FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.08.21(Thu)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 
カエル  だいぶ前置きが長くなります。

 若の鵬の「大麻吸引で逮捕」は、角界に再び激震を走らせています。
 何かとお忙しい「日本相撲協会」様ですが、自業自得でございますね。


◆若ノ鵬容疑者を解雇…間垣部屋でも大麻吸引か

8月20日8時2分配信 スポーツ報知
◆間垣部屋消滅も 不祥事続き指導力に疑問

8月20日7時1分配信 スポーツニッポン



 管理人は所謂〈巨人・大鵬・卵焼き〉の世代ですから、もの心がついた頃からテレビでの相撲中継を観ていたような気がします。
 我が家に観音開きのテレビが茶の間に鎮座ましたのが、確か昭和30年前後。あの「三丁目の夕日」の設定(昭和33年頃)に重なる時代なのですが、かなり早い段階で父が購入したようですから、夕方ともなればご近所中が集まってきて座敷が人で溢れていた記憶があります。しかも、子供向け番組などはまだ少なく、唯一の楽しみだった『月光仮面』を度々他の大人向け番組に奪われ、幼心に大変悔しい思いをしたという、おまけつきでした。幼すぎて記憶が曖昧だったものを、最近姉に聞いて確認した事ですから、多分間違っていないでしょう。

 ですから、初代「テレビっ子」でもある管理人は、「大相撲」も「巨人戦」もチャンネル権を持っていた父の好みで観ることが多かったのだと思います。ただ、当時管理人の贔屓のお相撲さんは「大鵬」より前の世代である「初代・若乃花」でしたし、記憶に残る取り組みは「若乃花vs朝潮(初代)」に生意気にも迫力を感じていた女の子…。それだけに、近年の角界不祥事連発には、本人にと言うより周囲の関係者たちの対応ぶりに、心底嘆き、悲しむあまりに長年の習慣である「相撲中継」さえ視聴拒否という、つまりがソッポを向いた相撲ファンの一人です。

 蒸し返すようですが、その大きな切っ掛けとなったのが昨年夏の「朝青龍騒動」でした。ハワイ出身の力士たちとは異なる自我の強いアジア系の力士は、顔が日本人に似ているからという安易な仲間意識で見るのは、実に甘いと言う他ない山のような一連の不祥事・騒動。また、その裏に政治的なものも臭っているのが一段と気に入らなかった理由の一つです。
 しかし、今日の本編の参考と言う意味で、その朝青龍問題に言及するとあまりに関連記事が多すぎるので、下記に少し引用しました。本当に驚くほどの量がありますから、見出しだけを見てもこの1年の流れを思い出すのはそう難しい事ではありません。

■スポーツ報知:朝青龍特集 (一覧)

モンゴル軍、朝青龍を守る!国を挙げて20社超の日本報道陣封じ(08/08/28)

■スポニチ:朝青龍 明徳 (一覧)

モンゴル大統領は“帰って来い”2007/08/22
朝青龍謹慎は人権侵害?
 …モンゴル日本大使館前で抗議デモ(2007/08/17)


 モンゴル大統領と仲の良いという朝青龍。その大統領が日本の国技である「大相撲」に公の場で言及するのは、内政干渉=ルール違反です。その言葉の影響が全く無かったと言い切れるでしょうか。また、日本政府がモンゴルへのODA資金援助を積極的にするのには、広大な土地の資源開発や支那中共との関連があると聞きますから、日本の伝統文化である「国技」を守るよりも、一人のモンゴル青年の傍若無人に目を瞑る、大甘な対応しか出来ないという現実が透けて見えてくる気がします。

【参考】

・外務省:日本国とモンゴル国の共同新聞発表 H18年3月28日

・モンゴルが日本を選ぶ理由 2008/07/09



     welcomeライン



 日本の『国技』である「大相撲」は、その横綱の地位に象徴されるように〈神事〉に深く関わるものですし、日本の伝統文化として保護されているのが「大相撲」という存在です。だからこそ昨年の、所謂朝青龍「サッカー騒動」があれだけ問題になったわけですが、それすらも結果的にはなし崩し的収束を図った相撲協会は、今回の刑事事件に慌てふためくのも、だから自業自得と管理人は思わざるを得ません。
  間垣親方の管理責任云々より、近年の相撲協会の姿勢そのものが商業主義に傾き、「大相撲」の存在意義を無視した結果が、根本的に角界全体の堕落や混乱・迷走ぶりを引き起こしているのではないでしょうか。また、 外国人が如何に日本の伝統文化を正しく理解し、敬うことが難しいか‥の、証左だと思います。


 そして、「北京五輪」での男子柔道が不振に終わったことで批判があるようですし、こうした世論を誘導するかのような論調には、かなり違和感を禁じえない管理人です。


◆日本柔道は時代遅れ 欧州のコーチを招へいすべき

2008/08/15 15:00 内外タイムス

 見出しからして「日本柔道は時代遅れ」、そして、日本柔道に「欧州のコーチ」だと主張するこの内外タイムスの記者は、一体どちらのご出身でしょか?


