welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.11.29(Sat)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 

 珍しく、いきなり本題です。

 深夜放送、テレ朝「朝まで生テレビ」は、最近にない高視聴率を上げたのでは? と、勝手に想像していますが、それが結果に表れるようなら、「田母神論文」の内容と、是非を巡る論争への関心が高いことを示しています。
 それは即ち、少なくてもそれ以前と比べて、国民がこの国が抱えてきた「歴史観」や「自虐史観」への関心、或いはそうした空気に何らかの違和感や疑問を持ち始めたことを示している、と言ってもいいのかも知れません。

 現に、番組終了間際に出した視聴者アンケートの結果には、

[田母神論文について]

■共感できる …… 61%
■できない    …… 33%

(見過ごして質問が不明)

■自衛隊の存在を明記する …… 80%
■反対              …… 18%

 と出ていましたから、思った以上に田母神前空幕僚長へのバッシングや処分に不満・疑問を抱いている人=賛同・擁護派が圧倒的に多い、と受け取ってもいいのかも知れません。
 また、数字が全てではないでしょうが、逆の立場の方も当然視聴していたと考えられます。後に参考引用したパネラーの面々を見ても、この討論には高い関心が寄せられることを充分に予測して企画されたもののはずです。或いはもっと深読みするなら、国民の反応を探るための目的を兼ねていたとしても、何ら不思議ではないように思えます。

 しかし、(残念な?) この結果を受けて、テレ朝とそのbackはどんな反応 (見解) を示すやら‥と、かなり期待大。こういうことを三橋氏のよく使う「wktk」と言うのでしょうかしらね? 「わくわく、てかてか」という意味らしいのですが、「てかてか」がいま一つスッキリ解りませんが、気にせず「wktk」しましょう。(⇐この辺はかなり大雑把でスミマセン)

 多分、また何か(意図的に)右傾化だの、戦前回帰だ! 危険だ! など言いかねないナァ~? と勘ぐる管理人の経験予想。

 しかもこの結果を聞いて、反対派の席に座っていた方々は一様に顔を顰(しか)めていたように見えたのですが、思い過ごしでしょうか。

森本氏は、“もっと近代史を教えないとダメだ”と言い、⇐これは支持!

姜氏は、“これが世論全般の意見とは限らない”…と、それなりのメンテリティを発揮(?)w ・・でも、なぜこの方はいつも、各局の「日本」の内政を論じる場に出てくるのでしょうか。その前に、出演依頼をするTV局がヘン <`ヘ´>プンプン

※三橋氏とは、左リンクにある「新世紀のビックブラザーへblog」のブログ主様です。


 因みに、テレ朝HPを覗くと

■朝まで生テレビ
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

11月のテーマ:激論!田母神問題と自衛隊

田母神俊雄航空幕僚長(当時)の論文が物議を醸しており、参議院では参考人招致が行われました。現役航空自衛隊の最高幹部が政府見解に反する論文を発表したことから、シビリアンコントロールの形骸化を指摘し、戦前回帰を危惧する声もあります。果たして田母神氏のこの確信犯的言動の原点はどこにあるのでしょうか。また海上自衛隊の暴行事件疑惑、守屋事務次官の収賄罪による実刑判決、など不祥事が相次いでいます。
 そこで今回の「朝まで生テレビ!」では、田母神論文の問題提起とその内容の問題点とは?今自衛隊はどうなっているのか?自衛隊に対する理解と信頼をどうすれば回復できるのかを議論したいと思います。 
 
司会: 田原 総一朗
進行: 長野 智子・渡辺 宜嗣(テレビ朝日アナウンサー)
パネリスト: 平沢 勝栄(自民党・衆議院議員)
浅尾 慶一郎(民主党・参議院議員)
井上 哲士(日本共産党・参議院議員)
辻元 清美(社民党・衆議院議員)

潮 匡人(元防衛庁三等空佐)
姜 尚中(東京大学大学院教授)
小森 陽一(東京大学大学院教授、「9条の会」事務局長)
沙音里(シンガーソングライター、元陸上自衛隊陸士長)
田岡 俊次(軍事評論家)
西尾 幹二(評論家)
花岡 信昭(ジャーナリスト)
水島 総(脚本家・映画監督、「日本文化チャンネル桜」代表)
森本 敏(拓殖大学海外事情研究所所長)

㊟:自衛隊の悪い部分のみ抜粋、強調(?)
----------

 中途半端に寝てしまい、途中からで、しかも、あまりスッキリとした頭で観れなかったこの番組ですが、「チャンネル桜」の水島氏が「対馬」の韓国企業の(不正な)土地買い占めや、危険な「国籍法改正案」をマスゴミが報じず、水面下でスッと通してしまうのはおかしい! と一瞬でもテレビで言及されたのは、意味深いと思います。
 しかし、森本氏はそれでは“ハードコアが減っていく”と言っていましたが、どういう意味なのでしょう。辞書には『中核の─』とありましたが、管理人には意味不明です。
 しかし、この時の管理人の印象だけで言えば、国内の世論や議論が対外的に与える影響を考慮しなければ、国と国との摩擦=要らぬ反発や干渉を受ける、或いは相手に警戒感を持たせる、ことから「本音」は控えて「建前」での友好関係を続ける必要がある、という感じに受け取れました。勿論、国際政治の何をも知らない管理人の、--ただの印象--ですから聞き流して戴きたいのですが、そう思う理由は、幾つかあります。

 その大きな根拠になっているのが、日本政府の一連(一貫した)の対中・韓外交姿勢です。国民世論の底辺に溜まった嫌中・嫌韓感情を知りつつ、しかし、「戦略的互恵関係」「友好関係」と位置付け、決して相対する国ではない、としていることです。
 麻生首相の著書「とてつもない日本」や、後援会が発行する「異論」スレを読んでも、周辺国との友好関係を強調しています。この点は国を担い、真に「国益」と「国民を守る」信念を持つ立場の方々と、その政府の下で暮らす一般庶民の違いは大きく違って当然ですし、現実と将来を見越した国家戦略、それが「友好」「互恵」と言うなら、異論はありません。
 売国議員たちは、例外ですが…

 確かにテーブルに座る前から喧嘩腰では、戦前の時代に逆行すると考えるのが先進国としての大人の態度であることも、一応納得できます。その上で、国という引っ越せない領土を守り、如何に周辺国と折り合って存続と繁栄を続けていくかが、永遠の課題だと思えます。でなければ、何れ究極の「戦争」という「陣地取り合戦」を仕掛けられ、選択しなければならない可能性も充分に予想されると、思えるからです。

 でも、例えそうした場合でも、現状では黙ってされるがまま~スキにしてン 266~と無防備でいる=攻撃する国はない=平和だと主張する団体もいるわけですから、日本国民の生命と安全、人権はどうやって守るの? と首を傾げます。
 

 しかもこの問題は、大人の態度、考えをしているのが「先進国日本だけ」という事実を否定できないことです。 現に、
⇒ 支那中共の軍拡、尖閣・沖縄などの領有権主張、反日政策と教育は「友好関係」と言いつつ今なお継続中。しかも、支那中共のチベット・東トルキスタンへの侵略と人権弾圧、民族浄化も実際行われている事実(=「Free Tibet」は何故世界中で起こったのか?) ですから、そうした覇権主義思想と領土拡大計画への脅威。台湾吸収による東シナ海~周辺海域進出は、日本のシーレーン(原油輸入)=生命線危機。
 宮崎正弘氏のMLでは、LNGタンカーの建造に成功した中国は、十年以内に5.6万トンクラスの空母を建設するてはず。空母を量産できる日がくるとすれば、近未来に中国海軍力はすさまじいことになる。
・・と着々と我が道を貫いています。 

  因みに、『北京(支那中共)が尖閣諸島の領有権を突如主張したのは、1971年地下資源があることが判明したからで、それに追従して「そう、そう、あれは中国の領土です」と媚中の大合唱を始めたのが、日本の左翼ブンカジン-ppp-らだ。by黄文雄氏』 だそうです。



 そう言えば、
21日の産経記事「米中経済安保年次報告」
が支那中共の問題点を分かり易く指摘していましたので、以下一部引用。


【ワシントン=古森義久】米国議会の超党派政策諮問機関の「米中経済安保調査委員会」(ラリー・ウォーツェル委員長)は20日、2008年度の年次報告書を発表し、中国が経済、政治、軍事の各面での勢力拡大を国際的規範を破る形で進めているとして米国の議会や政府に対応策をとることを訴えた。

〈経済面〉

(1)人民元の対外貨レートを不当操作で低く設定し、外貨獲得を拡大している(2)エネルギーの過剰消費による環境汚染で合計75万人の死を招き、周辺諸国に汚染を広げているが、適切な対策をとっていない
(3)「政府系ファンド」による巨額資金の運用で、本来の商業から離れた政治、軍事の目的を達成しようとしている
(4)世界貿易機関(WTO)規則に違反して知的所有権侵害の外国製の偽造品・模造品の製造や流通を黙認し、諸外国の競合企業に巨額の実害を与えている-などという批判を表明し、多数の実例を紹介した。

 

〈政治・外交面〉

(1)国際法を自国に有利に曲げて解釈する「法戦争」を体系的に続け、東シナ海や南シナ海を大陸棚の拡大理論などで自国領扱いしている
(2)外国メディアの活動を不当に制約し、自国メディアを中国共産党の政治目的の達成に利用している
(3)航空機製造産業を諸外国からの技術の盗用で育成し、米欧に対抗しようとしている
(4)アフリカや中南米の諸国に無条件の経済援助を与え、自国への接近と反米をあおっている
(5)政治犯などによる「囚人労働」での製造品を米国などに輸出しようとしている(6)2025年までには確実に米国に次ぐ世界第2の経済大国となる-と批判的に指摘した。

〈軍事や安保の領域〉
(1)武器や軍事技術をスーダン、ミャンマー、イランなど人権弾圧問題を起こした「無法国家」群に拡散している
(2)ホワイトハウスや国防総省、オバマ、マケイン両陣営のコンピューター・システムに不当に侵入するサイバー攻撃をかけ、こんごも攻撃を増強する構えをみせている
(3)宇宙の軍事利用を推進し、同じ宇宙依存の強い米軍が大きな脅威に直面する
(4)戦闘機、爆撃機、潜水艦などの増強を続けており、航空母艦の建設の動きを示し、東アジアや対台湾の軍事バランスを崩している-という諸点を強調した。

otemo_08.gif 箇条書きにすると、流石に・・・


 一方のお隣は、
⇒ 韓国の反日政策、歪曲・捏造歴史観の押し付けと執拗な謝罪・賠償要求。「竹島」不法実行支配と「対馬」は韓国領土と妄言主張、侵略計画etc.も現実に起きている事実ですから、大人の対応にも限度を超すと国民世論が反発しても、当然だと管理人は思う一人です。
 韓国に関しては、下の記事に注目でしょうか。


◆韓国、8年ぶり純債務国に転落
2008/11/28 20:12 日経ネット


> 【ソウル=島谷英明】韓国が8年半ぶりに純債務国に転じたことが28日明らかになった。韓国銀行(中央銀行)の発表によると、9月末の対外債務が対外債権を251億ドル(約2兆4000億円)上回った。対外債務の増加から通貨ウォンの下落が進んでいる金融市場で、韓国経済を不安視する動きが一段と広がる可能性もある。

 今日はまだ三橋氏のブログに訪問していないので分かりませんが、今日辺りはこれでエントリーの期待大でしょうか。一昨日は何やらアチラで「極右認定」されたと祝賀ムードでしたが、管理人はあまりピンとこないので、相変わらず蚊帳の外状態でつまりません‥40


h-line5.gif 



kuchipaka9.gif 
 さて、本当は本編として別の記事を載せたかったのですが、思った以上に長くなりましたので、気力・体力が残っているようでしたら早々にアップしたいと思います、が、、、期待は禁物ですよ~(^^ゞ


 喧嘩は一人ではできないものと決まっていますが、例えば陰湿な“いじめ”で、教室ではにこにこ笑顔で接しながら、体育館の裏で恐喝して金品を要求したり、仲間外れにすると脅して命令に従わせ万引きを強要したりすることは、暴力という直接的な行動に移さなくても、立派な暴力です。アッ、昔そうした意味を.....(thinking).....ヒッツキ、とかと言っていたような...。確か「精神暴力」という意味だと思いますが、ウン十年前の話ですから記憶が曖昧です。

 武力を使わないからと言って、侵略は存在しないとする見方もあまりに無防備過ぎます。今回の「国籍法改正案」に感じた危機感で、初めて目覚めた人たちの憂いは、「外国人参政権」「人権擁護法案」+諸々の「移民化計画」推進にも同じような目を向けて行くでしょう。


 ところが田原氏が、そうした西尾氏の発言をいつもの強引さで遮るように、アメリカは(オバマ政権は) 戦争をしない。もう、そんな力はない。そして、東アジアから全てではなくても軍を撤退させ、影響力を失う。今後絶対米中は接近する。するとジャパンバッシングされる。だから、日本はそれを避けるために周辺国と仲良くした方がいい。・・と、このような内容(~記憶です)を早口でまくし立てていましたが、田原氏の親中派スタンスでこの発言では、始めから日米離反→日本の安全保障危機→支那中共礼賛推奨、属国推進と思えてしまうのも、これまでの氏の言動を見ての--あくまでも--個人的な印象です。

 しかし残念ながら、何が正しくて、何が悪いと決まったものであっても、自分の事ですらなかなか変えることが難しいのですから、況して相手を変えることは至難の業、無駄な希望的観測に過ぎないのが現実ですね。身近に起きる些細な意見の不一致が原因のケンカでさえ、修復には互いの存在意義を認めあい、求め合えなければ、それまでになるケースも多々あります。また、片方だけが熱心だったり、下手に出てご機嫌伺いばかりでは長持ちもしませんし‥。


★~
アメリカ人との議論で、「日本は絶対アメリカを抜けない。何故ならhinterland(後背湿地、この場合は周辺国のこと)が悪すぎる」と言った。アメリカの北にあるカナダも南のメキシコもそれなりに安定している。対して日本の周辺はロシア、北朝鮮プラス韓国、中国とあまりに劣悪すぎるというのが彼の主張だった。
隣人が選べないというのは、悲しい‥  三橋氏のブログコメントより~★


 

 
いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 






スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/11/29 13:08<
2008.11.28(Fri)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 


 子供の頃、新聞の写真に目を近づけてみると、それは小さな点の集まりだったので、とても不思議に思った記憶があります。今ではデジカメ等でよくきかれる何万画素というのが、点(ドット)の細かさを表しているという事ですが、コンピューター上の文字も絵も全てがドットの集まりなんですよね。普段そうした意識も持たずにいますが、原理は同じでもあの時代の荒い新聞の点々から見れば、このPCってやっぱりスゴイ! 作った人はエライ!  
 アレ?! 誰が発明したんでしたっけ......オモイダセナ~イ

 ところで、点といえば管理人などはどうしても松本清張の「点と線」を連想してしまいます。
 点と点を結んだ先に、見えてくるもの…というスリリングな展開。小説の中の話ですから若い頃はただただ面白く、途中でやめるのさえ惜しくてとうとう徹夜で読んでしまった、、ということも何度かあったように思います。そう言えば、娯楽としての読書も、随分とご無沙汰です・・・フゥ~(-"-)

 そして、その「点」という言葉は管理人が度々エントリーの中で使ってきたキーワードですが、特に収集してきたわけでもないのに知らぬ間に集まっていた「点」が、そろそろ形を現し始めています。
 浮かび上がってくるその正体は・・・ナンチャッテ小説風?


   welcomeライン


 ご存じの通り、 一応参議院での「国籍法改悪」は見送られたものの、自民、民主の両党で今国会中に成立という合意がなされている以上、まったく油断はできません。これはこの改悪案に反対する者が共通して抱く危機意識でしょう。
 もし、これで国民の声を無視し強引なまでに通すなら、逆に次の選挙で国民は~簡単おせんたく(選択⇒洗濯)~ができるのでは? と思ってみたり...。

 ところが、前回も触れた「外国人参政権」付与を求める民潭が、このような記事を載せていたそうです。

(前略)
 政権交代の可能性をはらんだ「政権選択選挙」とされる今度の総選挙を、永住外国人の地方参政権獲得に向けた天王山と位置付ける民潭は、付与に賛同する候補者を中央・地方・支部が連携して積極的に支援し、選挙後に召集される国会での地方参政権法案の早期提出・成立をめざしている。

(中略)

 野党・民主党は「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」が「付与に関する提言」をまとめ(5月)、「地方参政権検討委員会」も「付与すべきだ」との検討結果を小沢一郎代表に答申(9月初め)。今度の総選挙用のマニュアルにも「付与」をうたっている。

 ちなみに、民主党は98年の結党時に策定した「基本政策」の中で「定住外国人の地方参政権などを早期に実現する」と明記しており、同年10月に「永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙等の付与に関する法律案」を公明党と共同提出。2000年7月には民主党単独で法案を提出した。
(後略)
----
■〈民潭〉参政権実県へ 賛同候補を全面支援
「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」[11/28]



※リンク元には、参政権付与に賛成する国会議員名簿があります。



 「特定国」にIMF以外で支援とか、「外国人参政権付与」を党是にしてるとか、以前から言われている小沢代表の秘書に韓国人女性がいるとか、は先刻ご承知の民主党スタンス。しかし、岡田誠一副代表が講演で普天間基地は「白紙に戻し再検討すべき」(=反米「基地縮小、廃止論」)とか、北朝鮮に「拉致問題が仮に進展しなくても、支援の輪に加わるべきだ」と述べたりとか、、、まぁ、次から次へと分かりやすい朝鮮半島だけに優しい思い遣りの数々。。。

otemo_08.gif f_balloon27.gif  もうダメ・・真っ黒くろすけ、煤け之助 参上!!

