welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.01.12(Mon)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif 



◆「ネットが情報源」テレ朝番組、実はスタッフがブログ自作
1月12日3時13分配信 読売新聞


 テレビ朝日系で10日に放送された情報バラエティー番組の中で、「インターネット上で流れている情報」として紹介されたブログが、実際は番組制作スタッフが作成したものだったことが11日、わかった。

 この番組は、テレビ朝日制作で10日午後7時から放送された「情報整理バラエティー ウソバスター!」。

 一般に流れる様々な情報の真偽を検証し、クイズ形式にした内容で、「NEWSの語源は英語の東西南北の頭文字」「干支(えと)のイノシシは、中国や韓国ではブタ」「サケとシャケの違いは加工の有無」などと書かれた六つの雑学ブログが、出題のネタ元として画面付きで紹介された。

 しかし、番組終了後に、これらのブログをインターネットで見た視聴者が、いずれも同じ昨年12月10日に作成されていることに気づいて「あまりにも不自然」と指摘。同社も番組スタッフが撮影用に作ったブログであることを認めた。

 同社広報部では、「実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったので、同じ情報を元にスタッフが『再現』した。そのことをテロップやナレーションで伝えるべきだった。視聴者に誤解を与えかねない表現となり、申し訳ない」としている。 

最終更新:1月12日3時13分



 kuchipaka9.gif ハイ、ハイ... この番組は、チャンネルを切り替えたほんの僅かな時間だけ見たような気がしますが、最近はテレビをつけてもチャンネルを一周してオ・ワ・リが多い我が家。
 それにしても、学習能力がないといいますか、ほとほと「ヤラセ」「捏造」体質が染み付いてしまったようで、常識的線引き・モラルの程度が限りなく低い位置にあるような気がします。
 ネタ元ブログを捏造して演出しなくては、安直な情報取得で自信がないからこそ、先に視聴者からの指摘・苦情・批判の矛先を用意するような、姑息な避難路確保、責任回避策?
 それも、『撮影許可が下りない⇒ン、なら似たブログを作っちゃおう』..の発想は、『お金が足りない⇒ン、なら刷っちゃおう!』 という低度と、少しも変わりないような気がする管理人。
 でも、お金を刷ることは重罪ですから普通の人はやりません。ところが、捏造・歪曲・偏向放送はこれまでお咎めがなかったためやり放題で、好きなように都合よく放送──、だったのかも?
 しかし、すぐにバレるような詰めの甘い捏造とは云え、直ぐに気付いたネットユーザーは流石! 指摘したのもGJ 314でお手柄でしたネ。
 それだけに、見ない! と宣言できないところがあるわけで‥複雑デス。


 これに関連して、昨年の三橋氏のブログで、 その通り~424パチパチ と思うエントリーがありました。
 少し、引用します。


「「新世紀のビックブラザーへblog」[08/12/29]



〈誰が給料を払ってくれるのか?〉

東京新聞:インサイダーにあぜん『この1年を振り返る』記者座談会[08/12/28]

を引用し、

NHK職員の不祥事続き、民放のCM収入減少で業績悪化し、番組にも経営引き締めの影響が…。

▶大物司会者の番組激減⇒ギャラの高い大物司会者の番組が激減
▶民放の経営悪化⇒日テレ、テレ東が赤字に転落
▶上半期ゴールデンタイムの視聴率で、NHKに敗北⇒北京五輪のせいにしているが、高々平均10.7%のイベントが2週間あっただけで、6か月平均の視聴率が敗北するのでは、言い訳になっていない。単にテレビの視聴者数が減少しただけのような気がする、と。
▶完全デジタル化の投資負担が莫大⇒アナログ放送終了により、視聴者のおよそ3分の1がテレビを見なくなると予想される。

> 特にデジタル化で「視聴者について受信機単位で把握できるようになる」というのは大きく、何台がCMを見たかが把握でき、CMを打った企業はテレビ局に数値を求め、その数値と売り上げ推移を比較することで、テレビ局や番組をスクリーニングしていくでしょう。

 そして、ある大手新聞社の方の話として、「大手新聞社で働く記者は、--誰が給料を払ってくれているのかが分かっていない--」と指摘していたと書かれています。要は、給料は会社が払ってくれるもので、自分たちはそういった心配をしないで「民衆を啓蒙」し、「世論を誘導」することが仕事と思っているとのこと。その上、経営者さえ「給料は会社が払ってくれる」と思っている...から始末が悪い。

