FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.08.27(Wed)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 呪われた(?)大臣席に座った太田農水相が、またぞろ事務所費問題で追及されていますが、偶然驚きの証言に出会ってしまいました。

 エコノミストの池田信夫blog 08/26 を覗くと、こんなタイトルが‥
※以下、一部引用

≪太田誠一氏の「政治団体事務所」は隣の家だった!!≫

>太田氏「活動の主たる担当者である秘書官の自宅を事務所にした」と説明しているそうだが、しかし、私は隣に7年間住んでいるが、この家で政治活動が行われている形跡(ポスターなど)見たことがない。そもそも家族以外の人がこの家を出入りしたのを一度も見たことがない。


>そもそも大家さん(隣人)が議員秘書だったというのが驚きだ。園芸が好きで、よく週末には庭いじりをしており、あいさつをしていたから、普通のサラリーマンだと思っていた。選挙区回りなどで秘書がいちばん忙しいときだから、これもおかしい。彼の秘書官としての勤務実態があったのかどうかも調べたほうがいいと思う。

>以上はオンカメラで5~6社に放したので、きょうのニュースやワイドショー等に出るだろう。必要なら、国会証言してもいい。私の印象では、中里秘書官の自宅が「幽霊事務所」だったことは間違いない。

-----------

 昨日の新聞では、


◆太田農水相、領収書公開へ=週内にも会見-事務所費問題

8月26日22時5分配信 時事通信 

と釈明に追われていますが、事務所としていた秘書の自宅のお隣に、よりによって池田氏が住まわれていたとは、流石にご存じなかったのでしょうね。

 池田氏は、それも必要なら「国会証言してもいい」と言明されていますから、かなり苦しい立場の太田氏かと‥。
 その上、地元福岡市の市民からはかなり冷たい反応が‥


◆大臣の資格なし!国民目線ない!太田大臣の地元の声(ニュース動画あり)

2008/08/27 0:27 ANNニュース

太田農林水産大臣の地元・福岡の有権者:

「あんまり大臣という資格はないですよね、あの人は。もう少し、福岡県民ならしっかりした発言をしてもらいたい」

「国民の目線に立っていない。それが一番だと思う。政治が国民とかい離しているのだと思います」

「大臣になったら、発言には注意しないといけないと思っていた。普通の立場ではないから、発言する時には気をつけないといけないなと」

「今さら(事務所費など)そういうことが出てきても驚かないものね。今、乱れきっているのではないか、どこでも」

 まぁね、あまり既存メディアの報道は偏り過ぎて信じない管理人ですが、こうした意見だけを取り上げているにしても、批判されて当然の前例を昨年ゾロゾロ作ってくれました。

農林水産大臣は、この2年の間に7回も変わっています。そのうちの3人は、事務所費問題などが原因で交代しています。そして今回、太田誠一農林水産大臣にも事務所費の問題が浮上しました。

 去年、安倍政権崩壊へのドミノ倒し現象をイヤでも思い出します。
 その裏で糸を引いた自民左派勢力の存在──。

 そして大田誠一氏と言えば、悪法『人権擁護法案』の旗頭です。

太田誠一 

 だからこそ、福田内閣改造人事に尚更危機感を持たざるを得なかったのですが、この事務所費問題が今後どのような結末を迎えるかに、注目したいと思います。

 その『人権擁護法案』については折角ですから、ここで少しおさらいの意味でご紹介しておきます。

 福岡と言えば、「同和」や「在日」の影響力が強い土地柄という印象が拭えません。また、選出の国会議員がこれまた皆さん、ネット市民からの批判を浴びる方々ばかりがお揃いなのも、何故か頷いてしまう管理人。

 その“芋づる式”な「我が国の『膿み』」というタイトルでエントリーされているのが、「東アジア黙示録」-06/09 様です。

≪言論弾圧法案の休戦ライン…我が国の「膿み」凝縮≫
矢印右 危ない議員たちがゾロゾロ登場

今国会中の提出が見送られた人権擁護法案。いわゆる太田私案も根幹は変わらず…背後の団体は人権委員会が当初の目的と断言。この悪法が浮き彫りにする我が国の問題とは何か。
矢印右 詳しくはリンクで。お勧めです。
  画像/動画/図解入りで分かり易く説明されています。

 去る3月10日の「国民大集会」では、管理人も署名した一人。どれだけ国民の多くがこの「人権擁護法案」に危機感を抱いているかが分かります。それでも、意欲満々、これを通さないようでは『男の沽券にかかわる』とか仰ったそうで。そして、部会の報告を見るとあの手この手の姑息なやり方を見せていた太田氏ですから、管理人のような単細胞は“天罰じゃぁ~!”……なんてネ343

【参考サイト】

■人権擁護法案ポータルwiki



■サルでも分かる?人権擁護法案

人権擁護法案の危険性の解説と反対運動支援


矢印↓ 人権擁護法案反対!の方は応援矢印↓おねがい シマスネ

banner_02.gif人気ブログランキングへ




人権擁護法案 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/08/27 06:26<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。