welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.08(Wed)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪お知らせ≫



8日は、民主党・公明党・反日マスコミの欺瞞と危険性を市民に伝えよう!
「行政書士、社労士のぼやき」10/07


年金をブチ壊した公務員労働組合の「自治労」

教育をブチ壊した教員労働組合の「日教組」

捏造した歴史を振りかざして反日三昧の「韓国民団」

人権利権で国民の血税を食い荒らす「部落解放同盟」

日本の敵または日本のガンばかりだが、すべて民主党の支持組織である。
さらに、拉致実行犯のテロ集団、朝鮮総連とヨーロッパで危険なカルトとして
指定されている創価学会を支持組織としているのが公明党だ。

日本の敵又はガンを支持母体としている時点で政党として失格である。
民主党内の旧社会党、社民連などのサヨク勢力と公明党を日本の政治から
排除しなければならない。また、これらの事実を正確に伝えず、麻生内閣の
足を引っ張ることしか考えていない反日マスコミの欺瞞と危険性も訴える。

というわけで


<民主党と公明党、反日マスコミの欺瞞と危険性を街ゆく市民に伝えよう>

【日時】10月8日 10:00~(移動等を含め)17:00まで


【集合場所】10:00 民主党本部前 
半蔵門線・有楽町線・南北線 永田町駅1、2、3、4出口 徒歩3分


(yahooマップ)⇑ 以下、詳細はリンクでどうぞ。


 当日にお知らせしてもどうかと思いましたが、(こうした活動があるんですよ!)ということだけでも知っていただきたくて載せました。このblog主様はトップページから入るとお写真があり、まだお若いように見えますが大変熱い方です。

     welcomeライン

 あるblogに設置してあるアンケート〈次の選挙ではどの党を選びますか?〉では、「積極的無党派」が圧倒的多数を占めています。
 「自民党」でも「民主党」でもなく積極的に無党派、とは (選びようがない‥) という「自民党」へのウンザリ感、しかし、だからと言って「民主党」は知れば知るほど信用ならないし・・・・・の、管理人の心境と重なります。

 こうした国民の思いは次の解散総選挙にどんな影響があるでしょうか?
 ある情報では、マスコミの世論調査より確実な調査を自民党の選対はしているそうですから、民主党もそれなりの情報を得てのことでしょう。それだけに、「早く!早く!」とせっつくだけの民主党やマスコミは、今なら政権奪取と確信する何か、或いは意地悪く考えれば逆に「早くしなければマズイ」理由があって(?)のことだと思いますが、この世界的経済危機の中において「そんな場合じゃないでしょう?!」と一般人である管理人は、浮き足立たせるだけの「解散大合唱」にウンザリ…。

 某番組にご出演の議員たちは、借りてしまった事務所費用が大変と平気で愚痴をこぼしていましたが、その前に“真面目に政治をしろ!”と思うばかりの保身優先政治屋たちの醜態に、幻滅以外の何をも感じません。


 現実は、めまぐるしく動いています。例えば、悪夢の9月を乗り越えたとはいえ周辺国の経済危機はいよいよらしく、「新世紀のビックブラザーへblog」-10/06様では、騒ぎ出した朝鮮日報・中央日報の記事を並べてこう述べています。
 
 さて、韓国といえば、上記『韓日中「800億ドルのアジア通貨基金」設立』の記事にも見られるように「事大主義」の香りがプンプン匂ってくるようになりました。皆さんは、今月3日に日本政府が「竹島も『我が国固有の領土は明確』」という閣議決定(答弁書公表)したのを覚えていらっしゃるでしょうか。以前の韓国であれば、即座にローソク掲げた反日デモが始まるところですが、今のところ殆ど何の反応もありません。
 答弁書では「韓国の竹島への不法占拠は、我が国に対する主権の侵害」との認識を明確に示しているため、あの火病の韓国人が沈黙しているなど、とてもではないですが考えられないことです。恐らくですが、本件については韓国国内で報道規制が敷かれているのではないでしょうか。

 冗談抜きで、李明博大統領が突如来日して、靖国神社に参拝してもおかしくない情勢になってきました。


 ◆「竹島も『我が国固有の領土は明確』」という答弁書公表
  2008/10/03 11:25 msn産経(以下、引用)

 政府は3日の閣議で、中学校学習指導要領の解説書をめぐる竹島(島根県、韓国名・独島)の記述について「竹島が北方領土と同様にわが国の固有の領土であることは明確にされている」とする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員の質問主意書に対する答弁。

 学習指導要領の解説書では、竹島について「わが国と韓国の間に竹島をめぐって主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同様にわが国の領土・領域について理解を深めさせることも必要である」と触れ、「わが国固有の領土である」と明記した北方領土との扱いの差異が明確になっていた。

 答弁書は、「北方領土はロシアによって不法占拠されていることをより明確に記述した」とした上で、竹島の記述のあり方は「北方領土と著しい差異を設けたとは考えていない」とした。同時に、韓国の竹島への不法占拠は「わが国に対する主権の侵害」との認識を改めて示した。

 また、領有権をめぐり他国との間で未解決となっているのは北方領土と竹島以外には存在しないことも強調した。


 「わが国に対する主権の侵害」という認識は当然のことですが、こうした姿勢を強調することでも、前任者と麻生首相の差を感じます。とは言え、(それどころではない) 南韓のおとなしい理由は、
◆韓国大統領、金融危機対応で日中韓首脳会議提案へ
2008/10/06 18:07 ロイター
 

