FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.11.04(Tue)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 



kuchipaka7.gif f_balloon20.gif  事件で~す!!!

 先週、実家が「空き巣」に入られました。263

 玄関に入った途端、目に飛び込んできた異様な光景に姉は立ちすくんでしまったそうです。7部屋全てのタンス・書棚・仏壇などあらゆる収納家具から引き出された中身が、歩く隙間もないほど床にばら撒かれる荒らし方では、一目瞭然だったでしょう。 
 侵入経路は、ベランダ側のガラス戸を破るという典型的な手口で開け放したまま逃走。正面の門やガレージについている防犯用の照明を避けて、最近では滅多に使用しない勝手口用の門も開けっ放しだったそうで、それらは近所の住人にも直ぐに怪しまれることですが、そのままに逃走したことは、如何に乱暴な手口であったかと思われます。

 家主である父は週に2・3日は介護施設にお世話になる身で、その間無人となる実家ですから、閑静な住宅地とはいえ、この治安悪化の時代では狙われて当然の条件でした。そうしたちょっとした自覚や認識は、当然のように危機管理対策の最低最小限の予防処置として、現金は勿論、殆どの貴重品は置いておかないのが鉄則ですから、知る限りの被害実態はそうはなかったようです。

 警察の話では、最近の「空き巣」犯罪目的は現金が主で、物品は盗らない傾向にあるといいます。現金化するのも所持するのもそれだけリスクを伴うという計算はプロの手口だとのことですが、プロでも素人でも、自分の私利私欲のためだけに簡単に犯罪に手を染める輩の存在は、まったく油断の出来ない治安悪化に陥ってしまった日本社会の現実を、改めて知る思いがしています。

 姉曰く、留守中で良かった‥と、漏らした言葉は一体何を意味するのでしょう。
 昨今の犯罪は、間が悪ければただの「窃盗」や「空き巣」さえ、「強盗殺人」や「強盗致傷」に安直に発展しがちという姉の意識が、そう言わせるほど凶悪化しているという認識に基づきます。
 普段、どちらかと言えばのんびりとした性格の姉でも肌で感じる日本の変化は、それだけ身近で深刻な状況に陥っているという証のような気がして、それを嘆くだけでは済まないことを改めて教えてくれた事件でした。

 管理人以上に「世間知らず」な姉なので、思わずそうしたハプニングに遭遇して震えてしまったという姉には、“可哀そうに‥”と同情すると共に、犯人に対して生まれた怒りは、もし逮捕されて目の前にすることがあったら、靴を脱いで殴ってやりたいほどです。ンッ!それよりバックの方がいいかナ‥? なら、何か固い物を、、、ナンチャッテ(*^^)v
 因みに、管理人は小さい頃から姉がいじめられたりすると、チビのくせに『仇を取ってやるぅ~』と、いつも庇う妹だったそうです。記憶にはないのですがね。


   welcomeライン


◆浮気繰り返す妻に、夫が木の棒で…
2008/11/3 12:52 msn産経


 毎晩帰宅が遅い上、「愛している」と書かれた携帯電話のメール、そして車の灰皿に残された見慣れない銘柄のたばこの吸い殻…。男は妻の浮気を確信し、激しい殺意を向けた。

 大阪府内の自宅で30代の妻を殺害したとして、殺人罪に問われた元会社員の男(40)に10月30日、大阪地裁は懲役11年(求刑懲役13年)の実刑を言い渡した。

 5年前にも浮気が発覚した妻。男は浮気を繰り返す妻にほとほと愛想をつかし、怒りを抑えられずに、3人の子供たちの前で妻を殺害した。凶行に使われたのは、子供の“遊び道具”だった。
(後略)
以下、判決公判の模様詳細



 普段こうした事件には関心のない管理人ですが、犯行が子供の目の前で‥、というのは何とも気が滅入ると共に、殺人犯となった夫、殺されてしまった妻、そして、生涯この残酷な事実を背負わされ、心に深い傷とトラウマを抱えて生きねばならない子供たちのことを考えると、いたたまれない思いで深く考えさせられた事件です。また同時に、日頃深く憂慮していた近年の女性に見受けられる「貞操観念」の欠落に端を発した事件に思えるので、取り上げてみたいと思います。

 亡くなられた方を批判するのは本意ではありませんが、そうやって遠慮していては、裁判において殺人罪を問われた夫の刑事事件としての法的決着はついても、事の本質を検証し、議論できずに蓋をしてしまうこうした問題は、今後も後を絶たないでしょう。 この記事に基づいた飽くまでも個人の意見です。


