welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.03.28(Sat)

sak_090桜 

桜小   毎日大なり小なり「またか‥」と思わせられる某国の反日・侮蔑行為に暇はありませんが、これに対して「またかではなく「またかと書くのは、そこに驚きの感情も怒りの感情も失せたシラケた管理人の心理状態を表します。
 ですから(くだらないと)このブログで取り上げることはあまりないのですが、ここ最近目に余る記事が相次いでいますので、本日は特別解禁です(笑)。

1参考引用が多いので長くなります。ご注意を!

 一般的に、女性の怒りの最たる心理状態を「ヒステリー」と呼び、男性諸氏は少なからず辟々(へきへき)させられた経験もおありでしょうが、しかしこれにはだいぶ国民性や個人差、また年齢差があるのでは?と思う管理人。
 例えば管理人が知る限り(日本人と極少数の欧米人)、60代以上のおばあちゃんがキィーキィーヒステリックに醜態を晒しているところをこれまで目撃した記憶がありません。 その訳を科学や精神学で分析すればいろいろあるのでしょうが、日本人の場合なら「恥の文化」が影響していると思えます。  経験上、内々の時なら多少の感情を爆発させても、公衆の面前では感情的になることを「恥」として抑えることを自然と学んできているからです。 普通は繁華街のど真ん中で金切り声をあげて子供を叱ったり、夫婦喧嘩はできませんよね。人目をはばかり極力遠慮します(笑) また、管理人のような中高年世代に限って言えば、長い人生の中で積んできた経験は器に例えれば大皿のようなものですから、そこを満杯にするのは時間も分量もいります。これは特別なことではなく、普通に日本人らしく生きていれば自然に身につくものだと思います。 年を取ると丸くなるのは、背中だけではありませんね。

 しかし、その相手の言動によって生じる「怒り」や「不快」の感情は、度々、頻繁に、しつこく繰り返されると、仕舞には容量を超えるというより一々感情的に捉えることにもバカバカしくなる「呆れ」の状態になり、所謂「匙を投げる」という諦めの心境(=その行為を寛容に受け止めて、改善を期待することを止めてしまう)になるからではないでしょうか。 また、状況をみながら「腹に溜める」という場合もあります。 それは後からドサッとまとまって小言や文句になるので、恐いですよ(笑)。

 話は逸れますが、あの離婚騒動で話題となった藤原紀香さん。ここに至るまでは相当辛抱の棒もきつかっただろう‥と、同じ女性として心より同情します。 浮気にDV、そして格差婚の歪み、今は違った意味で特殊となった芸能界の構造や背景等などで夫側には大いに勘違いもあるでしょうから、本当に夫婦と言えども赤の他人同士が人生を背負い合うのは生半可なことではありません。 しかし、事を踏み切れた後女性は男性より前向きですし、未練を残さない現実主義かも知れませんね。 これが彼女にとって一回り大きく成長させる「経験」の一つとなり、何れ優しい友である時間が傷を癒してくれると思います。 社会的に失ったものが多いのは、間違いなく夫側ですし‥。 そして何より、未来と可能性が開けることにもなります。

 たかが紙切れ一枚、されど紙切れ一枚‥ なんですね。


     桜ライン


 さて、以前何かの折に、土井健郎著「本音と建前」から少し引用させていただきましたが、本日は同氏著「甘えの構造」から簡単に要訳・引用します。


 「甘えの心理」は、甘えられないとわかると「すねる」「ひがむ」「ひねくれる」「うらむ」といった感情をうませ、素直に甘えられない心理を持ちつつ、しかしそれらは「甘え」ていることなのだといいます。
 その「すねる」の結果が「ふてくされる」「やけくそになる」という現象となり、自分が不当な扱いを受けていると曲解することが「ひがむ」となるわけですが、それは自分の甘えの--当てが外れた--ことに起因します。

