welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.06(Mon)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

 総理就任直後、偶然見たTVでは衆議院議員在職25年(2007年)の表彰の模様を紹介。招かれていた奥様とお嬢様を前にスピーチされた麻生氏は、

 『結婚してたった1ヵ月で(落選)無職となり、』(奥さまの方に向かって軽く会釈をしながら)

『その節はどうも、ご心配をおかけしました』

 と、確かこのような内容で奥様への心配りをされていたのがとても印象的で、微笑ましい一コマでした。

 これもイザという時に、そうした気持ちを示せるか示せないかで違ってくる、男性の甲斐性のひとつかと‥。



   welcomeライン  


 さて、ここ何日か勝手に超多忙となってしまった管理人ですが、その中、こうしてblogを更新するのに何が原動力となるかは微妙に(慣れと度胸がついて?)変化をしていますが、やはり何と言っても血圧を上げる内容の記事に出合った時の、消化器1本2本では消しようもない“怒り”でしょうか。

 もうご覧になっているかも知れませんが、幾つかご紹介しましょう。


◆朝鮮半島の文化堪能/川崎朝鮮初級学校で交流イベント
2008/10/05 神奈川新聞(以下、一部引用)

川崎市民と交流を深めようと、川崎朝鮮初級学校(同市川崎区桜本二丁目)で五日、国際親善交流イベントが開かれ、多くの家族連れがゲームコーナーやショーなどを楽しんだ。川崎青年商工会や同校の保護者らでつくる実行委員会の主催で五回目。

 これを扱っていたのが「博士の独り言」様ですが、博士は神奈川新聞に電凸取材をした詳細を載せています。

 全国各地で繰り広げられているこうした友好の名の下の「交流イベント」は、マスコミが「友好」と「交流」を強調するほどその(日本国民の)地元住民たちが歓迎しているのか?と疑いたくなる報道ぶり。

 博士はこう書いています。

 重要問題は棚上げ
  「友好」、また「友好」を掲げる紙面


アニメめぐみ 

 横田めぐみさん。昨日44歳のお誕生日でした。
 13歳という、まだこれからどんなに楽しいはずの青春を送っただったろうか、と思う少女が‥突然人生も未来も踏みにじられてしまった極悪卑劣な国家犯罪を、同じ日本人として、許せない!と思うばかりです。しかも、拉致認定をされず特定失踪者にもなっておらず、あとどれ程の日本人が忽然と姿を消し、連れて行かれたかも分からないとは…。    
 勿論、許してはならない無差別テロ行為なのですから、この事への怒りは共通認識として持っているのが、日本人としての心の在り方でしょう。

 そして、南韓は「竹島」だけでなく「対馬」も領土だと言い出す不思議な国。しかも、南北とも反日を国是としながら、何故その嫌いな日本で自国の文化を誇らしげに披露し、それが「友好」や「交流」だと押し付けるイベントをやるのか? それを日本国民がどうやったら歓迎できるのか? その思考回路はとても理解できません。いや、いや、未来永劫理解するつもりもない、と言った方が管理人としての気持ちには適切です。

 そうした国民と同様の認識さえ持たずに、「友好」だけを殊更強調した報道をするマスコミの異常さ。
 今朝もweb新聞を流し読みすれば、嫌でも目に入った見出しが「麻生首相、政権転落への恐怖」と嘲り、TVをつければ民主党を主体にした内容で選挙対策に頑張ってると褒めあげ、逆に自民党は“厳しいらしいですねぇ~♪”と嬉しそうにダメぽ論を展開。

 こうした報道ぶりは、流石に政治に興味のなかった友人知人も気付き始めたらしく、口を揃えて非難轟々の嵐はかなり強風域に達しそうな気配。これもTVの娯楽的要素が下品・低能・悪辣番組オンパレードとなったことで、TVと一緒に育ってきた世代ですから質の低下には敏感な反応を示してきたという下地があってのことです。