>もちろん、会社が給料を払ってくれるなどという事は有り得ず、実際に払ってくれるのは購読者である一般の日本人であり、広告を出してくれる企業な分けです。その点を勘違いしているので、現在の「日本ダメポ論キャンペーン展開⇒経済萎縮⇒スポンサーが広告を減らし、購読者が減り、新聞社が経営危機に陥る」という、バカバカしい自業自得に陥っているとの、管理人でさえ理解できる解りやすいご指摘でした。



 基本的に何にでも通じる事だと思うのですが、上ばかりを見て現状に不満を持つばかりで、どんなにささやかでも今のこの位置にいることへの感謝や満足が出来ない人は、持っているものの存在や価値を忘れてしまっている事が多いように思います。恵まれている方なら、尚更に思えます。

 一般会社員より高額な収入を得ながら、その収入の源である読者や視聴者の存在を軽視・無視・バカにした記事を書き、くだらない番組や偏向報道を流し続けていれば、ソッポを向かれて当然です。視聴率の出ない番組ならスポンサーが付かないのも、自業自得。
 以前も書きましたが、早朝からお行儀悪く立って食べ、口に頬張ったままモグモグと喋って平然としているのがプロの局アナですから、苦情や批判をされる以前の非常識の類でしょう。何時からカメラの前で、休憩室のような醜態を晒せるほど、無神経・非常識が恒常化したのでしょう。

 それも、近年そうした食べ物関係の番組が多く、ただギャラの高いタレントの豪華な食事風景や、大食いの素人が汚く料理を食べてみせるだけの内容で、本当に視聴率などはじき出せると思っているのか、と疑います。

 要するに、芸能界とテレビ局が、普段接待や私的に有名店で飲み食いする場所をスタジオにして、局の製作費で飲み食いを楽しんでいる様子を番組にしただけの事。見る価値など全く感じません。

 それ以上に、以前から感じていたことの一つに、不況で生活が苦しい庶民。支那産毒ギョウザ事件で食品の安全に神経を使う庶民は、しかし、安全で美味しい国産の食品では割高で、家計が厳しく苦労している人も多いでしょう。況してや、100g何千円もする高級牛肉やクロマグロの刺身などに、そう手が出る筈もない庶民が見るテレビで、まるで見せつけるようにやることだろうか....と。
 邪推すれば、これを意図して放送しているなら、それは視聴者に向けた勝者(と思っている者)の奢りと悪意とさえ疑えます。
 食の細い、その上年相応にしつこい食事は摂らない管理人でさえそう思えるのですから、若い食べ盛りの視聴者が見たらどう思うかは、周辺の者の声に表れています。誰一人快くなど思っていないのが、管理人の知る限りの狭~い範囲の共通意見でした。

h-line5.gif 

 ここで、長くなってしまったので関連記事の一部をご紹介しておきます。

◆日本のテレビにはアホバカ番組が氾濫する
2009/1/12 10:00 日刊ゲンダイ
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gendai-07026620/1.htm

テレビがますますとんでもない状態になりそうだ。

 5日、昨年の大みそかに行われたNHK「紅白歌合戦」の歌手別視聴率が発表された。トップはおバカ6人組ユニット「羞恥心with Pabo」で、瞬間最高視聴率47.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)をたたき出した。

「羞恥心」はフジテレビの「クイズ!ヘキサゴンII」でトンチンカンな解答を連発する上地雄輔、つるの剛士、野久保直樹の3人を集めたユニット。おバカブームの牽引車である。

(中略)

●“作るアホウに見るアホウ”

(中略)

「テレビのモラルが狂ってしまっている」と、放送ジャーナリストの伊勢暁史氏はこう嘆く。

「民放でバカ騒ぎしているだけのタレントが紅白に出場したことすら疑問なのに、彼らがトップの視聴率をマークしたんですからね。出す方も出す方ですが、支持している視聴者のレベルも推して知るべし。また、“おバカ”がNHKからお墨付きをもらったことで、民放では“何でもあり”のくだらない番組がさらに増える可能性もあります。まともな視聴者にとっては見る番組が減っていく一方だし、テレビ離れがさらに加速する危険もありますよ」

 テレビのない国に行くしかないか。


~~


 一言.....
 最後のこの愚痴は、反対ですよ。ゲンダイさんww





 

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 


スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/01/12 22:22<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。