その他 
沖縄   423.8     47       1.202    35 近年まで勤務評定なし
高知   455.3     46       2.053    30 全教の拠点 -
北海道  458.9    45    40.344     2北教祖組織率50%
大阪  462.2    44    14.882   11

 

岡山  472.6    43    13.090   13 
福岡  474.5    42    25.754     6 
和歌山   475.3     41          986    38 全教組織率50%
大分  475.4    40    26.561     5 
滋賀   475.6     39       4.739    22   -
三重  475.6    38    32.840     3 

【学力ベスト10】

都道府県総合点順位日教組票順位その他 -
東京  498.9    10       6.684    19  -
静岡 500.3     9    35.648     9組織率50%                
岐阜  501.5      8       1.196    36 
山形  503.6      7       3.879    23  -
香川  508.4      6          711    45 
青森  509.3      5          787    44 
石川 512.0     4    15.814   10組織率50%
富山  524.3      3       1.975    32 
福井  539.1      2       7.035    18  -
秋田  547.1      1       1.402    34組織率50%
【※学力テストは小中2学年の全教科の今春の平均回答率を合算した。日教組表は現職議員がいる平成19年と16年の参院選(比例)における組織内候補の得票数を合算。按分表は合算後に四捨五入。日教組表が多い上位16件を(赤)、少ない16件を(青)とした】追加:その他は産経記事とyou tub からの引用。




 リンクにした図を見た方がきれいなのですが、どうしてもここに載せたくてテーブルを作りながら、この内容ですから久し振りにドキドキしてしまいました。
 
1時間がなくて組織率を調べられませんでしたが、もしご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけますか? 

 この表を一切の先入観なくご覧になって、どう感じるでしょうか?
 管理人には歴然としたものを感じられるのですが、百歩譲っても、その傾向にあるとは言えると思えます。

1/4
(前略)
 例えば日教組傘下の北海道教職員組合(北教組)の小中学校教職員の組織率は50%超と全国的には十数番目だが、今年1月には違法ストライキを行い、1万2000人超の教員が処分されるなど全国有数の「組合王国」として知られる。


2/4
組織率だけでは活動の過激さは分からない。

 そこで日教組の「強さ」を測る指標として、平成19年と16年の参院選(比例)で、日教組の組織内候補(民主党の計2議員)の総得票数を調査。今春実施された全国学力テスト(小6、中3)の国語、算数・数学の平均正答率の合計を都道府県別に比較した。

 すると、成績下位と日教組議員の得票数が多い地域には、一定の相関関係がうかがえた。

 学力テストで成績下位の(1)沖縄(2)高知(3)北海道(4)大阪(5)岡山(6)福岡(7)和歌山(8)大分(9)滋賀、三重のうち、日教組議員の得票数が多いのは、北海道(2位)、大阪(11位)、岡山(13位)、福岡(6位)、大分(5位)、三重(3位)-の6道府県に上った。

 日教組得票数が少ないものの、組合活動が強いとみられる地域では、学力テストの成績不振が目立った。

 沖縄は日教組議員の得票数が35位と少なくて学力が最下位だが、近年まで教員の勤務評定を実施していなかった。

3/4

 和歌山は日教組得票数は38位と低いものの、日教組から分裂した全教(全日本教職員組合)の組織率が50%と全国トップで、全教の拠点地域とされる。高知も全教の拠点地域という。

 逆に、学力が高いベスト10は(1)秋田(2)福井(3)富山(4)石川(5)青森(6)香川(7)山形(8)岐阜(9)静岡(10)東京。うち秋田、富山、青森、香川、岐阜の5県は日教組議員の票が2000票を割り、組合活動は弱いとみられる。

 一方、石川、静岡の両県は日教組議員の票が1万5000票以上出ている地域だった。ただ、両県は「特に問題視されるような目立った闘争運動はない」(文科省関係者)という。

4/4
昭和30年代に8割を超えていた日教組の組織率は、28%台と3割を切っており、かつての影響力はないほか、文科省と協調路線に転じている。

 しかし、卒業・入学式の国旗・国歌の指導に反対する行為や学力調査に協力しない問題が起きるなど、地域や組合員によっては旧来体質が残る。授業実践を報告するはずの教研集会(教育研究全国集会)のリポートにも教員評価制度への反対や「反対闘争」など時代錯誤のスローガンが書かれている例が依然ある。

 教育評論家の小林正元参院議員は「秋田や福井のように日教組の組織率が高くて高学力な地域もあるが、日教組運動の方針を忠実に実行せず、学力向上に向けて頑張っている。逆に組合の力が強い地域では人権・平和教育、(性差を否定する)ジェンダーフリー教育に熱心だ」と指摘する。



 そこで先日も載せたyou tube 「日教組の真実」1/5 は、ご覧になりましたか?
 今日は何故かうまく貼れたました。~♪ 削除もされていませんので、まだの方は、これだけでもご覧下さい。

 


h-line5.gif 


●日教組の目指す教育とは?

