FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.23(Thu)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 


 思い出せば…

 父の帰宅は、お付き合いがない時には大体8時半頃と決まっていました。母はその時間に丁度合うように夕食の支度を済ませます。夕食の時間としては遅いくらいの時間でしたが、勿論、私たち子供はいくらお腹が空いても、父が帰宅しないうちは食事を許されません。
 父が奥座敷で着替えを済ますうちに、お腹の空き切った子供たちも手伝い、父が席に着けばすぐ始められるようにご飯やお味噌汁を盛り付けて待ちます。

 健啖家で晩酌をする父には、おかずの他につまみとなる品が何品か付いていましたし、同じオカズでも当然のように数が多かったり大きかったりという差がありました。 当たり前の事です。父が働いて得た収入で養ってもらっているという立場、そして男性成人である父と子供との摂取カロリーとの違いなどを今考えれば、差をつけたとしても、それは「差別」ではなく適した配分です。不満など、勿論感じたこともありません。
 もし、それを欲しければ父に言ってもらいます。父も「ああ、いいよ」と必ず許してくれましたし、時には自分の箸で摘まんで茶碗の中に入れてくれたりしました。それを見て母が、「そんなに食べたら、お父さんのが無くなっちゃうでしょう」と叱りますが、普段仕事に忙しい父と接触があまりない娘は、そんな些細な父とのやりとりの中で、父親の優しさや包容力を感じることが出来る瞬間にもなりました。

 月に一度のお給料日には、時々父と待ち合わせて外食をすることもありましたが、普段はいつもよりは多少豪華な料理を用意して待つ母は、父の着替えを手伝いながら無造作に手渡された給料袋を両手で押し戴き、「ご苦労様でした」と父を労うことも忘れませんでした。 途中から銀行振り込みになった時、母は実感が湧かないと嘆くことしきりでしたが、当時、多分中・高校生くらいだった管理人には理解出来なかったその母の思いです。
 また母は、毎日父の財布を点検しては前日に使った分を補い、常に一定の金額(父が外で恥をかかない程度)を入れて持たせていました。たまにお付き合いで遅く帰る父は都心からタクシーで乗り付け、その料金を母が払うということもありましたから、その時の父の財布は、部下たちへの大盤振る舞いできっとカラだったのでしょう。(笑)

 そして、父の着るワイシャツはクリーニングに出さず、自分でパリッと糊づけしてキレイなワイシャツを着せるのを誇りにしていました。
 いつか滅多に世辞など言わない父が余程満足したのか、「いつも綺麗なワイシャツを着ていますね」と褒められたと母に言ったそうで、娘にまで自慢する程ですから、俄然内助の功を発揮したのは言うまでもありません。

 昭和の時代、そんな一組の良き夫婦の姿を懐かしく思い出しました。


   welcomeライン


 さて、何故、冒頭このようなお話をしたか?  
 関係があるのかないのかは、読者ご自身の判断にお任せしますが…


◆スーパー視察の後に…野党から辛辣な批判
10月22日22時5分配信 産経新聞
(以下、引用)

 麻生太郎首相が執務終了後の夜日程で、高級ホテルのバーなどで会合、会食を繰り返していることについて22日、野党の幹部からは辛辣(しんらつ)な批判が相次いだ。

 国民新党幹部は国会内で記者団に「首相が夜飲み歩くのはひどい。人柄が出てるよ。首相っていうのは、国民が苦しい時は一緒に苦しい顔をするもんだ。それが全く分かっていない」と指摘した。

 民主党の簗瀬進参院国対委員長は記者会見で「スーパーで庶民の生活をちょっと見て、その夜は超高級ホテルで秘書(官)と食事をしている。スーパー視察は単なるパフォーマンスということだ」と述べた。社民党の福島瑞穂党首は会見で「超一流ホテルの、しかもバーで、秘書官や身内と懇談している。個人のカネで飲むのをノーとはいえないが庶民の感覚では豪遊だ。私費で普通やったら破産しちゃう。お金と体がよく持つなあ」と述べた。

