welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.03.24(Tue)

sak_090桜 

桜小 

 308352353

 ヤッター・ヤッター・ヤッターマン363363

  侍ジャパン、2連覇おめでとうございます!

  そして、感動をありがとう…



ヤッターマン 
チョットいたずら描きしてみましたぁ~ (*^^)v


 嬉しかったですね、いろいろな意味で(^_-)-☆ 
 例えばあのこととか、あのこととかetc.(今日は書きません)
 そして、原監督をはじめとするメンバーの熱い思い、しかと受け止めましたよ。

 しかもメンバーの最終選考に漏れても、WBCの試合が終わるまで「オレは日本代表だ」と言って代表メニューの練習を休まずバットを振り続けていたという栗原健太選手。その思いを知っていた原監督、村田修一選手が怪我をした数分後には、「栗原を呼んでくれ」と言ったとか──。 (TBS放送)
 実に日本人らしい侍たちの「思い」「誇り」を大切にした、まさに武士道「侍ジャパン」ならではの快挙だったと大感動しました。

 で、その放送を見た直後に「ヤッターマン」のあのパフォーマンスが流れたので、❢❢その通り、ヤッターマン達だネ!とついその気になって、久し振りにいたずら描きをしてみたくなったというわけで。 管理人も息子と一緒によく見ていたアニメなので、実は思い出深いのです。 ただ、それだけのことなのですけどね、かなり「ブタもおだてりゃ、木に登る」系なもので・・・(笑)
 たまには、こうした明るい話題のエントリーをアップできるのは一息吐けます。


     桜ライン 


 さて、本日もう一つの注目されていた話題と言えば、当然民主党小沢代表の進退を明らかにする、ということだったと思いますが、あれだけ党をあげて事前の「辞めないよ」「だって、オレ悪くないモン」的印象付け、おまけに責任転嫁の「国策捜査」論で煙幕40でしたから、案の定でした(笑)。
 ですから、管理人は--関東地方の今日の天気は花曇り--同様、頭に霞がかかったような感じで実は興味が湧かず、アンテナも感度不良w。
 だって、政治家や上に立つ者たちには(こうした見方はもう過去の遺物?)出処進退のときこそが人物像を現すと思っている管理人ですから、エントリーに挙げてコメントする価値もないと、目下シラケ鳥(古ッ)。

 そこで折角良い気分の今夜ですから、つまらないニュース引用は止めて、少し本から引用してみたいと思います。 ご存じ、お読みになった方も多いはずの藤原正彦著「国家の品格」からですが、この本は何度読み返しても面白いと思います。

 
〈四つの愛〉
(P111~) 

 この懐かしさという情緒は、私の呼ぶ「四つの愛」の基本になります。「四つの愛」とは何かと言うと、まず「家族愛」です。それから「郷土愛」、それから「祖国愛」です。この三つがしっかり固まった後で、最後に「人類愛」です。
 順番を間違ってはいけません。家族愛の延長が郷土愛、それから二つの延長が祖国愛だからです。日本ではよく、最初に人類愛を教えようとしますが、そんなことがうまく行くはずがありません。「地球市民」なんて世界中に誰一人いない。そんなフィクションを教えるのは百害あって一利なしです。先ずは家族愛をきちんと教える。それから郷土愛。それから祖国愛です。このうちのどれかが欠けていたら、世界に出て行っても誰も信用してくれない。
 私は、ガーナ人でガーナを愛さない奴がいたらブッ飛ばします。韓国人で韓国人を愛さない奴がいたら張り飛ばします。仮に張り飛ばさなくても、少なくてもそういう人間とは絶対に付き合いません。根無し草と付き合っても、何一つ学ぶものがないからです。
 これは日本国内に当てはめても同じことです。青森出身の人は青森を、沖縄出身の人は沖縄を、愛していればいるほど、人間として魅力的で信用もできる。鹿児島でも北海道でも同じです。

〈愛国心の二つの側面〉
(P113~)

