welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.11.22(Sat)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

2008年9月29日所信表明

≪日本は強くあらねばならない。
      日本は明るくなければならない≫



h-line1.gif 



umaya_04.gif 

~~≪ひとりごと≫~~



 夕方TVをつけたら、××テレビだった。

 丁度(?)麻生首相のネガキャンに入るところで、ボードを用意し失言や読み間違いなど幾つか箇条書きで示しながら、特に「金融問題」で質問した記者に、“あんたらには‥”と言ったのは許し難いという内容の批判を繰り広げていたのは✖✖子キャスター。

 毎日毎日、まるで「一日一悪口(善)」どころか、連日報道番組枠に入ると繰り広げる悪口雑言は、最早社是?それともカルト宗教のお題目?と思える熱心さ、、、

 しかし、“あんたら”と言ったのは総理総裁で、しかも常に誘導尋問的な、或いは呆れるほど中身のない質問をしつこく繰り返し、鵜の目鷹の目で「失言」を待ち構えているような記者たちに、あんたらと言ったことがそんなに問題だろうか。
 まるで「差別」とか「人権」とかとすぐに言いたがる人達の論理と似ている‥

 麻生首相の著書を読んだり、普段の記者への対応を見ていると、ハッキリとマスコミがまともな報道をしていない機関と認識しているからこそ、そうした当たり前のことを言っているに過ぎない麻生首相。発言の一カ所を切り張りして、そればかりを強調するご都合主義の報道姿勢は、もう既に政治に関心のない友人の間でも相当評判が悪く、いや怒りまで買っているのが現実なのにね。

 それに、“あんたら”と見下されたように感じたことが問題なら、民主党の小沢代表が麻生首相を“あんた”呼ばわり連呼はどうなのよ?!記者が“あんたら”と言われたことと総理総裁が野党の党首に“あんた”呼ばわりされたことでは、問題の大きさがまったく違うでしょ。何故そのことには批判しない(今現在、どこのTVでも聞いていない)で、たかが揚げ足取り記者への“あんたら”批判だけを、挙げ連ねるのでしょうか。
 ‥と言いつつ、叩く・潰す・引き摺り下ろす=いじめ=民主党擁護&支援=政権交代がお望みですからね。よーく分かってますから、問いかけたくもありません。


◆民主審議拒否、突然のトップダウン…現場は混乱
2008年11月19日02時44分  読売新聞(以下、一部引用)

> ◆首相に「あんた」連発◆

 17日の党首会談の出席者によると、会談で小沢氏は首相に向かって「あんた、10月30日に『2次補正を出す』と国民と約束したじゃないか」などと「あんた」を連発し、会談の最後には「じゃあ、そういうことでよろしく頼むよ」と告げたという。



   welcomeライン


 こうしたマスコミ報道に、池田信夫氏は

 


■医師会には社会的常識が欠落している人が多い
「池田信夫blog」[11/20]



 麻生首相の「失言」が次々に問題になっている。きょうは「医者には社会的常識が欠落している人が多い」という発言が槍玉に上がっているが、これは文脈を無視した引用である。

 もとの発言は、朝日新聞によれば、

(医師不足が)これだけ激しくなってくれば、責任はお宅ら(医師)の話ではないですかと。しかも「医者の数を減らせ減らせ、多すぎる」と言ったのはどなたでした、という話を党としても激しく申しあげた記憶がある。

 というもので、これは正論だ。

 小倉秀夫氏も指摘するように、かつて「医師過剰」の是正を繰り返し求めたのは日本医師会出身の議員だった。
 たとえば1993年に参議院文教委員会で、宮崎秀樹議員(当時)は次は、大学の医学部、医科大学の学生定員の問題でございます。これに関しましてはいろいろ定員削減という方向で文部省と厚生省との話し合いができておりまして、一〇%削減、こういう目標を立ててやっているのですが、実際にはそこまでいっていない。
[・・・]
 例えば昭和六十三年には十万対百六十四人だった。これが平成三十七年には三百人になるんです。三百人というのはいかにも医師の数が多過ぎる。
と医学部の定員削減を求めている。宮崎氏は日本医師会の副会長を歴任した。

