welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2009.03.31(Tue)

sak_090桜 

桜小   この一年、辛抱強く御来訪いただき、有難うございました。

 残念ながら、明日より暫く更新が不可能な状況となりましたため、ここにお知らせ致します。

 月間アーカイブスをご覧頂けばお分かりのように、昨年4月1日に3ヵ月間休眠していました本ブログを再開させて丁度一年──。 偶然ですが、今年はその日を境にしてお休みしなければならなくなりましたことは、皮肉なものと苦笑しております。

 今回、再びこちらに戻れるかどうか見通しが立たぬ状況では本ブログの処置を考えざるを得ませんでしたが、「国民が知らない反日の実態@wiki」様よりリンクされています関係上、ブログ自体はこのまま保留させていただくことにいたしました。しかし、更新出来ないまま「ブログランキング」に残るのは本意ではありませんので、急なことで申し訳ないのですが、本日を限りに脱会をさせていただきます。
 これまで応援して下さった皆さまに、心より感謝申し上げます。
 ワンクリックのお心遣いにたいへん励まされ、背中を後押しされてまいりました。 本当に有難うございました。

 また、毎日熱心に(?)アダルト系スパムを貼って行かれる方々がいらっしゃいます関係上、休眠中はコメント欄を封鎖させていただきますことを加えてお知らせ申し上げます。


     桜ライン


 人の人生に「まさかはない」と、半世紀余りの経験でそう思うに至った管理人ですが、無信心ながらも「生きる」こと自体が「修行」と考えてもおかしくはないいばら道‥。 

 試練とは、それを乗り越える者のみに与えられる

 という言葉があるようですが、“冗談じゃぁないわ”と思いつつ、抗えないのも事実ですね。 

 しかし、人の人生も、国の運命も、その持って生まれた環境や条件に加えて、自身の性格が導き出したその時々の選択如何によっても、未来を変えていくものだと思っています。 物事には必ず「原因」があって「結果」があるからです。
 また、時間は二度と戻らず、永遠に一度きりの時間を刻みつつ未来に向かって進む他ない運命(さだめ)は、だからこそ「現在」をより良く生きることでしか未来に希望を紡ぐことはできないとも思っています。 しかも、その選択すら許されない「運命」も多く存在する未知の領域も存在し、「運命」として逃れられないのも現実です。 これを管理人は「修行」と思うことにしています。


 「四苦八苦」というよく聞く言葉は、仏教でいうところの「四苦」=「生・老・病・死」で、命あるものが避けては通れないこれも「運命」ですね。 これに更に四つの加えて「八苦」=「愛別離苦(あいべつりく)」「怨憎会苦(おんぞうえく)」「求不得苦(ぐうふとくく)」「五取蘊苦(ごしゅうんく)」で、「四苦八苦」となるのだそうです。

▶「愛別離苦」…愛する者との別離は苦である

▶「怨憎会苦」…怨み、憎む者との出会いは苦である

▶「求不得苦」…求めるものが得られないのは苦である

▶「五取蘊苦」…五蘊(物質と精神のすべて)に執着するのは苦である


 この「四苦」は、人間の持つ業と言えるものなのでしょうが、普段人を悩ませるのもこの四苦の方が多いかと…。 しかも、それを克服しようとする「欲」は、個人のものであってもその個人や組織の持つ力が大きければ周囲に齎す悪影響も大きいのですから、始末が悪いと思う管理人。 つまり、この欲は「エゴイズム」以外の何ものでもないと考えれば、その個人又は組織のエゴイズムによって「得」をする人がいれば、必ず「損」をするか「迷惑」を被る被害者が存在します。 奪い合い、弱肉強食の勝者、勝ち組・負け組という言葉に代表される自由主義の齎したものがそうなのでしょう。 それを世界規模で展開させてきた人間社会の歪み、ツケがそろそろ噴出する世紀を迎えようとしているような気がする昨今に思えます。

 そのツケを払わねばならない「時」を迎えるのも、当然の「結果」であり「運命」付けられたものであるのも、確かなことなのかも知れません。



 しばしのお別れですが、皆さまのご健康と平穏を祈りつつ休眠に入ります。

 ありがとうございました。 またお会いできる日まで‥


※ 今後、体調如何によっては「日記」形式で書き込みたいと思いますが、これまでのように更新通知はせずに内緒でアップするつもりです。 よろしかったら、覗いて見て下さいね ❤ 


ゆずり葉バーナー2 

 

 

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2009/03/31 21:56<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。