FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.08.23(Sat)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

日章旗 

 

308 おめでとう!352314420
     男子リレー史上初の“銅メダル” &
        女子ソフトボール“金メダル”


           

 何かと話題を提供してくれた「北京五輪」も、明日で終わりだそうですね。
 日本選手団も悲喜交々の結果でしたが、一番ホッとしているのはやはり何と言っても開催国チャイナで、メンツがペチャンコになるような「事件・事故・テロ」が(現在のところ)起こっていない事ではないでしょうか?

 とは言え、まだどこのweb新聞も載せていないのですが、あの『国境なき記者団』が米国ブッシュ大統領・日本福田首相・フランスサルコジ大統領を名指しして、“民主国家の誇りに失った”と批判する場面を、テレビニュースが伝えていました。そう思うと複雑で、アスリートの長年の夢を叶えた喜びを祝福したい気持ちと、それを全ての意味で利用した開催国の政治体制があまりにも「平和」とはかけ離れた現実に、戸惑うばかりです。


 それはそうと、何度も勝利の瞬間を繰り返すテレビですが、管理人がずっと気に掛っていたあのウィニングボール──。一塁手に渡って、勝利の瞬間に空高く投げ上げたまでは放送されていましたが、その後はどうなったの?と、少しヤキモキしていた事が、今朝無事解決しました。ご覧になっていなかった方のために、ご報告しますね266 ながらでチラリ見のテレビですから、どこの局だったか覚えていません。

 あのウィニングボールは、結局グランドに転がっていたのを三塁審判が拾い、日本チーム関係者に渡してくれたそうです。選手たちの記者会見で、“多分、監督の手に渡るだろう”との発言もありましたが、あのボールはその筋の鑑定人によると300万円の価値があるとか…。監督はその任の重さに比べても、メダルというご褒美はないのですから300万だろうが、500万だろうが、選手たちとの苦労と夢を掴んだ証のウィニングボールを手元に置くのは良いかと、個人的には思いますが、今後問題になりませんように(笑)


     welcomeライン


 さて、管理人の「お気に入り」には党派に関わらず多数国会議員のHPやblogを置いていますが、比較的熱心に更新されているのが平沼議員や西村眞吾議員のHPでしょうか。特に平沼議員は動画で話しかけるように語っていらっしゃるので、何か活字を読むより身近に感じます。また、西村議員は何時もながら文面からお人柄が滲み出る熱い語り口ですし、政治姿勢や活動の内容が分かりやすいので管理人は楽しみに訪問しています。

 で、今日は最近ご無沙汰していた衆議院議員平沼赳夫議員のオフィシャルHPを覗くと、「超人大陸」が11日に更新されていましたので、かなり時間が空いてしまいましたが、まだ一度も訪問されていない方の為にご紹介します。 



平沼赳夫オフィシャルホームページ
活動報告:動画メッセージ「日本の安全と平和を真剣に考える時期にきている」
(「超人大陸」HPより2008/08/11)9分28秒


内容要訳:実際の平沼議員の語り口は丁寧語です。


 中国は胡主席の訪日などで微笑外交をし、国民の中には「中国は良い国だ」という印象を持たれた方もいるかも知れない。互いに友好関係を続けていくことは良いことだ。
 が、現実はどうだろう。中国はこの20年間毎年2桁で軍事費を伸ばし、台湾海峡を睨んで1338発のミサイルを並べている。毎年250発が増えている中距離弾道ミサイルは、広島に落とした核爆弾の20倍もの威力を持つ核弾頭を装着できるものだ。それは射程を台湾から少しずらせば、日本全土をおさめられる。
 また、既に原子力潜水艦を持つ中国は、日本が唯一安全保障条約を基に頼る米軍の機動艦隊を沈黙させる技術を持った。あの宇宙衛星を破壊できる技術は、その宇宙衛星で100%コントロールする米軍機動艦隊の機能を削ぐことが可能で、99%のエネルギーを中東からの輸入に依存する日本のシーレーンを守ってくれている機動艦隊だからこそ、安閑としていられない。

 米国は北朝鮮の「テロ支援国家」の指定解除をすると言っている。それはどういうことかと言えば、アメリカは超大国ではなく、普通の国になったということだ。だけに、アメリカとの『安全保障条約』に全てを委ねきっていいものか、真剣に考える必要がある。