 「ひねくれる」は、甘えることをしないで却って相手に背を向けることですが、それはひそかに相手に対して含むところがあるからで、甘えないように見せても根本的な心の態度は、やはり「甘え」であるといえます。

 また、「うらむ」のは甘えが拒絶されたことで相手に敵意を向けることですが、この敵意は憎むというよりもっと纏綿(てんめん=まとわりついて離れにくい様)したところがあり、それだけ「甘えの心理」に密着しているということができます。

 次に「とりいる」というのは、たくみに相手の機嫌をとることによって自分の欲望を満たそうとすることですが、実は相手を甘えさせると見せて、実はこちらの甘えを実現させることと言えます。また、物事に「こだわる」のは、人間関係の中で頼んだりすることが容易に出来ない人です。甘えたい気持ちが人一倍あるのに、しかし、相手に受け入れてもらえないのではないかという恐怖心があって、それを素直に表現できなことを意味します。

 「わだかまり」というのは、表面は何もない風を装っていながら、内心は相手に対する「恨み」を蔵している場合ですが、これと同じような意味に、日本人の場合は「気がね」=受け入れてもらえるかという不安、や、「てれる」=他人の前で甘えを出すことを恥ずかしく感じる、といった心理が働くからといえます。

※()内は、説明のため管理人が追加

※これはあくまでも日本人を分析したものです。

 この日本人の「甘えの構造」で考えても、「恨(はん)」の国は理解できるものではありませんが、しかし、甘えられないことから生じる人の感情の流れ「ひがむ・すねる・ひねくれる・つけいる」は、ある程度万国に共通する面もあるように思えるのも、日本人(管理人)の目で見ているからなのでしょうか。


 引用はしませんが、昨日の記事から


◆イチロー「殺害予告」動画 「首にナイフ」にネット騒然
 2009年3月27日(金)18時23分配信 J-CASTニュース



◆【WBC】日本は汚い! 合成写真まで登場!
2009年3月27日(金)17時31分配信 ココログニュース



◆【中国のブログ】韓国大統領の中国への要求「大韓半島と呼べ」
3月27日4時20分配信 サーチナ


~~

 上の2つに関しては「またか」と呆れの心境でスルーしても、朝鮮半島を「大韓半島」と呼べと言ったという李大統領の記事には、少々驚かされました。
 ご存じ日本の領土「竹島」も「対馬」もそして「日本海」の呼称も南韓メンタリティで、歴史も事実も国際認識も無視した主張を繰り広げるお国かと。
 なにをどう考えたら、統一前にこうした主張を一国の指導者が出来るのかさえ理解不能なのですが、それを過去の保存情報から探って見てみます。

 例えば、日韓の「歴史共同研究」をされていた神戸大学教授・木村幹氏は、


仕事は厄介であった。すぐにわかったのは、日韓の間では、歴史教育の目的が全く異なる、ということだった。

 

 日本では一般的に、日本史や世界史に関わる「事実」を教えることに重点が置かれている。だから、各種の教科書から一定の「物語」を読み取ることは難しいし、また、教育現場でもその読み取りは重視されない。

 しかし、韓国では歴史的事実よりも、歴史に関わる「物語」に重きが置かれている。そこでは、「民族」の価値が強調され、近代史でも、如何に韓国人が日本に抵抗したかが、重視される。

 日韓の教科書の違いには、「歴史観」の違いが表れている。例えば、韓国人が歴史問題などにおいてよく使う言葉に「歪曲」がある。注意すべきは、この言葉が「歪曲された事実」という形だけでなく、「歪曲された歴史観」という形でも使われることだ。そこには、「絶対無二の歴史観」が存在し、それ以外の歴史は、事実の如何に拘らず「誤り」だ、という認識が存在する。

■厳選!韓流通信様[09/1/29]:【歴史共同研究】日韓で異なる歴史教育の目的~韓国では歴史は今も民族の「物語」…神戸大学・木村幹教授★2[09/1/19]

(一部引用)


