FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.09.01(Mon)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ

 本日は、(何故でしょうか?)前置きを削除して載せます。83

 前エントリーの最後で述べた、「怒りの導火線」が炎上し過ぎてうまくまとまらず、超・長文となってしまう有様で、しかし中途半端に妥協できない以上載せるわけにはいかないと判断しました。後日、時間がありましたら「限定記事」でぶちまけたいと思います。


     welcomeライン

『間接侵略を担う、ヨン様ブーム』



「日本文化桜チャンネル」社長水島総氏
月刊『WiLL』06/08号連載『テレビ捜査班』第一回より
(以下、一部引用)

※この記事は2年前(2006年)のものを管理人が書き写しました。但し、文中()内の年度は、分かりやすくするため付け加えてあります。
(前略)

 韓流ブームは、電通などの広告代理店によって意識的に実行された。一昨年 (2004年)の秋から翌春頃が「韓流ブーム」の最盛期と言われている。
 だいたい、テレビ番組はタレント確保などの理由で、ほぼ一年前に企画が決される。だから「韓流」は、少なくても今から三年前以上前に企画されていたことになる。
 ちょうど2002年のW杯サッカー日韓共催大会が終わり、嫌韓感情が日本国の間に広がっていた時期である。

 この時期、わが国で何があったか思い出してみると興味深い。日本政府は2005年を日韓国交正常化40周年記念の「日韓友情年2005」と決めていた。
 「日韓友情年2005実行委員会」の委員長には日中友好協会会長(当時)の画家平山郁夫氏、副委員長に電通最高顧問の成田豊氏、映画監督の崔洋一氏らが委員に就任した。どんな傾向の実行委員会なのか、おおおよそ察しがつくメンバーである。
 そして平成16年(2004年)から、NHKと民放テレビ局が一斉に横並びで放映し始めた。普通テレビのキー局は競争相手だから、同じ企画を一斉に行うことなど稀だが、電通主導の「韓流」だけは例外だった。作られた韓流ブームは、明 らかに韓国や北朝鮮に対する日本の国民感情を好意的にするものに変えることを意図していた。

(中略)

 しかし、この時期で最も重要なことは、まさにこの「韓流」最盛期に合わせるように、我が国会において在日韓国朝鮮人の日本乗っ取りにつながるものだと 危険視されている「外国人参政権」「人権擁護法案」などが上程、または上程されようとしたのである。
 これら一連の出来事は偶然の一致だったのか。韓流ブームの本当の狙いは、実はそこにあったのではないか。


 この頃の事は、未だにハッキリと記憶しています。
 日本単独で開催するはずだった「サッカーW杯」の様々な裏話も、ソースが何処かに埋め込まれて見つかりませんが、韓国という国の卑劣さに多くの日本国民が一気に嫌韓感情を抱く切っ掛けとなりました。
 当然、その後の「日韓友情年40周年」は分かっていただけに、タイミングが良過ぎると警戒感を持った方も多かったのではないでしょうか。

 その上、地上波でNHKが放送し始めた韓国ドラマは、不思議なことに各テレビ局のワイドショーなどで“大人気!”とチンドン屋の如く大宣伝の嵐。口を揃えて「良いドラマだ」「すっかり嵌った」「懐かしい」等などと大絶賛でした。つまり、逆に違和感を感じるほど煽っているいう印象が強く、逆に「どこで、ブーム?」という疑惑が拭えなかったと記憶しています。
 因みに管理人の周囲には、一人も乗せられた女性がいなかったのは、救いでした。結構辛辣な意見が多いのは、現在もingです。
 


 韓流ブームに隠された映像メディアの謀略行為に気づくためには、その本質をきちんと知らなければならない。わが国にはそれを熟知し、反戦平和と人権を叫びながら反日謀略を推進する外国人や日本人協力者、支援者が無数に存在している。

 テレビメディアの重要な本質のひとつは「印象」(インフレッション)の伝達ということである。文字メディアの本質たる「情報知識」(インフォメーション)伝達とはまったく異なるものである。つまり番組を見て、視聴者は主に「感ずる」のであり、「理解し」たり「考える」のではないということだ。好きか嫌いか、面白いかつまらないか、良いか悪いか、安いか高いか、快か不快か等、生理的に「感じて」も、本当は「考えていない」のがテレビ視聴者である。