 実は、私もこのころ医師会に取材して驚いたことがある。カルテの開示について、社会部の記者と一緒に某常任理事にインタビューしたところ、彼は「あなたがたは勉強が足りないから教えてやる」といって演説を始めたのだ。「医者と患者は同格の立場ではない。患者は判断能力がないのだから、カルテなんか見るのは混乱するだけだ。黙って医者のいうことを聞けばいい。医師会は、インフォームド・コンセントなんてまやかしの流行には乗らない」とカメラの前でぶちまくる彼に、われわれは唖然とした。

 私もいろんな職業の人とつきあったが、こんなふうに特権意識丸出しで相手を見下してしゃべるのは、全銀協と医師会だけだった。医師全体がどうかは知らないが、医師会に社会的常識の欠落した人が多いことは間違いない。医師会は官邸に抗議に行く前に、自分たちが過去にどういう政治的圧力をかけてきたのか、思い出したほうがいいのではないか。


 引用が朝日新聞というのも皮肉ですが、「文脈を無視した引用」という以上に、意図的悪用でしょう。管理人は歪曲印象報道、ということで記憶にインプット。


~~ここで、少し脱線~~(^^ゞ

 管理人も人並み以上に医師にはお世話になる身なので、色々な経験があります。いえ、こうしてまだ生きているので「経験」で済んでいますが、実に危なかった事があり、別の病院である程度回復した頃に思い出して、遅まきながら怒りがこみ上げた事があります。

 かなり緊急な状態で病院に運ばれ、検査や医師の診断を受けている時のことです。七転八倒するほどの痛みに耐えながら、お腹を触診されたとき思わず“イタイ!”と叫ぶと、何と言ったと思いますか。

『大袈裟な患者だなぁ~』でした。

 後で聞くと、ただの内科医。高熱と尋常でないお腹の痛みで歩けないほどの患者に向かって、言う言葉でしょうか。事の緊急性がまったく分からないほどのヤブだったらしく、その後外科医や婦長が慌て始める中、一人もじもじとしていたその年配医師の姿はあまりにも場違いで、忘れられません。当然救急車で大きな病院に転送されて緊急手術。後々家族から、もう少し遅かったら手遅れになっていたそうだ…、と聞いた時は本当にゾッとしました。

 まさに医師には「当たり外れ」=「運・不運」があると、実感した経験です。

 その他、大きな病気をするといろいろ医療費の他に出費があります。そうしなければならないシステムになっている場合も多く、それを当然として受け取る偉い医師がいるという現実も、一部の人たちの「既得権益」を支える「システム」だからこそでしょう。これが医療格差になる最も身近な入口のような気がします。

 経済的余裕がなければ、高度な医療を受けるチャンスさえ与えられない‥?

h-line5.gif 

 更に、マスコミの話に戻ると、今回の「国籍法改正案」の報道が新聞は産経が扱う以外に大きく取り上げず、TVでは一度も見かけていないこの現実。

※ その裏事情は、お馴染み「博士の独り言」様が詳しく載せていらしゃいますのでリンクしてご覧下さい。 ⇓

■新聞が報じない「国籍法改正法案」の動向
「博士の独り言:創価『法務委員長か』」[11/21]



 戸井田議員のブログコメントにも、マスコミの報道姿勢に不満と不信感を募らせる読者の声が相次いでいます。ここまであからさまな重要法案改悪を隠匿していては、当然の反応でしょう。
 そうした結果は、「朝日新聞社、初の赤字転落」との報道によりいよいよ新聞社の自然淘汰への時代を感じさせるのですが、これに関して興味深い記事がありました。


◆マードック氏が指摘する「既存メディア衰退の原因」
2008/11/19 08:00 news corp
(以下、一部引用)

 新聞の部数が減少し、事態がますます悪化すると予想されている中、Rupert Murdoch氏は、読者の信頼および忠誠心を失った記者や編集者を振り払うことができれば、業界にはまだ明るい未来があるかもしれないと述べた。