 民主党執行部の1人は同日夜、夜会合について質問した記者への首相の逆質問の激しい口調について「言葉遣いが悪いなあ。よっぽど行きたいんだろうな」と話した。



umaya_04.gif f_petit12.gif
 おかしな批判ですね。ご自分たちは毎晩何処にも寄らずにご帰宅なのでしょうか? これまで見てきたTVニュースの映像では、高級料亭やホテルに出入りする様子を随分見てきた気がするのですが、あれは目の錯覚?
 それにマスコミも野党の方々の行動を一々追わない・報道しませんからどの程度の「夜の行動」なのかは、残念ながらあまり知らされていませんね。是非とも知りたいものです。
 一般国民が苦しい思いをしている時には、、、の国民新党は、本当に同じような苦しい思いをしていると言えるのかどうか‥。
 
 それ程「庶民感覚」と仰るなら、駅前の屋台や居酒屋で飲食されているとでも言うのでしょうか。  
 幾らなんでも、それほど庶民感覚の行動を取っているとも思えません。一般層のお店の方でも、国会議員が来るようでは何かと迷惑でしょうし、野党の方々もそれなりのTPOで利用するお店は厳選しているはずです。記者たちに知られたくない秘密は幾らでもあるでしょうし。
 つまり、「庶民感覚」でないのは、我々国民から見ればどちらも同じです。また、それを望むほど愚かではありません。国民生活を理解をする事と、首相の行動がイコールでなければならない理由もないからです。

 まして首相ともなれば、ご存じのように朝から晩までの行動を毎日分刻みで知ることができます。つまり、それだけ鵜の目鷹の目の記者が張付いているわけですから、私邸に帰る時まで息の抜けない「公人」です。隠し撮りやリークも含めて全て想定済みの行動でしょう。だからこそ、そうした悪環境の中で首相を補佐する閣僚や関係者との打ち合わせや密談が、場所を選ばず何処でも出来る訳がありません。勿論、前回も触れたように身辺警護の問題もあるはずです。そうした立場の首相と自分を同列に比べ、「庶民的」でもない、それ以上に「総理総裁」でも「一国の首相」でもない自分たちの「夜の行動」と比べて批判できるのか、と大いに疑問です。

 それにしても、前任者の福田氏の頃には一人数万円の豪華な食事を連日されても、こうした批判は一切なかったような気がする--この差---この差別---この悪意---は、返って分かりやすいでしょう。

 いい加減幼稚な批判、自分の事をすっかり棚の上にあげた矛盾だらけのネガキャンは、もう国民には効き目がないとお諦めになったら如何? 少なくても印象を下げる意味では、言えば言うほど国民目線では〈みっともない〉ように思えて仕方がない管理人です。 本来政党が批判する対象に無い部分での悪口は、そのまま日本人的品性の欠落を感じさせますが、管理人より古い年代の日本人としては、実に理解出来ない部分と思えば、尚更です。

◆新聞社とバトル、今度は麻生首相「ホテルのバーは安全で安い」
2008/10/22 19:13 産経新聞


 googleで「新聞記者╱勉強不足╱低レベル」で検索したらビックリでした。
 3,040,000件のヒットでしたので、どれほどこのキーワードが「普通」に使われているのかとアングリです。つまり、それだけ国民の共通認識と理解してもいいのか?と‥。 

 確かに(長いので引用はしませんが) この記事を読むと笑えます。そして、麻生首相の斬り返しは、これまでの歴代首相には見られなかったものだけに、芯の太さ、強さを感じた管理人。当然です。
 余りにも酷い恣意的偏向質問。またその言葉の一部分を切り張りしてより都合良く強調したり印象付けたりする偏向報道には、ただ“ウンザリ”して逃げるのではなく、それは「おかしい」「誤りだ」と言ってこそ一方的過ぎる既存メディアの害悪を是正する方向へと導けます。

