FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.11.24(Mon)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー


≪日本は強くあらねばならない。
     日本は明るくなければならない≫

 2008年9月29日所信表明


h-line1.gif 

 〈まえがき〉にするには重いニュースなのですが、1点だけどうしても拭えない違和感があります。
 それは、砂場に置いた磁石に砂鉄が吸いつくようにして知り得る情報から「点」と「点」が結び付き、形として浮かび上がるようなモノを感じます。
 それが何なのか‥と、言及出来るほどの知識も見識もありませんが、本能的なものにプラスされた情報、そして過去の出来事を記憶することによって、その「差」=「違和感」として認識することは、決して無駄ではないでしょう。
 例え取り越し苦労でも、常にアンテナを受信可能な状態に保ち、得る情報を精査管理する 能力を磨くのは、ある意味「防衛本能」或いは、危機意識を備え持つという点では大切な感性だと思えます。

 ちょっと大袈裟な言い回しになりました。m(__)mペコ


◆【元厚生次官ら連続殺傷】なぜ2人を狙った?不可解な動機「職員録を閲覧」とも供述
2008/11/24 01:18 msn産経

(以下、一部引用)

(前略)
今後の捜査では、小泉毅(たけし)容疑者(46)が2人の元厚生事務次官を狙った動機の解明が最大の焦点となる。「昔、保健所にペットを殺されて腹が立った」と供述しているが、なぜ多くの次官経験者の中から2人を狙ったのか、その理由は見えてこない。2人は在省当時、保健所業務に携わったことがなく、「元厚生次官なら誰でも」といった“無差別殺傷”の可能性を指摘する警察幹部や、「年金問題が引き金になったのでは」という心理学者の声もある。
(後略)




 この事件は、何故か当初からマスゴミが一列に「テロ」と決め付けた報道でした。厚生省の元次官、それも「年金スペシャリスト」が狙われたから、即「テロ」という騒ぎ方にまずかなりの違和感。

 どこかの書き込みに、思いっきり関心を引くコメントがありました。うっかりメモせず時間が経過して、そのソースを探せないのが残念ですが、確かこうした内容でした。

~~**

 この事件で、小学校の先生が言った言葉を思い出した。

 マスコミが騒いでいたら、注意しなさい。
 それはきっと、私たちには良くない事が裏側で行われている時だから、気を引き締めて、決してマスコミに乗せられてはいけない。表に出てこない事に気を付けなさい。


**~~

 …今月に入り、米国大統領選や小室哲哉の逮捕一色のニュースの水面下では、婚姻要件を削除した「国籍法改正案」が4日に閣議決定され、5日には国会に提出されました。
 その後、前航空幕僚長田母神空将の「論文」問題で大騒ぎとなり、政治ブログの上位もこの「田母神論文」で一色に染まっていた時期があります。
 管理人がこの「国籍法改正案」の危険性を知ってなお、徐々に取り上げるようになるには数日間のタイムログがありました。

 話を「厚労省次官殺傷事件」に戻します。
 容疑者出頭の際の数々の疑問は置いておいても、管理人が最も違和感を感じたのが、警察庁から出てくる時の様子です。

 待ち構えている報道陣が浴びせるフラッシュの嵐を前に、建物の中から(例えとしては不適切でしょうが)正々堂々と素顔を晒して出てきた小泉容疑者。それを周囲を取り囲む捜査官たちが誰一人カバーしようともせず、誰の手にも顔を隠すために用意されたジャンバーや上着などを持っている様子はありません。いいえ、始めから隠そうとする意思がまったくあるようには思えない晒し方に、強い違和感を禁じ得ませんでした。

 近年、こうした殺人事件だけでなく、些細な事件であっても容疑者の人権重視で必ずジャケットや上着などで顔を隠させてきたのが、警察ではなかったでしょうか。本人が例え拒否しても、逆にどうしてそこまで庇うか?と疑問に感じるほど無理矢理にでも顔をマスコミに晒すことを避け続けてきたはずです。少年の事件では、特に神経質なほどブルーシートで覆い、目隠しに躍起になっていた警察でした。

 それが、今回の事件に限って(記憶にある限り、他に覚えがありません)何故、あのようにあからさまに「晒し者」にしたのか?が、理解出来ないでいます。
 プラス、証拠品一切を用意しての出頭と動機の曖昧さ、不合理性…。何かの〈すじがき〉に沿って動いていながら、しかしB級映画のお粗末さを露呈するような支離滅裂なストーリー展開、に似た印象を持つのは「サスペンスドラマ」の見過ぎ?!
 その後の推理、邪推は個人個人のお楽しみということで、以上にしておきます。


   welcomeライン 


矢印↓  突然ですが、下の絵をご覧下さい。(管理人作成)



図1

イメージa 


 これは、一枚の用紙に書かれた図が半分隠された様子です。


質問:
この黒で隠された部分を想像して、この絵がどんな形をしていると思いますか?



