welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.03.19(Thu)

sak_090桜 


桜小  
     
✿~~✿~~✿

 さて、唐突な例え話で恐縮ですが、管理人は多少手足が不自由だったりします。
 と云っても、こうして説明するため書き始めて気付いた、「障害者認定」という制度があることすらこれまで考えた事がないのですから、かなり軽度ではあります。

 しかし、例えばいつも「筆が遅い」などと弁解がましく愚痴をこぼしているのも、実は左手の小指・薬指・中指に多少麻痺があるので、ブログ更新に欠かせないタイピングにはかなり不便を感じているのが実情。ですから、W.A.Sや下段のZ.X.C当たりになると力が入らない左指と正常な右指が連動出来ずに、おかしな文字になったり変換ミスになったりするわけで、以前のようにチャッチャと思うことを即座にタイプできない作業はそれだけ注意を払う必要もあって、相当不便ぐるぐる  そして、非常に疲れます。

 でも、性分というか経験に基づくものなのか分かりませんが、『コップの水がもう半分しかない』と悲観的に考えるか、『まだ、半分もある』と楽観的に考えるかといえば後者の方ですから、こと自分自身のことに関して突き付けられた「現実」には、それが自身の性格や生活態度が招いた「結果」であるなら、嘆いても始まらないと気にしません。 というより、悲観して何かを恨み、その場で堂々廻りの足踏みをしたところで、返って思考が止まり踏み固まってしまうだけの悪循環は、何んの解決にもならないことを経験上知っているからだと思います。 

 ところが、いざ自分の大切にする対象に事が及べば、それは全く異なる反応を示します。それはある種の本能というべきものなのかも知れませんが、野生のどんな動物でも起こす行動、「テリトリーの死守」や「種の保存本能」=(繁殖と誤解のないように...。子供を守ることの意ですからネ)は、文明にふやけ切った人間にも最低残された「本能」として残っているはず‥と、つくづく思う今日この頃。

 そして、どなたも一度や二度は経験がおありだと思うのですが、例え風邪ひとつひいても、指先を少し怪我しただけでも、改めて健康であることの大切さを思い知ることがありませんか? 
 以前にも書いたことですが、生存に欠かせない「水」や「空気」もそうですね。口に含んだ水が「まずい」とか「あれ?」と感じたなら、その水は汚染されたものか人工的に手を加えた水のはずです。しかし、様々な場所を通り過ぎてきたはずの山奥の自然水には、甘露と舌が教えてくれます。空気も汚染された空気なら、呼吸が苦しくなったり気管支炎やアレルギー症状を訴える人もいます。

 つまり、普段意識せずに存在しているものこそ、本当に「大切」なものだということでしょう。 健康もその一つですね。
 余談ですが、花粉が飛び交うこの時期に、加えて支那大陸からの黄砂には「硝酸イオン」「硫酸イオン」に加えて、あの「毒ギョウザ事件」で名を知られた「ジクロルホス」までもが検出されているとか(大分大学医学部研究所検査)。
 
 どうぞ、戸外で多く時間を過ごす方は、お気をつけ下さいね。

 そんな「当たり前」で「大切なもの」だからこそ失った時に改めて大切だったと感じるのですが、しかし哀しいかな、人はその時になってみないと実感することは難しいのも事実です。

 でも、少しだけ思考の間口を広げて、「想像力」を働かせてみるのは、決して無駄なことではありません。


     桜ライン


 昨日途中まで書きかけたエントリーが、またしても突然のページ移動で消滅。記事の正味期限にもめげず、気になる話題ですので、再挑戦します。


 昨日午前中、ぼんやりテレビを眺めていると、短いニュースが「経済危機有識者会議」において、日航の西松遥社長の、

『訪日ビザの発給要件の緩和による中国人の受け入れ拡大が内需拡大につながる』

 と提言したことを伝えていました。

 ッたく!262 と、閉じていたPCを開け探した新聞記事がコチラ。


◆訪日ビザ緩和など、観光・運輸で提言 有識者会合2日目
2009/3/17 22:39 nikkei


 政府は17日、各界の有識者から経済政策について意見を聞く「経済危機克服のための有識者会合」の第2回会合を首相官邸で開いた。運輸業や観光業、不動産業などの代表者が意見を交換。外国人観光客の積極的な受け入れや、交通網の整備による地域活性化が重要だとの意見が続いた。

