welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.25(Sat)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 


 おやおや・・・。夕べ(と言っても真夜中でしたが)途中まで書きかけたものが「自動保存」時間のずっと以前の状態、つまり何故か文章がまったく保存されていなかったので、〈逃がした魚は大きく見える〉的心境にいます。(笑)

 このサイトでの大きなトラブルは初めての事ですが、一昨日から今朝にかけてのおかしな現象は、事実ブログ主の更新作業意欲を消沈させるには効果抜群でした。何しろPCに弱い=知識なし&勉強不足の管理人は、知っている極々限られた範囲でしか扱えないのですから、途中で普段とは全く異なる不具合連発では事実上お手上げ──。 今回もこの初体験に、いろいろ考えさせられること多し‥といったところでしょうか。ただ、何が原因だったのでしょうか?興味があります。

 管理人ほどにいくら年齢を積み重ねても、知らないこと、初めての経験はいくらでも起こります。また人は、未経験な事や未知の世界には無関心を装いがちですから、「知らないこと」は即ち「ないもの」として蓋をしてしまいがちなように思えます。 その上、突然知らないことに出合うとうろたえたり、拒絶してみたりと、なかなか馴染みのない事には近付きたくないものですが、人生一度きり。何でも知らないより知っていた方が「得」だと思えば、「聞くは一時の恥。知らぬは一生の恥」とも言いますね。荷物になったり、邪魔になったりするものではないので、「知ること」を楽しむ好奇心は持ち続けていたいと思います。

 また、人には得て不得手、個人個人の好みや思想・信条によっても無意識に選り好みをしてしまうことも多いはずですから、千差万別・人生いろいろ・・であることも否めません。しかし、そうした人間の集合体が地域を作り社会となり、国を構成する、、と考えれば、同じ日本国民でさえ地域間の差や風土によって異なりますから、何を以て「世論」とか「民意」とかになるのかは、本当に一概に言えないものだと改めて思います。
 ところが単位を「国」で考えた時は、「日本国民」としての国家観で測るものさしが備わっているのも極自然なことですし、どの国の民も同じでしょう。

 管理人は年相応のある種の頑固さをもっていると思いますが、それは昭和に生まれ育った日本人として身に付いた「背骨」のようなものです。しかし、これは多分年代に関わらず、多くの日本人に普遍的に受け継がれたもの、共通したものだと信じている部分です。勿論多少世代的なギャップはあるのでしょうが、突き詰めて見れば「国」に対する思いなどはそうは変わらないのだと、周回するブログで展開される読者のコメントを見ていると、共感できる多くの声が何よりの慰めと励みにもなっています。
 時代の変遷に抗い切れずに、日本の古き良き様々な文化が消えて行くことは残念ですが事実です。しかし、残されるものは同じ「国民の真なる愛国心」だったことが、何時の時代もこの国を支えてきたようにも感じています。


 そこで思い出したのが、またお馴染み、話が少し脱線しますが、
 
 落語家・故六代目三遊亭圓生師匠が昭和50年東横落語会口演「紫檀楼古木(したんろうふるき)」の中で、愚痴る場面を思い出します。
※「紫檀楼古木」:江戸時代に盛んだった「狂歌」の最後と言ってもいい狂歌師。 

✿~✿

 その昔、煙草を吸うのに用いた煙管(きせる)。その煙管の口金と煙草を詰める金具の間にある竹の部分を「羅宇(らお)」と言うのですが、それを専門に直す商人を「羅宇屋」と言い、当初荷物を肩に担ぎ“らおや~きせ~る”と呼び声をあげながら町内を流したそうです。
 因みに管理人の記憶には、「竿竹売り」と「納豆屋」夏には「金魚売り」の売り声が微かに記憶に残っていますが、流石に「羅宇屋」は聞いたことがありませんでした。イメージ的にはよく時代劇に出てくる荷物を担いだ町人、小間物屋風と思っていいのでしょうか。 その荷物を入れる箱を「れんじゃく」と言うそうです。