 形振りかまえなくなったようですね。というか、解散が来年4月以降になったために財政が苦しいとか、法案を通せなかった場合の言い訳にアリバイ工作をしているとかという話も聞きますので、今回も『ナルホド・ザ・ミンシュ』な管理人。

 そして、コレ矢印↓ ですからネ。
sanseiken.jpg 

bana_gaijin01m.gif 

banner6-big-2.gif 

banner4-big-1.gif 


h-line5.gif 


 もう、いちいち取り上げるのもバカバカしいのが、麻生首相への切り張りパッチワークdeネガキャン。 今度は、

◆医療費不適切発言、首相「おわびする」
11月27日14時19分配信 読売新聞
(以下、)

 麻生首相は27日昼、社会保障費抑制に関し、20日の経済財政諮問会議で、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言したことについて、「病にある人の気分を害したなら、その点はおわびする」と陳謝した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「ふしだらな生活をしないで、(病気の)予防をきちんとすべきだというのが趣旨だ。予防に力を入れることで、医療費全体を抑制できる」と釈明した。

 首相発言に対しては、公明党の太田代表が27日昼、「言われている通りなら不適切だ」と批判。河村官房長官も同日午前の記者会見で、「(病気の人が)心を傷つけられたとしたら、表現が不十分だったと思う」と語った。民主党の鳩山幹事長は同日午前、「このような方が首相にふさわしいのか、首をかしげる。本質的な考え方が我々と違う」と、首相を批判した。



◆麻生首相は「余計なこと言わないで」=医療費発言に苦言相次ぐ─自民党
2008/11/27 18:22 時事通信



kuchipaka7.gif ~~本当に、おかしいですね~~何が何でも『ダメな総理』とレッテルを貼りたがるマスコミと野党、そして党内の反麻生派です。
 安倍元総理の時と同じ構図、魑魅魍魎、悪鬼羅刹の怨霊が『スカートの裾を踏んでいる』(by田中真紀子議員) いえ、金縛りにしているようにしか思えない管理人。

 では、心ある方はこの■平成20年第25回経済財政諮問会議議事録要旨
PDF11頁目をご覧下さい。



(開催要領)
1.開催日時:2008年11月20日(木) 18:00~19:30
2.場所:  官邸4階大会議室
3.出席議員:
  議長     麻生太郎 内閣総理大臣
  議員     川村建夫 内閣官房長官
          与謝野馨 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
          鳩山邦夫 総務大臣 
          中川昭一 財務大臣
        白川方明 日本銀行総裁
          岩田一政 内閣府経済社会総合研究所長
          張富士夫 トヨタ自動車株式会社取締役会長
          三村明夫 新日本製鐵株式会社代表取締役会長
        吉川洋  東京大学大学院経済学研究科教授
臨時議員 舛添要一 厚生労働大臣
       高市早苗 経済産業副大臣


(議事次第)
(1)社会保障・税財政一体改革について
(2)平成21年度予算編成基本方針(事項案)について

 少し引用すると、11頁の麻生議長の発言の前にはこうした議論が交わされています。

(舛添臨時議員) 社会保障・政財政一体改革の話し合いの中で、要するに効率化による減税分を出してはどうか、ということに関して、まず1つは、例えば工場のオートメーション化のような話と違うのは、レセプトの電子化というものがある。医師会・歯科医師会・薬剤師会の3師会が猛反対で、その理由は「田舎にそんなことやらせるなら病院閉じる」と言って、「病院不足になったらどうするんだ」ということでまず反対している。さまざまな反対理由が、そしてどろどろとした人間的なことが、さらに既得権がある。それとともに、定量化するのが非常に難しくて、例えば「レセプトの電子化をしたら、どれだけお金が浮くか」というのは難しい。

 その他、メディカルクラークといって、事務員を入れることにしている→医者本来の仕事に集中できる→医師の養成は大変な金がかかるが、事務員が医師の口で吹きこんだテープをカルテに書き込む作業をやっている病院は非常に効率的→これによって人件費の差がどれだけ浮いてプラスになったかも非常にやりにくい。

 後発医薬品、ジェネリックを入れて、今年は1.000億円吐き出させたが、この中でも「これは危険だ」、「有効性がない」という議論がお医者さんの中であり、命に関わるものであるから、まず入り口が難しいのと、定量化が非常に難しい。

そして一番簡単な例を挙げると、窓口負担が無料な時はみんな行く。1割、2割、3割と窓口負担にいくとだんだん減ってくる。これを長瀬効果というが、これで言うと「では貧乏人は死ねというのか!」という猛反発が必ず出る。

 だから、この社会保障の分野で、効率化を納得させるのが難しくて、しかも数量化するときにも必ず反論が起こってくるということで、努力はしているが、なかなか岩田議員のご意見に応えることが難しい。

 と、こうした内容が語られています。

 直前の与謝野議員の発言は、

(与謝野議員) ただ、社会保障は放っておいたら幾らでもお金が出ていってしまう。これは相当注意深く物事をやっていかなければいけないし、効率化というのは大事な目標である。
 だから、地方財政については、鳩山議員がおっしゃる通りである。全国知事会会長の麻生福岡県知事にはいつも「地方財政が大変だったら、税制改革に知事会も協力してほしい」と申し上げてきた。今の話は、市町村長も含めた話だから、やはり総務大臣が先頭に立って、知事会、市町村会が税制改革全体を国民に理解していただくために、大きな貢献をしていただいた方が物事はスムーズにいくと思うので、これは鳩山大臣に課せられた大きな使命ではないかと思っている。



 で、ここからが問題にされた麻生首相の発言です。

(麻生議長) 67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる。彼らは、学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防するとごそっと減る。
 病院をやっているから言うわけではないが、よく委員長が言うのは、「今日ここに来ている患者は600人ぐらい座っていると思うが、この人たちはここに来るのにタクシーで来ている。あの人はどこどこに住んでいる」と。みんな知っているわけである。あの人は、ここまで歩いて来られるはずである。歩いてくれたら、2週間したら病院に来る必要はないというわけである。その話は、最初に医療に関して不思議に思ったことであった。
 それからかれこれ30年ぐらい経つが、同じ疑問が残ったままなので、何かまじめにやっている者は、その分だけ医療費が少なくて済んでいる事は確かだが、何かやる気にさせる方法がないだろうかと思う。



 どうでしょうか?
 例えとして、「同窓会」での「同級生」に抱いた印象を前提にして話をしています。しかし、積極的な議論をしなければならない場所で、後に鵜の目鷹の目の重箱の隅を楊枝で突く野党とマスゴミの批判を気にし、規制をかけられながらこうした難しい問題を議論できるでしょうか。
 それを、前回も指摘したように「耳触りの悪い」部分だけを切り取り、如何にも今病気で苦しんでいる患者に向けて発言したように強調して、「ダメな総理」に仕立てようと躍起な野党とマスゴミこそ、卑怯でしょう。・・と言っても、「恥」や「卑怯」という概念を持っていれば、こうした集団いじめのようなことは出来ませんが。

 また、所謂「健康上の問題は、本人の自覚による摂生や健康管理も必要」という意味に受け取れますが、これも24日のエントリー「情報の受け取り方」で説明したように、スポットライトの当たらない部分を見なければ、こうした悪意のフィルターをかけられたまま伝わってしまいます。
 管理人的に言えば、マスゴミはその存在だけで既に「点」と「点」を連結した「太い線」にも思えます。

h-line5.gif 


 最後に、御紹介したいブログエントリーがありますので、一部引用させていただきます。

(前略)

本当にそうか?

 28日に、「麻生VS小沢」党首討論がある。ここで、日本の国民はよく考えなければいけない。麻生さんの「失言」とか、「田母神さん更迭」とか、「補正2先延ばし」とかだが、本当に、それが、日本経済や、防衛上の生死に関するほどの失態ですか?

(中略)

もっとも重要なこと

「経済の麻生」は本気です。だが、この世界的な経済危機の状況で、そんなに簡単ですか?小沢やマスコミがグルとなって、突つきまわしている。だが、麻生さんも人間なんだ。完璧なわけがない。揚げ足を取るマスコミは「フェア」ですか?「失言するし~おれのやって欲しい解散をやらない~だから、倒閣だ」 そうですか?みなさんは、小沢一郎の言っていることに賛成ですか?

父母、兄弟姉妹、愛し合った友人が眼をつむって、この世を去る。すると、「短い人生を生きるとは、何なのか?」ということが良くわかります。「人間にとって、心の安定ほど重要なものはない」とわかります。確かに、自民党は大掃除しないといけない。しかし、麻生さんは、日本人の心身を安定させようと努力をしている。それも、民主的にやっている。麻生さんの性格が、小沢のように非情でないからです。この人を失くせば、長期の間、日本は暗黒の中に彷徨する。

伊勢平次郎 ルイジアナ


引用元: 隼速報[11/26]



 この最後の赤字と同様の言葉を、もう何人の方から聞いたでしょうか。。。

 もう一度書きましょう。



山本七平著「ある異常体験者の偏見」
(洗脳された日本原住民)

---●●
 国家という「運命共同体」そのものに敵対してこれを根底から破壊するもの、ないしはそう誤解されたり、そういう印象を与えたりするものは、はっきり自覚しなくても本能的に拒否するようになる--●● 







いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 







 




>EntryTime at 2008/11/28 07:51<
2008.11.26(Wed)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫


h-line1.gif


 珍しく芸能ネタからいつもの老婆心全開のエントリーを書きながら、少し疲れたので休憩する間にブラブラと周回コースを‥。

 経済関係では唯一の訪問先である、ご存じ三橋様のブログは下記のエントリーでした。

■KRW下落と韓国経済に関する考察[11/25]
「新世紀のビックブラザーへblog」


 wktkなのは同じなのですが、未だに数字やグラフを見てもピンとこない経済音痴は、悔しいことに内容の半分も理解出来ず、流れの早いコメントにもついて行けず、本当につまりません =286
でも、眺めているだけで楽しいのは、どうしてでしょうか424348422257437


!!!!!ところが、ある書き込みが目を奪いました。

◆民主党金融チームが金融危機対応の追加策、日銀による地銀出資など盛り込む
2008/11/25 18:57 jst


この記事の注目する個所は、このただ一点。

 ・IMF(国際通貨基金)への資金支援だけでなく、
    特定国への個別支援

 「特定国」とは、普通に考えるとIMF支援を嫌がっているお隣でしょうか?

 いくらなんでも名指しで支援するとは言えないでしょうけど、まさかアイスランドを個別支援という話ではないでしょう。優先順位は、お友達の国が困っていらっしゃるからこそ「解散!解散!」と大騒ぎをしていたわけで、、、と見ているのが大方の意見ですが、その話ならいくら経済音痴の管理人でも頷けます。

 これに反応した読者は相次ぎコメントを残していましたが、

>特定国にマニーを出すのは結構だけど、IMFを経由しないとなると、自分で取り立てなくちゃいけなくなるんですけど。
できるんでしょうか、民主党さん。
最悪の場合、執行裁判所の直接強制(執行)のように、執行官が泣き叫ぶ債務者の手から「家族の思い出の品」をもぎりとるような「汚れ仕事」も、自らしなくちゃならんのですがねー。 

 というものもあり、また、来年4月以降となった解散総選挙まで持つかどうか、、という意見もありでしたが、現麻生政権では中川昭一金融・経済相が当初からIMF経由の支援と言っているのですから、選挙の結果で政権交代後=晴れて支援、というのはまだまだ先の長い話のような気がします。

 と言うよりも、この「国籍法改正案」で国民の間に広がった危機感・危惧感が最高潮の中で、このような支援策を盛り込んだ行動計画を打ち出しては〈飛んで火に入る‥〉の反発を買うことを覚悟してのことでしょうか。
「国民生活第一」のキャッチフレーズも返上した、本音?

 しかし、国民の何パーセントが10年で2回目の破綻をする国に、そしてまだ前回の分を返済せずに、「竹島」を不法占拠し、「対馬」にまで手を伸ばす主権侵害、やりたい放題の反日国家への直接支援に賛成する国民が、果たしているでしょうか。

h-line5.gif 


 しかも、民主党小沢代表の発言は過激さを増す一方で、今度は「チンピラ」扱いですか。

◆「チンピラ」発言に応ぜず=麻生首相
2008/11/24 12:34 時事通信


 しかし、yahoo!のこの記事についたコメント上位は、見た限り全てが小沢氏への批判で占められていましたが、今更ではないものの政権交代を目指し、総理大臣になりたい方が病身の上に、このような品性を欠く非礼極まりない発言をするようでは、他人の事を批判できませんし、資質云々もそっくりブ~メラン。どこかの記事にあったように、かなり苛立ちのご様子でしょうか?



 そこで、去年の今頃はどうだったのか、少し振り返ってみましょう。

 今年同様に、昨年も民主党は参院選圧勝の強みで審議拒否を続け、テロ特措法など期限切れにして、積み上げてきた日本の国際貢献の信用に傷をつけました。

 それに、今年は「国籍法改正案」で大騒ぎになっていますが、昨年の今頃は「外国人参政権」付与問題で怒っていたことを、思い出します。
 毎年毎年、こうした国民にとって受難ともいえる不安定な状況を生み出す原因は、やはり外向きな政党と政治屋のせいなのでしょうね。

 知れば知るほど、深い闇が潜んでいます・・・


20007年11月7日
民潭主催:永住外国人に「参政権付与を」全国決起集会
 この集会には、国会会期中にもかかわらず民主党の白眞誠議員が参加。その熱心な司会ぶりは、潜入ルポで逐一報告されています。


≪潜入ルポ≫
■韓国民潭主催の外国人参政権要求集会で語られたこと
産経新聞:阿比留瑠比記者のブログ[07/11/13]
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/387064/

 ~一部引用~

壇上で白真勲(参院議員・民主党比例)がマイクを持って我が物顔で歩き回りながら会場を盛り上げていた

白真勲「日本は古代からたくさんの異民族を受け入れてきた。皆様が日本人と一体となって地域社会の一翼を担っていることは厳然たる事実である(拍手)

韓国人を受け入れ参政権を与えることは日本の国益になる。小沢一郎党首は参政権に積極的に賛成している。民主党に反対する議員はいない!他党の国会議員の中には『外国人を国政に参画させろ』と言っていると誤解している議員がいる。そうじゃないんだ。地方に限って選挙権を与えろって言っていることを徹底したい。私たちの生まれ故郷である日本を一緒に作って行こうではないか!」
得意満面・有頂天とはこのことであり、歩き回りながらマイクで会場を煽る。



★ この後、銀座数寄屋橋をデモする全国から集結した在日韓国人の様子を写した動画は、コチラ (1/3) つづきは、画面をクリックしてyou tubeでどうぞ

 

 因みに、

各政党による在日参政権法案国会提出状況
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/seitou.htm

自民党 - 0回
民主党 - 15回
公明党 - 27回
共産党 - 11回 ←

※民主党・公明党で共同提出が5回
※共産党は被選挙権も要求

今の国会で、公明党提出の外国人参政権付与法案が審議中
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm



12月
●平成19年12月7日
 民主党の小沢代表は国会会期中にも拘らず、同行国会議員約50人を含む約450人の訪中団と訪中。北京の人民大会堂で胡錦濤国家主席と約30分間会談した

