welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.09.20(Sat)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ

 ネット上にはありとあらゆる情報が混在し、求めている情報だけでなく視線の先にフッと無意識に止まった記事も、何故か記憶の襞に収納されている事があります。特に印象深かったわけでもないのに、この方を認識していたのも、そんな何気ない一瞬の中に管理人なりの「妙」を感じさせるものがあったからなのでしょうか‥。

◆「美人過ぎる」八戸市市議・藤川優里さん、水着に
2008/09/19 13:02 サンケイスポーツ(以下、一部引用)
ネットで「美人過ぎる議員」として人気が爆発した青森県八戸市議、藤川ゆりさん(28)が11月19日にDVDと写真集を同時発売することが18日、分かった。藤川市議はポニーキャニオンからの依頼を当初、頑なに拒絶していたが、「八戸の観光名所をPRできるのなら」との条件付きでOK。胸の谷間が露わな水着姿も披露し、文字通り八戸のためにひと肌脱いだ。自民党が総選挙の秘密兵器としてほっとかない?!

 昨日は、朝から何回もテレビで取り上げていましたので、素人とも思えないDVDの艶めかしい姿を目にする事となりました。それにしても、初めての撮影であれだけ彼女を大胆にさせたのも、流石に手慣れたプロの技。その手練手管は催眠術のような効果を与えると言いますから、気が付けば羞恥心は消え、自分でも知らなかった一部分を引き出されるようだった、と語る経験者の話を思い出しました。
 元々お綺麗な方ですから、注目されるのも無理からぬことと思います。が、管理人のような古い日本女性の目に「残念」と映るのは、彼女がただ美しいだけでなく、「市議会議員」という肩書を持つからこその注目度であり、それを利用したプロダクションの商業目的と話題作りに乗せられてしまったような印象が拭えないからです。

 引用した記事のように、「知名度を生かした観光名所の紹介をする作品を」と訴えられ、彼女は「八戸のプラスになれば」と快諾した経緯は、ある程度どのようなものであったか想像ができます。しかし、ネットで騒いでいた全国の男性ファンの好奇心を水着姿が満たしても、果たして動機となった観光客集客の効果を上げることが思うように出来るのかどうか…。また、今後何かと話題に利用するはずのマスコミの容赦ない取材攻撃などが、彼女の政治活動や人生にどう影響するのだろうか‥と、老婆心ながら案じもします。
 と言っても、彼女自身がこの挑戦に満足を得ているなら、こうした老婆心こそ「余計なお世話」に過ぎないのかも知れません。

 
 h-line1.gif 

 管理人の世代では、テレビの中で全く関係のないシチュエーションであっても、若い女性たちが何の躊躇いもなく露出度の高い水着姿でいることに抵抗を感じ、女性お笑い芸人の下品で破廉恥な振る舞いには眉を顰めてしまいます。
 水着は海やプールだからこそなれる(なる)姿であり、それ以外の場所で不必要に裸体に近い姿を晒すことなど、「節度を欠く行為」として、かなり違和感を伴います。単に番組プロデューサーの好みなのか、男性視聴者を狙った視聴率確保なのか、どちらにしてもニヤニヤと喜んでいるのは、好色な男性の目だけですし、そう利用されることに抵抗感さえ持たずに肉体をアピールするような女性の存在も、実に嘆かわしい現象に映ります。
 また、汚い言葉を使うことも、醜い姿を晒すことも「芸」とは呼べないただの「恥」を売り物にした居直りに過ぎず、自分と貶めてまで名を売ることを芸能界の常識にしてしまったのは、ただの偶然なのだろうか、と疑問を感じます。

 かつて日本女性に備わっていた「貞操観念」「貞節」は、当然の美徳として長年堅持されてきました。故にそこに生まれる夫婦の固い信頼と協力関係が「家庭」という枠の土台を支え、しっかりと営まれてきたように思います。そうした家庭の中で生まれた子供たちは、極自然に「節度」や「礼節」を躾けられ、それは、社会の規範・規律に準じるための「理性」や「自制心」に繋がる心の在り方として育まれていったように思えます。そうして幼い頃から「節度」ある行動を躾けられた子供たちは、大人になっても社会ルールを守る人間となるからこそ、集団の中においても不要な摩擦やいざこざが事前回避され、自然に日本社会の安定と安全が守られてきた要因となっていたように思えます。
 
 また、男の子は男らしく、女の子は女らしくの「らしく」は、そうした幼児期から躾として身につけた男女それぞれの、「日本人らしさ」の追及と継承だったのではないかと思います。

 しかし、この現代においてはその「日本人らしさ」はすっかり失われ、男性の強さ、逞しさはだらしなさに変貌し、女性は恥ずかしいという概念を失くして、みっともない姿を平然と晒しています。それは、幼児期から何がダメでどうすればいいのかを、殆ど教育されてこなかったのかと思う他ない羞恥心の欠落です。 また、それを窘(たしな)めたり、批判する空気さえないテレビの世界は、管理人の目には異常にしか映りません。という以上に、その影響力の大きさを考えると、まるで進んで「日本人らしさ」からの脱却を図っているような気がするのは、考え過ぎでしょうか。