~人権教育と平和教育⇒教え子を再び戦場へ送らない~
このスローガンはどんな事があっても捨てない(日教組 中村譲書記長)

教研集会 人権教育分科会

来賓として招かれた朝鮮学校の代表と、部落解放同盟の代表が挨拶。
その内容は…?

社会化教育分科会では

「靖国神社に参拝することは戦争責任をあいまいにしていることにほかならない」
徳島県の中学校教諭が取り組んだのは、小泉総理(当時)の靖国参拝を考えさせる授業だった。

靖国神社はまさに、天皇のために戦争で死ねる装置」と、共同研究者=指導役の大学の教員(東京経済大学 鈴木裕子非常勤講師)がこうアドバイス

戦争に若者たちを駆り立てていく装置としての機能を、今も持ち続けている。そしてそれを強化しようとしている、と。

組合員30万人の日教組のトップは、森越康雄委員長(60)
連合ナンバー2の会長代行、民主党小沢代表とは連合岩手会長時代からの付き合いだ。互いに言いたいことを言える関係だと述べている。

1947年日教組結成。今年60年目の節目を迎える。←これから、この放送は昨年2007年のものと。憲法施行の年。

ミスター日教組、槙枝元史元委員長。槇江田氏が委員長に就任した72年、日教組は「学校5日制」「ゆとり教育」を提起。提唱者だ。
ひとつの人格を作っていくのが教育だから、ただ数学が出来る出来ないという事の前に、人間ということを考えないといけない(と、ゆとり教育を提起した)

95年、日教組と文部省は対立の歴史を歩んだが、長年社会党と歩んできた日教組は自民・社会・さきがけ三党連立の村山政権が誕生すると、文部省との蜜月時代を迎える。

96年、文部省・中教審委員に日教組関係者を起用すると“ゆとり”を重視した学習指導要領を導入。文部省と日教組が歩調を合わせた教育改革が滑り出した

(上記動画テキスト化の一部)
※メモ的に書き取ったので、一字一句を写したものではありません。
------------

 管理人は思います。基礎学力は本当に大切です。
 そんな当たり前の事が、何故教師一個人とその団体のイデオロギーによって、地域間格差を生んでしまうのか。何故互いに切磋琢磨する競争力を削ぎ、横並びでどんぐりの背比べにして子供たちの芽を摘むのか。何故生まれつき心も体も違って当然の、男女の差があってはいけないのか。

 そして、ここには詳しく公開出来ませんが、某小学校で行われた教師による音楽の教科書「君が代」のページに児童の手で紙を張り付けさせて、見えなくしてしまうような教育が行われている現実に、怒りを感じています。

 また、テレビの中に溢れる「基礎学力」も「社会常識」も持たないおバカタレントを増殖させ、番組内で批判し、蔑みを笑いに変えて誤魔化す公開いじめは、まるでそれが流行りだと?それでいいのだと? 本気で信じているのでしょうか。

 日本人を低俗化させるだけの教育やマスコミの印象操作などには、ほとほとウンザリし、どれほどの国民が、子を持つ親が拒絶反応を示しているかを訴えなければ、何も変わりません。   
 そしてどんな屁理屈を言っても、ここは日本であり、健全な国があって成り立つ国民の生活なのですから、「人権教育」の名の下に在日や同和の人権を優遇するためだけの、或いは特亜三国の主張に重なる左翼思想で国を貶め、国旗を否定し、国歌を嫌悪する教師などに教壇に立つことを許していいのかどうか、保護者は真剣に考えるべき時期を迎えていると思いませんか。


 日教組は単にGHQによる日本の国力を長期にわたって弱めようとする占領政策をそのまま引く継いだだけでなく、県によって県政全体を支配するような政治力を持ち、児童・生徒だけでなく、教職員の思想・信条の自由も押さえつけて特定の政党や個人の選挙運動をさせているといるということも、私は繰り返し書いてきましたね。私は、日教組は教員の労組というよりも、反日・左翼イデオロギーのもとに猛威を振っている有力且つ有害な政治団体として認識しています。その日教組の親玉が現在の民主党の参院議員会長であり、「次の内閣」副総理であることも事実でしょう。

■「日教組は日本の教育の『がん』だ」は、事実そのもの
「阿比留瑠比の『国を憂い、われとわが身を甘やかすの記』」08/09/29
中山国交相の辞任と日教組の味方、公明党




いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 




>EntryTime at 2008/10/09 08:41<
2008.10.08(Wed)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪お知らせ≫