●「テロ特措法」審議拒否

●12月15日 韓国李大統領候補:北朝鮮支援、日本の金で~

●12月21日
 民主党:地方参政権法案提出へ 白眞勲議員「これから仕切り直しだ」


2008年
 
●1月2日“潘流”人事? 国連で韓国人職員25%増

● 2月26日
 民主党・菅代表代行、韓国の李明博大統領と日韓の交流強化を確認 


~~~

 これだけでも民主党の親韓ぶりがよく分かりますが、民主党を支持する民潭と言えば在日韓国人、加えて在日朝鮮人が、如何に日本において優遇されているか、その「在日特権」を改めて見てみましょう。


✖✖在日特権✖✖

[地方税]  固定資産税の減免

[特別区]  民税・都民税の非課税

[特別区]  軽自動車税の減免

[年 金]  国民年金保険料の免除
       心身障害者扶養年金掛金の減免

[都営住宅] 共益費の免除住宅
        入居保証金の減免または徴収猶予

[水 道]  基本料金の免除

[下水道]  基本料金の免除
        水洗便所設備助成金の交付

[放 送]  放送受信料の免除

[交 通]  都営交通無料乗車券の交付
       JR通勤定期券の割引

[清 掃]  ごみ容器の無料貸与
        廃棄物処理手数料の免除

[衛 生]  保健所使用料・手数料の滅免

[教 育]  都立高等学校
       高等専門学校の授業料の免除

[通名]   公式書類にまで使える。(会社登記、免許証、健康保険証など)
       民族系の金融機関に偽名で口座設立
     
[生活保護] 家族の人数×4万円+家賃5万円
        
[住民票]  「外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない。


●大学入試センター試験で外国語科目に「韓国語」が無いのは、差別との在日朝鮮人からの訴えから、「韓国語が外国語科目」として認められた。

●日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)では、1チーム3人までの外国人枠とは別に、通称「在日枠」があり、日本に生まれ育ったが帰化はしていない「朝鮮人選手」を外国籍扱いにしない制度がある。

●通名は、自治体が発行する外国人登録証には「通名を記載する」ことが可能であり、金融口座を通名で開設できる事により、架空口座・仮名口座などが開設され、脱税やマネーロンダリングなどの「犯罪行為」に使われるなど、犯罪の温床となっている。

※通名は、警察発表が行われた事件で、朝日新聞など報道機関では、犯罪者の氏名公表に通名を優先させている場合が多くある。

※各自治体では、「朝鮮学校」へ助成金を出している場合がある。
⇒朝鮮学校では、文科省が示す学習指導要領に沿った教育内容を持たないで「北朝鮮における教育」を基本とし、「公の支配」がされていないので、全国の自治体が「朝鮮学校」に対して行っている助成金は「違憲行為」。

●「在日本朝鮮人総聯合会」(朝鮮総連)の施設、および関連施設に対し、固定資産税の全額免除、もしくは一部免除などが行われており、在日本大韓民国(民潭)にも、朝鮮総連同様の、地方自治体から課税免除などが与えられている。

引用元:■近野滋之・民族主義者の警鐘[11/26]

--------------------

 この上の資料を最初に見たのは、「外国人参政権」で騒がれている最中でした。確か地方議員100人で作る会「草奔崛起-PRIDE OF JAPAN」だったと思うのですが、やはり目の前に危機を感じると、情報収集にも貪欲になります。

 そうした中で開設したこのブログでしたから、遅ればせながら1年が経ったことを思い出しました。と言っても、途中3ヵ月ほど休止した時期があるので、正味9ヵ月ですが、大袈裟ではなく怒涛のような1年だったと思います。

 年が明ければ、直ぐに「毒ギョウザ事件」発生。前福田政権下の親中ぶりにジリジリしながら国民の生命よりお友達というスタンスのトップに憤り、そして、「人権擁護法案」への危機感。チベット問題と北京五輪で世界中が「Free Tibet」と叫び、4・26「長野事件=聖火リレー」で知った支那留学生の正体、胡主席の訪日…


 そして、今年も残すところ1ヵ月余ですが、世界同時金融危機も先が見えず、アメリカ大統領も民主党に交代します。そのオバマ政権にあのクリントン候補、またあの「慰安婦問題」の反日マイク・ホンダ議員も…。と、今後の不安要素は国内だけに留まりません。

 また、最近北朝鮮の動きも、何かキナ臭さを感じます。

■北朝鮮が開城観光、南北陸路往来を中断
■北朝鮮が名簿要求、開城工団追放で
■北朝鮮がシリアに核燃料提供、IAEAが調査中 韓国紙


これで万一、朝鮮半島に騒乱が起こったら…?!
数万単位の朝鮮人難民が日本に押し寄せてくるのは確実。



◆【対馬が危ない】「北朝鮮騒乱で10万人以上の難民が上陸も」
東海大・山田吉彦准教授(寄稿)(1/4ページ)
2008/11/24 20:24 msn産経(以下、一部引用)



仮に北朝鮮が、軍事クーデターもしくは、韓国との騒乱を起こした場合、最大で400万人の難民が流出するといわれ、そのうち10万から15万人が、在日の血縁者をたより日本を目指すと考えられる。

 

 しかし、元山や清津などの日本海側の港にある船の数は少なく、直接、日本へ向かうのは5000人から1万人程度であり、その他は韓国経由である。

しかし、元山や清津などの日本海側の港にある船の数は少なく、直接、日本へ向かうのは5000人から1万人程度であり、その他は韓国経由である。その際に、難民の多くは、海峡を越えて対馬に上陸することになり、人口3万8000人の対馬に10万人以上の難民が押し寄せる事態も考えられる。

 残念ながら、日本の難民対策は十分ではない。1989年に長崎県に、インドシナ難民と中国の福建省からの偽装難民が、3000人以上も流入し、五島列島の小島が中国人に占拠されるなど、地元はパニックとなった。しかし、その教訓は生かされず、現在も難民の収容方法、収容施設など難民受け入れの施策はないに等しい。

 何事も『備えあれば憂いなし』の、危機意識は持たなければならない情勢になってしまったのでしょうか。
 そう言えば、戸井田議員のブログコメントに石垣島の中学生と名乗る子が、「中国が怖いんです…」と、FAXを送った報告と共に書いていました。台湾も尖閣も有事の際は近いですものね、、、何かを肌で感じているのでしょう。

 まだ中学生なのに、今ではネットや携帯から情報を知ることができますからね。知ってしまった者の、それは年代に関係なく共通して背負う「国」の重みなのかも知れません。




「持つべき土台の基本とは、良き法律と良き軍備である。そして、良き軍備のないところによき法律はありえず、また良き軍備のあるところには必ずや良き法律がある」(『君主論』第12章)




いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 


 




>EntryTime at 2008/11/26 10:39<
2008.11.24(Mon)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 

 〈まえがき〉にするには重いニュースなのですが、1点だけどうしても拭えない違和感があります。
 それは、砂場に置いた磁石に砂鉄が吸いつくようにして知り得る情報から「点」と「点」が結び付き、形として浮かび上がるようなモノを感じます。
 それが何なのか‥と、言及出来るほどの知識も見識もありませんが、本能的なものにプラスされた情報、そして過去の出来事を記憶することによって、その「差」=「違和感」として認識することは、決して無駄ではないでしょう。
 例え取り越し苦労でも、常にアンテナを受信可能な状態に保ち、得る情報を精査管理する 能力を磨くのは、ある意味「防衛本能」或いは、危機意識を備え持つという点では大切な感性だと思えます。

 ちょっと大袈裟な言い回しになりました。m(__)mペコ


◆【元厚生次官ら連続殺傷】なぜ2人を狙った?不可解な動機「職員録を閲覧」とも供述
2008/11/24 01:18 msn産経

(以下、一部引用)

(前略)
今後の捜査では、小泉毅(たけし)容疑者(46)が2人の元厚生事務次官を狙った動機の解明が最大の焦点となる。「昔、保健所にペットを殺されて腹が立った」と供述しているが、なぜ多くの次官経験者の中から2人を狙ったのか、その理由は見えてこない。2人は在省当時、保健所業務に携わったことがなく、「元厚生次官なら誰でも」といった“無差別殺傷”の可能性を指摘する警察幹部や、「年金問題が引き金になったのでは」という心理学者の声もある。
(後略)




 この事件は、何故か当初からマスゴミが一列に「テロ」と決め付けた報道でした。厚生省の元次官、それも「年金スペシャリスト」が狙われたから、即「テロ」という騒ぎ方にまずかなりの違和感。

 どこかの書き込みに、思いっきり関心を引くコメントがありました。うっかりメモせず時間が経過して、そのソースを探せないのが残念ですが、確かこうした内容でした。

~~**

 この事件で、小学校の先生が言った言葉を思い出した。

 マスコミが騒いでいたら、注意しなさい。
 それはきっと、私たちには良くない事が裏側で行われている時だから、気を引き締めて、決してマスコミに乗せられてはいけない。表に出てこない事に気を付けなさい。


**~~

 …今月に入り、米国大統領選や小室哲哉の逮捕一色のニュースの水面下では、婚姻要件を削除した「国籍法改正案」が4日に閣議決定され、5日には国会に提出されました。
 その後、前航空幕僚長田母神空将の「論文」問題で大騒ぎとなり、政治ブログの上位もこの「田母神論文」で一色に染まっていた時期があります。
 管理人がこの「国籍法改正案」の危険性を知ってなお、徐々に取り上げるようになるには数日間のタイムログがありました。

 話を「厚労省次官殺傷事件」に戻します。
 容疑者出頭の際の数々の疑問は置いておいても、管理人が最も違和感を感じたのが、警察庁から出てくる時の様子です。

 待ち構えている報道陣が浴びせるフラッシュの嵐を前に、建物の中から(例えとしては不適切でしょうが)正々堂々と素顔を晒して出てきた小泉容疑者。それを周囲を取り囲む捜査官たちが誰一人カバーしようともせず、誰の手にも顔を隠すために用意されたジャンバーや上着などを持っている様子はありません。いいえ、始めから隠そうとする意思がまったくあるようには思えない晒し方に、強い違和感を禁じ得ませんでした。

 近年、こうした殺人事件だけでなく、些細な事件であっても容疑者の人権重視で必ずジャケットや上着などで顔を隠させてきたのが、警察ではなかったでしょうか。本人が例え拒否しても、逆にどうしてそこまで庇うか?と疑問に感じるほど無理矢理にでも顔をマスコミに晒すことを避け続けてきたはずです。少年の事件では、特に神経質なほどブルーシートで覆い、目隠しに躍起になっていた警察でした。

 それが、今回の事件に限って(記憶にある限り、他に覚えがありません)何故、あのようにあからさまに「晒し者」にしたのか?が、理解出来ないでいます。
 プラス、証拠品一切を用意しての出頭と動機の曖昧さ、不合理性…。何かの〈すじがき〉に沿って動いていながら、しかしB級映画のお粗末さを露呈するような支離滅裂なストーリー展開、に似た印象を持つのは「サスペンスドラマ」の見過ぎ?!
 その後の推理、邪推は個人個人のお楽しみということで、以上にしておきます。


   welcomeライン 


矢印↓  突然ですが、下の絵をご覧下さい。(管理人作成)



図1

イメージa 


 これは、一枚の用紙に書かれた図が半分隠された様子です。


質問:
この黒で隠された部分を想像して、この絵がどんな形をしていると思いますか?



多分多くの方が「357」を想像されたと思うのですが、果たしてそうでしょうか。

もしかしたら、





図2
イメージb 

こんな形かも知れませんし、或いは





図3

イメージc 

こんな形が隠れていたかも知れない‥とは、なかなか想像しにくいものです。

何故なら、図1を見る限りでは、赤い半円の延長には円であることが最も素直に想像しやすいからです。


 では、テレビや新聞の情報は、どうでしょうか?

 前回も触れた麻生首相への捏造・歪曲批判は、そうした左巻きマスコミの「高級ホテル通いの首相は庶民感覚ゼロ」「失言が多い」「漢字もろくに読めない」etc.と報じれば、大多数の(注意していない)読者・視聴者は、当たり前のように半円を357と見るように、「そうなんだぁ~」「まったくだ」と思うでしょう。

 メディアの効果は、スポットライトのように極一部分(意図的)に光を当てただけの記事(ニュース)を流せば、あとはそれを見た人が「勝手に判断」します。
 しかしそれは、抜き出した部分、スポットライトを当てる部分が違えば、伝わるものが全く違ってきます。

 問題となった「田母神論文」でも、“あの論文は正しい”と報じれば、そうなんだ‥と押し付けられてきた自虐史観の誤りに気付き、捏造された歴史教育や反日外国からの執拗な反省と謝罪を求める抗議が如何に理不尽であるかを、知る人が増えてくるはずです。

 だから、そうしない…。そして、麻生首相を応援するマスコミが全くない現実や、くだらない事件や芸能人のゴシップ記事に大騒ぎをして煽り続ける報道は、一体誰が得をし、誰が望むことでしょうか? 
 何か事が起こるときには、結果から利益を得る存在がある、と考えるのは常識ですが、一欠けらの疑問も持たないで受け取るのは危険です。

 最近、都内に猿が出没して話題になりました。
 これが、地方の猿の生息地なら当たり前のことですから、ニュースにはなりません。しかし、少し離れた人里ならどうでしょうか?

[人間の言い分]
●猿が人家近くに出没しました!

 でも、その地域は数年前までは猿が住む森でした。

[猿の言い分]
●猿の里に、人間が出没しました!

 と、このくらい立場が異なると違ってきます。

h-line5.gif 

まとめ

1.情報の受け取り方 88 事実か印象かをよく吟味する。

2.1つの見方に偏らない  88  立場を変えて見るとどうなる?

3.隠れたものを探す 141 ニュースは元々特別なことにスポットライトを当て
               て伝える。
              141 スポットライトの周りの闇を見る
              141 普段起きている事でも、ニュースになるからそれ
               ばかりのように思える。

4.結論を即断しないこと 88 保留する
61情報を鵜呑みにすると、例えばバッシングなどで「加害者」となる場合がある。

※面白い事に、記者はそんなに知識があるわけではないので、「審議」することはできない、と言っていました。

1この内容は、某番組を見たメモ書きからの引用で、なるべくメモ通りの内容にしたつもりですが、付け加えた部分もあり、多少管理人のフィルターがかかっているかも知れません(笑)
又、この講師を務めた方は元○×テレビのアナウンサーでした。

----------
メディア・リテラシー:wikipedia

情報メディアらを主体的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。情報を処理する能力や情報を発信する能力


 つまり、一時情報といえども、必ず何らかのフィルターを通ってきているものであり、まったく方向性を持たない情報は無いという事である。
 また、表現者の編集次第では、情報を意図的に改変・誇張して発信する(情報操作)事により受信者(聞き手、読者、視聴者、世論等)の考えを一定方向に誘導することもできる。 



山本七平著「ある異常体験者の偏見」
(洗脳された日本原住民)

---●●
 国家という「運命共同体」そのものに敵対してこれを根底から破壊するもの、ないしはそう誤解されたり、そういう印象を与えたりするものは、はっきり自覚しなくても本能的に拒否するようになる--●●



 


 
いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 









>EntryTime at 2008/11/24 23:20<
2008.11.22(Sat)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 



umaya_04.gif 

~~≪ひとりごと≫~~



 夕方TVをつけたら、××テレビだった。

 丁度(?)麻生首相のネガキャンに入るところで、ボードを用意し失言や読み間違いなど幾つか箇条書きで示しながら、特に「金融問題」で質問した記者に、“あんたらには‥”と言ったのは許し難いという内容の批判を繰り広げていたのは✖✖子キャスター。

 毎日毎日、まるで「一日一悪口(善)」どころか、連日報道番組枠に入ると繰り広げる悪口雑言は、最早社是?それともカルト宗教のお題目?と思える熱心さ、、、

 しかし、“あんたら”と言ったのは総理総裁で、しかも常に誘導尋問的な、或いは呆れるほど中身のない質問をしつこく繰り返し、鵜の目鷹の目で「失言」を待ち構えているような記者たちに、あんたらと言ったことがそんなに問題だろうか。
 まるで「差別」とか「人権」とかとすぐに言いたがる人達の論理と似ている‥

 麻生首相の著書を読んだり、普段の記者への対応を見ていると、ハッキリとマスコミがまともな報道をしていない機関と認識しているからこそ、そうした当たり前のことを言っているに過ぎない麻生首相。発言の一カ所を切り張りして、そればかりを強調するご都合主義の報道姿勢は、もう既に政治に関心のない友人の間でも相当評判が悪く、いや怒りまで買っているのが現実なのにね。

 それに、“あんたら”と見下されたように感じたことが問題なら、民主党の小沢代表が麻生首相を“あんた”呼ばわり連呼はどうなのよ?!記者が“あんたら”と言われたことと総理総裁が野党の党首に“あんた”呼ばわりされたことでは、問題の大きさがまったく違うでしょ。何故そのことには批判しない(今現在、どこのTVでも聞いていない)で、たかが揚げ足取り記者への“あんたら”批判だけを、挙げ連ねるのでしょうか。
 ‥と言いつつ、叩く・潰す・引き摺り下ろす=いじめ=民主党擁護&支援=政権交代がお望みですからね。よーく分かってますから、問いかけたくもありません。


◆民主審議拒否、突然のトップダウン…現場は混乱
2008年11月19日02時44分  読売新聞(以下、一部引用)

> ◆首相に「あんた」連発◆

 17日の党首会談の出席者によると、会談で小沢氏は首相に向かって「あんた、10月30日に『2次補正を出す』と国民と約束したじゃないか」などと「あんた」を連発し、会談の最後には「じゃあ、そういうことでよろしく頼むよ」と告げたという。



   welcomeライン


 こうしたマスコミ報道に、池田信夫氏は

 


■医師会には社会的常識が欠落している人が多い
「池田信夫blog」[11/20]



 麻生首相の「失言」が次々に問題になっている。きょうは「医者には社会的常識が欠落している人が多い」という発言が槍玉に上がっているが、これは文脈を無視した引用である。

 もとの発言は、朝日新聞によれば、

(医師不足が)これだけ激しくなってくれば、責任はお宅ら(医師)の話ではないですかと。しかも「医者の数を減らせ減らせ、多すぎる」と言ったのはどなたでした、という話を党としても激しく申しあげた記憶がある。

 というもので、これは正論だ。

 小倉秀夫氏も指摘するように、かつて「医師過剰」の是正を繰り返し求めたのは日本医師会出身の議員だった。
 たとえば1993年に参議院文教委員会で、宮崎秀樹議員(当時)は次は、大学の医学部、医科大学の学生定員の問題でございます。これに関しましてはいろいろ定員削減という方向で文部省と厚生省との話し合いができておりまして、一〇%削減、こういう目標を立ててやっているのですが、実際にはそこまでいっていない。
[・・・]
 例えば昭和六十三年には十万対百六十四人だった。これが平成三十七年には三百人になるんです。三百人というのはいかにも医師の数が多過ぎる。
と医学部の定員削減を求めている。宮崎氏は日本医師会の副会長を歴任した。

 実は、私もこのころ医師会に取材して驚いたことがある。カルテの開示について、社会部の記者と一緒に某常任理事にインタビューしたところ、彼は「あなたがたは勉強が足りないから教えてやる」といって演説を始めたのだ。「医者と患者は同格の立場ではない。患者は判断能力がないのだから、カルテなんか見るのは混乱するだけだ。黙って医者のいうことを聞けばいい。医師会は、インフォームド・コンセントなんてまやかしの流行には乗らない」とカメラの前でぶちまくる彼に、われわれは唖然とした。

 私もいろんな職業の人とつきあったが、こんなふうに特権意識丸出しで相手を見下してしゃべるのは、全銀協と医師会だけだった。医師全体がどうかは知らないが、医師会に社会的常識の欠落した人が多いことは間違いない。医師会は官邸に抗議に行く前に、自分たちが過去にどういう政治的圧力をかけてきたのか、思い出したほうがいいのではないか。


 引用が朝日新聞というのも皮肉ですが、「文脈を無視した引用」という以上に、意図的悪用でしょう。管理人は歪曲印象報道、ということで記憶にインプット。


~~ここで、少し脱線~~(^^ゞ

 管理人も人並み以上に医師にはお世話になる身なので、色々な経験があります。いえ、こうしてまだ生きているので「経験」で済んでいますが、実に危なかった事があり、別の病院である程度回復した頃に思い出して、遅まきながら怒りがこみ上げた事があります。

 かなり緊急な状態で病院に運ばれ、検査や医師の診断を受けている時のことです。七転八倒するほどの痛みに耐えながら、お腹を触診されたとき思わず“イタイ!”と叫ぶと、何と言ったと思いますか。

『大袈裟な患者だなぁ~』でした。

 後で聞くと、ただの内科医。高熱と尋常でないお腹の痛みで歩けないほどの患者に向かって、言う言葉でしょうか。事の緊急性がまったく分からないほどのヤブだったらしく、その後外科医や婦長が慌て始める中、一人もじもじとしていたその年配医師の姿はあまりにも場違いで、忘れられません。当然救急車で大きな病院に転送されて緊急手術。後々家族から、もう少し遅かったら手遅れになっていたそうだ…、と聞いた時は本当にゾッとしました。

 まさに医師には「当たり外れ」=「運・不運」があると、実感した経験です。

 その他、大きな病気をするといろいろ医療費の他に出費があります。そうしなければならないシステムになっている場合も多く、それを当然として受け取る偉い医師がいるという現実も、一部の人たちの「既得権益」を支える「システム」だからこそでしょう。これが医療格差になる最も身近な入口のような気がします。

 経済的余裕がなければ、高度な医療を受けるチャンスさえ与えられない‥?

h-line5.gif 

 更に、マスコミの話に戻ると、今回の「国籍法改正案」の報道が新聞は産経が扱う以外に大きく取り上げず、TVでは一度も見かけていないこの現実。

※ その裏事情は、お馴染み「博士の独り言」様が詳しく載せていらしゃいますのでリンクしてご覧下さい。 ⇓

■新聞が報じない「国籍法改正法案」の動向
「博士の独り言:創価『法務委員長か』」[11/21]



 戸井田議員のブログコメントにも、マスコミの報道姿勢に不満と不信感を募らせる読者の声が相次いでいます。ここまであからさまな重要法案改悪を隠匿していては、当然の反応でしょう。
 そうした結果は、「朝日新聞社、初の赤字転落」との報道によりいよいよ新聞社の自然淘汰への時代を感じさせるのですが、これに関して興味深い記事がありました。


◆マードック氏が指摘する「既存メディア衰退の原因」
2008/11/19 08:00 news corp
(以下、一部引用)

 新聞の部数が減少し、事態がますます悪化すると予想されている中、Rupert Murdoch氏は、読者の信頼および忠誠心を失った記者や編集者を振り払うことができれば、業界にはまだ明るい未来があるかもしれないと述べた。

 「わたしは、既存メディアがインターネットに対応する方法についてこう考える。つまり、時代遅れになったかもしれないのは、新聞ではないのだと。
 それはむしろ、読者とのきずなという新聞の最も貴重な財産を忘れている一部の編集者、記者、経営者の方だ」とNews Corp.の会長兼最高経営責任者(CEO)であるMurdoch氏は述べた。

 同氏のこの発言は、Australian Broadcast Corporationが提供している講演番組の一環として行われたものだ。

Rupert Murdoch氏
提供:Dan Farber  MySpaceやWall Street Journalなどを傘下に収めるNews Corp.のMurdoch氏は、一部のニュース編集室での「自己満足と恩着せがましさ」の風潮を批判した。

 「自己満足の原因は独占を謳歌(おうか)していたことで、今になって、かつて当たり前のように獲得していた読者を得るために競り勝たなければならないことを知ったということだ。それよりもさらに大きい問題は、多くの編集者や記者、経営者が読者に示す恩着せがましさだ。顧客を軽蔑していたら、いつかなかなか商品を買ってもらえないときがくるのは、誰にでもわかる。新聞も例外ではない」(Murdoch氏)



 この後Murdoch氏は、それでも「新聞が読者に信頼できるニュースを提供できれば」今でも発行部数を伸ばすことができる、と述べているのですが、日本の場合は事情が違います。最近では一般の無関心層でさえ、“何処の国の報道機関?”と思えるという『反日』報道一色で、「歴史認識」の自虐史観押し付け、国益・国際貢献に繋がる内容や国の安全保障等には「守る」より「守らない」論調で統一されていることから見れば、今後「信頼できるニュース」が配信されると、期待できる要素は感じません。

 その上、日刊ゲンダイが昨日掲載したこの記事。

◆ネットユーザーが右傾化するワケ
2008/11/21 10:00 日刊現代
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-05019007/1.htm

==引用開始==
(前略)

それにしたってこの右傾化は何なのか。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。

「いわゆる“ネット右翼”がはびこるようになったのは、02年のワールドカップ以降です。愛国心に火がついた連中がわあわあ騒いだ。彼らはネットで自分の意見に近い考えや情報を探すため、“みんな同じ意見だ”と自家中毒的に思想が凝り固まる。その結果、どんどん過激化していったのです。ただ、ネット右翼は相対的には減少傾向。04年あたりから40代以上のネットユーザーが急増しているので、薄まってきています」

 一部の人間が大騒ぎしているだけか。

==引用終了==

 と、相変わらずな負け惜しみ的内容に思えるのですが、
 前出の「既存メディア衰退の原因」、Murcodh氏の指摘に少し耳を傾けてみたら如何‥?と老婆心ながら思います。

(前略)
インターネットでは、編集者が無視したかもしれない出来事に関する多くの情報源にアクセスできる。そして、それに満足できなければ、自分のブログを立ち上げて、自分でそのニュースを取り上げ、コメントすることができる。ジャーナリストは、自身は番人であると思いがちだが、一般の人々が彼らに説明を求めても、必ずしもきちんと対応してきたとは限らない」(Murdoch氏)

 主張の一環として、Murdoch氏は、CBS Newsの元キャスターであったDan Rather氏による、Bush米大統領が州兵時代に兵役を逃れたとする「60 Minutes」の報道のうそをブロガーが暴いたときのメディアの反応を批判した。

 2/2

 「既存メディアは、この市民ジャーナリズムを称賛するどころか、抗戦の構えを取った。Fox Newsに出演したCBS Newsの幹部は、歴史に残るだろうごう慢な発言で、ブロガーを攻撃した。

同氏は、『60 Minutes』は『何重にも抑制と均衡』が施されたプロの組織だと述べる一方、ブロガーは『パジャマを着て居間でくつろぎながら記事を書いているやつ』だとはねつけた。しかし、最後には、パジャマ姿でくつろいでいる人物によって、Rather氏とそのプロデューサーは辞任に追い込まれた」(Murdoch氏)

 (後略)



 検索すると、このゲンダイの記事は既に2chで取り上げていました。

 果たして中身は‥?と、少々興味を引きます。







いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 







 




>EntryTime at 2008/11/22 07:27<
2008.11.21(Fri)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫


h-line1.gif


「国籍法改正案」は、参院法務委員会で11月26日、27日に開催され、参院本会議に緊急上程されると、27日午後にも可決される。遅くとも28日に強行可決されるようです。


なめ猫♪[11/21]
様より転載します。



***岡本明子さんからのメール***

各位 水間さんから、メールでお知らせをしてほしいという電話を受けました。
卑劣にも、国籍法改正案は、参議院でも強行可決されようとしています。
先のメールで、何故ファクスが有効なのかをお送りしましたが、ファクスのほか、勿 論メールも効果的です。
他に有効な手立てが無いわけですから、ファクスとメールをどんどん送り続けたいと思います。

次のメールで、ファクス、メールの送り先をお送りします。
以下、水間さんのレポートです。

