FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.18(Sat)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 


 今日午前と午後に行われた「テロ特措法」特別委員会。
 管理人が見られたのは午前の部でしたが、何故質問者は冒頭同じようなフリップを作り(作成費数万円とも?)、同じような内容を繰り返すのでしょうね。制限された時間の無駄遣いにしか見えないのですが、自分の質問の演出に拘り、何かシナリオ通りにしか進められないような気さえします。毎度のことですが、もっと臨機応変の突っ込んだ質疑応答をテキパキと進めて欲しいものだと思いましたし、この程度の情報は既に知っているので少々迫力が欠けたかな‥と。でも、こうして繰り返し生中継で示すことで、「自衛隊給油活動」の意義を国民に分かりやすく伝えるという利点はありますね。(アレ?文句なのか褒めているのか、どっちやねん?)

 また、質問に答えた民主党浅尾・犬塚両議員の答弁は、毎回同じ内容を繰り返すだけですから、管理人は最後まで理解不能でした。結局何故現在必要とされている「洋上給油活動」には反対で、何時やれるとも分からない机上の空論に過ぎない(と思える)「水」に拘るのか、もう少し一般国民に解るように説明していただかなくてはね、反対理由が納得されません。 ・・でも、「油」と「水」は相容れない物質ですから、そう思えば“ナルホド電球353”と、、、まさか「水」に拘るのは、シャレではありませんよね。

  そうそう余談ですが、質問に立った新藤義孝議員の

“何で民主党はこれに賛成できないの?”

 のズバリな発言に、議場が笑いの渦に包まれた一瞬。
 興味を持ってHPを訪ねてみました。その中の「週刊新藤」(⇐これもちょっとお茶目)というメルマガのバックナンバーを少し拝見しましたが、憲法9条に関するメルマガに下記の記述があり、また笑いを誘われたのでご紹介します。

■衆院議員・新藤義孝(埼玉2区:川口/鳩ヶ谷)
http://www.shindo.gr.jp/

メルマガ(2007/01/28)
「なぜ憲法改正か」

◆憲法9条と平和主義

 哲学者の田中美知太郎氏の「憲法に『平和』と書けば、『平和』になるのであれば、憲法に『台風は日本にはくるな』と書けばよい」という有名な言葉があります。


 管理人は知らなかった有名な言葉ですが、あれこれ小難しく論戦するのがバカバカしくなるような「正論」ですね。一人、大受けでした。

 この方はまだよく存じ上げませんが、麻生首相とのエピソードも紹介してありました。 

 

   welcomeライン



 さて、前回最後に触れた経団連の「移民提言」ですが、その前に気になる記事二紙がありましたので、こちらから。

◆財務省会見場に「日の丸」を掲揚
2008/10/17 13:56
  北海道新聞(以下、一部引用)

 財務省は十七日、中川昭一財務・金融担当相の閣議後会見を機に会見場に日の丸を掲揚し、会見を主催する財務省の記者クラブ・財政研究会(北海道新聞社など国内外の新聞、放送、通信各社が所属)の一部の記者が「国民の中には違和感を持つ人もいる」などと抗議した。会見自体に大きな混乱はなかった。中川財務相は「世界に発信する場という認識で国旗掲揚は当然だ」と述べた。


 こちらは、■せと弘幸blog『日本よ何処へ』10/17 で取り上げていましたので、詳しくはリンクしてご覧頂きたいのですが、海外からは全く相反する記事が届いています。

◆仏・スポーツ相、国歌斉唱侮辱なら試合中止
2008/10/17 05:02 サンケイスポーツ
(以下、引用)
フランスのバシュロナルカン保健・青少年・スポーツ相は15日、サッカーなどの国際スポーツ試合で仏国歌「ラ・マルセイエーズ」の斉唱が口笛やブーイングなどよって侮辱された場合「即刻、試合を中止する」と発表した。

 パリ郊外の競技場スタド・ド・フランスで14日夜に行われたサッカーのフランス対チュニジアの親善試合(3-1で仏勝利)で、試合前の両国の国歌斉唱の際、仏国歌の斉唱に対し、一部のチュニジアのサポーターから強烈なブーイングが起こり口笛などが吹かれた。

