welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.11.20(Thu)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 

1スミマセン。編集中に日付を跨いでしまいましたので、悪しからずご了承下さい。
 また、〈まえがき〉が長くなりましたので、ワープはご自由に。



 もうご存じのように、昨日一部の議員を除いて(途中退場)採択された「国籍法改正案」──。

 各ブログについた読者の嘆きと怒りの声、そして、いや頑張るぞ!と鼓舞する声など様々な反応を読みながら、フッと古い記憶から顔を覗かした言葉があります。

 まったく曖昧な記憶で、検索してもその記憶を裏付ける情報は得られなかったのですが、多分カーネギーの著書からの記憶だったと思います。

 うろ覚えのままに書いてみると、

✿~~✲~~✶

一人の囚人は、小さな窓から毎日土や石ころばかりを見て、自分の未来を悲観していた。

もう一人の囚人は、窓から見えるわずかな空を見上げて、未来を想っていた。

----------

 確か、このような文だったような気がします。
※もし、確かな文をご存じの方がいらっしゃったら、どうぞ教えてください。

 それに、これも勝手な解釈をさせてもらえば、

~~囚人という同じ境遇、等しく流れる時間の中にいても、
心の持ち方次第では「生きる」時間の価値が全く異なるんだよ、
だから、どう生きるかはその人の「気持ちの持ち方サ‥」~~

という風に解釈していますが、如何ですか?(^^ゞポリポリ


 その本も読んでから25年ほど経つ間に何度かの引っ越しで、多分荷解きされないダンボールに詰められたまま、屋根裏部屋に眠っているはずなのですが、正直、脱力している今(長引きそうです‥)、そこから探し出す気力もありません。

 ただ、戸井田議員やその他のこの件を掲載するブログについた読者のコメントを読みながら、当初から感じていたのは、今年春の「人権擁護法案」反対署名運動の時と比べて、数段反応が多い!と思えたことです。
 “初めて知りました”と書く読者が、しかし、気付くのが遅いと自分を恥じる健気さは、日本人ならではの謙虚さで(どんなに心を痛めただろう‥)と、これからずっと抱えていくはずの苦悩を思うと遣り切れなくなりました。

 そして、少々orかなり感情的になるのは仕方がありません。前回のエントリーにも書いたように、日本の現状に気付いたばかりの人が不安や恐怖感に陥るのは当然の惨状ですから、“ガンバレ!496”と思いながら、自然とこの言葉を思い出していました。

 少なくても、こうした直接的な危機感を抱かなければ目覚めなかったであろう人達が、大勢「日本の現実」に気付いたという事実は、しかし、大きな収穫です。その上、一人一人が驚きと恐怖を大量の電話・ファックス・メールという力に換えたのですから、凄い力を発揮したのだと自信を持ってもいいのではないでしょうか。
 決して結果だけを見て悲観するのではなく、これからが大事、これからが本番だと思えています。

 多分今は、結果だけに意気消沈して「やる気・元気」を失くしている方も多いでしょうが、一度目覚めてしまった者が、いくら拗ねても不貞腐れても、消しようのない愛国の炎は心の底に灯り続けているはずだと、管理人は経験者としてそう信じています。
 それは、「拗ねる」も「不貞腐れる」も、求めるモノを得られなかったから生じる心の反応ですから、求めるものは変わりないはずです。
 拗ねた子供に欲しがっていたDSを買ってあげたら、キャッキャとはしゃぐように‥? でも、残念ながらお金では買えないもの、いくら求めても得られないモノがある現実を知ることも、大事です。
 誰にでも経験があるはずの失恋が、いい例ではありませんか? それを自己中の極みで無理な意思表示と行動に移せば、「ストーカー」に変身!という線引きを出来るか出来ないかが、自分をコントロールする理性と良識を備えるか否かになりますよね。

 そして、逃げ出したくても逃げ出せないのは、他人は騙せても自分を騙せないという人の心は、特に日本人には強く「美徳」や「特質」として、「良心」や「恥」の概念として脈々と受け継がれているDNAのような気もします。
 そしてまた、耐える力を備えているのも素晴らしい特質だと思っています。本当に「日本人」は驚くほどタフに出来ている、としばしば思わされます。
 例えば、自然災害に遭った被災者の方々を見ていても、実にたくましく前向きで、不便な環境に居てもよく秩序を守り、自主的に衛生管理が出来る国民は、他の国には無いものだと思います。先進国と言えども、略奪や殺人、レイプ、様々なトラブルを引き起こし、自分の周囲をゴミだらけにしながらそうした環境にストレスを抱える矛盾は、日本人には考えられない事だからです。

