welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.02.10(Tue)

 「ゆずり葉」~下~   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 

麻生首相バーナー 

麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。
日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。


■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説
平成21年月21日


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。

**********
■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)




414415416417418419420

「麻生首相に応援メッセージを出そう
      318  318  318   @バレンタイン祭」



■期間:2009年2月3日から14日まで
■概要:日本全国から絵葉書で、麻生総理に応援メッセージを送りましょう
■送付先:議員会館 〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館210号室 麻生太郎事務所
■筑豊事務所 〒820-0040 福岡県飯塚市吉原町10-7 麻生太郎筑豊事務所


 勿論今回も、「「新世紀のビックブラザーへblog」様です

※少々長めになりましたが、「バレンタイン祭」終了までこの状態を続けます。
h-line1.gif 


1 以下のエントリーは、昨日アップする寸前でハプニング発生のため、ドタバタして手付かずになっていたものを、取り急ぎ載せておきたいと思います。
()部分は、本日追加です。

**********

(昨日のTV)
 ニュースで、今年の「サラリーマン川柳」をいくつか紹介していました。

 たったの数首でしたが、その中で最も気になった句が、


 『俺もだよ 何も言えネェ この家じゃ』  (浮草)


 でした。

   welcomeライン

(昨日)
 午前中のお昼少し前に、偶然つけたテレビから聞こえて来たのは喚き散らすような、「騒音」に近い男性の声でした。目を上げると、それは国会「衆院予算委集中審議」の中継でした。
 質問者は民主党の筒井信孝議員。途中からでしたが、執拗に繰り返し繰り返し“分かんネェんだよな”と言いながら同じ質問をしては、麻生首相に答えさせます。それは、郵政民営化の「見直し発言」への質問でした。

 その答弁をたった一度聞いただけで、当初「反対だった」麻生首相が署名する段階で、「2年間のうちにいろいろ勉強させてもらい、良い面もある」と認めて署名した。しかし、「経営として利益が出ないのも、国民にとって不便になったりするようでは如何かな、という面では見直す必要もある」と、いう内容でしたから、管理人でも直ぐに理解が出来ました。

 時間の流れがある中で、また、当時小泉政権下で党として進める「郵政民営化」に、〈3年後の見直し〉を含めて賛成をしたのですから、ここで麻生首相が実質民営化後の「郵貯」が赤字経営で、業務の質が低下している事実があるようなら、「見直す」ことに一体何が問題なのだろう?と、思います。
 ところが、筒井議員の質問のしつこさは、内容ではなく、「賛成したのに、見直す」と変えたことを追求するための追及でしかないようで、時間切れになるまで堂々回りの無駄な時間を費やし、「意見を変えた」「ブレた」ことだけをクローズアップして批判するやり方は、いつも通りの印象です。

 あれ程石井議員の「漢字テスト」が批判され、田中真紀子議員の悪口の羅列、岡田議員の罵詈雑言(産経紙)と酷評され、民主党内からも「イメージダウンだ」という声も出ながら、相手を貶める為だけの国会質問は、大多数の国民にとって実にくだらない、愚かしい行為にしか見えないでしょう。たとえ民主党支持者でも、小気味いいと感じるメンタリティを共有する一部の支持者は別にしても、一般の有権者なら「国民生活第一」なはずの民主党のこうしたやり方に疑問を持ち、政治への真剣さや国民への優しさが全く見えてこない、と感じさせたとしても止むを得ないでしょう。

 また、自民党内からも批判が相次ぎ、「火種だ」とか、「誤解を招く」だといった小泉チルドレンや推進派議員の声が、新聞の見出しになって踊っています。
 以前の政権が決めた事に対し、それが後になって実質的にマズイと認められるような事でも、「検討する」ことも「見直す」こともダメ!というのであれば、何の為の政策なのでしょう。それも、本来首相を支える立場にありながらです。
 国の為、国民生活を良くする為に考え、政策を決めるのが国会議員の仕事のはずですが、大島国対委員長や政調幹部のように、

「予算審議中なので、野党に乗じるすきを与えないでほしい」

「首相はセンスがない。せっかく党内亀裂を回避しようと4分社体制でまとめようとしたのに、もめごとをつくった」
と吐き捨てた。

(07日 07:00 「NIKKEI  NET」にリンク)

 というのは、確かに選挙には不利でも、マズイと分かっていて放置する方が、余程政権与党として無責任ではないかと思います。その点、麻生首相の発言こそが、勇気のいることでしょう。

 政権を維持させる為に例え誤った政策でも推し進め、後世に又「ツケ」を積み上げるのか?

 それとも、ここがチャンスと 見直すのか? 

 こうした自民党内の既得権益体質と、外国勢力に傀儡された議員の存在があるために、多くの国民から信頼を失い、正味期限切れの腐った党と言われてしまう所以です。(他にもありますが‥)
 その中でも、麻生首相は外交面では海外から高い評価を受けているにもかかわらず、そうした報道は一切しない日本のマスコミは、連日野党と共に自国の首相をなぶりものにするだけに奔走する異常体質ですから、如何に日本という国が健全であり、優秀であり、強く、良い国であっては困るという反日姿勢かが、否応なく透けて見えてきます。 そして、それは結果、誰が、何処が喜ぶことなのでしょうか?

 この戦後最も危機的状況の中で(と、答弁の中でも言及)、政権与党だけでなく野党も含め、一致団結した対応が必要だと思うばかりの国民目線からは、実に理解出来ないただの権力闘争として映ります。そして、だからこそ、どんなに国益を損なう事をも「踏襲」する他ないように、周囲が圧力を加えて「河野談話」「村山談話」、そして「近隣諸国条例」などを引き継ぐしかないようにさせているのでは?、とそんな風にも思えた管理人。
 これでは、どんなに国や国民を守るために働きたい首相が誕生しても、周りが足を引っ張り、潰すようにしているのですね。元安倍首相がそうだったように…。

 そんな思いから、現在の麻生首相を代弁するようなこの句、

 『俺もだよ 何も言えネェ この家(党)は‥』

 に、1票入れたいと思います。


矢印↓ 矢印↓ 矢印↓

■第一生命:サラリーマン川柳[100句]


投票締切:2009年3月13日
投票期間:2009年2月9日~3月13日

※ 上記から投票ができます。


 でも、麻生首相はかなり〈前向き〉な方で、個人的にはこの酷い環境の中でもしっかり働いて下さっていると思います。

 そして、僅かにでも
麻生首相の支持率が上がり、民主党への支持率は下がったという調査結果
は、一体どんな流れが起きているのかと興味深いところです。

23麻生政権の実績

23テレビが隠す麻生太郎


 昨日の各紙「支持率低下」と嬉しそうに伝える新聞を見ている方は、
“エッ!?”と、思われるでしょうね。

 でも、政党支持率では自民党の3倍、2%も下げているのだそうですよ♪


h-line5.gif 


自分の思考の正しい管理を怠っている限り、
人は大きな影響を及ぼしたり重要な責任を遂行しうる地位には
決して就くことが出来ない。


 ─ジェムズアレン─









 

いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
ゆずり葉バーナー2 
 

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/02/10 20:18<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。