welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.03.22(Sun)

桜小  今朝のニュースでこの一報を聞いた瞬間の思いは、ご常連の皆さまにはお察しいただけると思います。誠に残念‥という一言では言い表せません。
 

 まずはNHKニュースより、

◆神奈川 旧吉田邸が炎上
NHKニュース 3/22 07:43
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014897601000.html

神奈川県警察本部に入った連絡によりますと、22日午前6時すぎ、神奈川県大磯町にある「旧吉田茂邸」で火事があり、炎上しているということです。消防が消防車など10台余りを出して消火活動に当たっています。大磯町のホームページによりますと、「旧吉田茂邸」は明治17年に吉田茂元総理の養父が建てたもので、相模湾に面したおよそ3万平方メートルの敷地に邸宅が広がっています。



◆旧吉田邸が火災 ほぼ全焼
NHKニュース 3/22 08:02
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014897641000.html

 神奈川県警察本部に入った連絡によりますと、22日午前6時すぎ、神奈川県大磯町にある「旧吉田茂邸」で火事があり、炎上したということです。現在、消防が消防車など10台余りを出して消火活動に当たっていますが、警察によりますと建物がほぼ全焼したということです。けが人はいないということです。



photo1.jpg 

 この旧吉田邸・別荘は2006年から「見学会」が行われるようになり、今年も3月1日から28日までの予定だったということです。

■旧吉田邸見学会
http://www11.ocn.ne.jp/~oiso/09teiharup3-yosi.htm

↑ 画像や当日会場で配られるリーフレット・資料がみられます。

 また、「見学会」が行われるきっかけとなった詳細記事が、湘南新聞にありましたので一部引用します。

◆↑湘南新聞[06/1/14]
http://www.scn-net.ne.jp/~shonan-n/news/060114/060114.html

大磯歴史的建造物 再生・活用を

 明治から昭和にかけて別荘地として歴史を誇る大磯でいま、野放し状態になっている歴史的建造物の再生・活用の気運が高まっている。旧吉田茂邸(西武鉄道所有)の国への売却計画が昨年末、県と大磯町から明らかにされたことで、旧池田成彬邸(三井住友銀行所有)など他の建造物にも影響が及び、行政レベルで新たな保存と活用方法が検討され始めた。

普遍的な宝物 見つめ直す動き

 過去の遺物の標本として保存するだけでなく、再生・利用してこそ価値がある、と行政は新たな展開に期待をかける。県は今年度から、相模湾沿岸地域と箱根地域に数多く残っている歴史的な邸園(邸宅と庭園)の活用法を模索し始めている。全国でも類を見ない屈指の歴史的建造物が残る大磯をモデルケースとして「近代政治史記念公園ゾーン」を整備する構想を持っており、所有する企業などにアンケート調査を行うほか、再生・利用するための委員会も組織する計画だ。
  再生・利用への動きは民間にも広がっている。「湘南の邸宅は不良資産か宝物か?」をテーマに湘南邸宅文化ネットワーク協議会が、今月21日、大磯の聖ステパノ学園講堂「海の見えるホール」で総会とシンポジウムを開催するほか、滄浪閣バンケットホールでポスターセッションや情報交換会を行う(問い合わせ先は大磯遺産保存会0463‐61‐0871)。

(中略)

旧吉田邸 来月一般公開

 旧吉田邸は吉田茂の養父、健三氏(貿易商)が明治17年に切通しと呼ばれる現在地に別荘を建てたのが始まり。共同名義で建てられ、主屋が20坪ほどの板葺きだった。その後、草葺きに建て替え、総2階建て洋館も建てている。この別荘を自邸として使用するようになってから建築家・吉田五十八の設計で「吉田御殿」が建てられた。邸内には昭和35年、滄浪閣から五賢堂(三条実美・岩倉具視・大久保利通・木戸考允・伊藤博文ら明治の元勲を祀る)を移築した。現在は西園寺公望、吉田茂を加え七賢堂となっている。吉田茂没後の昭和44年、西武鉄道に売却される。(大磯町教育委員会「大磯のすまい」より)昭和54年には大平首相とカーター米大統領との首脳会談が行われている。大磯町は大磯プリンスホテルの協力を得て、2月に旧吉田邸を一般公開(無料)する。市民に歴史的遺産を身近に感じてもらおうという趣旨で、3日間の限定で公開することにした。1日で約1000人を受け入れる計画で今月中に公募する。



 市の財政負担で保存・維持の難しさに悩みながら、しかし、相次ぐ歴史的建造物の跡地にマンションが建つことを憂いてきた「大礒遺産保存会」。こうした傾向は全国各地で抱える問題ですね。

 先ごろ東京駅前の「中央郵便局」の建て替え問題で、鳩山総務相が文化財価値のある建物として検討してながら、既に一部に工事の手が入ってしまったことに怒り、「国の恥だ!」、「トキを焼き鳥にして食っちゃうようなものだ!」といささか暴走気味の発言がありましたが、個人的には歴史的建造物を可能な限り残すことに賛成です。というより、日本はこれまで日本の素晴らしい歴史的文化財やその普遍的価値、そして「日本の色」を、経済成長を理由にあまりにも簡単に無機質なコンクリートの灰色一色に塗りつぶしてしまった‥、と思えるからです。

 しかも、最近相次ぎ報道されている文化財建造物の焼失…、そして、今回現政権麻生太郎内閣総理大臣に深く関わる「旧吉田邸」の火災にイヤな印象を受けるのは、取り越し苦労と笑われるでしょうか。

◆国の重文・旧住友家別邸が全焼…横浜 [09/3/15]
国の重要文化財の旧住友家俣野別邸=横浜市提供
2009/3/15  19:35 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090315-OYT1T00252.htm

◆◆「トトロの家」全焼 不審火の疑い
209/2/14 11:42 msn産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/090214/dst0902141143005-n1.htm




banner_02.gif人気ブログランキングへ 
 
ゆずり葉バーナー2  

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/03/22 09:41<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。