 昔から『夫婦喧嘩は犬も食わぬ』、と言うように、他人には分からない夫婦間だけに存在する機微なる感情は、複雑に絡み合った痴情のもつれになるほど難解です。多分それぞれ似ているようでも様々な事情や環境、生い立ち、家族構成等などからそれぞれに違った背景をもつような気がします。そうして見ると「夫婦」とは、かなり特殊な結び付きであるように思えるのですが、管理人の持論は昔から(と言っても、30代に入ってからでしょうか)それこそ他人同士が人生を共にするという作業は、並大抵の努力や覚悟では存続出来ないことと思っているので、「好き・嫌い」の恋愛とはまるで別物の、これは「家庭」という共同事業運営者と言った方が適切ではないかと思えるほどです。

 管理人が娘時代によく言われたことは、「釣り合わぬは不縁の元」という教えでしたが、「農家」に生まれた娘は農家へ嫁ぎ、「商家」の娘は商家へ、サラリーマンの娘はサラリーマンというように、生まれ育った環境や財力・家柄等が近い相手に嫁ぐ方が、その新しい生活環境への理解や順応がしやすく、従って苦労が少ない、トラブルも少ないだろうという意味で、親や周囲の大人たちは若い娘の嫁ぎ先を選択したのかも知れません。

 また、この頃の若い女性には「貞節」「貞操観念」というものが根強く残されていましたから、妻自身が夫以外の男性と浮気をするなどという情事は、ある一部の人間を除けば、想像することもなかったのではないでしょうか。現に管理人は、夫子供のいる身で他の男性との浮気を想像したことなど一度もありませんし、そうした機会を作ることさえ罪だと思うのは、この年代でさえそう珍しい部類だとは思えません。また、その反対に、夫(男性)の中にも、自分の妻が浮気をするなどということはあってはならないことで、また、許されざる背信として長年厳格な否定論者であったはずです。今でも、日本の男性にはそうした観念が根強く残っているような気がするのですが、これは妻にだけでなく、また、日本だけでなく、結婚という誓約を誓った相手に裏切られることを認められないからこそ、古今東西、世界中の男と女の間にはトラブルが付き纏ってきたのではないでしょうか。
 ただ、どちらかと言えば、女性の方は年と共に学習した男性のどうしようもない本能には諦めと言うか、匙を投げたと言うか、ある一定の許容範囲を以て見ている部分がありますが、そうなるにはかなりの〈年季〉が必要です。(笑)

 つまり、若い女性に男性の「浮気」は「病気」と誤魔化しても、駄目だということを男性はしっかり自覚しておく必要があります(笑)



 さて、この事件ですが、記事の後半にある判決公判では、殺された妻の浮気は2度目であり、犯行時の夫の激情と自暴自棄に陥った様子が手に取るように伝わってきて、ここまで追い込まれてしまった夫への一定の理解を裁判長が示しています。

 妻の浮気が原因で離婚直前という家庭崩壊を生みながら、しかし、最後になって夫を絶望させ殺意を抱かせる切っ掛けを作ったのは、妻の「子供を連れて心中する」という言葉でした。それは、夫による「ほんまに連れて行こうとしてたから」と証言する言葉が嘘でなければ、妻の身勝手で自己中心的な言動は夫への最後の挑戦だったようにも思えます。 (と言っても、妻が死亡している以上、この時の状況は証明できません)

 少なくても、離婚寸前だった既に「冷えた(終了した)夫婦」の間に、この妻の狂気的な挑発、それも子供を道連れに‥という言動がなかったら、この事件は起きていなかったのではないか、と考えられるだけに非常に残念でなりません。

 「結婚」は勢いとか成り行きとかとよく聞きますが、「離婚」はストレスと果てしなくエネルギーを消耗する作業だといいます。何にでも同じような事が言えますが、作る時は夢や希望という膨大なプラスのエネルギーに導かれて達成しやすいことも、壊す作業は、時間に埋め込んできた歴史や記憶、思い出、そして財産や子供という新たな家族など、沢山の付加価値を増やしてきた家庭を壊すのですから、並大抵のエネルギーではないはずです。しかし、離婚寸前だった夫婦の、それもより家庭崩壊を招いた妻の方には、新たなスタートを切るというプラス思考より、「子供と心中」と思うほどの絶望が今更のように芽生えたのでしょうか。それが、例え自分のとってきた愚かな浮気が引き起こしたとはいえ、子供たちと離れ、一人で人生をやり直さなければならない目前に迫った現実に、躊躇わせる何か、突然不安や孤独感、絶望が襲ってきたのでしょうか。 だとしたら、気付くのが遅すぎます。