 この行為に対し、フィヨン首相は試合直後から「試合を中止するべきだった」と批判。担当のパリ郊外のボビニー検察庁は15日、アリヨマリ内相の指令を受け「国歌侮辱」で捜査を開始した。フランスの刑法では国旗や国歌を集団で侮辱した場合、6カ月の禁固刑および7500ユーロ(約100万円)の罰金刑に処せられる。


 これが日本のおかしな現実ですね。経済・財務大臣の会見場に「国旗」があるのは、日本国民から見れば全く不自然でも何でもない、極当たり前の事ですが、それをわざわざ「違和感を持つ」とイチャモンをつけるのは、何処の国の記者でしょうか。何かにつけて「日の丸」「君が代」を敵視する人々は決まっていますが、一般国民には無い感覚です。
 寧ろ、どの国にもある国旗は、その国の歴史も含めた象徴ですから、フランスのように侮辱することが刑罰に当たるのは当然でしょう。

 日本でこの「国旗・国歌侮辱罪」をつくると、どうなるのでしょうか。想像しただけでも、どれほど社会が落ち着くだろうかと思われます。是非に実現したいものです。


h-line5.gif 


◆〈経団連〉移民受け入れ提言・人口減少対策で定住前提に…人口減対策 定住前提に
2008/10/13 毎日新聞
 

 ここまでお待たせして申し訳ありませんが、この記事に関する批判は
お馴染み「博士の独り言」様[10/16]でされていましたので、管理人の稚拙な「文句」は省かせていただきます。

■経団連「移民論旨」の破綻



 と言うことで、下記は丁度1ヵ月前に配信されたものですが、日本の現実を直視するという意味では、是非多くの方に知っていただきたい内容ですので、ご覧になった方も多いかと思いますが、載せておきたいと思います。 

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)8月16日(土曜日)弐
通巻第2290号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 移民一千万人計画を粉砕する行動計画は?
  現実の脅威はもっと身近に、しかも着実に動いている
****************************************

 ちなみに下記の数字をごらん頂きたい。
 
 2002年  3209人
   03   3778
   04   5264 
   05   5878
   06   8272
 2007年 10262

 この数字は、日本へやってきた中国人留学生のなかで、卒業後も、日本で就職した人の数。つまり日本の就職戦線でライバル日本人を蹴落として、職をえた中国人の異常な増え方に注目していただきたい。
他の国の留学生居残り組を含めない。

 かれらは日本の若者の職場を奪っていることに結果するのか?
ちなみに下記に掲げるのが、彼ら彼女らの昨年の就職先の一覧である。

 翻訳・通訳     3431人(33・4%)
 販売・営業     1574人(15・3%)
 情報処理      1242人(12・1%)
 海外業務       656人( 6・4%)
 教育         541人( 5・3%)
 ほか        2818人
 合  計     10262人
 (数字の出展は『留学生新聞』08年8月15日号より)。


 ▼現実を直視する必要があるのでは?

 これらの統計が意味することは日本企業(中国・台湾企業の日本法人を含めて)が、むしろ積極的に中国人留学生を採用しているという“実態である。

 翻訳通訳は中国人の強みである。日本企業は通訳をほしがる。法律事務所や特許事務所は優秀な翻訳家が欲しい。
 社内で日本人が中国語を習得しようとする意欲を欠落させているからである。

 営業・販売は中国人の積極性を買われた。日本人よりエネルギーがあるからだ。五輪をみても、あれほどの闘魂をみせて、メダルを獲得していく中国人のさまを見ていると、ある種感慨が湧くというものだろう。

 情報処理は、逆に中国人のコンピュータ・スキルを求め、しかも安く雇えるからという企業のニーズにマッチしているからだ。

 つまり、中国人留学生にとっては中国に帰国しても溢れる新卒の群れに、コネがないと無職転落か、あっても3k現場の労働者や、サウナの番人になるくらいなら日本で永住したほうが良いと計算したからである。

 まだある。
 かれらはたくましく日本籍の配偶者を捜し求め、国籍を取得し、その数がすでに十万人を越えている!
 この現実を目撃して、むしろ歴史のイロニーを感得するのである。

