welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.01.25(Sun)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif 



「富士山╱フリー素材」様より、お借りしました。
こんなに素敵な写真を太っ腹でご提供いただき、感謝です345


 いつ見ても、心を洗われるような気持にさせてくれる「富士」のお山。
 どこからみても神々しく、その気高さを象徴するような凛とした姿は、長く日本人に愛され誇りとされてきました。昔も今も、多くの日本人はその気持ちに変わりはないでしょう。

 それは、自然の全てを神とし、敬い、大切に、そして恐れ、共存のための努力と慈しみを忘れずに守り続けてきた先人たちから受け継ぐ、日本人ならではの“こころ”の原点だとも思います。
 私たちの美しい日本──。この国が大好きです。
 そして、この国の民として生まれたということだけでも、
 “幸運!”と思えるしあわせに、感謝…。


~~

 今朝は殊の外、空気が冷たく感じました。
 ピ~ンと張りつめたような静けさを打ち破るように、家人がつけたテレビから音声が流れ、以前はよく観ていた番組が今朝も「独断と偏向」のコメントを吐き続けています。

 フッと目をやると、澄み渡る空気の中にくっきりと浮かんでいる富士山を、カメラがとらえていました。出演者たちも美しい富士の姿に一瞬顔を和ませながら、しかし、その画面を背景にして発せられる言葉は、不釣り合いな日本を貶める言葉の羅列。


 “なんて、哀れな人たちでしょう‥”

 思わず知れず、そう感じていた日曜日の朝の一時──。


   welcomeライン


 昨日エントリーをアップした直後に、地団太を踏む思いをしました。
 それは、エントリーに関連するこの記事だっただけに、
 気付かなかった自分の迂闊さに、ジタバタ (ーー;)~*

◆留学生の在留期間延長へ 法務省、「30万人計画」達成めざす
2009/1/23 17:01 日経ネット


 法務省は23日、現在は最長2年となっている外国人留学生の在留期間を延長する方針を決めた。卒業後に就職活動できる期間も長くするとともに、「留学」と「就学」に分かれている資格も一本化し、留学生の負担を減らす。今国会に提出する出入国管理・難民認定法の改正案に反映させる。

 政府が掲げる2020年度までに留学生を30万人に増やす計画の実現に向けた措置。法相の私的懇談会「出入国管理政策懇談会」(座長=木村孟大学評価・学位授与機構長)の提言を受けた。

 「留学」の在留期間は現在は「2年または1年」と定められており、外国人留学生が4年制の大学に入学した場合、在学中に在留資格を更新する必要があるため、期間を延長し、負担を減らす。具体的な期間は今後検討する。(23日 17:01)

 

 1983年、時の中曽根首相は21世紀初頭までに「留学生10万人計画」を「国際公約」として打ち出した。しかし1999年には5万人程度であることから、2000年に入国審査の簡素化。

 又当時の文部省は、留学生向けの奨学金の増加と留学生全員の授業料の3割減免、2000年~2001年の2年間、外国から直接入学した留学生に対し、留学生支援奨学一時金として15万円の支給などの奨励措置を取る。

 その結果、3年間で一気に約4万5000人も急増した。現在10万人以上のアジアからの留学生の内、6割以上が中華人民共和国からだという。

 そして、その結果が現在にある。



otemo_08.gif f_balloon20.gif
 不思議です。管理人には、どうしても理解も納得もできない事ばかりです。
 ‥というのは、少しブリっ子(⇐もう古いの?)ですけど、やはり解らないものは解らないと素直な性格です。(^^ゞヘヘ

 だって、日本の大学生の内定が

◆内定取り消し753人に 大卒予定者
2009/1/23 13:00 msn産経


 大学や短大を今春卒業予定で企業などから内定を取り消された学生は、5日現在で753人(283校)に及ぶことが23日、文部科学省の調査で分かった。このうち397人が就職活動中。厚生労働省が昨年12月19日時点で全国のハローワークなどを通じてまとめた調査では、内定取り消しは632人となっており、ほぼ半月の間に状況は一層悪化したことになる。

 今回の調査は国公立、私立の大学、短大、高等専門学校計1235校が対象で、うち1190校(約96%)が回答した。

 753人の内訳は、大学732人、短大16人、高専5人。このうち、内定取り消しが解消されたのは41人、企業との示談に応じたのは345人、未解決は201人だった。

 取り消し後の状況では、就職活動中の397人のほか、269人が他の企業などから内定を受け、33人が留年予定。大学院進学や進路未定の学生は54人。

 このほか、内定は取り消されなかったものの、企業から採用に関する何らかの連絡を受けた学生が456人いた。連絡の内容は、内定辞退を示唆274人▽採用時期の後ろ倒し43人▽自宅待機14人-だった。