 集団的自衛権、固有の自衛権をもつことが、内閣法務局の解釈では行使できないと解釈されている。日本の安全と平和が担保出来ない。自国の力で守れる手立てを考える時期に来ている。チベット、ウイグルの問題を考えた時に、日本も自国の安全保障を考えなければならない。

 タカ派・右寄りと言われようとも、今後考えていきたい。

 



 ビデオを見ながらの走り書きですので、細かな点は異なると思いますが、凡その内容には誤りはないと思います。信用できない!?方は、是非実際にご覧下さい。一時期ご病気で声を出すのも大変そうでしたが、今回は聞き取りにくいほどではありませんでしたので、順調に回復されているのかと思ったりもしています。

 参考までに、平沼議員の政策提言のいくつかを転載。

政策提言:

「まっとうな日本を創ろう」
 私の政治理念とは、改革の精神は継承しつつ、重心の低い、落ち着きのある政治を展開することにより、国民に安心とやすらぎを提供することです。
 本来日本が有している歴史や伝統に根ざした価値観への評価と新たな時代への対応を両軸に据えた、日本人の手になる日本のための自主憲法を制定しなければなりません。
 国民の安心・安全の確保を最優先にする国家運営とそのための政策課題の優先付けを徹底することにより、真に日本にとって大切な課題に全力で取り組んでまいります。
 以上のことを通じて、ひたすら郵政民営化に狂奔した小泉政権下において後回しにされてしまっている国家的な命題に早急に取り組み、国民全てが心を一つにして、まっとうな日本を創るために全力を傾注してまいります。
 奇をてらわない堂々と落ち着きを持った、まっとうな視線と持ち、すさんだ心を整地して情感豊かな日本を取り戻そうではありませんか。
 私はまっとうな真性自民党の再建と我が国の確かな未来のために頑張ってまいります。

 

○自主憲法の制定

 非常事態にきちんと対処するための体制を整備し、侵略戦争の永久放棄と自衛のための戦力保持を明記した日本人の発意により、日本が力を発揮し国政社会で真に信頼されることが出来る二十一世紀にふさわしい自主憲法を制定します。

○信頼される外交と安全保障の確保

 民主主義同盟を根底に据えた真の信頼関係に基づく日米関係の構築と主張すべきは主張しながらしっかりと対話する東アジア外交を基軸に、拉致問題の解決を含めた国民の安全・安心の保障を徹底します。

○国家の基本をなす教育基本法の改正

 戦後教育の欠陥を正面から見直し、創造性豊かな自律心を持った、まっとうな日本人を育成するための教育基本法改正を自主憲法の制定と一体で推進します。

○少子高齢化時代を見据えた社会保障制度の構築

 社会保障制度が安全・安心を支える真の機能を発揮するよう、必要な人への給付はしっかり保障しつつ、無駄な給付は徹底して見直します。
 また少子化を止めるために思い切った子育て支援を講じて参ります。




 

カエル  この安全保障の問題は、憲法9条と合わせて議論されるべき問題だと、素人の管理人さえ思います。前エントリーでも“戦争はキライ!”と(当たり前ですが)言ったように、特に女性ですから暴力沙汰にはDNAが拒否反応を起こします。
 でも、戦争ってどうして起こるのかと言えば、日本が「戦争放棄」を謳う9条を掲げても、それならやり易いと、いじめっ子が大人しくひ弱な子をいじめない保証はないように、核とミサイルの照準を合わせ、戦後反日思想一色に染まった国々に囲まれた日本は、その無抵抗ないじめられっ子のようなものに思えます。

 そう言えば今朝のニュースで、知的障害者に暴力を奮ってきた少年たちが逮捕され、その中の一人が“障害者を殴って何が悪い”と言っていると、そんな暗澹とする事件を報じていました。親は一体どんな教育をしてきたんだろう‥?と、管理人は思ってしまいますが、その少年の価値観は自分より弱い者を労わる心を育まれることなく、野生のライオンが生きたままの草食動物をいたぶりながら喰らい付くのと同様の非情さで、力の為すがままにねじ伏せることに良心の呵責も感じないという、ある種情緒の欠落を感じます。

 それを国に当てはめれば、分かりやすいですね。支那中共が羊の真似をしても、「七匹の子ヤギ」の狼のように、中身はやはり狼は狼でしかないのです。本物の羊なら、チベットやウイグルの人たちの惨状は、どうして起こったのか?幼稚園の子供でも分かりそうな問題です。


banner_02.gif人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/08/23 11:44<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。