welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.01.28(Wed)

子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......

 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif  


神はまず天と地を造った。海と山を造った。
そして日本という国を造った。
日本には世界一勤勉な人々と、世界一美しい風景と、
世界一おいしい食べ物と、世界一過ごしやすい気候を造った。

天使がいった。

 「神様、これではあまりにも日本が恵まれすぎています!」

「心配するな、となりに韓国を作った」


 かなり以前に、どちらかのコメントにあったこの一節に、思わず噴き出してしまいました。なるほど・・と思う一方で、しかし、この後に付け加えたいのは一国や二国ではないと思ったのも、正直なところです(笑)。 



   welcomeライン 
 

 夕べの速報で知ったこのニュースに、ハッとした方も多いでしょう。


◆鳥取のカニ漁船、露警備艇が日本海で拿捕…10人乗り組み
1月27日23時36分配信 読売新聞
(以下、引用)

 外務省に27日夜入った連絡によると、同日午後8時ごろ、日本海で鳥取県の漁船がロシアの警備艇に拿捕(だほ)された。漁船はロシア・ナホトカ方面に連行されたと見られる。乗組員にケガなどはない模様。外務省が外交ルートで確認を急いでいる。

 鳥取県によると、拿捕されたのは境港市の県かにかご漁業組合所属の第38吉丸=安藤正史船長(43)ら10人乗り組み、122トン=。24日午前10時頃、境港を出港し、鳥取県沖約480キロでベニズワイガニ漁をしていた。

 同船を所有する日吉水産(境港市)によると、27日午後7時頃、船越信弘・漁労長(64)から会社に「これから臨検を受ける」と連絡があった。仮停泊中にロシア海域に流された、との情報もあるという。

 同社関係者は「日本の排他的経済水域にいたと考えているが、乗組員はロシア語がわからないため、現場で見解の相違が出たようだ」としている。家族「動揺している」

 鳥取県や同船を所有する水産会社は、情報収集や乗組員の家族への連絡に追われた。関係者の一人は「情報が何もない。外務省などの連絡を待っている段階だ」と言葉少なだった。船越漁労長の妻は取材に対し、「27日の夕方、本人から『ロシアの船に捕まったみたいだ』と船から自宅に電話があった。本当に拿捕されたのか、ただ動揺している」と話した。 

最終更新:1月28日1時59分

 こうしたロシアの拿捕事件は、あの2006年の一方的な銃撃で一人の乗組員が亡くなられた事件を思い出させます。

★記憶に新しいロシアの拿捕事件:
2006年8月16日
>根室海上保安部に16日朝、根室市の根室湾中部漁協から入った情報によると、同漁協所属のカニかご漁船「第31吉進丸」(4・9トン、4人乗り組み)が同市納沙布岬沖の北方領土・貝殻島周辺で、ロシア国境警備庁に銃撃、拿捕(だほ)された。
 拿捕の際、乗組員1人が死亡した。他の乗組員は無事。
 根室海保は、現場海域に巡視船艇2隻を向かわせるとともに、情報収集をしている。

■首相官邸に情報連絡室 日本漁船拿捕で
【10:36】 政府は16日午前9時半、日本漁船がロシア国境警備隊に拿捕(だほ)された
事件を受け、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置

引用元:
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155692599/1

※ この事件のその後の詳細は、コチラで
■海洋汚染情報-海の事件簿-
http://blog.canpan.info/maikohinako/archive/107

---------

 しかし、ロシアの強硬姿勢はこれに留まらず、こうした記事もありました。


◆北方4島人道支援、上陸できず=ロシアが出入国カード要求
1月27日22時59分配信 時事通信


 【モスクワ27日時事】
 北方4島住民への人道支援として「ビザなし交流」の枠組みで国後島に医薬品などを届けようとした日本外務省職員らに対し、ロシア側が27日、出入国カードの提出を要求したため、上陸できず、沖合で足止め状態となっていることが分かった。

 関係筋によると、支援物資を積んだチャーター船は27日未明、根室港を出発。国後島沖でロシア側当局者が出入国カードなどの提出を要求したという。提出すれば4島をロシア領と認めることになるため、日本側は拒否し、現在同島沖合に停泊中。同船には外務省職員ら日本側関係者計7人が乗っている。

