welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.02.01(Sun)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 麻生首相バーナー

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif 


akari 

「フリー写真素材Hoshino」様
からお借りしました。
何故か小さく保存してしまって申し訳ないのですが、リンク先で大きな画像が見られます。
見つめているだけで、心が和む写真です。

✿~~✿

 本日のタイトル、「灯心」について少し説明しておきます。

 最近ではあまり使われなくなったロウソクですが、その中心に入っている糸状のものを「灯心」と言います。
 あちこちで得た情報を簡単にまとめてみますと、

 奈良では昔、イ草から「灯心」を取り紙に巻きつけて綿で止め和ろうそくの芯を作った。この芯に蠟(ろう)を絡めて和ろうそくができる。
 「行灯」(あんどん)が一般的に普及したのは江戸時代で、周囲を竹・木・金属などで作られた枠に和紙を貼り、風で光源の炎が消えないようにしたもの。それ以前は火皿に菜種油などを入れ、そこに灯心を入れて使用した。庶民は高い菜種油よりさらに安価な鰯油(魚油)などを使っていたので、「化け猫」が行灯の油をなめるという伝説はこの辺からきたもの。

 照明器具とはいっても現在とは比較にならないほど暗いもので、電球の50分の1程度といわれている。明かりが貴重な時代で、下層レベルでは「暗くなったら寝る」というシンプルライフとなる。(一部wikipedia)

 蠟はハゼの木の実の油(木ろう)で食品衛生法に適した安全性があり、口紅・ハンドクリーム・軟膏・坐薬・クレヨン・色鉛筆・お相撲さんのびん付け油などに使用されるが、近年絶滅の危機にある。


   welcomeライン


 今日出掛けた先で、偶然目にした番組に惹きつけられました。
 と云っても、集中して見ることはできませんでしたが、なるべき記憶しておきたいと頑張っていたので、他の方には大変失礼をしたかも知れません。

 そして、その番組の内容からイメージしたのが、まるで「灯心」のないロウソクのような子供たち‥、というものでした。
 人として、本来両親や周囲の大人たちの愛情によって人間形成の最も重要な時期を過ごすはずの子供たちが、少年期に入り、何故非行に走り、家庭内暴力や、短絡的犯罪に手を染めてしまうのか...の疑問に、そんなイメージをもった管理人です。

 合わせて、時間経過がそれ程でもないのに、もう随分以前に見かけた記事と思えた事件は、見出しだけで 痛ましい ! と感じさせるに十分すぎる17歳の少女が起こした事件でした。

◆自宅で男児出産、刺殺 女子高生逮捕
2009/1/31 21:21 iza!


 福島県警本宮署は31日、産んだばかりの男児を自宅で殺害したとして、殺人容疑で同県本宮市の高校2年の少女(17)を逮捕した。「自宅のトイレで産み、自分の部屋で殺した」と容疑を認めているという。

 調べでは、少女は29日午後1時から3時ごろ、男児を出産した直後に、刃物のようなもので頭を刺すなどして殺害した疑い。

 県警によると、少女は29日に登校後、具合が悪くなり昼ごろ早退。その後、病院へ行った際に「赤ん坊を産んで部屋に置いてある」と説明、家族が部屋のこたつの中に、布にくるまれた遺体を見つけた。

 家族や学校関係者は少女の妊娠に気付かなかったといい、同署が詳しい動機を調べている。

補足記事:

◆殺人:高2、自宅で産んだ子刺殺 容疑で逮捕--福島・本宮
毎日新聞 2009年2月1日 東京朝刊


> 同署や県警少年課によると、生徒はこの日高校を早退。トイレで出産した男児を自室に運んで殺害後、布に包んでこたつの中に隠していた。男児の死因は外傷性脳障害。生徒が血まみれだったことなどから、会社員の父親が同署に通報して発覚した。家族は妊娠に気付かなかったという。

~~

 時々報道されるこうした事件。決まって

 『家族は、妊娠に気が付かなかった』

 と、言われます。本当なのでしょうか?

 妊娠初期から精々5~6ヵ月までのお腹の大きさは隠せたとしても、7か月から臨月を迎える頃までの体型の変化を、改めて云々いう必要はないでしょう。
 それでも真実気付かなかったのなら、余程、娘への関心が希薄なご両親かと思わざるを得ない、無念さがこみ上げてきます。

 それも、わずか17歳の少女が、たった一人で誰の助けも借りずに、あの苦しく厳しい、そして、母となる至極の幸福感をもたらすはずの生命誕生の瞬間を過しただなんて‥。しかも、女性として生まれ、折角生命を生み出す機能をそなえてきたというのに、生まれてきた我が子にどうして刃を突き立てるほどの狂気が襲ったのでしょう。

 妊娠を告げられず、誰にも気づかれることもなく孤独に悩み続けてきた少女が、時が満ちて悶絶する苦しみを自分に与え、そして、身二つとなった存在は、泣き声をあげれば家族にも気付かれてしまうという恐怖さえ連れてきた、「邪魔」で「憎い」「いらない」存在と、思えたのでしょうか。

 そこには、「生命」の尊さや我が子に感じる究極の「愛情」「愛おしさ」という感情が、まったく存在しない世界のように思えます。

 女の子は誰が教えるでもなく、幼児期になればお人形さん遊びをし、ママの真似をして育児の真似事をする「ままごと」遊びが大好きです。それは、何れ母となるために備わった「母性」のかわいい芽でもあるのでしょう。

 ……… スミマセン...ここでハッと思い出したのが、管理人はままごとより刀や鉄砲を持って遊ぶ方が好きな女の子でしたので、アレッ???

