FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.05.06(Tue)

ローズ2子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません   つぼみろーず2輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです 読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです 幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    ローズ世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています.......トールローズ

 つい先程までツィンカム・サイトによる生中継

≪胡錦濤来日抗議活動≫(日生劇場前、日比谷花壇前)を見ていました。
朝のアップの時、お知らせ出来れば良かったのに…と、自分の迂闊さを悔やんでいます。

でもまだ始まったばかり‥。明日も明後日も抗議活動は予定されていますので、興味をお持ちの方は、下記のサイトにアクセスして下さい。

【明日以降の活動予定】

5月7日水曜日
12:00 赤坂見附交差点(地下鉄・赤坂見附)
14:00 早稲田大学正門前(講演の中止要請)
18:00 経済同友会前(東京駅丸の内北口)から馬場先門へ

5月8日木曜日
14:00 JR高田馬場駅集合、早稲田大学へ

5月9日金曜日
8:30 赤坂見附交差点前(地下鉄・赤坂見附)

※雨天決行、プラカードのご持参に協力を

【呼び掛け】
主権回復を目指す会
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』、NPO外国人犯罪追放運動、在日特権を許さない市民の会、人権擁護法案を阻止する市民の会、外国人参政権に反対する市民の会・東京

【連絡】
西村修平(090-2756-8794)
有門大輔(090-4439-6570)

----
せと弘幸blog『日本よ何処へ』
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51906488.html

多分、生中継がされる時はスティッカムのURLが貼られていると思うのですが、念の為....
http://www.stickam.jp/profile/setohiroyuki

---------------

えるも265~野次馬の目~

中継は18:00からとなっていましたが、その前から様子を伝えていた画面にはチベット旗や日の丸の旗が林立し、各種手作りのプラカードや写真を手にした参加者が大勢見受けられます。
私が知る限り、本当に回を重ねる毎に参加者の数が増えているのを実感──。

しかし今日も歩道にいる参加者に対して威圧的に迫る警察官や、歩道と車道を遮断するように居並ぶ警察官の数の多さには驚きます。又、一人で「国境なき記者団」のTシャツを着た男性には、二人のスーツ姿の男性が(私服刑事?or支那工作員?)が詰め寄り、男性を排除しようとしたのか「何もしていないでしょ」「ここに立ってるだけですよ」と抗議する男性の声が聞こえてきたりして、騒然とした様子がリアルに伝わってきました。

時間と共に参加者は膨れ上がり、交差点を挟んで地下鉄入口付近と、道路の向かい側にもたくさんのチベット旗が揺れる集団がいて、互いにシュプレヒコールが止みません。

時々警察側がスピーカーで何やら警告。
迷惑になるからとか、邪魔だとかと言ってるようなのですが、その声も熱のこもったシュプレヒコールに掻き消されて聞こえず、参加者たちは声を枯らして叫び続けています。

途中ターンした画面が捉えたのが、何十人もの隊を成して迫りくる警察官集団でした。それを中継する男性が
『来たよ!やられるかな‥』という声に、緊張が走ります。

私のような者でも最も恐れていたのが、警察による強制排除だったのですが、どういうわけか直接行動には移さず、そのまま何処かへ去って行ってしまったようでした。もし長野に続き、警察が憲法で保障された市民の抗議活動に国家権力で圧力を加える事があれば、それこそ一大事だと案じました。それはイコール、日本の民主主義が崩壊し、市民の表現の自由が奪われ、弾圧される現実を目にすることになるからです。

しかし正味1時間30分余りを見ている限り、警備は物々しいものでしたが辛うじて抗議活動への過剰な圧力は無かったかのように見えました。明日にはその様子が上記ブログでされると思いますが、7日は正午からの活動ですからそれも時間的に厳しいものがあるかも知れませんね。よろしかったら覗いて見て下さい。

テレビ局の中継もかなり来ていて、顔馴染みのレポーターの姿も確認できましたが、どの程度の放送になるのかこれから確認したいと思います。
しかし、この現場からの生中継は現実をリアルに映し出し、ノーカットで編集されない画面は、この日本に起こっている「現実」を感じさるものです。

民放の街頭インタビューに応える若者が、

『エッ?その人(胡主席)偉いの?』とか

『パンダは欲しいですねぇ~』と答える中高年女性とか

こうした能天気な国民がいることも確かでしょうが、抗議に参加する国民の声も姿も意図的に流さないのも事実でしょう。

「友好」「互恵」と言いつつ中身のない首脳会談は、互いのメンツを保つためだけの宣伝に過ぎず、危険水域を超えた支持率続落の福田首相は、中共への媚を売るだけでなく日本国の信頼まで貶めようとする言いなり外交では、国民の顰蹙と怒りまでかっているのですから、本当に情けない‥。そして情けないと愚痴だけで済まないのが今回の首脳会談ですから、私は国の行く末に関わるこの数日間を、しっかり見続けたいと思います。
スター
スター
スター

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/05/06 21:43<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。