~~~ 

●緊急拡散『国籍法』緊急集会 (水間政憲)

【11月20日15時前後の情報。

「国籍法改正案」は、参院法務委員会で11月26日、27日に開催され、参院本会議に緊急上程されると、27日午後にも可決される。遅くとも28日に強行可決されるもよう】

●国会経過報告・・・緊急拡散『国籍法緊急集会』 (水間政憲)

11月19日午前10時。
第2回「国籍法改正案を検証する会合」が、第1議員会館第2会議室で開催された。
冒頭、平沼赳夫会長が、手続き上の問題点などを指摘した。
その後、山谷えり子議員、戸井田とおる議員、赤池誠章議員がそれぞれ経過報告して始まった。
まず始関正光・法務大臣官房審議官民事局担当が、「改正案」の要点を説明した。その説明は、言い訳に終始する状況だった。
論議しても噛み合わない原因は、性善説にたつ法務省側と性悪説を立法作業の基本とする国会議員側の意見は対立であった。
始関審議官の説明は、国籍法・民法・戸籍法を一緒にしたような解説で、未整理状態を露呈した。

扶養義務が民法にあるとしても、扶養できない男性が、認知できない訳ではない。

また、婚姻は必要ないとする「改正案」は、嫡出子と非嫡出子に関わる相続権など様々な問題が出てくる。

法務省は、法務委員会で父母に対面調査するとしていた。しかし、始関審議官は「DNA鑑定は、検体偽装が考えられ、本人確認が難しい」と述べた。
それなら父母を対面調査したとき「髪の毛一本」提供してもらえば済むことです。

また、始関審議官は「DNA鑑定に10万円位かかり、負担になる」と言い訳した。

現在、運転免許証取得にも、「40万円」位かかる。国家国民の神聖不可分な「国
籍」取得経費(DNA鑑定)としては適正である。どこの国の貨幣価値を想定した基準
なのであろうか。

戸井田議員は「DNA鑑定を避けよう避けようとしているとしか思えない」と、憤っ ていた。また、木挽司衆院議員は、「EU諸国で移民親族の呼び寄せの入国審査に、DNA鑑定を採用している。別問題を心配しているが、EUでは差別問題にどう対処しているのか」と述べた。

始関審議官は、「EU諸国が差別問題に、どのように対処しているか、詳細を承知しておりません」と、考えられない答弁をした。

その時、会場がどよめき、平沼会長は「そんなことも調べてないのか」と、顔を紅潮させ憮然としていた。

この「文民クーデター」は、民主主義国家崩壊の一里塚なのだ。平沼赳夫会長が自民党にいなかったことは、国家的損失だった。小泉純一郎の責任は、万死にあたいする。ジャーナリスト水間政憲。ネットだけ転載フリー

NPO法人家族の絆を守る会(FAVS)
事務局長 岡本明子

--------

●超緊急拡散【国籍法】参院本会議採決27日午後か28日 (水間政憲)

参院法務委員会は、11月26日27日開催かれ、参院本会議に緊急上程されると、27日午後に「国籍法改正案」は参院本会議で可決される。遅くとも同28日に強行可決されるもよう。

【国籍法改正案慎重審議】を要請する全国の覚醒している日本人の皆さん。FAXは、凄く有効です。
要請書を発送する優先順位をお知らせします。
慎重審議をお願いする順番。

1、民主党 党3役

2、《参院法務委員会理事》
【委員長、澤雄二(公) 千葉景子(民主) 松岡徹(民主) 松村祥史(自民) 木庭健太郎(公)】

3《委員》民主〔小川敏夫。紺野あずま。鈴木寛。前川清成。松浦。松野。江田五月〕
社民党〔近藤正道〕
共産党〔仁比聡平〕
自民党〔青木幹雄。秋元司。舛添要一。丸山。山崎正昭。山東昭子〕以上。

民主主義国家の国民の真情を真摯に伝えて下さい。一人一人の国を思う気持ちをFAXに載せて発送して下さい。直筆は、なにより個人の意志として伝わります。FAXがない方は、メールでもいいと思ってます。皆様のご健闘をお祈りします。
ジャーナリスト水間政憲。転載フリー

以下は、私が調べた連絡先です。番号は、全てファクスの番号です。

分からない所のファクス番号もしくはメールアドレス
・・・小沢一郎、鳩山由紀夫(国会事務所)、岡田克也(国会事務所)、前原 誠司(国会事務所)、直嶋 正行(国会事務所)、丸山和也(国会事務所)を、国会便覧を持っておられる方、教えて頂けると幸いです。

代 表 小沢 一郎
幹事長 鳩山 由紀夫 0143-43-8577
副代表 岡田 克也  webmaster@katsuya.net 059-361-6655
      前原 誠司  075-702-9726 info@maehara21.com

      川端 達夫  03-3502-5813
      石井 一  03-5512-2242 hajime_ishii01@sangiin.go.jp
      高木 義明  (03) 3503-5757 g02653@shugiin.go.jp
      北澤 俊美  03-3503-3889 
      円 より子 03-5512-2738
政策調査会長 直嶋 正行 info@naoshima.com
国会対策委員長 山岡 賢次 03-3502-8855 http://www.yamaokakenji.gr.jp/mailform.htm


参議院 法務委員会
松村龍二(自民) 03-5512-2304 info@ryuji-m.net
青木幹雄(自民) FAX 0852-22-7577
秋元司  (自民) 03-5512-2311  http://www.akimoto-web.jp/opinion.html
舛添要一(自民)  03-5512-2219       http://mipe2.aa0.netvolante.jp/fmi/xsl/koushiki/inquiry.xsl
丸山和也(自民)http://maruyama-kazuya.com/inquiry/index.html
山崎正昭(自民)FAX:0776-28-1067
木庭健太郎(公)  03-3508-9419

千葉景子(民主) 045-201-8188 http://cgi.routeone.jp/cgi/form.cgi
松岡徹(民主) http://www.matsuoka-toru.jp/ の「お問い合わせ」、
          FAX:03-5512-2734
小川敏夫(民主)info@ogawatoshio.com FAX:03-3593-0577
川上義博(民主) 03-5521-2701  http://www.kawakamiyoshihiro.com/cgi/mail1/index.html
 今野東(民主) azumaru@k-azuma.gr.jp FAX:03-5512-2708
鈴木寛(民主)info@suzukan.net FAX:03-5512-2635
前川清成(民主) maekawa@maekawa-kiyoshige.net FAX:03-5512-2712
松浦大悟(民主) http://www.dai5.jp/mailform.php  03-5512-2517

仁比 聡平(共産) 03-5512-2333
近藤正道(社民) 03-5512-2740
江田五月(無所属) http://www.eda-jp.com/ satsuki@eda-jp.com  
            FAX:03-5512-2608
山東昭子(無所属) akiko_santo01@sangiin.go.jp  FAX:03-5512-2224



参考:

【来週強行・革命成立?】最凶の国籍法改正案vs最強のFAX凸撃01/18
http://jp.youtube.com/watch?v=YImAqU2zAQc

【FAX送信優先度】国籍法改正案慎重審議【水間政憲】
http://www.freejapan.info/?_FaxSaikyou


h-line5.gif 


「外国人参政権」「人権擁護法案」「外国人(現在その殆どが中韓)留学生30万人」「1000万人移民」‥
そして!最凶の「国籍改正法案」。

 一体、これらを推進する議員たちは「何を考えているのでしょう!?


