FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.07.09(Wed)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

◆下関市教育長の植民地発言:市長室前で抗議、市民ら座り込み /山口


 下関市の嶋倉剛教育長が「朝鮮半島の植民地支配は歴史事実と異なる」と発言した問題で、山口朝鮮学園(同市)の関係者など数十人が7日、江島潔市長らへの面会を求めて市長室前に集まり、一時騒然となった。

 関係者らは「教育長は妄言を撤回謝罪せよ」と記した横断幕を掲げ、市長と教育長に面会を求めた。しかし、市側は応じず、数十人が市長室前で座り込むなどした。

 江島市長は定例の記者懇談で「(嶋倉教育長の)発言については『政府見解を尊重する』と説明している。(市庁舎内の座り込みなどは)迷惑だ」と述べた。

〔下関版〕

毎日新聞 2008年7月8日 地方版



 この件では、昨日 「せと弘幸blog『日本よ何処へ』」様-7/8 がこのような現場レポートを載せていました。

 以下維新新党・新風山口県本部によるレポートの一部。

>市役所のロビー。70人くらいの在日コリアンのタスキ掛けをした面々の中で、わたし等4人が埋もれてしまいそうな状況でした。
 さすがに多人数は強いというか、ロビーを牛耳ったかのような在日の傍若無人の様には腹の立つことばかり…<

----------

カエル
 これが常套手段。70人とはいい迷惑です。これは、威力業務妨害などにならないのでしょうか。 そして、「日本人との共生」?と言うには1億万年早い!と管理人は思います。
 何処かの書き込みに在日の方の意見が載っていましたが、日本が好きで、1世が日本に渡ってきてくれたことを感謝していると言って嘆いていました。 1世は自分の意思で渡ったのだとも…。こうして真面目に社会に溶け込み、自力で穏やかに暮らすことを望んでいる在日の方もいらっしゃるのに‥と思うと残念ですが、仕方がありません。 一部であろうと、無理な要求を圧力と数を頼りにした実力行使でゴリ押しするばかりの人たちが、ぶち壊しているのではありませんか? 

 wikipediaで見てもらえば分かるように、地方公共団体が父母に助成金を支給するのは、所謂「厚意」の類だと管理人は理解しています。しかし、これでは「煩くてたまらないから‥」「迷惑だから」「業務に支障をきたすから」と、仕方なくこうした状態を続けさざるを得なかったのだ、と我々日本国民に受け取られても仕方がないですね。 しかし、「厚意」というのも限度というものがあります。 また、「好意」というのにはそれなりの「信頼」「親しみ」がなければ、存在しません。

 あなた方は、「厚意」や「好意」を日本人に持たれる存在でしょうか?
 そうした努力をしてきたでしょうか?

 その答えは、我々日本人が握っています。

> 日本国憲法第89条において、「公金その他の公の財産は、公の支配に属さない教育の事業に対して支出またはその利用に供してはならない」とされており、助成金の支出はこの規定と緊張関係にある。<

 ご存じのように「朝鮮学校」は各種学校です。 そして、その偏った教育内容は同じ在日朝鮮人の方たちにも不評で、入学者数が減る一方な慢性的財政困難を抱えている、と記されています。
 だからでしょうか。

過去にもこうした事例はたくさん発生しています。

例えば、

==引用開始==

≪ 埼玉県鴻巣市教育委員会「助成金廃止」を撤回≫
 総連埼玉・中央支部:朝鮮新報

 鴻巣市教育委員会は2005年度からの助成金の廃止を保護者に通知。これに対して総聯埼玉・中央支部の学父母、日本人支援者らが即時撤回を要求。また、総聯女性同盟埼玉・中央支部の活動からが教育委員会を訪れ抗議、市長との面会も拒否された。が、「必ず撤回させなければ」と一致団結し、抗議行動の準備を進め、ビラと署名用紙を作成し活動を開始した。教育委員会にはわずか数日間の間に、全国からの電話・メール・ファックスによる廃止撤廃を求める抗議が殺到したという。

そして同委員会は、態度を翻し「あまりに軽率だった。歴史的経緯からして朝鮮学校は他の外国人学校とは異なる。全面撤回する」と伝え、担当者らがすべての保護者の家を訪問し謝罪した。
※ 筆者一部引用のため、一部改編

ソース元: 「アジアの真実」05/03/09様


> その他にも、国立市(平成16年)、大阪府堺市などが執拗な攻撃を受け、同様の結果を招いている。また、某区議が補助金見直しを主張した時は、「このままでは政治生命が危うくなりますよ」と、✖✖の朝鮮学校校長から言われたという。<

※区議の件ではblog内の記事を探していますが、今日半日掛けてチェックしたものの量が多く、まだやっと半分程度で見つけられていません。見つかり次第追加する予定です。
忘れなければ…怪しい?


 そして下関市では、朝鮮学校が嘗てこんな要求をしています。

■2006年7月6日-朝鮮新報-
 下関朝鮮初中級学校の校長と学父母ら7人が6月23日、江島潔下関市長と面会し、朝鮮学校の処遇改善と教育補助金の増額などを要望した。代表らは、山口県弁護士会が4月の県と隠しに送付した要請文書について言及し、

1.補助金を私立学校または公立学校に準じて増額すること
2.市有地についての有料貸借を無償にすること
3.教員の資質向上のための研修費用を補助すること
4.今年学校創立50周年を迎えるにあたり「特別補助金」を給付すること

などを求めた。
 また、下関市が給付している補助金額と周辺の行政のそれとの格差が大きいことに対して、改善策を講じるよう求めた。
この日、代表らは下関市議会の小浜俊昭議長にも同様の趣旨の要望を行った。
下関初中学校の教職員、学父母らは学校創立50周年を迎える今年、教育県を拡充し記念行事を成功させようと一丸となって取り組んでいる。

■2007年5月8日-毎日新聞-
 朝鮮学校の児童・生徒の母親らでつくる「山口県民族教育を支えるオモニ(ははおや)ネットワーク」下関支部代表らが7日、関谷博下関市議会議長を表敬訪問した。同ネットは民族教育の処遇改善や、地域交流などに取り組んでいる。
代表は「(自治体からの補助金が少ないため)負担が非常に大きい。せめて初中級学校までは効率小中学校と同じように補助して欲しい」などと訴えた。関谷議長は「子供たちに視点を置き、6月議会などで所管の委員会で審議したい」と応じた。
㊟筆者一部引用のため一部改編


【引用元】
http://www.tamanegiya.com/zainitiyousennjinnno19.9.6.html

          ~~~~~~~~~~

カエル
 一言いいですかぁ~! こうした要求は、

 

“図々しにも、ほどがある”


 と、日本では言います。

おてもやん
 北朝鮮がらみでは 「ラー(油)の怪」の何方かがまた余計なことを言っていますが、寅さん流に言うと

 “それをいっちゃぁ~、おしめぇ~よ” 359 217ボン

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/07/09 16:24<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。