FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.14(Tue)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 

1おことわり: 本日は〈つぶやき〉です。前半長~いどうでもいいような文章が続きますので、我慢がならない方は、飛ばして下さいな。
 後半は、他のblog主様の活動報告をご紹介しています。動画もありますので、こちらは~どうが~ご覧下さい。(おやじギャグでスミマセン m(__)m)




 何年か前、某地方行政の出先機関に問い合わせをする事があり、電話をしました。直ぐに回答が得られず、その後2度ほど電話をしたのですが、同じ担当者でしたから互いに慣れを感じ始め、少し無駄話をするようになりました。その話の流れでしょうか。担当者がいきなり「どんな本を読んでいるんですか?」と尋ねます。素直に当時読み始めたばかりの月刊誌や本の名前を言うと、相手がいきなりこう言いました。

 『ウケイですねぇ~』

 『・・・・・??』

 『あの~、ウケイって何ですか?』

 『右寄りってことですよ(笑)』

 『ミギヨリ…… ‥!!』

 管理人は、この時点で何を言われているのかを、やっと理解しました。
 いえ、理解というほど知識はありませんから、本能的にイヤ~な感じを嗅ぎとったという方が正しいでしょうか。

 瞬間的に、思わず反撃(?)

 『何でですか? 国民が国の状況を案じる。危惧感を感じるという、極当然の心の在り方ではないのですか?』

 と、確かこのように言ったと思います。

 当然、それ以来問い合わせは未解決のまま、二度と電話をすることはありませんでした。

 例に出した月刊誌とは「wiLL」のことです。この本を読んでいると知って、すかさず「右傾」と断じたその男性は、この本の内容を知っているからそう言えたのでしょう。逆に、その月刊誌を読む管理人を「右傾」という言葉で決め付けたのは、彼が「右傾」とは対極的な思想をもっていたから、そう言えたのでは?と今では思っています。多分同じような思いで購買する読者なら、まったく違った話の展開になったと思えるからです。

 こうした管理人の思いは、単なる「勘」に過ぎません。知識がないのは、それだけ判断する力が無いということと同じですから、その時何故か、ゾッとしたものを感じたのは「本能」だったのでしょうか。


山本七平著「ある異常体験者の偏見」
(洗脳された日本原住民)

---●●
 国家という「運命共同体」そのものにてきたいしてこれを根底から破壊するもの、ないしはそう誤解されたり、そういう印象を与えたりするものは、はっきり自覚しなくても本能的に拒否するようになる--●●



 しかし残念ながら、その「右傾」「左傾」への知識も未だに深まっていない管理人。言い訳になりますが、どうにも苦手な分野です。先日も「ファッショ」という言葉を辞書で引かなければ、(何となく嫌なカンジ‥)程度なのですから、それでこうしたblogを運営しているなんて、リピーターの皆さんに謝らなくてはなりませんね。
 いえいえ、毎日数多くのblogやサイトを周回し、英邁な記事を読みながら多くを知り学ばせてもらいつつ、いざ体内に湧いたエネルギーを頼りに編集画面でキーを叩きながら思うことは、自分自身の何とも頼りない知識への戸惑いと苛立ちです。でも、思います。だからって、管理人は昭和に生まれた一日本女性として、この自分の国に起こっている憂う他に無いありとあらゆる醜悪な事実に、目を瞑るわけにはいかない。ただそれだけの理由、「日本国民」という立場だけで、ものを言ってもいいではないか‥、と「低レベル宣言」をしてでも続けたいと思うのです。

 そう、それなのに生意気にもランキングなどに参加していますが、これは正直に言いますと(あり得ない話ですが)上位に上るほど、「ポチっ」として欲しくはないのです。それだけ注目されるような内容を書いていないと自覚していますから、アクセス数もそれほど多くない方が気も楽ですし、目立つようなことは、本来好きではないからです。