 余談ですが、以前イギリスに1ヵ月ほど滞在したとき、ゴミ箱を探してもないので尋ねると、道路に捨てるのが常識。それを人件費を払って掃除する人が専門にいるから、と言われて驚いたことを思い出します。それくらい日本人は最初から無駄のない、(エコな)生活習慣を持っているのです。
 『江戸しぐさ』も日本人独特の素晴らしい文化ですが、ひとつ例えると、道路を歩くときに人とぶつからないように、すれ違いざまに右肩を斜めに引く「肩ひき」など、無用な争いや不愉快を事前に回避させる公共マナーでした。多分、中高年の世代の方は、日常極自然にやられていると思います。それだけ理屈ではなく、身体で覚えるのが「江戸しぐさ」なのだそうですが、その話は長くなるので端折りましょう。(⇐こうしたフレーズが多いような気が‥)

  さて、いつものように(脱力しながらでも)書き始めると長い〈まえがき〉。

 管理人は、この時だからこそ「窓の外の空を見る人になって欲しい」と、願うのです。同じく流れる時間なら、不安で心配で、楽しくなくても、辛くても、『ダメぽ論』に漬かって干からびた人間になるか、瑞々しい人間でいるかは個人の心にある灯の有る無しによります。
 そして、この今だからこそ日本人の「底力」が試されていると思うのですが‥


   welcomeライン



 管理人はこの年代ですから、所謂2chは未経験です。
 時々検索して欲しい情報を取りに入るときがありますが、どうやって使うのかも知らず、しかし、短い言葉のやりとりの中に、素晴らしく英邁な意見や情報を書き込む方もいて驚かされます。あのAAという文字で作った「絵(?)」にも感嘆するばかりで、物凄い集中力と労力を要する作業を楽しんでやれるのは、素晴らしいひとつの才能だと認めてきました。表現力も、管理人のようなオバサンが一目で理解できるのですから、凄い!としか褒めようがありません。

 その、2chの記事をまとめて取り上げていらっしゃるブログが「痛いニュース」[11/19]様のようですが、三橋氏の「新世紀のビックブラザーへblog」のコメントにあった記事を見て驚きました。
 有名な人気ブログらしいので、既にご承知かと思いますが、あの「毎日変態新聞」の事なので、少し引用させていただきます。 



【元次官襲撃事件】毎日新聞、「wikipediaで犯行予告」と誤報→各テレビも釣られて報道
  (以下、一部引用)


127 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 08:36:12 ID:a8FN0xyy0
▼今北産業向け
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※以下、「痛いニュース」様には、新聞・TV番組それぞれの画像あり

1. 毎日がwikipedia「社会保険庁長官」でのPopons氏の書き込みを、UTC時刻表示に気づかずに
  「犯行予告」と誤報。

2. 2chでの「誤報祭り」に気付いた社員がネット上の記事を削除。しかし魚拓を取られる。
  http://s03.megalodon.jp/2008-1119-0323-31/mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html

3. 更にトラップにかかった毎日社員が毎日IPを晒す。
  記者がスレをリアルタイムで閲覧してるのがばれるwww (ニュー速スレのオマンチン)

4. 駄目押しに誤報記事が載った朝刊の修正は間に合わずに配達&販売!


5. それを信じた他局がニュースとして放送してしまい、巻き添えの赤っ恥をかく。


6. 各放送局にニュース記事誤報の裏通達が始まる。 
  番組の各キャスターがアドリブで必死にスルー完了。

7. 無罪のPopons氏が新聞で大々的に晒される。大阪14版は特にデカイ記事で名誉毀損モノ。


8. テレ朝早く気付け! 他局が自粛する中、またも誤報記事を大放送。


9. Popons氏がwiki上で全く悪くないのに謝罪した!!   ←いまココ

-----
Web魚拓:
http://s02.megalodon.jp/2008-1119-0246-50/mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html


 もう、最近では“あぁ~あ355”といった感想しか出ないので、この中身については関心がないのですが、全ての報道を画像に残し、時系列に並べて検証しているところは、警察もビックリの監視能力。その上、早々に「削除」を予想してweb魚拓にしているところなど、ニクイほど凄い周到さと感嘆!!
 さぞかし毎日は違った意味で「ニクイ」と思っているでしょうが、事実ですから仕方がありませんね。
 これほど2chの力を知ったのは初めてなので、目が345なのですが、ご迷惑?

 そこで正にこれが三橋氏の言う『集合知』の賜物だと思いました。

 これも、部分的に引用させていただくと、

■国民一人辺りのインターネットトラフィック[11/16]
「新世紀のビックブラザーへblog」



 の中で、こう述べていらっしゃいます。

>インターネット上で使用されている言語として、日本が37%とトップを占めました。前回の調査から4%アップで、ついに英語(前回の調査では39%)を抜き去り世界一になったわけです。人口比を考えると、日本人がインターネット上でコミュニケーションする量が、他国に比べていかに桁違いかがわかりますね。

Techmorati調査(06年末)
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_14.html#Lan

---
 既に訪問されている方はご存じでしょうが、ブログ主の三橋様は2chで鍛えられた方。4冊の著作を出版されていますが、その中で所謂「取材」したケースは一つもありません、と書かれているように、

