welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.03.26(Thu)

sak_090桜 

桜小  昨日、バタバタと何かに気を取られている中で、耳に入ってきたテレビからの声。多分ワイドショーの「新聞コーナー」だと思うのですが、定額給付金の使い方で起きているという家庭の事情? その内容に瞬間耳がダンボ318
(残念ながら、その記事は探しても見つかりませんでした)

 なんでも、一家に入ってくる定額給付金で大型テレビを買おうかと夫婦で話していると、それを聞いた子供たちが「なんで私たちに支給された給付金で家族の物を買うのか?」「それは子供に支給されたものだから自由に使わせろ」と主張していて、ちょっとしたバトルとなっている、という内容だったと思います。

 ………(41メラメラ 359ムカムカ 355イライラ)の無言

 しかし、一人の母親は「普段沢山税金を払っているのだから」と説明したという補足もありましたからその家庭はまだいいとしても、子供にとって大金のはずの一人2万円を、「ワタシの権利だ」と言われてそのままそっくり与えてしまう家庭もあるのだろうか…?と、俄かに心配になりました。

 我が家は少人数なので使い道など深く考えたこともないのですが、家族が多ければ大変な額になる給付金です。
 それも、あれだけ民主党や野党、マスコミがバラマキだ!、有効手段ではない!と批判しても、国民の多くが首を長くして待ちわび、そして待ってましたとばかりに開始直後に流された「給付金の支給一番乗り」を目指す地方からのニュースで、手にしたおばあちゃんが嬉しそうに “美味しいお刺身を買います♪” と言っていましたが、我が家も似たような微笑ましさかと──。

 ところが、例えば夫婦と子供2人の4人家族で6万4000円とまとまれば、何か大きな買い物をしたくなるのは分かります。ましてや子供がいる家庭では、普段からそれなりに家計のやりくりが必要な財政事情でしょう。だからこそ、所謂「棚ぼた」の収入はパッと潔く使ってもらい、国の経済停滞に、枯れたポンプ式井戸の呼び水的使い方が望ましいと、ここまでは皆さんご理解のはず。

✿~~✿~~✿

 321 ここで雑情報

◆「給付金で中国旅行を」JTB西の格安ツアーに66倍応募
2009/3/25 10:09 読売新聞



 別にいいのですけどネ... 格安過ぎるツアーで行っても、コピー品や偽の骨とう品など掴まされたりしては何にもなりません。その他etc.にどうぞお気をつけて‥。

✿~~✿~~✿

 でもねぇ、百歩譲って大学生ならまだしも、中高校生に2万円を自由に使わせるのはどうでしょう。 という以前に、こうしたことで

 子供に主張させるな!

 が、管理人の(メラメラ・ムカムカ・イライラ)の原因です。

 極一部のご家庭かと思いますが、あぁ、いつから親は子供の主張にたじろぎ、受け入れ、迎合するようになってしまったのでしょうか・・・

 古いと言われようと、固いと言われようと、会津藩『什の教え』でいいのです。


 ならぬものは ならぬものなのです

 これを今風に言えば「ダメなものは、ダメ!」と親は毅然としていればいいことですし、時と場合によっては一々説明など必要ないはずです。

 何故なら、子供だから…。

 早く言えば、保護者の養育の下で判断力もない子供に、こうした事に対して口を挟ませるのは問題だと思えてならない管理人。それも欲望の限界を知らない子供に、万単位のお金を自由に使わせることなどもっての外です。

  以前「携帯電話校内禁止」問題で、 “何かあったら誰が責任取ってくれるんですか?” と憮然として反対していていた小学生女児の顔が浮かんできましたが、子供のうちから大人に対して論理・理屈を付きつける子供は、大人の口真似以外に、どもまで解って言っているのかと不思議に思えます。


     桜ライン


 実はこの後の流れでは、ずっと後回しになっている教育関連の事に触れてみたかったのですが、早朝、まだ寝ぼけ眼で見たweb記事に気になるものがあって、優先順位はこちらに軍配です。

◆日本の「第2の開国」は中国頼み=「第1の開国」は欧米頼みだったが―日本華字紙
2009年3月25日(水)21時3分配信 Record China


  3月、華字紙は「日本の第2の開国は中国頼み」と題した記事で、これまで外国人に固く門を閉ざしていた日本が一転し、新たな外国人政策を打ち出し始めたと論じた。写真は日本への団体ツアーが全面解禁になった05年、日本の観光案内が大々的に行われた。