というのも遣隋使・遣唐使が日本から夥しくシナへ仏教を学びに行った。最澄、空海、道元という巨星も。
 しかし同時にシナから日本へやってきた「遣日使」が、じつは日本からの留学生をはるかにしのぐ人数であり、そのうえ彼らの大半が日本に居座って帰らなかった。この歴史的事実がなぜか知られていない。

 日本人は阿倍仲麻呂にしても望郷の念やみがたく、ついには帰国船がベトナムに流されて帰国の夢を果たせなかったけれども帰国して祖国に貢献したいと念じた。
 他方、鑑真和尚に代表される遣隋使は、そのような野心、使命感は淡かったのだ。

 1000万人の移民受け入れに反対する諸兄!
 抽象的反対ではもはや時間的猶予は限られている。具体的な戦術が必要である。

 遣隋使の打ち切りを提案した「現代の菅原道真」が必要だろうが、同時にすでに日本に帰化した中国人を、「第二の鑑真」とする努力も必要ではないのか。


【参照PDF:統計から見る来日外国人犯罪の検挙状況】
主要税種等別・国籍等別検挙率状況(平成19年中)
 

 赤=支那青=韓国緑=ブラジル

犯罪/順位1位2位3位
強盗支那   
            33.8%
ブラジル 
           12.2%
韓国
           11.5%
侵入強盗支那 
            52.1%
韓国
           20.8%
ブラジル 
             8.3%
窃盗支那 
            36.9%
ブラジル 
           31.6%
韓国 
             7.9%
侵入盗支那  
            79.3%
韓国 
           14.1%
コロンビア
             5.7%
支払い用カード偽造支那
            72.5%
ナイジェリア
           20.9%
イギリス  
             3.9%
すり韓国 
            33.2%
支那
           33.2%
ベトナム
           11.7%

 

【犯罪者収監率】

日本人 1万人当たり 5人

朝鮮人 1万人当たり31人…約6倍

支那人 1万人当たり76人…約15倍

~~~

 まだまだ載せたいものがありますが、長くなりますのでまた機会がございましたら引用させていただきます。

 上記のような現実、それを全く無視して推し進める日本の「移民化計画」。日本の将来・未来は、日本国民自身の手と力で造らなければならないはずです。そうするには、この計画に反対する国民の意思を伝えながら、同時に国民一人一人が自分たちの「国」と「日本の子供たち」の未来のために、「現在」をどう生きるかが試される時代にあると思えてなりません。

 夕べ、NHKスペシャルで「食糧危機問題」を放送していました。眉に唾をつけて少し見ていましたが、世界がアメリカに食料を依存するようになったのは、安い価格に喘ぐトウモロコシ農家が国を動かした戦略的穀物高騰=バイオエタノール、という流れで紹介されていました。 内容はともかく、国益のためなら計画的・戦略的な意図をもった巨大な力が、長い年月をかけても他の国や世界の流れを変えることが出来るのだという事実は、決して否めないと思いました。

 確かに、食料を輸入に頼る国々は、「買ってやる」立場ではなく「売って下さい」と言ってお金を積んでも、最早売り手の方に主導権があるのが様々なニュースを見ていると現実的に思えます。
 その間自給率を減らし、農業の体力を奪ってきた国では「食糧難」が目の前に迫っていると南米エルサルバトルを紹介していましたが、日本も技術分野は世界に誇りながら、しかし、基本的生命に関わる食糧・燃料を外国に頼る路線は政府が大きく舵を切らない限り、変えられないのでしょうか。しかも、毒に塗れた食糧と疑いを持っても輸入を続ける以上、どこにどのようにして混入しているのか分からないほど使用されていては、大袈裟ではなく生きた心地がしません。
 日本は優秀な農業技術を持っているのに、安全で美味しく高価な日本の農産物は海外に輸出され、特別な一部の富裕層の口に入っても、国民の口を満たす農業は政府の後押しがなければ出来ないのでしょうか。
 その国内に外国人を溢れさせるようでは、どんな未来が待っているかは、僅かな想像力で脳裏に描ける筈です。



 

 いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 



スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/18 06:37<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。