 歴史や事実関係を客観的にとらえず、あくまでも南韓サイドで「絶対無二」と決め付ける物語の歴史──ですか。

 そう言えば管理人は全く見ないのですが、NHKで放送していた「チャングム」というドラマ。子供でもフィクションと捉え、所詮娯楽として見るドラマですからそこに嘘も虚飾もあって当然だと思っていたのですが、それを韓国人が信じて疑わないのだと伝え聞いています。 しかし、まさかいい年をした日本人までもが真に受けているとは…。(-"-)  既存メディアの偏向が招く影響でしょうか。
 とは云え、当時ネットを休止していた管理人に気付かせてくれたのは、この国なのですがね。


 石原都知事が、北朝鮮のミサイルは“間近に堕ちた方がいい”と国民の緊張感のなさを嘆いて、こうした過激発言をする気持も分かるよう~な。

 そこで昨年12月23日の産経記事【正論】筑波大学大学院教授・古田博司氏「増殖する韓国の『自尊史観』」という記事から 、

===引用╱簡略

(前略)
「チャングム」のまやかし

 物語(チャングム)をそのまま史実だと思いこんでいることが多いので、正しておきたい。まず朝鮮の李朝では、女子が宮中に出仕すると王様と疑似婚姻関係に入るので一生外に出られない。チャングム女史のように出たり入ったりはできない

 と、書かれ、以下様々な文献から「まやかし」を証明。

▶ドラマでは李朝時代は色彩にあふれているが、ほんとうは顔料がないので民間に色はない。

▶李朝は清朝や江戸時代と異なり、技術革新を嫌い、低レベルの実物経済で500年もの統治を可能にしたのであり、どこに似ているかといえば、いまの北朝鮮に似ている。19世紀初めの朝鮮の儒者が、「(我が国の拙(つたな)きところ)針なし、羊なし、車なし」(鄭東●『晝永編』)といっている。

▶針は粗雑なものがあったが、ちゃんと縫うには中国から針を買わねばならなかった。

▶韓国の歴史教科書について、李朝期にあった韓国近代化の芽を摘み、植民地期にひたすら収奪したという論はもはや無理の限界。「このような収奪論には実証的な根拠が確実ではないという問題点がある。コメは日本に収奪されたのではなく、経済論理に従って日本に輸出されたのであり、それにともなって日本人を含む韓半島(韓国人は朝鮮半島をこう呼ぶ)全体の所得が増加した」(教科書フォーラム編『代案教科書 韓国近・現代史』2008年3月)と書かれてある。

▶日本が強制的に保護条約を押しつけたと居直るのは、70年代の中頃からのことで、朴正煕政権の後半、力量を持った民族ではなかったことが被植民地支配の原因だったと、ひそかに反省し始めたときであった。

▶利権を漁る一部マスコミが、82年6月26日に日本のマスコミが、教科書検定で日本の中国への「侵略」が「進出」に書き換えられたという誤報を行ったことから、「近隣諸国条項」が設けられるに至った。

矢印上 詳しくは過去記事「教科書問題の発端」[08/5/24]

===


「恨(ハン)」の文化と韓国人

 

「恨(ハン)」の文化の国と言われる韓国。
これは、韓(朝鮮)民族特有の心理状態。日本人の言う「恨み」とはまったく違うもの。

「恨」=理想的な状態、あるべき姿、いるべき場所への「あこがれ」と、それへの接近が挫折させられている「無念」「悲しみ」がセットになった感情、あるいは「悲しみと喜び、悲嘆と希望、悲しみと幸福といった相反する二つの感情の混合状態のようなもの」
──小倉紀蔵の私家版・韓国思想辞典╱風野春樹の私家版・精神医学用語辞典──

※度重なる戦争や侵略、政変などにさらされた経験から生まれた韓国・朝鮮人特有のメンタリティと言われており、多くの韓国の専門家は、「恨」は単なる個人的な感情ではなく、韓国・朝鮮人に共有された集団的な感情状態であると信じている。
「恨」の文化は、韓国・朝鮮の歴史抜きには語れない。