★~✿~✲

例えば、「ぬか漬け」をお好きですか?

 代々受け継がれ熟成して美味しく栄養豊富、そして長い年月をかけて維持してきた貴重な「ぬか床」は、非常に手入れが大変です。

 毎日欠かさずかき混ぜるには、手についた乳酸菌・雑菌を取り除くために良く手を洗わないと、ぬかがグレて酸っぱくなったりカビが生えたりしてします。だから、失敗することがとても多いのです。
 しかしそうした弛まぬ手間暇、愛情を注いで守ってきたお袋の愛情があるからこそ付加価値が付き、受け継がれ、そして美味しいぬか漬けを食べられるのです。

 また減ってきたら、新しい「ぬか」を《乾煎り》し《湯ざまし》で(=殺菌のため)、水分調整して足します。加えている唐辛子や塩には清菌作用があります。
 食パンや他のものを加えるやり方は、ただ「簡単」にというお手軽な方法として近年考えられたもので、新規に作るには良いでしょうが、現存する古いぬか床にそうした余計なものを入れることはありません。台無しになります。これまでの苦労が水の泡‥。

 受け継ぐ、長く維持するということは、それなりの努力が必要なのです。


~この例え、お若い方にお解りでしょうか?~(^O^)/



 



いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 





>EntryTime at 2008/11/21 12:27<
2008.11.20(Thu)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 

1スミマセン。編集中に日付を跨いでしまいましたので、悪しからずご了承下さい。
 また、〈まえがき〉が長くなりましたので、ワープはご自由に。



 もうご存じのように、昨日一部の議員を除いて(途中退場)採択された「国籍法改正案」──。

 各ブログについた読者の嘆きと怒りの声、そして、いや頑張るぞ!と鼓舞する声など様々な反応を読みながら、フッと古い記憶から顔を覗かした言葉があります。

 まったく曖昧な記憶で、検索してもその記憶を裏付ける情報は得られなかったのですが、多分カーネギーの著書からの記憶だったと思います。

 うろ覚えのままに書いてみると、

✿~~✲~~✶

一人の囚人は、小さな窓から毎日土や石ころばかりを見て、自分の未来を悲観していた。

もう一人の囚人は、窓から見えるわずかな空を見上げて、未来を想っていた。

----------

 確か、このような文だったような気がします。
※もし、確かな文をご存じの方がいらっしゃったら、どうぞ教えてください。

 それに、これも勝手な解釈をさせてもらえば、

~~囚人という同じ境遇、等しく流れる時間の中にいても、
心の持ち方次第では「生きる」時間の価値が全く異なるんだよ、
だから、どう生きるかはその人の「気持ちの持ち方サ‥」~~

という風に解釈していますが、如何ですか?(^^ゞポリポリ


 その本も読んでから25年ほど経つ間に何度かの引っ越しで、多分荷解きされないダンボールに詰められたまま、屋根裏部屋に眠っているはずなのですが、正直、脱力している今(長引きそうです‥)、そこから探し出す気力もありません。

 ただ、戸井田議員やその他のこの件を掲載するブログについた読者のコメントを読みながら、当初から感じていたのは、今年春の「人権擁護法案」反対署名運動の時と比べて、数段反応が多い!と思えたことです。
 “初めて知りました”と書く読者が、しかし、気付くのが遅いと自分を恥じる健気さは、日本人ならではの謙虚さで(どんなに心を痛めただろう‥)と、これからずっと抱えていくはずの苦悩を思うと遣り切れなくなりました。

 そして、少々orかなり感情的になるのは仕方がありません。前回のエントリーにも書いたように、日本の現状に気付いたばかりの人が不安や恐怖感に陥るのは当然の惨状ですから、“ガンバレ!496”と思いながら、自然とこの言葉を思い出していました。

 少なくても、こうした直接的な危機感を抱かなければ目覚めなかったであろう人達が、大勢「日本の現実」に気付いたという事実は、しかし、大きな収穫です。その上、一人一人が驚きと恐怖を大量の電話・ファックス・メールという力に換えたのですから、凄い力を発揮したのだと自信を持ってもいいのではないでしょうか。
 決して結果だけを見て悲観するのではなく、これからが大事、これからが本番だと思えています。

 多分今は、結果だけに意気消沈して「やる気・元気」を失くしている方も多いでしょうが、一度目覚めてしまった者が、いくら拗ねても不貞腐れても、消しようのない愛国の炎は心の底に灯り続けているはずだと、管理人は経験者としてそう信じています。
 それは、「拗ねる」も「不貞腐れる」も、求めるモノを得られなかったから生じる心の反応ですから、求めるものは変わりないはずです。
 拗ねた子供に欲しがっていたDSを買ってあげたら、キャッキャとはしゃぐように‥? でも、残念ながらお金では買えないもの、いくら求めても得られないモノがある現実を知ることも、大事です。
 誰にでも経験があるはずの失恋が、いい例ではありませんか? それを自己中の極みで無理な意思表示と行動に移せば、「ストーカー」に変身!という線引きを出来るか出来ないかが、自分をコントロールする理性と良識を備えるか否かになりますよね。

 そして、逃げ出したくても逃げ出せないのは、他人は騙せても自分を騙せないという人の心は、特に日本人には強く「美徳」や「特質」として、「良心」や「恥」の概念として脈々と受け継がれているDNAのような気もします。
 そしてまた、耐える力を備えているのも素晴らしい特質だと思っています。本当に「日本人」は驚くほどタフに出来ている、としばしば思わされます。
 例えば、自然災害に遭った被災者の方々を見ていても、実にたくましく前向きで、不便な環境に居てもよく秩序を守り、自主的に衛生管理が出来る国民は、他の国には無いものだと思います。先進国と言えども、略奪や殺人、レイプ、様々なトラブルを引き起こし、自分の周囲をゴミだらけにしながらそうした環境にストレスを抱える矛盾は、日本人には考えられない事だからです。

 余談ですが、以前イギリスに1ヵ月ほど滞在したとき、ゴミ箱を探してもないので尋ねると、道路に捨てるのが常識。それを人件費を払って掃除する人が専門にいるから、と言われて驚いたことを思い出します。それくらい日本人は最初から無駄のない、(エコな)生活習慣を持っているのです。
 『江戸しぐさ』も日本人独特の素晴らしい文化ですが、ひとつ例えると、道路を歩くときに人とぶつからないように、すれ違いざまに右肩を斜めに引く「肩ひき」など、無用な争いや不愉快を事前に回避させる公共マナーでした。多分、中高年の世代の方は、日常極自然にやられていると思います。それだけ理屈ではなく、身体で覚えるのが「江戸しぐさ」なのだそうですが、その話は長くなるので端折りましょう。(⇐こうしたフレーズが多いような気が‥)

  さて、いつものように(脱力しながらでも)書き始めると長い〈まえがき〉。

 管理人は、この時だからこそ「窓の外の空を見る人になって欲しい」と、願うのです。同じく流れる時間なら、不安で心配で、楽しくなくても、辛くても、『ダメぽ論』に漬かって干からびた人間になるか、瑞々しい人間でいるかは個人の心にある灯の有る無しによります。
 そして、この今だからこそ日本人の「底力」が試されていると思うのですが‥


   welcomeライン



 管理人はこの年代ですから、所謂2chは未経験です。
 時々検索して欲しい情報を取りに入るときがありますが、どうやって使うのかも知らず、しかし、短い言葉のやりとりの中に、素晴らしく英邁な意見や情報を書き込む方もいて驚かされます。あのAAという文字で作った「絵(?)」にも感嘆するばかりで、物凄い集中力と労力を要する作業を楽しんでやれるのは、素晴らしいひとつの才能だと認めてきました。表現力も、管理人のようなオバサンが一目で理解できるのですから、凄い!としか褒めようがありません。

 その、2chの記事をまとめて取り上げていらっしゃるブログが「痛いニュース」[11/19]様のようですが、三橋氏の「新世紀のビックブラザーへblog」のコメントにあった記事を見て驚きました。
 有名な人気ブログらしいので、既にご承知かと思いますが、あの「毎日変態新聞」の事なので、少し引用させていただきます。 



【元次官襲撃事件】毎日新聞、「wikipediaで犯行予告」と誤報→各テレビも釣られて報道
  (以下、一部引用)


127 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 08:36:12 ID:a8FN0xyy0
▼今北産業向け
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※以下、「痛いニュース」様には、新聞・TV番組それぞれの画像あり

1. 毎日がwikipedia「社会保険庁長官」でのPopons氏の書き込みを、UTC時刻表示に気づかずに
  「犯行予告」と誤報。

2. 2chでの「誤報祭り」に気付いた社員がネット上の記事を削除。しかし魚拓を取られる。
  http://s03.megalodon.jp/2008-1119-0323-31/mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html

3. 更にトラップにかかった毎日社員が毎日IPを晒す。
  記者がスレをリアルタイムで閲覧してるのがばれるwww (ニュー速スレのオマンチン)

4. 駄目押しに誤報記事が載った朝刊の修正は間に合わずに配達&販売!


5. それを信じた他局がニュースとして放送してしまい、巻き添えの赤っ恥をかく。


6. 各放送局にニュース記事誤報の裏通達が始まる。 
  番組の各キャスターがアドリブで必死にスルー完了。

7. 無罪のPopons氏が新聞で大々的に晒される。大阪14版は特にデカイ記事で名誉毀損モノ。


8. テレ朝早く気付け! 他局が自粛する中、またも誤報記事を大放送。


9. Popons氏がwiki上で全く悪くないのに謝罪した!!   ←いまココ

-----
Web魚拓:
http://s02.megalodon.jp/2008-1119-0246-50/mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html


 もう、最近では“あぁ~あ355”といった感想しか出ないので、この中身については関心がないのですが、全ての報道を画像に残し、時系列に並べて検証しているところは、警察もビックリの監視能力。その上、早々に「削除」を予想してweb魚拓にしているところなど、ニクイほど凄い周到さと感嘆!!
 さぞかし毎日は違った意味で「ニクイ」と思っているでしょうが、事実ですから仕方がありませんね。
 これほど2chの力を知ったのは初めてなので、目が345なのですが、ご迷惑?

 そこで正にこれが三橋氏の言う『集合知』の賜物だと思いました。

 これも、部分的に引用させていただくと、

■国民一人辺りのインターネットトラフィック[11/16]
「新世紀のビックブラザーへblog」



 の中で、こう述べていらっしゃいます。

>インターネット上で使用されている言語として、日本が37%とトップを占めました。前回の調査から4%アップで、ついに英語(前回の調査では39%)を抜き去り世界一になったわけです。人口比を考えると、日本人がインターネット上でコミュニケーションする量が、他国に比べていかに桁違いかがわかりますね。

Techmorati調査(06年末)
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_14.html#Lan

---
 既に訪問されている方はご存じでしょうが、ブログ主の三橋様は2chで鍛えられた方。4冊の著作を出版されていますが、その中で所謂「取材」したケースは一つもありません、と書かれているように、

>インターネット上で流れるデータ・トラフィックの37%が日本語であるという、極めて恵まれた環境がなければ、取材無しで四冊のビジネス本を書くなど絶対に不可能だったでしょう。そういう意味で、韓国では三橋貴明は産まれにくいでしょう。
 インターネット上で日々交わされる膨大な日本語のコミュニケーションの中でも、わたしは特に匿名掲示板を重要視しています。なぜならば、互いの立場などを慮る(おもんばかる)ことなく、膨大な人数が様々なソースやロジックを駆使し、無遠慮にブレインストーミングする環境こそが、「集合知」が産まれ、磨かれる土壌であると考えているからです。

>様々な職種の人、様々な年齢の人々が--無組織的に意見を交わす--ことで、始めはボンヤリとしていた何かが、徐々に明確な形をとっていく。そして集合知として人々に影響を与えていくようになり、やがて社会を変えていく。

わたしたちは新しい時代に生きています。

----

 確か、世界中のブログの1/3が日本人と聞いたことがありましたが、本当らしいですね。管理人でさえ、細々とでも運営できるのですからあり得ますか‥?

 しかし、本当に三橋氏やこの2chを見ていると、そう思います。
 正直な話、聞きかじった負の部分を先入観にして「2ch=悪いもの」という印象を持っていた時期がありますし、また、負の部分が存在するのも事実でしょう。また、匿名という自由さは、逆に悪用するのも便利ですから、国内外を問わずそうした悪意ある意図的な工作は、普通のブログにもよく見られます。また、モラルを欠いた人間は万国共通して存在するのも人間社会の常ですから、大袈裟に騒ぐことでもないとは思いますが、一部悪質で法に抵触するものは勿論排除に努めていただき、安心で健全なネット社会の実現を、過度な規制なしで目指していただきたいとも思います。

 しかし、情報を自分(企業)の都合で操作し続けるマスコミの偏向ぶりと、メディアとしての責任から見れば余程罪が重いと思うのですが、公器としての存在意義は、最早感じない以上に害悪とさえ指摘される所以は、下記の記事にも大いに感じます。

■「博士の独り言」様:創価「広告で口封じ」か[11/19]
(以下、一部引用)

~広告と引き換えに「書かない」新聞~

11月18日の各紙の誌面の中で、かろうじて、国籍改正法案の審議経過と、議員の談話を借りて、その危険性に触れたのは産経新聞のみだった。事後に報じた誌面はあるが---

 18日朝刊に創価学会の広告を掲載した新聞は、
毎日新聞(6面)、朝日新聞(15面)、読売新聞(6面)、産経新聞(14面)、東京新聞(15面)の5紙であった。何らかの事情からか、同日の日本経済新聞には掲載されていない。(画像)

 また、博士が「産経」「読売」に電凸した内容も書かれているが、その対応たるや横柄な態度、まったく読者の意見など聞く耳を持たない姿勢がありありと書かれています。



 私たち日本人は、知らない間に「悪意で造られた船」に乗せられて、潮流の激しい海域に彷徨い出してしまったのでしょうか‥。
 少なくても「国籍改正法案」は、公明党が強力に推進していたという記事があるくらいですし、TVでのCMも違和感を感じるようでは、何か一連の流れを肌で感じます。
 そのマスコミの腐敗には、ネットの広がりによる新聞の衰退が以前記事にもなっていましたが、経営難という意味では相当深刻な話が伝わってきています。

 周回する「隼速報」[11/11]様には、

>毎日は給料遅配がでたそうです。広告収入ゼロと、XX新聞のエライサンから聞きました。また、万年購読者は居ても、購読料金(押し紙も入れて)というのは、印刷所の経費にも満たないものだと。毎日の印刷は聖教新聞がやっていると、、、

 書いていましたが、近々倒産などというニュースが聞かれる可能性を、今度三橋氏に分析して頂きたいような‥(笑)
 TVでも、自社番組の宣伝や映画の宣伝が多く、決して以前のような素晴らしい目を引くようなCMは全く見なくなりました。
 あっ、そう言えばコカ・コーラのCMを全く見なくなりましたね。今、気付きました。 トヨタの前経団連会長も、スポンサーを降りるとか云々と記事がありましたが、相当CM収入が激減しているのでしょうか。
 そして今や、時々みかける創価大学のCMやパチンコCMばかりが目立つTVは、末期症状ですか。番組の内容も合わせて魅力など皆無だという感想は、そうした国民無視のアチラ向きで、改善・改革をする気もない企業には当然の成り行きなのかも知れません。

h-line5.gif 


 相変わらずまとまりのないエントリーになりましたが、日本人に備わった「特質」が強ければ強いほど、困難を乗り越えられる「底力」となるのだと思えます。
 だから、決して悲観しないで、このピンチと感じる現在をただうろたえるのではなく、知恵を活かして老若男女が様々な「集合知」を作れたらいいのに、、と夢に描きます。少なくても、そうしたパワーを今回感じました。

 良くも悪くも時代は変わりつつある、その中に居る‥と、

 あなたは感じますか? 