8日は、民主党・公明党・反日マスコミの欺瞞と危険性を市民に伝えよう!
「行政書士、社労士のぼやき」10/07


年金をブチ壊した公務員労働組合の「自治労」

教育をブチ壊した教員労働組合の「日教組」

捏造した歴史を振りかざして反日三昧の「韓国民団」

人権利権で国民の血税を食い荒らす「部落解放同盟」

日本の敵または日本のガンばかりだが、すべて民主党の支持組織である。
さらに、拉致実行犯のテロ集団、朝鮮総連とヨーロッパで危険なカルトとして
指定されている創価学会を支持組織としているのが公明党だ。

日本の敵又はガンを支持母体としている時点で政党として失格である。
民主党内の旧社会党、社民連などのサヨク勢力と公明党を日本の政治から
排除しなければならない。また、これらの事実を正確に伝えず、麻生内閣の
足を引っ張ることしか考えていない反日マスコミの欺瞞と危険性も訴える。

というわけで


<民主党と公明党、反日マスコミの欺瞞と危険性を街ゆく市民に伝えよう>

【日時】10月8日 10:00~(移動等を含め)17:00まで


【集合場所】10:00 民主党本部前 
半蔵門線・有楽町線・南北線 永田町駅1、2、3、4出口 徒歩3分


(yahooマップ)⇑ 以下、詳細はリンクでどうぞ。


 当日にお知らせしてもどうかと思いましたが、(こうした活動があるんですよ!)ということだけでも知っていただきたくて載せました。このblog主様はトップページから入るとお写真があり、まだお若いように見えますが大変熱い方です。

     welcomeライン

 あるblogに設置してあるアンケート〈次の選挙ではどの党を選びますか?〉では、「積極的無党派」が圧倒的多数を占めています。
 「自民党」でも「民主党」でもなく積極的に無党派、とは (選びようがない‥) という「自民党」へのウンザリ感、しかし、だからと言って「民主党」は知れば知るほど信用ならないし・・・・・の、管理人の心境と重なります。

 こうした国民の思いは次の解散総選挙にどんな影響があるでしょうか?
 ある情報では、マスコミの世論調査より確実な調査を自民党の選対はしているそうですから、民主党もそれなりの情報を得てのことでしょう。それだけに、「早く!早く!」とせっつくだけの民主党やマスコミは、今なら政権奪取と確信する何か、或いは意地悪く考えれば逆に「早くしなければマズイ」理由があって(?)のことだと思いますが、この世界的経済危機の中において「そんな場合じゃないでしょう?!」と一般人である管理人は、浮き足立たせるだけの「解散大合唱」にウンザリ…。

 某番組にご出演の議員たちは、借りてしまった事務所費用が大変と平気で愚痴をこぼしていましたが、その前に“真面目に政治をしろ!”と思うばかりの保身優先政治屋たちの醜態に、幻滅以外の何をも感じません。


 現実は、めまぐるしく動いています。例えば、悪夢の9月を乗り越えたとはいえ周辺国の経済危機はいよいよらしく、「新世紀のビックブラザーへblog」-10/06様では、騒ぎ出した朝鮮日報・中央日報の記事を並べてこう述べています。
 
 さて、韓国といえば、上記『韓日中「800億ドルのアジア通貨基金」設立』の記事にも見られるように「事大主義」の香りがプンプン匂ってくるようになりました。皆さんは、今月3日に日本政府が「竹島も『我が国固有の領土は明確』」という閣議決定(答弁書公表)したのを覚えていらっしゃるでしょうか。以前の韓国であれば、即座にローソク掲げた反日デモが始まるところですが、今のところ殆ど何の反応もありません。
 答弁書では「韓国の竹島への不法占拠は、我が国に対する主権の侵害」との認識を明確に示しているため、あの火病の韓国人が沈黙しているなど、とてもではないですが考えられないことです。恐らくですが、本件については韓国国内で報道規制が敷かれているのではないでしょうか。

 冗談抜きで、李明博大統領が突如来日して、靖国神社に参拝してもおかしくない情勢になってきました。


 ◆「竹島も『我が国固有の領土は明確』」という答弁書公表
  2008/10/03 11:25 msn産経(以下、引用)

 政府は3日の閣議で、中学校学習指導要領の解説書をめぐる竹島(島根県、韓国名・独島)の記述について「竹島が北方領土と同様にわが国の固有の領土であることは明確にされている」とする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員の質問主意書に対する答弁。

 学習指導要領の解説書では、竹島について「わが国と韓国の間に竹島をめぐって主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同様にわが国の領土・領域について理解を深めさせることも必要である」と触れ、「わが国固有の領土である」と明記した北方領土との扱いの差異が明確になっていた。

 答弁書は、「北方領土はロシアによって不法占拠されていることをより明確に記述した」とした上で、竹島の記述のあり方は「北方領土と著しい差異を設けたとは考えていない」とした。同時に、韓国の竹島への不法占拠は「わが国に対する主権の侵害」との認識を改めて示した。

