FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.09.10(Wed)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
    平成20年(2008年)9月9日(火曜日)弐
通巻第2313号


<<<< 今週の書棚 >>>>

 野卑で事大主義で横着な朝鮮人の性格は、近年もっと歪んだ
   創始改名は自らが望んだように、韓国をすてる若者も後を絶たず
                        評 宮崎正弘

   ♪
呉善花『韓国 倫理崩壊 1998-2008』(三交社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
 これほど辛辣な、しかし真実な韓国論を読むのは久方ぶり、日頃の神経的疲れも一挙にとれる。
読後感といえば韓国人は世界一哀れな民族であり、国際常識がわからず、世間知らずの自己中心主義が世界の笑いものになっていることに気がつかないほどの愚かな国民であるということだった。
 「強制連行? 殆どが経済的理由で自ら日本へやってきた。創始改名? 殆どは韓国人から改名を希望した」。
 嘘をついても平気、だまされる方が悪いという風土があるから、嘘がまかり通る。戦後、日本が韓国になした経済援助によって地下鉄もできた。製鉄所もできたが、それを知る韓国人は殆どいない。
 呉女史自身が日本に留学にくる前まで、あれは韓国自らの努力で建設したと思っていたという。

 昔、池東旭氏と小生が対談した折、氏から指摘があった(宮崎、池共著『兄弟だから許せない』(学陽書房)。
「外から客間がみえるように応接間をつくり本当は映らないのに大きなテレビをこれ見よがしに飾り、本棚には中身がない文学全集を並べていた」。
外見上の見栄っ張りが韓国人の特色だった。
近年は偽造され改竄された反日教育で、倫理を欠いた日本批判と、あまりのジコチュウの歴史に洗脳された韓国人の、奇妙な振る舞いが目立つ。スポーツ大会での振る舞いは枚挙する必要もないだろう。

韓国人は嘘つき同士だから、じつに詐欺が多い。
世界ランキングでも韓国の詐欺発生件数はトップクラス、しかも偽証罪で起訴された件数を人口比で比較すると、韓国は日本の671倍、法廷での誣告罪は日本の4151倍、つまり法廷も「嘘の競演場」だと呉さんは言う(本書120p)。
売春ビジネスは金額に直すと、韓国GDPの5%にも及び、「専業女性」は全韓国女性の4%にもあたる(本書198p)。
だからエリート高麗大学で『来世は韓国人に生まれたくない』とアンケートに答える若者が51・4%もあるという。(本書157P)
実に過半数以上である。

 そうだ。
 儒教・儒教と呪術のように言いながら、かの国の国民は何時、倫理を喪失したのか?
 呉善花さんは次の指摘をしている。
 「いくら嘘がばれても責任を問われたり職を辞さなくてはならないといった心配がないので(日本では偽メールを流した国会議員は辞職に追い込まれ、大分県教育委員会は不正合格を取り消したが)、誰もが平気で嘘をつくのである」。
 儒教の先輩格と日本にいばり、また欧米にはキリスト教の深い信仰が国民の間に広がっている韓国で、このインモラルな生き方に対して、「なぜ?」訝る声もあるだろう。
 回答はこうだ。
 「韓国人の倫理道徳観は一般に、内面からの自己自身を律するものではなく、外面での形式的なモラリズムの『外貌至上主義』に過ぎないからである。ここのところは、大きく『誤読』している日本人が少なくない」と。
  韓国文化を論じるファッショナブルな文化論を横行する中で、こういう深淵からのぞく韓国論、待ち望まれたものである。
 秋の読書界の話題をさらいそうだ。



 たまたま昨日配信されたメルマガですが、本日のエントリーにも関係する内容でしたので転載しました。早速本の売り上げに貢献しましょうか290343
 流石の宮崎氏も日頃の神経的疲れが‥、と書いておられるくらいですから、相当ストレスが溜まっていらっしゃるご様子。お忙しいこともあるのでしょうが、何と言ってもこうした悪鬼羅刹の世界に見を向ける作業は、神経に堪えます。
 お身体にはご自愛のほど、くれぐれもお願いしたいと思います。
 

     welcomeライン


 さて、今日のエントリーにしようと思っていたのが「外国人移民1000万人」計画なのですが、ご存じのようにその推進をするのが自民党中川秀直氏であり、元東京入管局長の坂下英徳氏が所長を務める『外国人政策研究所』です。