 
いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 









>EntryTime at 2008/11/20 01:50<
2008.11.15(Sat)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 


◆国籍法改正案審議入り 不正認知横行の懸念も(1/2ページ)
2008/11/15 00:53 msn産経
(以下、一部引用)

未婚の日本人の父と外国人の母の間に生まれ、出生後に認知された子の日本国籍取得要件から「婚姻」を外す国籍法改正案は14日、衆院法務委員会で趣旨説明が行われ、審議入りした。自民、民主両党は同法案を30日の会期末までに成立させる方針で合意し、18日の衆院法務委で可決後、同日の本会議で賛成多数で衆院を通過する見通しだ。だが、偽装認知などダークビジネスの温床になるとの懸念が出ている。(阿比留瑠比)

 「最高裁に現状は違憲だといわれたから改正案を出した。それでどうなるかは、法律が施行されないと分からない。犯罪者はいろんな方法を考えるから…」

 政府筋はこう述べ、法案の危うさを暗に認める。


359…危うさを暗に認める、、、って、危うい!と解っている法案を何故緊急上程するほど焦っているのか!? 


 今回余りにも唐突に出現した「国籍改悪法案」には、相当多くの方が初めて知って驚かれ、そして怯え、落胆し、嘆きの声をあげているのを、この数日、各ブログについたコメントに窺い知ることができます。



 管理人もネットを始めた当初、見せつけられた日本の惨状と未来を憂う思いに、夜も寝られぬ日が何ヶ月続いたでしょうか‥。
 しかし、今となっては、それすらも懐かしい気がするほど、次々と提出される「日本解体法案」ですから、次第に慣れが生じて所謂「心臓に毛が‥」なのかも知れません。(涙目)

 それも、政権与党内から、しかも、明らかに姑息で卑怯で汚い手段を用い、「通してしまえばこっちのもの」的な不実は、法案そのものへの危惧に加えて、政治家に裏切られた落胆と、不信感の塊がやり切れないほどに湧き上がってくるからでしょう。

 今年春の「人権擁護法案」の時も、そして今回もそうでしたが、他の議員たちが地方へ行って居ない間を狙う、実に汚い!としか言葉の見つからない画策をもって推し進める事に、一体どこに主権者たる国民の安全と安心そして財産を守り、権利を担保するはずの国民の代表なのかと、憤ります。こうしてあからさまに「悪法」を進める現状は、最早民主主義国家の国政を司る機関とは名ばかりの、それこそ偽装議員たちの巣窟となり果てていると、そんな危機感を本能的に感じるのは極自然なことです。
 それは、今年1月に読売新聞の調査結果で93%が「日本人であることを誇りに思う」、73%が「国の為に役に立ちたい」と考えているからこその反応でしょう。

「年調査・日本人(1)国家観2008年1月調査」

 しかも、殆どのマスコミが目隠しをし、他のスキャンダラスな報道や麻生首相への異常で低レベルなネガキャンで国民の目を欺き、水面下で画策させようとするのは、如何にも“知れるとマズイ!”法案だからの裏返しと疑えば、分かりやすい現実。 



   welcomeライン



 さて、今朝一番に更新されていた

■赤池議員のサイト「イケ!イケ!あかいけ!」[11/15]
からの情報を転載しておきます。

 昨日14日のエントリーでは、

◆国籍法改正問題で慎重審議を申し入れ 有志議員32人
2008/11/14 20:27 msn産経


 国籍法改正案への懸念の広がりを受け、自民党の赤池誠章衆院議員ら有志議員32人は14日、衆院の山本幸三法務委員長らに対し、「国民の不安が払拭(ふっしょく)されるまで、徹底的な審議を求める」などとして慎重審議を申し入れた。また超党派の有志議員らも、17日に国会内で緊急集会を開き、同法案の問題点を検証することを決めた。


 矢印上 この署名集めを本会議の質問の後にされて、慎重審議を申し入れたと書かれていました。その後、戸井田議員から『緊急対策会議』開催の連絡を受け、事務局をお引き受けになったそうです。

~〈今後の予定〉~

■11月17日(月)午後4時から、衆議院第一議員会館内の会議室で、国会議員を集め「国籍法改正案緊急対策会合及び記者会見」

■11月18日(火) 午前中に法務委員会にて国籍法改正に関する審議が3時間なされ、その後、採決。その日の午後に本会議へ緊急上程する予定になっています。


1 それまでに、出来るだけ多くの国民の声を213or215or216で、伝えましょう363
※法務委員の連絡先は、前回のエントリーにあります。

----------

 また、昨日14日の赤池議員の質問が下記で観られますので、お時間のある方は一度ご覧下さい。

★衆議院TV:赤池議員の質問[11/14]法務委員会(31分)

・日付は11月14日⇒質問者に「赤池誠章」を選択するか入力して下さい。


 質問内容は3つ、①「裁判員制度」、②「国籍改正法」、③「人権擁護法案」についてですが、特に②の「国籍改正法」について答弁した法務局長の発言内容を聞いてもらいたいと思います。

  少しメモ書きした内容を引用すると、

17偽装認知について、罪が軽いとの批判には

戸籍法132条。外国人登録法では申請に虚偽の申請をするでは、外国人登録法18条があり、これらの規定の法定刑が何れも1年以下の懲役、又は2年以下の罰金。そこでこれに合わせて今回も1年以下の懲役、又は2年以下の罰金としたもので、これ自体は適切だと思う。

 と、答えています。また、以下のように三段階の手続きが必要であり、

① 市区町村に「認知届け」を出し(証明書発行)
 矢印↓
② 法務省で「国籍届」を出し(証明書発行)
 矢印↓
③ 再び市区町村で「新たな戸籍を作る」矢印右 「日本人」として認められる

 この①と③の時点で「偽装認知」が行われれば戸籍に載るので、広く社会を騙した罪で『公文書原本不実記載』の罪で、懲役5年以下、罰金20万円以下の罪になり、途中で発覚してもそれぞれの罰則があるので、適正な科刑が出来ると考える。と述べています。


17DNA鑑定については、

 「偽装認知」防止にこれはよく分かる議論だが、日本の民法の親子関係を決める手続きは「認知」で決まる。その時にDNA鑑定を出せとは言わない。そこは家族の情愛で自分の子供だと認知したらそれで手続きを進めて、あとでおかしなことがあったら親子関係とかでひっくり返していく、或いは嫡子否認でひっくり返していく、ということになっている。これが日本独特の制度です。

umaya_04.gif
 --日本人だけに--だからこそ機能していた「制度」。
それをそっくりそのまま、〈家族の情愛で〉と外国人(特に明らかな反日国家・反日教育をされてきた外国人の存在を抜きにした論理)に使うからこそ、国民から危険を指摘されているのでは。

 それを踏まえると、DNA鑑定を最初の認知で持ち込むことになれば、やはり親子関係全体に大きな影響を及ぼすことになるだろうと、私どもは考えざるを得ない。

umaya_04.gif 
--これも、日本人同士の「信頼」と「性善説」を前提とした話であり、外国人に当て嵌めようとするから無理があるのでは。日本国民と外国人とは当然相通じる文化・歴史・国家観・愛国心・社会常識・価値観・宗教etc.が全く違うのだから、本来切り離して考えるべき問題。


 更にいくつか問題があり、1つはDNA鑑定で一番難しいのは検体のすり替えがないかということだ。すり替えられて持って来られたらみんな騙されてしまう。

umaya_04.gif 
--そうさせないためにも、最初に申請をする際に義務として「検体」を採取するなど、不正が出来ないシステムも考えられないようでは、国家の基本をなす「国籍」をいじるだけの能力が関係機関にない!という証明では。

 それから現在の科学水準にあったきちっとした鑑定ができているか、そこを判断しなければならない。しかしその判断が迫られれば、その最初に届け出を出す市区町村の窓口、或いは国籍取得届を出す法務局でそんな判断はできないということがある。

umaya_04.gif 
--「偽装認知」が見破れるDNA鑑定能力が日本に無い、と思っているなら、尚更「国籍改正」は時期尚早!
横田めぐみさんの遺骨鑑定を、科学雑誌『ネイチャー』に政治利用と批判され、自信が無い、機能が無い、分からないでは、今後法改正された後に多発するだろう「偽装認知」を、どうやって見破るのか。
罰則が軽い--の答弁で、①と③で偽装が分かれば‥との発言は、どういった状況で発覚したという想定なのか。誰でも分かるような明らかな嘘だけを取り締まっても、全く意味がない。意図的に日本国籍を取得しようと暗躍する外国人に対しては、どんな処置を講じ、防止できるのかが全く用意されていないのでは。


 それから鑑定には相当な費用がかかる。そうするとこの費用の負担能力のない人には手立てがない。

 それから外国籍の子を認知するときにDNA鑑定を求めるとすれば、それは外国人に対する不当な差別ではないかと言われることになるのではないか。

umaya_04.gif 
--費用がかかる--は詭弁。信頼度の高い国籍を取得しようとするなら、それなりのリスクを負う覚悟を求めよ。また、最初から「差別」と言われるのを恐れるなら、改正する必要なし。国籍は一歩も譲ることのできない厳正なる国家構成の基本である限り、妥協は一切許されないのでは。
※後に、アメリカのグリーカード(市民権)取得の例を引用しますので、比較してみて下さい。

 で、DNA鑑定には消極的にならざるを得ない。
 ではどういう対策がとれるかと言うと、法務局では最初の届け出が来ると、これには届け出人が出頭することが必要であり、又必要な戸籍などを出してもらう。その時に当然必要な質問をする。

 お父さんとどこで知り合ったのかとか、どこでどういう過程で子供が出来たのかとか等と聞くし、必要な書類の確認もする。場合によっては、法務的には必要だと思うが、その父親の協力も求めたいと思っている。

 で、その子供が懐胎したときにその国に滞在していなかったんじゃないかとか、そういう疑義が生じたときには「偽装認知」の疑いもあろうかと思うので関係機関との連絡を密にして、更なる確認を続けるということで制度充実を図りたい。

umaya_04.gif 
--これでは、国籍バーゲンセールという批判は御尤も。



kuchipaka7.gif f_petit12.gif  

 男性は、相手の女性が妊娠した場合、その事実と状況や可能性・確率以外の何をもって「自分の子」と信じるのでしょうか。それは結婚という確固たる事実と妻(恋人)への強い信頼、深い愛情という全く科学的根拠に基づかないものではないでしょうか。

 つまり、先に信頼があるから疑いもなく妻(恋人)の妊娠を、子の父親になることを喜べるのではありませんか。


 しかし、同じ日本人同士でも、問題の多い婚姻外の「認知」であるのが現状です。
 それが婚姻外の外国人との子に、男性が簡単に「認知」する方が不自然なような気がします。まして、海外での一時的な遊び、或いは買春の結果であるなら言うまでもないでしょう。

 「国籍改正」する前に、男性の国内外での買春行為をもっと厳しく法規制するほうが先でしょう!!‥、と女性の立場では言いたくなります。それに合わせて、日本に売春出稼ぎに来る外国人女性の取り締まりも強化すべきです。
 これほど「日本の国籍」が安売りされることを案じるのでは、日本人男性のバラマキ行為は自粛して、いえ、真面目に自覚して欲しいと願います、、ハァ~ムナシイ

 既に検挙され事件となった「偽装認知」「偽装結婚」「国籍売買」などは、氷山の一角とも言われ、目下、法の不備や何にでもなし崩し的曖昧なザル法を悪用されて、掻い潜り、麻薬や違法行為が蔓延する日本社会のこの混乱した状況下に、全く看過できない許されざる改正案です。

 では、長くなりましたが「アメリカのグリーンカード(市民権)」の例を、引用します。

米国のグリーカード(永住権)取得のハードル

・日本人であれば90日間はビザが免除されることになっているが、90日間滞在→帰国→再び入国しようとしても現実的にはかなり難しい。

・ツアー客や短期滞在の観光客以外に対する米国の入国管理官は大変厳しく、頻繁に出入国を繰り返したり、滞在期間が90日近いと入国審査に手間取ったり、入国を拒否され強制送還されることがある。
・不法滞在などで強制送還になると3年間入国を拒否され、コンドミニアムを借りたり、一軒家を購入することはリスクが伴う。事実、入国審査のカウンターからUターンさせられた女性を目撃したこともある。

そこで条件付きのビザ取得や、グリーンカード(永住権)を取得する方法を考えると、条件付きビザは、滞在に期限と収入を得る方法が限られてしまう。

●グリーンカード取得
1.米国人との結婚など、家族がスポンサーとなって取得する方法。
2.雇用者となる企業がスポンサーとなって取得する方法。
3.年に一回行われる永住権抽選プログラムに当選する方法。 


1.の場合も偽装結婚や国際的結婚斡旋会社などによる不正が多発したため、  
現在では仮の永住権を発給した後、結婚5年目(以前は3年)に面接を受け、  
偽装結婚でないことを認めさせる必要がある。この面接も、夫婦同席での質   問で、食べ物の好みや身体のホクロの位置、更には夫婦の営みの回数など本当の夫婦でなければ知りえないものを質問される。 


2.の雇用先が仮に見つかったとしても労働局へ申請し、最初の資格審査では職歴と学歴、どれだけの才能や技能を持っているか、同じ才能や技能を持った人物が米国内にいないかを調査される。

職歴や学歴の証明は割合簡単だが、才能や技能に関しては受賞作品や資格が審査の対象となり、同じ才能や技能を持つ人物の米国内調査は米国新聞の求人欄を利用して行われる。

依頼を受けた弁護士により米大手新聞の求人欄に広告を定期的に掲載し、半年から一年に亘り2~3回この求人を行い、同じ才能や技能を持つ人物が米国内にいないことを証明した上で労働局に申請を開始せねばならない。(費用は自己負担)

労働局の申請がおりたら、今度は移民局に申請を行い、過去の不法滞在記録などの人物調査の上で、特に拒否されなければ承認通知が数ヵ月後に送られてくる。

その後、領事館の最終審査がある。
これに提出する書類は膨大で、それを揃えるだけでかなりの時間を費やすことになる。内容はそれまでの申請書類はもとより、戸籍謄本、結核検査、エイズ検査、血液検査などの建国診断書などがある。
領事館面接審査時は身だしなみを整えスーツなどを着用し、嘘偽りなくはきはきと英語で受け答えをする必要がある。

こうしてグリーンカードを取得しても、それはあくまで「永住権」であって米国籍を取得したことではない。

40356 我が国が現在、いかに安易で杜撰(ずさん)な移民政策を行おうとしているかの判断材料にして頂ければ幸いです。

【引用元:平成中野学校様[11/5]】




 
 



いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 







 




>EntryTime at 2008/11/15 19:54<
2008.11.12(Wed)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 



kuchipaka7.gif f_balloon20.gif

【国籍法改正案】阻止 (水間政憲) 
 2008-11-11 21:07:02

今日、自民党法務部会を傍聴してきました。

「認知」の問題どころでない、外国人参政権、偽人権擁護法案を併せた以上に、日本国家解体に直結する法案が河野太郎座長が提示しました。それは、二重国籍を認める法案です。これから深夜にかけ書き込みます。雑誌メディアに寄稿する時間はありません。

この法案が通ったら、5年で日本は日本でなくなります。
この数日、インターネットの総力を結集して戦って下さい。



1 緊急を要しますので、以下衆議院議員戸井田とおる氏ブログからのコピペです。
■丸坊主日記[11/12]
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/1873243da32f35cc7a541bcf93633d6a

コメント欄別URL
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/cmt/3c44dc11e7747fde4cbaa3368a33920c

---------------

【国籍法改正案】(日本国解体法案)の策謀 (水間政憲) 
 2008-11-11 23:58:24
 
今日(平成20年11月11日)、《自由民主党政務調査会》法務部会国籍問題に関するプロジェクトチーム第15回会合が、開催されました。
「次第」
○河野太郎座長の挨拶
○議題(1)諸外国における重国籍に関する法制等について
○議題(2)重国籍に関する座長私案について
○意見交換と、なっていた。
入室したとき、河野座長の挨拶が終わったどころだった。

同14日(金曜日)から、衆院法務委員会が始まります。そこで、緊急を要する「父母の婚姻により嫡出子たる身分」を、国籍取得条件となっていたものを破棄して、「父又は母が認知した」だけに改正する法案阻止を問題にします。
自民党が保守政党であるのであれば、現行法が日本の伝統・文化を踏まえたうえで、立法化されていること無視してはいけない。保守政党の改革案であれば、「伝統・文化」を破棄するのではなく「現行法を基本として維持尊重する。」と、残したうえで特例措置として付帯条件を付け加えれば済むことなのです。
今回の「国籍法改正案閣議決定」(11月4日)から、同14日に衆院を通そうする一連の姿勢は、革命思想に基づく一部議員・官僚グループによる文民クーデターに等しいのではないか。
Ⅱへ続く。ジャーナリスト水間政憲。