 また、領有権をめぐり他国との間で未解決となっているのは北方領土と竹島以外には存在しないことも強調した。


 「わが国に対する主権の侵害」という認識は当然のことですが、こうした姿勢を強調することでも、前任者と麻生首相の差を感じます。とは言え、(それどころではない) 南韓のおとなしい理由は、
◆韓国大統領、金融危機対応で日中韓首脳会議提案へ
2008/10/06 18:07 ロイター
 

 これにあると思うのですが、今月24・25日に予定されているアジア欧州会議(ASEM)首脳会合の際に、(李明博大統領が)「日中韓首脳会談が行われる可能性が高いとの見通しを示した」、「李大統領は、日中との首脳会談開催を提案する」と述べた、ですから何をか況や・・。
 まして日本流に礼儀正しく言えば、「提案する」ではなく「お願いしたい」と言うべきでしょうし、そうした思惑と事情を抱えているのでしたら、いくら国内向けとはいえ、前回の金大中元大統領の方が少しはマシだったような気もしてきます。しかも、前回の100億ドルの内まだ半分も返済出来ていない実情に照らし合わせても、見栄を張っている場合ではないとも‥。 まさか、三橋氏が言うように「靖国参拝」をするはずはないとは思いますが、そう冗談にも三橋氏が言いたくなるほどお困りのようですから、日本は外交カードとして「竹島」からの即時撤退や「対馬」に近づくな!ぐらいは言ってみたら如何でしょう、麻生首相様345 (笑)
 
 勿論こうしたお隣には、過去苦い経験をしている日本ですから、それなりの「学習」能力を発揮しなければなりません。その97年の危機に際して行われた日本の援助がどうだったのか? もう散々各blogで扱われてきた(懲り懲り⇒無視論)に管理人が頷いてしまうのは、例えば、下記のサイトに載せてあるアンケートやコメント欄のやり取りを見ていただけると、お解りかと思います。

■驚いた!!97年の通貨危機の時、日本に援助してもらったのを知ってるか?

結果確認

■教科書で習った ⇒5.6% (34人)

■知らない⇒4.3% (26人)

■噂で知っている⇒4.1% (25人)

■知っているが日本には感謝しない ⇒13.2% (80人)

■日本政府の捏造だ⇒72.9% (443人)


 と、所詮この程度‥。「事実」や「現実」と向き合わないというのは、最近の日本人にも多く見られる傾向ですが、「事実」や「現実」に向き合わない以上に、「事実」を歪曲・捏造して反日から一歩も抜け出せない思考しかできないというのは、国家戦略の反日教育が如何に浸透しているかでしょう。既に多くを知り・学び・経験してきた日本人は、だからこそ感情論ではなく客観視することができるのかも知れません。

h-line5.gif 


 ところで、長くなるのでどうしようかと思いましたが、次回何時更新できるか分からないので気になる部分を載せておきます。

 政権奪取に情熱を傾ける民主党ですが、つい一昨日のTV番組でも見かけたこの方には国民新聞が、〈枝野幸男氏、原田一博氏が極佐から政治献金〉と載せ、この団体の前身は「マルクス主義青年同盟(マル青同)と公安関係者も見ているとのこと。 こうした民主党を支持する団体は、如何にも胡散臭い団体ばかりで不安が増すばかりなのですが、それを小沢党首の資産疑惑も含めて全く触れないマスコミ。

■民主党─極左から政治献金
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」10/06


■小沢不動産・週刊現代記事を後追いして見る
産経記者「国を憂いわれとわが身を甘やかすの記」09/26


※このblogを訪れて下さる方の9割はリピータの方ですので、既に直接訪問されていらっしゃる方も多いかと思いますが、ここからリンク先のアクセスが少しでも増えて、その上リンク先blogを応援して下さるのは歓迎です。


 また、
日本政策研究センター所長/岡田邦弘氏
は次のように書いていますので、お時間がありましたらリンクして全文をお読み下さい。

小沢氏に外交・安保政策は任せられない①

そもそも「日米同盟の重点は安保ではない」「拉致問題は解決しっこない」と言う人物に、対外・安保政策を語る資格があるのだろうか。
 

 自民党総裁選が終わり、麻生太郎首相が誕生した。一方の民主党は小沢一郎代表が無投票で三選。これで次期総選挙は「麻生対小沢」の対決の構図ということになったため、マスコミでは早くも、政権交代を期待してのものや小沢には任せられないとの趣旨の企画を含めて、小沢一郎論の類が出始めている。

 小沢氏は今、「生活が第一」と繰り返し、高速道路の無料化や「子ども手当」など、国内政策だけを語っている。しかし、仮に小沢氏が政権をとった場合、直ちに直面する問題はむしろ対外関係ではなかろうか。最近、段階的に公約を実施していく「工程表」なるものを宣伝しているが、対外関係に「工程表」はなく、文字通りの待ったなしだからである。