 そのHPは、
『外国人政策研究所
--日本型多民族共生社会を目指して』 となっており、〈多民族共生センタープロジェクト〉の項目をお読み頂きたいのですが、一部引用すると
 

◆ 多民族共生センター設立の呼びかけ
- 未来の日本人と外国人への「最高の贈り物」を -

2005年からわが国は本格的な人口減少期に入りました。明治以降の飛躍的な発展が人口増加基調の下で実現したことを考えますと、超少子化に伴う人口減少社会の到来は、歴史的に見ても、明治維新に匹敵するほどの大変革を迫るものとなります。

 と人口減少を理由にし、また、既に200万人いる日本に住む外国人には、決して住みよい国ではないとして、

在日外国人の日本社会への適応を支援し、人口減少社会の外国人政策に関する提言を行う「多民族共生センター」設立構想を打ち出した次第です

 と、書かれています。
 また、その取り組みは、

このセンターは、次の6つの機能を果たすことを目指しています。  

・1 日本人と在日外国人の交流の場 
・2 多民族共生社会の形成に貢献する人材育成の場 
・3 ボランティア諸団体の情報交換の場
・4 外国人が日本社会に適応するための日本語学習の場
・5 外国人の定住を支援している諸団体の活動の場 
・6 人口減少社会の外国人政策に関する調査・研究の場

多民族共生センターが21世紀における日本の新しい外国人受け入れモデルを提供し、未来の日本人と外国人への「最高の贈り物」になると確信しています。


 また、〈おしらせ〉のページには、今年3月9日に行われた「在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会」が主催する緊急集会のお知らせがそのままにありました。

◆国籍取得特例法の制定を求める緊急集会のお知らせ

【プログラム】
1.主催者・経過報告 李敬宰(確立協会長) 
2.リレートーク「なぜ、この法律の制定を求めるのか」 
3.国会議員挨拶・決意表明 
4.集会決議

【主催】   在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会


 ハテナ (・・? だれの為の「研究所」でしょうかネ。
 それに、何故研究員に帰化したとはいえ、在日二世の韓国人がいるのでしょう。



 この集会には動画下にある市民運動の方々が抗議活動をされたのですが、それを当時扱ったものが残っていましたので、ご覧頂くと分かりやすいと思います。

 初めてご覧になる方には少々過激な印象があるかと思いますが、この方々の運動を通して、管理人も多くのことを知りました。また、各blogを通して情報発信し、ネット市民から大きな支持を得ていることは一度閲覧されるとお解りいただけるかと思います。


【3―9 在日の国籍取得特例法案を粉砕せよ!~YMCA前~】




在日朝鮮人・反日勢力の牙城である東京都千代田区の韓国YMCA前にて、在日の帰化を 簡略化させる「特別永住者の国籍取得特例法案」粉砕を目指す抗議行動を展開!


☆主催
主権回復を目指す会
せと弘幸Blog「日本よ何処へ」
在日特権を許さない市民の会
外国人参政権に反対する会・東京
NPO外国人犯罪追放運動

-------------


※ 「在特会」桜井氏による演説内容は、日本国民を震撼させるこの「特別永住者の国籍取得特例法案」の実態を暴いています。
 以下一部要点をまとめました。


3月9日、この韓国YMCA内において「国籍を届け制にする勉強会」が行われた。
しかし他の外国人に比べ現在でもはるかに優遇されている韓国人の国籍取得は、熱心に法務局に通えば2か月で日本国籍の取得が可能であるという。それに比べ他の外国人は、通常2~3年かかるとのこと。

 だが何故それほど簡単な国籍取得であるにも拘らず国籍条項の緩和を求め、「届け出制」にせよ、と求めるのか?