 まじめな政治討論番組であっても例外ではない。このメディアの現実は、簡単だが決定的に重要な本質である。テレビにおける「意識操作」とは、視聴者へ「印象操作」であり、謀略工作もその延長戦にある。案外、このことを解っていな い「評論家」が多い。

 朝日新聞は、そういう意味で、最もテレビ的な「印象操作」の文字メディアだと言える。朝日がやって来た行為は、報道の事実を歪めるのだはなく、文字による「印象操作」を行って来たことだ。

 例えば社説で、「冷静に対応を」という言葉を多用するが、この言葉自体が感 情的呼び掛けであり、具体的提案や論理的展開から逃げている。朝日新聞の体質をよく示している好例である。

 テレビ画面に登場する人間とその内容は、視聴者に「印象」として受け止められ、放送が繰り返されることで、身近で日常的で相対化されたものとなっていく。また、テレビ出演者とは、目に見える姿や形についての「印象」を視聴者に持たれるだけでなく、外見からは見えない品格、学識、見識、演技力、歌唱力等々、「精神的」なものすらも、一切合財、全て「印象」として受け止められるのである。
(後略)



 普段、何気なく見ているテレビでも、出演者、それもその人が著名な学者であったり立派な肩書を持っていたりする人の発言に、我々一般庶民は“そうなのかぁ~”と思ってしまうことが多いのかも知れません。しかし、それに違和感を感じたり、全く異なると判断するには、個人個人のリテラシーを高めることと、そして多くの事実と真実を知る以外にはないのかと、経験上そう思います。

 この日本には、「知らなかった」では済まない隠された多くの「事実」が存在します。そのメディアによる目隠しを外し、「印象操作」に騙されないようにするには、独自の目線と日本人として培われてきた感性が欲するままの国の姿を求める心こそが、「真実」を見分ける指標になると管理人は思います。難しいことではありません。単純に、祖国である日本にはどうあって欲しいのか‥と、一度自分に問えば答えが出てくるはずです。

 では、テレビが大好きな子供たちの場合はどうでしょうか?


「テレビの暴力シーンが青少年に与える影響」

アメリカ青少年精神医学学会の何百もの研究結果からは、以下のことが明らかになっています。

・子どもは暴力の恐怖に対し「免疫」を持つようになる。

・子どもが問題の解決の手段として、暴力を受け入れるようになる。

・テレビで見た暴力を子どもがまねるようになる。

・子どもがある登場人物、被害者、または加害者に自分を結びつける。

子どもをテレビや映画館のスクリーンの前に座らせる親は、現在最も効果があり、説得力のある道具で、子どもが教育(あるいは洗脳)されるのを許しているも同然です」


(ジグ・ジグラー・子どもの運命は親で決まる! ポジティブ・キッズに育てる16の方法)


ソース元:「日本史から見た最新ニュース」08/07/23


 この文章は、特に暴力シーンの影響について書かれていますが、全てについて同じようなことが言えるとすれば、何気なく見せているアニメでもドラマでも、意図的操作を行うことは簡単です。「~は、こうなんだよ」とテレビの中のキャラクターが言う言葉の一つ一つが、誤った認識を植え付けていることはないのでしょうか?無防備にテレビの前に座らせることなく、ご両親は是非、チェックをして欲しいと思います。


 ある海外に住む日本人の若者が、吐き出すようにこう言いました。

“自分の国さえ、守れないなんて!”

 また、あるスポーツ選手である若者が、笑顔でこう言いました。

“日本人として、誇りに思います!”

 二人とも有名な若者で、幼い頃から海外で暮らし成長してきました。
 しかし、その二人の若者には、立派に祖国「日本」を誇りに思い、愛する心が育っています。であるのに何故、自分が生まれた国で成長をしながら、国を思う心が育まれていない子供たちが大勢いるのでしょうか。

 不思議な現象です…。

 


banner_02.gif人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/09/01 23:03<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。