welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.10.31(Fri)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー

9月29日麻生首相「所信表明」

≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

h-line1.gif 


 『犬も歩けば棒に当たる』とよく言いますが、今の管理人は『テレビをつければ、“オイ!262” とツッコミ満載』な日々──。
 流石に、テレビは見ていません、とはもう言えなくなった気がするのですが、マイナー情報の宝庫(?)となったTVですから、よ~く考えて見れば(わざわざ)電気料金を払い、CO²の排出量を増やし、そして不愉快を買っているようなもの‥になるので、何とも物好きなこと、と周囲からのヤジも聞こえます。 (笑)

 さて、昨日のうちに更新しようと思っていたエントリーも、諸事情により日付をまたいでしまい正味期限が切れそうですが、折角なのでアップしておきます。
 管理人は編集作業が遅いので、結構下書きのままになってしまったエントリーが多いのが悩みでしょうか。



 昨日の朝、各局のワイドショーに流し目を送っていると、こんなニュースに興味を引かれました。早速web新聞を探すと…

◆【愛知】やはり必要?トイレの男女マーク 揺れる大阪市
2008/10/28 中日新聞
(以下、引用)

「男女共同参画」の視点から、トイレのマークに同一のデザインを採用してきた大府市が揺れている。男女の区別が付かず、迷う人が多いため。「分かりやすさ」の面から、現在建設が進む施設には、新しいマークを取り入れる方向で検討中だ。

 市役所のトイレのマークは男女とも緑色で、便座に人が座ったデザイン。その下に「男/おとこ/Men」などと表示して区別している。2000年に建設された時、業者が提案したデザインの中から選んだ。

 「女は赤でスカート」などの従来型のマークでは「区別が固定化して差別を生むことを懸念し、いっぺん同一にしてみようかと(踏み切った)」と当時総務部次長だった久野孝保市長は振り返る。その後JR大府駅など4カ所の市施設にも採用し、理解を求めてきた。しかし、浸透するまでには至らず、来年度オープンする市民活動センターには、障害者や外国人にも分かりやすいデザインの観点も加えることを検討している。

 男女統一のトイレマークは、1996年に県の女性総合センター(ウィルあいち)が、男女とも文字だけの表示を採用したのをきっかけに広がった。知多市でも一時採用したことがあった。

 流れが変わったのは、05年に国の男女共同参画基本計画に「トイレ表示を同色にすることは、男女共同参画の趣旨から導き出されるものではない」と明記されてから。ウィルあいちも現在、試験的にスカートなどのマークを付け、利用者の反応を調べている。

 中部の空の玄関、中部空港は男はヒト形、女はスカートのマークだ。「JISマークを基準に、白抜きにしたり赤青で表示したりしている」と同空港広報。公共施設はこの02年に制定されたJISを採用している例が多い。トイレ製品を手掛けるINAX(常滑市)は「間違って入ると影響が大きいだけに、男女別が分かりやすい配慮が必要。形で区別する場合が多く、施設全体のデザインの中で決まります」。

 大府市では男女共同参画審議会が「同色、形で区別」の意見を出し、市民活動センター建設検討委員会に諮られるところ。せっかくの機会なので議論を深め、新施設は独自のマーク誕生という便りを発信する所にできないだろうか。

 (長坂幸枝)


 大阪市と言っても愛知県の大阪市ですね。
 この中日新聞のサイトには、既に朝からアンケートが貼ってあったようで、昨日の午前9:30現在で下記のような内容になっています。一日経って、どんな変化があったでしょうか? 

■トイレに男女マークは必要?

愛知県大阪市では、「男女共同参画」の視点から男性用・女性用トイレに同じマークを使用して、文字表示だけで区別しているということですが、トイレの区別に男女マークは必要?

アンケート:10/30 9:30現在

合計:43271票

必要  96% 41212票
不必要  5%  2059票
実施機関:2008年10月28日~11月6日


umaya_04.gif 最近、こうした実にナンセンスな事例が増えているような気がします。

 そもそも「マーク」が必要なのは、文字を読めない子供も外国人も、一目見てすぐに理解できることから、日本で生まれた様々に図案化された「マーク」が世界中に普及した、と認識する管理人です。
 それを、「男女共同参画」の視点で、、、と安易に同じ色、同じマーク、それも男性用トイレのマークさえ、洋式便座に座る図柄で「区別」出来ると思ってしまう大阪市役所関係者たちの、認識不足が招いた混乱だと思えます。