 記事は、日本で外国人観光客数を20年までに2000万人に引き上げる「訪日外国人旅行促進に関する中長期的戦略(案)」に続き、在留外国人への緩和措置が盛り込まれた「出入国管理・難民認定法(入管法)改正案」も登場したことから、「黒船来航以来、1世紀半ぶりに第2の開国に踏み切った」と指摘した。

 記事によると、日本にとって少子高齢化は国家存亡がかかった「死活問題」。そのため、優秀な外国人労働者や観光客を大勢引き入れることが不可欠だという。中でも来日外国人の首位を占める中国人は「金融危機でも来訪者数が減らない」貴重な存在。記事は、「最初の開国は欧米頼みで成功したが、2回目の今回はその矛先が中国に向いている」と指摘した。

 入管法改正案では、外国人の在留期間を現行の3年から5年に、また「就学」と「留学」の区別をなくし、トラブルの多かった外国人研修制度には新たに「技能実習」という在留資格を設けるなど在留外国人に対する救済および緩和措置が盛り込まれた。(翻訳・編集/NN)



 確かに、何故か近年支那からの移民や観光客を積極的に呼び込もうとする国内の動きが活発ですが、しかし、この記事元が中共政府の意向を反映する中華紙では、額面通りに受け取るわけにはいきません。 何が言いたいのかと言えば、まるで支那から日本への移住を正当化し、解禁したぞと言っているコマーシャルのようです。

▶ 日本は人口減少で存亡の危機だから ⇒ と、理由付け①
 
▶ 「訪日外国人促進中長期戦略」と「出入国管理と難民法改正案」は第二の開国と決めつけ ⇒ 理由付け②

▶ 優秀な外国人労働者や観光客を大勢受け入れることが不可欠と決めつけ ⇒ 理由付け+正当化③

▶ 来日外国人の首位を占め、金融危機でも減らない来訪者だから貴重な存在と ⇒ 貢献していると恩を売り正当化+理由付け④

▶ 外国人研修制度に「技能実習」が加わり ⇒ 日本に入国しやすくなったと理由付け⑤


----------

 先日20日、浜田防衛相が訪中した折、

初めて中国国防相が空母建造を初表明
(産経新聞)しました。
 これは以前から宮崎正弘氏のMLで何度も伝えられてきた事ですが、現実問題として浜田防衛相はにこやかにカメラに納まっている場合ではない話でしょう。

 日本の尖閣諸島のみならず、南沙諸島・西沙諸島・ミスチーフ環礁など、ご存じのように現在進行形で行われている支那中共の資源確保、膨張主義は、各地で領土紛争を巻き起こしています。そして、何と言っても「チベット動乱50周年」の今年ですが、支那中共のチベットへの侵攻が如何に進められ、民族浄化と人口侵略で、現在生存する純粋なチベット人が半数以下になっているという亡命政府の発表を聞いても、決して他人事ではないと思える管理人。
  
 また、2000年以降に永住資格をとった在日支那人が最も多く棲みついているのが沖縄だといいます。
 沖縄と言えば国連主義で日本の防衛には無関心、しかも、「国民から目を逸らす悪質な」政治献金を得ながらその責任を自ら取らずに、出処進退を国民の世論に任せるという小沢代表。その民主党の「沖縄ビジョン」の内容は沖縄を日本から切り離すことですから、そこに支那人が永住しているという現実は何を意味するでしょうか。

 そして、
沖縄・那覇に総領事館を置きたいと打診してくる中共政府(読売新聞)。



 しかも、既に60万人を超す在日支那人と59万人の韓国・朝鮮人たち。 
 

 そして、未だこの現実に気付かないでいる日本人・・・ 


ML:宮崎正弘の国際ニュース・早読み[09/03/12]より

 


支那の軍拡

 中国は海南島南部「三亜」に潜水艦の秘密基地を建造した。しかもICBM搭載の潜水艦の集積地といわれ、米軍は観測を続けてきた。

 「海洋を抑える西側帝国主義と揚子江のファナティックは国家主義者との対決」(英紙ガーディアン、3月10日)は政治の表舞台での「戦略的パートナー」「ステ-ク・ホルダー」「G2」という米中関係の緊密ぶりとは別の思惑で進んでいる。

 「14・9%もの軍拡に突き進んだ中国は米国への顕著な挑戦をしめしている」(同紙、サイモン・ティスダル記者)。



人間にとって『生きる』とは単に「存在する」ことではなくて、

「よく存在する」することを意味する 

          ~オルテガ・イ・ガセット~






いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ 
 
ゆずり葉バーナー2  

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/03/26 18:25<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。