welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.09.06(Sat)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

日章旗308 

       悠仁さま、2歳のお誕生日
               おめでとうございます
2 

  幾久しく、お健やかなご成長をお祈りいたします。

現在皇位継承順位第3位であり、今上天皇の孫の世代では唯一の皇位継承者である。身位は親王。お印は高野槇。皇室典範における敬称は殿下。宮家の所生であるため「○宮」の御称号はない。

参考:悠仁親王-wikipedia



◆悠仁さま満2歳の誕生日、犬や魚への餌やりも

 2008年9月6日(土)5時1分配信 読売新聞

 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまが6日、満2歳の誕生日を迎えた。

 1年間で身長は約13センチ伸びて87.5センチ、体重は約2キロ増えて11.5キロになり、すくすく育っているという。

 宮内庁によると、悠仁さまは徐々に昼寝の時間が少なくなり、ご夫妻が飼われている犬や魚への餌やりなど、外で遊ぶ時間が増えてきている。室内では姉の眞子さま、佳子さまと一緒に絵を描いたり、積み木をしたりして遊ぶという。

 2歳と言えば、お可愛い盛りです。

 秋篠宮家では、歳の離れたお姉さまお二人が悠仁さまの育児にも協力的で微笑ましい限りです。初めての男の子ですから、また違った可愛らしいをどなたもお感じになっていることでしょうね。しかも、お父様の秋篠宮様以来41年ぶりの親王ご誕生でしたから、国民にとっても心からお喜び申し上げる悠仁さまのご誕生でした。


 妊娠中は早く生まれてきて欲しいと願い、生まれれば早く大きくなってネ、と願いながら、しかし、母親が真実幸せを噛みしめていられるのはそう長い期間ではありません。 
 我が子を胸に抱きしめ、膝に乗せて育てられるたった数年間のような気がします。手が離れれば、成長と共に自我を持つ子供はもう別の人格をもった一人の人間。経験上、男の子は特に親離れが早いような気がします。また、そうでないようでは困りますが‥。
 だから、あの邪気のない乳幼児期の可愛らしい姿は、無条件に愛されるよう〈一生分の親孝行〉を先にしているのだと言われる所以なのでしょう。
 生意気な口をきいたり、逆らったりする成長した我が子にいくら手を焼いても、母親の脳裏には常に可愛らしかった乳幼児期の姿が焼き付いて離れません。だから、どんな苦労も厭わず子供への愛情を注げるのだと…。
 本当にその時期は、アッと言う間です。ですから、子育て中のお母様方にはその時間を充分に味合い、噛みしめておいて欲しいと願う管理人です。

     welcomeライン

 さて、悠仁さまに関係した許されざる不敬な事件があるのですが、いくらなんでもお目出度い日の当日に載せるのは、気が咎めます。後日改めて触れてみましょう。

 そこで、こんなお話を──。



十六条旭日旗 


 以前、ご紹介したことのあるラップグループ「英霊来世- 矜持」のblog「英霊来世の○日記」様に先日お邪魔をしたら、富士登山のエントリーでした。
(※サムネイルリンクにあります)
 管理人は所謂観光で車で行ける五合目までしか登ったがないのですが、登山者用に売られている杖に付ける300円の旗には何故か「日の丸」がなく、あったのは「旭日旗」と「星条旗」だった、と書かれていました。写真を見てみると確かに海上自衛隊自衛艦旗の「十六条旭日旗」(上記画像)が杖に付けられていました。何故海上自衛隊の旗が富士山に? と素朴な疑問。富士山なら陸上自衛隊の「八条旭日旗」の方がしっくりするような気がしますが、この場合は深く考えずに、観光地なのでただ何となくカッコいいから置いてあるのかと思うことにしましょう(^^ゞ 「日の丸」が無かったのはやはり登山には欠かせないアイテムなので、人気が高く売り切れた(?)、と勝手に解釈です。 そう言えば、登山道で撮った写真の中の「十六条旭日旗」は、例え300円の小さな旗でも勇ましく目立つように見えます。

 管理人の父は海軍出身です。女の子なので戦争の話を多く話して聞かせる父ではありませんでしたが、幼い頃からこの「十六条旭日旗」をバックに若くて結構ハンサムだった父が、白い制服に身を包んだ写真を目にしながら管理人は育ちました。幼女でありながら、その姿をとても誇らしく思えた記憶があります。日本が戦争に突入した理由も、その悲惨さも、そしてGHQの戦後占領政策も、朝鮮人による多くの混乱も、何も知らずにいた遠い昔の記憶です。
 
 その父も既に80歳半ばを過ぎて、現在は殆ど介護ベットの上で過ごす人生の終焉を迎えています。 自分の年齢を考えれば当たり前なのに、ドカッと目の前から落ちたような歳月の長さを、こうして時には否応なく感じてしまう管理人──。
 あの時代、戦争という大きなうねりの中で、多くの先人達が国の為に身を削り、身を呈して闘い守ったこの国「日本」は、しかし、GHQの日本国への干渉と様々な反日勢力によって63年後の今、正常な国の体を為さない歪んだ国へと変質させられたその軋み音が、あちこちから聞こえてくるようです。それは、ある意味“呻き”にも聞こえます。
 そんな傷付き呻くこの国を、どうやったら救い出し健康な国にできるのでしょうか。
 国民の生命より、特定国との「お友達」関係に重点を置くような首相を担ぎあげる、権力を持った現国会議員たちの売国好意を、そのままにしていいと思うのでしょうか。
 今、私たち国民一人ひとりの、「国家観」が強く問われています。

     welcomeライン 


掲揚された自衛艦旗 

 この「十六条旭日旗」は戦後、何故か誤った印象で捉えられていると思う事があります。そう言えば一時期暴走族が振り回していたり、拡声器の大音量と共に怪しい街宣車で街を走る「右翼団体」が使用したため、悪印象が植え付けられてきたとも言われています。