 これにあると思うのですが、今月24・25日に予定されているアジア欧州会議(ASEM)首脳会合の際に、(李明博大統領が)「日中韓首脳会談が行われる可能性が高いとの見通しを示した」、「李大統領は、日中との首脳会談開催を提案する」と述べた、ですから何をか況や・・。
 まして日本流に礼儀正しく言えば、「提案する」ではなく「お願いしたい」と言うべきでしょうし、そうした思惑と事情を抱えているのでしたら、いくら国内向けとはいえ、前回の金大中元大統領の方が少しはマシだったような気もしてきます。しかも、前回の100億ドルの内まだ半分も返済出来ていない実情に照らし合わせても、見栄を張っている場合ではないとも‥。 まさか、三橋氏が言うように「靖国参拝」をするはずはないとは思いますが、そう冗談にも三橋氏が言いたくなるほどお困りのようですから、日本は外交カードとして「竹島」からの即時撤退や「対馬」に近づくな!ぐらいは言ってみたら如何でしょう、麻生首相様345 (笑)
 
 勿論こうしたお隣には、過去苦い経験をしている日本ですから、それなりの「学習」能力を発揮しなければなりません。その97年の危機に際して行われた日本の援助がどうだったのか? もう散々各blogで扱われてきた(懲り懲り⇒無視論)に管理人が頷いてしまうのは、例えば、下記のサイトに載せてあるアンケートやコメント欄のやり取りを見ていただけると、お解りかと思います。

■驚いた!!97年の通貨危機の時、日本に援助してもらったのを知ってるか?

結果確認

■教科書で習った ⇒5.6% (34人)

■知らない⇒4.3% (26人)

■噂で知っている⇒4.1% (25人)

■知っているが日本には感謝しない ⇒13.2% (80人)

■日本政府の捏造だ⇒72.9% (443人)


 と、所詮この程度‥。「事実」や「現実」と向き合わないというのは、最近の日本人にも多く見られる傾向ですが、「事実」や「現実」に向き合わない以上に、「事実」を歪曲・捏造して反日から一歩も抜け出せない思考しかできないというのは、国家戦略の反日教育が如何に浸透しているかでしょう。既に多くを知り・学び・経験してきた日本人は、だからこそ感情論ではなく客観視することができるのかも知れません。

h-line5.gif 


 ところで、長くなるのでどうしようかと思いましたが、次回何時更新できるか分からないので気になる部分を載せておきます。

 政権奪取に情熱を傾ける民主党ですが、つい一昨日のTV番組でも見かけたこの方には国民新聞が、〈枝野幸男氏、原田一博氏が極佐から政治献金〉と載せ、この団体の前身は「マルクス主義青年同盟(マル青同)と公安関係者も見ているとのこと。 こうした民主党を支持する団体は、如何にも胡散臭い団体ばかりで不安が増すばかりなのですが、それを小沢党首の資産疑惑も含めて全く触れないマスコミ。

■民主党─極左から政治献金
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」10/06


■小沢不動産・週刊現代記事を後追いして見る
産経記者「国を憂いわれとわが身を甘やかすの記」09/26


※このblogを訪れて下さる方の9割はリピータの方ですので、既に直接訪問されていらっしゃる方も多いかと思いますが、ここからリンク先のアクセスが少しでも増えて、その上リンク先blogを応援して下さるのは歓迎です。


 また、
日本政策研究センター所長/岡田邦弘氏
は次のように書いていますので、お時間がありましたらリンクして全文をお読み下さい。

小沢氏に外交・安保政策は任せられない①

そもそも「日米同盟の重点は安保ではない」「拉致問題は解決しっこない」と言う人物に、対外・安保政策を語る資格があるのだろうか。
 

 自民党総裁選が終わり、麻生太郎首相が誕生した。一方の民主党は小沢一郎代表が無投票で三選。これで次期総選挙は「麻生対小沢」の対決の構図ということになったため、マスコミでは早くも、政権交代を期待してのものや小沢には任せられないとの趣旨の企画を含めて、小沢一郎論の類が出始めている。

 小沢氏は今、「生活が第一」と繰り返し、高速道路の無料化や「子ども手当」など、国内政策だけを語っている。しかし、仮に小沢氏が政権をとった場合、直ちに直面する問題はむしろ対外関係ではなかろうか。最近、段階的に公約を実施していく「工程表」なるものを宣伝しているが、対外関係に「工程表」はなく、文字通りの待ったなしだからである。

 ところが、小沢氏が三選された際、「首相候補指名受諾演説」という位置づけで行った演説のなかで、対外関係について触れられているのは、「地球環境の保全と国際社会の平和で、日本が地球のために頑張る仕組み」を作るというたったの一言しかない。代表選で提示した「政権構想」でも、外交・安保政策は「強固で対等な日米関係を築くとともに、アジア諸国と信頼関係を構築する」「国連の平和活動に積極的に参加すると同時に、国連改革を推進する」という具体性のまったくない二項目しかなかった。

 要するに何も書いていないのに等しい。民主党は一体、対外・安保政策をどうするつもりなのか。ならば、党首である小沢氏がどう考えているのかを見てみるにしくはない。そこで、対外関係の基本となる日米関係と、緊急を要する対北朝鮮政策に絞って、小沢氏の発言を紹介しつつ、検討させていただくこととする。

(後略)

 ※つづきには、小沢氏この15年の変節を本人の発言や著書などから取り上げ、「従米」から「反米」になった経緯が述べられています。中でも驚いたのは、次期選挙に出馬せず引退を表明した元社民党党首土井たか子氏の民放局での発言ですが、興味のある方はリンクしてどうぞ。




いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 


スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/08 06:45<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。