 日本航空の西松遥社長は、訪日ビザの発給要件の緩和による中国人の受け入れ拡大が内需拡大につながると主張。外国人を円滑に日本各地の観光地に運ぶため「成田と羽田を上手に結ぶことが重要だ」と指摘した。

 星野リゾートの星野佳路社長は、5月の連休を地域別にずらすことで、混雑の解消と観光需要の平準化を図る持論を説明。治安の良さなど日本の安全さが、外国人向けの観光資源になるとの見方も示した。麻生太郎首相も「日本は真夜中に地下鉄で酔って寝ててもかっぱらいに遭わない」とユーモアで応じた。

-----
【参考】
首相官邸:経済危機克服のための「有識者会合」-有識者名簿-
http://www.kantei.go.jp/jp/keizai_kaigou/meibo.html

各有識者の【提出者資料】DPF
・株式会社日本航空 代表取締役社長 西松遥
http://www.kantei.go.jp/jp/keizai_kaigou/090317/090317_05

〈国内需要創出のための訪日外国人の誘致〉
--即効性が期待できる経済浮揚策として、訪日外国人の誘致による国内需要の創出が挙げられる。過去の例を挙げると、韓国及び台湾の訪日ビザの免除により、訪日需要は10~20%増加している。更に、中国訪日ビザの発給要件を緩和することにより、訪日需要の大幅な増加が期待できる。--

図:
・韓国─05年3月暫定免除➔+10%
・韓国─06年3月恒久免除➔+21%

・台湾─05年3月暫定免除9月恒久免除➔+18%

・中国─訪日ビザ発給要件の緩和により年間10~20%の訪日者数の増加が見込める。(何故か伸び率不明)

中国訪日ビザの発給要件緩和により、2020年における訪日中国人数は2008年の約6倍、日本旅行時の消費額は約2兆1千億円となるものと試算される。←(と強調文字)



 とまぁ、提言の内容は昨年10月にも経団連が政府に出した「定住を前提にした移民受け入れ提言」「観光立国」バージョン+「緊急経済対策」バージョンと、ありとあらゆる方面から手を変え品を変え提出する「特定国・来来」キャンペーンですが、それに応じた麻生首相が、記事をそのまま受け取れば、チト時代遅れ?のご認識かと…。

 ところが、就任以来これまでおやりになっていることは様々な方面で強化中ですから、そう中途半端な認識の甘さではないと信じる管理人。 一人5分とかと言われる提言ですから、わざわざ官邸に足を運んでいただきツレナイそぶりもできないので、ジョークで応えたのでしょうか? ン、モウォ~、ご冗談が過ぎますわヨ。

 しかし、現実に目を移せば事態は深刻であることは間違いのない日本。

 『酔って寝ていても、かっぱらいに遭わない』日本は、今は昔のお話ですね。
 時々放送される「警察24時」のような番組で、以前電車内や構内で酔っぱらいを狙った窃盗グループが、如何に計画的に犯行に及ぶかを取材した映像を何度か見た事があります。
 夕べも放送中のものを少しだけ見たのですが、東京渋谷センター街を警邏中のパトカーが怪しい男を発見。その中国人だった男は外国人登録証を2枚も持っており、それも在留期限を3年も延ばしたものなど7万円で買ったという偽造登録証です。国内にそうした組織が存在する証でしょうか。
 そして、ついに逃亡をはかる男。ところが、生憎マラソン選手でもある警官にあえなく御用で、強制送還。チャンチャン ♪

 また、不法滞在者摘発も相次いでいますが、それだけ大量の不法入国、不法残留者が多いということで、その数は13万人とも言われているのに「氷山の一角」とはこれいかに?

