welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.09.27(Sat)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 


 暑さ、寒さも彼岸まで──。


紅葉 落ち葉 ここ幾日かは、朝晩のひんやりした空気に慌てて窓を閉めるようになりました。
 その気温の変化に(反応が鈍くなった?)身体がついて行かず、風邪をひいてしまったわけですが、回復も年々遅くなっているような気がします。448ゴホン

 我が家のペットたちも人肌が恋しくなってきたようで、デスクより多く座卓を使っている管理人が前かがみでPCをやっていると膝に座れないので、猫が爪でチョンチョンと引っ掻き催促します。犬の方は脚にピッタリ貼りつくようにして寝ています。これがもう少し寒くなると、そのサイズではないのに犬まで膝に乗りたがるので、管理人が身動き取れなくなる季節はもうすぐそこに… 落ち葉 紅葉


   welcomeライン


 このblog名とサブタイトル、そして各ページにMerqueeで流している「ゆずり葉」の詩にあるように、管理人がこのblogを始めたきっかけは、「日本の未来」とその「日本に生きる子供たち」に残すはずの「国」が如何に危うい状況にあるかを知って、いたたまれなくなったからでした。

 当時、管理人は大きな手術をして療養中の身でした。命の危険を感じた2回の病のうちの一つです。
 体調の良し悪しに関わらず、持て余す時間を埋めてくれるのは本やテレビでしたが、そのテレビのニュースを見ながら“おやっ”と思うことが多々あり、新聞広告で知ったその種の月刊誌や週刊誌を家族に頼んで買って来てもらうようになりました。 転んだ時に、それまでとは違う目線でものを見られる環境も、決して悪い事ばかりではありません。

 それまでは幾分疑問に思いながらも、例えば外交問題にいくら不愉快な思いをしても、それを解決するのは政治家の役目で一般国民にはどうしようもないこと、という概念に囚われていた管理人は深く考えようともしませんでした。
 そうですよね。個人がいくら憤慨し、不満に思ってもそれを伝える相手は大き過ぎて声も届かないのです。家族や友人同士で話したとしても、それはただの井戸端会議に過ぎません。国全体を森に例えれば、火種にもならないちっちゃな・ちっちゃな不満が小枝を震わせているようなものでしょう。

 しかし、雑誌や月刊誌の中はモウモウと煙を上げながら隠された「事実」を語り、警鐘を鳴らしていました。知らなかった事ばかりの「事実」は、正に恐怖を感じさせるものばかりです。
 壊れて使えなくなっていたPCの代わりに、おねだりして手に入れたノートPCで見た世界はまるで異次元‥。俄かに信じたくない内容ばかりでした。 が、それまでニュースで流された情報、支那で起きた「反日暴動」や韓国の相変わらず野蛮な「反日」行動、「靖国参拝」を問題化し、「教科書検定」に文句をつけ、「拉致」や「W杯」、謎の多い「韓流」に憤っていた管理人は、一つ一つの情報が「疑問」への「回答」として納得できるものばかりでした。

 「知らなければ見えなかった」ことが、

    「知ったことで、見えてきた」瞬間です。


 そうした意味では、支那の「反日暴動」や「靖国参拝」への無礼外交は、平和ボケ日本人を怒らせ、目覚めさせる一つの大きな切っ掛けだったかも知れません。つまり、冷や水を浴びせるようなものだったと思います。

 小泉元首相が「靖国参拝」を続行したからこその反応。隷中首相なら起きなかったという「反日暴動」ですから、小泉元首相の功罪のうちの「功」と言えるのでしょうか? それとも、その裏には‥?


h-line5.gif 


 テレビで偶然見た惨い一場面が管理人の脳裏に焼き付き、時々訳もなく思い出されて胸を痛めることがあります。

 その一場面とは、アフリカのサバンナで一頭のシマウマがライオンに捕まり、生きたまま食べられて行くという人間の世界では“残忍”と言う他にない、弱肉強食の現実を映していました。シマウマは悲しそうに大きな眼を潤ませ、ライオンは引き倒したシマウマを抱えて尻の方に牙を突き立てています。

 普段ならこうした映像はすぐさまチャンネルを変えて見ないようにしているのですが、何故か動けずに目撃してしまった管理人。慌ててスイッチを切りました。
 絶体絶命のシマウマの生きた目が、恐怖と痛みの拷問の末に閉じられるのも、そう長くはなかったことでしょう。 もう、随分前の話です。


 管理人は思います。日本はそのシマウマのようだと…。


 しかし、二つ違うことがあります。


 多くの国民に、未だその〈自覚〉が無いことです。


 ですが、逆に気が付き目覚め、闘う国民も多くいます。


 これからどうするかは、まだ目覚めていない国民次第なのでしょうか。


■小平市を覆う深すぎる闇

 二重の「通名(日本名)」を使った韓国籍の女性が日本人男性と結婚。そして子供を連れて失踪‥。

 二重国籍、生活保護の二重取り。そして、小平市は特定失踪者が多発する二つのルートの合流地点で、関係者の間では「大町ルート=拉致ルート」として認識されている。その上…


■対馬が危ない─行幸啓記念碑の土地も韓国人が買収
(その他、対馬関連記事多数)


■メディアを挙げての「池袋中華街」推進(同上)

■首都圏が巨大な中華街に、中国人の定住傾向が高まる
(レコードチャイナ 2008╱9╱19)


■売国奴

■脱北者を装い対日活動をする二人の“北朝鮮女性工作員”

■民主党の正体



banner_02.gif人気ブログランキングへ





スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/09/27 18:47<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。