 ところが、小沢氏が三選された際、「首相候補指名受諾演説」という位置づけで行った演説のなかで、対外関係について触れられているのは、「地球環境の保全と国際社会の平和で、日本が地球のために頑張る仕組み」を作るというたったの一言しかない。代表選で提示した「政権構想」でも、外交・安保政策は「強固で対等な日米関係を築くとともに、アジア諸国と信頼関係を構築する」「国連の平和活動に積極的に参加すると同時に、国連改革を推進する」という具体性のまったくない二項目しかなかった。

 要するに何も書いていないのに等しい。民主党は一体、対外・安保政策をどうするつもりなのか。ならば、党首である小沢氏がどう考えているのかを見てみるにしくはない。そこで、対外関係の基本となる日米関係と、緊急を要する対北朝鮮政策に絞って、小沢氏の発言を紹介しつつ、検討させていただくこととする。

(後略)

 ※つづきには、小沢氏この15年の変節を本人の発言や著書などから取り上げ、「従米」から「反米」になった経緯が述べられています。中でも驚いたのは、次期選挙に出馬せず引退を表明した元社民党党首土井たか子氏の民放局での発言ですが、興味のある方はリンクしてどうぞ。




いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 





>EntryTime at 2008/10/08 06:45<
2008.10.06(Mon)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

 総理就任直後、偶然見たTVでは衆議院議員在職25年(2007年)の表彰の模様を紹介。招かれていた奥様とお嬢様を前にスピーチされた麻生氏は、

 『結婚してたった1ヵ月で(落選)無職となり、』(奥さまの方に向かって軽く会釈をしながら)

『その節はどうも、ご心配をおかけしました』

 と、確かこのような内容で奥様への心配りをされていたのがとても印象的で、微笑ましい一コマでした。

 これもイザという時に、そうした気持ちを示せるか示せないかで違ってくる、男性の甲斐性のひとつかと‥。



   welcomeライン  


 さて、ここ何日か勝手に超多忙となってしまった管理人ですが、その中、こうしてblogを更新するのに何が原動力となるかは微妙に(慣れと度胸がついて?)変化をしていますが、やはり何と言っても血圧を上げる内容の記事に出合った時の、消化器1本2本では消しようもない“怒り”でしょうか。

 もうご覧になっているかも知れませんが、幾つかご紹介しましょう。


◆朝鮮半島の文化堪能/川崎朝鮮初級学校で交流イベント
2008/10/05 神奈川新聞(以下、一部引用)

川崎市民と交流を深めようと、川崎朝鮮初級学校(同市川崎区桜本二丁目)で五日、国際親善交流イベントが開かれ、多くの家族連れがゲームコーナーやショーなどを楽しんだ。川崎青年商工会や同校の保護者らでつくる実行委員会の主催で五回目。

 これを扱っていたのが「博士の独り言」様ですが、博士は神奈川新聞に電凸取材をした詳細を載せています。

 全国各地で繰り広げられているこうした友好の名の下の「交流イベント」は、マスコミが「友好」と「交流」を強調するほどその(日本国民の)地元住民たちが歓迎しているのか?と疑いたくなる報道ぶり。

 博士はこう書いています。

 重要問題は棚上げ
  「友好」、また「友好」を掲げる紙面


アニメめぐみ 

 横田めぐみさん。昨日44歳のお誕生日でした。
 13歳という、まだこれからどんなに楽しいはずの青春を送っただったろうか、と思う少女が‥突然人生も未来も踏みにじられてしまった極悪卑劣な国家犯罪を、同じ日本人として、許せない!と思うばかりです。しかも、拉致認定をされず特定失踪者にもなっておらず、あとどれ程の日本人が忽然と姿を消し、連れて行かれたかも分からないとは…。    
 勿論、許してはならない無差別テロ行為なのですから、この事への怒りは共通認識として持っているのが、日本人としての心の在り方でしょう。

 そして、南韓は「竹島」だけでなく「対馬」も領土だと言い出す不思議な国。しかも、南北とも反日を国是としながら、何故その嫌いな日本で自国の文化を誇らしげに披露し、それが「友好」や「交流」だと押し付けるイベントをやるのか? それを日本国民がどうやったら歓迎できるのか? その思考回路はとても理解できません。いや、いや、未来永劫理解するつもりもない、と言った方が管理人としての気持ちには適切です。

 そうした国民と同様の認識さえ持たずに、「友好」だけを殊更強調した報道をするマスコミの異常さ。
 今朝もweb新聞を流し読みすれば、嫌でも目に入った見出しが「麻生首相、政権転落への恐怖」と嘲り、TVをつければ民主党を主体にした内容で選挙対策に頑張ってると褒めあげ、逆に自民党は“厳しいらしいですねぇ~♪”と嬉しそうにダメぽ論を展開。