 こうした現実を無視して、何故こうまで執拗に「特定国民」の流入を推し進めようとするのか。これは、「人口減少で労働者不足」や「少子高齢化」との理由以前の問題で、まったく「国の姿」「国の未来」「国民の安寧」を無視したものと認識する管理人。

 しかも、明らかにそれを目的として入国する者たちがいるのは、このような記事からもうかがえます。
 かなり長いのですが、yahooのURLだったので全文転載しておきます。

◆ケータイ大量盗難、流出先はやはり…日本製機種“神格化”
2009/01/11 15:10 産経新聞


 携帯電話ショップから最新機種をごっそり盗み出す窃盗事件が続発している。その数はここ1年で約200件。盗品はどこに流れているのか。最近になって、不思議な現象が中国で起きていることが判明した。本来、販売されることのない日本製最新機種が中国で大量に出回り、ステータスとして電気街やネットで高値で取引されているのだ。携帯窃盗事件の黒幕が、国際的な犯罪組織だとしたら…。警察当局は盗品が中国に流れている可能性に強い関心を示す。日本製ケータイの中国流出の謎を追った。(桜井紀雄)

■止まらないケータイ盗…特定の機種が狙われる

 盗難にあう携帯のメーカーや機種にはある特徴があることが浮かび上がっている。

 NTTドコモは、ここ1年で約140件が被害にあった。茨城県内のショップでは219台(1000万円相当)が一気に盗まれた。

 ソフトバンクは昨年8月以降、約40件1000台以上が被害に遭っている。

 報道されている事件だけでも、被害総数は3000台を超える。

 被害は増加の一途をたどり、昨年12月だけで、6日に神奈川県内の店で49台▽8日に静岡市の店で104台▽12~13日に茨城県内の2店から90台▽19~20日に群馬県内の2店から180台▽21日に茨城県内の店から60台-が被害に遭った。

 狙われたのは、いずれも「世界携帯」と呼ばれる中国や欧州などでも使える機種だった。さらに大半が個人データが入った「SIMカード」を誰でも差し替えられるドコモとソフトバンクの携帯。自分のSIMカードを盗んだ携帯に差し込めば自分の携帯になる。それが、たとえ海外であったとしても。

 一方、店でしかSIMカードの交換手続きができないau携帯はこれまでのところ、ほとんど被害が確認されていない。

 盗品が中国に流れている可能性をほうふつさせる事件も過去にはあった。平成18年に全国で1000台以上の携帯を盗んだ中国人窃盗団が摘発されている。捜査幹部が「何らかのルートで中国に流れているのではないか」とみる理由もここにある。

 確かに、盗品がインターネットなどを通じて日本国内で転売されている可能性もあるが、オークションサイトは不正入手の疑いが強い最新機種の出品を規制する対策を取っており、日本国内では、なかなか公然と転売できる環境にない。

 こうした状況をふまえ、警察庁でも「盗品が海外に送られている可能性は否定できない」とコメントしている。

 ただ、埼玉県で昨年8月に逮捕された日本人実行犯は「日当をもらって盗みをやっただけ」と供述、黒幕にたどりつく確実な線はまだみえていないのが現状だ。警察当局は誰が指示し、盗品がどう処分されたか全容解明を急いでいる。

■あふれる最新機種…「日本製はステータス」

 「流出先の可能性」と指摘されている中国で、日本の携帯電話はどのぐらい人気があるのか。

 《日本ドコモP905i 新品、すぐにお届け、510万画素》《夏普(シャープ)SH906i 1600万色、520万画素カメラ、3380元(約4万4000円)、推薦度91%》…。

 中国の人気IT商品を紹介するサイトや、ショッピングサイトでは、日本製携帯のこんな宣伝文句がズラリと掲載されている。大半が中国で売られていないはずの機種にもかかわらずだ。

 《どこで買えるの?》《非正規品しかないね》《半年使っているけど、非常に満足している》とユーザーの書き込みも続く。

 中国南部の深センの電気街。中国在住の日本人によると、ところ狭しと並ぶ携帯ショップのガラスケースにソフトバンクのロゴが入った端末が平然と陳列されている。

 値段は3000元~4500元(約4万~6万円)。都市部住民でも月給が軽く飛ぶ値段だ。

 だが、日本製の人気は根強く、シャープは中国向け機種を発売する前からサイトの人気メーカーランキングでベスト10に入った。

 中国政府の統計では、携帯人口が昨年11月現在で6億3300万人と、前年より8600万人増加。普及率47%と巨大な携帯市場が広がる。まさに世界一の携帯大国だ。この市場で人気ランクに入るのだから、出回っている日本製携帯への注目度は相当だ。

