FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.12.09(Tue)

xw1.gif

       メリークリスマス!麻生首相


 

               麻生太郎 


01116mx2.gif 

                                   xmasbell1as.gif

≪お知らせ≫

(以下、転載)

「メリークリスマス!麻生首相」祭り開催中

捏造ミスリードやり放題のマスコミには決して騙されず、麻生首相を支持している国民が多数であることを、FAXで首相本人に伝えましょう!!

期間:2008年12月8日~2008年12月25日まで

FAX送信先:麻生太郎総理大臣 国会事務所 FAX:03-3501-7528

内容:以下を参考にして下さい。(今回もテンプレ無しです)
 ■「メリークリスマス」の文字を必ず入れて下さい
 ■麻生首相への応援メッセージは、可能な限り自分の言葉で、自分の状況に則して書きましょう。
 ■できれば、実名+都道府県名を入れて下さい
 ■手書きであれば、なおベストです
※先方に迷惑にならないように、一人一枚に限定しましょう。
※パソコンからFAXを送る場合は
http://www.gon-net.jp/windows/xp/fax/fax.htm をご利用ください。

 また、麻生首相への応援FAXと合わせて、以下の【麻生首相の講演詳報】を掲載してくれた産経新聞に、感謝のメッセージを送りたいと思います。
 送付先:産経新聞「記事に対するご意見・ご要望」
 読者サービス室 東京
u-service@sankei.co.jp
 読者サービス室 大阪
o-dokusha@sankei-net.co.jp

『【麻生首相の講演詳報】(1)「当時、不景気なんて書いた新聞なかった」(6日夜、長崎県諫早市)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081207/plc0812070039001-n1.htm
『【麻生首相の講演詳報】(2)「欧米は日本の話を聞いた方がいい」(6日夜、長崎県諫早市)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081207/plc0812070041002-n1.htm
『【麻生首相の講演詳報】(3)「記者が定額給付金もらうのおかしい」(6日夜、長崎県諫早市)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081207/plc0812070056003-n1.htm』 
『【麻生首相の講演詳報】(4)「われわれには技術のネタがある」(6日夜、長崎県諫早市)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081207/plc0812070057004-n1.htm
『【麻生首相の講演詳報】(5)完「日本に生まれてよかったと思える国にしたい」(6日夜、長崎県諫早市)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081207/plc0812070111005-n1.htm


 実際のところ、もしも上記産経新聞の講演詳報無しで、以下の読売の記事だけを読んでいたと思うと、心底からゾッとします。

「さもしく1万2千円欲しい人も…」定額給付金で首相発言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081207-OYT1T00088.htm

 講演の詳細については全く触れず、一部分だけを殊更に政治的意図をもって取り上げるなど、公器たる報道機関に許される行為ではありません。
 読売新聞への「お問い合わせ」は、以下のリンク先から。
 https://app.yomiuri.co.jp/form/

 なお、本エントリーは「転載可」とさせて頂きます。


詳しくは、「新世紀のビックブラザーへblog」様
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/21288749.html



 ここは、直ぐに麻生首相支持と分かる手造りバーナー付き。
 正々堂々と、応援させていただいております。...と言っても、自民党員でもありませんし、ただのオバサンの自己主張&自己満足に過ぎないのですが、自分なりにこの状況下で--国をお任せするに(総裁選候補者の中から)相応しい--と思った方が麻生太郎氏でした。それは著書やこれまでの言動から伝わる、政治信条によるものです。また、これまでとは大きく異なり、この数年に知った・見た国の状況を考慮すれば、只の印象や好き・嫌いで支持・不支持を選べないことは、ここにおいで下さる方にはお分かりかと思います。

 以前にも書きましたが、どなたが総理総裁になっても100%など望みようもないのです。なら、決して「平和」とは言えないこの状況下においての最低基準は、国を正しく導き、国民を守るべく「愛国心」のある方以外には考えられない、という単純明快な選択です。
 それでも外交というせめぎ合いの中で、しかも、過去からの愚策、負の遺産を引き摺ってきた日本政府が、その負の部分をより積み上げるのではなく、踏み止まり、これ以上主権を奪われないための努力をするだけでも、容易ではないと考えています。ですから、あれもダメ、これもイヤだと言う狭き門のぎゅうぎゅうな評価はできないと思って来ました。

