FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.09.03(Wed)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 ご存じの通り、戦後最低最悪の首相とネット上で厳しく批判され続けた福田首相が、マスゴミが言うようにただ「投げ出した」ような辞任をしたのだろうか?と、歓迎する以上に、何か嫌な気分を感じている管理人。 正しい日本語としては、「逃げ出した」と言った方が適切ではないだろうか‥。 そして、その訳は?と。
 と言っても、早くも次期総裁選に焦点は移り、それも一国のリーダーを決めるのは、「国」や「国民」の為というものとは程遠い駆け引きばかりで、手の届かないところで国の行く末を案じるばかりの国民です。


◆「ポスト福田」麻生氏は出馬、小池氏含み

2008/09/03 スポニチ (以下、一部引用)

(前略)
 総裁選4度目の挑戦にして大本命。麻生氏周辺からは「国民に対し、小沢一郎氏の無投票3選となりそうな民主党代表選との違いを鮮明にしなければいけない。小池氏でも石原伸晃氏でもどんどん出ればいい。政策論争を盛り上げ、お祭り騒ぎを勝ち抜いた勢いで一気に解散・総選挙をしたい」と余裕の弁も漏れた。

 しかし、自民党関係者は「必ずしも麻生有力というわけではない」と指摘。「かつての自民党のキングメーカー野中広務元幹事長が津島派の面々にコンタクトをとって“反麻生”を訴えている」。野中氏は「津島派として体を張って麻生総理を阻止しろ。麻生以外ならだれでもいい。古賀(誠選対委員長)にも伝えてある」と反麻生包囲網固めに奔走しているといい「どこまで浸透するかは不透明だが、動きを活発化させているのは確か」(前出関係者)。

 連立を組む公明党内にも“麻生アレルギー”が存在。同党の太田昭宏代表に近い人物は「党としては静観の構えをみせているが、公明党が提言した定額減税に真っ先に反対したのは麻生氏。そのしこりは消えていない」と強調。支持母体の創価学会内でも「選挙の実動部隊である婦人部を中心にタカ派の麻生総理誕生は好ましくないとの意見が出ている」という。
(後略)
 
 この“麻生アレルギー”には、もうひとつ深い恨みを抱く野中氏の出自に関係した事情があると聞いてます。

 総裁選出馬にかなり前向きと聞く小池元防衛相ですが、ご自身も口にされているように「危機感を共有」するなら、失礼ながらこの状況下で、女性の手では太刀打ち叶わぬ周辺国、そしてアメリカを相手にするにも限界があると不安です。
 それも、この1年足らずに限りなく擁護・援助・譲歩した福田首相の隷中外交から、せめてまともにものが言えるよう、軌道修正のできる芯のある首相を望むのが多くの国民の願いです。ですから、「外国人移民1000万人」推進の中川秀直氏が擁立する息のかかった小池氏は、ご免被りたいのが管理人。どうぞ、ご遠慮を、と‥。 そしてもう一つ、何故谷垣氏は今回に限って出馬しないのでしょう?


     welcomeライン


 さて、総裁選を軽めの扱いにしたのは、次にご紹介する
西村眞悟議員の「眞悟の時事通信」09/02
をご覧頂きたいからです。一部引用致しますので、どうぞリンクして全文をご覧下さい。

伊藤和也君を送り出したペシャワール会と国家の体制

 昨日九月一日、アフガニスタンで射殺された伊藤和也さんの葬儀と告別式が彼の郷里であった。
 その葬儀を見届けた上で、私は、彼を送り出した我が国の「体制」に関して書かねばならないと思っていた。
 同日晩から、福田首相が辞意を表明して大騒ぎになっているが、これは我が國の「体制」は如何にあらねばならないかという「国家問題の次元」にぶつかり問題を提起した辞任ではない。
 総選挙を如何に乗り切るか、衆参ねじれ国会においてテロ特別措置法改正案を如何に成立させるか、というジレンマの中での辞任である。これらの解決に自らの「続投より新たな陣容による解決を求めた」辞任である。

 しかし、この首相の辞任表明よりも、さらに大きな課題を提起しているのが伊藤和也君の死である。
 それは首相の辞任の次元を越えた戦後という我が国の思想と体制の問題点を突きつけた一人のかけがえのない青年の死である。 従って、昨夜は辞任騒動のために書けなかったが今朝書き留めておきたい。

 我が国の政治は、自衛隊は「危険なところ」には派遣しない。安全なところ、戦闘地域でないところにだけ、自衛隊を派遣する。
「イラクで安全なところは何処ですか」、
「自衛隊が派遣されるところが安全なところです」、
「何故そこが安全なのですか」、
「自衛隊が派遣されているからです」
この国会の議論を記憶されている方もいるだろう。イラクに自衛隊を派遣するに際して、小泉総理が披露した答弁である。これは何も答えていないトートロジーである。自己欺瞞、詐欺師の答弁といってよい。
 しかし、与野党総体としての我が国の政治は、この自己欺瞞の範囲内でしか議論できないのである。何故なら、与野党とも「憲法九条」の馬鹿馬鹿しい解釈の忠実なる手下だからである。

 結局、イラクにおける我が自衛隊部隊は、カナダなどの他国の部隊に守られて活動することになった。
 自衛隊が他国の軍隊に守られてイラクで活動する?他国軍隊の捕虜になって警備環視を受けながら道路工事をする武装を解除された敗戦国の部隊じゃあるまいし。
 これでは、イラクにおける道路工事の完成は、自衛隊の名誉ではなく、自衛隊を守って工事をさせた他国部隊の功績となる。これは、自衛隊にとって深い屈辱ではないか。
 我が国の体制は、国家の名誉を貶めると共に有為な青年である自衛隊員に屈辱を与えているのである。

 他方、NPOペシャワール会からアフガニスタンに赴いた伊藤和也君はどうか。
 彼は、「危険なところ」でアフガニスタンの農民のために農業支援という活動をしていて殺された。
 ペシャワール会が言うようにアフガニスタンにおける農業支援は必要であるが、年々治安が悪化の一途を辿っていて危険であった。その「危険なところ」が彼の生き甲斐となる活動領域であった。しかし、彼は民間人であるから丸腰で活動しており、自ら身を守る術を与えられていなかった。
 彼は、テロリストに拉致され射殺されたが、日本の青年として、多くの現地の人々に愛され感謝され、日本とアフガニスタンの架け橋となっていたのである。

 ところで、今まで彼をアフガンに送り出したペシャワール会というものを詳しく知らなかったので調べてみた。

つづく


 この後に、「ペシャワール会」について詳しく言及されています。
 中心にいる中村哲医師のことは、テレビで何度か報道されていたので知っていましたが、この内容には、少なからずショックを受けた管理人。

 これ以上は、リンクしてつづきを読む楽しみがなくなりますので、今日はこの辺で。



banner_02.gif人気ブログランキングへ





スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/09/03 21:25<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。