 「中国で携帯は持つ人のステータスを表している。月給の倍の端末も平気で買う。特に日本で売っているものは信頼できる。ある意味、神格化している」

 中国の携帯事情に詳しい中国在住のITライター、山谷剛史氏は、こう解説している。

 日本で新機種が発売されると、商品リリースが中国語訳された記事が中国のネットに流れ、いやが上にも購買欲をあおる。日本製携帯に取り込んで遊べるゲームを紹介したサイトまで存在する人気ぶりだ。

■海を渡るブローカー…日本の店は「お得意さま」と黙認

 日本で盗まれた大量の最新機種の流出先が、仮に中国だったとしても、中国で出回っている量は、それをはるかにしのぐ。ほぼ正価で日本製を買い付け、中国に運び出すシステム化されたブローカーが別に存在するのだ。

 中国の販売業者によれば、持ち出しの“手口”はこうだ。

 販売業者から指示を受けた買い付け役の中国人が日本に渡航し、まず、金券ショップで数百万円分の量販店の商品券を購入する。少しでも割安にするためだという。

 買い付け役は数カ所の量販店を回り、中国で人気の特定最新機種を買う。この際、日本人の偽名などを使って契約する。大量買いは明らかに不審だが、「店側は『お得意さまだ』と見て見ぬふりをしている」(中国販売業者)といい、いわば日本の店が不正な流出を後押ししている側面も浮かび上がる。

 日本の機種はそのままでは中国規格のSIMカードが入らないため、中国の販売店周辺にいる“改造屋”がサッと中国仕様に変えるという。このほか、日本の携帯を中国で使えるようにする改造法を伝授するサイトまで存在する。

 疑問なのは、こんな方法で中国人業者側に利益が出るのかという点だ。

 山谷氏は「中国では携帯の販売競争が激しく、利益が薄くても顧客に人気の商品をそろえる必要があるのだろう」と推測する。

 だが、一昨年秋から状況が変わった。本体価格を通話料に転嫁させて安く抑える方法を廃止したため、実売価格が上昇。量販店で3万円台で買えた最新機種が5万円台に跳ね上がった。商品券を使って少しでも差額を稼いでいたブローカーにとってほとんど利益が出なくなった。

 この時期を境に大量盗難が急増。携帯事業者は「本体の高額化に加え、契約時の身分確認の強化で、偽名購入者の一部が大量窃盗という実力行使にシフトしたのではないか」とみている。

■有効な手だてなし…さらに蔓延の可能性

 窃盗や偽名契約を摘発する以外に中国への携帯流出は取り締まれないのか。

 携帯事業を統括する総務省は「本人確認をしない譲渡は携帯電話不正利用防止法に違反するが、国外犯まで処罰できない」。海外で使うために携帯を持って出国する人も多く、税関でも摘発できないという。

 ソフトバンクは「盗難防止や不正契約など“入り口”で防がない限り、中国国内の流通まで対処できない」といい、ドコモも「中古品の売買であれば止めようがない」と、事業者側にも効果的な対策はない。

 大量窃盗の続発にドコモ、ソフトバンク両社は本体識別情報から盗品の利用を停止する対抗策に乗り出すが、国内の通信を止められるだけで、中国など外国での通話に使われてしまえば、手足が出せない。

 日本の携帯メーカーはここ2、3年、相次いで「手ごろ価格」の中国向け携帯を発売したが、業績が振るわず撤退している。

 日本語表示で不便なうえ、中国ではネットもワンセグテレビも使えない不正流通品が日本製というだけで人気なのに、なぜ、正規品が売れないのか。

 「中国向け機種では、中国人はバカにされていると感じる。日本で売られているのと同じだからこそ価値がある」(山谷氏)のだという。

 不正流通品が最も出回っているとみられるシャープは昨夏以降、日本と同仕様の高額機種を相次いで投入。4000元クラスの機種の中で4位に入る売り上げを記録した。

 シャープ担当者は「日本で一番売れた機種ということが大きかったが、パソコンなどで取り込んだ北京五輪の動画を見るのにも好まれたようだ」と話す。

 この発売後、同社の不正流通品の人気が下向き始めた。日本製愛好者が正規品に流れたとみられる。このため、メーカー側は「日本と同機種の投入が不正流通を抑えるカギ」とみる。