 また、同じ「博士の独り言」様の昨日の記事では、韓国大統領夫人が日本の在日に対する「参政権付与」を求める集会を開いた記事を載せていましたので、それも合わせてお読み戴きたいと思います。

 その上、こうした記事が火に油…



■一千万人移民念頭に「外国人学校支援法」提出へ
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」-10/04


一千万移民念頭に外国人学校支援法提出へ

河村建夫氏ら

「外国人学校支援法」(仮称)が来年の通常国会に提出される予定だ。

「外国人学校および外国人子弟の教育を支援する議員の会」

(会長・河村建夫元文科相)が、各種学校認可基準の緩和や振興助成金制度を盛り込んだ中間取り纏めを発表し、準備を進めている。

 河村官房長官と言えば、早速事務所費問題をマスコミが騒いでいますが、この方の入閣、それも女房役の内閣官房長官ですから、「オヤ!マァ!」と思われた方は保守派ネット市民の大半を占めていたでしょう。
 この方を要注意人物と知ったのが確か昨年11月、民潭主催で行われた「地方参政権全国大決起大会」に国会会期中にもかかわらず駆けつけ、“もう放置できない”と言ったという潜入レポートが公開された時でした。その時の全文をCD-ROMに保存したのですが、いつの間にか全て消えてしまっていたので残念です。   


 247  ⇒ 248

 で、気持が悪いので少し中座して探して来ました。


■民潭主催「参政権決起大会」潜入レポート

 まだご覧になっていない方は、是非どうぞ。大会の様子が臨場感を感じられるほど詳細に記録されています。またついでにこちらも、

banner4-big-1.gif  banner6-big-2.gif
↑各種バーナー取り揃えてあります↓

■外国人参政権に反対する会・全国協議会 公式サイト


h-line5.gif  



吉田茂がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書
(1949年8月末から9月初旬ころのものと推定される)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。

その理由は次の通りであります。

(1)現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。


(2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。

(3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状7態であります。
戦後の朝鮮人による起訴犯罪事件数は次の通りです[詳細省略、1948年5月末までで、9万1235名の朝鮮人が犯罪に関与したという数字をあげている]。
さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

(1)原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。

(2)日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。
上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。

敬具 吉田 茂

 この文章は、今年2月24日に瀬戸様の「日本よ何処へ」コメント欄に書かれていたものです。膨大な資料は埋もれがちですが、この文章は記憶に強く残されていたので、探すのも苦労しませんでした。これの出典はないので本からの引用でしょうか。


 普段「たられば」の話は嫌いなのですが、この事ばかりは「~なら」「~れば」の使用許可を自らに与えましょう。

 ~ったら、きっと随分違った戦後になっていたのでしょう。

 でも、思うのです。 ストレスのない社会は人を成長させるのかと‥。

 豊かで、安全で、平和・・だと信じていただけでも、また、そう信じ込まされ水面下で様々な工作が行われてきた事も、マスコミの目隠しで知る術もなかった私たち国民は、随分と堕落した社会を作って来てしまいました。そう仕向けられたとは言え、それに乗せられた結果責任が全く無いとは言えないと、管理人は自戒を含めて思います。
 対岸の火事ではなく、火の子に晒される身の危険を感じなければ、人は困難に立ち向かう気力を奮い立たせることはないのかも知れません。

 こうした自分の国に起こっている事が全て、現実の事として国民が認識出来なければ、また、それに対して危機感を持つことが出来なければ、所詮綺麗なガラスの金魚鉢に住む金魚と同じです。
 安全な食料も自分たちでは賄い切れずに危険すぎる外国に何故か頼り、安全保障では支那から核弾頭ミサイルを向けられていながら自国で守る事も出来ずにアメリカを頼り、しかも金魚鉢の中には外来種もいて居心地が良いと居座り太っています。 それをなおも増加、権利拡大を目論む輩がいる金魚鉢国。

 麻生首相の中には、どんな外交手腕が仮眠しているのでしょうか?

  疲れて文章が怪しくなってきました。


 何時も応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 



スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/06 14:05<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。