 

kuchipaka7.gif  ただでさえ厳しい雇用状況の中、どこの国が自国の若者を隅に追いやって、反日国家の留学生を更に優遇しようとするのでしょう。
 先ず、少子化と言うなら自国の将来を担う若者に手厚く投資すべき税を、どうしてここまで特亜と呼ばれる国々の、限りなく「民族至上主義」と言われる若者たちに注ぎ込むのか?疑問ではなく、怒りを覚えます。
 そして、この金融危機でさえ、このような性懲りもない愚かな方針を進めようとする国民を無視した特別待遇は、3年という見通しでこの危機を乗り切っても、若者たちの雇用が奪われ続け、留学生たちは定住への選択が容易になるという本末転倒な未来を造るだけではないですか。
 これを「人口侵略」の手助けと見て、何の不思議があるでしょう。
 最優先で救うべき道を用意してあげる者たちは、「国民」の、それも若者たちです。

~~血圧が355


 前々回のエントリーで、「対中ODA」について書きました。その資料を見て、〈至れり尽くせる〉のお世話ですから、日本はせっせと育児に励む乳母のような役どころネ...という印象を持ちました。いえ、いえ、アチラの方が古い・古い4千年のぉ~と言っているのですから‥?448口笛1
 そして、充分過ぎるほど家計が潤っている時でも、何かあれば大変だ!と飛んで行って助け起こし、雪が降ればどうぞ・どうぞとお小遣いを渡し、昨年9月前の一年をザッと思い出しても、


≪07年12月27日 福田前首相、訪中で手土産に用意したもの≫

・支那国環境保全への共同基金で、日本の出資規模1000億円。

・農業技術者研修の協力─数十人規模で日本に招き、国際協力機構(JICA)で習熟させる。

・しかも、教科書検定問題を大急ぎで決定。

 


そして、たった1週間で..........

1 産経ではないので、全てリンク切れですから「見出し」のみ。

◆日本留学の審査緩和、30万人計画後押し・法務省方針
2008/05/0116:03

◆外国人在留期間、5年に延長検討・政府、条件付きで
2008/05/02 07:03

◆文化センターを日中相互に設置・首脳会談で合意へ
2008/05/05 14:16

◆自民、外国人定住へ基本法・「移民庁」設置など検討
2008/05/05 11:10 日経ネット

◆中国に無償協力5億円=行政官の日本留学支援
5月7日13時1分配信 時事通信



 その、「置き土産」を残して突然の退陣でしたね。
 「毒ギョウザテロ事件」は無視しても、胡主席訪日接待・サミット・五輪出席の肝心なイベントだけは自らの手でやったのですから、親中福田氏の面目躍如だったでしょう。
 しかし、天皇陛下も東宮も政治利用されることだけは防ぐことができて、幸いでした。

h-line5.gif 


 ここで、疲れたので小休止しようとログアウトして、いつものコースを見渡して見ると瀬戸様のブログが更新されていました。エントリーと関係ある内容ですので、久し振りに少し引用させていただきます。

■せと弘幸blog『日本よ何処へ』[1/25]

 先日も新聞から触れた「池袋中華街構想」の阻止!〈行動動報告〉でした。北は北海道から西は大阪府の方たちが、駆けつけて下さったそうです。詳しくはアクセスしてご覧いただきたいのですが、管理人はうっかりしていたこの件も忘れてはならない事例です。

 それが、2006年の宮城県仙台市に計画された「中華街構想」でした。

> 宮城県仙台市においては、シナ・中国のファンド会社が中華街を作りませんかと持ちかけました。巨額な資金を提供するから仙台市にそのような中華街を作りませんかと誘ってきたのです。

 当時の現職市長はそれを受け入れてしまいましたが、それに危機感を抱いた中央官僚の方が選挙に出て反対を唱えて当選し、この仙台のチャイナタウン構想の実現を阻止したのです。

~~

 心ある市民の活動と勇気と愛国心をもって挑んで下さった方々に救われた、仙台市。しかし、地方行政の中には進んで傀儡となるような、情けない首長も沢山存在しています。

 さてここで、以前何故「中国」と呼ばず「支那」「支那中共」という呼称を使うのかを、何れアップする予定と言ってそのままになっていたので、この機会にその動機となった文章をご紹介しておきたいと思います。