Ⅱ【国籍法改正案】(日本解体法案)の策謀 (水間政憲) 
 2008-11-12 01:07:18
 
それは、今日の部会に出席した複数の議員も、皆さんからのメールやFAXで、初めて知って出席した方が居たからです。

皆さん、メール・FAXは有効です。

今日、上京して出席できなかった議員は、「国家の根幹にかかわる重要法務を、ほとんどの議員が、地方に行っていて知らない時期を狙って、通そうとするなど許せない」と、激怒していた。
閣議決定した改正案は、手続き上、衆院法務委員会で止める以外に方法がありません。
それにも関わらず、「河野太郎座長私案」の最後に、アリバイ工作としか思えない一項が、記載されていた。それは、河野座長に皆さんからの批判が集中したことで、とりあえず「迎合姿勢」を演出して見せたと思われる。それは、
「日本国籍を持たない母親の子供を認知する場合、DNA鑑定を必要とする。」を、河野座長が読み終えると、待ってましたとばかりに、法務省・秋山実民事局民事第一課長が、「市町村など自治体でするのは、難しい」とか「ハードルが高くなる」「約十万円位かかわるが負担になる」「人権・差別が問題になる」等、想定される反論を述べていた。驚いたのは、山谷えり子参院議員も「信頼を重んじる日本の伝統文化にDNA鑑定はなじまない」と法務省に同調したことです。
Ⅲへ続く。水間政憲

Ⅲ【国籍法改正案】(日本解体法案)の策謀 (水間政憲) 
 2008-11-12 02:58:24
 
前述したように、今回の法務部会は、「重国籍」の会合です。「子供の認知」の問題は、衆院法務委員会での審議になるのです。この数日間、声を届ける先は、衆院法務委員会所属議員が有効です。

この国籍改正案の一番の欠陥は、想定される「偽装認知」に対して、まったく予防措置が担保されていないことです。現在、日本国籍が高額で売買されていることを法務省はしっていて、このような欠陥法案を通す行為は犯罪です。また、その人物は、「偽装認知」の犯罪者の共犯として、告発の対象にできるのではないか。
国民の怒りがわかるように、衆院法務委員会所属全与党議員を記載します。

【自民党】「委員長」・山本幸三君、「理事」・桜井郁三君、大前繁雄君、塩崎恭久君、棚橋泰文君、谷畑孝君、「委員」赤池誠章君、稲田朋美君、近江屋信広君、木村隆秀君、笹川堯君、清水鴻一郎君、杉浦正健君、平将明君、長勢甚遠君、萩山教厳君、早川忠孝君、町村信孝君、武藤容治君、森山眞弓君、矢野隆司君、柳本卓治君【公明党】「理事」大口善徳君、「委員」神崎武法君。以上よろしくお願いします。
【重国籍】は、Ⅰから始めます。ジャーナリスト水間政憲。転載フリー、拡散をお願いします。

重国籍】認めて国滅ぶ (水間政憲) 
 
2008-11-12 04:37:08
 
平成20年11月11日、【自民党政務調査会】法務部会国籍問題に関するプロジェクトチーム第15回会合は、河野太郎座長が読みあげた「日本国を崩壊させることが出来る私案」に唖然となった。河野座長は、エキセントリックな早口でまくし立て、「法案に仕組まれた罠」に興奮しているように見えた。私案とは言え、原案通り「重国籍法案」が通ったら、坂を転げ落ちるように日本国は崩壊します。

この「国家解体二重国籍法案」は、媚中韓・国会議員が継続的に通そうとしてきた、『外国人参政権』『偽人権擁護法案』『移民庁設置法案』等を併せたぐらい、日本国崩壊を強力に押し進める超怒級の売国法案です。
「偽装認知」と「二重国籍法案」で、日本は、完全にアメリカ型多民族国家にされる。どれだけの日本人が、アメリカ型多民族国家を望んでいると言うのか。

筆者には、小数点以下としか思えないのだ。『河野太郎座長の重国籍に関する私案』の、ズバリ危険性を指摘しよう。韓国人が韓国籍のまま、東京都知事、沖縄県知事、対馬市長にもなれる私案なのです。アンケート調査で、常に日本が嫌いな国の第1位になる中国と韓国に関わる項を提示して解説します。
Ⅱへ続く。ジャーナリスト水間政憲。

Ⅱ【重国籍】認めて国滅ぶ (水間政憲) 
 2008-11-12 07:00:29
 
河野私案は、日本で国籍を保持できない身分を規定している。それは、「皇族、国会議員、大臣、外交官、判事、自衛隊の士官」です。この規定以外であれでば、地方自治体の知事を頂点に、公立高・中・小学校の校長並びに歴史担当教諭まで、あらゆるジャンルに就任可能となります。
河野私案には、「重国籍を認める国の国籍を持つ者は、要件を満たせば日本国籍を取得することができる。この場合、元の国籍を失わない。ただし、日本が承認している国にかぎる。ただし、日本国籍の取得に関しては、毎年の国別の割当数を設ける」となっている。

韓国は、「重国籍」を容認しているので、国籍取得後は上記規定以外であれば、制約がない。

中国は、現在「重国籍」を認めていない。しかし、言論の自由も認められず、人権弾圧ランキングが常に上位の中国の国籍を求めるものはいないだろ。

日本が「二重国籍」を認めて、中国が同調することになるとあっという間に、日本の伝統・文化など中国に席巻されることになる。驚いたことは、「外国で生まれ日本国籍(血統)を持つ者が、二十二歳までの通算滞在日数が365日に満たない場合は、日本国籍を喪失する。
Ⅲへ手続く。ジャーナリスト水間政憲

Ⅲ【重国籍】認めて国滅ぶ (水間政憲) 
 2008-11-12 08:47:09
 
南米で、終戦を迎えた日本人移民は、GHQ占領下の強力な洗脳を受けた現在の日本人より、日本の伝統・文化を持ち合わせいる方も多くいる。なぜ、純粋な日本人の遺伝子を持ったものを排除して、敵性国家といえる韓国人へ簡単に日本国籍を与えることができるのか。
二重国籍を与えていなくとも、現地では「対馬、我が領土」などと、傍若無人に振る舞って十分脅威なのです。日本が「重国籍」を認めたら対馬は、韓国に完全に実行支配されることになる。中国も、条件を整えて軍事力を使用ぜずに日本乗っ取りにかかるだろう。

会合終了近くに、磯崎陽輔参院議員は、「移民庁推進議連事務局長」と、なのってから「移民も二重国籍もどんどん推進して下さい」などと執行部にエールを送っていた。韓国籍の韓国人が、二重国籍を持って、学校で「慰安婦強制連行」を教え。中国籍の中国人が「南京大虐殺30万人」と教えることもあり得るのです。 日本は、「二重国籍に転換」する必要がない。

次々に日本解体法案を出しくる国会議員は、日本人なのであろうか。それら国会議員の行動は、日本の七不思議の第一にカウントされることだろう。
ジャーナリスト水間政憲。国籍法案関連は転載フリーにしてますので、緊急拡散お願いしまず

【子供認知】法案は、法務委員会議員へ (水間政憲) 
 2008-11-12 09:23:21
 
【子供認知】法案は、法務委員会所属議員の地元と議員会館にFAXとメールをどんどん出しましょう。議員本人には、FAXが威力あります。「二重国籍法案」 は、一週間くらい時間があります。今回の法案には驚きました。来週月曜日「桜チャンネル」で【二国籍法案】を問題にします。徹夜で書き込んでましたので、間違いがありましたら、訂正して読み進めて下さい。山は、13日木曜日です。私も、FAXを出します。インターネットの覚醒している方達は、日本を守る力と見識があります。日本を守るために河野太郎グループと戦いましょう。

h-line5.gif 

●  衆議院法務委員名簿 連絡先

<委員長>
[自民] 山本幸三   TEL 03-3508-7085 FAX 03-3501-9303 
kozo-y@sirius.ocn.ne.jp yamamoto-office@seagreen.ocn.ne.jp

<理事>
[民主] 加藤公一   TEL 03-3508-7457 留守電 042-390-4315 
FAX 03-3508-3287 koichi@katokoichi.com
[民主] 細川律夫   TEL 03-3508-7513 FAX 03-3593-7148 h04091@shugiin.go.j
[公明] 大口善徳   TEL 03-3508-7017 無し          
mail@t-okubo.jp

<委員>
[自民] 赤池誠章   TEL 03-3581-5111 FAX 03-3508-3733 
http://akaikemasaaki.spaces.live.com/(ブログ)
[自民] 近江屋信広  TEL 03-3508-7405 FAX 03-3508-3885 無し
[自民] 大前繁雄   TEL 03-3508-3725 FAX 03-3508-7275 sigeo@oomae.jp
[自民] 河井克行   TEL 03-3508-7518 FAX 03-3508-3948 h01373@shugiin.go.jp m_kawai@opal.famille.ne.jp
[自民] 木村隆秀   事務所 TEL 052-331-6611 FAX 052-331-2600 info@kimutaka.org
[自民] 桜井郁三   TEL 03-3508-7326 FAX 03-3508-3326 ikuzo@shonan.cityfujisawa.ne.jp
[自民] 笹川 堯    TEL 03-3508-7526 FAX 03-3502-8865 
info@e-sasagawa.com
[自民] 清水鴻一郎  TEL 03-3508-7051 FAX 03-3508-3211 
s-5160@crest.ocn.ne.jp
[自民] 塩崎恭久   TEL 03-3508-7189 FAX 03-3508-3619 
shiozaki@y-shiozaki.or.jp
[自民] 杉浦正健   TEL 03-3508-7124 FAX 03-3597-2771 
http://www.seiken-s.jp/
[自民] 平将 明    TEL 03-3508-7297 FAX 03-3508-3507 taira001@nifty.com
[自民] 棚橋泰文   TEL 03-3508-7429 FAX 03-3508-3909 
e-mail@tanahashi-yasufumi.com
[自民] 谷畑 孝    TEL 03-3508-7276 FAX 03-3508-3726 g02813@shugiin.go.jp
[自民] 長勢甚遠   TEL 03-3508-7107 FAX 03-3592-9048 
https://ssl.n-jinen.com/form/voice.php
[自民] 萩山教嚴   TEL 03-3508-7278 FAX 03-3593-7103 無し
[自民] 町村信孝   TEL 03-3508-7117 FAX 03-3502-5061 info@machimura.net
[自民] 武藤容治   TEL 03-3508-7029 FAX 03-3508-3829 h08648@shugiin.go.jp
[自民] 森山眞弓   TEL 03-3508-7527 FAX 03-3597-2753 無し
[自民] 矢野隆司   TEL 03-3508-7212 FAX 03-3501-8818 無し
[自民] 柳本卓治   TEL 03-3508-7167 FAX 03-3597-2801 h04664@shugiin.go.jp
[民主] 石関貴史   TEL 03-3508-7286 FAX 03-3508-3736 info@ishizeki.jp
[民主] 枝野幸男   TEL 03-3508-7448 FAX 03-3591-2249 yukio@edano.gr.jp
[民主] 河村たかし  TEL 03-3508-7902 FAX 03-3508-3537 g01403@shugiin.go.jp
[民主] 中井 洽    TEL 03-3508-7263 FAX 03-3592-9044 nakai@mie.email.ne.jp
[民主] 古本伸一郎  TEL 03-3508-7262 FAX 03-3502-5075 h07030@shugiin.go.jp
[公明] 神崎武法   TEL 03-3508-7225 FAX 03-3503-2388 
http://www.kanzakitakenori.org/voice2in.htm
[社民] 保坂展人   TEL 03-3508-7070 FAX 03-5511-7877 GAF06452@niftyserve.or.jp
[無 ]  滝 実     TEL 03-3508-7081 FAX 03-3508-3861 
makoto-t@m4.kcn.ne.jp

水間さんがおっしゃっているように我々の抗議活動は効果があったようです。しかし、上記の会合は「重国籍」のもののため「子供の認知」の問題は、 明後日2008年11月14日の衆院法務委員会での審議になるそうなのです。抗議活動可能期間は実質今日と明日の二日間です。上記の議員へ徹底的に河野太 郎議員に対する非難を盛り込んだ抗議の電話、ファックス、メールをしましょう!時間がないので電話とファックスのほうが確実かと思われます。一つでも多く の抗議を上記の特に水間さんが挙げている議員に届けることが通過阻止につながります。平日のためみなさんお忙しいと思いますが国家解体の危機なのでご協力お願いします。コピペ拡散 推奨 !

引用元:
■丸坊主日記[11/12]
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/1873243da32f35cc7a541bcf93633d6a

コメント欄別URL
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/cmt/3c44dc11e7747fde4cbaa3368a33920c




いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 




>EntryTime at 2008/11/12 14:15<
2008.11.08(Sat)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 



 管理人はよくやることなのですが、じっくり読みたい文章はコピー&ペーストせずにタイプして書き写すことで、錆びついた脳細胞に少しでもインプット(?)させようと悪足掻きをします。
 今話題の前航空幕僚長・田母神空将の論文もPDFなので、9ページをかなり集中してテキスト化したせいでしょうか。年を忘れて目を酷使してしまったらしく、眼精疲労の痛みに悩まされる羽目に陥ってしまいました。

 ということで、今後しばらくは少々軽めのエントリー更新に自粛しておきたいと思いますので、冒頭から〈おことわり〉で申し訳ありませんm(__)mペコ



 しかし一方、田母神空将の「論文」問題は止まることのない波紋を広げ、様々にこの国が抱えてきた闇を浮き彫りにしているような気さえします。そして、その闇が深いことを実感させられるのも、紛れもないこの国の現状を映し出していると思わざるを得ない1週間でした。

 『千里の道も一歩から‥』の一歩さえ踏み出せずにいる現状で、しかし、求めるものが頂上に日章旗を掲げたい想いだけでは、山を征服するのは難しいとの思いしています。ただただ、忍の一字。継続の力を積み上げるのみ。



 さて、下記の動画は田母神氏の論文と内容が重なるもので、特にお子さんや学生さんたちにはアニメは受け入れやすいでしょうから、よろしかったらこの週末にご家族でご覧頂ければとの期待を抱いて、載せておきたいと思います。

 このまがりなりにも平和の時代に、過去の「戦争」を見直す作業は違和感を伴うのが本音、という方も多いかと思いますが、もし、ニュースで話題となっているこの論文の内容に少しでも関心をお持ちなら、是非ご覧いただきたく思います。





■誇り~伝えよう日本のあゆみ~アニメ-1/3(日本JC製作)





2/3





3/3





~守りたかったんだ。ただ故郷の愛する家族とこの国を…。

 

---1945年8月15日
日本の戦争は終わった。

私たちの祖先は、
日本人としての誇りを持ち、
日本を守るために戦った。

しかし、戦争に敗れ、
この国の未来を私たちに託した。


戦後、
世界は安定と新秩序を目指すが、
現在まで戦争、紛争が途絶える
ことはなく、今日もまた、
罪も無い尊い命が犠牲になっている。




日本人であるからこそ
世界に貢献できることを
歴史に学び、新の世界平和を
希求する。


≪いまこそ、あの時代(とき)を見つめなおし 伝えよう、
                     この国のあゆみを・・・≫



※動画の中から、一部引用。

h-line5.gif 



 論文は コチラ(PDF)で読めます。





いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 







>EntryTime at 2008/11/08 00:42<
2008.11.04(Tue)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 



kuchipaka7.gif f_balloon20.gif  事件で~す!!!