 だが、中国は今月7日、中国の携帯事業3社に、高速データ通信に適した第3世代携帯(3G)導入を認可。うち1社はドコモやソフトバンクと同じ通信方式を採用する予定で、海外対応機種でなくても、中国で日本と同じ通話状況で日本製携帯が使えることになる。

 山谷氏は「不正流出がさらに悪化する可能性もあり、より本格的な対策を早急に取る必要がある」と指摘している。

 


 

【参照PDF:統計から見る来日外国人犯罪の検挙状況】
主要罪種等別・国籍等別検挙率状況(平成19年中)
 

 赤=支那青=韓国緑=ブラジル

犯罪/順位1位2位3位
強盗支那   
            33.8%
ブラジル 
           12.2%
韓国
           11.5%
侵入強盗支那 
            52.1%
韓国
           20.8%
ブラジル 
             8.3%
窃盗支那 
            36.9%
ブラジル 
           31.6%
韓国 
             7.9%
侵入盗支那  
            79.3%
韓国 
           14.1%
コロンビア
             5.7%
支払い用カード偽造支那
            72.5%
ナイジェリア
           20.9%
イギリス  
             3.9%
すり韓国 
            33.2%
支那
           33.2%
ベトナム
           11.7%

 

【犯罪者収監率】

日本人 1万人当たり 5人

朝鮮人 1万人当たり31人…約6倍

支那人 1万人当たり76人…約15倍

~~~
■外国人犯罪:7統計
http://wpedia.mobile.goo.ne.jp/wiki/53196/%8AO%8D%91%90l%94%C6%8D%DF/16/

外国人犯罪に関しては公的機関他、一般の学者が統計を分析しているhttp://www.k3.dion.ne.jp/~mabuchi/lectures_nara/nwsppr_ntnlty.htm

 来日外国人総数を分母とし、日本国内の来日外国人犯罪を分析すると日本人の半分程度の犯罪率になるという意見もある。例えば、日本人の犯罪率を100%とした時、2000年の統計では来日中国人243%、来日ブラジル人250.7%、来日米国人4%。このように国籍の違いにより60倍以上もの差がある。つまり、裕福な先進国の観光客が分母として組み込まれる事により統計上の数字が低くなっている。(平均値のトリック)。尚、この方法で犯罪率を算出すると、仮に中国人犯罪者による犯罪が1000%以上になり、100倍の犯罪件数増加となったとしても、犯罪率の低い米国人観光客が増え続ければ、数字の上では来日外国人全体の犯罪率は低下し続けるという現象が起きる。

 また、外国人犯罪は、増減を繰り返しながら現在の規模に至り、その他外国人犯罪は減少しつつも、来日外国人犯罪は昭和の検挙件数・検挙人員・犯罪構成比率の数倍~十倍前後となった為、一時期の統計値だけ取り出すと減少していたり、横ばいのように見える(恣意的にピーク時を統計の始まりとし、谷部分を終わりとするトリック)。ただし、全体的な統計を見ると一貫して1990年代以降、来日外国人犯罪の増加数が押し上げる形で、外国人犯罪全体が急増していることが解る。http://www.moj.go.jp/HOUSO/2007/hk1_3.pdf


       
h-line5.gif
 

「人間が現実に生きているのと、人間がいかに生きるべきかというのとは、はなはだかけ離れており、なすべきことを重んずるあまりに今なされていることを軽んじる者は、自らの存続よりもむしろ破滅を望んでいる」(『君主論』第15章)





  いつも応援、ありがとうございます。


banner_02.gif人気ブログランキングへ 
 
ゆずり葉バーナー2  

 



スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/03/19 21:36<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。