支那の語源は始皇帝の秦である。
秦帝国は西方に於いてシンと呼ばれていた。
これがインドでは「シナ」「シナスタン」と呼ばれていた。
インドの仏典を翻訳するとき支那の仏教者は「シナ」を「支那」「至那」「脂那」等と書いた。
「支那」という語は仏典以外にも「宋史」などに見える。

 

「中国」は本来、自国内で「我が国」という意味である。清朝では外国に自国を表す場合は「大清」と言い自国内では「中国」と言った。
この場合の「中国」は、「天下の中心」すなわち「世界の中心に有る国」という意味で、単なる位置的な表現とは違い文化の高い我が国が頂点で周辺国は野蛮で低文化の国という意味である。
これと同じ意味で「日本書紀」でも自国(日本)を「中国」と表している。

自国を文化の高い「中国=我が国」とし周辺国を野蛮国とした関係は華夷秩序と呼ばれ今の中華思想にもそれが在る。
この様な意味を含んで「支那」と言わず「中国」と言えというのは甚だ失礼な事なのである。

秦帝国以前の晋、斉、呉、越、そして秦帝国以後の漢、隋、唐、宋、元、明、清、中華民国、中華人民共和国などの国号は時代の流れの中の一時的なもので国としての支配体制もその都度変わっており それぞれの国は全く違う国と言える。
支那の歴史では複数の国が分立していた時代も在るが、統一国家は秦、漢、随、唐、宋、元、明、清で、この中で漢民族国家と言われてるのは漢、宋、明だけである。
つまり、これらの国号は時間的、全時代通じての共通の国号では無く、時間的、全時代通じて包括する呼称は「支那」以外存在しないのである。

(後略)
※まだ文章の半分です。また、その時代それぞれの勢力図を詳しく載せてありますので、是非ご覧下さい。 

■中国と支那の違い
「天皇陛下万歳!!!」[2008/1/9]



【参考】 

■中国・中華は侵略用語である
──シナ侵略主義の理論構造──
財団法人・日本学協会『日本』平成16年(2004)2月号
酒井信彦 東京大学教授


■中国共産党「日本解体第二期工作要綱」 


中国新華社通信が運営するサイトが行ったアンケート結果。
(2006.7,24~8.15 「現在における国民の思想状況調査」)

▽最も賛同する思想理念……民族利益至上主義 96.21%

※民族利益至上主義とは、不法・不当な利益でも至上(覇権主義の代名詞→手段を選ばず)
他民族の利益はもとより、国際社会のいかなる公理や公益よりも、自民族の方が大事だという考え。

▽中華民族の利益が他民族のそれと衝突したとき、あらゆる手段を取って自民族の利益を守るべきという考えに賛成しますか。賛成……98.44%

※中国における「利益衝突」への「あらゆる手段」とは、戦争(大量殺戮の化学兵器、核兵器の使用)人種絶滅の残虐、一般市民への無差別テロ。

▽この世界では強権はすなわち公理である。従って我々は尚武精神を高揚させ、軍事力を大いに強化して民族の利益最大化を図るべきだ、という考えをどう思うか……賛成 98.67%

※中国の若者、とりわけエリート階級予備軍の若者は、「自由」「民主」「公正」「正義」など、文明社会がよしとするところの理念と価値を一切信じていない。こうした人類普遍の理念や価値、あるいは人類全体の公益や福祉よりも、明らかに中華思想という一民族の利益を最上位においている→ファシズム

★このようなファシズム的思想の土壌形成は、歪んだ「愛国主義」教育。
1990年、民主化を求める学生たちを武力で鎮圧した「天安門事件」で崩壊した共産党政権正当性の理念を立て直す至上課題を、江沢民が「愛国主義精神高揚運動」の宣伝キャンペーンと教育運動で、ナショナリズムのイデオロギーを打ち立てた。同時に人権問題に干渉してくる「アメリカ帝国主義」や「軍事主義を復活させようとする日本」を中国の主権と中華人民の尊厳を侵害する「民族の敵」に仕立て、若者たちの敵愾心と憎しみを不惧載天の外敵に向けさせた。

---------- 
月刊「WiLL」2006.11月号
「軍国主義、ファシズムに走る中国の若者たち」
評論家石 平氏著より一部引用








いつも応援、ありがとうございます。



banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 





スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/01/25 21:27<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。