 祖国愛に対しては、不信の目を向ける人が多いかも知れません。「戦争を引き起こす原因になりうる」などと、とんでもない意見を言う人が日本の過半数です。
 まったく逆です。祖国愛のない者が戦争を起こすのです。
 日本ではあまりよいイメージで語られない「愛国心」という言葉には、二種類の考えが流れ込んでいます。一つは「ナショナリズム」です。ナショナリズムとは、他国のことはどうでもいいから、自国の国益の身を追及するという、あさましい思想です。国益主義と言ってよい。戦争につながりやすい考え方です。
 一方、私の言う祖国愛は、英語で言うところの「パトリオティズム」に近い。パトリオティズムというのは、自国の文化、伝統、情緒、自然、そういったものをこよなく愛することです。これは美しい情緒で、世界中の国民が絶対に持っているべきものです。
 ナショナリズムは不潔な考えです。一般の人は敬遠した方がよい。ただし、政治家とか官僚とか、日本を代表して世界と接する人々は当然、ある程度のナショナリズムを持っていてくれないと困る。
 世界中の指導者が例外なく、国益しか考えていないからです。日本の指導者だけが「ナショナリズムは不潔」などと高邁(こうまい)な思想を貫いていると、日本は大損をしてしまう。安全や繁栄さえ脅かされる。一般の国民は、ナショナリズムを敬遠しつつ、リーダーたちのバランスあるナショナリズムを容認する、という大人の態度が必要になってくる。現実世界を見ると、残念ながらダブルスダンダード(二重基準)で行くしか仕方がないのです。無論、リーダーたちの過剰なナショナリズムへの警戒は怠ってはなりません。



 自分の生まれた国を愛する心は、極々自然の心のあり方ですよね。それは、誰が考えても、万国共通です。 でも、国によっては非人道的な指導者の独裁政権下に苦しみ、生存さえ危ぶまれて国を逃げ出す民もいます。郷土に愛着があっても指導者に耐えきれず、仕方なく逃げ出す民なのでしょう。
 また、隣国から侵略され、文化破壊や人口侵略、弾圧に虐げられて民族消滅の危機に陥っている国もあります。 同じように侵略された土地で事前通告もなしに核実験を繰り返され、広島・長崎以上の被爆者を出している国もあります。これが世界の東の極一部の国々で実際起きている、この時代においてなお進行形の哀しい現実です。しかし、だからといって国を追われても祖国への愛着を捨てたわけではなく、諦めてもいない。そして国を取り戻したい思いを支えにして生きている亡命者たちもいます。望まず外国で暮らしていても、生まれ育った祖国への愛は永遠なのでしょう。

 でも、日本は悠久の歴史と四季折々の自然は見事に美しく、そこに長く住んできた国民の情緒は深く広く、そして神を自然を敬い謙虚に健気に「和を以て尊ぶべし」の精神で協調し合ってきたからこそ、長い歴史を積み上げ生きた来られたのだと思います。だからこそ、何か起こったとしても逃げ出したいと思う日本人はそうはいないでしょう。 憂うべきことは山とあってもです。

 しかし、日本に生れて良かった!! と、このWBCの勝利だけでなく、日本の素晴らしさを一度も実感できずに、ただ漠然と過ごすことの怠慢は、感性も磨かれぬまま惰性で生きるからこそ国家観が育たず、民族の誇りも感じられずに、あるときフッと虚しくなるのでは?と、老婆心ながら思ったりもします。子供のころの教育がやはり、大事だということでしょう。育つべき大事な芽を摘んでいては、祖国への愛など芽生えるはずもありません。 

 元伊藤忠商事の会長、瀬島龍三氏はよくこう言っていたそうです。

 歴史を無視すれば、歴史に処断される

 と。 また、こうも言っています。

 その人物の見識が高ければ高いほど、低俗な連中は理解できないから反対する。その反対、妨害を断固として排除し、実践する力を「胆識」という。つまり、決断力や実行力の伴った知識や見解が「胆識」ということになる。


 あれぇ~、太文字部分はどなたか(達)に聞かせたい一文でしょうか?
 そして、下線部分は・・・お分かりですね。殺人的日程をこなし、漢字の読み間違え程度の重箱の隅を突かれる他批判材料がなく、ヒヨコ程度の若手議員がポスター写真を一緒に撮りたがらなくても、しかし、愚痴一つこぼさず、確実に国を守るために駒を置いている方、にあるのでは?




いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ 
 
ゆずり葉バーナー2  

 

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/03/24 23:48<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。