 トイレという生理的現象は、特に高齢者や幼い子供には急を要することが多く、一瞬で見分けられる必要があります。また、これまで長年使われてきたマークに慣れているという事情がありますね。そうした便利さを無視し、利用者の緊急性を考慮出来ず、「マーク」としての機能を果たしてない「マーク」はただの「飾り」ですが、これもデザイン料や諸々の製作費を税金で支出したわけですから、再び変更を検討するなら、無駄遣いということになるでしょうか。
 しかし、そうしたリスクを冒してまで、何故マークを変える必要があるのかと、疑問を感じます。


   welcomeライン 


 ところで、記事に付けた下線青色部分は一体何でしょうか。

 男女共同参画審議会が「同色形で区別」と意見を出し‥が、結局建設検討委員会に通ってしまった結果のようですが、審議会の意見は強いんですね。‥意見を出す前に、もっと考えて欲しいものですが。

 この「男女共同参画」という批判の多い法律は、一部の団体や勢力によって捻じ曲げられた解釈が様々な理解し難い弊害を日本の社会に齎していると思うのですが、この法律の下で毎年10.5兆円もの予算が組まれ、関連事業とされるところで使われているようです。(そのうち9兆円弱は高齢者への福祉関連の予算として分類)

 以前にも何度かwikipediaのこの項目と「ジェンダーフリー」を読んで、ガックリ・・としていたのですが、昨日も改めて見直してますます理解不能に陥る内容です。
 既にご覧になっている方も多いでしょうが、少し引用してまとめてみます。

■男女共同参画-wikipedia

男女共同参画社会(だんじょきょうどうさんかくしゃかい)とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」のこと。そしてこの理念を実現するために「男女共同参画社会基本法」が制定され、1999年(平成11年)6月23日に公布・施行された。 「男女共同参画」は英語で公式に"gender equality"と表記する。


 と、理念は素晴らしい言葉が並んでいるのですが、しかし、実際に起こっている現象は、過度に男女の区別を取り除こうとする無理が社会を混乱させたり、不安定にさせる要因になっていると思えるのは、このトイレ騒動を見ても明らかではないかと思う管理人ですが、その原因ははどこに潜んでいるのでしょう。

【内閣府男女共同参画局の施策】の中には、

3.正しい男女共同参画の概念を広めるため、誤解や混乱を招く[ジェンダーフリー]の用語を使用することが無いよう、各都道府県・政令指定都市などの地方公共団体に周知徹底を呼び掛ける。

 と、一応なってはいますが、これに反対する党もあります。


【政党政治とジェンダーフリー】

自民党
・原則としてジェンダーフリー政策を支持し、与党として、かつてのジェンダーフリー政策を主導してきたが、一部の末端で政策運用については、『(教育)現場では「小学5年生で男女同宿」「学校のトイレが男女一緒」など性別を否定する「教育の暴走」が行われている』(自民党の実態調査プロジェクトのHP)などとして批判し、現在は「ジェンダーフリー」という言葉自体は誤解や混乱を招くとして使っていない。

共産党
・一部の議員が「ジェンダーフリー」という言葉を使わないことに反発している。

※日本共産党千葉県議団
【2005年12月県議会】自民党提出「真の男女共同参画社会の実現を求める意見書案」への反対討論 小松実議員(05/12/16)
http://www.jcp-chibakengikai.jp/html/menu2/2005/20051217132753.html
(以下、一部引用)


> 「歴史と伝統」「皇室への敬愛」「愛国心」「武士道」「神話」こうした言葉の氾濫と強制のなかで、かつて日本は、あの悲惨な戦争への道をひた走りましたが、「ジェンダーフリー」攻撃の背景に、私はこうした、歴史を後戻りさせようという、だからこそ、真の男女平等の実現、性による差別もどんな差別もなく、一人ひとりが人間として本当に大事にされる真の民主主義社会への前進を何よりも恐れる、時代錯誤の危険な思想を見ないわけには参りません。<

民主党
・「老若男女が、それぞれ生きがいを感じる社会システムづくりが社会全体を豊かにするのです。性別役割分業を固定化しない(ジェンダーフリー)社会こそ、日本を再創造するカギとなります。」とし、男女共同参画社会政策は支持しているが、現在では、昨今の「ジェンダーフリー」という言葉に対する反発に配慮して党の政策から「ジェンダーフリー」という用語自体は削除されている。

