welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.08.19(Tue)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ


カエル   管理人も絶対反対!の意思で注視している「外国人移民1000万人」計画ですが、それと意味を同じくする、「留学生30万人」受け入れも見過ごすことができません。しかも、あの長野で暴れてくれた支那人留学生たちに関する、興味深い記事がありましたので、ご紹介します。既にお読みになられた方は、ごめんなさい。
 4ページの長い記事ですから、全て転載するわけにはいきません。取り急ぎ、1ページだけ引用しますので、関心を持たれた方はリンクしてご覧下さいね。

     welcomeライン 


 「中台統一」宣伝から「先端技術」取得まで
◆在日中国人留学生が暗躍する特務工作に日本の血税1兆円が使われている

2008/08/15 0:00 SAPIO (引用は3頁目のみ)

文=山村明義(ジャーナリスト)  

 中国による台湾取り込み工作が急速に進んでいることが指摘されているが、日本では中国人留学生が、その主力を担うという。政治工作から技術情報収集までその活動は〝スパイ〟と指摘されても仕方のない状態だ。本誌08年5月14日号で、中国大使館が日本の大物政治家を籠絡してきた「接待リスト」をスクープし、日中関係者に幅広い人脈を持つ山村、徹底追及する。


----------

2頁目:「良い情報を提供すると数万円の謝礼」

3頁目:中国人だけを対象にした住宅援助や研究予算

 もちろん、対台工作以上に対日工作も活発に行なわれてきた。

 近年、中国共産党が日中の青少年交流に力を入れてきたのは間違いない。昨年4月に来日した温家宝首相は、中国語を広める「孔子学院」を日本で初めて設立した京都の立命館大学を視察し、学生と野球を楽しんだ。小・中・高校を含めた立命館学園全体では、「中国語を学ぶ学生が1万人に増加した」(関係者)という。また、今年5月に来日した胡錦濤国家主席は、五輪日本代表の福原愛と卓球を楽しんだ後、早稲田大学で中国人留学生を相手に講演して、対日関係重視を訴えている。

 72年の日中国交正常化以降、中国側は日中交流の名のもと大量の留学生を日本に送り込もうとし、日本側もそれを受け入れた。日本の大学は90年代から定員割れの危機に陥り、文部科学省は留学生の受け入れ数を増やし続けてきた。
 
在日中国人留学生の人数(在籍数)は、戦後初めて公式に受け入れを開始した78年の23人から、90年には1万人、00年には3万人、01年には4万人を超え、05年には8万592人と、ついに8万人を突破した(07年は7万1277人)。現在では、外国人留学生全体の6~7割を中国人留学生が占めている。

 中国人留学生の大量流入を後押ししたのが、日本政府の資金援助である。さまざまな資料からその総額を試算してみた。
 07年度、文科省は日本の国費で賄う外国人留学生(国費留学生)に対して、総額約223億円の奨学金を給付している。加えて、「短期留学生支援制度」に約17億7000万円、「短期留学推進制度」に約5億5000万円、私費留学生に対する「学習奨励金」に約80億8000万円、合計約327億円を外国人留学生の奨学金として支援している。

 文科省は、なぜか対象国ごとの支援金額を公表していないが、単純に7掛けで計算して、「年間約230億円」が、日本人の税金から中国人留学生たちに支払われていることになる。さらに、160以上の自治体・独立行政法人による奨学金、国公立大学の入学金免除制度と授業料3割免除制度がある。この他にも、外務省から補助金を受けている日中友好団体からの住宅補助や、経産省が支援する理系中国人留学生だけを対象とした研究開発予算などの中国人留学生関連援助がある。

 あまりにも援助対象が多岐に及んでいるためこれらの数字全てをつまびらかにすることはできなかったが、協力してくれた政府関係者は「(奨学金を含めた総額で)中国人留学生関連予算は年間500億円を下らない。今年は中国人留学生受け入れ開始から30年目を迎えるが、30年間の総額は、軽く見積もって1兆円を超える」と指摘した。

 中国への〝隠れODA〟というべき見過ごせない話である。


4頁目:「何も知らない日本人大学生の取り込みは簡単」


カエル  食べ物の恨みは恐ろしい‥と言いますが、勿論「毒ギョウザ殺人未遂事件」での支那中共と、福田首相の国民の命を軽視した対応は、国民の反発を大いにかいました。
 『相手(国)の嫌がることはしない』で、国民の嫌がる事には頓着しない「政府」なんて、それはもう「民主主義国」ではなく、どこかの国のような“独裁者”がやることです。

 それだけでなく、国民には財政難を理由に“ヤラズぼったくり”的増税を考える。その前に、特亜三国に垂れ流す莫大な税金の無駄遣いを、止めなさい!!ということでしょう。つまり、政府として国と国民のためには何もやらず、国籍を疑いたくなるような外向きな人物が政権の座に着くと、国民を虐げてもこうしたことが平然と行われる…。それも、78年と言いますからもしや‥?と思ってwikipediaに飛んで見ると、やっぱりね363

■福田赳夫改造内閣:1977年11月28日~1978年12月7日
■第1次大平正芳内閣:1978年12月7日~1979年11月9日

 ‥ですから、限りなく〈親の悪行を引き継ぎ〉実行している息子という事実(?)に受け取れてしまいます。まさか、年末の12月8日以降にとは考えにくいですからね。この辺は、もう少し歴代内閣とこうした流れを読み解く必要を感じます。

 どうして、こんなことになったのか?と、過去を遡って検証すれば如何に日本と言う国は、愚かな政治家を指導者にしてきたか。その歴代首相たちの「国家観」も「国体意識」もない売国行為により、如何に危ういこの日本の現状を生み出したのか‥が、解るというものです。
 そして、そうした為政者たちを選んでしまった国民にも、責任が無いわけではないと今自覚しなければ、こうした偽装ODAは止まず、北朝鮮との国交正常化、外国人移民・留学生たちの大量流入で、この日本と言う国はどうなるでしょうか‥。

 チベットや東トルキスタン問題が、グッと身近に感じるようになるはずです。



矢印↓ 増税する前に、留学生への援助廃止!と思う方は矢印↓ まいど 

banner_02.gif人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/08/19 07:25<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。