参考:「右翼の正体」-右翼団体代表者の多くは在日コリアン


 ですが、当然「日章旗」と同等なのですから、正しい認識と敬意を持って扱うべき旗です。


■「旭日旗」がそのまま自衛艦旗として受け継がれた経緯--伊勢雅臣


 海上自衛隊の艦艇が掲げる旭日旗(自衛艦旗)をご存じだろうか。日の丸から16条の旭光が出ているデザインである。各国の海軍軍艦は、それぞれの軍艦旗を掲げるが、「自衛艦」は国際的には日本海軍の軍艦であり、自衛艦旗はその「軍艦旗」にあたる。

 軍艦は国土の延長とされ、軍艦旗を掲揚する艦艇に行き会った民間船は自らの国旗を少し下げ、元の位置に戻す、という形で敬礼をするのが国際慣行である。

 実は自衛艦旗は戦前の日本海軍の軍艦旗そのままのデザインなのである。海軍が「海上自衛隊」、軍艦が「自衛艦」などと戦後の言い換えが進められた中で、なぜそのシンボルである軍艦旗のデザインがそのまま護られたのか。そこには軍艦旗を護ろうとした人々の陰ながらの苦心があった。

 昭和29年の自衛隊創設の際に、当時の反軍的世論を鑑みて、軍艦旗のデザインも再考することとなり、米内穂豊画伯に図案作成の依頼が持ち込まれた。

 画伯は悩み抜いた末、結論に至る。

「軍艦旗は黄金分割による形状、日章の大きさ、位置光線の配合など実に素晴らしいもので、これ以上の図案は考えようがない。それで、軍艦旗そのままの寸法で1枚書き上げた。お気に召さなければご辞退致します。画家としての良心が許しませんので」
 “画伯の作品”は「創設する海自への影響」「国民感情」などを焦点に庁議にかけられたが、保安庁長官は裁可した。詰まる所、旗の持つ動かしがたいきらびやかさ、雄雄しさ、芸術性は、敗戦で自信を失った関係者の心を揺さぶり、引 いてはならぬ一線=誇りの存在を気付かせたのではないか。海軍魂の象徴・軍艦旗の消滅を惜しんだ海軍OBや芸術家、官僚らが期せずして心を一にし、阿吽(あうん)の呼吸の結果、軍艦旗を自衛艦旗として蘇生(そせい)させたのではないか。

 自衛艦旗を最終的に承認した吉田茂首相も「呼吸」を共にした一人に違いない。説明を聞いた首相は、こう語っている。

「世界中でこの旗を知らぬ国はない。どこの海に在っても日本の艦だと一目瞭然(りょうぜん)で誠に結構だ。海軍の良い伝統を受け継ぎ、海国日本の守りをしっかりやってもらいたい」[1]

 こうして日本海軍の旭日旗は、そのまま海上自衛隊の自衛艦旗として引き継がれた。吉田首相の「海軍の良い伝統を受け継ぎ、海国日本の守りをしっかりやってもらいたい」とは、多くの国民が共有する願いでもあろう。

■参考■
1. 産経新聞、H20.04.03「【野口裕之の安全保障読本】軍艦旗救った画家の良心」、東京朝刊、5頁 

【参考サイト】

■海上自衛隊HP


・海上自衛隊の役割 Misson of JMSDF

日本は四方を海に囲まれた島国です。これは、わが国に対する脅威が常に海を経由して来ることを意味しています。また、資源の乏しいわが国は、国民生活の基盤となる物資の殆どを海外に依存しており、その9割以上が世界中に広がる海上輸送網を利用しています。新防衛大綱においては、新たな安全保障環境を踏まえて、「新たな脅威や多様な事態への実効的な対応」、「国際的な安全保障環境の改善のための主体的・積極的な取組」、さらには防衛力の本来の役割である「本格的な侵略事態への備え」を防衛力の役割としており、それぞれの分野において実効的にその役割を果たし得るものとし、このために必要な海上自衛隊の体制を効率的な形で保持するものとしています。



 日本は「憲法九条」の下、戦争をしないと謳った国だから安全、平和だと言えるでしょうか。
 最後に、こうした事案の現実的脅威を、この国はどうやって守れるかという議論もできないままでいいのか、考えなくてはならない時代を迎えているようです。


◆【主張】防衛白書 高まる中国の脅威直視を

2008/09/06 03:09 MNS産経

> 白書は昨年9月、中国の複数のH6中距離爆撃機が東シナ海上空で日本の防空識別圏に入り、日中中間線付近まで進出していたことを公表した。当時、日中両政府は東シナ海を「平和・友好・協力の海」にするとうたっていたが、中国が武力による示威行動を取っていたことを注視したものだ。



banner_02.gif人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/09/06 18:22<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。