---------

 ここで、改めて「ジェンダーフリー」」とは?
 と言っても、wikipediaにリンクするか検索をしていただけば知りたい情報は得られますので端折らせていただきますが、この「男女の差」は社会の中であらぬ〈男女間格差〉を排除すればいいことであって、しかし、近年よく耳にする教育の現場での行き過ぎた「ジェンダーフリー」がどんな状況にあるのかを、まず知る必要があります。

●動画:“行き過ぎ”性教育に首相「これはヒドイ」




●日本の性教育①小中高生用Sex Education Of Japan in English




 何ともおぞましい教育実態なのですが、ここまでの性教育を必要と考える日本国民が多数を占めるとは考えられず、また、国会でも山谷議員が言及しているように問題化しています。
 これを日本人をダメにするための「愚民化工作?」という印象を拭えないのは、推進するのが反日教育・反皇室・反国旗掲揚╱国歌斉唱を唱える「日教組」だからです。

 例えば、前回触れた民主党幹部婦人たちの割烹着でアピール作戦in巣鴨ですが、これに対し民主党議員の中からクレームがついたようですね。


◆政治にモノ申せず…民主党幹部3夫人“割烹着隊”に苦言
神本美恵子参院議員が不快感


 菅直人代表代行ら民主党幹部の3夫人が26日、割烹(かっぽう)着姿で東京・巣鴨を練り歩き、同党への支持を訴えたことに、日教組出身で同党の神本美恵子参院議員=写真左=は28日、「『えっ』と思った。女は割烹着という発想を抜けないと、政治にモノを申せない」と不快感を示した。

 これは連合主催の「女性記者との意見交換会」での発言。神本氏はボルテージを上げ、「民主党の体質は男性中心というのがある」「建前では(議員は)男女平等になるようにしているが、やっぱり圧倒的に高い年代の男性には本当に--セクハラ発言--がある」などと、7年の議員歴を踏まえた“爆弾証言”も披露した。

 民主党は世論調査で女性の支持が低い傾向が続いている。このため党の女性参院議員が応援部隊「女性キャラバン」を結成し、女性票の掘り起こしに必死になっているが、今後の活動にも影響を与えそうだ。

ZAKZAK 2008/10/29

 因みに、赤文字の「セクハラ発言」とは、参考までに

✶✶✶
1994年4月25日の記者会見で、当時政権与党の立場にあった小沢一郎・新生党代表幹事が、“どの女と寝ようが勝手じゃないか”と記者相手に軽口を叩き、これを翌日の朝日新聞が報道して大騒ぎになった。
✶✶✶

 この件(参照)を指しているのでしょうか?

 また、この神本美恵子議員が、何故幹部夫人たちの「割烹着」に反応したかと言えば、「女は割烹着」という発想にボルテージを上げたわけで、前回の管理人の批判とは全く相反する思考回路ですね♪ 何故、「日本の母」のイメージがある割烹着という発想に、これほど怒るのでしょうか?

 地域によって異なるでしょうが、多分中高年層の方なら、真っ白な割烹着姿で台所仕事をする母親とみそ汁の香りとが=おふくろさんという郷愁を感じさせるホッとするようなイメージを思い浮かべられると思うのですが、その他地域で執り行う行事(お祭・冠婚葬祭の手伝い・選挙等)には、働きやすい割烹着は定番でした。
 因みに、管理人は冬になると柄もののちょっとオシャレな割烹着を愛用しています。結構温かく、水仕事には袖口が気にならずに本当に便利なアイテムですよ。

 話を戻しましょう。

 この神本議員は、元日教組教育文化局長、連合福岡女性委員長だったそうですから、日本の「古き良き時代」には抵抗感がおありなのでしょうか。
 そして、女性層に民主党支持者が少ないのは、「日本の母」たちが基本的に〈心情派保守〉であり、そして、「日教組」には批判的だからではないでしょうか。

 また、民主党議員には「日教組╱自治労╱部落解放同盟╱元在日朝鮮人」議員が多いことも周知の事実ですので、参考になさりたい方は詳しく載っていますので、下記のリンクでご参照下さい。

■庶民の独り言[07/07/02]


h-line5.gif 

 また、管理人が疎い「左」を解り易く説明して下さっていたのが、下記のブログでしたので、一部を引用させていただきます。

(前略)