 圓生師匠は流れるような噺の途中で、こう言います。

 ・・・「れんじゃく」を担ぎます。と言っても、今のお若い方にはお分かりにならない。 どうも困ったもんです。エヘッヘ、、いちいち説明しなきゃならない。まぁ、手っ取り早く言えばリュックサックですよ。袋でなく箱が付いてるわけですよ。
(客席爆笑)

 と、説明しなくては理解されないことへの戸惑いと困惑を表しています。

✿~✿

 昭和50年当時でさえ、噺の腰を折ってでも説明しなくてはならないほど「羅宇」も「れんじゃく」も死語になっていたようですから、それから約35年も経った今ではどうなのでしょうね。きっと若い方は外国語にしか聞こえないのかも知れません。いくら落語ブームと言われていても、主にこの時代に沿った新作が人気と言われているだけなのでしょうか? 
 たいして詳しいわけではないのですが、噺の面白さ、芸術性、そして多くを学べる内容は古典にあると思う管理人ですが、聴いても理解できない時代背景の噺では、やはりこの現代に評価されるのは難しいのかも知れません。

 でも、一言老婆心で付け加えるなら、知らない言葉を聞いて調べて理解する努力をしても、決して無駄や損ということではないのですから、是非古典落語の面白さ、奥深さ、その時代の庶民の生き方考え方を面白可笑しく知ることのできる古典落語を、若い方に聴いてもらいたいと願う管理人です。

 因みに管理人的には、落語は「睡眠導入剤」としても結構効果があります(?)


   welcomeライン 



 さて、そういう事情で、昨日取り上げようと思っていたテーマも時期を逸してしまいましたので、前回のエントリー(23日)に書き込まれたコメントへの管理人的考えをここで少し述べてみたいと思います。
 ただ、このブログへのコメントというより寧ろ、麻生首相は金持ち=支持できない、という主張をなさりたかったようですので、今後こうした書き込みにはお応えすることは無いことを、ここで先におことわりをさせて戴きます。



 確かに、ここはアクセスすると真っ先に目に付くのが手造りのバーナーでしょうから、管理人が麻生首相を応援していることは一目瞭然ですね。他のブログでも麻生首相を熱烈に応援される方でさえ、バーナーを貼っているブログは見たことがありません。それだけに、反する意見をお持ちの方は直ぐにUターンなさるか、ざっと流し読みをして下さるかだと思います。そして、これまで一度もこうした主張をわざわざ書き込まれた方はいらっしゃいませんでした。それがネット上の暗黙のルールになっていると、管理人は理解しています。

 しかし見過ごさずに、わざわざ西日本新聞に書かれていた麻生首相のぶっ飛んだと仰る生い立ち=支持できないというご自分の主張を述べることで、管理人が支持することを誤りだと否定したかったのでしょうか。
 また、多分yamazaki様は、過去記事をお読み頂いていないのだと推察しますが違うでしょうか。管理人が既存メディアの偏向報道に批判してきたことを、ご存知でしたか? また、マスコミが流すようなレベルで日本の首相を云々と評価・批判する足元目線で論じたことはないつもりですが、ご存知でしたか?

 一口に言ってしまえば、書き込まれたyamazaki様が「応援できない」と仰っても、管理人には「そうですか」としかお答えのしようがありません。その理由として西日本新聞の記事を信じて判断されるのはyamazaki様のご自由ですし、管理人には関係のない事です。 また、その逆も言えますね。
 また、西日本新聞だけをお読みになって影響され、感化されてご自身の意見として決め付けるのは勿体ないような気もしています。既存メディアの情報ばかりでなく、いろいろなサイトの情報をご覧になっていらっしゃいますか?
 差別発言に関しても、多分yamazaki様の未だご存じのない情報もあるでしょうし、折角ネット環境にいらっしゃるのですから、余計なお世話でしょうが、もっと検索して情報を得ることをお勧めします。

 管理人は既存メディアを極一部を除いて信用していませんので、その認識の差は大きいとしか、申し上げようはありません。


 
いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 


 

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/25 18:05<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。