 気になったので保存しておいた記事に、このようなものがありました。

◆「キャバ譲」は女性「憧れの職業」ブログやテレビでアイドル扱い
2008/05/21 j-castニュース(以下、一部引用)

キャバクラ嬢やホステスが、「女性憧れの職業」などとメディアで注目を集めている。キャバ嬢向け月刊誌はティーン誌の中で1~2位の人気を誇る。かつては「水商売」といわれ、マイナスイメージも強かったが、ブログやテレビでアイドル並みの扱いをされるキャバ嬢らが出てきて変わったようだ。

キャバ嬢向け月刊誌がティーン誌で1~2位の人気

武藤静香さんの公式ブログ キャバクラの情報サイト「ナイトスタイル」には、人気のキャバ嬢が写真やブログで大きく紹介されている。まるでアイドル並みの扱いだ。

「最初は、男性しか見ないだろうと思っていました。でも、サイトでは、女の子が、女の子の人気度や、どこのキャバクラから異動したか、などを熱心にチェックしているんですよ」
サイトを運営するグローバルワンの担当者、北村直樹さんは、こう明かす。サイトに来る女性はキャバ嬢やホステスの職業に興味を持っているといい、北村さんは「ブログの日記を読んだり、店の雰囲気を確認したりして、こんなところで働きたいと見定めるのでしょう」と話す。

   新聞各紙によると、民間のシンクタンク「カルチャースタディーズ研究所」が2007年7~8月に15~22歳の女性に職業希望調査をしたところ、「キャバクラ嬢・ホステス」がなんと11位に入った。公務員や看護師をしのぎ、高校生の20%、大学生の21%、正社員の33%が水商売を希望していたというのだ。

(後略)

 つい何日か前のテレビでは、全国から集合した「№1キャバ嬢」の番組を放送していました。冒頭を偶然チラリと見ただけなので詳しくは知りませんが、この記事が頭にあったので、かなり強い抵抗感を持ちました。
 少女たちへのこうした影響を分かりながら、なお流れを増長させる番組を流す意図は?と、疑われても仕方のない行為でしょう。 また、こうした記事を読めば、「赤信号みんなで渡れば‥」のように触発される少女もいるのではと、気が塞ぎます。悪意がある無しに関わらず、マスコミの報道はまったく危険な毒ガスのようにも思えてくるのですが、それから逃れられるのは自身が持つ強い免疫力と、フィルターとなるマスクの強化だけでしょうか。

 記事に示された数字だけでは詳細は分かりませんが、「公務員」や「看護師」をしのぎ、高校生の20%、大学生の21%、正社員の33%が水商売を希望していたというのが本当であるなら、決して少なくない数字ですから看過できない現象でしょう。少女たちが憧れの職業として認識するのは、まったく健全だとは言えない話だからです。


 これまでも何度かテレビ局の腐敗度は、記事の引用などを通して触れてきましたが、日々日本のマスコミとも思えない反日・偏向報道ぶりが明らかとなり、多くの国民に周知されるようになった今、その根本的意図は一体どこにあるのかを知らなくてはなりません。
 新聞では相変わらず「毎日」と「朝日」が、在日朝鮮人の通名報道を頑なに貫く姿勢なのは、他社と読み比べればすぐに分かるものであるからこそ不思議です。
 
【参考:「フリースクール少女暴行事件」】「なめ猫♪」09/10
「なぜ、容疑者が「在日」だったら日本名でしか報道しないのか」



 そして、だからこそこうした疑問を持つと、2006年に発行された「WiLL」3月号掲載の中国共産党『対日政治工作』を読んだ時の衝撃が甦ります。
 この文書の信憑性についての判断は個人個人によって異なるでしょうが、一度目を通して見れば、日本に起こっている現象に符合すると気付くことが多かった管理人です。
 以下、「WiLL」からテキスト化して引用しますが、ネット上では「国民新聞」に全文が載っていますので、下記をご覧下さい。

■「国民新聞」B.工作主点の行動要領-第2.マスコミ工作


一 新聞・雑誌

A 接触線の拡大。新聞については、第一期工作組が設定した「三大紙」に重点を置く接触線を堅持強化すると共に、残余の中央紙及び地方紙接触点を拡大する。
 雑誌、特に週刊誌については、過去の工作は極めて不十分であったことを反省し、十分な人員、経費を投入して掌握下に置かなければならない。

二 テレビとラジオ

A これらは、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。この点に特に留意し、「娯楽」として利用することを主点とすべきである。具体的な方向を示せば、「性の解放」を高らかに謳い上げる劇又は映画、本能を刺激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた「根性もの」と称される劇、映画、動画、または歴史劇、映画、歌謡ならびに「ふるさとの歌祭り」等の郷土愛、民族一体感を呼び覚ますものは好ましくない。前者をより多く、後者をより少なく取り上げさせるよう誘導せねばならない。

B テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。画面は真実を伝えるものではなく作るものである。目的を持って画面を構成しなければならない。

C 時事解説・教養番組等については、新聞について述べた諸点がそのまま適用されるが、これは極めて徐々に、少しずつ注意深くなされねばならない。





banner_02.gif人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/09/20 22:22<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。