 それなのに参加しているのは、せめて訪れて下さる方の反応を知りたいが為で、それは自身への良くも悪くも刺激としたいという理由に他なりません。まぁ、ランキングに関しては余計な心配でしょうが、マイペースで運営する、これこそが管理人にとっては最も最良の方法だと思っています。
 因みに「ニュース国内」では、1P50位と2Pを行ったり来たりしている状態ですから、時々無くなってしまったぁ!と慌てることがあります。今は慣れました263 し、この位置で充分満足しています。応援して下さる皆さま、本当にありがとうございます。 お陰さまで参加をして、丁度3か月になりました。


 さて、ご存じのように古いタイプの日本女性ですから、例えば結婚に関しては、夫を頼り、尊敬し、夫の陰に隠れて、楚々とした女性でいるのが居心地が良いタイプです。(お断りして置きますが、現状を指して言っているわけではありません‥?)
 しかし、しっかり家を守り子供を育て教育・躾をし、夫を立て敬い、仕事に専念してもらえるよう心配りを怠らず、夫の意見に従い、毎月のお給料を有り難く受け取り、でも事が一大事となれば夫を助け、夫の代わりに戦い、家族と家庭を守るぞ!と、そんな出来た女房──が、理想です。

 実を言いますと、それは管理人の母でした。良妻賢母と娘である者が太鼓判を押すような女性でしたので、父の仕事関係者や周囲からは、「是非にお嬢さんを‥」とよく望まれたそうです。ウヒャヒャ~恥ずかしい~402ヒヤヒヤ
 それは昔から「女房にする女性は、母親を見て選べ」と言われていたからでしょうが、どんなに非の打ちどころのない育て方、躾を施しても、そっくりのクローンを作るわけではないのですから、個人の生まれ持ったDNAの悪戯で個性の勝つ人間はいくらでもいます。管理人もその一人だと思いますが、それだけにこうして思い出話をしながら、当時望んで下さった方々が管理人と人生を共にするご縁がなかったことは、返ってラッキー♪ と思っていただきたいと思う次第です。

 でも、こうした日本女性の価値観が否定され、「権利」という価値観に惑わさせた女性が夫や恋人を顎で使い、子供の前で平気で蔑むような家庭には、まともな家族愛が育つはずがありませんね。平等などと本気で考えているのでしょうか。夫の稼ぎの上で胡坐をかき、夫には安売りのシャツを着せても、自分はブランド品で着飾るような妻は、最早日本女性とは呼びたくありません。一体自分の価値がどれ程のものかを知っているのでしょうか。そう勘違いさせたままの男性も男性ですが、それで本当にいいと思っているなら、子供の未来に残せるものがどれだけ悲惨なものになるかを、一度考えてご覧なさい。そして、賢く律儀で働き者の日本男児を育てる母となる女性の質が、どうしてここまで貶められたのか、少しでも疑問に思いませんか。

 もし、時代が違う、そんなの古い、とロクに考えもせずに言うのなら、子供にバカにされるような父親で一生小さくなって生きるのが望みなのでしょうか。
 少しは自分の国「日本」の事を知ってから、考えて欲しいと切に願う老婆心全開の管理人です。


ゲーテ曰く、野蛮とは

 

  すぐれたものを認められないということこそ、
           野蛮と呼ばれるべき当のものだ。

                                                  ─ゲーテ─



 話が逸れました。

 気鬱になるようなニュースが今日も目白押しです。どれを取り上げても、「日本」という国の根幹から破壊すると思える法案や動きは、波状攻撃のように仕組まれ、放たれるミサイルのようです。