多分多くの方が「357」を想像されたと思うのですが、果たしてそうでしょうか。

もしかしたら、





図2
イメージb 

こんな形かも知れませんし、或いは





図3

イメージc 

こんな形が隠れていたかも知れない‥とは、なかなか想像しにくいものです。

何故なら、図1を見る限りでは、赤い半円の延長には円であることが最も素直に想像しやすいからです。


 では、テレビや新聞の情報は、どうでしょうか?

 前回も触れた麻生首相への捏造・歪曲批判は、そうした左巻きマスコミの「高級ホテル通いの首相は庶民感覚ゼロ」「失言が多い」「漢字もろくに読めない」etc.と報じれば、大多数の(注意していない)読者・視聴者は、当たり前のように半円を357と見るように、「そうなんだぁ~」「まったくだ」と思うでしょう。

 メディアの効果は、スポットライトのように極一部分(意図的)に光を当てただけの記事(ニュース)を流せば、あとはそれを見た人が「勝手に判断」します。
 しかしそれは、抜き出した部分、スポットライトを当てる部分が違えば、伝わるものが全く違ってきます。

 問題となった「田母神論文」でも、“あの論文は正しい”と報じれば、そうなんだ‥と押し付けられてきた自虐史観の誤りに気付き、捏造された歴史教育や反日外国からの執拗な反省と謝罪を求める抗議が如何に理不尽であるかを、知る人が増えてくるはずです。

 だから、そうしない…。そして、麻生首相を応援するマスコミが全くない現実や、くだらない事件や芸能人のゴシップ記事に大騒ぎをして煽り続ける報道は、一体誰が得をし、誰が望むことでしょうか? 
 何か事が起こるときには、結果から利益を得る存在がある、と考えるのは常識ですが、一欠けらの疑問も持たないで受け取るのは危険です。

 最近、都内に猿が出没して話題になりました。
 これが、地方の猿の生息地なら当たり前のことですから、ニュースにはなりません。しかし、少し離れた人里ならどうでしょうか?

[人間の言い分]
●猿が人家近くに出没しました!

 でも、その地域は数年前までは猿が住む森でした。

[猿の言い分]
●猿の里に、人間が出没しました!

 と、このくらい立場が異なると違ってきます。

h-line5.gif 

まとめ

1.情報の受け取り方 88 事実か印象かをよく吟味する。

2.1つの見方に偏らない  88  立場を変えて見るとどうなる?

3.隠れたものを探す 141 ニュースは元々特別なことにスポットライトを当て
               て伝える。
              141 スポットライトの周りの闇を見る
              141 普段起きている事でも、ニュースになるからそれ
               ばかりのように思える。

4.結論を即断しないこと 88 保留する
61情報を鵜呑みにすると、例えばバッシングなどで「加害者」となる場合がある。

※面白い事に、記者はそんなに知識があるわけではないので、「審議」することはできない、と言っていました。

1この内容は、某番組を見たメモ書きからの引用で、なるべくメモ通りの内容にしたつもりですが、付け加えた部分もあり、多少管理人のフィルターがかかっているかも知れません(笑)
又、この講師を務めた方は元○×テレビのアナウンサーでした。

----------
メディア・リテラシー:wikipedia

情報メディアらを主体的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。情報を処理する能力や情報を発信する能力


 つまり、一時情報といえども、必ず何らかのフィルターを通ってきているものであり、まったく方向性を持たない情報は無いという事である。
 また、表現者の編集次第では、情報を意図的に改変・誇張して発信する(情報操作)事により受信者(聞き手、読者、視聴者、世論等)の考えを一定方向に誘導することもできる。 



山本七平著「ある異常体験者の偏見」
(洗脳された日本原住民)

---●●
 国家という「運命共同体」そのものに敵対してこれを根底から破壊するもの、ないしはそう誤解されたり、そういう印象を与えたりするものは、はっきり自覚しなくても本能的に拒否するようになる--●●



 


 
いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 






スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/11/24 23:20<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。