 こうした報道ぶりは、流石に政治に興味のなかった友人知人も気付き始めたらしく、口を揃えて非難轟々の嵐はかなり強風域に達しそうな気配。これもTVの娯楽的要素が下品・低能・悪辣番組オンパレードとなったことで、TVと一緒に育ってきた世代ですから質の低下には敏感な反応を示してきたという下地があってのことです。



 また、同じ「博士の独り言」様の昨日の記事では、韓国大統領夫人が日本の在日に対する「参政権付与」を求める集会を開いた記事を載せていましたので、それも合わせてお読み戴きたいと思います。

 その上、こうした記事が火に油…



■一千万人移民念頭に「外国人学校支援法」提出へ
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」-10/04


一千万移民念頭に外国人学校支援法提出へ

河村建夫氏ら

「外国人学校支援法」(仮称)が来年の通常国会に提出される予定だ。

「外国人学校および外国人子弟の教育を支援する議員の会」

(会長・河村建夫元文科相)が、各種学校認可基準の緩和や振興助成金制度を盛り込んだ中間取り纏めを発表し、準備を進めている。

 河村官房長官と言えば、早速事務所費問題をマスコミが騒いでいますが、この方の入閣、それも女房役の内閣官房長官ですから、「オヤ!マァ!」と思われた方は保守派ネット市民の大半を占めていたでしょう。
 この方を要注意人物と知ったのが確か昨年11月、民潭主催で行われた「地方参政権全国大決起大会」に国会会期中にもかかわらず駆けつけ、“もう放置できない”と言ったという潜入レポートが公開された時でした。その時の全文をCD-ROMに保存したのですが、いつの間にか全て消えてしまっていたので残念です。   


 247  ⇒ 248

 で、気持が悪いので少し中座して探して来ました。


■民潭主催「参政権決起大会」潜入レポート

 まだご覧になっていない方は、是非どうぞ。大会の様子が臨場感を感じられるほど詳細に記録されています。またついでにこちらも、

banner4-big-1.gif  banner6-big-2.gif
↑各種バーナー取り揃えてあります↓

■外国人参政権に反対する会・全国協議会 公式サイト


h-line5.gif  



吉田茂がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書
(1949年8月末から9月初旬ころのものと推定される)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。

その理由は次の通りであります。

(1)現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。


(2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。

(3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状7態であります。
戦後の朝鮮人による起訴犯罪事件数は次の通りです[詳細省略、1948年5月末までで、9万1235名の朝鮮人が犯罪に関与したという数字をあげている]。
さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

(1)原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。

(2)日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。
上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。

敬具 吉田 茂

 この文章は、今年2月24日に瀬戸様の「日本よ何処へ」コメント欄に書かれていたものです。膨大な資料は埋もれがちですが、この文章は記憶に強く残されていたので、探すのも苦労しませんでした。これの出典はないので本からの引用でしょうか。


 普段「たられば」の話は嫌いなのですが、この事ばかりは「~なら」「~れば」の使用許可を自らに与えましょう。

 ~ったら、きっと随分違った戦後になっていたのでしょう。

 でも、思うのです。 ストレスのない社会は人を成長させるのかと‥。

 豊かで、安全で、平和・・だと信じていただけでも、また、そう信じ込まされ水面下で様々な工作が行われてきた事も、マスコミの目隠しで知る術もなかった私たち国民は、随分と堕落した社会を作って来てしまいました。そう仕向けられたとは言え、それに乗せられた結果責任が全く無いとは言えないと、管理人は自戒を含めて思います。
 対岸の火事ではなく、火の子に晒される身の危険を感じなければ、人は困難に立ち向かう気力を奮い立たせることはないのかも知れません。

 こうした自分の国に起こっている事が全て、現実の事として国民が認識出来なければ、また、それに対して危機感を持つことが出来なければ、所詮綺麗なガラスの金魚鉢に住む金魚と同じです。
 安全な食料も自分たちでは賄い切れずに危険すぎる外国に何故か頼り、安全保障では支那から核弾頭ミサイルを向けられていながら自国で守る事も出来ずにアメリカを頼り、しかも金魚鉢の中には外来種もいて居心地が良いと居座り太っています。 それをなおも増加、権利拡大を目論む輩がいる金魚鉢国。

 麻生首相の中には、どんな外交手腕が仮眠しているのでしょうか?