 先週、実家が「空き巣」に入られました。263

 玄関に入った途端、目に飛び込んできた異様な光景に姉は立ちすくんでしまったそうです。7部屋全てのタンス・書棚・仏壇などあらゆる収納家具から引き出された中身が、歩く隙間もないほど床にばら撒かれる荒らし方では、一目瞭然だったでしょう。 
 侵入経路は、ベランダ側のガラス戸を破るという典型的な手口で開け放したまま逃走。正面の門やガレージについている防犯用の照明を避けて、最近では滅多に使用しない勝手口用の門も開けっ放しだったそうで、それらは近所の住人にも直ぐに怪しまれることですが、そのままに逃走したことは、如何に乱暴な手口であったかと思われます。

 家主である父は週に2・3日は介護施設にお世話になる身で、その間無人となる実家ですから、閑静な住宅地とはいえ、この治安悪化の時代では狙われて当然の条件でした。そうしたちょっとした自覚や認識は、当然のように危機管理対策の最低最小限の予防処置として、現金は勿論、殆どの貴重品は置いておかないのが鉄則ですから、知る限りの被害実態はそうはなかったようです。

 警察の話では、最近の「空き巣」犯罪目的は現金が主で、物品は盗らない傾向にあるといいます。現金化するのも所持するのもそれだけリスクを伴うという計算はプロの手口だとのことですが、プロでも素人でも、自分の私利私欲のためだけに簡単に犯罪に手を染める輩の存在は、まったく油断の出来ない治安悪化に陥ってしまった日本社会の現実を、改めて知る思いがしています。

 姉曰く、留守中で良かった‥と、漏らした言葉は一体何を意味するのでしょう。
 昨今の犯罪は、間が悪ければただの「窃盗」や「空き巣」さえ、「強盗殺人」や「強盗致傷」に安直に発展しがちという姉の意識が、そう言わせるほど凶悪化しているという認識に基づきます。
 普段、どちらかと言えばのんびりとした性格の姉でも肌で感じる日本の変化は、それだけ身近で深刻な状況に陥っているという証のような気がして、それを嘆くだけでは済まないことを改めて教えてくれた事件でした。

 管理人以上に「世間知らず」な姉なので、思わずそうしたハプニングに遭遇して震えてしまったという姉には、“可哀そうに‥”と同情すると共に、犯人に対して生まれた怒りは、もし逮捕されて目の前にすることがあったら、靴を脱いで殴ってやりたいほどです。ンッ!それよりバックの方がいいかナ‥? なら、何か固い物を、、、ナンチャッテ(*^^)v
 因みに、管理人は小さい頃から姉がいじめられたりすると、チビのくせに『仇を取ってやるぅ~』と、いつも庇う妹だったそうです。記憶にはないのですがね。


   welcomeライン


◆浮気繰り返す妻に、夫が木の棒で…
2008/11/3 12:52 msn産経


 毎晩帰宅が遅い上、「愛している」と書かれた携帯電話のメール、そして車の灰皿に残された見慣れない銘柄のたばこの吸い殻…。男は妻の浮気を確信し、激しい殺意を向けた。

 大阪府内の自宅で30代の妻を殺害したとして、殺人罪に問われた元会社員の男(40)に10月30日、大阪地裁は懲役11年(求刑懲役13年)の実刑を言い渡した。

 5年前にも浮気が発覚した妻。男は浮気を繰り返す妻にほとほと愛想をつかし、怒りを抑えられずに、3人の子供たちの前で妻を殺害した。凶行に使われたのは、子供の“遊び道具”だった。
(後略)
以下、判決公判の模様詳細



 普段こうした事件には関心のない管理人ですが、犯行が子供の目の前で‥、というのは何とも気が滅入ると共に、殺人犯となった夫、殺されてしまった妻、そして、生涯この残酷な事実を背負わされ、心に深い傷とトラウマを抱えて生きねばならない子供たちのことを考えると、いたたまれない思いで深く考えさせられた事件です。また同時に、日頃深く憂慮していた近年の女性に見受けられる「貞操観念」の欠落に端を発した事件に思えるので、取り上げてみたいと思います。

 亡くなられた方を批判するのは本意ではありませんが、そうやって遠慮していては、裁判において殺人罪を問われた夫の刑事事件としての法的決着はついても、事の本質を検証し、議論できずに蓋をしてしまうこうした問題は、今後も後を絶たないでしょう。 この記事に基づいた飽くまでも個人の意見です。


 昔から『夫婦喧嘩は犬も食わぬ』、と言うように、他人には分からない夫婦間だけに存在する機微なる感情は、複雑に絡み合った痴情のもつれになるほど難解です。多分それぞれ似ているようでも様々な事情や環境、生い立ち、家族構成等などからそれぞれに違った背景をもつような気がします。そうして見ると「夫婦」とは、かなり特殊な結び付きであるように思えるのですが、管理人の持論は昔から(と言っても、30代に入ってからでしょうか)それこそ他人同士が人生を共にするという作業は、並大抵の努力や覚悟では存続出来ないことと思っているので、「好き・嫌い」の恋愛とはまるで別物の、これは「家庭」という共同事業運営者と言った方が適切ではないかと思えるほどです。

 管理人が娘時代によく言われたことは、「釣り合わぬは不縁の元」という教えでしたが、「農家」に生まれた娘は農家へ嫁ぎ、「商家」の娘は商家へ、サラリーマンの娘はサラリーマンというように、生まれ育った環境や財力・家柄等が近い相手に嫁ぐ方が、その新しい生活環境への理解や順応がしやすく、従って苦労が少ない、トラブルも少ないだろうという意味で、親や周囲の大人たちは若い娘の嫁ぎ先を選択したのかも知れません。

 また、この頃の若い女性には「貞節」「貞操観念」というものが根強く残されていましたから、妻自身が夫以外の男性と浮気をするなどという情事は、ある一部の人間を除けば、想像することもなかったのではないでしょうか。現に管理人は、夫子供のいる身で他の男性との浮気を想像したことなど一度もありませんし、そうした機会を作ることさえ罪だと思うのは、この年代でさえそう珍しい部類だとは思えません。また、その反対に、夫(男性)の中にも、自分の妻が浮気をするなどということはあってはならないことで、また、許されざる背信として長年厳格な否定論者であったはずです。今でも、日本の男性にはそうした観念が根強く残っているような気がするのですが、これは妻にだけでなく、また、日本だけでなく、結婚という誓約を誓った相手に裏切られることを認められないからこそ、古今東西、世界中の男と女の間にはトラブルが付き纏ってきたのではないでしょうか。
 ただ、どちらかと言えば、女性の方は年と共に学習した男性のどうしようもない本能には諦めと言うか、匙を投げたと言うか、ある一定の許容範囲を以て見ている部分がありますが、そうなるにはかなりの〈年季〉が必要です。(笑)

 つまり、若い女性に男性の「浮気」は「病気」と誤魔化しても、駄目だということを男性はしっかり自覚しておく必要があります(笑)



 さて、この事件ですが、記事の後半にある判決公判では、殺された妻の浮気は2度目であり、犯行時の夫の激情と自暴自棄に陥った様子が手に取るように伝わってきて、ここまで追い込まれてしまった夫への一定の理解を裁判長が示しています。

 妻の浮気が原因で離婚直前という家庭崩壊を生みながら、しかし、最後になって夫を絶望させ殺意を抱かせる切っ掛けを作ったのは、妻の「子供を連れて心中する」という言葉でした。それは、夫による「ほんまに連れて行こうとしてたから」と証言する言葉が嘘でなければ、妻の身勝手で自己中心的な言動は夫への最後の挑戦だったようにも思えます。 (と言っても、妻が死亡している以上、この時の状況は証明できません)

 少なくても、離婚寸前だった既に「冷えた(終了した)夫婦」の間に、この妻の狂気的な挑発、それも子供を道連れに‥という言動がなかったら、この事件は起きていなかったのではないか、と考えられるだけに非常に残念でなりません。

 「結婚」は勢いとか成り行きとかとよく聞きますが、「離婚」はストレスと果てしなくエネルギーを消耗する作業だといいます。何にでも同じような事が言えますが、作る時は夢や希望という膨大なプラスのエネルギーに導かれて達成しやすいことも、壊す作業は、時間に埋め込んできた歴史や記憶、思い出、そして財産や子供という新たな家族など、沢山の付加価値を増やしてきた家庭を壊すのですから、並大抵のエネルギーではないはずです。しかし、離婚寸前だった夫婦の、それもより家庭崩壊を招いた妻の方には、新たなスタートを切るというプラス思考より、「子供と心中」と思うほどの絶望が今更のように芽生えたのでしょうか。それが、例え自分のとってきた愚かな浮気が引き起こしたとはいえ、子供たちと離れ、一人で人生をやり直さなければならない目前に迫った現実に、躊躇わせる何か、突然不安や孤独感、絶望が襲ってきたのでしょうか。 だとしたら、気付くのが遅すぎます。


 ここで、ある離婚経験者の話を思い出したので、参考までに引用しましょう。この思いは、女性の立場と心理をよく表していると思います。


 結婚とは、例えていうなら妻は家。夫は、その家を取り巻く防風林だ。

               木木木木木家木木木木木


 妻は家の中で家事をし、子供を育て、家族が心地良く暮らせる家庭を守る。

 夫は、その家を丸ごと強風や嵐から守り、妻や子供たちの安全と安心を防衛する。

 「離婚」とは、その防風林から出るようなものだ。

 今まで当たり前のように守ってもらっていた防風林という存在を失うということは、

 広大な原野に一人ポツンと取り残され、吹き付ける強風に晒されたような厳しさを肌で感じることだ。

 その時、初めて「結婚」の重さを感じる。「誰誰さんの奥さん」という防風林は、

 例え紙切れ一枚の手続きと言えども、守られてきた防風林を失った後に感じる風の冷たさ、心細さはそこに立って見ないと分からないだろう‥。


 確かにそうですね。女性は結婚すると婚姻姓を名乗り、そして普段「~さんの奥さん」とか、見知らぬ人から掛けられる言葉は「奥さん」が多いのです。
 一家を構えるというのは、一人の男性に嫁いだ妻がいて、その間に生まれた子供という構成ですから、何事も夫が中心の社会です。何かの契約書にサインするのも、夫の名前ですものね。それについては、何の異論もなく極当然の事だと思うのですが、それを夫婦別姓とか、男女同権とかと強烈に夫婦の在り方や家族の在り方に異論と唱える一部の勢力が、一体何をしたいのでしょう。
 仕事上や何かの個人的事情で「夫婦別姓」を名乗りたいなら、勝手に個人ですればいい事で、「男女同権」とわざわざ唱えなくても、家庭の中でどっちが主導権を持つかは各家庭で違います。また、女性が不当に夫のワンマンにつき従っているかどうかは、その逆もあるようですから、一概に言える話でもありません。それを日本社会に組み込もうとする事自体が、そもそも迷惑な話だと思います。只黙って、奴隷のように扱われている妻が存在するとも思えませんし、それを本人が認めているなら他人が外からとやかくいうべきことでもありません。DVにしても、別の次元の事ですからそれ相応に対処できる法律を備えれば済むことでしょう。

 大体、肉体的仕組みも役割も異なり、違って当たり前の男女間の差はあって当然です。男性に持てる重い荷物を女性が同様に持てるはずもなく、そうした仕事上の差まで撤廃するというなら、話は別です。女性専用車両のように、女性だからと特別扱いを受けながら、「男女平等」を唱えるのはご都合主義の我儘でしょう。若い女性の理想の男性像は1位が「優しい人」と望むのは、男性に守られたい、庇護して欲しいという女性の寄りかかりではないのですか。寄りかかりたい男性と「平等」でしょうか?

 また、持って生まれた男性の本能、女性の本能も全く違います。そうした越えられない差がある以上、それぞれの役割分担をこなし、協力し合ってこその家庭であり社会です。
 前に例えた、「結婚は共同事業の運営」は企業のようにトップ・指導者が2人いることはなく、誰かが主導権を握ってリードし、周囲のブレーンたちに助言なり協力なり分担して経営が成り立つものでしょう。これが社内に~派と勢力争いをしているような企業には、何処かに亀裂や隙間が生まれてくるには有りがちな事です。
 
 昔、尋ねた友人の家では、配達された米袋が玄関先にあり邪魔なので運ぼうとしたら、友人曰く「いいのよ、放って置いて。ウチのが帰って来たら運ばせるから」でした。持てば持てなくはない10㌔の米袋を、それは夫の仕事ときっちり分ける友人ですが、その分料理や家の事はしっかりこなしていたので、それもアリなのねぇ~38 とヘンに感心した割り切り方。

…話が、また逸れたようですね。


 勿論、夫の殺人行為が何があっても正当化されるはずもなく、我を忘れて子供の目の前で犯行に及んだ瞬間的凶暴は、本来かけるべきブレーキが利かなかったと言って許されるべきことではありません。
 しかし一方、妻といえば同じ女性でありながら戸惑うほどに一片の同情も、憐憫の思いも生まれてこないのは、何故でしょうか‥?

 それは、夫にすぐに分かるような浮気の痕跡を残したままだったという妻に伺えない後ろめたさや罪悪感のなさにあります。
 車に残したままの缶ビールの空き缶や夫とは違う銘柄の煙草の吸殻。携帯に残った「愛してるよ」のメール。これらは全て、通常の心理であるならすぐに処分して証拠隠滅を図るのが、せめてもの良心・罪悪感の表れでしょう。しかし、寧ろこれ見よがしに残しておいたのか、と思わせるこの心理は、夫への挑戦状(憎しみ?当てつけ?甘えの裏返し?)にも思えるのは考えすぎでしょうか。それだけ嫌うだけの理由が夫側にあったとしても、2回目の浮気なら分からないようにするのが当然だと思うのですが、そうしなかった理由はどんな心理が働いたのかが疑問です。
 また、繰り返した浮気には、最早妻としても母親としての立場も放棄したような無責任ぶりと自覚のなさ、そして、ただの「女」を生きる我儘を感じます。

 しかも、昨今の女性の「性の解放」的節度のなさと、女性という肉体が備える妊娠と出産、そして子供を育てるという大切な役割への無自覚に、同じ女性だからこそ危惧感と憤りを禁じ得ないのです。
 浮気相手との間に可能性のある妊娠は、即ち妊娠中絶という命の間引きが闇に葬られることを意味し、男と女の一時的な「遊び」が生じさせるには余りにも重すぎる罪だという自覚さえ希薄になった「性の解放」は、生命倫理も社会通念や道徳観の欠如を思わせます。

 その上、「恋愛は自由」というまやかしの裏で、女子高生の中絶がカンパで手術費を募るという記事も度々目にしてきましたが、これを放っておいていいはずがありません。たかが十代の若い性が、何の道徳的指導も規制も与えられず野放しにされた結果が、酷い倫理観の喪失ではないでしょうか。また、全てではなくてもその子たちが育ち家庭を持っても、同じような自由を求めるようなら「まともな家庭」が育つ可能性も低いと思わざるを得ないでしょう。それが結果、少子化に結び付いてしまうようなら、最悪です。そして、それは倫理観も道徳観もない母親に育てられた子供がどんな人生を歩くかを想えば、更に重い課題が残ります。

 驚くことに度々放映される十代の少女が街を徘徊し、援助交際を目的にして家出を繰り返しては何週間も家に帰らない少女たち。その親と言えば、監視や教育といった保護者としての責任が果たされていない事実も目立ちます。勿論、マスコミの報道ですから丸ごと信じるつもりはないのですが、一目で危ないと思える外見で深夜の街をうろつく娘を、指導できないのはどうしてなのかが分かりません。
 親がそこまで真剣に自分の娘や息子と向き合わない「放任」は、何も学べず、親という手本から参照も出来ないからこそ、彷徨うのだということではないでしょうか。その証拠に、他人であるそうした問題に取り組むNPOの方たちには、素直に心を開く子供たちの姿に哀れを感じるのは、親を信じ切れず満たされない心の隙間を見るからでしょうか。
 特に女性は、根本的に将来「母となる」という役割を担う大切な使命を持って生まれています。それだけ自分自身を大切にし、心を豊かに正しく養わなくては、その役割を十分に果たせるとは言えません。それには、今、育っている子供たちへの正しい教育環境と、家庭環境が必要です。それが何なのかと選ぶ目を養うのも、両親の責任でもあるのです。


 命を奪われた母親のご冥福と、今後子供たちの心のケアーがなされる環境でありますよう願います。
h-line5.gif 


 現在、「少子高齢化」が問題視されて長年放置されてきた結果を理由に、「外国人1000万人移民受け入れ」「外国人留学生30万人」を推進する一部の勢力の思惑が、徐々に実行されつつある日本。
 夜の繁華街に外国人売春婦の客引きが横行し、在日外国人の風俗が林立した夜の街で、日本人男性が金で売った偽装結婚「日配(にっぱい)」の戸籍を持つ売春婦が溢れ、誰の子か分からないDNA検査を拒む認知されただけの子供が日本国籍を得るという事実。それを補助するように提出されるという「国籍改正法案」は、日本人でない子供が、日本人になっていくのを無制限に許す法案です。

 日本国民の人口減少に反比例するように用意され、勧められる様々な施策は、誰が望み、誰が喜び、何を目的としているかを見定めなければならない法案ですが、その事実に気付き、危機感を持つ国民は果たしてどれ程いるのでしょうか。
 今を生きる私たちは、今を生きるだけでいいのでしょうか。
 未来に繋げる現在を護り、未来に託せるより良い現在をつくる責任はないのでしょうか。


「浅はかな人間は、あるとき美味を味わうと、その底に毒がひそんでいるとは気付かずに、さっそく飛びついてしまう」

             ─マキャヴェリ語録『君主論』第13章─





いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 







 




>EntryTime at 2008/11/04 10:26<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。