 ここで、ある離婚経験者の話を思い出したので、参考までに引用しましょう。この思いは、女性の立場と心理をよく表していると思います。


 結婚とは、例えていうなら妻は家。夫は、その家を取り巻く防風林だ。

               木木木木木家木木木木木


 妻は家の中で家事をし、子供を育て、家族が心地良く暮らせる家庭を守る。

 夫は、その家を丸ごと強風や嵐から守り、妻や子供たちの安全と安心を防衛する。

 「離婚」とは、その防風林から出るようなものだ。

 今まで当たり前のように守ってもらっていた防風林という存在を失うということは、

 広大な原野に一人ポツンと取り残され、吹き付ける強風に晒されたような厳しさを肌で感じることだ。

 その時、初めて「結婚」の重さを感じる。「誰誰さんの奥さん」という防風林は、

 例え紙切れ一枚の手続きと言えども、守られてきた防風林を失った後に感じる風の冷たさ、心細さはそこに立って見ないと分からないだろう‥。


 確かにそうですね。女性は結婚すると婚姻姓を名乗り、そして普段「~さんの奥さん」とか、見知らぬ人から掛けられる言葉は「奥さん」が多いのです。
 一家を構えるというのは、一人の男性に嫁いだ妻がいて、その間に生まれた子供という構成ですから、何事も夫が中心の社会です。何かの契約書にサインするのも、夫の名前ですものね。それについては、何の異論もなく極当然の事だと思うのですが、それを夫婦別姓とか、男女同権とかと強烈に夫婦の在り方や家族の在り方に異論と唱える一部の勢力が、一体何をしたいのでしょう。
 仕事上や何かの個人的事情で「夫婦別姓」を名乗りたいなら、勝手に個人ですればいい事で、「男女同権」とわざわざ唱えなくても、家庭の中でどっちが主導権を持つかは各家庭で違います。また、女性が不当に夫のワンマンにつき従っているかどうかは、その逆もあるようですから、一概に言える話でもありません。それを日本社会に組み込もうとする事自体が、そもそも迷惑な話だと思います。只黙って、奴隷のように扱われている妻が存在するとも思えませんし、それを本人が認めているなら他人が外からとやかくいうべきことでもありません。DVにしても、別の次元の事ですからそれ相応に対処できる法律を備えれば済むことでしょう。

 大体、肉体的仕組みも役割も異なり、違って当たり前の男女間の差はあって当然です。男性に持てる重い荷物を女性が同様に持てるはずもなく、そうした仕事上の差まで撤廃するというなら、話は別です。女性専用車両のように、女性だからと特別扱いを受けながら、「男女平等」を唱えるのはご都合主義の我儘でしょう。若い女性の理想の男性像は1位が「優しい人」と望むのは、男性に守られたい、庇護して欲しいという女性の寄りかかりではないのですか。寄りかかりたい男性と「平等」でしょうか?

 また、持って生まれた男性の本能、女性の本能も全く違います。そうした越えられない差がある以上、それぞれの役割分担をこなし、協力し合ってこその家庭であり社会です。
 前に例えた、「結婚は共同事業の運営」は企業のようにトップ・指導者が2人いることはなく、誰かが主導権を握ってリードし、周囲のブレーンたちに助言なり協力なり分担して経営が成り立つものでしょう。これが社内に~派と勢力争いをしているような企業には、何処かに亀裂や隙間が生まれてくるには有りがちな事です。
 
 昔、尋ねた友人の家では、配達された米袋が玄関先にあり邪魔なので運ぼうとしたら、友人曰く「いいのよ、放って置いて。ウチのが帰って来たら運ばせるから」でした。持てば持てなくはない10㌔の米袋を、それは夫の仕事ときっちり分ける友人ですが、その分料理や家の事はしっかりこなしていたので、それもアリなのねぇ~38 とヘンに感心した割り切り方。

…話が、また逸れたようですね。


 勿論、夫の殺人行為が何があっても正当化されるはずもなく、我を忘れて子供の目の前で犯行に及んだ瞬間的凶暴は、本来かけるべきブレーキが利かなかったと言って許されるべきことではありません。
 しかし一方、妻といえば同じ女性でありながら戸惑うほどに一片の同情も、憐憫の思いも生まれてこないのは、何故でしょうか‥?

