FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.02.03(Tue)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

h-line1.gif 

 今日はご存じ『節分』ですね。

 皆さまも、きっと小さい頃から習慣にしてきた年中行事。そこで一捻りして、『節分』と言えば欠かせない悪役、『鬼』に因んだお話からエントリーを広げていきたいと思い、その準備をしていました。出来れば恐い鬼の画像が欲しいと探しましたが生憎気に入った物が見つからず、家の和室に飾ってある「鬼」の面(確か「高山」で購入の個性的な面)をデジカメで撮ろうかと思っていると、ついていたテレビでは「恵方巻」の話題に移りました。我が家は関東ですから馴染みのない習慣ですし、どうにも太巻きをそのまま食べるというのは・・と、これまでさして関心もなく聞き流していたのですが、「恵方巻」の意外な真実というフレーズにアンテナが反応。そして、その驚くべき裏話を知って、文字通り、『・・・・・ ! ! 』

 「恵方巻」発祥の地大阪で、初めて「恵方巻」を売り出したという寿司店での取材です。
 
 寿司が売れずに困っていた頃、花柳界の会合に出掛けた店主がそこでアドバイスをされたことが始まりだったそうです。(時代は不明)

 そのアドバイスとは、当時花柳界では旦那に見立てて太巻きをそのまま食べる風習があったそうで、それをヒントに売り出したのが切っ掛けだったとか。

 それを補足するように、民俗学に詳しいという方にも取材。(お名前は失念)
 やはり、江戸時代から花柳界には、旦那の「モノ」に見立てて太巻きを食べる風習があったとのこと。しかし、それを取材した女性スタッフは直ぐにピンとこなかったらしく、

 『えっ、モノっていうと具体的には?』

 と、突っ込んで聞いています。(笑)

 当然答えようもなく、言葉に窮して無音になった画面には『・・・・・』だけが.....。

 でも、寿司店の店主は、ハッキリと言っていましたよ。ただ、放送コードに引っ掛かるかためか、音声は途中で切り、テロップには加工を施すという苦肉の策をとっていましたが…。(苦笑)

日テレ「スッキリ!!」AM8:00~

~~

 と云うことで、一般的にはその年の「恵方」を向いて食べると云々かんぬん、と縁起を担いだものとして然もらしく定着しているようですが、実態は花柳界独特の風習と、商売が結び付いたものという内容は、信じて毎年実行してきた方には、衝撃的な事実かも知れませんね。 それも特に女性ならば‥

 この後MCの加藤浩治さんが、

 『これじゃぁ、これから作ろうとしていた奥さんが、止めた! って言うんじゃないですかぁ~』

 と叫んでいましたが、知ってしまった方の中には、そう思われた方も多いかも知れませんね。

 それにしても、例え悪気はないにしても、少し罪作りな話だという印象は否めませんでした。

   welcomeライン

 降って湧いたような話を冒頭にくっつけたため、本来、《必見!! 心を揺さぶる素敵なお話》を載せているブログをご紹介したかったのですが、それは後日改めてにしたいと思います。
 実は、その内容の素晴らしさに感動のあまり「嗚咽」では済まず、ペットたちが何事!! とソワソワするほど「号泣」してしまった管理人。琴線に触れまくりでした。
 特にこうした荒んでしまった現代日本にあって、尚更日本人魂を呼び起こしてくれるお話です。


 さて、何かどうしても気分が回復しません。
 そこで、仕切り直して改めてエントリーを立てたいと思いますので、本日は少し〈サワリ〉の意味で違うお話を引用しておきます。

 最近見かけた記事に、夫婦喧嘩についてのアンケートがありました。

 ◆夫婦喧嘩、あまりしないのは近畿地方……最も多いのは?
2009/1/15 livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3976299/

 すると、これも今朝のテレビ番組で紹介していたのが、この記事に関係する内容でしたが、

 
全国64%36%
九州57%43%
沖縄71%29%


 というこの数字、喧嘩をした時≪夫婦のどちらが先に謝るか≫の調査結果なのですが、何故か「全国」対「九州・沖縄」だけにしたところが面白いですね。
 そして、数字を見ても明らかに夫の方が先に謝る、という実態が見受けられます。それも、沖縄では圧倒的に妻の方が強い(?) 九州は熊本を代表するように、男性が強いという印象がありましたが均衡しているのは意外でした。

 古い友人が宮崎県に嫁いで、その苦労話を聞かされていたものですから、古いしきたりや男尊女卑の風習は色濃く残っていても、それを耐えて家庭を維持するのですから、やはり芯が強い女性が多いのでしょうか。といっても、既に数十年前の話では参考になりませんね。

 で、≪夫婦喧嘩≫に関連した、こんなお話を。


【夫婦げんか 心寒線(しんかんせん)夫婦の出現】

 「あんたぁ」と奥さん。

 新聞を読んでいる夫は、紙面に集中していて無言。

 「あんたぁって、言っているのにぃ! 」
 
 「あんたって、オレのことかぁ? 」

 「決まってんじゃない」

 「で、なんだ? 」

 「もうっ!  いいわよっ! 」と、プイっと横向く奥さん。

 近頃、こういう夫婦が多くなったという。
 会話の、一方通行夫婦。結論へ、いつも特急タイプの奥様が。
 会話の片道一車線・出口専用路線の人が。
 お互いの心を、自分の心に入らせるゆとりが見られないのはザンネン。
 こういう夫族・妻族を人呼んで、心寒線夫婦。

 「健康な、色気と食い気を離れて、幸せな人生は有り得ない」と言われる時代に、自立自存ではなく、それぞれが孤立自損では、それこそ損だ。

 二人の間にできた子供はもっと不幸だ。

 「健康の健という字はよく見れば、(人が建つ)と書くではないか」

 なのに、夫婦が、親同士が、互いを建てないで子が気の毒というもの。

~男の器量と 女の器量
        二つ合わせりゃ 親ごの器量~

~親ごの器量は なんだと聞けば
        子供の器量量(はか)ること~

~親指と この指呼ばれる その理由(わけ)は
        他の小指に 近づける指~

~親って何だと 聞く人あれば
        頭は冷えて 心暖(あ)ったか~

~人々の 器量育む 五気があり
        元気・勇気に 根・運・呑気~

***

『男の器量 女の器量』榎本勝昭著より



 

 

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 



スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/02/03 14:16<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。