 日本の柔道が「時代遅れ」なのではなく、外国勢が次々と自分たちの有利な方向へとルールー改正を続け、或いは柔道着を掴みにくくするために加工したりする姑息なやり方がまかり通る「国際柔道連盟(IJF)」こそが、所謂「偽装=コピー」であって、日本の柔道が何故変わらなくてはならないのかが、全く理解できません。と言うより、そう考えること自体が本末転倒の話です。
 世界の有名ブランドが、支那産のコピーバッグが売れるからとコピー商品に合わせて品質を下げますか?それと同じことです。守るべきものを守るから、格式やブランド力という付加価値が付き、人気が衰えないのではないですか。

 柔道は、≪日本の武術≫です。それを勝つことを目的としパワーを優先した世界の「ジャケットレスリング」に合わせるのでは、日本の柔道は何れ消滅していく運命を辿れ、と言っているのと同じように聞こえます。
 そして、ご存じかと思いますが、昨年はあの山下泰裕氏の理事(教育・コーチング)再選もダブルスコアで落選させる連盟には、柔道発祥の地の日本人理事が一人もいないという運営でよしにすることにこそ、問題があるように感じます。それは最早、日本の「柔道」から離れ、「ジャケットレスリング」としての方向に傾いていると認識せざるを得ない方針でしょう。

◆世界柔道連盟/山下氏の落選は解せない
2007/09/12 神戸新聞ニュース


 IJFは、国際大会の運営や競技規則の見直しなどの権限を持つ。重要な決定の情報入手が遅れて不利になり、本家・日本が世界に取り残されるといった声が聞こえるのは、正常な事態とはいえない。

 日本は勝敗のみならず、柔道の形や礼節を重んじてきた。技の重視は「一本」や「技あり」などの呼称にも表れているが、世界は必ずしもこの立場にくみしていない。つかみにくい柔道着の導入や日本に不利なポイント制の採用が取りざたされるのも、柔道に対する認識の違いを示している。

 約百九十の国と地域が参加する国際競技団体はあまりない。まさに「世界の柔道」といえるが、それで柔道本来の精神が薄れるようでは困る。日本は引き続き競技の考え方を粘り強く世界に訴えていきたい。

 管理人が改めて言うまでもなく、基本とするものが全く理解されず、共有されていないのが実情です。
 ここでも、その国の伝統文化を尊重しない外国人の身勝手さが浮き彫りになっていませんか? 



 日本のメディアの反日ぶりはこの国の異常さをよく現わしていますが、共通するのは「日本の伝統」や「文化」を否定し、壊すことを望むかのような発言にあります。 

 たまにしか観ないテレビに目をやると、たった30分ほどの時間に雨あられと降り注ぐ反日印象発言に、呆れかえります。
 例えば朝のワイドショーでは、ベテラン・フリーアナがフェンシングで見事銀メダルを獲得した太田選手を現地北京のスタジオに呼び、褒め称えます。

 しかし、そのフリーアナは後でこう付け加えます。

 『これから、日本で人気が出るんじゃないの。日本の子供たちも、“剣道”なんかやらずに、フェンシングをやればいいんだよね

 余計なお世話です。そして、日本フェンシング界の発展を願うこととは、まったく次元の異なる話です。それもいい歳をした日本人が、「武士道」に通じる日本の文化・伝統武術を継承することより、古代ヨーロッパの“騎士道”を学べとでも(?)。 これが意図的でないなら、あまりにも軽すぎる(何処かに向けた)リップサービスにしか聞こえません。

 別の日にはやはり五輪用スタジオから、いきなり例の「オグシオ」への“殺!殺!”コールを誤解だと弁明。あれは“打て!打て!”なのだと突然言い出す支那局広報担当? そして、流石に中国は凄い!13億人の熱気と応援はパワーを感じるとべた褒めです。
 …この方、知らないのでしょうか?
 支那中共が、各競技場で応援させている「ヤラセ」だということを──。 外国からの応援団を圧倒し、声を消すほどのチャイナコールで封じ込める、「圧力」以外の何ものでもありません。


---------------

 さて、「柔道」「剣道」は、日本の警察学校で(女性は合気道)1~2教科を選択履修するか、カリキュラムで指定されたいくつかの武術を、卒業までに初段を取得すると推奨ないし、義務付けられています。

 そして「剣道」なら、
・世界剣道選手権大会(1970年から3年に1度世界各地で開催)
・全日本剣道選手権
・玉竜旗全国高等学校剣道大会
 があって、管理人は出来る限りテレビで観戦しています。本人としては全くやらない武術なので詳しくは知らないのですが、観るのは大好きです。特に礼に始まり、礼に終わる姿は、〈美しい〉所作だといつ見ても感動できます。