  疲れて文章が怪しくなってきました。


 何時も応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 






>EntryTime at 2008/10/06 14:05<
2008.10.02(Thu)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......
麻生首相バーナー  

 昨日の代表質問を少し見ていて感じるものがあり、思わず作ってしまった麻生首相「応援2」の意思表示──。

 今回ばかりは〈後悔先に立たず〉‥の後悔をしてからでは遅いと気付き、国民に耳触りの良い政策ばかりを掲げる民主党に惑わされずに、有権者一人一人の「目先」ではない「将来・未来の国」を思う良識の目で見なければ、日本の行く末を誤らせると思えてなりません。
 

◆小沢氏、あえて首相を無視=選挙意識、自・民幹事長は火花-代表質問

 麻生太郎首相と小沢一郎民主党代表が対決した1日の衆院本会議。先の所信表明演説で「逆質問」を連発し、小沢氏に回答を迫った首相。だが、この日の代表質問で小沢氏は首相を無視するかのように、政権交代後に取り組む政策の説明に終始し、「両雄」が真っ向から切り結ぶ場面は見られなかった。一方で、自民、民主両党の幹事長は次期衆院選を意識し、激しい批判合戦を繰り広げた。
 2008年度補正予算案への賛否など5点について首相から質問を受けていた小沢氏。しかし、代表質問ではほとんどまともに答えず、約20分間の質問時間の大半を民主党のマニフェスト(政権公約)の説明に費やした。
 これに対し、首相は「昨年、福田康夫前首相との大連立の話が崩れた時、小沢代表は(民主党には)政権担当能力がないことを自ら認めた」と挑発。逆質問への回答を改めて求めたが、小沢氏への答弁はわずか3分程度で終わった。

 小沢氏に代わって、首相に切り込んだのが鳩山由紀夫幹事長。鳩山氏は「まるで『小沢総理』の所信表明演説に対する代表質問のようだ」と首相を皮肉り、汚染米の不正転売や厚生年金の標準報酬月額改ざん問題などを取り上げ、「官僚政権から国民政権へ」と訴えた。
 「これで総理もできますね」。「演説」を済ませて本会議場の自分の席に戻った小沢氏に鳩山氏がこう声を掛けると、小沢氏も笑顔を見せた。「首相には失望した」。この後の記者会見でも小沢氏は余裕の表情を崩さなかった。

 一方、自民党の細田博之幹事長も民主党への対抗心をむき出しにした。各種世論調査の「次の首相」への期待度では、首相が小沢氏を圧倒。首相サイドや自民党は、衆院選を「党首対決」に持ち込む戦略を描く。細田氏は質問の冒頭で「(小沢氏の)強引なイメージこそが世論調査の期待度の差になって表れている」と小沢氏を攻撃。さらに、かつて小沢氏が自民党を飛び出した過去に言及し、「小沢さんに付いて行った方々に聞くと、小沢政治はこりごりだという気持ちでいっぱいだ(と言っている)」と非難した。
 小沢氏との対決を終えた首相は同日夜、記者団に「議論がかみ合わなかった。尋ねたことに答えていただけなかった」。与党内からは「党首討論をやった方がいい」(公明党幹部)との声も上がった。(了)

(2008/10/01-21:07) jiji.com




◆民主、解散の確約求める…与党は新テロ法案審議呼びかけ
10月2日3時19分配信 読売新聞


 麻生首相が衆院解散・総選挙の先送りを検討していることを受け、民主党は1日、衆院解散を確約しない限り、2008年度補正予算案の早期成立に協力できないとの姿勢を示した。

 一方、与党側は衆院解散の先送りも念頭に、インド洋での海上自衛隊の給油活動を延長するための新テロ対策特別措置法改正案と、消費者庁設置関連法案について、補正予算案の衆院通過後に審議に入るよう野党側に呼びかけていく方針だ。
(後略)


  この今、一時的に「高速料金をタダ」にしてもらい、「子育て支援」に僅かな現金を支給されても、民主党が政権を握った後で成立させるはずの「外国人参政権」を在日に与え、「一国二制度」で沖縄を日本から切り離そうとする計画も、 そして自衛隊をアフガンへ派遣させようとしていることも、日本や日本国民にとっては不幸なことばかりです。

 しかし、あの小沢氏と鳩山氏の自信ありげな態度、そしてもう政権を握ったかのように所信表明をして見せる子供じみた得意そうな態度は何故なのか?は、「森田実の言わねばならぬ」をご覧になると、ナルホドと思います。その中で、自衛隊アフガン派遣についても下記のように語っています。

■森田実の言わねばならぬ(3)-08/09/25


「小沢が政権をとる可能性が高いから批判している。みなが小沢にゴマをすり始めたので逆の道を進む。これがぼくの生き方だ。小沢政権ができるのはほぼ確実だと思うから、平和政策をとりなさい、アフガニスタンへ自衛隊を出すことはやめなさい、国連決議があれば何でもできるなどという日本の主権を放棄するような愚かなことはやめなさい、と忠告しているのだ。小沢がいつまでも在野にいるなら彼の外交・防衛政策についての批判はほとんど意味がない。しかし小沢が政権をとれば、外交・防衛政策の実権を握る。小沢は持論を実行できる。だから批判しなければならないのだ」。
 友人はさらに言う――「ぼくは君のために言っている。小沢政権ができたら弾圧されるぞ。小沢は強権政治をやるぞ。ファッショになるぞ。おとなしくしていた方が君のためだと思うから言っているのだ。君はもう若くない。君は昨年の参院選までは小沢を応援していたではないか。小沢とうまくやった方がよい」。