 それは現在犯罪者の国籍取得が認められておらず、その犯罪者たちの国籍取得を認めさせるための「緩和」であり「届け出制」である。

 ところが在日韓国人の犯罪による検挙者数は毎年5,000人日本に52万人いるという中の5,000人であり、10年間の累計は7~8万人にも上る。しかもそのうち300人は放火・強盗・強姦・殺人による重犯罪である。
 そしてまた看過できない事実は、他の外国人なら万引き一つしただけでも国外追放になる犯罪者が、韓国人に限り1970年以降一人も国外退去になっていない事実だろう。


 
 また、最近ではご存じでしょうか? 東京池袋の「中華街構想」なるものが出現し、地元商店街の反発を呼んでいます。


◆「池袋中華街」構想に「待った」地元商店街が反発

2008/09/08

 この「中華街構想」を後押しするキャンペーン記事を書いたのが朝日新聞で、めでたく抗議を受けることになりました。
you tube
【西村修平編/前編】朝日新聞と凶悪シナ人から池袋を守れ!


 この問題に取り組んでいらっしゃるのが「侍蟻」様09/04で、お時間がありましたら他の関連記事も左の「最近の記事」からご覧いただくと、何故反対しなければならないのかが、お分かりいただけます。

■【中華街構想】裏で手を引く朝日を徹底糾弾!

 それにしても、最近の「世論調査」では日本国民の75.6%が対支那に否定的印象を持ち、それは「毒ギョウザ事件」や「聖火リレー」での経験だけでなく、客観的な視点からも「ジコチュウ」「理解できない愛国的な言動」と答える日本国民は、これを一時的な感情論で言っているわけではない、ということになるでしょう。
 また、南韓に関しても別のアンケート(08/7/19~26)で、80.47%の人が「嫌い」と回答しています。

カエル  既に日本には「移民」と言ってもいい多くの外国人がいます。
 坂中氏は200万人の外国人が住んでいると言っていますが、2007年末統計では、一般永住者が約44万人。加えて在日韓国・朝鮮人が43万人と出ています。残りの100万人強はどういうカテゴリーに入っている外国人なのでしょう。外国人研修生や留学生、或いは不法残留や密入国者も入れてでしょうか? それとも数字に出ないような外国人が大量に流入?!?! (-_-;) 冗談で‥

 しかもその環境が不当に悪い、と坂中氏は言いたいようですが、そう言っているのは全ての外国人でしょうか? 特定国の、それもその資格がない密入国や自ら望んで入国した者までもが特権を得ながら、なお地位向上を目指して「参政権」等などを求めているのではないですか。しかも、犯罪率1・2位を独占する両国の外国人が、積極的に大嫌いな国日本でルールに従わずに住みやすくしようと画策している不思議。それも「友好」「共生」とは程遠い独自の教育をし、同民族同士のコミュニティを作って固まり、反日を国是にする国の人民そのままで日本に住んでいるのですから、そこに軋轢が生まれて当然のことでしょう。こうした動きを「人口侵略」と言うのではないのですか? 
 しかも、「竹島」という日本の領土を不法占拠し続け、「日本海」の呼称にまで難癖をつけ、「対馬」にまで手を伸ばす無礼で常識を逸脱した破廉恥な国と、尖閣・沖縄まで領有権を主張する覇権主義国を相手にして、どこにどうやったら「友好」や「共生」という感情が日本国民に生まれるでしょう。

 そうした国家間の国防、主権侵害に関わる問題を抱えて、人口減少を理由に何故特定国優先の移民(=侵略)を推進するのかの本当の理由は、どこにあるのかと疑います。日本国民も「平和ボケ」と言われながら、そこまで何時までも〈お人好し〉ではありません。

 衆院選を前に、悪法「外国人参政権」「外国人移民」「人権擁護法案」を推進するか否かを、立候補者はキチンと公表する責任を果たしてほしいものですが、如何‥?



banner_02.gif人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/09/10 09:39<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。