FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.09.08(Mon)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ

≪お知らせ≫

 mitamawotugumono.jpg

『みたまを継ぐもの』
今を生きる私たちへ 永遠に語りかける英霊の願い

戦中・戦後・そして現代に生きるあらゆる世代の方へのメッセージ。
「みたまを継ぐ」とは?「英霊のまごころ」とは?
一人の若者の成長を中心に、英霊が何を想い、今の私たちに何を伝えたいのか。
(時間 1時間20分)

【スタッフ】
監修:國學院大學教授 大原康男
プロデューサー:末永和也
脚本・監督:松田雄行
ストーリー構成:松 慎一郎
助監督:李 英叔
制作:(株)アーツエイハン
【挿入歌】
エンディング:防人/英霊来世
【キャスト】
石神隆信:大柴隼人 / 真奈美:森田このみ
石神幸一:向井 修 / 石神清子:久我朋乃
矢崎雅人:加瀬慎一 / 江本弥一郎:奥野 匡
石神紗代子:弓 恵子
ナレーター:小原雅人 / 緒方文興 / 田中 完

【企画・制作】靖国神社
(遊就館映画情報)

★元日・みたままつり・8月15日及び特別な事情がある場合は上映時間を変更をすることがありますのでご注意下さい。

上映時間
1日4回上映

①10:00

②11:30

③13:00

④14:30

時間:1時間20分

〈その他の映画〉

『私たちは忘れない』『支那事変全線総攻撃』『平和への誓約(うけい)』


     welcomeライン 



 突然ですが、ひとつお聞きしたい事があります。

(※特に回答を求めているわけではありません)


 あなたは過去に、自分の命の危険を感じるような経験をしたことがありますか?




 管理人は5回ほどありました。交通事故で2回、病で2回、火事で1回。
 周囲の中ではダントツに多い経験数なのですが、世間では多いと見るか普通と見るかは分かりません。

 その話をひとつひとつしていると長くなりますので端折りますが、その他身近で大切な人の「死」に接してきた経験も含めて、管理人に強く定着した思いがあります。

 

人生に“まさか”は、ない。




 これに尽きると考えています。


 毎日どこかで起きている事件や事故、災害などで、被害者となった方のご不幸が自分のそれと重なり、思いを馳せることも少なくありません。反面、その周囲の人たちが口を揃えて言う“まさか!”という言葉には、何故か「起きるはずはない」と確信したように生きる人たちの意識に、危うさを感じてしまう管理人です。本当に何も起こらないと信じ、以前の日本のように現在も警戒心さえ持たずに暮らせる世の中だと、この日本の現状を見て言える人はどれ位いるでしょうか?  

  気が付けば、“日本はあまりにも変わってしまった…”と思わざるを得ないようなマスコミが流す情報だけ見ていれば、確かに無差別殺人や短絡的な事件、無責任な事故などが増えているような気もします。公務員の不正や食品会社の偽装、相変わらず絶えない飲酒運転等など、これらの根底にあるのが日本人のモラルの低下だとするのも、ある意味頷く他ないような気がします。 

 でも、それ以上に意図的・計画的な犯罪やそれに連動するような動きを「まさか」と言い換えて見過ごし、或いは放置し続けるのは、既に限界を超えていると感じます。

 例えば、最近周回したblogで、特に気になったものの中から幾つか抜粋すると、

▽「博士の独り言」
 
■「おかしいぞ、厚労省!」09/07

 ハローワークにある厚労省都道府県労働局からの雇用者への公告には、「在日韓国・朝鮮人への雇用に関し、彼らの安定した生活確保のために正しい理解と公正な採用選考システムを確立していただくことがぜひとも必要です」という内容で、特別扱いであると指摘。

■省庁「破壊の構造」3-09/07
「国公総連」と聞くと、直ぐには分からない上に似たようなネーミングの団体を思い浮かべるこの「国公総連」とは、「日本国家公務員労働組合連合会」の略称。
 この団体に関する情報が、“こんなことでいいのか!”と国思う諸氏からの資料提供を受け、取り上げている。
 この団体は「連合」に加盟しているとあり、昨年11月には韓国で開かれた組合交流会に参加。平日であっても仕事を休んで参加している実態に触れている。

■「事故米は役人が食え!」-09/08
 9月6日に引き続き、大阪市米粉加工販売「三笠フーズ」の農薬やカビ毒で汚染された輸入米不正転売を取り上げている。
 過去5年に渡り同社が事故米を購入したのは全体の1/4に当たるが、その流通経路は農水省も同社も公表していない。その転用についてに疑問を投げかけている。

■対馬が韓国領土になる日
「Doronpaの独り言」09/05 「在特会」

9/02開かれたシンポジウムにて、対馬地元の方の報告をまとめると、こうした現状にあるそうです。

1.対馬ではアリラン派と呼ばれる商工会会長などが韓国人受け入れを積極的に主導している。
2.韓国人観光客相手に儲かっているのはごく一部。
3.韓国人を受け入れたために本土からの日本人観光客が寄り付かなくなった。
4.韓国人の窃盗行為や備品破壊などによってホテルが次々つぶれている。
5.韓国人観光客によるタクシー乗り逃げ事件が多発している。
6.韓国人による対馬沖での違法操業・密漁が公然と行われている。
7.島内のスーパーなどでは韓国人万引きが多発しているが、あきらめムードになっている。
8.島内の大半は韓国人受け入れ反対だが、声を大にして言えない状況にある。

 等々、様々な憂鬱になる事象があるのですが、「事故米」の件を除けば関係する先が、どれも同じです。

 また、このスクープと言える記事は既に3日には
西村幸祐氏のblog「酔夢ing」様
で公開していたものですが、それをお馴染み「東アジア黙示録」様が解説をしていますので、そちらから引用します。

■福田官邸の逮捕区裏外交に弔鐘…制裁破り総連幹部が訪朝-09/07
「東アジア黙示録」

北代議員でもある総連幹部の訪朝が発覚。対北制裁はすでに解除されていた。福田政権下の首相官邸は総連サイドとも水面下で連携…「対話路線」の実情は密約・裏取引の連続だ。

 更に「せと弘幸blog-『日本よ何処へ』-09/04では

■炸裂!公明党都議「口利き」有志斡旋問題
新銀行東京に群がったハイエナ・公明党都議会議員

新銀行東京を経営難の追い込んだのは、カルト創価学会に操られたインチキ政党・公明党の都議会議員たちである。

 新銀行東京は今年6月末までの4半期決算で37億円の赤字を計上、2009年3月期では126億円の赤字が見込まれる。これまでこの銀行には1400億円もの血税がつぎ込まれて来た。

 この銀行から最近、内部告発と思われる情報が報道機関に流れた。そして、その内部情報で明らかになったのは、公明党の銀達による、この「新銀行東京食いつぶし大作戦」の実態である。

 公明党の都議会議員が、この新銀行東京に「口を利いて」融資の斡旋をするケースが何と600件の「口利き案件」の中でも断トツの200件以上を超えるというから驚きである。

※以下、口利き議員の実態が詳しく掲載。

 引用が多すぎて閲覧するのも難儀かと思いますが、何れも看過できない問題なのでまとめてみました。これ以上の説明はいらないと思います。別々に鏤められた点でしかない事象も、夜空の星と星を結べばその形がおぼろげながら見えてくるように、その先に映し出されるものは‥(?)

「不幸というものは、耐える力が弱いと見てとると、そこに重くのしかかる」─シェークスピア─






banner_02.gif人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/09/08 20:21<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。