FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.01.11(Sun)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif 


 覚えていらっしゃいますか?
 
 一昨年(07年)、『おにぎりが食べたい‥』と書き残して、生活保護を打ち切られた男性が餓死した事件を──。

■TBS NEWS i
「派遣村」の人たちに生活保護手当--動画付き

(以下、引用)

 年越し派遣村に集まった元派遣労働者らに対して、生活保護手当の支給が始まりました。申請からわずか3日、異例の速さでの対応です。

 東京・千代田区役所では、今週月曜日に生活保護申請を出した元派遣労働者らが再び面接に訪れ、審査の降りた人には直接、生活保護手当が現金で支給されました。

 生活保護認定の審査には通常、1週間から2週間ほどかかりますが、千代田区では今回、申請から3日後に支給するという異例の対応をとりました。

 派遣村にいた人の中で200人あまりの人が生活保護の申請をしていますが、千代田区では9日までに全員の手続きを終えることにしています。(08日19:17)


【関連お勧めブログ】

■申請者全員に生活保護
「博士の独り言」様[1/10]

矢印上 この件についても紙新聞各社の切りぬきを掲載。厳しく検証しています。
 是非、ご覧下さい。


 管理人が知る限り、不思議に思えるほど異例中の異例な対応。。。
 これから最も寒さが厳しくなる季節ですから、人道的に言えば住む家のない人を保護することは、吝かではありません。というより、例え派遣ではなく、実質日雇労働者やホームレス対策であっても、こうしてやれるならもっと早く行うべきだったとさえ思えます。

 なのに、何故今回ばかりはできたのか? が大いに疑問です。

 前回のエントリーにある、勝谷氏の言うところの『強訴』に押し切られた結果の付け焼刃だとしたら、情けなささえ感じる管理人。

※「強訴」:徒党を組んで訴えること。

 しかし、過去の報道から感じたホームレス対策の難しさは、本人の意思でその生活を選んでいる人がいる、ということでした。怪しい記憶ながら、都が用意した一時避難所にさえプライバシーがない、規制が厳しい(タバコ・飲酒の禁止など)、期間が短いなどと言って入居を拒否し、路上生活を続ける人も多かったと記憶します。
 時々テレビ番組で、ホームレスの追跡取材を流すことがありますが、空き缶や雑誌を集めて生活資金を得ることには熱心で、十分に働ける体力・気力がありながら、何故パートでもアルバイトでも職について普通の暮らしが営めないのかと、疑問に思った事があります。青テントの中でも、器用に快適な生活空間を作っている人、同じ境遇で知り合い夫婦同然に暮らしている人等など、違法であることを無視しても、それなりの環境に適応した様々な暮らしがあることが窺えるからでした。そして受けた印象は、決してその暮らしに悲観的ではない人もいるということです。勿論、路上生活者の全てではなく、一部を切り取っての取材ですから全体への感想ではありません。寧ろ取材されない人の悲惨さは、伝えられないものなのでしょう。

 そして、この「派遣村」騒動が、背景にいる政党や団体に利用されたものであっても、それとは別に、そしてこれまでの暮らしがどうであろうと、これを機に再出発への道をきちんと切り開き、自立できるよう是非とも頑張っていただかなければなりません。
 こうした特例のチャンスがそう多く廻って来ないことを肝に銘じ、前述した「生活保護」を受けられずに餓死した男性の無念と比べても、その幸運を活かすべく努力をしなければならないと、心していただきたい。そう、思わずにはいられません‥。

 多分、我々の年代の者の多くは「生活保護」を受けるという観念は、無いに等しいほど最後の最後の手段という認識でいるはずです。
 それが、日本人が当たり前のように持っていた「矜持」だからです。

 数年前、知人は重い病を患い働けなくなると、それまで暮らしてきた家屋敷を処分しました。長いスパンで見れば、嵩む医療費と生活の全てを、まだ若い子供たちに依存することはできないと判断したからです。そうやって、自己責任で自分の生活はやりくりしながら維持する責任があるからです。そうした財産が無い人は、「生活保護」を受ける前に、行政側から家族が負うようにと指導されるのではなかったでしょうか。不確かな知識ですが、それくらい厳しい審査だと思っていました。

 現代は、頑張って働き、ささやかな財産を築いてきた者より、何も持たない(矜持も含めて)ことを選んだ者の方が、「楽」をして「得」をする時代のようにさえ感じます。

※「矜持」:自分の能力を信じていだく誇り。プライド。

h-line5.gif 


奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、
驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。

そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。
そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。

過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、
奴隷になっても決してその精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、
あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を 血祭りにあげた。

現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに気付いてすらいない。
それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの 唯一の誇りを見い出しさえしている。

          (by リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)

  

 

いつも応援、ありがとうございます。



banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 



スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/01/11 08:57<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。