  ですから、フェンシングも好きな競技の一つで、五輪の時は放送されていれば何となく観戦してしまいます。又付け加えるなら、銀メダリストの太田君は、今時の軽く幼すぎる若者とは別格の意思があり、久し振りに昔の日本男児を彷彿とさせる、好印象を管理人も持ちました。266420

 取材記者に「帰って来たら、どんな風に迎えますか?」と聞かれた母親が、
 『ギュウ!っとして、チュゥ!っとします』と答え、すかさず父親が、
 『(それなら)帰って来ないヨ』と突っ込むところなど、下手なお笑い芸人より面白く、本当に明るい微笑ましく思えるご家族です。 心から、今後の活躍を期待したい青年で、日本もまだ捨てたものではないと、思わせてくれたのは感謝したいほどです。

 話を戻しましょう。
wikipediaの『剣道』
のページを改めて見て、驚いたことがありました。
以下、一部引用。


 剣道(けんどう、劍道)とは日本古来の武術である剣術の竹刀稽古である撃剣を競技化した武道で、剣の理法の修練による人間形成を目的とする道または修行である。

 呼称は、柔術に対する講道館の柔道を参考に、明治32年に武術再興のため設立した大日本武徳会が江戸時代以来の剣術や撃剣を学校の体育教育に採用できるよう稽古法を改め、大和心(大和魂)など精神修行とする(高野佐三郎の歌にも「剣道は神の教えの道なれば やまと心をみがくこの技」とある)ため、名称を大正8年(1919年)ごろ剣道としたという記録に残っており、明治末から大正初期ごろに成立したものらしい(なお剣道という用語は、例えば寛文7年(1667年)安倍立伝書に剣術は日用の術なので剣道という号にするという表現がみえるなど、江戸時代にも流派によっては使われたこともある)。


✖1.剣道禁止期間
敗戦後(昭和20年から)、剣道を含む武道全般がGHQにより全面的に禁止とされた。この間は、諸道場はもちろん、学校などでも剣道を行うことはできなかった(一部ではひそかにやっていたと思われる)。この期間中に剣道を何とか復活させようと愛好者たちが策を練った末に、剣道の要素を取り込んだ撓競技(しないきょうぎ)が生まれ、次第に普及していった。禁止令はGHQの占領終了とともに解除され、剣道と撓競技は合体して今日に至っている。


✖2.剣道の起源の剽窃・捏造問題
 一部韓国関係者の主張に、剣道の始祖は韓国版の剣道コムドとあるが、その韓国側のソースをネットにて公開した際、多くの捏造点が認められ、完全に否定されている。 また、この剣道の起源剽窃問題は全日本剣道連盟(全日本剣道連盟の正式声明)にて取り上げられ、日本起源であるという事実を国際的に広報すべく英語版Webサイトに掲載された。


 日本人は自分の国の伝統や文化が余りにも身近過ぎるため、改めて学ばなくても知っているような気がしてしまうものですが、管理人もその一人で、改めてwikipediaを見て初めて2つの✖印を知りました。
 ✖1.はGHQの「梵書」などが明らかとなった今では驚く事ではありませんが、 
 ✖2.に関しては、驚くと言うより笑える話に入るかと‥。呆れ果てて、とてもまともに付き合い切れません。が、流石「全日本剣道連盟」です。こうした毅然とした対応は、「日本柔道連盟」や「相撲協会」が見習うべき点が多いかと心底から思います。
 またそれ以上に、日本の政治家はこの国の何を守り何を礎にして「日本国」と成すのかを信条として持てない政治屋には、ハッキリ「いらない!」と国民が審判を下すべきではないでしょうか。

 領土問題も、捏造された謂れなき数々の戦争責任問題も、遺棄兵器処理も、靖国神社参拝も、教科書検定も、歴代首相の個人的弱みや自己保身、或いはご都合主義で相手の言いなり外交を続け、譲歩し、膨大な資金提供になり、自分で自分の国の首を締めあげ、先送りでツケだけを残すばかりだった首相たち。そして更に、くどいようですが「外国人留学生」や「外国人移民」そして、「外国人参政権」などを推進する政治家が多い日本は、現在の「柔道界」や「角界」が縮図に見えてきます。

 何を継承し、何を基本として存続させるのかを見失っていては、改革や改善、進歩はあり得ません。背骨のない軟体動物のように、水中を浮遊する得体の知れない不思議な存在です。水から揚げられれば、形を保つことさえ出来ない。

 そんな国でいいのか、どうか──。国民は未来将来を見据えて、腹を据えて考えなくてはならない時代を、残念ですが迎えてしまったような気がします。





banner_02.gif人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/08/21 05:25<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。