>インターネット上で流れるデータ・トラフィックの37%が日本語であるという、極めて恵まれた環境がなければ、取材無しで四冊のビジネス本を書くなど絶対に不可能だったでしょう。そういう意味で、韓国では三橋貴明は産まれにくいでしょう。
 インターネット上で日々交わされる膨大な日本語のコミュニケーションの中でも、わたしは特に匿名掲示板を重要視しています。なぜならば、互いの立場などを慮る(おもんばかる)ことなく、膨大な人数が様々なソースやロジックを駆使し、無遠慮にブレインストーミングする環境こそが、「集合知」が産まれ、磨かれる土壌であると考えているからです。

>様々な職種の人、様々な年齢の人々が--無組織的に意見を交わす--ことで、始めはボンヤリとしていた何かが、徐々に明確な形をとっていく。そして集合知として人々に影響を与えていくようになり、やがて社会を変えていく。

わたしたちは新しい時代に生きています。

----

 確か、世界中のブログの1/3が日本人と聞いたことがありましたが、本当らしいですね。管理人でさえ、細々とでも運営できるのですからあり得ますか‥?

 しかし、本当に三橋氏やこの2chを見ていると、そう思います。
 正直な話、聞きかじった負の部分を先入観にして「2ch=悪いもの」という印象を持っていた時期がありますし、また、負の部分が存在するのも事実でしょう。また、匿名という自由さは、逆に悪用するのも便利ですから、国内外を問わずそうした悪意ある意図的な工作は、普通のブログにもよく見られます。また、モラルを欠いた人間は万国共通して存在するのも人間社会の常ですから、大袈裟に騒ぐことでもないとは思いますが、一部悪質で法に抵触するものは勿論排除に努めていただき、安心で健全なネット社会の実現を、過度な規制なしで目指していただきたいとも思います。

 しかし、情報を自分(企業)の都合で操作し続けるマスコミの偏向ぶりと、メディアとしての責任から見れば余程罪が重いと思うのですが、公器としての存在意義は、最早感じない以上に害悪とさえ指摘される所以は、下記の記事にも大いに感じます。

■「博士の独り言」様:創価「広告で口封じ」か[11/19]
(以下、一部引用)

~広告と引き換えに「書かない」新聞~

11月18日の各紙の誌面の中で、かろうじて、国籍改正法案の審議経過と、議員の談話を借りて、その危険性に触れたのは産経新聞のみだった。事後に報じた誌面はあるが---

 18日朝刊に創価学会の広告を掲載した新聞は、
毎日新聞(6面)、朝日新聞(15面)、読売新聞(6面)、産経新聞(14面)、東京新聞(15面)の5紙であった。何らかの事情からか、同日の日本経済新聞には掲載されていない。(画像)

 また、博士が「産経」「読売」に電凸した内容も書かれているが、その対応たるや横柄な態度、まったく読者の意見など聞く耳を持たない姿勢がありありと書かれています。



 私たち日本人は、知らない間に「悪意で造られた船」に乗せられて、潮流の激しい海域に彷徨い出してしまったのでしょうか‥。
 少なくても「国籍改正法案」は、公明党が強力に推進していたという記事があるくらいですし、TVでのCMも違和感を感じるようでは、何か一連の流れを肌で感じます。
 そのマスコミの腐敗には、ネットの広がりによる新聞の衰退が以前記事にもなっていましたが、経営難という意味では相当深刻な話が伝わってきています。

 周回する「隼速報」[11/11]様には、

>毎日は給料遅配がでたそうです。広告収入ゼロと、XX新聞のエライサンから聞きました。また、万年購読者は居ても、購読料金(押し紙も入れて)というのは、印刷所の経費にも満たないものだと。毎日の印刷は聖教新聞がやっていると、、、

 書いていましたが、近々倒産などというニュースが聞かれる可能性を、今度三橋氏に分析して頂きたいような‥(笑)
 TVでも、自社番組の宣伝や映画の宣伝が多く、決して以前のような素晴らしい目を引くようなCMは全く見なくなりました。
 あっ、そう言えばコカ・コーラのCMを全く見なくなりましたね。今、気付きました。 トヨタの前経団連会長も、スポンサーを降りるとか云々と記事がありましたが、相当CM収入が激減しているのでしょうか。
 そして今や、時々みかける創価大学のCMやパチンコCMばかりが目立つTVは、末期症状ですか。番組の内容も合わせて魅力など皆無だという感想は、そうした国民無視のアチラ向きで、改善・改革をする気もない企業には当然の成り行きなのかも知れません。

h-line5.gif 


 相変わらずまとまりのないエントリーになりましたが、日本人に備わった「特質」が強ければ強いほど、困難を乗り越えられる「底力」となるのだと思えます。
 だから、決して悲観しないで、このピンチと感じる現在をただうろたえるのではなく、知恵を活かして老若男女が様々な「集合知」を作れたらいいのに、、と夢に描きます。少なくても、そうしたパワーを今回感じました。

 良くも悪くも時代は変わりつつある、その中に居る‥と、

 あなたは感じますか? 




 
いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 






スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/11/20 01:50<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。