 米国の左派はリベラルだが、星条旗に忠誠を誓う。フランス社会党も英国労働党もドイツ社民党も同様である。もともとは共産党を母体とするイタリアの左翼民主党(現・民主党)ですらそうだった。

 ところが、日本の左派は違う。
 民主党の「リベラルの会」ごときは、「金正日マンセー」の議員が代表世話人を務めている。社民党は「北朝鮮による拉致事件はデッチアゲ」と長い間主張していた。共産党も北朝鮮には批判的だが、靖国神社参拝問題や従軍慰安婦問題では中国や韓国と歩調をそろえる。

 日本の左派は、日中友好、あるいは日韓友好を唱える。が、東シナ海ガス田問題では中国に対して沈黙し、竹島領有権問題では韓国に対して沈黙する。
 いずれも国家主権と領土に絡む問題なのに、日本の左派はこれらの問題に極めて冷淡なのだ。こんなことは、他の国では考えられないことである。

 なぜ、日本の左派は我が国の国益に対して冷淡で、逆に外国の日本批判に同調するのか? それは、山本七平氏も書いているが、日本の左派が「反政府」ではなく「反国家」だからである。そう認識すれば、左派が我が国の国益を害する国家に共鳴したり同情したりすることも理解できる。

(後略)

【引用元】
■なぜ、日本の左派は「反日」なのか?
「依存症の独り言」様08/10/12



 何かと言えば、「戦争責任」「アジア諸国への蛮行と謝罪」に結び付けたがるのは、「反政府」ではなく、「反国家」であるという説明は充分納得できるものです。
 何故なら、管理人のようなどちらかと言えば世間知らずに歳を重ねてきた一般人には、生まれ育った、それも豊かで歴史ある美しい国「日本」を毛嫌いし、賤しみ貶める日本国民が存在することさえ、恥ずかしい事につい最近まで知らずに生きてきたからです。それはそれで、幸運だったと思います。
 が、しかしそれは、虚構の世界に居ただけに過ぎなかったという現実を知った今では、足元の砂を波に洗われるような危機感を抱く他にありませんでした。


 そして例えば、現在日本が置かれている状況を直ぐに100%改善するなどという事は、当然不可能な願望だと思っています。
 麻生首相には、二代続けて「政権放り出し」というマイナーイメージをマスコミに演出されてしまった後ですから、とてもゼロからの出発とは言えず、寧ろ前福田首相の親中「お友達外交」で被った国益と国民からの反発をも引き継いだ、それこそ「貧乏くじ」を引いた方だと思っています。
 それを承知で「火中の栗を拾う」覚悟の総理・総裁就任ですから、泥沼の中でもがきながらでも「軌道修正」に着手すると期待できる器・力量を備えた議員が、他にいたのか、と問えば答えは残念ながらNOでした。しかも、一年間苦汁を舐め、忍耐を強いられてきた多くの国民の最低最小限の譲る事の出来ない希望は、決して親・媚・隷ではない内閣総理大臣ではなかったでしょうか。

 何十年とかけてつくることを許してしまった流れに、ただ押し流され責任を負うことのなかった歴代総理大臣たちの残したツケは、誰かがその流れを変える為の杭の一本を打ち込まなければ、この先も、決して流れが変わることはないでしょう。まして政権与党内にも足を掬う反麻生派の多い中では、困難を極めるのは目に見えています。
 ただ、多くを望めないなら、せめてその流れに逆らい、国民の声と共に小さくても堰となるものを造って行けるだけの、「日本国政府」になるように願ってやまない管理人です。

 麻生首相への様々なネガティブキャンペーン、党内からの反発や野党のただゞ否定・反対ありきの酷い言葉の暴力を報道を通して目にする国民は、“これが、日本の政治家たち”という尊敬に値しない集団に、どれほど不信感と落胆を感じているでしょうか。しかし、これが現実です。
 少なくても管理人は、与野党関係なく「日本の為の」とか「日本を良くする政治」とか、二言目には飾りのように付ける「国民のための」という政治家の中に、信じるに値する政治家は数えるくらいしか認められません。それは100%望まず、消去法で考えた時に最後に残るのが、ただ一つ、「国を愛する」政治家です。


「大衆は、つねに外見だけを見て、ことの成り行きに心を奪われる、そして、世の中にいるのは大衆ばかりであり、大多数の者たちが拠り所を持つ限り、少数の者たちが入り込む余地はない」

 ─マキャヴェリ語録『君主論』第8章─

 


いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/10/31 12:10<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。