ソース元:
■依存症の独り言様[08/10/30]より




 と、様々な意見があって選ぶのも迷いました。
 ここでだいぶ長くなりましたが、最後に興味深かった朝鮮日報の過去記事を引用します。

 2007年の記事(上・下)から(上)のみですが、見出しから おやっ?!と思わせるものです。


◆【コラム】うそで塗り固められた詐欺王国・韓国(上)
2007/9/19 朝鮮日報


 学歴詐称問題を引き起こした元東国大助教授のシン・ジョンア氏は、韓国社会を映す鏡のような存在だ。今回の事件は個人の問題であると同時に、韓国人全体の問題であると見て間違いない。韓国は今や経済規模で世界第13位に達したとはいうが、その実情は砂上の楼閣そのものだ。うそや虚勢ばかりが横行する社会の雰囲気を考えたとき、韓国はこれ以上前進できないだけでなく、いつ崩れ去ってしまうかも分からない。


 韓国の大統領はいつも平然とうそをつく。そうしたうその洪水にさらされて生きてきた国民にとって、シン・ジョンア氏や卞良均(ピョン・ヤンギュン)前大統領府政策室長のうそなど、さほど驚くべきものではなかったはずだ。


 うそをつくのは、何も政治家やエセ博士ばかりではない。13年前の検察の統計によると、人口10万人あたりの詐欺事件の発生件数は、韓国が日本を35倍も上回っている。次に同じくうそによる代表的な犯罪のひき逃げを見てみると、当時韓国では年間6855件ものひき逃げ事件が発生している。一方乗用車の台数が韓国の14倍にもなる日本では、ひき逃げ事件はほとんど発生しないという。


 記者が事件記者だったころ、警察署の調査係には山のように調書が積み上げられているのが常だった。その中から無作為に書類を取り出して中身を見てみると、たいていは詐欺事件に関する調書だった。1970年代に若き起業家として台頭し、その後没落したある事業家は回顧録の中で自身の経験を振り返りながら、「韓国の詐欺師ときたら、ソ連の核兵器でもだまし取れるのではないかと思うほど悪らつだ」と書いた。シン・ジョンア事件は、いまだ韓国社会のそうした陰の部分が変わっていないことを見せつけた。


 シン・ジョンア氏は自らを虚構で飾り立てて生きてきた。成功も失敗も、箔(はく)付け次第で決まると悟ったからだ。努力せずとも、名の通った大学の卒業証書さえあれば、仮に能力が足らなくても他人より一生有利に生きていけるのが韓国社会の特徴だ。外ではシン・ジョンアの悪口で盛り上がっても、家に帰れば名門大学に入るよう子どもをけしかけるのが、今の韓国人の姿だ。韓国で整形手術が普及しているのも、また世界で最も化粧品の売り上げが多い国の一つであるのも、決して偶然ではないのだ。


 ニューズウィーク社が発行する旅行案内書に、韓国の特徴として「韓国人はよい服を着ている」と記してあるのを見たことがある。ほかの国について、そうした記述を見た記憶はない。自分が何者かが重要なのではなく、他人が自分をどのように判断するかという点ばかり気にして生きているのが韓国人だ。先の説明を書いた人物は、そうした韓国人の特徴を見抜いたのではなかろうか。


楊相勲(ヤン・サンフン)論説委員







 神はまず天と地を造った。海と山を造った。

そして日本という国を造った。

日本には世界一勤勉な人々と、世界一うつくしい風景と、

世界一おいしい食べ物と、世界一過ごしやすい気候を造った。

天使がいった。

「神様、これではあまりにも日本が恵まれ過ぎています!」

「心配するな。となりに韓国を作った」


                     ~ 不明 ~





いつも応援、ありがとうございます。

banner_02.gif人気ブログランキングへ 
 
ゆずり葉バーナー2  

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/03/28 08:47<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。