 ♪ そう言えば、橋下知事に続いて東国原宮崎県知事も「朝日批判」に参加したそうですね。

 トップが変わると、こうも国内の澱んでいた空気が変わるものかと感じています。それはまるで、人いきれと暖房が利き過ぎた冬間の通勤電車のように、ドアが開くたびに外気に触れて生き返ったように感じる爽やかさと、同様の印象を持ちます。
 密封した部屋で長時間ストーブを炊けば一酸化中毒になるからと、「時々には部屋の換気をしましょう」と注意書きがされているように、反日の偏向報道の毒に酸素不足気味だった管理人は、やはり「日本」という国の60余年間閉ざされてきた部屋の空気の入れ替えを、この時代にこそ望んでやみません。


h-line5.gif 

 さて最後に、本日発売(10月23日)の「週刊新潮」(10月30日号)には、

■小沢「お花代100万円」山岡「お車代30万円」から前田「火災見舞金」まで 「マルチ・マネー」が民主党を汚染している!

などという見出しがありました。

※ ご存じだと思いますが、この「週刊新潮」HPでは毎週「立ち読み」のコーナーで一つ記事が読めるのですが、今週は今話題になっている〈朝日批判〉で元身内(記者)から「報道弾圧」で訴えられている朝日新聞の記事が読めます。

■朝日新聞を「報道弾圧」で訴えた「元朝日新聞記者」の評判 


 余談ですが、夕べのテレ朝「報道ステーション」。何か番組全体がシ~ンと静かで、古館氏もいつもより心なしか元気がないように感じましたが、気のせいでしょうか?

 また、日テレの「ZERO」でも、麻生首相のニュースで“庶民感覚”から、、、と批判していましたが、だから言っているでしょう!!
 「庶民」ではないんです!! ってば262 首相なんです。

 そうそう、これで思い出したのが2年ほど前にバッシングされた石原都知事の豪華外遊批判。 この時も贅沢だとマスコミが散々叩いていましたが、その内訳は別にしても、経済大国日本の首都・東京の知事が外国での滞在で、現地の実力者や政府関係者たちをホテルに招いたり会合をしたり(したかどうかは知りませんが)するのに、我々一般人がパックツアーで利用するような割安ホテルに泊まる感覚と同列に扱うのも、不思議な感覚です。と言うより、海外に於いては批判に値しない相応な国を背負う立場での外遊です。その立場にある人を、国民が煩いからと安いホテルに泊まらせる事の方こそ、如いては日本国民の恥となります。

 〈まえがき〉となった管理人の思い出話ですが、ここで準えて言いたいのは、一家の主人に働きやすく仕事に取り組んでもらうためには、家族の理解と協力が不可欠であるように、そして家の為、家族の為に働く大黒柱には、敬意と感謝の気持ちを持って後押しするのが当然だと思うからです。
 それと同様に、一国の首相や各省庁の大臣、そして地方の首長である都道府県知事には、ある程度の寛容さを持って見なければならないはずです。(⇒これは、恥をかかせない程度の使用範囲として許容する)
 勿論、公私混同は許されませんし不正も言語道断です。しかし、何でも直ぐに公費での活動や言動の一つ一つに、それも公平ではなく一定の人物に限って狙い撃ちをするように批判するのは、一体どこの誰でしょうか? その火付け役(放火魔)になるのは、いつも何処の誰たちでしょうか?

 その首長たちが真に地方の為、国の為に働くと評価できる人物なら、些細な出費にいちいち目くじらを立てて、どんな立派な仕事をしてもらえるのか、と思います。 地方であるならば、自分たちが選んだ知事たちが、もし、私腹を肥やすだけの悪代官なら、それは選んだ有権者にも責任があることでしょう。また、そうして重箱の隅を突くような批判しか出来ない県民ばかりなら、今後重責を担う行政を任せられるような人材は出てこないでしょうし、育ちもしないでしょう。

 一切の既得権益を持たない一般国民は、良識と公平と寛容の目で見れば自ずとどういう人物が国のため、国民のためになるかという正しい判断を下せる目を持てるはずです。そして、それが現在、又今後の選挙で試されようとしています。


  いくそたび かき濁しても 澄みかへる
          水やみくにの 姿ならうむ
                ─八田知紀─







いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ


ゆずり葉バーナー2 



 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/23 05:55<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。