welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.05.08(Thu)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

29 気分転換で、~下~に替えてみました。



 嘗てない連続投稿に、些かお疲れ気味の私ですが、瀬戸氏のブログに今日の抗議運動について下記のように書かれていて、ウルっと泪目に…


「せと弘幸blog『日本よ何処へ』」5/8

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51909191.html

早稲田大学の学生が蹶起!

シナ中国の巨大な赤旗に対峙した勇気と正義


>私は今日ほど日本の未来に希望を持った日はない。

 若き学生・青年が結集し、この凶暴なる反日シナ人を取り囲み、「暴力シナ人留学生帰れ!」「帰れ!」の連呼でこれを迎え撃った。

 ついに日本の若者が正気を取り戻した瞬間でした。凶暴極まるシナ人留学生に一歩も怯むことなく、声を挙げ続けました。その結果凶暴なるシナ人学生は一人欠け一人欠けと脱落し、ついに機動隊に守られながら裏門から姿を消したのです。

 分厚い暗雲に覆われていた、この日本に一瞬ではありましたが、黎明の光が差し込んだのです。真実に目覚め正義のために立ち上がった日本の青年・学生諸君、君たちの未来は君たち自身の手によって切り拓かれるべきだ。<

-------

 瀬戸氏のブログの中に、時々その時の思いを吐露する場面があります。


 この国の未来を憂い、床の中で消えぬ不安や悔しさと戦いながら、独り気が付けば目頭に熱い涙を溜めていた…、確か過去記事の中に、このような記述を読んだ記憶があります。私もその時共に泪したものでしたが、一度知ってしまった現実は、二度と無視することが許されないほど醜悪なだけに、それを抱える苦痛も伴います。知らなければ良かった...と、そう思う時もあるほどです。


 だからこそ、きっとそうした孤独な戦いに耐えてきた思いが、今日の日の学生たちがとった抗議の行動を、誰よりも大きな喜びに変えることが出来たのかも知れません。(これは勝手な想像に過ぎませんが…)


---------------

 さて、ここでもう一つ勇気ある、この「直言」をアップしておきたいと思います。


早稲田大学・水島朝穂のホームページ

緊急直言;2008年5月8日

≪胡錦濤主席の早大訪問歓迎せず ≫


 ここで水島氏の直言を引用し、私如きがコメントのつけようもありません。

が、敢えて取り上げさせて戴いたのは、検索キーワードの多くが「早稲田」「胡錦濤」であった事実を考えれば、もし同校のHPであっても見落としておられる方がいらっしゃるなら、是非にでも目を通して戴きたい文章だと思ったからです。

 私の身近に本校の学生もなく、その関係者もいない部外者であっても、同じ日本の国民として考えざるを得ない今回の胡錦濤主席訪日は、世界に恥をまき散らした「聖火リレー」(これを水島氏「政火」と表現は、GJ!)と同様、そして又、あの20年前の天安門事件を払拭させる効果を再び狙った政治利用と知りつつ、「友好」「互恵」の名を借りて、嬉々として迎える屈中福田首相と政府、外務省の媚びた姿勢に、国民の一人として業を煮やしているからに他なりません。

 そして驚くことに、この胡錦濤来学はまったくアナウンスされずに、胡主席と共に来日した「青年友好団」等200人が席を埋め、歓迎の演出をするのだという政治宣伝利用に過ぎない事実です。

 関係者ならではの勇気ある「直言」を、是非お読み下さい。

スター
スター
スター 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/05/08 23:37<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。