 ま、それは活発な女の子、ということで… (?_?)ポリポリ

 (~ひとりノリツッコミで、気分が台無しです~)


h-line5.gif 


 冒頭目にしたという番組は、NHK BS-hiの
「君だって愛されている~宮城・DJ保護司と少年たち~」
という番組でした。

 再放送らしいのですが、ご覧になっていない方に記憶を辿ってご紹介します。


 宮城県の少年院で、消灯時間までの間に流される院内DJラジオ。
 それに月に1度ご出演されているのが、保護司である大沼えり子さんで、その方の保護司としての日常を追ったドキュメントでした。

 保護観察にある一人の少年(分かりやすくする為に、以下、A少年とします)は、万引きや家庭内暴力を繰り返してきたそうで、大沼さんは母と祖母と暮らす少年の自宅に向かいます。

 団地の一室。迎え入れられた部屋には万年床と、食事用の座卓。チラリと映し出された台所は、片付けの行き届かない雑多な物で溢れ、暖房器具は少年が暴れた跡が残るほど変形しています。そこで母親と祖母と少年が大沼さんの質問に、「早く少年と別々の暮らしがしたい」という母親と祖母。しかし、少年は「もう少し世話になりたいと思っている」と言います。

 そんな時大沼さんが語りかけるのは、『どうしてそうなったのか、考えて欲しい』ということでした。3人いる子供たちが、少年だけではなく皆同じように非行に走り、暴力を振るうのは、何か原因があるということではないかと‥。
 そして、家族は皆で作るものだから、真剣に考えて欲しいと訴えます。

 後日、大沼さんのご自宅に来た母親は、離婚したいきさつが夫の暴力であった事、それを見てきた子供たちは友達からも孤立し、萎縮したようだと涙ながらに話します。そして、離婚して新たな悩みとなったのが、息子の暴力であったと──。

***
 成人式の日、以前保護観察を担当していたB少年がスーツ姿で、母親と共に訪ねて来ました。
 大沼さんは、母親の生活態度を注意したといいます。
 『お母さんが変わらなければ、子供は変わらない』

 戸惑う母親も少年の変化に気付き始め、そしてこうして立派に更生して成人式を迎え、二人で訪ねて来たのでした。

 大沼さんは言います。

 『例え道を誤っても、周りの大人たちが支えることが出来ればきっと立ち直ることができる』と──。

※ 途中、犯罪被害者遺族の母親との場面がありましたが、今回は長くなりますので、後日その機会がありましたら引用したいと思います。

***

 ある日、A少年の勤める建設会社から電話があり、少年が少しずつ変わってきていること、同僚たちとも打ち解け、遅刻や欠勤もないという報告でした。勤務先の建設会社は、少年院を出所した少年たちを積極的に受け入れ、先輩もいるのだそうです。

 少年に会うと刺々しさがなくなり、『変わった、オレ?』

 大沼さん『あの頃は、こっちがキレそうな態度だった』

 親が愛情を注げば、子供は必ず変わると訴え続けてきた大沼さん。

 自宅に母親とA少年を招いた大沼さんを前に、半年間真面目に働いてきた少年はこう言います。
 
 『会社の人たちが一生懸命働いているのに、休んでなんかいられない』

 『過去の万引きなど、なんでそんな考えだったのか?』

 『盗むことで、そのお店の人がどう思うか考えたこともなかった。
  今は、恥ずかしく思っている』と。

 母親は涙ぐみながら、そんな息子を誇りにさえ感じ、そして、嬉しそうに「二十歳になったら家を買うんだ」と可愛いことを言ってくれた、と報告をします。その話に心なしか、はにかむ少年がいました。

 大沼さんは、ある決断を伝えました。

 『そろそろ(保護観察を)解除をしてもいいと思う』

 すると少年は、

 『解除しなくてもいいよ。以前は早く保護観察解けないかと思っていたが、今は迷惑をかけることもないので…』

***

 「つぐない」とは、ただ更生するだけではなく、もし万一、再びそうした状況になったら、自分を戒め抑えることができるどうかという意味もある、と大沼さん。


 孤独から救いだせば、きっと変わる。

 「一人ぽっちじゃないんだ」と、「誰かが本気で更生を願っている」、「応援しているよ」、とほんの小さな声が、少年たちの心を救う。


 君たちは、きっとたくさんの愛を持っている。

 君だって愛されている。



 如何でしたか? 駄文でまとめたのでお分かり難い点もあるでしょうが、このような内容でした。

 子供ときちんと向き合う。愛情をかけて接すれば、子供は愛情ビタミンの栄養を受けてスクスクと成長する、と信じている管理人。勿論、愛情があるからこそ、叱りもし、口うるさく言いもし、そして時には一つや二つのビンタも張らなければならない時もあります。その子の将来を想えば、良いこと・悪いことの判断を教えなければならないからです。

 特に母親という存在は、どんなに歳をとっても懐かしく慕わしい存在であることには変わりはありません。その母親に、見放された、冷たい、かまってもらえない、と感じながら育った子供は、やはりどこか満たされない思いを抱え続けて、彷徨いながらしかし、愛情という水を渇望しているのだと思えてならなりません。

 水のない所に植物は育たず、「灯心」のない蝋燭に明かりは灯らないように、歩く道を照らすものがなければ、孤独と恐怖に包まれ、つまづき、転んでしまいます。

 






いつも応援、ありがとうございます。



banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 




スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/02/01 23:25<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。