 森田氏ほどの方が、またその周囲でも「確実」と言う政権交代は、言論弾圧、強権政治、ファッショというこれまでの日本には無い「政権」の誕生を示唆している‥、と受け取っていいのでしょう。言論弾圧は「人権擁護法案」の成立で実現可能です。また、あの小沢氏なら「強権政治」はイメージしやすいのですが、「ファッショ」を辞書を引けば「イタリアで1919年から43年までムッソーリニに率いられた独裁的国家社会主義運動」「ファシズム的な傾向・運動・体制」となっていて、こうした分野に疎い管理人でも背筋が冷たくなりました。民主主義の日本ではなくなるようですね…。

 しかも、民主党の支持母体である「日教組」は、「日の丸」「君が代」闘争を続け、「ゆとり教育」を推進・実行してきた団体です。その日教組を“日本の「ガン」だ”と言い、最後まで発言を撤回せずに、確信的に国民への警鐘を鳴らしたと言って辞任した中山前国交相。 点と点がまたひとつ、繋がりました。

 その「日教組」についての動画を一昨日に見たばかりです。大変分かりやすいので貼ってご紹介しようと思いましたが、何故か今回もうまく貼れませんので削除されていないようでしたら、リンクして是非ご覧下さい。

■日教組 徹底研究 1/5 
1 投稿者は、「日教組」が必死になって削除してくると書いていますので、どうぞお早めに。まだ2万弱の再生でしたので、まだまだ多くの方に見て欲しいと思います。


 また、既にご存じでしょうが、農業問題で政権与党の政策の失敗と非難し、「個別保障制度」を提案していている民主党ですが、「事故米」を押し付けられるようにしたのは、そもそもが小沢氏だということは周知の話。一部何故か削除されているサイトもあるようですが、参考までに引用します。

■アフラトキシンB1米輸入を決めたのは、民主小沢一郎氏


 米輸入自由化を求めたのは、93年発足の細川連立内閣でその中にいたのが、当時新生党代表幹事だった小沢一郎氏だった。

与野党逆転、政権奪取を狙う民主党は、農業問題で「政府・自民党の農政の失敗」を批判し、「個別所得補償制度」の導入を提案。


「民主党も、農業での経営大規模化、株式会社の参入を認める農地法改悪(2000年)に賛成した。」

闇将軍率いる 「細川内閣」
 (93・8~94・4)
=新生、公明、日本新、民社、民改連、さきがけ、社会などの連立内閣は=

 金丸金権汚職批判を受け竹下派を割って自民を飛び出した小沢一郎は細川連立内閣を仕掛けた。
 細川内閣の主要な仕事は、民主政治を骨抜きにする小選挙区制導入と政党助成法の成立だった。

 更に・・・93年12月に外米(ミニマム・アクセス米)輸入受け入れを表明した。それが根本的な原因なのに・・農家は忘れている。
 細川首相は自らの「佐川急便汚職疑惑」が浮上するとあっさり、政権を投げ捨てた。

 
小沢の傀儡政権 「羽田内閣」
 (94・4~94・6)
=新生、公明、民社、日本新の連立
 強引な小沢政治に嫌気をさし、社会党が連立をぬけ出て2カ月の短命に終わったのが羽田内閣。断念することになったが「厚生年金65歳支給の年金改悪法案を成立させようとした」・・・このときから既に年金離れが始まった。

※ 一度は小沢に政治を任せたいと言うのが近年の世論だが・・・既に二度失敗しているのではないか。・・・・いつも頭から離れない疑問だ・・


そして、仕上げは 「村山内閣」
 (94・6~96・1)
=自民、社会、さきがけの連立
 自民党にかつがれた社会党委員長の村山首相は、日米安保体制・自衛隊容認を国会で表明し、自民党政治を推進したが。消費税改悪やコメ輸入自由化、年金改悪を強行しした。

神戸大震災で、自衛隊支援要請が遅れ、燃え盛る火の手に「空からの消化剤投下」による市民の窒息状態を恐れるあまり、躊躇し、その結果多数の犠牲者を出してしまった。初期対応の拙さが際立ったのみの政権であった。
http://blog.canpan.info/kamada/archive/488



 h-line5.gif 

 最近思うことがあり、少し集中してやりたい事が出来ました。といっても呑気に趣味を復活させるつもりなど、まったくありません。それどころではない!と思えばこそのことですが、以前にもましてこのblogの更新が間遠くなりそうですので、申し訳ありませんが、一言おことわりをさせて頂きます。 




banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2










>EntryTime at 2008/10/02 12:42<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。