 昨日友人との短い会話でも、「選挙なんて、やってる場合じゃないわよね」と普段は政治に関心のない友人が、目を吊り上げて言います。確か、読売の調査でも、7割が選挙より景気対策と答えていると伝えていました。
 それなのに、マスコミや民主党が「解散!解散!」と騒ぎ、自民党内からも森元首相や町村元官房長官などが「解散」を求めているのは、支持率も微減したこの時期にもかかわらず、それ以上に体力のある日本とは言え(それすら知らない国民が大半でしょう?)様々な形で忍び寄る不況の風は、それ以前から値上がりラッシュで苦しくなった家計に喘ぎ始めた国民ですから、こんな時に選挙なんて本当にとんでもない! としか思えないのが、一般庶民の感覚です。

 でも、民主党鳩山氏は「解散」を条件に「党首討論」と言い出し、どこが国民のための‥?と化けの皮を剥がすほど政局に固執するのは、何故でしょうか。 そう言えば、マスコミも含めて「解散」を叫び国民を誘導するのは、全てが「親」のつくアチラ系の方々ばかり、という共通点を感じます。
 お隣の事実上は「金融危機」状態、その援助は「IMF」を通してのみという日本政府の対策は、「新世紀のビックブラザーへblog」管理人様も絶賛していましたが、これまでの事を考えれば至極当然と、昨日知ったwktkという言葉もナルホドと感心しきりです。

h-line5.gif 

 さて、だいぶ長いおしゃべりになってしまいました。

 こちらは「日教組」関連の内容です。

 詳細は下記にリンクしてご覧頂きたいのですが、始めて聞く現職教諭の証言ですから、こちらにも少しコピペして置きたいと思います。

≪日教組をぶっ壊せ!≫街宣報告

■KNN TODAY
「報告!日教組をぶっ壊せ!」-10/13




 12日大阪南海地下鉄「なんば」駅、高島屋前で行った「日教組をぶっ壊せ!」街頭演説の模様です。
 報告によると、『驚くほど市民のみなさんの反応のほうが熱かった」とし、配布したビラも受け取って下さる方が非常の多かったとのことでした。

 

 学校現場から届いた非日教組教員の悲鳴を紹介する遠藤氏の話に、街行く市民は自分の学童時代を思い起こさせたのではないだろうか。子を持つ親にとって、それは目の前の現実なのです、と。

【動画】遠藤健太郎 なんば街宣2008/10/12--1/2


2/2



【動画内、遠藤氏の演説内容要約】

・日教組教員はギリギリに出勤して早々に帰宅する。
・なぜなら国家権力から労働者の権利を守るため。
・中間や期末テストの作成持ち回りを外れたがる。
・そのくせ「偏向歴史教育」用プリントは熱心に作成。
・運動部の顧問はやりたがらない。
・補習授業もやりたがらない。
・担任生徒の赤点には担当教員へ抗議する。
・なぜなら授業後補習で帰宅が遅れるから。
・補習を促すと「あんなバカにやってもムダ」と吐く。
・「女の子に数学は不要」とも吐く。
・そのくせ「日本には数々の差別がある」らしい。
・そして国旗・国歌起立に応じる教員を差別する。
・平和学習にて「日本は悪い国で日本人が悪い」と吐く。
・そのくせ自分も一応は日本人である。
・権利を曲解して生徒たちに校長へ土下座を迫らせる。
・修学旅行では韓国で生徒に土下座を迫る。
・広島と長崎では「日本が原爆投下」の錯覚を起こさせる。


 呆れた実態がまた明らかになりましたね。

 マスコミも含めて思うのですが、そうした環境に心ならずもいる方々は、ご自分の良識や良心を閉ざして苦しんでいらっしゃるのでしょうか。個人の考えはそれぞれでしょうが、ご自分の子供や未来の子供たちのために、現在生きる私たち大人がどうするべきかを、考えて欲しいと願います。
 管理人はその結果を自分の目で見ることはできないと思いますが、時は繋がり積み上げられて行くものです。この現在を、無駄にしたくはありません。

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 



≪おことわり≫アダルト系スパム防止のため、コメント等は承認制にさせて頂いています。ご不便をお掛けして申し訳ありませんが、ご協力をお願いします。
スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/14 10:36<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。