 「わたしは、既存メディアがインターネットに対応する方法についてこう考える。つまり、時代遅れになったかもしれないのは、新聞ではないのだと。
 それはむしろ、読者とのきずなという新聞の最も貴重な財産を忘れている一部の編集者、記者、経営者の方だ」とNews Corp.の会長兼最高経営責任者(CEO)であるMurdoch氏は述べた。

 同氏のこの発言は、Australian Broadcast Corporationが提供している講演番組の一環として行われたものだ。

Rupert Murdoch氏
提供:Dan Farber  MySpaceやWall Street Journalなどを傘下に収めるNews Corp.のMurdoch氏は、一部のニュース編集室での「自己満足と恩着せがましさ」の風潮を批判した。

 「自己満足の原因は独占を謳歌(おうか)していたことで、今になって、かつて当たり前のように獲得していた読者を得るために競り勝たなければならないことを知ったということだ。それよりもさらに大きい問題は、多くの編集者や記者、経営者が読者に示す恩着せがましさだ。顧客を軽蔑していたら、いつかなかなか商品を買ってもらえないときがくるのは、誰にでもわかる。新聞も例外ではない」(Murdoch氏)



 この後Murdoch氏は、それでも「新聞が読者に信頼できるニュースを提供できれば」今でも発行部数を伸ばすことができる、と述べているのですが、日本の場合は事情が違います。最近では一般の無関心層でさえ、“何処の国の報道機関?”と思えるという『反日』報道一色で、「歴史認識」の自虐史観押し付け、国益・国際貢献に繋がる内容や国の安全保障等には「守る」より「守らない」論調で統一されていることから見れば、今後「信頼できるニュース」が配信されると、期待できる要素は感じません。

 その上、日刊ゲンダイが昨日掲載したこの記事。

◆ネットユーザーが右傾化するワケ
2008/11/21 10:00 日刊現代
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-05019007/1.htm

==引用開始==
(前略)

それにしたってこの右傾化は何なのか。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。

「いわゆる“ネット右翼”がはびこるようになったのは、02年のワールドカップ以降です。愛国心に火がついた連中がわあわあ騒いだ。彼らはネットで自分の意見に近い考えや情報を探すため、“みんな同じ意見だ”と自家中毒的に思想が凝り固まる。その結果、どんどん過激化していったのです。ただ、ネット右翼は相対的には減少傾向。04年あたりから40代以上のネットユーザーが急増しているので、薄まってきています」

 一部の人間が大騒ぎしているだけか。

==引用終了==

 と、相変わらずな負け惜しみ的内容に思えるのですが、
 前出の「既存メディア衰退の原因」、Murcodh氏の指摘に少し耳を傾けてみたら如何‥?と老婆心ながら思います。

(前略)
インターネットでは、編集者が無視したかもしれない出来事に関する多くの情報源にアクセスできる。そして、それに満足できなければ、自分のブログを立ち上げて、自分でそのニュースを取り上げ、コメントすることができる。ジャーナリストは、自身は番人であると思いがちだが、一般の人々が彼らに説明を求めても、必ずしもきちんと対応してきたとは限らない」(Murdoch氏)

 主張の一環として、Murdoch氏は、CBS Newsの元キャスターであったDan Rather氏による、Bush米大統領が州兵時代に兵役を逃れたとする「60 Minutes」の報道のうそをブロガーが暴いたときのメディアの反応を批判した。

 2/2

 「既存メディアは、この市民ジャーナリズムを称賛するどころか、抗戦の構えを取った。Fox Newsに出演したCBS Newsの幹部は、歴史に残るだろうごう慢な発言で、ブロガーを攻撃した。

同氏は、『60 Minutes』は『何重にも抑制と均衡』が施されたプロの組織だと述べる一方、ブロガーは『パジャマを着て居間でくつろぎながら記事を書いているやつ』だとはねつけた。しかし、最後には、パジャマ姿でくつろいでいる人物によって、Rather氏とそのプロデューサーは辞任に追い込まれた」(Murdoch氏)

 (後略)



 検索すると、このゲンダイの記事は既に2chで取り上げていました。

 果たして中身は‥?と、少々興味を引きます。







いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 







 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/11/22 07:27<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。