 1992年に始まったビザなし交流は、日本人と4島のロシア人住民が旅券や査証(ビザ)なしで相互訪問する仕組み。これまで出入国カードを提出したことはなく、ロシア側が4島実効支配誇示を目的に、出入域管理を一方的に強化したとみられる。

kuchipaka7.gif  この同日のロシア側の分かりやすい行動は、日本へのメッセージなのでしょうが、日本の周辺国では見事に共通するいつもの強迫的or恫喝的外交手段。
 
 しかし、不思議に思うのは、今月14日、来日したロシア上院議長と民主党の鳩山幹事長が会談。

「政権交代したときには懸案の解決、日露の平和条約締結に向け最大限の努力をしたい」と述べ、北方領土問題解決に強い意欲を示した。

 という記事がありました。

 昨年末あたりから、まるで政権を取ったかのように外交に熱を入れているという民主党ですが、意欲的な平和条約に向けた会談をして、半月足らずで反平和的な態度に出られたというのは、その時どのような話の流れだったのでしょう。素人ながら、いらぬ詮索がしたくなります。
 お爺様の鳩山一郎氏が、「日ソ共同宣言」=「日ソ国交回復」を成し遂げても、領土問題だけは先送りしたそうですから、その欠けた部分の北方領土問題を孫の代で解決したいと思うのも無理からぬ話だとしても、歓迎するには無理がある過去から学んだ国民感情の複雑さ‥。 
 しかし疑えば、どこの領土問題でも引きずる一方で解決の糸口さえ見つけられず、ジリジリと後退しているように感じるのは、やはり、河野一郎氏(河野洋平氏は次男)の「竹島密約」と同様の棚上げ、先送りで終始した外交のツケなのでしょう。

 そして、(アメリカ寄り)吉田茂元首相vs(ソ連との国交回復)鳩山一郎(吉田茂の次の)元首相の対立がそっくり孫の代でも引き継がれているようにも感じるのは、面白いところかと思ってみたり‥。 しかし、鳩山氏の麻生首相に向ける敵愾心は、見ていて不快になるほど醜いと思うこと度々です。

 政治って、やはりドロドロし過ぎで苦手なことに変わりありません。

h-line5.gif 

 でも、外交って一体何なのでしょう?
 そんな単純な疑問が、訪問先の「KNN TODAY」様[1/26]が書かれていた言葉で、晴れたように思います。


 すぐれた技術力と生産力をもってしても、相手にとって条件が悪くなってくると、「これでも円で調達しろというなら、もう買わない」と簡単にそっぽを向かれてしまう、と経営者の声。日本経済が強く出られないのは、それだけの軍事力を手にした外交力がないからだ。民間の努力だけでは相手との交渉にも限界がある。

 現在の日本のエネルギーは、石油輸入がストップしただけで経済がほぼ全て死んでしまうという状態にあり、食糧安全保障共にエネルギー政策も綱渡りでやってきた。

 

 また、英国が石炭、米国が石油で世界派遣を掌握している間、日本はずっと東亜随一の国であり続けたが、常に欧米に押され続けてきた。それを護憲・人権派は「日本は遠慮せよ」と喚き、自国の軍事力を「平和の敵」として日本の経済発展を頭打ちにしてきた。

 日米安保を前提とした護憲がいかにでたらめなものであるか、企業経営者たちは知っている。
 夢の国で夢を語り、自分たちで自分たちを不景気にしておいて「生活第一」をわめく極左団体は、見事なマッチポンプだ。

 最も基本的な「自主憲法制定・国防強化」の一日も早い実現を!!


  
 国を思い、国を守るために必要な防衛能力とは理解していても、経済を支えるのも「防衛力」の無さがビジネスで相手につけ入らせていたとは、知りませんでした。

 確かにそうですね。子供の世界でも、実力者の子供や腕力の強い子は、それを嵩にかかっている子も見かけます。弱いと思えば容赦のない弱肉強食の世界では、日本人のお人好しと防衛力のない国でいることは、危険極まりないという現実に気付かない限り、メタボな平和ボケが緊張感でスリム化は無理な話でしょう。

 置き換えれば、『運命とは偶然ではなく、必然である。運命とは性格の中にこそある』必然が待っているということなのですね。
 ~芥川龍之介「朱珠のことば」より~



 

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 


スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/01/28 09:50<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。