 車のハンドルにもある余裕と同じ意味で、拙速な外交姿勢はあまりにも危険、リスクが大き過ぎるとの思いがしていました。そして過去記事の中で、山岳登山に例えれば“まだ、登山道にも立てない”パーティを支えるスポンサー探しの段階だ、とも書きました。
 しかし、期待を込めて勝手に名付けるなら、「日本再生」という麻生パーティーは、国民というスポンサーの支持が、本当に無いのでしょうか?
 しかも、パーティーに参加する者の中から、団結して命懸けの山頂を目指すための結束さえ誓えない脱落者まで、出てきそうです。

 山頂に日の丸を掲げる夢と希望をもって挑む厳しい登山には、死をも覚悟する強い信念がなければ挑めるはずもなく、また互いの信頼関係が必要不可欠なはずですが、命綱を互いに結び合うには不適任な隊員でしょう。

 そして、相変わらず悪天候がまったく納まりません。

 このような現状の中でも、夢と希望を絶やすことなく持ち続けるには、どうしたらいいのでしょう。。。
 それは、準備を怠らないことです。いつの日か登山口に立ち、一歩踏み出すその日まで、着々と抜かりなく準備を進めながら希望を、夢を、可能性を膨らませることで期待を確信に変えて、スポンサーを増やすことがその日を確実に早め、現実のものにするはずです。

 そして、登山隊が山頂を一日も早く目指せるように、夢と希望を共有する者たちが、厳しい登山に向かう隊員たちを応援することが、最も力強い支援になるのでは...と、山岳登山の何一つをも知らない管理人が例えてみました。従って、説得力はないでしょうねぇ。。。430356

 でも、付け加えるなら、他のパーティーでは「日の丸」ではなく違う外国の国旗を掲げるかも‥?は、御免蒙ります。
 
h-line1.gif 


 さて、もうお読みになった方も多いでしょうが、上記の産経新聞(1)~(5)までそれぞれが2~4頁と長い記事でしたが、何故かスンナリ読める、良い記事だと思いました。
 ただ単に、麻生首相の発言を文字に起こしたものですから、それは目の前の「事実」を伝える、というメディアの基本的役割を果たしているに過ぎません。

 それだけで、いえ、その方が(多少話し言葉ですから、重複して読みにくい点もありますが)麻生首相の生の声が伝わり、内容も充分に理解出来きて、機会があったら是非直接聞いてみたいと思う講演内容だと思います。
 

 新聞記事は、これで良いはずです。

 読者は起こった事実を知りたいだけで、新聞社独自の意見や思想を聞きたいわけではないのだと思いますが、違うでしょうか。
 また、社説やコラム欄を別に設けているのですから、一般記事を操作するのは如何なものでしょう。。。と言っても、昔からという社もありますし。
 
 事実に対して意見を持ち、判断するのは本来読者自身のはずです。

 ところが、上記に引用してある読売新聞の見出しで分かるように、「失言」と「酷い首相」を印象付ける為だけの一部分に、強烈なスポットライトを当てた見出しになっており、それが読売新聞が伝えたいこと、なのでしょう。前後も他の発言も、どうでもいいようです。

 しかし、これほどの量を全文載せて下さった産経新聞社には、感謝したいと思います。阿比留記者の記事も、時々ボツになるとボヤキが聞こえる時もありますが、載せる載せないの判断をする方(編集長?)の良識が、ハッキリと分かるものだという事を最近知るようになりました。それは公器としての存在意義を全うするマスコミであり続けるのかorただの○×系企業なのか、の差なのだと思うに至っています。

 

 でも、この記事だけを読んでいる購買者は。。。?

 どうりで、支持率も下がるはずです。



   110806hn2.gif 

kuchipaka9.gif f_balloon27.gif   …じゃぁ、ないの.......申し訳ありません。

 管理人は、また持病が悪化しているようで体調がよくありません。
 残念ですが、今後、更新がしばらく途絶えることも可能性としては考えられますので、一言先に、〈おことわり〉をさせていただきたいと思います。

 でも、可能な限り更新できるよう気持は前向き、身体は置いてきぼり263?な管理人…。また、お会いできる日まで、と言っておきながら明日更新したら、怒ります?(^^ゞヘヘヘ



 

いつも応援、ありがとうございます。



banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 


 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/12/09 10:31<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。