 それは、夫にすぐに分かるような浮気の痕跡を残したままだったという妻に伺えない後ろめたさや罪悪感のなさにあります。
 車に残したままの缶ビールの空き缶や夫とは違う銘柄の煙草の吸殻。携帯に残った「愛してるよ」のメール。これらは全て、通常の心理であるならすぐに処分して証拠隠滅を図るのが、せめてもの良心・罪悪感の表れでしょう。しかし、寧ろこれ見よがしに残しておいたのか、と思わせるこの心理は、夫への挑戦状(憎しみ?当てつけ?甘えの裏返し?)にも思えるのは考えすぎでしょうか。それだけ嫌うだけの理由が夫側にあったとしても、2回目の浮気なら分からないようにするのが当然だと思うのですが、そうしなかった理由はどんな心理が働いたのかが疑問です。
 また、繰り返した浮気には、最早妻としても母親としての立場も放棄したような無責任ぶりと自覚のなさ、そして、ただの「女」を生きる我儘を感じます。

 しかも、昨今の女性の「性の解放」的節度のなさと、女性という肉体が備える妊娠と出産、そして子供を育てるという大切な役割への無自覚に、同じ女性だからこそ危惧感と憤りを禁じ得ないのです。
 浮気相手との間に可能性のある妊娠は、即ち妊娠中絶という命の間引きが闇に葬られることを意味し、男と女の一時的な「遊び」が生じさせるには余りにも重すぎる罪だという自覚さえ希薄になった「性の解放」は、生命倫理も社会通念や道徳観の欠如を思わせます。

 その上、「恋愛は自由」というまやかしの裏で、女子高生の中絶がカンパで手術費を募るという記事も度々目にしてきましたが、これを放っておいていいはずがありません。たかが十代の若い性が、何の道徳的指導も規制も与えられず野放しにされた結果が、酷い倫理観の喪失ではないでしょうか。また、全てではなくてもその子たちが育ち家庭を持っても、同じような自由を求めるようなら「まともな家庭」が育つ可能性も低いと思わざるを得ないでしょう。それが結果、少子化に結び付いてしまうようなら、最悪です。そして、それは倫理観も道徳観もない母親に育てられた子供がどんな人生を歩くかを想えば、更に重い課題が残ります。

 驚くことに度々放映される十代の少女が街を徘徊し、援助交際を目的にして家出を繰り返しては何週間も家に帰らない少女たち。その親と言えば、監視や教育といった保護者としての責任が果たされていない事実も目立ちます。勿論、マスコミの報道ですから丸ごと信じるつもりはないのですが、一目で危ないと思える外見で深夜の街をうろつく娘を、指導できないのはどうしてなのかが分かりません。
 親がそこまで真剣に自分の娘や息子と向き合わない「放任」は、何も学べず、親という手本から参照も出来ないからこそ、彷徨うのだということではないでしょうか。その証拠に、他人であるそうした問題に取り組むNPOの方たちには、素直に心を開く子供たちの姿に哀れを感じるのは、親を信じ切れず満たされない心の隙間を見るからでしょうか。
 特に女性は、根本的に将来「母となる」という役割を担う大切な使命を持って生まれています。それだけ自分自身を大切にし、心を豊かに正しく養わなくては、その役割を十分に果たせるとは言えません。それには、今、育っている子供たちへの正しい教育環境と、家庭環境が必要です。それが何なのかと選ぶ目を養うのも、両親の責任でもあるのです。


 命を奪われた母親のご冥福と、今後子供たちの心のケアーがなされる環境でありますよう願います。
h-line5.gif 


 現在、「少子高齢化」が問題視されて長年放置されてきた結果を理由に、「外国人1000万人移民受け入れ」「外国人留学生30万人」を推進する一部の勢力の思惑が、徐々に実行されつつある日本。
 夜の繁華街に外国人売春婦の客引きが横行し、在日外国人の風俗が林立した夜の街で、日本人男性が金で売った偽装結婚「日配(にっぱい)」の戸籍を持つ売春婦が溢れ、誰の子か分からないDNA検査を拒む認知されただけの子供が日本国籍を得るという事実。それを補助するように提出されるという「国籍改正法案」は、日本人でない子供が、日本人になっていくのを無制限に許す法案です。

 日本国民の人口減少に反比例するように用意され、勧められる様々な施策は、誰が望み、誰が喜び、何を目的としているかを見定めなければならない法案ですが、その事実に気付き、危機感を持つ国民は果たしてどれ程いるのでしょうか。
 今を生きる私たちは、今を生きるだけでいいのでしょうか。
 未来に繋げる現在を護り、未来に託せるより良い現在をつくる責任はないのでしょうか。


「浅はかな人間は、あるとき美味を味わうと、その底に毒がひそんでいるとは気付かずに、さっそく飛びついてしまう」

             ─マキャヴェリ語録『君主論』第13章─





いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 







 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/11/04 10:26<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。